股(また)割り運動

ここでは、「股(また)割り運動」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

MATAWARI JAPAN


先日は、相撲力士の基本鍛錬法の「四股踏み」について紹介しましたが、今回も力士に馴染みの「股割り」についての紹介です。

この股割りは、相撲界では股関節を柔軟にし、怪我を防ぐことを目的に行う準備運動と位置付けられています。しかし、現在、「大相撲の稽古の中でも最も厳しい」と言われることも多く、ほとんどの新弟子はこれを怖がるそうです。

しかし、『MATAWARI JAPAN』という組織を作って活動されている、治療士の中村孝宏氏は、『股割り』は、運動のトレーニング方法として実にシンプルで優れたトレーニング方法だ、と教えておられます。



私は以前にも申し上げましたが、子供の頃、高い材木置き場から地面に落ちるという体験をした時に、どうやら骨盤を打ったようで、以後、特に左の股関節に違和感を感じてきました。また、腰椎にも何等かの歪みがあることも感じています。

つい最近まで、この股関節の違和感がありましたが、中村孝宏氏のサイトを拝見したりして自分流に「股割り」を練習してみましたら、次第に左股関節の異常が和らいできました。

まだ、1ヶ月も続けていませんが、毎日、自分の出来る範囲で股割りを行ってきましたら、何と子供の頃からの左股関節の異常が解消して、左右の股関節の状態が均等になってきました。



その結果、立った姿勢でも左右の脚に掛かる体重が均等になってきました。以前は、左の脚に力が無いなと感じていたのですが、最近は両足裏が地面にピタッと着いた感じで安定して立つことができます。

とはいえ、中村孝宏氏の指導されているような理想的な「股割り」が出来る訳ではありません。が、それに近付けるように毎日、欠かさずに続けています。

先日、紹介した「四股踏み」と合わせて行うことで、足腰を丈夫にして、股関節を上手く使えるようになるものと思っています。この年になってでも、股関節の異常を解消出来たことは、洵に有難いことだと感謝しております。



ところで、中村孝宏氏は「股割りとは何かその目的」について下記のように述べておられます。

「直立で脚を大きく開いて腰を落としていく四股立ち或いは腰割りという運動を股割りという。また、床に座って開脚をして力を抜いて筋肉や関節をジワジワ伸ばしながら行う開脚ストレッチ運動を股割りという。

股割りにチャレンジする理由や目的は、足腰の柔軟性を養うため、股関節をやわらかくするため、股関節をゆるめるためなどが一般的である。

だが、本書で紹介する股割りはそのどれでもなく床に座って開脚をして筋肉や関節を伸ばさないようにして円滑な重心移動を行うための運動訓練である。」


<股割りのやり方>

構造動作トレーニング "股割り"を極める



股割りの一連の流れ(型)

1・床に座って脚を大きく開いて股関節を外旋する。
2・基本ポーズでお腹辺りに重心を置いて体幹をまとめる。
3・趾(あしゆび)を握り込みながら足関節を背屈する。
4・趾を握り込んだまま底屈しさらに股関節を外旋する。
5・胸を斜め前上方向へ出して重心位置をなじませる。
6・趾を握り込んだまま背屈をして股関節の外旋と体幹を保ちながら身体をまとめる。
7・顔と胸を正面に向けたまま重心を前に移動する。
8・下腹と肘が床に着いたらさらに腹圧をかけて骨盤を前傾する。
9・顔と胸を正面に向けたまま腹圧を高めて股関節を切り返す。(ロールオーバー)

*詳細な説明はこちら=>股割りのやり方/股割りとは何かその目的



さて、股割りといいますと、何となく股を左右に開くストレッチ運動ではないかと考えますが、実は両者には大きな違いがあるようです。中村孝宏氏は下記のように述べておられます。


「ストレッチも股割りも同じような意味でとらえてしまいがちですが、両者は全く「質」の異なるものです。

ストレッチはスポーツや医療の分野でリハビリとして行われるものです。マッサージや指圧などの圧迫刺激も筋肉のストレッチといえるでしょう。骨折後の動きを失った筋肉への後療法や寝たきり患者の動きのない筋肉に対し他動的に動きを与え刺激するために用いられる筋肉伸張方法です。

股割りは運動能力の向上、けがの防止のために行う関節運動方法です。

スポーツの現場ではストレッチと混同され取り入れられており、選手の多くは股関節周りをやわらかくすれば怪我が少なく運動能力が上がると考えられています。

これは、大きな誤解です!

股割りと混同されている股裂きといわれるものは筋肉を引き伸ばして、見た目にやわらかくなったもので筋肉が伸びたに過ぎません。股関節が動くようになったわけではなく、怪我が減るどころか運動能力が下がるおそれもあるのです。

骨格筋は収縮で力を発揮する。

当然のことながら関節運動は主動作筋が収縮することでおこります。股関節なら腸腰筋 が収縮することで屈曲(曲がる)する。

つまり、股割りは筋肉を伸ばさないように行う。

ストレッチ(股裂き)が筋肉を伸ばす方法に対し、股割りは筋肉を伸ばさない方法なのです。

股割りは、「固さを残して余分をゆるめる」ような感覚で筋トレに近い運動感覚があります。

股割りの一連の動きは、股関節外転外旋から屈曲、内転内旋伸展 です。この、一連の動きをスムーズにできるよう訓練します。途中で筋肉を伸ばしてしまうと股関節の動きは止まってしまいます。

そして、股割りで重要なことは股割りで訓練する一連の動きを自分の競技に置き換える作業です。運動能力の向上、けがの防止のために地道な股割り をするのですから訓練の意味をしっかり把握するべきだと思います。」



最後に、股関節を動かす上に於いて、足の指(趾)が大変重要だと述べておられます。実はこの趾がカラダの「土台」であり、この趾を靴のなかで眠らせたままいくら体を鍛えても、本質的な改善や能力アップは難しい、と語っておられます。

そうした理論を下記の書籍では分かりやすい文章と豊富な図版で説明するとともに、趾を目覚めさせる具体的なエクササイズを沢山紹介されています。



また、ランナーやウォーキング愛好者はもちろん、スポーツ・武道をされる方に最適な“ゆっくり走り"と呼ばれる股関節のウォーミングアップ法を詳しく紹介されているとのことです。また、下記の動画も参考にして下さい。

「構造動作でカラダを変える!足指トレーニング」







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/481-f7c513bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。