「ダイオウイカ」が次々に浮上

ここでは、「「ダイオウイカ」が次々に浮上」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


ダイオウイカを撮影したカメラマンと潜水艇

このところ日本海側で「ダイオウイカ」が漁師の定置網などに掛かって捕獲されたというニュースが度々、報じられるようになりました。

何でも1月だけでも4箇所で捕獲されたそうで、これは異常な現象と言われています。と言うのも、これまででしたら、年に数回程度の捕獲があっただけだそうですから。


水揚げされたダイオウイカ
鳥取県岩美町(2014.1.21)

ダイオウイカは、世界最大級の無脊椎動物とされ、ヨーロッパで発見された個体では、特に大きなものは体長18mを超えたとも言われています。

ダイオウイカは北アメリカやヨーロッパ付近の大西洋、ハワイ島付近、日本では小笠原諸島などの広い範囲で発見例がありますが、深海(水深300~1000m)に棲息するため、全体としては発見数が少なく、台風によって浜辺に打ち上げられたり、死骸が漂着するなどの発見例が大半でした。

それが今年になってから既に、日本海側で4体も見つかり、捕獲時には生きていた物もいたのですから、少々異常だと騒がれるのも頷けます。



こうした異常現象が起きますと、理由は分からなくても、必ず何等かの理由付けをしたがるのが或る種の専門家達です。

武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏は「もともとダイオウイカは、南海の深海に生息している。日本海まで漂着するというのは異例のこと。海流の流れが変わっているのではないか」と、指摘されています。

また、「地球温暖化との関連を問う声も上がっている。地震を引き起こす地殻変動との関連ははっきりしないが、地球全体に何らかの環境変化が起きている可能性がある。深海での異常が大地震への予兆であるかどうかは不明だが、警戒は怠れない」とも述べておられます。



ところで私は、イカなどはどれぐらいの寿命があるのかに付いては何も知りませんでしたが、イカやタコは、魚と違い、成長期と産卵期が1回ずつしかないそうですね。

ですから、卵から孵化して、どんどん大きくなって、成熟して卵を産んだら、オスもメスも死んでしまうんだそうです。

たとえばスルメイカは、生後1年で体長30cmくらいまで育ち、卵を産んで死にそうですから、スルメイカの寿命は1年だと言うことになります。

では、ダイオウイカはどうかと言いますと、これも同じように、体長7mくらいまで育って成熟すると、卵を産んで死ぬと考えられます。したがって寿命もおよそ3年ではないかと言われているんです。

あれほどの巨大生物の寿命がわずか3年足らずとは、ちょっと信じがたいものがありますが、急激に巨大化するものは、その分、寿命も短いのでしょうか・・・?



これは余談ですが、こんな巨大なダイオウイカは食べられるのでしょうか?。過去には日本においてダイオウイカを捕獲した漁師がイカを刺身にして食べたことがあったそうです。

ですが、「しょっぱい上に苦くてとても食べられるようなものじゃなかった」そうです。

というのも、ダイオウイカのような巨大なイカの体組織には浮力を得るために体内に大量の塩化アンモニウムが含まれているのだそうです。

そのために、生で食べようとすると塩化アンモニウムを含んだ液体が滲み出てきて尿のような臭い、苦味とも酸味とも塩味とも、何ともよく分からないような不快な味が口の中に広がるそうです。



でも、ダイオウイカと同じく体内に大量の塩化アンモニウムを含むアメリカオオアカイカなどは、近年発達した食用加工技術によってアンモニアが除去された切り身が日本に出回っているらしいですよ。

また、南アフリカ辺りでも、ダイオウイカを食用にして輸出しようと、色々と研究開発されているとのことですから、近い将来、日本でもお目見えするかも知れませんよ。


ダイオウイカ-Giant Squid-







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/451-047776c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。