信用できない医者のタイプ

ここでは、「信用できない医者のタイプ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)

ishi.jpg

あなたは頻繁に健康診断を受けたり、体調の悪いときには直ぐに医者に掛かったり、病院から出される薬を安易に服用する方ですか・・・?

未だに現代医学(西洋医学)が幅を利かせている日本では、こうした傾向にある人々が多い者です。私は頭から西洋医学を否定するものではありません。

唯、自分の身体は自分で守るしかないという意識が強く、病気になったり医師に行くのではなく、病気にならないように、どうしたらいいかを常に意識して体調維持に努めています。

ですから、健康診断も受けていませんし、成人してからは医科以外には世話になっていません。勿論、いろいろと不調を感じることはありますが、大事に至らないように養生をしています。



さて、あなたが医者に掛かっているのなら、少なくとも信頼できる医師を探さないといけませんね。逆に掛かってはいけない医者もあります。

それに関して最近、『日刊ゲンダイ』では「信用したらダメな医者」と題して下記のような記事を掲載していました。


ーー引用はここからーー

現役ドクターが教える 「信用したらダメな医者」7パターン

信用できる医者にかかりたいと、だれもが思っている。しかし素人には、その見極めが難しい。数名の医師で運営する「21世紀の医療・医学を考える会」代表の岡本裕医師は、大阪大学でがんの臨床・研究を行っていたが、治療を“こなす”だけの医者が多いことを痛感。大学を辞め、インターネットを通して、患者の質問にホンネで答えるウェブサイト「e―クリニック」を立ち上げた。岡本医師に、「信用してはいけない医者」について聞いた。


<「とりあえず」とよく言う>

「この言葉をよく口にする医者は、患者個人の病状を深く探ろうとすることもなく、ただただ標準治療に沿った無難な治療を選択する傾向にあります。要するに、患者さんにとって本当に効果がある根本治療ではなく、通り一遍の対症治療に終始しがちです。『とりあえず』というあいまいな言葉を聞いたら、別の医者にかかり直した方がいい」


<初診から多種類の薬を処方する>

「医療業界では、腕のいい医者ほど処方する薬が少ないといわれています。勉強不足で腕に自信のない医者は、どれかが当たって症状が治まるのではないかと、たくさんの薬を処方する。ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たるの論法です。特に、初診から複数種類の薬を処方する医者は避けるべきです」


<薬のやめどきを説明しない>

「薬は必要悪であって、飲まなくて済むなら飲まないに越したことはない。たとえば高血圧で降圧剤を長年飲んでいる人がいます。高血圧が問題なのは、血圧が高いということではなく、動脈硬化によって心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなるから。つまり、動脈硬化の治療をしっかり行うことが重要なのです。それをせずに、降圧剤をダラダラ出し続けるのは、ダメ医者の典型的な姿です」


<セカンドオピニオンに難色を示す>

「すべての分野の最新知識を持っている医者はどこにもいません。自分の立てた治療方針より優れた治療法がある可能性はゼロではないのです。それなのに、セカンドオピニオンに難色を示す医者は、性格が傲慢(ごうまん)か、逆に自信がないかのいずれかです」


<治療を患者と一緒に選んでくれない>

「セカンドオピニオンを受けると、それぞれの医者が、別々の意見を言うことが往々にしてあります。複数の治療を提示されても、患者にはどれがいいか分からない。そういう時、それぞれの治療法の長所と短所、体質や病状にどれが合っているかを説明してくれ、〈私ならこれを選ぶ〉とまでアドバイスしてくれる医者がいい医者です。〈先生だったらどれにしますか?〉と質問し、あいまいな返事をされたら、自分の判断に自信がない証しだと思います」


<すぐ検査する>

「CTやMRIの検査をすぐにしてくれる医者を信用できると思っていたら、大間違いです。検査をたくさんすれば、病院にお金がたくさん入ってきます。病院の経営や、CTやMRIの設備投資の回収のことを考えると、検査の回数は多ければ多いほどいい。すぐ検査する医者は、患者さんに本当に必要かどうかを考えて行っているとは限らないのです」


<初歩的な質問に答えてくれない>


「専門的知識がない患者さんが、初歩的な質問をするのは当たり前。それに答えるのは医者の義務です。ところが、〈そんなこと聞いてどうするの?〉と邪険な対応をする医者が珍しくありません。それでは、患者さんとよいコミュニケーションを築けない。私から見れば、〈ここが分からない〉〈ここが不安〉と質問してくる患者さんは、病気に前向きに対処している人。それに耳を傾けない医者は、問題です」
~その他

ーー引用はここまでーー



いずれも、心当たりのある医師達のタイプです。特に精神科医の中に、このような態度をとる医師が多いように思います。勿論、大半の精神科医はそうではないのですがね・・・。

残念ながら、「医は仁術」というのは幻想であって、「医は算術」であるのが現実です。これはゲンダイだけでなく、江戸の時代からその傾向はあったはずです。

そもそも、医療ビジネスですから利益を上げるために、少しでも多くの患者を捌くことが目的となって、上記のようなパターンに陥る医師が増えているのではないかと推察できます。

どうしても医者に掛からなければならない場合でも、医師の言いなりになるのではなく、自分の判断で医師を選ぶという意識が必要だと思います。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/366-35e7bdab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。