123歳の史上最高齢!

ここでは、「123歳の史上最高齢!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople



日本は世界の中でも男女ともに平均寿命が高いことで知られています。また、100歳以上の高齢者は5万人を越えると言われています。

更に、世界一の最高齢者と言われていた方が今年、116歳で死去したと報じられましたように、高齢者の多い国になっています。

但し、100歳以上でも、それ以下でも、心身共に健康で寿命を延ばしている方ばかりではありません。病気であったり、介護が必要であったり、車椅子生活をされていたりと、何等かの障害を持っている方も多いものです。



ところで先日、南米のボリビア123歳という、世界最高齢の男性が見つかったというニュースがありました。ご本人が自分の年齢を定かに覚えていないので、何とも言えないところもあるようですが、未だに実に元気で暮らしておられるようです。



ボリビアと言えば、過日も日本に長く住んでいるボリビア人女性が指圧の勉強に来られて、何とか初級と中級講座を修了されたことがありました。



ボリビアはかつては今よりは、ずっと広大な国土面積を有していたそうですが、周辺国との戦争に負け続けたために、現在では最大時の半分ほどになってしまったとのことです。それでも世界的には27番目に大きい国だそうです。

唯、ボリビアは南米でも最も開発が低い水準にある国の一つで、かつて「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたほど豊かな天然資源を持っているのに貧しい国であり、現在もその構図は変わっていないようです。

また、ボリビアと言いますと、キューバ革命の指導者、チェ・ゲバラがウルグアイ人のビジネスマンとしてボリビアに潜入し、ボリビア民族解放軍を設立してゲリラ戦を行って戦死したことが、よく知られています。



ボリビア国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が5件、自然遺産が1件あるそうです。また、ボリビアでは「コカ茶」が有名です。

ボリビアのラパス市(標高約4000m)やエチオピアなどの標高が高い地域では、旅行者などが高山病に罹りやすいため、コカの葉を直接口に入れて噛んだり、コカ茶を飲むことによって、コカの成分を体内に取り入れて、高山病の症状(頭痛、内臓の不快感など)を緩和させることが行われているようです。

コカの成分を摂取することによる覚醒作用によって、「恐怖感を喪失させる」「疲労感を薄れさせる」「空腹感を薄れさせる」「眠気を忘れさせる」などという効果が得られるため、ボリビアでは鉱山労働者などの重労働者がコカの葉を噛みながら仕事をする習慣があるそうです。

コカの葉自体は、コカイン濃度が薄いため依存性や精神作用は非常に弱いそうですが、コカを抽出精製して作られるコカインには、中枢神経を刺激して精神を興奮させる作用があり、危険な麻薬です。



さて、上記の123歳の史上最高齢に関しては、「ロシアの声」で下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

ボリビアでは世界で最高齢の男性、カルメロ・フロレス・ラウラさんがチチカカ湖の近くで発見された。もし身分証の誕生年が正しいものであるならば、123歳になる。

フロレスさんは先住民族インディアンで、スペイン語は話さず、読み書きもできず、歯もなく、伝統的な小屋に住んでいる。しかし歩くのに杖は必要なく、話しははきはきしている。ただ耳が少し遠い。

フロレスさん自身は自分の年を覚えておらず、「100歳ぐらいかそれ以上だ。」と語っている。

長生きの秘訣は、たくさん歩くことだとしている。食生活に関しては麺類や米は食べず、大麦だけだという。またいつでもコカの葉を噛んでいる。高山の水を飲み、すでに長い間アルコールには触れていない。もちろん若いことは飲んでいた。砂糖や粉ものを避け、たんぱく質およびアミノ酸が豊富なアカザを好むという。

重い病気にはかかったことがなく、1人の息子が生きているほか、孫40人、曾孫19人がいる。10年以上前になくなった奥さんのことをいまでも懐かしく思い出している。

ーー引用はここまでーー



さて、上記では大変重要なことが述べられています。それは元気で長生きするための秘訣です。

このボリビアの最高齢の男性は長生きの秘訣を、「よく歩くこと」だと行っています。4千メートルの高地で太陽の紫外線も強いであろう土地で、毎日、歩きまくっているそうです。

日本では、夏の日差しを避けて外に出ないようにしようという風潮があるようですが、それは自然に反しているように思います。

夏は強い日差しを浴びて、汗を確りとかいて老廃物を排出する時です。また身体に日光を確りと取り入れて冬の寒さもしのげる強い身体にする時期でもあります。



更に大事なことは食生活を中心とした生活態度です。ボリビアのような高地では十分な作物も実らないと思いますので、当然、食料も限られたものになると思います。

正に、粗衣粗食で、住居も十分でなく、貧しい暮らしを続けておられるのですが、大自然に恵まれ、強烈な太陽の光を浴びながら、畑仕事などをしたり、よく歩き回る生活を続けてこられた結果、心身共に元気で世界最高齢者になられたものと思います。

こうしたことを考えますと、健康で長寿を全うするためには、太陽の光をよく浴びて、よく歩いて、粗衣粗食に徹することだと言えるのではないでしょうか。

日本とボリビアでは多くの点で違いがありますが、健康で長寿を全うするための秘訣には変わりは無いものと思います。暑い中でも水分を取りながら、太陽の光を浴びて良く歩き、粗食に徹することが必要です。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/316-599a0b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。