「健康十訓」の色々

ここでは、「「健康十訓」の色々」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



昨日の午後、始めての外国人から電話があり、指圧の治療を受けたいということでした。何時頃がいいのかと聞いてみましたら、直ぐに行けるというのです。

で、何処にいるのかと聞いてみましたら何と、このビルの一階のショッピングセンターの入り口にいるというので、慌てて迎えに行きました。

事前に予約の電話を頂いていれば良かったのですが、何の連絡もなく、いきなり下から電話をしてきて直ぐに治療を受けたいというのですから、人騒がせです。



実は、外国人の中には彼のように事前の連絡なしで、いきなり訪ねて来たり、近くに来ていて電話をしてくる者が結構いるんです。

で、彼はカナダ人でしたが、現在は中国の上海に住んでいるようで、奥さんの仕事の都合で一緒に東京に立ち寄ったとのことでした。

上海と言えば、例のスモッグと言いますか、PM2.5の汚染物質の被害状況を聞いてみましたら、上海でも北京と同様にヒドイ状態で、前が見えないような状況になると言っていました。



彼は腰椎4~5番にかけて異常があると言って、スマホに収めてあったレントゲン写真を見せてくれました。医者からは手術を勧められているけれども、自分としては拒否しているとのことでした。

この腰椎の異常の所為で、大腿や臀部や膝に違和感があるというので全身治療を行いましたが、それほどの異常があるような感じはしませんでした。

治療の後、彼が私が描いていた太陽の写真を見ながら、その感想を言ってくれたのがキッカケとなって色々な話をしましたが、非常にスピリチュアルな感じのする方でした。



ですから、腰椎の異常のことに関しても、心配しておられる様子はなく、自分の何等かの学びであるとの認識を持っておられました。

別れ際に、私が突然の訪問で驚いたと言いましたら、いや突然ということはない。何かの理由があります、との返答でしたので、私も嬉しくなり、そうですね。偶然はありませんね、と言って笑って別れました。

今考えても、一時間という短い出会いでしたが、会うべくして遭わなければならない何かのご縁があったものと理解しています。



ところで話は違いますが、世間には健康に関する言い伝えや、教訓のようなものが沢山流布されています。江戸時代に活躍した貝原益軒の『養生訓』などは今日でもよく知られています。

貝原益軒は「人生の楽しみ方」についても色々話していますが、健康に関することでは次のようなことを強調しています。


1.腹八分目:「病に食い勝つ」という諺があるように、食べなければ健康を維持するのも難しいし、病気の回復も遅くなります。しかし、どんなにおいしい食べ物でも食べ過ぎれば、胃腸をそこない、病気になります。美味、珍味の食べ物でも腹八、九分でやめることを勧めています。

2.心の養生:養生は身体のことばかりでなく、「養生の術は先心気を養うべし」とあるように心の養生も必要であると益軒は説いています。それは心身相関の確固とした信念、身体は心によって養われ、心は身体によって養われると考えていたからです。

3.むやみに薬は飲むな:たいした理由もなく薬を服用すれば、五臓に代表される身体の機能、全体のバランスを崩し、かえって病気の生じることがあると説いています。

4.薬より養生:益軒は薬については次のように述べています。薬はみな偏った性質があるものなので、その病に応じなければ必ず毒となる。従ってどんな病気であれ、みだりに薬を服してはならない。病の災いより薬の災いの方が多い。薬を用いなくても慎んでよく養生すれば、薬の害もなく、治りやすい。



実に尤もなことを言っています。現代人にもピッタリと当てはまる言葉です。特に「薬よりも養生」が大事だとしていることは現代人に対する警鐘でもあります。

このような貝原益軒が残した養生訓に似た「健康訓」は方々で見受けられます。例えば、同じく江戸時代の俳人でもあった、横井也有が残したと言われている「健康十訓」には下記のようなものがあります。


1.少肉多菜(肉を控えて野菜を多く摂りましょう。)
2.少塩多酢(塩分を控えて酢を多く摂りましょう。)
3.少糖多果(砂糖を控えて果物を多く摂りましょう。)
4.少食多噛(満腹になるまで食べずよく噛んで食べましょう。)
5.少衣多浴(厚着を控えて日光浴し風呂に入りましょう。)
6.少車多走(車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう。)
7.少憂多眠(くよくよせずたくさん眠りましょう。)
8.少憤多笑(いらいら怒らず朗らかに笑いましょう。)
9.少言多行(文句ばかり言わずにまずは実行しましょう。)
10.少欲多施(自身の欲望を控え周りの人々に尽くしましょう。)


