「利他愛」について

ここでは、「「利他愛」について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたも「利他愛」という言葉をご存知のことと思います。ちょっと堅苦しい表現ですが、別の言葉で表せば、「自他一体感」とも言えます。

簡単に言えば、自分を愛すると同じように他も愛するということでしょうか。自分と他との区別なく考え、行動できることだと思います。

相手の想いを自分の想いとして、相手の喜びは自分の喜び、相手の苦しみや悲しみは自分の苦しみであり悲しみと認識できると共に、皆、神の子であり、神の元に一体であることが分かることだと思います。



しかし、この地球上に於いては今日に至るまで、殆んどの人々が「利他愛」に生きることができず、依然として「利己愛(自己愛)」に偏した生き方を続けています。

元々、私たちの遠い先祖たちは優良星界という精神性の高い星で暮していたのですが、そこで更なる進化向上をするべき修行を怠り、「我欲」を捨てることができない、一種の厄介者のような存在だったのです。

そこで、神々がご相談され、こうした厄介者たちを太陽系内外の星々から集められて、新たに生まれた地球上に降ろされて、それぞれに魂を磨く修行(我欲を取り除く修行)をするように求められたわけです。



ですから、地球人というのは大変に我欲が強いというのが一番の欠点だったわけです。そこから長い長い年月を経て現在に至っているわけですが、残念ながら私たちは未だに我欲の塊のままです。

ですから、利他愛といわれてもピンと来ない方も多いのが現実です。それどころか、自分が利己愛の塊であることさえ理解できていない状況です。

しかしながら、時が移り、この地球も宇宙の法則により、これまでのような不良な星(精神性が低い星)の状態から脱却して、精神性が優先する星に生まれ変わる時期が訪れたわけです。



その為に親星である太陽から、一段と高い生命進化促進のための波動が送られてきています。もう否応なく、私たちが気付こうが、気付くまいが、日々、波動が高められ、地球が清められています。

従って、私たちも何時までも、これまでのような我欲まみれの生き方をしてはおれなくなってきました。自他一体感を持って、利他愛に生きるしかない状況になっています。

もし、今後も利己愛に執着して生きるような方たちは、軈ては地球の高い波動と合わなくなりますので、もっと波動の低い星々に移されたりする可能性があります。



ところで話は違いますが、「宇宙の真実と調和の未来へ」さんのサイトでは、この利他愛に関連したことで「(3)肉体本能と利己愛に支配された現代人の特徴――精神的に堕落・退廃した現代人の実態」と題した記事を掲げておられます。その中の一部を紹介させて頂きます。


ーー引用はここからーー

利己愛者の特徴【3】――虚しさを忘れるために集団的行動や刹那的行動に走る

21世紀の先進国に住む人々は科学技術と経済発展の恩恵に浴し、かつての王侯貴族よりもはるかに物質的に恵まれた暮しをしています。しかし、そうした物質的な豊かさとは裏腹に、多くの現代人はさまざまな心の痛み(不安・恐怖・悲しみ・怒り・絶望)を抱え、心の虚しさに喘いでいます。

利己愛に支配された人間は“霊的エネルギー”を枯渇させ、心に虚しさが巣くうようになります。そしてその苦しみから逃れたい、生きがいを実感したいという欲求が強くなっていきます。現在では“生きがい探し”がブームになっていますが、その背景にはこうした実情があるのです。

多くの現代人は、虚しさを忘れるために絶えず楽しみや感動体験を追求しています。楽しいことや刺激的な出来事を通して、心の虚しさを忘れようとしているのです。

現代人の多くが常に賑やかな場所やお祭り騒ぎを好み、ギャンブルや酒やドラッグに走り、スポーツ観戦に熱中しています。ゲームの中でバーチャルの世界にのめり込み、次々と刹那的な刺激を追い求めています。人々はこうしたものによって虚しさを忘れ、あるいは虚しさを自覚することがないようにしているのです。

また、孤独感を癒すために、絶えず人との接触を求めます。現在、多くの日本人は肌身離さず携帯電話を持ち歩き、四六時中、誰かとメールのやり取りをしています。その様子は、まさにドラッグの中毒患者と同じように、一人にされる孤独感・寂しさ・虚しさから必死に逃れようともがいている姿に映ります。

また、誰とも深い愛情関係を築けない人間は、自分の思い通りになるペットに異常に執着するようになります。現在の“ペットブーム”の根底には、人々の心の虚しさがあることは言うまでもありません。

多くの現代人は、自分が独りぼっちであること、友人から切り離されて自分だけが取り残されることに耐えられません。そして周りの人たちとの間に愛の関係をつくりたいと願っています。

しかし常に愛されることを優先するため、他者との間に深い心のつながりを持つことができません。自分自身が愛を遠ざけているにもかかわらず、それに気がつかないのです。心では必死に愛を求め切望しているのですが、すぐに破綻してしまいます。

そうした人間はやがて、人を愛することも人を信じることもできなくなり、それがいっそう心を孤独にし、自分を虚しさと絶望の淵に追い込むようになります。

ーー引用はここまでーー



洵に正鵠を得たご指摘だと思います。現在、ブラジルでサッカーワールドカップが開催されていますが、そのサポーターと称せられる人々の行動を見ていると、上記で言われていることが納得できます。

普段は何の関係もない人々が、日本チームを応援するという名目の元、試合場だけでなく街中の方々に集い、「ニッポン、ニッポン」と騒ぎ立てている姿は、異常としか言いようがありません。

当事者たちは、それでお互いの心が繋がって一つになっているように錯覚をしていますが、いざ、ゲームが終了したり、大会が終わると、元の赤の他人に戻って互いに知らんぷりになるのが普通です。



また、最近「うつ病」に罹る人々が急増していますが、これも裏を返せば「利己愛」の強さの現れだと判断すれば、よく理解できます。

自分の思う通りにならないことに対して、上手く対処できずに、自分自身を責めたり、劣等感に苛まれたりして、精神的に自分を追い詰めてしまった結果です。

それに輪を掛けて、精神科医たちが何でもかんでも「うつ病」に仕上げてしまい、多量の精神薬を投与していますから、それによって、より症状を悪化している人々も増えています。



冒頭に言いましたように、現在の地球の波動は過去のものとは違い、格段に高まっていますから、何時までも旧来の価値観や生き方が通用しなくなっています。

今後も「利己愛」のまま生きるか、或いは意識転換をして「利他愛」に生きるのかは、個人個人に課せられた課題ですが、その結末は言うまでもありません。

今こそ、一人一人が利他愛に生きる最適の時期にきています。そうしたことを強く感じさせられる今日この頃です。



尚、参考までに申し上げますと、精神性の高い星々の人々は下記のような暮らしをしています。私たちも一刻も早く、そうした生活をしたいものです。


彼等は「宇宙の理」を元にして暮らしていますから
自分自身に対して強く生き

善だ、悪だと分けて考えるのではなく、宇宙の法則に照らして正しく生き
笑貌(えがお)を絶やさずに、明るく生き

互いに信頼し、ゆずり合うという麗(うるわ)しい心を持っているので
我(が)なく

競(きそ)うことの愚かさを知っていますから
我欲の心がなく

人類が皆、一体であるという真理を悟っていますから
皆、仲良く相和して
一切の現象は全て
天地の創造主から発せられた
大愛の波動の変化であることを悟っていますから
無限の感謝で暮らしています
 






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/535-543bdb1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。