スティッフパーソン症候群

ここでは、「スティッフパーソン症候群」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)



近年、難病奇病を患う人々が増えており、それによって聞き慣れない病名が報じられることが多くなったように思います。

一応、エッセイストでありながらも色々な方面でお騒がせをしていたN女史が難病で、一時危篤になったと報じられたことがありました。

唯、正確な病名が分からず、治療法も確立できていない状態が続いていたようですが、先日の報道では「スティッフパーソン症候群」の疑いがあると報じられていました。



スティッフパーソン症候群(Stiff person syndrome; SPS)とは聞き慣れない病名ですが、非常に稀な進行性の神経性疾患で、自己免疫疾患の一種だと言われています。

筋肉を弛緩させるための神経系統がうまく働かず、痛みを伴う身体の硬化や筋けいれんを起こし、音や接触などの体感によって症状が誘発され、悪化するそうです。

で、この病気の患者はどのくらい居るのかといいますと、ハッキリしたデータはないようですが、一説には100万人に1人とも言われています。日本での患者数は数十人とされています。



この病気は特に遺伝とは関係ないようですが、男性より女性が多い(1対2)とも言われていますが、正確なデータはないそうです。それほど、珍しい症候群だと言えます。

発症時の平均年齢は40から50歳代だそうですが、幼児、若年から老年まで広く分布しているとのことです。尚、人種や地域に関係あるというデータは無いそうです。

この病気の原因は明らかになっていませんが、免疫が自分の体を攻撃するという、「自己免疫疾患」だと考えられています。



即ち、菌やウイルスなど、外敵から身を守るためのシステムが、誤って自分の体を攻撃することで、身体に必要な物質が足りなくなるためにおこる病気だということです。

現在、私の所に毎週、治療に来ておられる60代の女性も、この「自己免疫疾患」の一つである病気で苦しんでおられます。そのために10種類近くの薬を服用されています。

指圧治療を受けられると、一時的にでも全身の血行が良くなり、やっと血の巡りが良くなったと喜んでお出でになっています。唯、ご本人が西洋医学一辺倒の考えですから、もっと違ったアプローチがあるだろうと思うのですが、仲々、そちらの方面には気が向かれないようです。



具体的な症状としては下記のようなことが上げられています。

1.傍脊柱筋の強直により、体が弓なりになる(過前弯症、脊柱前弯過度)。

2.全身の硬化(板状、蝋人形状)。全身のけいれん、ミオクローヌス(筋けいれん)。

3.表情筋の硬化による、表情の減少。咽頭喉頭筋の硬直による、嚥下障害、構音障害。

4.胸部硬直による、呼吸困難。

5.腰部、脚部の硬化による歩行困難、転倒。

6.腕や足の強直、けいれん。




この病気の治療法として未だに、根本的な治療法は見つかっていないそうです。筋肉の力を抜く薬としては、ジアゼパム(セルシン)が第一選択薬となっています。

自己免疫疾患に利用される治療として、血漿交換、免疫吸着、免疫グロブリン大量療法といった方法もあるそうですが、これらの治療では症状を一旦軽くすることはできても、完治は少ないのが現状だそうです。

尚、この病気の診療は神経内科で行われているようです。因みに私の所に治療に見えている方は、「線維筋痛症」と呼ばれる病気に罹っています。これも患者数が少ないので、仲々、治療が難しいようです。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/369-ab3349b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。