この横井也有という人は、「ウィキペディア」では下記のような略歴が示されています。

『元禄15年(1702年)、尾張藩で御用人や大番頭を務めた横井時衡の長男として生まれ、幼名は辰之丞、通称は孫右衛門と言った。本名は時般(ときつら)、別号に永言斎・知雨亭など。横井氏は北条時行の流れを組む家柄と称する。

26歳にして家督を継いだ後は用人、大番頭、寺社奉行など藩の要職を歴任。武芸に優れ、儒学を深く修めるとともに、俳諧は各務支考の一門である武藤巴雀、太田巴静らに師事、若い頃から俳人としても知られ、俳諧では、句よりもむしろ俳文のほうが優れ、俳文の大成者といわれる。多芸多才の人物であったという。

宝暦4年(1754年)、53歳にして病を理由に隠居した後は、前津(現在の中区前津1丁目)の草庵・知雨亭に移り住み、天明3年(1783年)に82歳で没するまで、俳文、漢詩、和歌、狂歌、茶道などに親しむ風流人として暮らした。』



ただ問題なのは、上記の「健康十訓」が本当に横井也有が残したものなのかどうか、ということです。ネット上などでは皆、彼の言葉として紹介されていますが、その実、何等その根拠が示されていません。

そんな中、「俳句の森」では、也有のことを調べられた結果、上記の「健康十訓」は横井也有が残したものでない、と述べておられます。

言われてみれば、これが江戸時代に語られたものであれば、車などのない時代ですから、「少車多走(車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう。)」と表現されることは大変にオカシイことだと分かります。



さて、次の「健康十訓」はコーカサス地方に古くから伝わるものだそうですが、ここでも車に乗らずに歩こうと言っています。また内容も、先の横井也有のものとされている十訓と同じですね・・・。

1.少肉多菜:肉だけ食べずに野菜もたくさん
2.少塩多酢:塩味薄く酢の物で
3.少糖多果:甘い菓子より果物を
4.少食多咀:腹に八分の量をよくかんで
5.少車多歩:車に乗らずにまず歩く
6.少衣多浴:薄着になってお日様浴びる
7.少煩多眠:くよくよせずによく眠る
8.少念多笑:笑いは憤りをふきとばす
9.少欲多施:人に施し心豊かに
10.少言多行:口で言うよりまず動く



最後に、日本臨床内科医会が制定した「健康・長寿の10か条」というのがありますので、下記に列挙しておきます。

1.ゆっくり食べようよく噛んで、腹八分目で箸をおく
2.お魚と大豆製品欠かさずに、野菜果物バランスOK
3.毎日歩こう30分、足腰きたえて長寿への道
4.早寝・早起き、タバコは吸わない、お酒もほどほど健康の秘訣
5.頭を使ってボケ防止、毎日明るく夢を持て
6.眠れない、食欲がない、元気がない、心の風邪か、まず相談
7.ストレスためずによく眠り、過労をさけて休養を
8.うがい・手洗い習慣付けて、防ごう風邪やインフルエンザ
9.あなたの健康家族の宝、すすんで健診、自己管理
10.いつでも何でも相談できる、かかりつけ医を持ちましょう



さすがに医者が考えただけあって、健康診断や健康相談を勧めているのには笑ってしまいます。いずれにしても、どの健康十訓にしても、言っていることは常識的な範囲のものばかりです。

現在の日本のように放射能汚染に侵されている状況では、更に厳しい健康十訓のようなものが必要かも知れません。例えば、下記のようなものでは、どうでしょうか・・・。


1.肉食をしない
2.朝食は摂らない。一日二食か一食(小食に徹する)
3.植物乳酸菌を摂る。豆乳ヨーグルトなど
4.日光浴や太陽凝視
5.身体を温める。風呂で温める。生姜などを摂取
6.発酵食品をたくさん摂る
7.全てに感謝する。常に「有難うございます」と唱える
8.よく歩く。運動をする
9.室内を整理整頓する(物を置かない)。良く掃除をする。空気清浄機を利用
10・絶対に病気は無いと信じ切る(人間、本来病気無し)



まあ、こうした健康十訓のようなものは自分自身で、自分に合ったものを作って、それを実践していくことが大切ではないかと思います。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/465-61201583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。