「あくび(欠伸)」は不思議!

ここでは、「「あくび(欠伸)」は不思議!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



この時期になりますと、決まったように「春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず )・・・」の漢詩が口をついて出てきます。

有名な漢詩ですから、あなたもご存知のことでしょう。中国の孟浩然の詩と言われています。一般的には、「春の夜は心地よいので、朝になったことにも気づかず眠り込んでしまう」という意味合いで使われることが多いようです。

まあ、春は気候が良いので、ついつい寝坊してしまうことのいい訳にも使われていますが、実際のこの漢詩の意味は、ちょっと違うのかも知れません。

例えば、「春になり夜明けが急に早くなったので、夜明けには目覚めることが出来なくなった」というような解釈を施しておられる方もあります。



ここでは一般的な意味で使われているように、春先は陽気が良くなって、ついつい寝坊しがちだという解釈に沿って話を進めていきます。

さて、春先は寝坊だけでなく、やたらと「あくび(欠伸)」が出るようになります。江戸期の俳人、一茶の句に「春雨に大あくびする美人かな」「春雨や欠伸(あくび)のうつる門の犬」があるように、昔から春と欠伸は付きもののようです。

そもそも「あくび」は、眠くなったときや退屈したときに反射的に起こる現象です。漢字で書きますと、「欠伸」という字を当てています。

語源の一説として、「欠」は口を大きく開ける動作を表す象形文字で、これに「伸」を付け、あくびの特徴的な動作を表していると言われています。

しかしながら、「あくび」については、その原因や、どんな意味があるのかなどのメカニズムがきちんと解明されていないようです。単なる自然現象と思われているのでしょうか・・・?



ところで、あくびは人間以外の動物たちにも見られることはご存知のことと思います。ペットを飼っている人なら、犬や猫、インコ、カメなどがあくびする姿をよく目にするところです。

また、野生のライオンやトラを始め多くの動物達も大きなあくびをする姿が映像などでも見られます。このように広い範囲の生き物があくびするということは、あくびの起源もかなり古いものがあります。

脳生理学者、東邦大学教授の有田秀穂氏は「あくびの中枢は、脳の視床下部の中にある室膀核という場所です。ここは脳の中でも原始的、つまり進化の過程で古い時代から残っている場所なので、かなり遠い祖先にあたる生き物もあくびをしていたと考えられます」と言っておられます。



先ほども言いましたように、あくびの働きについては脳を活性化することではないかと言われています。眠気や退屈感があくびを誘うのは、脳の働きが鈍くなってきたからだ、という訳です。

それを解消するために、口を大きく開けて空気を深く吸い込み、新しい酸素をたくさん補給した血液を脳に送り込んで、脳の活動を活発にしようとしている訳です。。

口を大きく開けると顔の筋肉が伸縮して脳を刺激することになりますし、また腕や脚を大きく伸ばす動作にも同じ効果があるのではと言われています。



このように、脳の働きを活性化させるためには目や耳、皮膚などの感覚的な刺激だけでなく、筋肉からの刺激も必要だと言われています。

また、精神的な緊張がある時にも、あくびが出ます。例えば、大事な会議や試験などの前とか、大勝負に臨むときなどには、生あくびが出でることを体験された方も多いことでしょう。

これは、緊張を緩めて脳の働きを高めようとする自然な現象とされています。昔の将棋の名人で、大事な一手を指す前に必ず、あくびをする人がいたそうです。あくびで頭が覚醒することを、体験上知っておられたのかも知れません。



さて、あくびと言いますと面白い現象がありますね。それは、どういう訳か人が、あくびをしていると自分にも移ってしまうことです。身近な人があくびをした後、それに釣られて自分もしてしまうことが良くあります。

実はあくびは、親しい友人や家族、恋人といった、より強く“つながっている同士”ではより速く、より頻繁に移るそうですよ。

あくびは親族、友人、知人、まったくの他人の順に移り易いことが分かっているそうですが、感染速度は、友人、親族、恋人、そして他人の順に速くなるとのことです。

この伝染性のあくびは、より進化した動物がもつ現象だそうです。今のところ、ゲラダヒヒ、チンパンジー、そして人間にしか見られない現象だそうです。



今のところ、あくびの真の意味は理解されていないようですが、人間を含めた生き物に見られることから考えますと、より深い意味があるように思っています。

あくびと脳の働きに強い繋がりがあるようですから、単なる肉体的なことではなく、もっと根本的な霊的な働きとも関わりあるのではないかと思います。

今後、地球の波動が更に高まってきますと、その辺りのことも明快に解き明かされる時が訪れるかも知れません。最後に、あくびに関する落語をお楽しみ下さい。


【落語協会】春風亭一之輔「あくび指南」



桂枝雀 あくびの稽古(あくび指南)







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/503-426c689c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。