メンソールたばこの害

ここでは、「メンソールたばこの害」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

たばこ

先日も、「メンソールたばこ、脳卒中のリスクが2倍以上」と題する記事を書きましたが、その後、アメリカの食品医薬品局(FDA)が、メンソールたばこのほうが通常のたばこに比べ、健康上の害が大きい可能性があると発表したことが報じられました。

これに付いて、「Yahooニュース」でも下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

米食品医薬品局(FDA)は23日、メントールたばこのほうが通常のたばこに比べ、健康上の害が大きい可能性があると発表した。その販売をいずれ制限するような規制措置を検討していることを示唆したものたが、そのような措置の実施には数年かかると見られている。

FDAはメントールたばこが健康に及ぼしうる影響についての初期評価を行い、たばこに含まれているミント味のメントールが中毒性の悪化に関連している可能性が高いとの結論に達した。さらに、メントールたばこの喫煙者はニコチン依存症の兆候が強く見られ、禁煙の成功率も低いという。

2009年に成立した法案によって、FDAはメントールたばこを含めたたばこ製品の規制権限が与えられた。この法律ではメントールたばこ以外のフレーバー付きたばこの喫煙が禁止されたが、メントールたばこ問題についてはFDAのたばこ製品諮問委員会に対してその研究が命じられた。同委員会は2011年、たばこからメントールを取り除くことが公衆衛生に有益だとの意見をまとめたが、FDAによる特定の規制措置には至らなかった。

メントールたばこの規制問題については、アフリカ系米国人の喫煙者が好む製品であることもあり、大きな議論を巻き起こしている。政府の統計によると、米国の黒人喫煙者の約80%がメントールたばこを愛用しているという。またFDAの数字では、成人喫煙者の約30%、若年喫煙者の40%超がメントールたばこを利用していることが分かっている。

FDAは将来実施される可能性のある規制措置の前段階として、今回の公衆衛生評価を発表するとともに、メントールたばこ規制の可能性に関して一般から意見を求める告知を行った。可能性のある規制案は、たばこの中のメントール含有量の制限やマーケティングと広告の制限から、メントールたばこの喫煙の禁止までと幅がある。

ただどのような規制措置が実施されたとしても、それはおそらく数年後になるだろう。FDAは新規制が実施される前に実施を予定している3つの研究に向けて予算を確保したという。連邦政府の規定作りは長期化することも多く、メントールたばこに関連した規制変更も決定までに相当な時間がかかるはずだ。

メントールたばこに関する政府内討議の行方は、メントールたばこでは売り上げトップの「ニューポート」を製造するロリラードにとって死活問題となろう。同社の売上高は同製品に大きく依存しているからだ。アルトリア・グループやレイノルズ・アメリカンといったたばこメーカーもメントールたばこを販売しているが、売上高の依存率はロリラードほど高くない。

業界1、2位のアルトリアとレイノルズはメントールたばこについて、それ以外の製品と異なる規制を受けるべきでないとこれまで主張してきた。たばこ業界は2001年にFDAへ提出した業界報告の要旨で、科学的データに基づくと、病気や喫煙開始、禁煙、依存性といった点でメントールたばことそれ以外の製品には違いがないと指摘した。

ーー引用はここまでーー



前回の拙記事にも書きましたが、実は、メンソールたばこは粘膜への局所麻酔作用があるそうなんです。

そのために、喫煙時に咳がでるのを抑制して、吸いやすくなっているいて、喫煙初心者(多くは未成年者)はタバコを吸うとむせますが、メンソールたばこだと意外と吸えてしまうそうです。

ですから、本当は吸ってはいけない喘息の方でも、メンソールたばこは吸えてしまったりして、深刻なことになる畏れもあるわけです。



それから、メンソールたばこの問題はそれだけではなく、恐ろしいのは、抵抗なく深く吸い込めてしまうので、沢山の有害物質が肺の奥まで入ってしまい、末梢の肺腺がんのリスクが高まると言われています。

同じ本数を吸っても、メンソールたばこは深く吸い込むので、体内のニコチンレベルが高くなり、呼気一酸化炭素も高くなり、ニコチン依存症の程度が強くなるそうです。

そのために、メンソールたばこを吸う人は、禁煙がしづらくなるのだそうです。要するに、たばこ依存者を増やすのが目的ということですから、恐ろしいことです。



たばこに含まれる有毒物質というのは、各種の添加物のことです。前回も紹介しましたが、どれほどヒドイ添加物が含まれているか下記のリストで確認してください。

但し、このリストはJTが公表しているものですから、これが全てかどうかは分かりません。もっと他に巧妙に隠された添加物、有毒物質が含まれている可能性があります。

=>「たばこ添加物リスト」



この、たばこに含まれる有害物質は600種類とも1000種類とも言われていますが、なぜ、たばこ業界は企業としてお客の健康を害するリスクを犯してまで「有毒物質を添加している」のでしょうか。

勿論、たばこ業界がお客をニコチン依存患者に仕立てあげ、たばこを長期に亘って吸わせて莫大な利益を上げるためです。

それと、たばこの葉を乾燥させて、そのまま吸っても大して美味くないので、喫煙者の味覚をマヒさせるような有害毒物を多量に添加しているわけです。



これは何も、たばこだけに限ったことではありません。市販されている食料品の殆どに消費者の味覚を満足させるため、イヤ、味覚音痴にするために沢山の添加物が混ぜられています。

ですから、消費者も次第に添加物の入った物の方が、自然の物よりも味がいいなどと錯覚して、そうした商品に手を出すようにマインドコントロールされています。

その挙げ句、健康を害する人々が多くなり、医療機関が儲かるという構図が出来上がっているものと思います。



ところで、たばこに混入されている添加物は、下記のような恐るべき目的を持って使用されているといっても過言ではありません。

1.刺激のある喉ごしを生みだすため

2.煙にむせないように気管を拡張させるため

3.粘膜を麻痺させ煙を吸い込みやすくするため

4.味わいがまろやかになるようするため(甘味や糖類を添加)

5.悪臭をごまかすため(香料を添加)

6.吸わないでいても燃え続けるようにするため




さて、アメリカの公衆衛生局では、喫煙がアメリカ国民の健康に及ぼす壊滅的損害について、二つの研究結果を報告しています。

一つの研究では、喫煙者は男女ともに80歳になる前に死亡する確率が喫煙をしたことのない人(非喫煙者)に比べて3倍ほど高くなり、もう一つの研究ではこの年齢が75歳とされている、というものです。

こうした研究結果については、以前から似たようなものがありましたが、果たしてこの研究結果は正しいのでしょうか。



何時も疑問に思うのは、同じ人間が喫煙と禁煙を同じ期間続けた結果、上記のようになったというのなら分かりますが、そうした研究はできないと言うことです。

喫煙者と禁煙車が違い、それぞれの生活習慣も違うわけですから、喫煙がどのように死亡率と関係しているかはハッキリしていないのではないでしょうか。

どうも、こうした統計数字と言うのは発表者の都合のいいように、何となくそれが正しいように感じさせるものではないでしょうか。



私は自分が喫煙しませんから、たばこに関してとやかくは言えませんが、今回のような添加物まみれの紙巻きたばこの喫煙は決して健康にいい物とは思いません。

ですが、前回も言いましたが、キセルたばこパイプたばこなどは、それほど直接的に健康に害になるとは思いません。

それよりも、ゆっくりとキセルやパイプたばこを吸うことで、心身共にリラックスする効果が高いのではないかと思っています。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/295-a0dc4584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。