一日三食信仰

ここでは、「一日三食信仰」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



世間では未だに、西洋医学が主流ですが、その割には病気が減るどころか増える一方のように見えます。特に原因不明の難病や奇病が増えています。

ご存知のように、大学病院などの大病院では朝から患者が列をなして、診断や治療を待ち受けている姿が日常茶飯事になっています。

文明が発達して、医学も急速の進歩を遂げていると言われていますが、人々がこんな状況におかれているのが本当の文明社会でしょうか・・・。



ところで、病院や製薬会社が大繁盛しているということは、病気になる人が減らない、または増えている証でもあります。

唯、考えなければいけないのは、病気になるのは基本的にその人自身の問題です。問題になっている、ガンを始めとした生活習慣病やその他の全ての病気の原因は、その人の生活態度と密接に関わっています。

そのことを皆が理解できて、病気にならないような生活に切り替えることができれば、病院や製薬会社などが必要ない社会も夢ではないわけです。



さて、病気にならないようにするには、どうしたらいいのかと言うことですが、これには複雑な要因も絡んできますので、ここでは分かり易い話題として食事の在り方について考えてみたいと思います。

食事と言えば、身体を養って行く上で一番大事なことですが、近年それを疎かにしている人々が多いように思われます。それはファーストフードやジャンクフードや流行っていることを見ても分かります。

大事なことは、どんな食材をどのように食するか、と言うことですが、ここでは食事の回数に関しての話題に絞りたいと思います。



あなたは1日何食ですか? 私は以前から申し上げているように、もう何十年に亘って基本的に1日2食です。朝食は摂りません。唯、お茶や野菜ジュースなどの水分は摂っています。

でも、それ程厳密ではありません。これまでは時々、間にパンなどを摂ったり、多少甘い物なども口にしていました。

しかし最近になって、そうした食生活では体調が悪くなることが重なってきました。ですから、今ではパン類や麺類などの小麦製品、並びに菓子類や甘い物は絶対に摂らないようにしています。



また、ご飯は夕食時に茶碗半分ほどにしています。なるべくお腹に負担が掛からないような食材を選んで食べるようにしています。

ご飯や麺類などを多く摂りますと、どうしても食後、身体が重く感じられたり、眠気を催したりして、身体がシャキッとしないものですから、なるべく避けるようにしています。

ところで未だに世間では、「一日三食」が当たり前のように考えられていますが、本当にそれでいいのでしょうか。勿論、個人差や仕事の内容などによって、三食が必要と思われる方もあるかも知れませんが・・・。



多くの人々が、「一日三食しっかり食べないと元気が出ない」とか「体力がつかない」など、医者やマスコミの偏った報道を鵜呑みにして、そのように信じているようです。

またテレビなどの情報番組で、「朝食を食べなければ学力が低下する」とか、「逆に太る」などの科学的な根拠のない情報を流しています。

このように朝食を摂って、一日三食を勧めている人々はご自分で、朝食抜きの生活をしたことが無いのではないかと思います。ご自分で1年でも2年でも、実践されてその結果を検証されるといいと思います。



よく考えれば分かることですが、自然界の動物や生き物たちは常に満腹になるほどの食料を摂取していません。エサが手に入らないことが多く、常に空腹をの状態のものが多い訳です。

所が人間は同じ自然界の生き物であるにも拘わらず、一日三食を当たり前のように取り、満腹なのが当たり前に考えています。

勿論、これは主に先進国での話であって、毎日の食事にも事欠く人々が何十億人もおられることは承知しています。今回はその話題は置いておいて、日本の現状に限って話を進めます。



ここで何が大事なことかといいますと、朝食を摂らないで、空腹の時間を多く取ることなんです。それは、適度な空腹状態が身体の細胞を活性化させたり機能を高めたりするからです。

ご存知のように、午前中は主に排泄器官が働く時間で、夜寝ている間は排泄器官も休んでいます。この排泄しなければならない朝の時間帯に食事を摂ると、自動的に消化吸収が始まり、胃や小腸に血液が集中するため、毒素や老廃物の排泄が充分行えなくなってしまいます。

