ノロウイルス対策

ここでは、「ノロウイルス対策」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



このところ、気温の寒暖の差が極端になっていますね。まだ2月に入ったばかりだというのに、今日の東京は最高気温が18度にもなると言われています。

でも、明日からは寒さが戻ると言うのですから、まるでジェットコースターに乗っているように急激にアップダウンしているようで、体調維持が難しいこの頃です。

その所為でしょうか、ノロウイルス中毒が流行しています。学校給食などによる集団感染も度々起こっています。唯、その原因が本当に学校給食かどうか、疑問に思うところがあります。



ところで、ノロウイルスは乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスのことです。この感染症は11月から3月の主に冬季に多発しますが、年間を通して患者は見られるようです。

その特徴としては下記のようなことが挙げられています。

1.下痢だけではなく、嘔吐が多い:嘔吐の場合、適切に処理や消毒をしないとウイルスが床に残って、乾燥しホコリと共に空気中に舞い上がり感染が広がることもあるようです。

2.消毒薬に対する抵抗性が強い:ノロウイルスはアルコールや高温に対する抵抗性が強い上に、乾燥や酸にも強く、水中でも長時間生きていることができる厄介なウイルスです。

3.一度かかっても何度も感染することがある:ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在するので、同じ人が複数の違った型のウイルスに感染することがあるそうです。



尚、ノロウイルスの感染は経口感染ですが、下記のような感染経路があるようです。

1.感染者のウイルスが大量に含まれる便や吐物などから直接もしくは二次的に感染する場合

2.調理などを行う食品取扱者が感染して、その者を介して汚染した食品を食べた場合

3.ウイルスに汚染された貝類(特に二枚貝)を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合

4.ウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合



ノロウイルスに感染してから発症までの時間は24~48時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱は軽度ですが、37~38℃くらいだそうです。

私は一度も感染したことはありませんが、症状は1~2日ほど続いた後、治るようです。後遺症などが残ることはなさそうです。

ただし、免疫力の低下した老人や乳幼児では長引くことがあり、激しい嘔吐や下痢による脱水症状に気をつける必要がありそうです。



ノロウイルスに対する一般的な予防法としては下記のようなことが言われています。

1.食事の前やトイレの後などには、せっけんを使いしっかりと手を洗う

2.タオルなど共用で使用するものを避ける

3.下痢や嘔吐などの症状がある者は、食品を取り扱う作業をしない

4.食品の中心温度が 85℃で1分以上になるように熱を通して食べる

5.便や吐物の処理をする時は必ずビニール手袋を使用し、汚物の消毒は市販の塩素系消毒剤(漂白剤)を希釈したものを使う



さて、ノロウイルスに感染した場合に、もっとも注意が必要なことは、症状が治った後でもウイルスを排出していることを知っておくことです。

症状が治った後でも10日間ぐらい、また長い時には1ヵ月間程度ウイルスの排出が続くそうです。ですから、下痢や嘔吐が続いている場合には食品を直接取り扱わないだけでなく、その後も2週間は同様の注意がいるようです。



以上見てきたように、ノロウイルス感染の原因はウイルスということになっていますが、では何故、ウイルスに感染するのかが明確にされていません。

毎年、この寒い時期にノロウイルス感染が流行すると、上記のような予防法が叫ばれるだけで、肝腎なことが言われないのが不思議なことです。

実は、ウイルスは単なる引き金で,真の原因は身体の「免疫力」が低下していることです。特に最近の免疫力低下の原因は、福島原発事故による放射能汚染物質によるものと判断されます。



勿論、政府も東電も医療関係者も、そうしたことは一切、口にしていません。しかし、日本全国、放射能汚染物質によって覆われていることを考えますと、あらゆる食物による内部被曝のことを無視できません。

即ち、内部被曝によって異常細胞が激増しているために,この異常細胞の処理に免疫細胞(マクロファージやNK細胞)が過剰消費されてしまっていて,ウイルス処理のための免疫細胞が足りない状態になっていることが考えられます。

そのためにノロウイルスやインフルエンザに感染する人々が跡を絶たない状況になっているものと思います。ですから、自分の免疫力を高めることこそが、ノロウイルスやインフルエンザ感染に対する唯一の予防法だと言えます。



何時も申し上げているように、室内を放射能汚染から守るために、「空気清浄機」を設置したり、植物性の「乳酸菌」を取り入れて腸の働きを活発にしたり、運動や日光浴を欠かさないことが免疫力を高めることになります。

乳酸菌(植物性)は腸の働きを正常にして免疫力を高めます



シャープ空気清浄機(プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機)

<カスタムレビュー>
最近、病院や薬局、オフィスなどどこに行ってもプラズマクラスター搭載空気清浄機が使われてるので私も買ってみました。
加湿も出来るのでこのタイプにしましたが、実際使ってみて............本当に部屋の空気が変わりました。
言葉で表すのは難しいですが、森や山の中にいるような感じになります。
加湿も、空気中に水分が多すぎない適度に50%くらいを保ってくれるので有難いです。
思っていたより良かったので、我が家はもう一台購入することにしました。



尚、「シャープ空気清浄機」をお求めになる前に下記の情報なども参考にしてください。

=>シャープ、ウイルスが生存しやすい環境で運転を強化する加湿空気清浄機
=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!



最後に、漢方医の方がノロウイルス対策について下記のようなことを言われています。(「ヨミドクター」より)


『漢方医学でノロウイルス対策を考えてみましょう。

漢方医学では、「未病(みびょう)」という考え方があります。これは、現代風に言うと予防医学のことです。

漢方医学による対策としては、胃腸の状態を整えることになります。口から感染するノロウイルスを胃腸から体内へ簡単に侵入させないように、胃腸の状態を、漢方薬を使って調整しておくことです。

このとき使う漢方薬は、人参湯(にんじんとう)類です。人参湯は、日頃から体力がなく、風邪を引きやすい人で、胃腸の状態が悪くなったときや体調管理のために使います。



六君子湯(りっくんしとう)は、食欲に関係したグレリンという消化管ホルモンを増やす作用があり、がん患者さんの治療中にも使われています。



補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、免疫を高める作用があるという報告が数多くされている漢方薬のひとつです。



まだまだ、寒い日が続きます。みなさん、風邪やノロウイルスに備えるには、うがいや手洗いばかりでなく、漢方医学で体の中から予防することも考えてみてはいかがでしょうか。』



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/461-cff1f90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。