ブラジル産の肉を食べないブラジル人・・・?

ここでは、「ブラジル産の肉を食べないブラジル人・・・?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

ブラジル

私は肉食をしませんので、食肉のことには疎いのですが、それでも食肉関係の生産、流通、販売の現場では相当にヒドイことが行われていることを耳にすることがあります。

特に輸入食肉に関しては色々と問題が多いようです。これまでにも牛肉の狂牛病騒ぎが何度もありましたからね。飼育の段階で成長ホルモン剤が使われたり、抗生物質などが多用されていますし、飼料にも問題があるようです。

しかし、政治的な圧力などで、日本へはこうした危険な食肉が各国から輸入されています。特にアメリカからは価格が安いということで、安全性を後回しにした食肉が多量に輸入されるようになりました。



それらが、スーパーや食肉店の店頭で目玉商品として売られています。また食肉加工食品にされたり、レストランや焼き肉店、牛丼店などの飲食店で盛んに利用されています。

最近の日本では、物の値段が安ければいいとする風潮があるようで、食肉についても安いからという理由だけで消費者に歓迎しているようです。

口に入れる食料品は直接、健康の関わるものですが、どうやら、そうしたことは忘れ去られているようです。まあ、ご本人がそれでよしとしているわけですから、仕方ありません。



ところで、アメリカ産の食肉は先ほども言いました、成長ホルモン剤や抗生物質が多量に使われているわけですが、それ以上に危険な食肉はブラジル産の輸入肉だそうです。

その実体について「九天玄学会 Blog」では下記のように記しておられます。


ーー引用はここからーー

(前略)次はブラジル産について。

ブラジル産の鶏、豚、牛肉はとにかく安い。

あのミートホープも豚肉以外に一番安いブラジル産の鶏肉を混ぜて牛肉と偽って売ってたくらいだ。なんといっても地球の裏側からの輸送費を含んでも安いのだから輸送費を引けば、もうタダ同然の肉である。

00年か01年のはじめ頃にアメリカは

「ブラジル産は毒肉だからもう絶対に食べないぞ~!」
と言い出して輸入を禁止してしまった(その後どうなったん?)

ブラジル産は大量の抗生物質と成長ホルモン剤などの化学物質で汚染された毒肉だったので、毒肉を作っているアメリカからも毒肉呼ばわりされてしまった(笑)

そして、アメリカが毒肉を買ってくれなくなったもんでブラジルは困り果ててしまった。

「どうするよ?この大量の毒肉?
オレたちだってよ
こんな毒肉を喰うくらいなら死んだほうがマシだぜ!
よし!日本に売ろう! 
やつらは馬鹿だから絶対に買ってくれるぜ!」

こうして日本の多くのファミレスなどでは
「ブラジル産ポーク使用」「ブラジル産チキン使用」
などと表示されたメニューを目にすることになった(笑)

そのメニューを見て
「へえ~ブラジル産だって!
わざわざ地球の裏から運んで来るんだからよっぽど美味しいんだね!」

しかし現実は、地球の裏からの運賃を掛けても安く、現地人は絶対に食べないほどの汚染物質と同等の毒肉なのだ。

今でも外食産業のメニューで見かけるが、それ以上にブラジル産が輸入されている理由は産地表示の義務のないハンバーグ、ソーセージ、ハム、肉ダンゴ、肉饅、カップ麺のスープや具材、レトルト食品などなどの加工食品で使われているからだ。日本には、ブラジル人も絶対に食べないブラジル産であふれている。(後略)

ーー引用はここまでーー



あなたは、この内容をどう見ますか? 私には上記で言われていることが間違い無いことなのかどうかは、分かりません。

何故なら、その記述に一切の証拠となるようなものが表示されていませんからね。単なる、うわさ話に過ぎないかも知れません。

ですが、客観的に考えて、何故、ブラジル産の食肉がそんなに安価で輸入できるのかを考えますと、その裏に良からぬことがあるのは容易に判断できます。



そうした食肉を安く食べられるという理由だけで、喜んで口に入れている日本人の多くの健康はどうなるのでしょうか・・・。

成長ホルモンを投与された肉を食べると、さまざまなガン、特に男性は前立腺ガン、女性は乳ガン、子宮ガンなどに侵されやすくなる、と言われています。

また、抗生物質を投与された肉を食べると、まず免疫機能が落ちて傷が治りにくくなる。抗生物質も効かなくなるので手術が成功しても傷口が膿み敗血症になったり、院内感染で他の病気にかかったりして死にやすくなる、などとも言われています。



尚、上記の記事に対して、ブラジル人のベジタリアンの方が下記のようなコメントを寄せておられるそうです。

『この問題は本当に問題だ!私はブラジル人ですが、日本ではブラジル産の肉は食べない。どこの肉も食べないのですけどね。だって、私はベジタリアンですから。

でも、ブラジルの鶏肉が安いのには「モンサント」が関わっているのを知っていましたか?そうなんです。大量に栽培されている遺伝子組み換えの大豆やトウモロコシが餌として使われているのです。餌代を安くして、ホルモン剤を大量に使って、大量の抗生物質を使って、安く作っているのです。

勿論これはブラジルだけの問題ではない。日本でも宮崎産の鶏肉は同じような感じでした。鳥インフルエンザの後は少し変ったようですが...何が安全か分からないなら、食べないのも一つの選択です。』



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/270-11958246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。