どうにも止まらない地球の天変地変!

ここでは、「どうにも止まらない地球の天変地変!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



気象庁は北海道を除き、日本列島全域に亘り梅雨入りしたことを発表しました。例年に比べてかなり早い梅雨入りでした。

その上、今年の梅雨は長期化する可能性があるとも言われています。また近年の異常気象とも関係があると思いますが、ゲリラ豪雨などによる大洪水なども危惧されます。

気象庁の長期予報では今夏、「エルニーニョ現象」が発生し、東日本を中心に冷夏が予想されるとしています。長い梅雨と冷夏ということになると多方面に影響が出るものと思います。



ところで、異常気象が起こる度に「エルニーニョ現象」という言葉が持ち出されますが、どうも言葉だけが先走っているようで、その実態がよく理解できないところがあります。

フリー百科事典「ウィキペディア」の解説によりますと、エルニーニョ現象(スペイン語:El Nin~o)とは、東太平洋の赤道付近(ガラパゴス諸島付近、あるいはペルー沖とされることが多い)で海水温が上昇する現象だ、とのことです。

これは南東貿易風の弱化に対応して現れる暖流(エルニーニョ海流)によって発生するのだそうで、それが数年に1度、この海水温の上昇現象が大規模に発生し、太平洋東部の広範囲に及んで、ペルーの大雨や南米西岸の大不漁、さらにオセアニア・アジア・北米にまで波及する天候の異常が報告されるようになってきたそうです。

で、海洋学者や気象学者の間で、これを原義たる「エルニーニョ(El Nin~o)」から引用して「エルニーニョ現象(El Nin~o event)」と呼ぶようになった、と言われています。



唯、元々のエルニーニョという意味はスペイン語で、男の子を表すそうです。で、南米のペルーとエクアドルの間に位置するグアヤキル湾やその近海の太平洋東部で、毎年12月頃(クリスマスの時期)に発生する海水温の上昇現象を指していたそうです。

地元の漁業民の間では、この時期がちょうどクリスマスの頃であることから、スペイン語でイエス・キリストを指す(と同時に「男の子」を意味する)「エルニーニョ(El Nin~o)」と呼んでいたそうです。

ですから厳密には、現在言われているエルニーニョ現象とは、意味合いが違うようです。



ともかく、エルニーニョ現象が発生した際には、東太平洋赤道域の海水温が平年に比べて1 - 2℃前後上昇するそうです。ヒドイ時には5℃も上昇したこともあったそうです。

しかし、何故そのような現象が起こるのかは未だに不明のままです。唯、エルニーニョ現象がどのような家庭を辿るかは分かっているようで、大体下記のような経過だそうです。

1.何らかの原因(波動伝播、西風バーストなど)で、太平洋を流れる赤道海流が弱まる。
2.海流が弱まったせいで暖水が西太平洋へ集まるスピードが弱まり、西太平洋で暖水域が広がり中部太平洋にまで暖水が広がる。
3.海水温上昇により中部太平洋の気圧が下がり、西風バーストの強化・東進が促される。
4.暖水が東太平洋にまで広がり東部赤道域の海面水温が低下し、それに対応して東太平洋の気圧が下がる。
5.西太平洋に向かう貿易風が弱まるなどして気圧の変化が世界中に波及し、異常気象を発生させる。
6.何らかの原因(赤道波の伝播、暖水の南北移動など)で太平洋を流れる赤道海流が強まり、海水温が平常の状態に戻る。
7.平常状態となった気圧変化が世界中に波及し、異常気象も収まる。




このような現象も含めて、このところ地球の全域で未曾有の天変地変異常気象が続発しています。特に最近、海洋の異常が目立ってきているようです。

これについては、「In Deep」さんの記事で色々と取り上げておられますので、それらの中からいくつかの記事のリンクを明記しておきますから、ご自分でお調べになって、如何に大変なことになっているかを認識して頂きたいと思います。


1.米国オレゴン州のヒトデは「絶滅の方向」へ。そして、その出来事から考える、神や神のようなものが自然の中に創造したものたちの色や形の意味




2.大量死の続報。そして、また始まった極端な天候。あるいは「地球の海が死んだらどうしよう」と思う梅雨入りの日

hu.gif


3.「地球の海が急速に酸性化している」という論文を6度目の大量絶滅の中にいるかもしれない今の時代に読む

mo.gif


4.海で何が起きているのか : 5月から始まった全世界での数百万匹規模の海洋生物の大量死の理由は誰にも説明できない

mol.gif



私達がなにも知らず、また知ろうとせずに日々を送っている内に、地球全土が未曾有な異常事態になっています。何故このような事態に至っているのか、地球の科学者も知る由もありません。

ましてや一般の人々にとっては、全く理解できないのではないかと思います。唯々、異常気象とか自然の猛威ということで片付けている方が大半だと思われます。

地球全土を被う天変地変や異常気象が実は、各人、一人一人がこれまで長い間、生まれ変わり、生まれ変わりしながら積み重ねてきた業想念悪想念の自壊作用であるということなど、及びも付かないものだと思います。



俗に因果応報などと言われていますが、この世においては総ての現象が起こるべくして起こっていることは間違いありません。

その上に、現在の地球規模の破壊現象は主に、地球の波動が高まっていることに起因しています。地球の宇宙での位置が一段と高まる時期に至っているからです。

日々、高い生命波動が太陽から盛んに送られてきていて、その為にこれまでの低い波動(私達が積み重ねてきた悪想念・業想念が原因)との間に大きな歪みが出てきています。



その歪みは波動の修正ということですが、その歪みが大きいために地球規模の破壊現象という形で現れているのが、現在の未曾有の天変地変です。

この状況は今後も、更にその規模と範囲を拡大していくものと思います。こうしたことを自分で理解して、どのような現象が起こってきても動じない心を持つ必要があります。

一大天変地変を乗り越えて行った先には、明るい地球が待ち受けていることも間違いありません。今、私達に問われているのは、自分自身の意識転換です。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/534-f313ee06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。