足の「モートン病」

ここでは、「足の「モートン病」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


モートン病の原因と対処法

もう十数年に亘り指圧の治療に見えている女性ですが、長い間、左足指の痛みで苦労されています。いわゆる「モートン病」と言われる症状です。

モートン病とは古くから靴の文明が発達していた欧米人に多く見られた足の指の神経痛の一種ですが、1876年にトーマス・モートンがこの疾患を、足の第3,第4趾の間の神経の炎症であると報告して以来、モートン病という病名が使われるようになったそうです。

古くは第2次世界大戦中に多くの陸軍の歩兵がこの足痛に悩まされたそうで、行軍腫とも呼ばれていたそうです。要するに靴文化の人々の間の病状だったわけです。



昔の日本人は下駄や草履の文化でしたから、モートン病のような症状は無かったものと思います。しかし、第二次大戦後、日本でも、ハイヒールなどのオシャレな靴が好まれるようになり、多くの女性がこの症状に悩まされることとなったわけです。

特に硬い靴や先の細い靴、ハイヒールなどで歩くと、足の第3,第4趾の間の神経が圧迫刺激をされ、炎症が起こり、痛むようになります。

足底から第3趾または第4趾のつけ根を圧迫すると痛みがあったり、前足部を手で両側からしめつけるようにすると痛みが誘発されます。

唯、日本人の場合は西欧人と違って、家に帰ると靴を脱いで、靴下も脱いでくつろぐことが多いので、それが足や趾の運動になっていますので、その分、こうした病状を抑える働きをしているかも知れません。



一般的な症状としては、個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)のしびれ、疼痛、灼熱痛などの多彩な神経症状があるそうです。

また障害部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。痛みが強い時には下腿まで及ぶことがあるそうです。

私の患者さんの場合は、左趾が細くなってしまい、指先に力も入らない状態になっていて、痛みが酷い時には歩行困難になる時もあるようです。

また、この方は可なりの外反母趾になっていることも、こうした病状を誘発した原因になっているようです。



この方の場合は、医者から患部の手術をして神経を取り除くことをススメられほど症状が進んでいるので、もう対処療法では間に合わないようです。

現在は、特別な靴底を誂えてもらい、外出用の靴にも、部屋用の履物にも、その靴底(足底パッド)を入れているそうです。それがないと、歩行に困難をきたすとのことです。

でも、彼女の場合は現在、他の難病(全身の筋肉が痛む)で沢山の薬を服用しているために、その副作用が危惧され、身体の手術などは出来ないようです。



また、例え趾の手術をして神経を取り除いたとしても、今度は痛みを感じないために趾がどんな状態になっているのかを感じなくなりますので、余計に危険な状態になることが予測されますので、それも出来ない状態になっています。

さて、モートン病の治療には、大きく分けて保存療法手術療法の2つに分けられているようです。(「痛み解消ドットコム」の記事を参照)


保存療法
手技療法を中心に、温熱や運動療法を用いて、症状に変化がないようであれば装具を使用し固定を治療していきます。

1.手技療法:患部をほぐすのではなく、足裏にある筋肉を中心にほぐしていきます。症状の程度が軽くなってきたら、腫瘤部分を重点的にほぐしていきます。

2・運動療法:症状が改善して痛みが緩和してきたら、痛みのある足指の関節の曲げ伸ばしをおこなうと循環はよくなっていきます。早く治そうと無理は禁物ですので注意しましょう。

3.温熱療法:超音波などを利用して、局所の循環をよくしていくことが改善に向かう速度を早めてくれます。痛みの強いときには温めてはいけませんので注意しましょう。

4.装具療法:足底板を使用して、足の指の骨に圧力がかからないようにします。


手術療法
保存療法にて改善が見られない場合に手術療法を検討します。手術は、神経を圧迫している靭帯を切離して、癒着している神経を切除することがほとんどです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/532-17348e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。