ガンと闘う西洋医学

ここでは、「ガンと闘う西洋医学」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

がん

最近、とみに「ガンの早期診断、早期医療」が叫ばれています。そのために、やたらと健康診断を強要するようになっています。

また、ガンはであり、それと闘うのがであるように考えて、声高にガン撲滅、ガン撲滅と叫んでいるのが医療関係者です。

それに悪のりして、ガン保険などを販売して暴利をむさぼっているのが生命保険会社です。中でもアメリカ系の生命保険会社の悪のりは相当なものがあります。

例えば、テレビのCMなどで、肺ガンの予防を訴える振りをして、「健康なうちにお医者さんに相談に行きましょう」などと、そそのかすようなことを言っています。健康なら医者に行く必要はありませんからね。

とにかく、人々の恐怖心を煽るように盛んにガンの危険性を吹聴しまくっているのが、現在の医療関係者たちです。医者だけでなく、大手製薬会社(その多くが外資系です)、生命保険会社などを含めてです。



ところで現実は、ガンは撲滅されるどころか増える一方のようです。何しろ、ガンと闘うと威勢良く宣言しているガンの専門医が、次々にガンで死亡していることは以前から知られているところです。

特に、ガン治療のメッカのような癌研の著名なガンの専門家の多くが、ガンで亡くなっている事実は何を物語っているのでしょうか・・・。

そこには西洋医学の肉体しか見ない、いや見えない医療の限界を示しているのではないかと考えます。中でも、ガンを悪と見て、それを撲滅する、やっつける、と言った驕り高ぶった考え方に問題があるように見えます。



ガンになる真の原因も考えずに、ガン細胞のできた臓器を取り除いたり、ガンの三大療法を駆使して患者の身体を痛めつけても、ガン細胞を死滅させれば、ガンを撲滅できたと考えているのですからね。

その結果、患者が死亡しても、自分達の治療は成功したと言い張るのですから、そこには患者を思いやる優しさなどは微塵もない、権威主義的な、傲慢な態度が見て取れます。

ガンの専門医の多くは、そうしたことに気づかぬままに毎日のように、ガンを撲滅してやる、ガンに勝つのだと言いながら、やがては自らもガンによって他界するという結果になっているようです。



こうした現状の一端を、「養生法の探求」さんでは、下記のように語っておられます。


『免疫力を高めてガンに勝つ、なる標語が喧伝されて久しいが一向にガンは克服されない。

ガン戦争という言葉が造語されて洗脳箱テレビでは確か10年ほどこのタイトルで特集を組んで医療の最前線では日夜ガンの解読が進み、ガン治療は発展し、いずれガンが制圧されるという期待を持たせていたが勿論のこと、いまだにガンはちっとも制圧されていない。

「早期発見、早期治療」の旗振り役であった初代ガン研つまり日本のガン研究の総本山の所長は故・田崎勇三博士その人であるが、彼は日夜全国を飛び回る精力的なガン早期発見キャンペーンの最中に自分の口中に異変を感じた。

さすがはガン研の親分!なんと口腔内の小さなガン細胞が2、3個発見されたのである。早期発見の提唱者の面目躍如、早期も早期、超早期でのガン発見となった。

そこから凄まじいまでのガン細胞殲滅作戦が展開されたそうだ。歯肉に放射線を放つコバルトの針金を埋め込み、朝からステーキを食べて栄養を付ける。最新の栄養学と医療で立ち向かったガン治療の結末は顔の相貌が激変する程の悪化をたどり、なんと半年の治療のかいなくご他界とあいなった。(後略)』




ところで世間一般では、人間が病気になるのは仕方のないことのように考えて、一生の内で一度や二度、病気になるのは避けられないと思ったり、病気で死ぬのが当たり前のように感じている人が多いようです。

このような考えを持って暮らしている限り、この世の中から病気が無くならないのは当然です。実は本来、「人間には病気は無い」のです。死ぬ時も、自然死(気が付いたら死んでいたといった状態)が当然なのです。


