冬の脱水症に注意!

ここでは、「冬の脱水症に注意!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


トータルボディケア GAIA.より

先日の寒の入り以来、気温が急激に下がってきて本格的な寒さが身に染みる時期になりました。この時期になりますと、インフルエンザだけでなく、ノロウイルスによる感染性胃腸炎も流行ります。

これらに罹りますと、発熱、下痢、嘔吐(おうと)などの症状を伴い、それが「脱水症」を招きます。脱水症といいますと、夏場だと考えやすいのですが、冬のこの時期もそれに当たります。

脱水症とは、体内から水分や塩分が失われ、生命に危険を及ぼすこともある症状で、空気が乾燥する冬場にも起きやすいので、特に、身体機能が衰えている高齢者は注意が必要です。



脱水症になりますと、身体の中の水分と、細胞や臓器の機能維持に必要な電解質(ナトリウムやカリウムなど)が不足してしまいます。

そうすると、食欲不振、頭痛や吐き気、脚のつり、脱力などの症状が起こり、血液(血漿(しょう))の量が減ると、脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞といった重大な疾患につながることもあります。

ご存知のように、冬場は空気が乾燥しています。特にマンションなどの高気密の部屋では、暖房器具を使うことでさらに乾燥が進みます。



そうやって、湿度が下がれば下がるほど、皮膚を通して出て行く水分量も増えてきます。また、気温が低いため、ノドの渇きを感じにくくなり、水を飲む量が少なくなるのも問題です。

その上、冷えてトイレも近くなるため、お年寄りはなおさら水分摂取を控えがちになる傾向にあります。何でも、75歳の人の体内の水分の量は約50%で、25歳の人(約60%)と比較すると10%ほど低いそうです。

言えば、お年寄りはそれだけ、脱水症状を起こしやすいことになります。



専門家によりますと、「手先の皮膚がかさかさする」「口の中が粘る」「やる気や食欲の低下によるだるさ」「めまいや立ちくらみ、ふらっとする」などがあれば、脱水症のサインだそうです。

一番大切なことは、本人も周りの人も冬の脱水症状のリスクを認識して、暮らしの中で意識的に、加湿と水分補給に努めることです。

特に脱水症の予防には、加湿とこまめな水分補給に努めることです。加湿器を使ったり、エアコンを弱くして電気カーペットなど他の暖房器具を併用したりすれば、乾燥はかなり弱められます。

また、起床時、食事時、午前午後のティータイム、風呂上がり、就寝前などに水分を摂取する習慣を付けるのもいいことです。水が冷たいときは白湯(さゆ)がいいと思います。



尚、ノロウイルスなど感染症にかかった時は早めの「経口補水液」を活用することが必要だそうです。特に、軽度から中程度の脱水や「かくれ脱水」の状態の時に効果があるそうです。

一般的に水分補給には「スポーツドリンク」が勧められていますが、こうした飲料にはナトリウムを100ミリリットルあたり40~80ミリグラム含んでいるそうですが、これに対して、経口補水液は何と、120ミリグラムも含んでいるそうです。

また、スポーツドリンクの定義があいまいなのに対して、「経口補水液」は世界保健機関(WHO)などが厳格に定義し、その効果を認定されているそうですから、より安心だとも言えます。


OS-1 経口補水液 オーエスワン 500ml×24本
OS-1 経口補水液 オーエスワン 500ml×24本
その他ひんやり特集はこちら



ところで、この経口補水液は市販の物だけではなく、家庭でも手軽に作れるようですので、下記のサイトなどを参考にしてみてください。

=>経口補水液:http://www11.ocn.ne.jp/~sugimoto/atuinatu/atuinatu.htm

ともかく、「脱水症」は本人の自覚が少ないので、気付くと重い脱水になることもあるそうですから、冬場の脱水予防や、脱水状態の正しい知識を持っておくことが必要です。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/437-28fc3838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。