空間除菌グッズ一部商品表示に「誇大広告」

ここでは、「空間除菌グッズ一部商品表示に「誇大広告」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

jyo.jpeg

最近の日本人は企業の誇大宣伝に乗せられて、やたらと除菌消臭に神経をとがらす人々が多く見られます。

幾ら除菌や消臭をしたところで、周囲からバイ菌などが無くなることはありません。自然界はそうした物に満ち満ちているのが当たり前です。

それなのに人間だけが除菌や消臭に神経質になったところで、余り意味がないことです。人間はそうした雑多な菌に囲まれた中で、免疫力を高めて抵抗力を強くしています。

それなのに、除菌や消臭剤などを散布すれば、必要な菌までも除去することになったりして、人間の抵抗力が弱まることが考えられます。全くバカゲタことです。



ところで、その除菌グッズですが、余り効果が無く、誇大広告であることが判明して、消費者庁が措置命令を下したことが報じられました。

これに関連して、「NHKニュース」では下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

二酸化塩素という化学物質を使い、生活空間の細菌やウイルスを取り除くと表示して除菌グッズを販売していた全国の17の会社に対し、消費者庁は、効果が出る根拠がないとして法律に基づき、こうした表示をとりやめるよう命じました。

命令を受けたのは、大阪・西区の大幸薬品や、愛知県半田市の中京医薬品など全国の17の会社です。

消費者庁によりますと、これらの会社は、販売する合わせて25の除菌グッズについて、ホームページなどに「二酸化塩素を発生させて生活空間の細菌やウイルスを取り除く」などと表示していました。

こうした表示について、消費者庁は、裏付けとなる根拠を示すようすべての会社に求めましたが、いずれの会社からも十分な根拠は示されなかったということです。

このため、消費者庁は、消費者に誤解を与えるとして、景品表示法に基づき、17のすべての会社に対しこうした表示を取りやめるよう命じました。

命令について、大幸薬品は「真摯(しんし)に受け止め、今後は、お客様に誤解のない表示に改善していきます」と話しています。

また、中京医薬品は「消費者庁の命令を真摯に受け止め、表示の改善を進めていきます」と話しています。


二酸化塩素とは

二酸化塩素は、常温では黄色っぽい色をした気体で、水に溶けやすく、塩素に似た独特の刺激臭があります。
二酸化塩素という化学物質そのものには殺菌作用があり、海外では消毒剤として使われ、日本でも厚生労働省が、プールの消毒剤として使用を認めています。

しかし、二酸化塩素は医薬品や医薬部外品としては認められていないため、「インフルエンザを予防する」など、感染症を防ぐ効果をうたうと法律に違反するおそれがあるということです。

このため、事業者は、「除菌できる」などといった表現で、医薬品などではない「雑貨」として、二酸化塩素を利用した商品を販売してきました。

しかし、4年前には国民生活センターが、こうした除菌商品について、「どの程度、効果があるかわからない」として、消費者に注意を呼びかけていました。


3年ほど前から販売

二酸化塩素を発生させて生活空間の細菌やウイルスを取り除くとする商品は、大きく分けて、首からかけるタイプと、室内に置くタイプの2種類があり、3年ほど前から量販店やインターネットなどで多く販売されるようになりました。

近年、インフルエンザの流行時だけでなく、春の花粉症のシーズンにも売り上げを伸ばしているということです。

今回、処分された17の会社のうち、東証1部に上場する大幸薬品は、この二酸化塩素を利用した除菌グッズの好調な売り上げなどを背景に、ことし3月期の純利益の予想を60%上向きに修正しています。

また、国民生活センターは4年前、二酸化塩素を用いた9つの除菌グッズについて調査した結果、「効果や安全性がほとんど検証されていなかった」として、こうした商品の製造元・販売元に対し、十分な検証と改善を求めていました。


処分対象の商品は

今回、消費者庁から表示を改めるよう命じられたのは、17の会社のあわせて25の商品です。

▽「アシスト」(東京・中央区)の「空間除菌ブロッカーCL-M50」。
▽「ERAJapan」(愛知県小牧市)の「ERA空気除菌グッズ」。
▽「エイビイエス」(静岡市葵区)の「ハイパー・ブロック」。
▽「大木製薬」(東京・千代田区)の「ウィルオフバリア」、「ウィルオフポケット」、「ウィルオフスタンド」。
▽紀陽除虫菊(和歌山県海南市)の「携帯用エアドクター台紙セット」、「空間除菌AirDoctor150g」。
▽「クオレプランニング」(東京・板橋区)の「ウィルスブロッカーノヴァ」。
▽「阪本漢法製薬」(大阪市北区)の「ウィクリアGEL」。
▽「ザッピィ」(神戸市北区)の「スペースウォッシャー」。
▽「CKKインターナショナル」(東京・港区)の「ハイパー・バリア」。
▽「新光」(東京・板橋区)の「ES-010エコムエアマスク」、「ES-020エコムエアマスク」。
▽大幸薬品(大阪・西区)の「クレベリンゲル」、「クレベリンマイスティック」。
▽「中京医薬品」(愛知県半田市)の「クイックシールドエアーマスク」、「クイックシールド置き型」。
▽「ティエムシィ」(広島県福山市)の「ウイルスガード」、「ウイルスガード・ゲル」。
▽「東京企画販売」(東京・小平市)の「ウィルキルG」。
▽「ヒュー・メックス」(広島市西区)の「エアースクリーン」、「ウイルハント」。
▽「プライス」(高松市香南町)の「ウイルバッシュホルダー」。
▽「レッドハート」(神戸市中央区)の「パルエックスG」。

ーー引用はここまでーー


このような誇大広告が罷り通るのも、製造販売を行っている企業が悪質であることはもとよりですが、消費者の意識にも問題があります。

健康食品なども同様ですが、連日湯水の如く流されている、テレビやマスコミによる誇大広告や詐欺のような広告を、何等疑いもせず、鵜呑みにしている方が多いのが一番の問題です。

そもそも、テレビやマスコミを利用して大量の宣伝をしないと売れない物は、オカシイという意識を持つことが大切です。



消費者の気を引くようなことばかりを謳って、肝腎の商品の品質などは分からなくさせているものが殆どです。

今回問題になった除菌グッズも同様で、テレビやマスコミで大々的に宣伝されていたものです。ともかく、除菌や消臭をすると空気がキレイになるなどと考えるのは間違いであるとの認識が大切です。

何でも彼でも、バイ菌は汚い物だという考え方を捨てるべきです。最初に言いましたように自然界には人間に害する菌もあるでしょうが、必要な菌も沢山あります。



最近、アレルギー疾患などが流行っていますが、一つには、バイ菌を毛嫌いするような、一種の潔癖症の人がなりやすいものです。

もっと、人間の身体について確りとした認識を持つ必要があります。少々のバイ菌などには負けない免疫力を持っていることを自覚しないといけません。

これは放射能汚染などに神経質になって、それを避けようとして、却ってその恐怖感から身体の免疫力を弱めている人々が増えていることにも共通します。もう少し、自分の身体を信じることが先決です。

勿論、放射能は人間に取って大変に危険なものではあります。ですから、それに対応する知恵を働かせることが大事であり、心配してマイナスの心を出すことは健康を害することになります。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/506-a555870b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。