「では何故、現実に病気が存在しているのでしょうか…?」 

それは、私達が病気の「真の原因」を知らないからです。 どうして病気になるのか、なぜ病気に罹らなければならないのか、そのメカニズムを知らなし、知ろうともせずに長年、間違った生活を続けてきたからなんですね。


「あなたは、病気はどこから来ると思っていますか?」
 
病気は何処か他から来るように思っている方が結構多いでしょうが、病気の原因は決して外にあるのではありません。でも、ウイルス菌などで外から感染するではないかと言われるかも知れませんが、これもウイルス菌が悪いのではなく、それを取り込んでしまう自分自身の中に原因があるのです。

それが証拠には、幾らウイルス菌が蔓延しても、それに罹る人と、そうでない人がいることを見ても、良く分かることです。現在、流行していると言われている新型インフルエンザにしても、罹る人は罹る訳で、そうでない人は平気です。


結局、病気の真の原因というのは、実は、自分自身の中にあるということですね。それはどういうことなのか、順を追って書き出してみましょう。

ただし、これは飽くまでも簡単にパターン化したものですので、各個人によってその現れ方は違ってきますので、ここでは、「ナルホド、そういうものなのか…」という程度に認識しておいてくださいね。


「その人の考え(業や因縁も含めて)に間違いがある → その人の観念体(人間の霊体を形成しているのも)の波動が乱れる → その乱れに乗じて、邪気(マイナスなエネルギー)が入ってくる → そうすると一層、その人の観念体が乱れてくる → すると、霊体(観念体によって形成されている)の波動が乱れてくる  それによって、肉体の細胞の活動も乱れてくる。なぜなら、霊体波動は肉体も支持しているからです → そして、ついに細胞活動が混乱して、病気になるというわけです。」



どうですか、お分かりになりましたでしょうか? 普段、あまり聞かない言葉や表現があるので、戸惑われた方もあるかもしれませんね。これをもう少し、分かりやすく言いますと、例えば冒頭で取り上げた「ガン」になる人のことを考えてみてください。

最近注目を集めている、免疫学の安保徹先生も、『ガンの原因は、外から体内に入ってくる「発ガン物質」ではなく、実はその人の生き方そのものにあるのです』と、述べておられます。

よく言われるのは、ガンになる人はガンコな性格の人が多いということです。これを上記の説明から考えますと、ガンコという性格の欠陥が、やがては正常細胞をガン細胞に変えてしまったということになります。



しかし、先ほども言いましたように、ことはそれほど単純ではありません。色々な目に見えない業・因縁などの要因がからんで、その結果として、肉体の病気という形で現れているのです。

要するに、その人の性格の欠陥や生き方の間違いを教える為に、病気という肉体の症状を現しているということなのです。ですから、病気になったからと言って、慌てて医師に行って医療を受ければいいという訳にはいかないないのです。

先ずは、病気の原因になった自分の生き方の間違いを認識して、それを修正して行くことが一番大切なことです。それが分かれば、医者に行かなくても病気の症状は改善されるようになっています。



唯、これもそれほど単純なことではありませんので、各個人の特殊事情(業因縁など)もありますから、やむを得ず、医療の手を借りる必要もあるかもしれませんが、それが本筋ではありません。飽くまでも自分の心の在り方を完全に変えていくことしか、病気などを本当に克服することは難しいと言えます。

病院でガンの臓器を摘出したから、二度と再発はしませんと言われた方が後日、また別の所にガンができたという話は沢山ありますからね。

実際、私も指圧の治療に伺った乳ガン患者の方も、早期に乳ガンが発見され、早期に治療をして、医者から二度と再発しませんと言われたのに、数年後に再発した方があり、その結果、西洋医学を全く信用しなくなったと言うことでした。

因みに、この女性は指圧治療と他の漢方的な治療などを併用されて、寝たきりの状態でしたが、一人で外出できるほど回復されましたが、指圧治療に伺わなくなって、数ヶ月後に他界されたと聞いております。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/414-0db70592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。