恵方(えほう)巻き(丸かぶり寿司)

ここでは、「恵方(えほう)巻き(丸かぶり寿司)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



何だか近年、節分になると「恵方巻き(丸かぶり寿司)」などと言うものが、食品業界の宣伝に乗せられて一般家庭にも浸透してきているようですね。

昨日も、そのことが報じられていましたが、こんな習慣は私の子供の頃にはありませんでした。大阪から広まったようですが、それも近年までは行われていなかったと専門家が言っています。

恵方巻きとは、節分にその年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされる太巻きとのことで、それを鵜呑みにして信じた人々が行っているのが現状です。

ちなみに、「恵方」とは、歳徳神(としとくじん)という神様がいる方角のことを指しているそうです。歳徳神とは年の初めに祀る神様で、その年の福徳を司っている神様だそうです。


「語源由来辞典」では、恵方巻きの由来について下記のように説明しています。

『恵方巻きの「恵方」は、陰陽道でその年の干支によって定められた最も良いとされる方角のことで、その方向に歳徳神(としとくじん)がいるといわれる。

その恵方に向かって巻き寿司を食べることから、「恵方巻き」や「恵方寿司」と呼ばれるようになった。恵方巻きは、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、恵方に向かって無言で一本丸ごとの海苔巻きを丸かぶりすることから、「丸かぶり寿司」や「丸かじり寿司」とも呼ぶ。

巻き寿司を切らず一本丸ごと食べるのは「縁を切らない」という意味が込められており、七福神にちなんで「かんぴょう」「きゅうり」「伊達巻」「うなぎ」など七種類の具材が入れられ、「福を巻き込む」という願いも込められている。

恵方巻きの起源は、江戸時代末期、大坂の船場で商売繁盛の祈願をする風習として始まったものといわれるが、正確な起源は未詳。

この風習は一時廃れたが、1970年代後半に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行ったイベントによって復活し、関西地方では一般的な風習となった。

1990年代前半には一部のスーパー、1990年代後半には一部のコンビニで全国販売されるようになり、2003年~2004年には全国のスーパー・コンビニで販売され大きく宣伝されたことから、節分に恵方巻きを食べる風習は急速に全国へ広まっていった。』



ところで、上記の説明を鵜呑みにすることはできません。説明の中でも言及されているように、恵方巻のルーツは不明になっていて、諸説があるからです。

一般的には、大阪海苔問屋協同組合などが勝手に理屈を付けてノリの販促のために考え出したものではないかと思われます。その尻馬に乗ったスーパーやコンビニなどの食品業界が、これを節分の風習として広めているのではないでしょぅか。

で、本当のルーツは何かと言いますと、大変にいかがわしいものだったようです。というのは、恵方巻は花街の遊女に対して旦那衆が行ったセクハラをもとに作られたキャンペーン、だったと言われているからです。



これが本当だったら、女性にフェラチオ(男性器(陰茎)を口に含む性行為)をしている時のような顔をさせるために作られた方便が恵方巻の始まりだということになりますから、全く呆れる他ありません。

花街通いの旦那衆が、恵方や願掛けなどといった、もっともらしい言い訳を作り遊女を納得させエッチな顔をさせていたと言うわけです。

こんなルーツのある風習を、大ぴらに普通の一般家庭の日常に持ち込んでいいものでしょうか。商売になることなら、何でもやるという根性がミエミエの食品業界のやり口です。



しかし最近は、何の意味も分からず、業者の口車に乗せられて鵜呑みにして、それらの習慣を取り入れている人々が多數を占めているわけですからねぇ・・・、

クリスマスやハロウィーン、バレンタインデーなど、もともと日本人には関係無いようなことにも熱中する人々がいるわけですから、恵方巻のこともとやかく言っても仕方がありません。

まあ、流行りモノには何かの思惑があることぐらいは認識して置かれた方がいいかとも思います。節分を迎えて、気になったことを述べさせて頂きました。



私は本来、恵方巻きのような「太巻き寿司」は好きなんです。唯、それを丸かじりするような風習には疑問を感じます。恵方巻きに反対する方が下記のような過激な文章を掲げていますが、どうでしょうか・・・。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/462-db959c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。