丸山ワクチンについて

ここでは、「丸山ワクチンについて」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)



あなたも「丸山ワクチン」という言葉をお聞きになったことがあると思います。特にガン患者さんにとっては、その噂を聞かれたり、実際に利用されている方も多いのではないでしょうか。

私は、それがどういうものかは詳しくは知りませんが、「丸山ワクチン・オフィシャルサイト」では下記のように説明されています。


ーー引用はここからーー

丸山ワクチン(SSM=Specific Substance MARUYAMA)は1944年、皮膚結核の治療薬として誕生しました。ワクチンの生みの親である故 丸山千里博士(元日本医科大学学長・1901~1992年)にちなんで後に丸山ワクチンと呼ばれるようになりました。

皮膚結核に対して驚くべき効果をもたらしたこのワクチンは、ハンセン病の皮膚障害、発汗障害、神経障害にも効果を上げました。

皮膚結核やハンセン病の治療に打ち込むなかで、あるとき、この二つの病気にはガン患者が少ないという共通点が見つかりました。このようにして、ガンに対するワクチンの作用を調べる研究が始まりました。

1964年の暮れ、丸山は実際のガン治療にワクチンを用いることを決意し、知り合いの医師にワクチンを使ってみてくれるように依頼しました。そのうちに、あちこちの医師から「ガンの縮小がみられる」などの報告が届くようになります。

なによりも驚いたのは、ワクチンを打った末期ガンの患者さんの中に、ガンと共存して何年も元気に暮らす人が現れるようになったことです。

「ワクチンを使えば、人がガンと共存できる道が開けるのではないか?」丸山は、体からガンを排除する従来の治療法ではなく、ガンを体内に宿したまま生きる方法もあると確信し、こうしてワクチン療法によるガン治療が始まりました。

ーー引用はここまでーー


この丸山ワクチンには下記のように4つの特徴があるそうです。

1.副作用がほとんどない:丸山ワクチンは細胞に対して毒性を持たず、副作用の心配がほとんどないそうです。だからどのような段階のガンであっても、また、患者さんの体の衰弱が激しくても、長期にわたって安心して使うことができるとのことです。

進行したガンの患者さんで、10年、20年とワクチンを続けておられる方も珍しくないそうです。これが患者さんにとって最大の利点となっているようです。


2.延命効果が見られる:現在、ワクチンを使う患者さんの中には末期ガンと呼ばれる段階の方が多くおられるようです。その半数以上は、体が弱りきっていたり、ガンの転移が広範囲に及んでいたりして、手術療法や放射線療法などの治療法を選択できない方たちだそうです。

私が指圧の治療をさせて頂いたことのある、乳がんが再発して寝込んでおられた方も利用されていました。


3.自覚症状の改善が図れる:ガンが進行すると痛みや貧血など、大変つらい自覚症状が現れますが、丸山ワクチンにはこうした苦痛をやわらげる作用があるとのことです。

自覚症状が改善されることで、たとえ体内にガンが残っていたとしても、患者さんは通常の生活を送る ことができるようになるというわけです。


4.ガン腫の増殖が抑えられる:ワクチンを続けていくと、コラーゲン(細胞と細胞をつないでいる線維状のたんぱく質)が増殖しガン細胞を封じ込めるそうです。

ガン細胞が周囲の組織に侵入しようとしても、コラーゲンの線維が追いかけてがんじがらめに包囲するそうで、この「封じ込め」作用が、ガンを縮小し、場合によっては完全に消し去ることもあるそうです。



ところで、この丸山ワクチンは「有償治験薬」となっています。治験とは、開発された新薬を厚生労働省が認可するのに十分な要件(有効性があるか、副作用はないか)を備えているかどうかを、一定の条件(病名、病状、併用薬など)に適合した実際の患者さんに使ってテストすることです。

いわば実験ですから、治験薬は本来無料で提供されます。しかし丸山ワクチンは、限定された方だけではなく、希望されたガン患者さんはどなたでも使うことができることになっており、この点から、特例として1981年厚生省(当時)は、実費を患者さんに負担して協力していただく治験薬=有償治験薬ということを認めたとのことです。


