神の声を持つ歌姫

ここでは、「神の声を持つ歌姫」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



先日、ある方のブログ記事から、神の声を持つ歌手とか、奇跡のソプラノ歌手と称えられている、柏田ほづみさんのことを知り、早速その歌声を動画で聞かせて頂き、驚きました。

彼女の声量のスゴサに思わず唸ってしまいました。下記の動画をご覧になれば、それも納得されると思います。

もののけ姫(Mononoke-Hime) かしわだ ほづみ


柏田ほづみ(Hozumi Kashiwada)-かごめ(20131108)


柏田ほづみ(Hozumi Kashiwada)-きみがよ(20131108)


Y's BAR ゲスト オペラ歌手 柏田ほずみさん




一体、どういう経歴の方かと思いましたら、「柏田 ほづみ Official Fan club | Facebook」の中で下記のように紹介されていました。


ーー引用はここからーー

1975年岩手県久慈市、くしくも東日本の被災の地で5人兄弟の末ッ子としてこの世に生を受ける。「ヤギを出産したかと思ったよ」と母親が驚嘆した通り、彼女には“声に障害”があった。

この声の障害で彼女は悲惨な少女期を過ごすこととなる。小学生の時には「宇宙人の声みたい」と言われイジメ。それでも彼女は前向きに生き、中学生になると吹奏楽部でフルートに出会い、以後フルートが彼女の唯一の友達となる。

高校を卒業し、尚美短期大学器楽科に入学。フルートを専攻する。だが彼女が抱えていた障害は声だけではなかった。原因不明の身体の締め付け症状が10歳から26歳まで続く。声と身体障害…それでも彼女は自分の不運に嘆くことなく、20歳の時にドイツの留学を決める。その矢先、彼女は自動車に跳ねられ指を骨折。ついに彼女から“音楽”が完全に奪われてしまった。

カイロプラクティックの資格を取得後「サウナ東京ドーム」でマッサージ師として勤務する。だが、どうしても彼女は音楽を諦めることはできなかった。26歳の時「音楽をやって生涯を終えたい」と奮い立ち、オーボエを始める。当時、東京ドームに勤務していた彼女は就業後にカラオケボックスに通い、朝4時まで練習の日々を送る。そんな彼女に、ある日、神は優しく微笑む。

3ヶ月後にハンブルグ州立歌劇場の第一オーボエ奏者Thomas Rohdeに才能を見いだされ、留学を薦められる。オーボエ製造メーカー「美ら音工房ヨーゼフ」に勤務しながら、合間にハンブルグにレッスンを受けに渡独。そこで本場のOperaに触れる。「歌手の貰う拍手喝采は管楽器奏者とは違う!何もしないで後悔するより何かやって反省した方がいい!!」

彼女は〝決断〟する。

28歳の時、長年患っていた声帯の手術を受ける。術後医師から「奇跡だよ、奇跡!声帯の手術には血が出るのが付き物だが、きみは血が一滴も出なかったんだよ。こんな手術は初めてだよ。まさに神のなせる業だよ」。

術後オーボエを始めるが、翌年辺りから左手の尺骨神経麻痺が始まり、オーボエのキーを抑える事が出来なくなる。涙ながらにオーボエを断念した。またもや試練が彼女を襲う。

31歳の時に近所のカフェでマダムからジャズを歌ってみたらどうかと薦められたが、「Operaに惹かれる」と話しているのを聞いていた二期会会員M.A女史が話し掛けて来た。偶然にも同マンションの住人だった事もあり、即日レッスンを受け初回のレッスンで「ヨーロッパで通用する凄い声を持っている」と評価を受ける。

日暮里の声楽家協会養成コースに入学後、イタリア・ドイツに留学し研鑽を積む。

2012年3月、親友が多発性クモ膜下出血で右脳96%壊死した状態で倒れる。植物状態もやむなしと言われていたが、友人に歌を聴かせたところ手足を動かし始め看護師や医師らを驚愕させる。

同年5月 ガーデンで歌っていると偶然にも「小鳥達との奇跡のセッション」を録音。
同年6月 イタリアDiano Castelloで行われた国際Operaコンクールで優勝。
同年8月 イタリアNoliという町にて開催された音楽祭に招待をされ、出演者のミラノ・スカラ座等で活躍する歌手達からも大絶賛を受ける。

同年11月 世界的に著名な指揮者Valery Gergiev とチェスキーナ・洋子夫人にアポなしで声を聴いて貰い「貴方は非常に大きな器の声を持っている。貴方はこれからどうしたいの?」という問いに対して「私は声で沢山の奇跡を起こして行きたいのです。治療の役にたつような歌を歌って行きたいのです。マエストロ、2年後にガラコンサートで共演しましょう」そう彼女は返答した。

その後、日本でボイスヒーリングを行い始める

2013年4月、 小笠原にて“声”のみでザトウクジラとセッションをするという、奇跡のロケを行いロケに立ち合った船長が「25年間小笠原に住んで、鯨やカツオドリがあのように反応したのは見たことがない。貴方は本当に奇跡の歌手だ」と驚愕する。

プロデューサー達は鳥達との奇跡の音源を聴き、目を輝かせ、次の準本選ではスタジオに鳥達を用意する事を計画する。

同年5月 バイエルン放送局チケット部門社長 Keiser Gu"nter Albrecht 夫妻が鯨の映像に感動の涙をし、一緒に仕事がしたいと申し出る。

ーー引用はここまでーー



何だか、歌を唄うことを運命づけられたような方ですね。人間を癒すだけでなく、鯨や小鳥たちとも共鳴できるその歌声は、正に神の賜物と言えます。

彼女自身も「私は声で沢山の奇跡を起こして行きたいのです。治療の役にたつような歌を歌って行きたいのです。」と仰っているように、きっと多くの方が彼女の歌声に癒されていくものと思います。

さて、歌に癒されると言いますと、ちょっと表現法は違うのですが、近頃、山形弁で色んな歌を歌って大評判になっている女性がいます。



それは、朝倉さやかさんという方ですが、既にその「なまり歌」によって全国的にも知られるようになっています。

何と言っても彼女の場合は、歌のうまさだけでなく、その山形弁という方言による歌声が聞く者を笑顔にしてくれます。何とも言えず、心から楽しくなっていきます。

柏田さんと朝倉さんとでは全く違う感じを受けますが、共に、聞く者の心に響き渡るものを持っておられます。この二人を見ていますと、今後の我々の在り方も斯くあるべきだと感じさせられました。

ご存知の方もあるでしょうが、下記の動画で、朝倉さんの楽しい歌声をお楽しみください。


民謡日本一シンガー(朝倉さや)特集~なまりうた


山形県代表 朝倉さや- 松田聖子 「青い珊瑚礁」 (全日本なまりうたトー




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/408-50eb965c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。