「日本の魂を感じる曲」:喜多郎

ここでは、「「日本の魂を感じる曲」:喜多郎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


古事記スペシャルCD & DVD セット 古事記編纂1300年記念 “古事記"スペシャルパッケージ!! ビルボード誌のニューエイジ・チャートで8週連続1位を獲得した、 日本の神話をイメージしたアルバム『古事記』のCDと、 喜多郎を一躍世界中に知らしめた伝説のワールドツアーを収録したDVD!! 日本誕生を描いた、国内最古の書物“古事記"をテーマにした 壮大なコンセプトアルバムが、 古事記編纂1300年を記念して、スペシャルパッケージで登場!! ■ CD収録曲■ 1. 太始 2. 創造 3. 恋慕 4. 大蛇 5. 嘆 6. 饗宴 7. 黎明 ■ DVD収録曲■ 1. 太始 2. 創造 3. 恋慕 4. 大蛇 5. 嘆 6. 饗宴 7. 黎明


近年、日本の文化や生活習慣などが海外で評判になることが多くなっているようです。インターネットなどの普及で、日本に付いての情報が海外にも多く発信されていることにも関係があるかもしれません。

かなり前から、日本のマンがやアニメは海外で評判でしたし、この頃では先進国の健康志向の高まりとの関係で和食が非常に評判になっています。

寿司や天ぷら、すき焼きなどは以前から外国でも知られていましたが、今では和食全体が評価される時代になりました。



その他、日本の伝統芸能である歌舞伎や文楽を始め、茶道や華道も以前から海外に紹介されています。最近では、盆栽が大評判になっています。

また、日本人の生活態度や習慣なども海外、特に西欧人にとって注目を集めており、段々と日本の本来の良さが外国人にも理解されて来ているようです。

以前は、日本人は特異な人種と思われていた時期もありました。日本人は物事をハッキリと表現しないので、何を考えているか分からない、などと差別的に見られることも多々ありました。



しかし、それは外国人、特に西欧人が自分達の価値観である、何ごとも善悪や白黒で考える二元的な思考しかできないところからの誤解でした。

日本人のように何ごとも「和を以て尊し」とする、中庸(ちゅうよう)の考え方が理解できなかったわけです。ところが最近、こうした傾向が変わってきているように見えます。

先ほどから言っているような日本の伝統や文化というものが海外に紹介される機会が増えたことで、日本的な行き方が素晴らしいと感じる外国人が増えてきています。



ところが、日本人自身が未だに日本の本来の良さを十分に自覚していないところがあります。特に戦後の学校教育によって自虐的な歴史観を植え付けられたために、日本人自身が日本を悪く言う風潮があります。

最近目立つのは、皇室や天皇陛下を蔑ろにしたり、悪し様に批判する人々が目立っていることです。これこそ日本国家に弓を引くことです。

日本国に生まれ、その恩恵を受けているのも拘わらず、こうした行動を取ることは正に、天に唾する行為であり、無知故のこととは言え、こんなことをしていれば、やがて己にその唾が落ちてくることは必定です。



さて、話は世界的に名の知れた音楽家である、喜多郎氏の曲が外国人に大評判になっているという話題です。「日本の魂を感じる曲」だとも言われています。

喜多郎氏に付いては私がとやかく申し上げる必要もないことで、世界的なキーボード、シンセサイザー奏者です。1994年にゴールデングローブ賞作曲賞を受賞し、2001年にはグラミー賞を受賞されています。

その喜多郎氏のアルバム「古事記」に収録されている「饗宴(Matsuri)」という曲の動画がネット上で大変な評判を呼んでいるようです。





このアルバムは、「ビルボード」で8週連続第1位に輝いたそうですが、古事記に基づいて、天照大神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸(あまのいわと)から誘い出すため、宴を催す光景を表現しているのだそうです。

何と、この動画は、再生回数620万を突破し、コメントも4000近く寄せられているとのことです。どうやら、太古の日本を感じさせるメロディーということで、外国人に受けているようです。

以下に、彼等のコメントの一部を紹介しておきます。(「パンドラの憂鬱」の記事より)


