母の愛

ここでは、「母の愛」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)


昔から、「父の恩は山よりも高く、母の愛は海よりも深し」と言われています。

特に、母親の子供に対する愛は、自らの腹を痛めて産んだ子供だということもあって、父親とは違った愛の深さがあります。

指圧の泰斗であった浪越徳治郎氏のキャッチフレースは、「指圧の心、母ごころ。押せば命の泉湧く」と言うものです。指圧を行う時には母親のような深い思いを持って行いなさい、と言うことだと思います。



さて、この母親の愛情が乳幼児に対して多大なる影響を与えるということは誰でも分かりますが、それに関する報道が方々でなされています。「大紀元日本」の記事では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

【大紀元日本9月26日】最近の医学の研究結果によれば、母の愛はただ感情の感受だけでなく、子供の大脳の構造を変える力を持ち、より多く母の愛情を受けた子供は大脳の海馬がより大きいという。海馬は大脳の重要な部分であり、学習や記憶、行動が密接に関係している。

 ワシントン大学のジョアン・ルビ博士の研究チームは一連の実験研究を行ない、脳の海馬の大きさは幼児時期に受けた愛情に関係し、より多くの関心と愛情を受けた子供はその海馬がより大きい。

また、成長してから、学業、仕事及び社交において関心と愛情をあまり受けてない子供より、優秀な表現が現れることが分かった。この研究結果は「米国国家科学院雑誌」に発表された。

 一方、カナダのマギル大学神経学のマイケル・ミニー教授の研究チームは動物(マウス)実験で研究した結果、母の愛情は子供の大脳の遺伝子発現を改変できることが分かった。

しかもこのような遺伝子発現の改変は持続的なもので、次世代に遺伝し、大脳の海馬の部分により多くのストレス受容体を形成する。そこで身体のストレスに対する障害が軽減し、子供はよりのびのびと成長できる。

 同時にこれらの研究結果から、母の愛情の「質」は愛を表現する「量」よりもっと重要であることが分かった。母と子供の間の愛情あふれる交流は子供の社交能力と知力発育に対して効果的に影響を与えることができる。

つまり子供にとって、母と一緒にいる時間の「量」より、一緒にいる時に受けた愛の「質」がもっと重要である。

ーー引用はここまでーー



また、同様な内容は下記の「IRORIO(イロリオ)」の記事でも報じられていました。


ーー引用はここからーー

育った環境や家族との関係が、その後の人生に何らかの影響を及ぼすことはよく知られている。しかし神経学者によると、幼い頃に母親の愛情を適切に受けて育ったかどうかによって、子どもの脳のサイズが大きく左右されてしまうそうだ。




上の画像は共に、3歳児の脳をスキャンしたもの。誰がどう見ても、左が大きく、右は小さい。実はこれ、左が正常な3歳児の脳で、右は母親に育児放棄をされ、虐待を受けた子どものものだそう。

英Sunday Telegraphによると、左の脳の子どもは、右の子どもと比べてより賢く、社会的スキルも高くなる可能性が大きいとか。一方、右の脳は、最も基礎的なエリアの成長が著しく欠けているため、このまま大人になるとドラッグ中毒になったり、暴力的な犯罪に手を染めたり、失業する確率が極めて高いという。

「2歳までにどう育てられるかが、その後の成長・発達に多大な影響を与える」と語るUCLAのAllan Schore教授。同教授によれば、生後2年の間に母親から適切な愛情を受けられないと、知能を含む脳の重要な機能の遺伝子が正常に働かなくなってしまうそう。しかもそれは、2歳を過ぎていくらケアをしても、一生取り戻せないダメージなのだという。

また、こうした虐待を受けた子どもは、大人になってから同じ行為を自らの子どもにしてしまうケースが多く、負のサイクルからなかなか抜け出せなくなってしまう。ただし、過去に行われた米の研究では、早い段階で周りの家族や友人、公的機関などによる仲裁、そして支えがあることで、このサイクルを打破できることもわかっている。

ーー引用はここまでーー



上記で言われていることは、どちらも納得のできるところですが、最近、日本ではうつ病を患う女性が増えていて、その彼女達の言い分として母親の愛情を鬱陶しく感じていた、というのがあります。

本来、母親の愛情は海よりも深いわけですが、時に、それをはき違えた母親がいるようで、子供に対する愛情と思っていることが、実は母親の「我欲」による場合があるようです。

特に、『母がしんどい』(田房永子/新人物往来社)という本が出版されてからは、こうした母親の間違った愛情によって育てられた女性達の苦しみが、一層、明らかになってきています。

haha.jpg


要するに、母親から押し付けられる言葉が、行動が、また愛情という名のエゴが、そして全てをひっくるめた存在そのものがしんどい、と言う訳です。

例えば、上記の本の著者は、自分の母親の言動について下記のような例を上げています。

○胸がふくらみはじめたのになぜかブラジャーを買ってくれない。
○友人たちと旅行に出かけようとすると邪魔をする。
○受験当日の朝、角材を振り回しながら(!)娘を追いかけてくる。



残念ながら、この著者のようなケースは結構多いようです。それが極端になって、身内同士の犯罪になったりすることも、世間ではよく報じられています。

現在、私の所で指圧の勉強をされている30歳代の女性も、未だに母親との軋轢を抱えて上手く付き合えないと話しておられます。

また、以前に指圧治療に見えた女性も、外見上は問題なく日常生活や社会生活をされていたのですが、仕事上で躓いたことがキッカケでうつ病になったのですが、その原因を幼児期の母親の愛情不足に求めていました。



とにかく、こうした問題はどちらか一方に非があるわけではありません。母親からヒドイ仕打ちを受けるのも、それなりの因縁があります。

例えば、先の世では自分が母親の立場にあって、自分の子供に大変に辛く当たり、子供を苦しめたというような因縁があるかもしれません。

すると、その因縁を解消するために今生では、逆の立場になって、その苦しみを味合わされているのかもしれないのです。

何ごとも、理由が無くて起こることはありません。全ては因果応報。自分がやったことしか起こらないというのが宇宙の普遍の法則です。それを学ぶ為の体験をしているに過ぎません。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/352-f8c5b230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。