スクールカーストと村八分

ここでは、「スクールカーストと村八分」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

スクール

学校に於ける「イジメ」も問題は、依然として跡を絶ちません。と言うよりも、昔の状況に比べて、より陰湿なイジメが横行しているように見えます。

その所為で、イジメに耐えられずに自らの命を絶つ生徒や児童が増えています。唯、イジメの問題は学校だけでなく、日本社会の全体に見られる傾向であり、社会問題です。

特に学校でのイジメ問題は、「スクールカースト(教室内身分)」と関係があると指摘する専門家がいます。「スクールカースト」とは、私には縁の無かった言葉ですが、どうやら2007年頃から使用されるようになったようです。



スクールカーストという表現を最初に使ったのが、教育学者や教育評論家だそうですが、現代の日本の学校空間において生徒の間に自然発生する人気の度合いを表す序列のことだそうで、それをインドのカースト制度と結び付けたわけです。

教育学者や教育評論家という、子供の教育の専門家たちが、何故このような子供を差別するような表現を平気で使うのか疑問に感じます。

私はもう児童や生徒と関わることがありませんので、こうした問題には疎いのですが、現代の学校では、クラス内にいくつかの友達同士のグループが形成され、それらの内部で活発に交流が行われるだけで人間関係が完結する現象がみられる、とのことです。

こうした分断された各グループは序列化(上下関係)が働いているそうで、異なるグループ間でのつながりが無いようです。



一般的なスクールカースト(序列)のイメージとしては、以下のようになっているようです。

1.恋愛・性愛経験 :豊富なほど上位
2.容姿 :恵まれているほど上位
3.ファッションセンス :優れているほど上位
4.場の空気 :読めたり支配できたりするほど上位
5.部活 :運動系は上位[注 3]、文化系は下位
6.趣味・文化圏 :ヤンキー・ギャル系は上位、オタク系は下位
7.自己像 :自分探し系は上位、引きこもり系は下位



ところで、心理学者の小倉千加子氏はこの「スクールカースト」とイジメの問題について、下記のように述べておられます。

『いじめの原因は「スクールカースト」そのものではない。しかし、「スクールカースト」といじめには大きな関係がある。いじめに教室内でのステイタスが関係することは誰もが密かに知っていることである。

ステイタスを知れば、誰がいじめられる確率が高いかを予測することができる。結論からいえば、ステイタスを決める要因(=いじめ被害から身を守る要因)は「学業成績」ではない。

今やステイタスを決めるのは「学力」といった個人に属する古典的要因ではなく、「コミュニケーション能力」、具体的には「自己主張力」「共感力」「同調力」「情報発信能力」「情報受信能力」である(「自己主張力」はなくてはならないが、ありすぎてもいけない。帰国子女が人前で英語を話してはならないように)。

ステイタスが低いといじめ被害に遭いやすいが、いったんいじめに遭うとステイタスが下がるという悪循環が起こる。』



尚、学校内や教室内での序列には、男女で微妙な違いがあるそうです。女子のカーストは見てすぐ分かるけれども、上位にいるための努力はハンパではない、とのことです。

女子は初対面の女子を常に自分より「上」か「下」かと値踏みしているようです。ですが、カーストの「上」にいる女子はカーストが存在しないかのように振る舞わなければならない苦労があるようです。

まあ、こうしたスクールカーストのような現象は昔から、何処でも大なり小なり見られたものではあります。唯、近年はマスコミやネットの発達によって、より細かく取り上げられるようになっており、それが更なる
スクールカーストのような現象をエスカレートさせているように見えます



ところで、スクールカースト現象を考えていると、日本の昔からの因習である「村八分(むらはちぶ)」という表現を思い出しました。

今では、余り使われなくなりましたが、村八分とは日本の村落の中で掟や秩序を破った者に対して課される消極的制裁(共同絶交)行為についての俗称とされています。

簡単に言えば、ある集団の中で、一部の者を除け者して、一切の交際を断ってしまうことです。これは何も村社会だけでなく、現代の会社組織の中にあっても、一部の人間を閑職に追いやって除け者にして、退職に追い込むことなど手が使われていますからね。



元々、村八分とは、地域の生活における十の共同行為のうち、葬式の世話(死体を放置すると腐臭が漂う、また伝染病の原因となるため。また死ねば生きた人間からは裁けないという思想の現れとも)と火事の消火活動(延焼を防ぐため)という、放置すると他の人間に迷惑のかかる場合(二分)以外の一切の交流を絶つこと(残り八分は成人式、結婚式、出産、病気の世話、新改築の手伝い、水害時の世話、年忌法要、旅行)から来ているようです。

先ほども言いましたが、この村八分的な現象は現在でも色々な組織の中にも見られますが、特に「限界集落」において残っている地域も少なくなくないようです。

最近も、山口連続殺人放火事件がありましたが、あれも限界集落中で村八分にされた男性による凄惨な殺人事件でした。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/322-32605927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。