1.この人の曲を表現できる言葉なんてないだろ……。何て美しいんだ! アメリカ
  
2.聴き終わった時、全身が痺れるような感覚に陥った!!!
  美しさのあまり、息をするのも忘れちゃったよ!
  投稿してくれて本当にどうもありがとう!! カナダ
  
3.キタロウは音楽の天才だよな。
  彼がマツリのような傑作をまた生み出してくれることを皆で祈ろうぜ。 ベルギー

4.この人はファンタスティックだ。
  世界最高のミュージシャンの一人であることは間違いない! アルゼンチン

5.キタロウ、サカモト、ジョウ・ヒサイシ、トオル・タケミツ。 
  日本にはとても素晴らしい作曲家がいっぱいいるよね……。 スペイン

6.キタロウだけが本物の音楽を創りだすことができる。 中国

7.おぉぉぉぉ……キタロウだ。
  いつになったらベネズエラでコンサートを開いてくれるんだ……。 ベネズエラ
    
8.こんな音楽を生み出せるなんて信じられない。
  本当に素敵……。この人は神様ね! スペイン

9.今まで聴いてきた曲の中で最高だ……。
  素晴らしい……。アジアの誇り……。 ベトナム

10.何年か前に、色々あって落ち込んでる時、この曲に励まされた……。
  それは今でも変わらない。偉大な傑作だよこれは。 イギリス  

11.この人の曲は、ごく限られた人にしか理解できないものだと強く思う。 オーストリア

12.凄く、凄く、凄くいいね。
  何か特別な、本当に特別な何かが宿ってる。 オランダ

13.モダンな楽器を使ってるのに、古代の魂を呼び覚ますような音楽なんだよね。 ドイツ 

14.この人の音楽を5歳の頃から聴いてるよ……。お父さんが好きな歌手だから……。
  いつかマレーシアに来てくれないかなぁ。
  お父さんをコンサートに連れて行きたいんだ……。 マレーシア

15.日本史上最高傑作の音楽がこの曲だと俺は思ってる。 フランス

16.古代の日本を歩いてるかのような感覚になった。
  本当に興味深い気持ちでこの曲に耳を澄ましていたよ。 オランダ

17.キタロウの大ファンです!
  私、この人は聖人なんだと思う。
  そうじゃなきゃこんな音楽作れるわけないよ!!! スウェーデン

18.日本の純粋なクラシックミュージックがこの曲なんだ。
  絶対的に、息を呑むような傑作。 シンガポール  

19.この人は、日本が生み出した奇跡の1つと言っていい。 エクアドル

20.このツアーを観に行ったよ。
  これ以上のコンサートにはいまだに出会ってない。
  興奮し過ぎて、シャツが汗でぐっしょりになったのを覚えてる! アメリカ 

21.彼の曲を聴くと、体の中でアドレナリンがうねりだす。 ネパール

22.シンガポールだと、結婚式にこの曲使ってる人が結構いるんだよ。 シンガポール

23.この曲を耳にすると、いつだって日本を感じることができるんだ! インド

24.この曲を聴いて、1つだけ確かとなったことがある。
  それは、日本に 絶 対 行ってみなくちゃいけないってことだ! ドイツ 

25.美しい日本の魂を感じることができる曲。 ブラジル

26.この人は偉大な、素晴らしい音楽家!! 
  ルーマニア人はみんなキタロウが大好きなんだ。 ルーマニア

27.聴く度、サムライが戦場で突撃してる光景が思い浮かぶんだよね……。 フランス

28.キタロウ、あなたは音楽を奏でるサムライだ。尊敬してます! スロベニア

29.日本のヤマナシに住んでる親戚の家に行くと、
  朝早くにキタロウが奏でる音楽を耳にすることができるんだ。
  マウントフジがはっきりと見えるくらいに天気がいい日にね。
  彼が練習をしてる時の音を聴けたのは、素晴らしい経験だったよ……。 アメリカ
 
30.この曲を聴き、あの人が演奏している姿を観た時、
  どうして自分が音楽を愛しているのかを理解したよ :) ドイツ






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/405-6e106b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。