これぞ、ショックドクトリン!

ここでは、「これぞ、ショックドクトリン!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople



ご存知の方もあると思いますが、政府は過去に鳥インフルエンザ用ワクチン(タミフル)を大量に購入して、その過剰在庫が膨大なものになっていました。

そのワクチンの使用期限が7年と言われていたのに、最近になって政府は、10年間は大丈夫だと言い出し、その大量の在庫分を利用する腹づもりだと分かりました。

当初の予定では使用期限が切れたものは処分される筈でしたが、それを再利用(中古のクスリも含めて、合計5420万人分ものタミフルを備蓄)しようと言う訳です。それは何故か・・・? それこそが、次なるショックドクトリンへの道筋になっています。



それが予測されるのが、今後、急速に危機が訴えられるであろう、「鳥インフルエンザ(H7N9)ウイルス」のことです。

このウイルスに関しては既に、「Yahooニュース」で、下記のように報じられています。


ーー引用はここからーー

中国で人への感染が広がった鳥インフルエンザ(H7N9)ウイルスに対し、すべての年代の日本人に免疫がないことが東京大と国立感染症研究所などの研究でわかった。

日本に上陸すると被害が大きくなる可能性が高いことを示す結果で、11日付英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

2009年に世界的大流行を起こしたH1N1型ウイルスに対し、中高年以上の人はある程度の免疫を持っていた。ところが研究チームが、10~12年に採取された血液を使って日本人の免疫を調べたところ、0歳代~90歳代の500人全員がH7N9型に対する抗体を持っていなかった。

また半数が死ぬ量のウイルスをマウスに感染させて抗ウイルス薬を投与する実験では、タミフルやリレンザ、イナビルを投与されたマウスは、死ななかったものの体重が2~4割も減少。

人でも効きにくいかもしれないことを示す結果となった。承認申請中の新薬T705を投与されたマウスの体重は減らなかった。

チームの河岡義裕・東大医科学研究所教授は「09年のH1N1型は、成人に多少は免疫があったので重症化する人も限られていた。H7N9型に対しては誰も免疫がないため、重症化する恐れがある。

秋以降、また人への感染が起こるかもしれないので、注意深く状況を調べる必要がある」と話す。

ーー引用はここまでーー



どうですか。完全な脅かしの内容です。現在、風疹の流行は下火になっているにも関わらず、NHKなどは依然として風疹に注意が必要だと言って、盛んにワクチンの接種を勧めています。

当然ながら、政府や厚労省、医療関係者の思惑を受けてのことでしょうが、国民を恐怖に陥れることに手を貸していることは間違いありません。

こうした政府のショックドクトリンの手口について、飯山一郎氏はご自身のサイト「飯山一郎のLittleHP」で、下記のように警鐘を鳴らしておられます。



ーー引用はここからーー

さて、近々、つーか近未来において…、
厳重注意! 高病原性インフルエンザが日本に上陸!」
といった“ショック・ドクトリン”が大々的に実行されるでSHOW!

それは…、
マスコミを総動員しての大キャンペーンで、日本中が大騒ぎになり、その結果、本当の危険情報や真実情報が隠されます。
もっと言えば…、
これから死んでいく日本人の死因は、鳥インフルエンザ!鼠~ことになります。

そーして、前もって準備された大量のタミフルが、全国的に大々的に供給されます。「予防」のために、と…。
「キャンペーン」は、すでに鹿児島県では始まってます。

まぁ、何事、警戒することは、悪いコト蛇~あ~りません。
「鳥インフル警戒始まる 鹿児島県内」と南日本新聞も報道し…、
“警戒”の理由として「鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が中国で拡大していることを受け…」と書いてます。

で、その「中国で拡大している鳥インフルエンザ」の記事には、「中国本土での感染者は計133人、死者は43人」。
「随分と弱いウイルスです!カクテルウイルス(人造)でしょ!」 と、鷲の中国の友人は笑ってました…。
「日本のほーが、針小棒大だネ!」 と言いながら…。
「中国の鳥インフルエンザは“失敗したショック・ドクトリン”だ」とも。

しかし、日本では、そーはイカないでSHOW!
厳重注意! 高病原性インフルエンザが日本に上陸!」
このニュースにショックを受けたタコ達が、厚労省やテレビや医者が言うことを信じきり、タミフルを処方してもらうために長い行列をつくるでSHOW!
警戒!

鷲が、家族、友人、同志に言っておきたいことは…、
オドシには のらない!
鼠~こと。
天然、人造、どんなウイルスであれ、免疫力をつけておけば、一切全く何も怖がらなくてEー!つーこと。
な?分かっただろ!ワハハ。
しっかし、それにしても…、
「備蓄用タミフル 使用期限3年延長 厚労省」
この記事↑は、厚労省の役人と製薬会社の策略がミエミエ!鼠~だけではなく、やっぱ、日本人が大量に死ぬのを望んでいる勢力がいるんだ罠ーー!と思わせるに充分な情報だった…。
あ、鷲が昔に書いた…、
『危機管理の第一歩!』 と、
『インフルエンザ・ウイルスを完全に撃退する方法!』 と、
『権力の黒い策略。危険なタミフルが…』 は、
是非とも再読・熟読しておいて猪ー大寝!>皆の衆

ーー引用はここまでーー



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/281-1716c1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。