生姜(しょうが)で身体を温める

ここでは、「生姜(しょうが)で身体を温める」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

shougaryoku.jpg

言うまでも無く、生姜(しょうが)は昔から日常食生活には馴染みのあるものです。それが最近、生姜ブームのような形で人気を集めているようです。

今では生姜を使用したドリンクやカップスープなども開発されたり、手軽にコンビニなどで生姜商品が手に入るようになっています。

生姜は中国では「ショウキョウ(生姜)」と呼ばれ、紀元前500年ごろから薬用として、漢方処方に頻用されていたそうです。



生姜は大棗(たいそう=なつめ)と一緒に配合することで他の生薬の副作用を軽減するそうで、漢方薬の70%に使用されており、漢方の世界では生姜なくして漢方は成り立たないほどだそうです。

漢方では、生のものをそのまま乾燥したのをショウキョウ(生姜)と言うそうで、表面の皮を取り去り、蒸して乾燥したものをカンキョウ(乾姜)と呼んでいるそうです。

一般的には、咳を鎮め、痰を切り、嘔吐を抑えるほか、解熱や消化器系の機能亢進、腹痛、胃痛や便秘の解消など、実に多くの効能が知られていますが、乾姜のほうがより温める力が強いそうです。



生姜は生で食べるか、熱を通して食べるかで効果も違ってくるようです。生姜の成分の中で特に注目されているのが、辛味の主成分であるジンゲロールショウガオールというものです。

生で食べると、ジンゲロールの働きによって風邪対策になり、熱を加えて食べると、ショウガオールの働きで冷え性対策になるそうです。

生の生姜に含まれるジンゲロールは強い殺菌力がありますので、刺身の薬味に使われますが、これは魚の生臭さを消すだけでなく、殺菌効果による食中毒の予防も期待されてのことです。



鮨屋では、ガリ(生姜を薄く切って甘酢漬けにしたもの)が添えられているのは、生姜の殺菌作用を経験的に知っていたらだと思います。

ガリとは、食感がガリガリするところから、あるいはショウガを刃物で薄く削るときにガリガリと音がするところから、この名がついたとも言われています。

これは鮨屋で、醤油をムラサキ、酢飯をシャリ、茶をアガリと呼ぶのと同じで、鮨屋の符牒ですから、本来は客が使うべき言葉ではなかったのですが、今では一般に使われるようになっています。



乾燥生姜に含まれるショウガオールは、胃腸の壁を直接刺激して、血流を高め、深部の熱を作り出す働きがあるそうです。中国の医学書にも「寒冷腹痛を止める」「中を温める」という薬効が記述され、冷えを改善するため、古くから漢方薬に使われてきたそうです。

ですから、「冷え性」を改善する目的なら、生生姜より、乾燥したものの方が断然効果が高いそうです。家庭でも生姜をスライスして天日干しすれば、1日で乾燥生姜ができあがります。

この乾燥生姜をスープや紅茶に入れるだけで、漢方を服用した時のようなポカポカ感が実感できるというわけです。例えば、生姜紅茶は下記のように簡単に作れます。

冷え性の人や落ち込み気味、イライラする人にもいいようで、紅茶の代わりに豆乳を温めて利用してもいいようです。寝る前に飲むと身体がポカポカして熟睡できます。


<生姜紅茶の作り方>
koucha.jpeg

・紅茶 茶葉:ティースプーン一杯
・乾燥生姜 :5スライス(好みに合わせて)
・黒砂糖またははちみつ

普通に紅茶を入れるように、熱いお湯を注ぐだけです。



生姜は他にも多用に使われています。例えば、筋肉痛などには「生姜の温湿布」が大変に効果があります。私もギックリ腰などの腰痛に、これを利用して治しています。

自然食関係者は、この「生姜の温湿布」をガンの治療などに利用しています。生姜の温湿布で患部を温め、その後で「里芋のパスター」を行います。

また、家庭料理にも色々と使われています。下記に生姜を使ったレシピを2つ紹介しておきますので、ご利用ください。(「クックパッド」より)


<さっぱり中華スープ***生姜たっぷり >


材料

水:500cc
ウェイパー(鶏骨、豚骨、野菜エキスとスパイスを配合した万能調味料):小さじ2
ueiba.jpeg

豆腐:1/3丁
白菜:1枚
人参:1cm位
生姜の絞り汁:ひとかけ分
塩:適量
胡椒(オススメは粗びき):適量

1.豆腐は1cm角に、白菜は芯の部分を1cm角、葉はざく切りに。人参は太めの千切りにして1cm位にそれぞれ切る。
2.生姜をすりおろしておく。
3.小鍋に分量のお水を入れ火を付けてウェイパーを入れる。続けて豆腐を入れる。←豆腐に味を染み込ませるように少し煮る。
4.白菜・人参を入れ更に煮て、柔らかくなったら生姜の絞り汁を入れる。(すった生姜を手で絞りながら汁のみ入れると楽)
5.味見をして塩で整えて下さい。器によそり胡椒を振って出来上がり。



<しょうがでピクルス >
pikurusu.jpg

材料 (2人分)

しょうが:1片
人参:1/3本
きゅうり:1/3本
甘酢(らっきょう酢でも可):1カップ

1.ミニトマトはヘタを取る。人参は皮をむき食べやすい大きさに切る。
2.きゅうりは塩をふり板ずりし洗ってから、縦にしましまに皮をむいてから食べやすい大きさに切る。
3.しょうがは極細切りにする。
4.瓶に野菜としょうがを入れて甘酢を注ぐ。
5.半日、冷蔵庫で冷やして出来上がり。瓶がなければ長めのグラスでも大丈夫。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/417-79c3c276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。