味噌汁の効用

ここでは、「味噌汁の効用」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

misoshiru.jpeg

今更、「味噌汁」についてとやかく申し上げるのもオカシナことかも知れませんが、先頃、和食が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録が決まったことで、味噌汁も再注目されているようです。

唯、近年はパン食や洋食が幅を利かすようになっていることや、塩分のとり過ぎがやかましく言われるようになったために、日常、味噌汁を飲まない人が増えていました。

それが最新の研究データによれば、味噌汁の塩分は和食の献立の中で取り立てて多いわけではなく、塩分過多については問題が無いことがハッキリしたようです。



それに加えて、味噌汁にはビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれ、その効果で健康にプラスの影響があるとの研究結果も出ています。

私などは毎日、味噌汁の無い食事は考えられないような和食中心の生活ですから、日本人として味噌汁を疎かにしてきた人々の生活態度は理解できないところがあります。

ご存知かもしれませんが、昔の日本の食生活は、主食のご飯、そしておかず一品に味噌汁と、「一汁一菜(いちじゅういっさい)」と言われるものでした。



味噌汁の主役の味噌ですが、その材料には色々あります。主に大豆から作られる味噌は、昔の低タンパク質中心の食事内容をカバーする、大事な蛋白源だったようです。

特に、肉体労働で汗をかいて塩分が消耗した身体に、その塩分を補う上で重要な役割を果たしていました。ですが、飢えや貧しさに襲われた時代では、麦飯とやっと色がついているような薄い味噌汁に漬け物だけという頃もあったようです。

ところで、味噌の起源については、古代中国の発酵食品である「醤(しょう=ひしお)」が朝鮮半島から伝わったというのが通説となっているようです。



ただ、現代の味噌のルーツは、縄文時代から食べられていた日本独自の発酵食品だとの意見もあるとのことです。尚、文献に登場するのは飛鳥時代末で、701年に制定された大宝律令で「主醤(ひしおのつかさ)」という役職が扱う調味料の一つに定められた「未醤」が、みその前身だと言われています。

江戸時代になりますと、庶民の食生活でも味噌汁は一般的な献立になったようです。江戸前期の元禄年間に著された「本朝食鑑」では、味噌は健康に役立つ万能食品であると評価され、庶民にも「味噌汁を飲めば医者要らず」という認識が定着していたようです。

さて、味噌といいますと、穀物などを発酵させて作る日本独特の発酵食品です。主原料は大豆から作られていますが、地域により使われる麹が米や麦、豆など色々ありますので、味噌の種類は数多くあります。

味噌を大きく分類しますと、米味噌、麦味噌、豆味噌、調合味噌に分けられます。そして更に甘味噌、甘口味噌、辛味噌に分けられていますし、色にも違いがあり、白味噌、淡色味噌、赤味噌に分類されます。



先にも言いましたが、昔から味噌汁は身体にいいと言われていますが、味噌汁に含まれる栄養成分のほとんどが、主原料である大豆の栄養成分といってもいいようです。また、麹を使って発酵させることにより、微生物が豊富な栄養素を作り出してくれています。

具体的には味噌汁の中には、タンパク質、ビタミンB12、ビタミンE、酵素、イソフラボン、コリン、レシチンなどが含まれていると言われ、がんや脳卒中、高血圧や糖尿病、脂肪肝やボケ予防、コレステロールを抑制するなどの、生活習慣病を予防に大変に有効であることが認められています。

こうした味噌汁の良さは外国人にも認知されるようになっています。「ミソスープ」として知られています。先日もテレビの番組で見たのですが、フランス人の夫婦が和食が好きで、味噌汁も毎日作っているとのことでした。

その様子をみて驚きました。ちゃんと昆布とかつを節の両方のダシを使って正当な味噌汁を作っていたんです。最近の日本人の若い女性などの中には、味噌汁にダシを入れないで味噌だけを使う者もいますからね・・・。



唯、ダシの材料も地方によって色々ですね。昆布やかつを節が基本ですが、煮干しを使うところもありますし、その煮干しにも沢山の種類があります。

最近では、これらの材料を使ったインスタントなダシの素も沢山市販されていますので、利用されている方も多いものと思います。残念ながら我が家でも、このインスタントダシを使う機会が多いのが現実です。

尚、本格的な味噌汁の作り方に付いては気をつけることも結構あるようですが、一つだけ気を付けたいのは、味噌汁は沸騰させてはいけないということです。



沸騰させるのは味噌を入れる直前までです。味噌の香りは長い時間加熱すると抜けてしまいますから、具に火が通ったら一度火を止めて、沸騰を鎮めてから味噌を溶き入れ、煮立たせないように注意しながら再度火を入れようにするといいようです。

ところで、あなたは味噌汁の具材には何を使っていますか。一般には、ニラと卵、豆腐とワカメ、ジャガイモとワカメなどがありますが、アサリやシジミを使うことも多いですし、地方によっては沢山の種類があるものと思います。

ですから、具材に特に拘ることはなく、色々と試して自分の好みの味噌汁を作ってみるのも楽しいものだと思います。私は、どんな具材でもいいのですが、味噌汁の中にお餅をいれるのが好きです。

(上記の内容の一部は、「時事ドットコム」「味噌汁行脚」の記事を参考にさせて頂きました。)



さて最後に、味噌汁のレシピを少し掲げておきますので参考にしてください。(「クックパッド」の記事より引用)

(1)ニンジンのシャキシャキ卵の味噌汁

ninjin.jpg

(材料)
ニンジン:1/2本
だし汁:2カップ
みそ:大さじ2
卵:2個

1.鍋にだし汁を熱し、にんじんのせん切りを入れて少し煮てから味噌を溶き入れる

2.①の鍋に卵を1個ずつ割り入れ、白身を黄身のまわりに手早く集めてまとめる

3.好みの加減に火が通ったら、器に盛って完成(お好みで玉ねぎやエリンギ茸などお好みの野菜を入れても! 写真はエリギ茸入りです)


(2)冬の旨み?とろ~り甘い味噌汁

fuyu.jpg

(材料):2人~3人分弱
大根:3センチ
白菜:1枚~1枚半
豆腐:2分の1パック
水:300cc
鰹節:2つまみ~
味噌:大さじ1~1.5弱
大根の葉や小ネギ:お好みで
生姜(顆粒):少々

1.※豆腐は3パックついて78円~98円の商品を1パックのうち2分の1パック使用してます食べ易くカットします

2.※鰹節は8~10パック入って98円~105円の商品の1パックのうち、2つまみ程度~使用してます

3.大根・白菜は千切りにザクザクとカットします。鍋に水を入れ、鰹節・大根・白菜を入れて火にかけます

4.沸騰したら豆腐を入れ、弱火弱にして味噌を溶きいれます。器に注ぎ、生姜顆粒を振って完成です。お好みでネギを入れて下さい。

5.生姜顆粒は、ジンジャーパウダーと記載されてる物もありますが、どちらも100円位で買えます。もちろんチューブでもOKです?






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/452-c4767469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。