昆虫食

ここでは、「昆虫食」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



近年、世界人口が益々増加の一途をたどる一方、気候変動による作物生産性や食料自給率の減少などが危惧されるいますので、世界レベルで食料危機が懸念されています。

とくに、動物タンパク資源の確保が深刻な問題になることが予想され、大型家畜や魚類の代替食料が求められていますが、その有力候補の一つとして「昆虫」が注目されています。

国連食糧農業機関(FAO)は、昆虫が栄養学的にもすぐれていることを力説しています。タンパク質と脂肪に富み、カルシウムや鉄分、亜鉛分を含んでいて、鶏肉や牛肉、魚肉などと比べても遜色はないと報告しています。



一般に昆虫食は、西欧社会ではなじみが薄いものですが、世界全体では20億人のメニューに昆虫が入っていると言われています。食べられている昆虫の種数は約1900種にも及ぶそうです。

国や地域別で見ますと、アフリカ250、メキシコ549、中国170、ラオスなど東南アジア4カ国164、アマゾン428種という調査もあります。

こうした地域で食せられている昆虫としては、最も多いのが甲虫類で31%で、2位が鱗翅(りんし)類(チョウとガ)が18%、3位がハチ類(アリを含む)で14%となっているそうです。

その他では、バッタ類(13%)、カメムシ類(セミやウンカ、カイガラムシなども含んで10%)、シロアリ類(3%)、トンボ類(3%)、ハエ類(2%)と続いています。

kon.jpg
市場で売られる食用昆虫。イナゴ、竹虫、蛹、コオロギ、
サソリ、ガムシ、タガメ。(タイ、バンコク市内)



国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食と養虫産業を推奨しているのは、元手がかからず特殊な技術も不要なので、途上国の不便な土地でも事業を起こせる利点があるからだそうです。また、現金収入につながると言うわけです。

更に、与えた餌が昆虫の体に変わる効率も高いことも利点とされています。コオロギの場合は、2キロの餌で虫の総体重が1キロも増えるそうです。

また、その餌には残飯類も使える場合もあるようですし、養豚に比べるとアンモニアの発生も少なく、温室効果ガスであるメタンも出にくいのだそうです。

唯、ご存知のように、昆虫食の最大の難点は虫を口に入れることへの抵抗感だと言われています。今の所、西欧各国には家畜などによって動物タンパク質を摂取できるので、仲々、昆虫食に馴染むことは難しそうです。

しかし、今後、本格的な天変地変によって食料事情が極端に悪くなった場合には、そんなことも言っておれないので、昆虫食も否応なく取り入れざるを得ないことになるかもしれません。



ところで、日本での昆虫食といいますと、今でも地方によっては食せられているものとして、イナゴ(佃煮など)、ハチの幼虫などが有名ですが、ミミズなども薬用に利用されています。

また、蚕の蛹(さなぎ)は、醤油と砂糖で煮付けて佃煮にして食べられています。更に、カミキリムシの幼虫を熾き火で炙って食することもあるようです。

で、昆虫食に適した昆虫とはどんなものが良いのかと言いますと、下記のようなことが上げられています。(「モグモグ昆虫食ランド」より引用)


1.殻が固すぎないこと

まず、「外骨格が固すぎない」ことが考えられます。昆虫は体を内部骨格ではなく外骨格と呼ばれる殻で支えています。

この外骨格はカニの甲羅と同じキチン質で出来ているので、固い殻を持っていても加熱して粉末などに加工すれば残さず食べることが出来ますが、あまり現実的ではありません。

つまり、歯で噛み切れる程度の固さを持ったものが適していると言えます。


2.不味すぎないこと

昆虫食が敬遠される理由には、グロテスクな見た目から感じる味の悪さにあるます。

俗に「グロテスクなものほど美味である」と言われていますが、昆虫食は調理するとどうしても形状が強調されてしまい、初心者には箸が伸ばしにくいという弱点があります。

つまり、食用昆虫には「昆虫食を肯定するだけの味」を持っていることが望まれるのです。』



ところで、昆虫食が盛んな中国や台湾ではどのような昆虫が食せられているのかと言いますと、セミや蛾(が)、コオロギなどが代表となっています。

セミは土に潜る前の幼虫や羽化した後の成虫が昆虫食の対象になっているようです。セミの幼虫は素揚げして塩を振って食べるのが一般的のようですが、串焼きや串カツ仕立でも美味いそうです。

中国などで食用にされている蛾は、カイコガ、スズメガ、ツトガ、メイガなどだそうです。油で素揚げして食べるのが一般的だそうです。尚、ツトガ・メイガの中でも特に、竹の中に生息するタケツトガは高級食材として人気が高いのだそうです。

コオロギは、油で素揚げして塩で味付けするのが最もシンプルで味を楽しめるそうです。他には、サラダに入れたり、スープのクルトン代わりにも利用できるようです。



最後に、昆虫食にされている昆虫の種類を列記しておきますので、あなたがご存知だったり、食されたものがあるかどうか、ご覧になって見て下さい。私は子供の頃、イナゴの佃煮をよく食べました。

タガメ、カメムシ、セミ、ゲンゴロウ、ガムシ、タマムシ、ゴミムシダマシ、カミキリムシ、コガネムシ、クワガタムシ科、ゾウムシ、カイコガ、ヤママユガ、スズメガ、ボクトウガの幼虫、ヤガの幼虫、コウモリガ、ツトガ、メイガ、ハチ、アリ、ツムギアリ、ミツツボアリ、イナゴ、バッタ、コオロギ、ケラ、ハエ(ウジ)、チーズバエ、ミギワバエ、蚊(卵)、ウシバエ属、カワゲラ、トビケラ(ざざむし)、ヘビトンボ、シロアリ、ゴキブリ。

何と数が多いことでしょうか。これらが既に世界の各地で食用にされているのですから、ちょっと驚きです。今後、私たちも、こうした昆虫を常食する時代がくるのでしょうか・・・?

=>【昆虫食レポ】






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/497-6c6baab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。