「リケジョ」がやりました!!

ここでは、「「リケジョ」がやりました!!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

理化学研究所、「万能細胞」を新手法で作製 iPS細胞より効率的 (14/01/30)


2014年は新たな変化や現象が現れることが予想されていましたが、生物学の分野において素晴らしい研究結果が発表されました。

既に皆さんがご承知の通り、「生物学の教科書を書き換える成果」と、国内外の研究者が驚きの声を上げた新万能細胞「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」を理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)が作製成功したとの発表です。

また世間を驚かしたことの一つに、研究成果を主導したのは、30歳の女性(リケジョなどと呼ばれているようです)の「新星」だったからです。これに関連した記事が、「SankeiBiz(サンケイビズ)」で下記のように報じられていました。



ーー引用はここからーー

マウスの血液や皮膚などの細胞を弱酸性液に浸して刺激を与えるだけで、人工多能性幹細?胞(iPS細胞)のようにさまざまな細胞になる万能細胞を作ることに、理化学研究所発?生・再生科学総合研究センター(神戸市)のチームが成功した。

開発した小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)らは、全く新しい万能細?胞として「刺激惹起(じゃっき)性多機能性獲得(STAP(スタップ))細胞」と命名?。1月30日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。iPS細胞よりも簡単に作製で?き、安全性も優れているという。人の細胞で作製できれば再生医療への応用が期待される?。

弱酸性液で刺激

体の細胞を万能細胞に作り替えるには、初期化という作業で受精卵の状態に細胞を逆戻り?させる必要がある。iPS細胞は遺伝子を導入し初期化するが、今回の方法は酸性の溶液?に浸すだけで簡単なのが特徴。

多様な細胞などに変化する能力を持つ細胞(STAP細胞)の塊になった

研究チームは生後1週間以内のマウスの脾臓(ひぞう)から、血液細胞の一種であるリン?パ球を採取し、水素イオン指数(pH)5.7の希塩酸溶液に約30分浸して刺激。これ?を培養すると数日で初期化が始まり、多様な細胞などに変化する能力を持つ細胞(STA?P細胞)の塊になった。

これを別のマウスの受精卵に注入し、仮親に移植して子を生ませると、STAP細胞は全?身に広がり、神経や筋肉などのあらゆる細胞になる万能性を持っていることが確認できた?。

iPS細胞は遺伝子の導入に伴うがん化のリスクがあり、初期化の成功率も0.2%未満?と低い。これに対しSTAP細胞は、外的な刺激を与えるだけなのでがん化のリスクが低?く、初期化成功率も7~9%。研究チームはメカニズムを解明し再生医療への応用を目指?す。

「誰も信じてくれなかったことが何より大変だった」


論文受理まで5年

「誰も信じてくれなかったことが何より大変だった」。研究発表の会見で、小保方さんは?こう振り返った。スタートは2008年。ハーバード大で担当教官との議論から始めた実?験で偶然、外部刺激による初期化の知見が得られた。だが実験は一進一退。共同研究者す?ら見つからず、「泣き明かした夜は数知れないが、今日だけは頑張ろうと思ってやり続け?た」。

ネイチャーへの最初の論文投稿では「何百年の細胞生物学の歴史を愚弄している」とまで?否定された。「きっと間違いだ」と、周りの研究者も首をかしげたが、「必ず人の役に立?つ」との信念を貫き、約5年で論文受理にこぎつけた。

千葉県松戸市生まれ。高校時代にたまたま手に取った科学雑誌の特集記事で「社会に貢献?できる」と再生医療に強い興味を持った。「お風呂の時もデートでも四六時中、研究のこ?とを考えていた」というほどの研究の虫。

白衣ではなく、祖母からもらったかっぽう着

実験で着るのは白衣ではなく、祖母からもらったかっぽう着。「おばあちゃんに応援され?ているような気がするから」。

実験室の壁はピンク色に塗り替え、机にはキャラクターが並び、研究室にはペットのスッ?ポン。「この子が来てから実験が軌道に乗ったので幸運の亀なんです」と笑顔を見せた。?(SANKEI EXPRESS)


万能細胞:神経や筋肉、血液など体のさまざまな組織や細胞になる能力がある細胞。受精卵の一部を?取り出して作る胚性幹細胞(ES細胞)や、京都大の山中伸弥教授が作製を報告した人工?多能性幹細胞(iPS細胞)が代表例。

iPS細胞は通常、皮膚などの体細胞に遺伝子を導入して作る。事故や病気で失った組織?や機能を修復する再生医療や創薬、病気のメカニズム解明への応用に向け研究が進む。E?S細胞は受精卵を壊すため倫理面の課題や、移植した際の拒絶反応の問題がある。iPS?細胞はがん化を防ぐなど安全性の向上が課題となっている。
ーー引用はここまでーー



最近は、患者の細胞からiPS細胞を作製し、病気のメカニズムを解明する研究や、薬の有効性や安全性の試験に応用する動きが加速しています。

私の所に指圧の治療に見えた方の奥さんは、脳梗塞を起こして脳の一部の細胞が壊死した状態だそうですが、それを治療するために既に、再生医療による手術が可能な状態だそうです。

今後も、万能細胞による再生治療や薬の開発が一層、進むものと思います。上記の小保方さんも言っておられますが、「誰も信じてくれなった・・・」と言うようなことがドンドン現実になっていくことでしょう。



ところで、理化学研究所とはどんな所なんでしょうか。

独立行政法人理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)は、1917年(大正6年)に創設された物理学、化学、工学、生物学、医科学など基礎研究から応用研究まで行なう日本で唯一の自然科学の総合研究所であり、略称「理化学」または「理研」と称せられています。

鈴木梅太郎、寺田寅彦、中谷宇吉郎、長岡半太郎、嵯峨根遼吉、池田菊苗、本多光太郎、湯川秀樹、朝永振一郎、仁科芳雄、菊池正士など多くの優秀な科学者を輩出しています。

後に理研コンツェルンと呼ばれる企業グループ(十五大財閥の一つ)を形成したそうですが、太平洋戦争の終結と共に解体されたとのことです。



1958年(昭和33年)に特殊法人「理化学研究所」として再出発し、2003年(平成15年)10月に文部科学省所管の独立行政法人「独立行政法人理化学研究所」に改組されて今日に至っているわけです。

現在の理事長は、ノーベル化学賞受賞者の野依良治氏が10年近くに亘り務めておられるようです。尚、この理研も昔は結構危ないことをやっていたようです。

と言うのは、1941年(昭和16年)、陸軍の要請を受け、仁科芳雄氏が中心となって原子爆弾開発の極秘研究(ニ号研究)を開始したそうです。



ですが、1946年(昭和21年)、太平洋戦争終結とともに連合国軍司令部の指命により理化学研究所、理研工業(理化学興業の後身)、理研産業団は解体され、仁科研究室のサイクロトロンも海中に投棄されたようです。

でも、疑うわけではありませんが、原爆が完全に廃棄されたかどうか分かりませんね。国が原発を必要以上に設置してきたのも核燃料を確保するためだと言われていることを考えますと、裏でどのような画策がされているのか、深い闇を感じます。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/458-73d47396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。