リウマチ性多発筋痛症

ここでは、「リウマチ性多発筋痛症」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたは、「リウマチ性多発筋痛症」(りうまちせいたはつきんつうしょう)と言う病名をお聞きになったことはありますか。私はある時期までは知りませんでした。

しかし数年前、私の所に長年に亘り継続して指圧治療を受けに来ておられる女性(60歳代)が、この病気に罹っていることが分かったんです。

この女性はアメリカ人ですが日本人男性と結婚して以来、何十年も日本に住んでおられ、日本語は読み、書き、話すこと全てに問題が無い方なんです。



仕事は和食の料理研究家で、外国人を中心に料理教室で和食の作り方など幅広く教えておられるんです。また、これまでに英語で和食に付いての本を何冊も出版されています。

数年前に出版された立派な和食の本を頂いたことがありますが、並の日本人では及びも付かない深い造詣をもって和食の真髄を語っておられます。

それと、100歳の父親がアメリカに住んでおられるんですが、長年患っておられ、或る施設に入っておられ、その父親を見舞う為にこれまでも毎年、何回もご自分の料理の仕事を兼ねて渡米されているんです。



彼女は年齢の割には、実にタフな感じて動きまわって来られた方なんです。そうした多忙な生活が、こうした難病の原因になっているのではないかと思われるのですが、どうやらこの病気は「膠原病」の一種で、自己免疫疾患だそうですから、避けられない業病であったのかも知れません。

で、この「リウマチ性多発筋痛症」ですが、一般に50歳以上、とくに60歳以上の高齢者に起こる原因不明の病気で、体幹に近い部分の筋肉の痛みやこわばりが主な症状の慢性炎症性の疾患と言われています。どちらかと言いますと、女性の方が罹る率が高いようです。

この病気は即、命を失うような病気ではありませんので、これまで余り医学的な研究がされて来なかったようです。外国でも結構、症例はあるようですが、どういう訳か、60歳過ぎの女性に現れやすいようです。

世の中には数知れないほどの病気がありますが、どういう訳か或る年齢層にしか現れなかったり、女性だけとか男性だけに現れる症状とか、或る特定の条件下でしか見られない病気があるのは、実に不思議なことです。



ところで、この病気の前兆になるような感染症などは、特に無いようです。体幹に近い部分、肩から上腕、頸(くび)、臀部(でんぶ)から大腿などの筋肉の痛みやこわばりから始まり、それが2週間以上続くのが特徴となっています。

上記の女性の場合も、ある時から急に身体の筋肉の痛み、特に背部の痛みや頸の痛みを強く感じるようになったようです。

こうした筋肉の症状以外では、発熱(多くは37℃台の微熱)、全身のだるさ、体重減少などの全身症状と、関節の痛みを伴います。ただし、関節がはれ上がるほどになることは少ないようです。

このような諸々の症状は、急に始まることが多いようですが、治療しないとそのまま続くため、数カ月にわたって徐々に進んだように見えることもあるそうです。



尚、治療法としては、ステロイド治療がよく効くそうです。例えば他の症状がある時は、プレドニゾロンを、1日30mg以上の服用が必要になるそうですが、他の症状が無い場合は通常1日10~20mgほどが使われるそうです。

治療開始後1~2週間以内に改善し始める例も多く、改善が得られたら、少しずつ薬を減量して行くようです。一定の減量が得られた後でも、1年以上のステロイド治療が必要な例が多く、副作用である骨粗鬆症(こっそしょうしょう)の対策が必須だそうです。

一般に予後は悪くない病気だそうですが、実はステロイド療法によってどの程度改善するかについては十分な臨床成績が無いそうです。



上記の女性の場合は、当初、仲々、この病気であるとの診断がなされず、方々の病院で検査されたりしましたが、治療法もよく分からないまま、取り敢えずはステロイド療法を受けておられました。

幸いに、大阪の膠原病の病院でやっと、この病気ではないかと診断され、色々な薬を調合されて本格的な治療を受けることが出来たわけです。

しかし、今日まで何年も過ぎましたが、依然として症状が治まらず、10種類ちかくもの薬を服用せざるを得ない日常を送っておられます。ですから薬の副作用で、また他の薬を調合されることも良くあるようです。



ご本人は大変気丈な方ですから、病気に負けて病人になり下がる人ではありませんので、そんな身体であっても毎年数回、アメリカの父親の見舞いを兼ねて渡米されています。

唯、仕事やそうした渡米などで過労気味になっておられるのは間違いありませんから、それが病気の症状を長引かせているとも言えます。

それでも毎週、定期的に指圧の治療を受けに来ておられます。指圧の全身治療を受けられると、身体全身の地の巡りが良くなって気持ちいいと言って喜んでおられます。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/501-bc0adc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。