「毒親」とは?

ここでは、「「毒親」とは?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

毒親

最近、「毒親」という表現が市民権を得るような状況になっているそうですが、何ともドギツイと言うか、エゲツナイ表現ではあります。

どこから、このような悪意に満ちた表現がされるようになったのかと言いますと、どうやら、スーザン・フォワードと言う方の著書『毒になる親』などで紹介されたことが発端のようです。

毒親とは、子どもを過度にコントロールしようとするあまり、子どもにとって“毒”になる“親”のことだそうです。出版界やマスコミに乗せられて、そうした表現を当たり前のように受け入れている方が多いとしたら、何とも不気味なことです。



具体的な毒親の姿としては、「子どもを自分の望むとおりにしたくて指図ばかりする」、「子どもの食事・睡眠・服装や髪型などを異常に細かく詮索する」、「子どもの学校・仕事・友人・恋人選びにいちいち介入する」などの特徴がある、とのことです。

こうした傾向のある親は現代だけでなく、昔から見られたものですが、どうして、それを「毒親」などと言う、まるで獣でも扱うような表現にしなければならないのでしょうか・・・。

子どもを過度にコントロールしようとする親の存在は問題がありますが、それを、ことさら「毒親」と名付けて取り上げることに違和感を感じます。

現代は何ごとも「人権」がモノをいう時代で、子供の人権を振りかざして活動している方も多くおられます。勿論、それは大事なことですが、何ごとも一律に考えられないところもあります。



まあ、それはさておき、そういう「毒親」に育てられた男性が何かと問題のタネになっていると言うような報道がなされているようです。

ここでは、『GWニュース』で掲げられていた「現在急増中!?毒親に育てられてしまった男に要注意」と題する記事の内容を下記に引用させて頂きます。


ーー引用はここからーー

最近、「毒親」という言葉が世間に浸透してるようですが、これ、ようするに「子供を過度にコントロールしたがる親」のこと。

ほめない、感謝を強要する、愛情に条件をつける、怒鳴ったり甘やかしたりを繰り返す、etcで、子供をスポイルしてしまう問題ある親を指します。

そして、そういう「毒親」に育てられた男性は、大人になるとそれはそれはやっかいな人間になる。


ではまず、そういう「毒親」に育てられた男性の特徴をあげていきます。

・一見、母親と仲が良い

いい年してまだ母親にコントロールされている。通常、マトモな成人男性はそんなに母親と交流しない。それが、外から見てもわかるくらい母親との交流が密な場合、それは仲が良いのではなく、互いに親離れ・子離れができてない証拠。

・批判に対して過剰反応する

親から認められず育った男は、ほんのささいな注意にも過剰反応して怒り出す。もともと自己評価が低いのでこれ以上貶められるのが我慢ならない。

・いい人だと思われたがる

親から十分な愛情を受けていないので他人を愛する能力がない。だから、行動ではいろいろといい人アピールをするんだけど、カタチだけで心がともなっていないのでどこかウソくさくなってしまう。

・他人をやたらこきおろす

基本的に自分に自信がないので、常に身近な犠牲者を必要とする。特に、慕って寄ってくるような人はまさに絶好の餌食となる。相手が抵抗できないのをいいことに徹底的にこきおろし、安心感を得ようとする。

・他人をやたら崇拝する

前項の逆だが、基本構造は一緒。自分に自信がないので自分より「はるかに」優れた人には過剰な敬意を示す。逆に、自分より「ちょっと」優れた人のことは我慢ならない。

・相手への愛情を試す

確かな愛を持ったことがないので、目の前にいるその人が本当に自分を好きかどうかわからない。だから、過激な「オーディション」をして愛情を試そうとする。だけど、そんなものについていける人はそういないのでマトモな人は自然に離れる。残っていくのは病んだ人か営利目的の人ばかり。

・執念深い

夜中に彼女を叩き起こし、明け方までネチネチ小言を言ったりする。何年も前のことをしつこく覚えており、ことあるごとに責め立てる。

・何人も女をつくる

根底に常に不安があるので、ひとりの女性では安心できない。そしてそれを正当化する。なぜなら自分は環境の犠牲者だと思っているから。


・・・とまあ、残酷なことをいろいろ書いてまいりましたが、この「毒親育ち」、実は男よりも女のほうがずっと多い。

ここ数年、有名人が次々と「毒親育ち」をカミングアウトしてるけど、毒親育ちでよじれた人ってビックリするほど世間には多い。

だけど誤解しないで欲しいのはこれ、当人のせいではないということ。しかし、このままでは当人も周りの人も幸せにはなれないのも事実。

ただ、中には「毒親育ち」でもそれを乗り越え、幸せな結婚をしている人もいる。そして、それはパートナーの手によって具体的なサポートをすることもできる。


以下、「毒親育ち」のパートナーが心の健康を取り戻す方法を書いていきます。

・親と距離をとらせる

これ、必須。特に、毒親が未だ健在でパワーを失っていなかったりする場合はマスト。悪影響のないところで適切な水や肥料をやれば復活するのは植物と一緒です。

・受け入れる

甘やかすのとは決して違う。ただただ、彼のすべてを受け入れる。ようするに子供の頃、幼い自分を受け入れてくれる人を持てなかったところから彼の悲劇は始まっている。だから、アナタが親のように彼が怒鳴っても暴れても動じずその場に凛としていれば、「ああ、この人は逃げないんだな」とだんだん相手は落ち着いてきます。

・「自分が毒親育ちである」という事実を彼に自覚してもらう

「毒親育ち」であることでいちばんつらいのは本人。だから、子供の頃、自分の身になにが起こったのか、それを自覚するところから解決への道がひらける。「自分は毒親育ちなのだ」と自覚し、どうすれば成長できるのか(毒親育ちは心のいろんな部分の成長が幼少期で止まっている)、自分の頭で考えたり気をつけたりしてくれるようになればしめたもの。

ちなみに「毒親育ち」は同じように「毒親育ち」を引き寄せることが多いので、もし自分が引き寄せてるなー、と思ったら、まずは相手より自分のことを振り返ってみたほうが早いかも知れない。

で、ちょっとでもそのへんが改善できると確実に波動がかわる。そして、それまでとは違ったタイプの安定した人と出会えるようになるのだ。

すっごい難しい問題だけど、やってみる価値はある。

ーー引用はここまでーー





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/288-0cc8e38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。