「ほうれん草」について

ここでは、「「ほうれん草」について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



今日は野菜の「ほうれん草」の話ですが、年配の方はアメリカ漫画の『ポパイ(POPEYE)』(下記の動画)の中で、ポパイがほうれん草の缶詰を開けて食べると、途端に筋肉が盛り上がって強くなって相手をやっつける場面を記憶されているかもしれませんね。

Popeye The Sailor Man - Strikes Spares an' Spinach



まあ、このように「ほうれん草」を食べると元気になるという印象が強いのですが、実際はどうなのでしょう・・・。一般には下記のような特徴が挙げられています。


1.ビタミンA が豊富:ビタミンAはフリーラジカルを減らしてくれて、体内コレストロールが酸化するのを防ぐ

2.ビタミンKが豊富:ビタミンKは骨の健康に欠かせないオステオカルシンの働きを促す

3.ルテイン、リポ酸、ミネラルが豊富

4.細胞の健康に欠かせない葉酸と血圧、心臓の健康に欠かせないマグネシウムを含む

5.鉄分が豊富

6.抗酸化作用をしてくれるフラボノイドが豊富

7.筋肉の健康と活力を与えてくれる硝酸塩を含む

8.血糖値を正常にしてくれる植物性フィトエストロゲン様活性成分を含む


※但し、上記の効果が期待できるのは、無農薬のほうれん草に限ります。スーパーなどで一般に販売されているものは、その限りにはありません。注意が必要です。



ところで、ほうれん草はアジアやペルシア地方で最初に栽培されたのではないかと言われています。ヨーロッパには中世の時代にアラブから持ち込まれ、東アジアにはシルクロードを通って伝わったようです。

中国から日本に伝わってきたのは17世紀の頃で、当時は西洋種のほうれん草が伝わってきましたが、現在では西洋種・東洋種・交雑種・サラダほうれん草などが栽培されているそうです。


東洋種:葉肉が薄く、葉が細く深い切れ込みがある。葉先はとがり、根元が紅色。あくが少なく、歯切れよく、淡白な味。おひたしに向く。
tou.gif

西洋種:葉が丸みを帯び、葉肉に厚みがある。土臭さがあり、あくが強い。種にはとげのないものが多い。


サラダほうれん草:生食用に改良した、サラダ専用種。葉が柔らかく、色はやや薄く、切れ込みがない。茎はほっそりしている。
sara.gif

交雑種(サボイほうれん草):西洋種と東洋種の雑種から育成。ウイルスに抵抗性がある。葉がいちじるしく縮れており、アメリカなどで栽培。
sapoi.gif



尚、ほうれん草と言いますと、結石の原因になる「シュウ酸」が多いので注意が必要だという方もあります。

このシュウ酸は、ほうれん草の持ち味である”あく”の成分です。ゆでて水にさらすと溶け出してしまいます。ですから、よほど大量に食べなければ問題ありません。

また最近は、品種改良によってシュウ酸を少なくした、上記にも説明しました生食用の「サラダほうれん草」の人気が高まっています。



さて、ほうれん草の保存方法ですが、下記の2つがあります。

1.常温の場合:ほうれん草を買ってきたら、濡らした新聞紙にくるみポリ袋に入れて、立てて野菜室で保存します。立てておくとほうれん草の自然な状態になるので、栄養が逃げません。

ほうれん草をすぐに食べない場合は、茹でてから保存します。茹でたほうれん草の保存は冷蔵庫で2~3日持ちます。冷凍保存の場合は1ヶ月が目安です。

2.冷凍の場合:冷凍したほうれん草を茹でるときは、冷凍した状態で茹でます。解凍するときは自然解凍します。電子レンジも便利ですが、栄養が逃げてしまうので、なるべく使わない方がいいようです。下ごしらえをしたほうれん草は、すぐに使えるので忙しいときに便利です。



最後に、ほうれん草のレシピの動画を掲げておきますので、参考にして下さい。

ほうれん草の胡麻和え



ほうれん草のスパニッシュオムレツ



じゃがいもとほうれん草のグラタン



ほうれん草のカレー



視力低下を防ぐ☆ほうれん草のポタージュ



もう一つ、オマケでポパイの漫画映画をお楽しみ下さい。ゆっくりした喋りが多いので英語の勉強にもなりますよ。

Popeye Volume 1




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/474-1f5f9de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。