薬を何時まで飲み続けるのですか・・・?

ここでは、「薬を何時まで飲み続けるのですか・・・?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

薬

あなたは風邪を引いた時に市販の風邪薬を飲んだり、病院で処方された薬を喜んで飲む方ですか? 

そうした薬を飲んで、熱が下がったり、頭痛、セキ、鼻水といった不快な症状が消えてくれれば「ああ、治った」と言って安心されますか?

勿論、症状が和らいで日常生活に支障がなくなることは結構なことです。ですが、忘れてはいけないのは薬は全て「毒薬」だということです。

どんな薬でも、毒を持って毒を制すという考えで作られていますから、必ず何等かの副作用が伴います。中には長期に亘り身体に残留して、悪影響を与える薬もあります。



ところで、風邪を引くと熱が出ることが多いのですが、それは身体に取って悪いことではありません。発熱を始め色々な症状は、病気を治すための大事な仕組みだからです。

例えば、39度や40度といった高熱が出ると、ウイルスや細菌の繁殖を抑えることができると言われています。また、高熱状態の方が、ウイルスや細菌を取り込んで殺す働きを持った酵素を活性化させるわけです。

ですから、人間の身体は熱を出すことで病気と闘っているわけです。それなのに、熱を下げたいと解熱剤を飲んだらどうなるでしょうか・・・。



要するに、解熱剤で熱を下げるということは、熱を出すことによって病気を治す仕組みを壊すことになってしまいます。

一般に、解熱剤というのは、脳の体温調節中枢などに働いて発熱を抑えるなどの作用を持っている薬ではありますが、ウイルスや細菌を殺すわけではありません。

そう考えますと、解熱剤で熱を下げると言うことは、逆にウイルスや細菌を繁殖しやすくする結果になると言えます。

ですから、その熱によって、もっとヒドイ状態にならないと分かった場合には、むやみに解熱剤を飲む必要は無いことになります。



風邪に限らず、下痢嘔吐などもよく体験する症状です。通常の下痢は、大腸で水分を吸収することが出来ず、小腸から肛門まで一気に排泄が進むことですが、これは細菌や異物など体内に留めておくと良くないので、排泄するという身体の自浄作用の一つです。

また、吐き気や嘔吐は胃の中に入った細菌や毒素などを体外に出すという身体の自浄作用です。

ですから、こうした身体の正常作用を止めようとして、下痢止め吐き気止めの薬を安易に使うことは、折角の正常作用を邪魔していることになります。

そればかりか、これらの薬を飲むと、それが刺激になって、再び下痢や嘔吐を発生させることも少なくないようですから、やはり、薬に頼らないことが大切です。



ところで、この「薬」に関して現役の医師である、崎谷博征医師(崎谷研究所)は下記のように語っておられます。(崎谷博征医師のメルマガより)


ーー引用はここからーー

薬は『症状』を抑えますが、
『病気』を決して治しません。

『身体を治そうとする身体自身のプロセス』
を抑えて、

『体中で増える細菌』
は野放しにします。

例えば、解熱剤です。

もしあなたが熱が出るのが気にいらない、と
解熱剤を飲んだら白血球は効率的に仕事が
できなくなります。

そうすれば体内に侵入したウイルス、バクテリア
などはどんどんと繁殖してしまう事になります。

それらが繁殖し過ぎると最終的にあなたは
死にます。感染死します。

なのであなたの体は何としてでも発熱を
しないといけない、と反応します。

しかしあなたは解熱剤を飲んで、それを
邪魔しようとします。しかし体は何としてでも
熱を出して侵入者を殺す必要があります。

脳に危険が出るくらいマックスの力を
出してでも熱を出そうと試みます。

そうしないと死ぬからです。

脳がダメージを受けてでも感染死を
防いで生き伸びようとするのです。

なぜなら『生存』が最も高い優先順位だからです。

結果、解熱剤を飲んだ事が原因で
脳に障害が残るというのは充分にありえる話です。

放っておけば、体はうまく調整してくれます。

喉も乾いてきますので、水をゴクゴク
飲みたくなります。

水を飲んだら、汗を出して体温を調節します。

そうやってうまく体は全てを調節しているのです。

生きる為に必要な事を全て自動的に行って
くれているのです。

これはあくまで解熱剤を例とした、
1つの例にしかすぎません。

しかし、殆ど全ての薬はこれと同じです。

身体の機能を強制的にオフにする事で、
一時的に楽になったように感じさせるだけなのです。

『3階で火事が起きたせいで火災報知機が鳴り響いて
うるさい。だから電池を外して静かになった。
めでたしめでたし。』

薬を飲むというのはこれと同じです。
『電池を外す』のが薬を飲むという行為です。

例え電池を抜いて火災報知機が止まっても
3階の火事は続いていてやがて
あなたの部屋に火が及びます。

逃げなければ焼け死んでしまうだけです。

薬を飲んで症状を抑えても、
『病気』は進行しています。

むしろ『症状』という名の治るプロセスを
抑えてしまっているので、本来よりも
ずっと酷くなる可能性が高くなります。

『薬を飲む』というのはそれだけ危険な事、
この事実をはっきりと教えてくれる人が
世の中にどれくらいいるのでしょうか?

そんな危険な事が当たり前のように
行われているのが『医療の現実』なのです。

長くなってしまいましたが、
私が薬を『毒』といった理由が
理解して頂けましたでしょうか?

風邪薬も、精神薬も、抗がん剤も、
『薬』と名の付く物は99.999%同じです。

病気の根本的な理由は無視し、
『とりあえず良くなったように見せかける』
以外の効果は一切ありません。

私たちが一生を通じて健康に生きる為には、
1万年前の私たち人間全てが持っていた
『本物の自然治癒力』を復活させるしかないのです

ーー引用はここまでーー



ところで、薬の副作用のことですが、これまでに薬の副作用によって大きなトラブルになった例としては、睡眠薬として開発され、日本では胃腸薬としても用いられた「サリドマイド」によって、アザラシ状奇形児が沢山誕生しました。いわゆる「サリドマイド事件」です。

消毒剤として開発され、整腸剤として多く用いられた「キノホルム」による「スモン病」(手足がマヒし歩行困難に陥ったり、全盲になるケースも)が発生しました。これも大きな社会問題に発展しました。

実は、サリドマイドにしてもキノホルムにしても、使用されていた時には、安全だと信じられていた薬です。ですから、今あなたが安全だと信じて飲んでいる薬にしても、これから大変な副作用が発生しないという保証は無いということです。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/275-c1f89964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。