中には間違った考えを持っておられる方がいて、食事をすることで、それが腸を刺激して排便を促すように考えておられます。

勿論、そうした一面もあるかも知れませんが、人間は機械ではありません。口から物を入れたら、腹に溜まっている物を押し出す、というような単純な構造ではありません。



さて話が長くなってしまいますので、ここで結論的なことを申し上げますと、現代人のように余り肉体労働などを行わない人々にとって、一日三食は必要ないのでは、と言うことです。

冒頭に上げましたように、近年の病人の増加の一因は、こうした一日三食の食事の在り方にあるのではないかと思います。要するに食べ過ぎだということです。

ハッキリ申し上げて、一日三食を勧めているのは食品業界や医療業界です。彼等が儲けるために「一日三食」を煽っているわけです。

人々が沢山食べてくれれば、食品が売れて儲かりますし、食べ過ぎが多くの病気の原因となって病人が増えれば、医療関係者が儲かる道理です。



最後に、「一日一食」を勧めているサイトがあります。(「食べない生き方」)その内容を下記に引用させて頂きますので、参考にして下さい。これが良いのかどうかは、あなたの判断次第です。

兎に角、私たちは病気にならないようにするには、どうしたらいいのかを、もっと真剣に考えて行動する必要があると感じる今日この頃です。



ーー引用はここからーー

仏教の世界には、「一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事」という言葉があるそうです。

中世の西洋には、「一日一食は天使の生活。一日二食は人間の生活。一日三食は獣の生活」という諺があったそうです。

睡眠は、体、脳、消化器官の三つの疲労回復が目的であると言われています。中でも消化器官の疲労回復という役割が大きく、「一食三時間」という言葉もあるほどです。

一食三時間とは、食事を一回摂る毎に三時間の睡眠が必要で、一日三食の人は睡眠時間が九時間になり、一日二食にすると六時間になり、一日一食にすると三時間の睡眠で充分になるという事です。

摂取した食べ物が完全に消化吸収されてから排泄し終えるまで約18時間かかります。一日三食だと、胃腸を休ませる時間がありませんし、内臓を酷使する事になります。食事と食事の間隔を18時間以上あけるためには、一日一食にする必要があるのです。

通常、人間は朝から夕方まで働きます。食後の労働は胃腸に負担をかける事になります。朝も昼も固形物はなるべく食べない方がいいのです。つまり、夕食のみの一日一食が最も理想的なのです。

食事をすると、その消化のために血液が胃腸に集まり、その分、脳や筋肉に回る血液が相対的に少なくなるので、眠くなったり、だるくなったり、頭の回転が鈍くなったりします。

眠い状態で仕事をするとミスや事故が起こりやすくなります。眠い状態で機械や乗り物の運転操作を行うとミスや事故が起こりやすくなります。従って、食事は一日の労働がすべて終わった夜の時間帯にするのが理想的なのです。

病気の原因の99%は、体内に溜まった毒素です。(注:これは毒素ではなく、免疫力が衰えるからです。)健康のためには、栄養の摂取よりも毒素の排出の方が重要です。

毒素の排出量が、昼食と夕食の一日二食の場合を100%とすると、朝食と夕食の一日二食では66%、朝食と昼食と夕食の一日三食では75%、午後三時過ぎの一日一食では127%で、夕食のみの一日一食が最も毒素の排出量が多いのです。

空腹が続くと、腸はモチリンという排泄を促す消化管ホルモンの分泌量を増やします。モチリンは、腸の蠕動運動を亢進させ、腸管内に残っている内容物の排泄を促します。

モチリンが起こす胃腸の収縮は強力で、胃壁の襞に入り込んだ老廃物まで綺麗に掃除してくれます。胃と腸の間にある弁の幽門が開いて、胃壁から落とされた老廃物は腸へと流れていきます。