しかしながら、この丸山ワクチンは現場の医師達によって賛否両論があるようです。その医師達の見解について「m3.com」では下記のように報じています。

ーー引用はここからーー

<必要:求める患者が存在、意味はあり>

現在でも必要と見る考え方の医師もいるだろう。求める患者が存在する以上、治療手段として残しておく意味はあると考えることはできる。

癌患者と関わる医師の中では、丸山ワクチンの投与により、治療効果を示した症例を経験したというケースも珍しくないと見られる。

未承認のままで特例的に有償治験薬としてでも患者が投与を望む。治療手段が限られた癌患者にとって、精神的な支えを作る意味からも必要と見ることはできる。

無作為化比較試験のような信頼性の高い科学的根拠はないため、主に免疫学的な原理に基づき有効性の有無を判断することになる。

開発者である故丸山千里氏が所属した日本医科大学の研究グループを中心に、白血球の賦活化、白血球数の増加といった作用を報告。さらに、コラーゲンを増やして癌の拡大を防ぐといった効果、核酸増殖のための酵素を阻害して癌増殖を抑える効果を報告している

。医師によっては、一部の症例報告も参考として、癌患者に効果を示す可能性を認める場合もあり得る。癌の免疫療法が関心を高めている。丸山ワクチンも免疫療法の一種である。


<不要:もはや役割は乏しい>

既に癌診療では不要と見る医師もいる。日本緩和医療学会が2008年にまとめたがん補完代替医療ガイドラインでは、丸山ワクチンの疼痛軽減やQOL改善効果について言及しているものの、全ての効果について「推奨できるだけの明確な根拠がない」として推奨度Cに指定している。(がん補完代替医療ガイドライン)。

効果を検証した臨床試験も含めた海外文献はここ10年近く出ていない。補完代替医療ガイドラインは2014年に改訂される見通しだが、丸山ワクチンについては新たな根拠はなく、推奨度も変化ないと見られる。

メタ解析、無作為化比較試験といった信頼性の高い根拠も存在しない。効果が不明確である以上、必要とは見られないと考えても不思議ではない。

丸山ワクチンが当初求められた1960年代とは癌治療の情勢も大幅に変わっているのも大きい。癌治療の手段としては、代表的な免疫学的治療と言える抗体療法が広がっている。

さらに、樹状細胞も含めた新しい免疫学的な治療も出ている。丸山ワクチンはあくまで不特異的に免疫機能を活性化するもの。新たな特異的な免疫療法と比較すると、原理としても有効性は低いと見ることも可能。医師によっては、丸山ワクチンの役割は既に終わったと考えるかもしれない。

ーー引用はここまでーー


ところで、丸山ワクチンの治療を受けるまでの流れとしては下記のようになっています。

1.治験を医師に依頼する:丸山ワクチンによる「治験」を引き受けてもらえるように医師にご相談する。

2.必要書類の用意:治験担当医師が決まったら、治験承諾書(丸山ワクチンによる治験を引き受けるという治験担当医師の承諾書)とSSM治験登録書(現在までの治療経過をまとめた書類)への記入を依頼する。これらの書類は下記の研究施設に用意してあるそうです。関連書類一覧

〒113-8706
東京都文京区千駄木1-1-5
日本医科大学付属病院ワクチン療法研究施設
電話: 03-5814-6996(直通) 03-3822-2131(代表)

3.ワクチン療法研究施設へ:必要書類が入手できたら、初回は、治験担当医師に代わって、家族か身内の方がワクチン療法研究施設へ訪問する。診療は無いそうですので、患者本人が訊ねる必要はないそうです。


ともかく、ガンで苦しんでいる方に取っては、例え医学的に効能が証明されていなくても、少しでも身体の調子がよくなるなら、という願望もあることでしょうから、丸山ワクチンは不用と切って捨てることはできません。

何しろ、現代医療も万全ではありませんし、幾ら化学的と言っても肉体しか見ない西洋医学的な対処では不完全なところが沢山あります。

ですから、治療方法を医師に任せきりにせず、患者自身が自分の意思で、それを選択する方が納得がいくのではないでしょうか。自分の身体に負担の掛からない方法を選ぶべきだと思います。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/356-9fcbe0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。