「尾道弁」について

ここでは、「「尾道弁」について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



私は昔から、各地方の「方言」を聞くのが好きなんです。どの方言でも、その地方の人でないと良く分からないような表現があります。

それこそが、その地方独特の文化であり、生活様式の表れだと思います。唯、残念ながら最近では、何処でも都会の生活様式が取り入れられるようになり、それにつれて標準語が地方にまで普及してしまいました。

先日も、若い姉弟が指圧治療に来たことがありましたが、二人とも福岡県出身で、弟さんが千葉県で働いている所に、お姉さんが時々、福岡から様子を見に来るということでした。

二人の指圧治療が終わって、私が運動法について色々話していた時に、二人がいきなり博多弁で喋り出したんです。最初は二人とも標準語だったんですが、話が盛り上がってきた途端に、無意識のうちに二人が博多弁になったわけです。

その二人の様子を見ていて、やはり方言はいいなと感じました。博多弁になったら、二人の会話が実にスムーズに楽しそうに見えましたからね。



ところで、私は度々申し上げているように、広島県の尾道市の出身です。尾道の方言も広島弁には違いないのでしょうが、広島市辺りと比べると違いがあります。

唯、近年は他の地方都市と同様に、標準語が普及して、独特の「尾道弁」を話す人々は少なくなっているようです。

今日はその「尾道弁」について、少し紹介してみたいと思います。尚、これが純粋の「尾道弁」だと言い切れるものはありません。



実は、尾道弁は「備後弁」とか、「備前・備中弁」などにも共通するところがあります。唯、尾道は、広島安芸文化圏より岡山備中備前文化圏に近いのではないか、と言われています。

また、狭い尾道ですが、地域によって、随分と異なった言葉(表現)があるようです。中でも「尾道弁」は、「まち(商人)ことば」と「漁師ことば」に大別されるようで、その「漁師ことば」にも吉和(よしわ)、御所(ごしょ)、尾崎(おざき)の三地区の言葉があるようです。

では、今日は尾道弁で『あ行』に含まれる表現を紹介します。ですが、これらが今も現役の言葉として一般に使われているのかどうかは、定かではありません。(「路地ニャン公の尾道ホッと情報」を参照)



尾道弁の『あ行』

ああじゃこうじゃ⇒あれやこれや
あぎょう⇒物などをあげる(例:「ええ子じゃけい、これあぎょう」)
あずる⇒苦労する(例:「子供の宿題であずる」)
あ、ほうねぇ⇒なるほど
ありょう⇒あれを(例:「ありょう、しゃんしょう(しましょう)」)
あんなぁ⇒あの人は(例:「あんなぁ、ええ子よ」)
あんやん⇒兄さん

いお⇒魚(例:「いおは,うまあけぇのう」)
いさば⇒鱶の子=転じて相手を見下げることば(例:「このいさばが・・・」)
いたしい⇒難しい(例:「こりゃあ、わしにゃいたしいで」)
いっこも⇒何にも(例:「いっこも、見れん」)
いなす⇒呑み込む。帰す。(例:「早う、いなせぇ」)
いなげな⇒変な、おかしな(例:「いなげな所じゃ」「いなげな味じゃ」)
いぬる⇒帰る(例:「わしゃぁ、もういぬるでぇ」)
いんやぁ⇒嫌だ。言いなさい。(例:「あの人にいんやぁ」)

うち⇒私(女ことば)(例:「うちゃ、知らんよ」)
うまあ⇒美味しい(例:「こりゃあ、うまあのうや」)

ええ⇒優れている(例:「この絵のほうが、ええでぇ」)
えっと⇒沢山(例「こりゃぁ、えっとあるは!」)
えらい⇒疲れた(例:「仕事をし過ぎて、えらいわぁ」)

おおけえ⇒大きい(例:「これはおおけえなあ」)
おごうさん⇒奥さん(例:「おごうさん、さかなは要らんきゃあ」)
おじんじょう⇒正座(例:「おじんじょうしなさい」)
おせ⇒大人(例:「ガキのくせに、おせを言うなぁ」)
おどれ⇒「お前の」見下げたことば(例:「おどりゃぁ、なにするんじゃ」)
おはようした⇒お早うございます
おみゃあ⇒お前(例:「おみゃあらぁ、何しとんか」)
おらぶ⇒叫ぶ(例:「オランダ人がベランダでおらんだ」)
おらん⇒居ない(例:「だれもおらんでぇ」)



こうしてみますと、私の子供の頃によく使った表現もありますが、その反面、全く忘れてしまっていて、何だか始めて聞くような気分になったものもあります。

東京に出て来ておられる方の中には、ご自分の出身地の方言を使うことを嫌ったり、隠したりして、出来るだけ標準語で話そうとされる方もおられます。

でも、それは何だか勿体ないような気もします。勿論、純粋の青森弁や鹿児島弁で喋りまくられますと、全く理解不能になってしまいますがね・・・。



私のところに指圧の勉強や治療に来られる方の中には地方出身の方が大勢おられますので、その人達が例え標準語で喋っていても、発音やイントネーションの違いが出てきて、あぁ、この方は○○出身だな、と分かることが良くあります。

そのことを当人に話しますと、そうなんですよと言って、何となくリラックスされたり、それが元でその地方の話になったりして、和気藹々になることが多いものです。

私は、地方出身者の方が公的な発言以外、私的な付き合いの場では積極的にご自分の方言で話をされることが
いいのではないか、と思っています。

最後に尾道弁で喋ると次のようになります。(「尾道をピカピカにきれいにする会」より)


『よう来んさったのう尾道へ。

わしらぁ港町で育ったけえ、おのみち弁がいちばんええ。

なんじゃ言うてものう。こまい時から聞いとるけえ。

尾道弁のことを昔からの料理屋さんにお願いしゃんした。

まぁ、ちょっと見てつかぁしゃあ。

「でべら」ゆう干しざかなが、ありゃんすけぇ。

ゼニゃぁまけときゃんしょう。

直ぐ持ってきゃんすけぇのう、待ちょうてつかあしゃあ。

のう、これこれ。こういうんが、ええんじゃ。

よう買うてもらよーるけぇ、満てたら、しみゃあで。

うまーしこ頼みゃんすで。』






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/482-e0bddb8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。