空腹が続くとお腹が鳴る事がありますが、この時にモチリンの分泌が高まるのです。モチリンは、通常、空腹時間が八時間以上続くと分泌されるのですが、食事の摂取量が多いと分泌されるまでに時間がかかってしまいます。

糖質は消化されるとブドウ糖になり、血液中に取り込まれて血糖値を上げます。すると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが膵臓から分泌されます。インスリンの働きによって、上昇した血糖値は三時間後に元の値に戻ります。

しかし、インスリンの血中濃度が元の値に戻るのはさらに一時間後なのです。そのため、血糖値は食事前の値より低くなり、そこで空腹感が起こるのです。

空腹感は、血糖値の絶対値ではなく、食事を摂る事によって上昇した血糖値と、時間が経過して下がってきた血糖値との差である相対値によって起こるのです。

従って、なるべく血糖値を安定させるようにすれば空腹感は起こらなくなります。朝も昼も食べなければ、血糖値は一定のままなので、空腹感はほとんどありません。

空腹になると血糖値は下がりますが、血糖値を上げるメカニズムは、体内にいくつもあります。血糖値を上げるホルモンは、グルカゴン、アドレナリン、コルチゾールなどいくつも存在します。

しかし、血糖値を下げるためのホルモンは、膵臓から分泌されるインスリンしかありません。つまり、私たち人間の体は空腹には適応できますが、満腹には適応できないという事なのです。

現代栄養学では、脳のエネルギー源はブドウ糖で、脳はそれを貯蔵できないから、ブドウ糖に変換される炭水化物や糖分を補給しないと脳が活性化しないとされていますが、糖が不足しても、肝臓や筋肉に蓄えられたグリコーゲンを分解して血糖値を一定に保ちます。

次に筋肉中の蛋白質がアミノ酸に分解され、肝臓でブドウ糖を作り血液中に供給されます。さらに外部からの糖分摂取がなくなると、脂肪を分解する事によってその穴埋めを行います。最終段階として脳は体内の脂肪を分解して産生したケトン体をエネルギー源として利用します。

空腹のピーク時になると、胃の粘膜からグレリンというペプチドホルモンが分泌されます。グレリンは、視床下部に働いて食欲を増進させる役割を担っています。お腹が空くと食べたくなるのは、このグレリンのせいです。

グレリンは胃から分泌された後、血液を通じて脳下垂体に直接働き、成長ホルモンの分泌を強く促す働きを持ってます。グレリンは摂食促進作用物質ですので、食事をすると分泌されなくなり、それと同時に成長ホルモンの分泌もストップします。

一日三食という生活では、成長ホルモンが分泌されない環境を作っている事になります。一日一食にして、きちんと空腹を感じてから食べる事が、成長ホルモンを分泌させ、美容と健康を維持するために大いに貢献してくれるのです。

朝食や昼食の摂取は、自律神経の働きが乱れる原因にもなります。自律神経とは、自分の意志に関係なく内臓の働きを支配し、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は、活動する際に優位に働き、副交感神経は、体を休めようとする時に優位に働きます。

人間の体は、この二つの神経によって、活動的になったり、休養モードになったりしているのです。朝は、眠りから目覚め、これから活動を開始しようとする時間なので、交感神経が優位に働きます。心拍数は増え、血管は収縮して血圧は上がり、瞳孔は開いて、モチベーションが上がります。

ところが、食事を摂ってしまうと、消化器系を働かせるために副交感神経が優位に働きます。鼓動は緩やかになり、血圧は下がり、瞳孔は小さくなって、体は休養へと向かいます。

食事の後は眠くなってしまう事がありますが、これは副交感神経の働きによるものなのです。活動を司るのが交感神経で、休養を司るのが副交感神経ですから、体のリズムを考えると、昼は交感神経が優位に働き、夜は副交感神経が優位に働くように心掛けるのが理想的なのです。

自律神経の働きからも夕食のみの一日一食こそが人間の正食と言えるのではないでしょうか。

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/516-c1f02ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。