自尊心について

ここでは、「自尊心について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

自尊心

昨日は、かねてより予約を頂いていた外国人の旅行者指圧の治療にお出でになるので、約束の時間に待っていたのですが、20分以上が過ぎても何の連絡もありませんでした。

彼等は名古屋にある旅行代理店からの紹介で、既に治療代金も前払いして頂いていましたので、電話の来るのをヤキモキしながら待っていたのですが、一向に連絡がありませんでした。

通常、どなたでも初めての時は私が駅まで迎えに行くことになっており、駅に着かれたら電話を頂くことにしているんです。この外国人にもその旨、旅行代理店を通してお伝えしていたのですが・・・。



彼等は4人で来ることになっており、前半二人、後半二人の治療を続けて行うことになっていました。で、かれこれ30分近く経って、ご夫妻が慌てた様子で直接お出でになったんです。

どうやら、携帯電話を所持しておられなかったようなんです。それで自分達で何とか探してお出でになったので、随分と時間が掛かったようでした。

外国人の場合には、こうしたケースが良くあるんです。携帯を持っていても日本では使えない機種を持参されることもあり、彼等のように何とか探し当ててお出でになる方も結構あります。



お出でになるまでは、4人の間柄は分からなかったのですが、ご夫妻と大学生ぐらいの娘さんが二人でした。カナダのトロントから2週間掛けて日本を巡って来られたそうです。昨日はその最後の日だったわけです。

大概、海外からの旅行者の場合は、離日する前日に指圧治療にお出でになる方が多いようです。幸い、彼等の治療も無事に終わり、皆、喜んで帰って行かれましたので、やれやれでした。



ところで話は違いますが、今日はちょっと堅苦しい話題ですが、「自尊心」に付いてです。一般に自尊心と言いますと、自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド、などと解釈されています。

また、一人一人が自尊心を持つことが大切だと教えられています。が、果たしてそうなのでしょうか・・・。実は、地球人の一番の欠点は、我が強いこと、自尊心・自惚心(うぬぼれの心)が強いこと、だと言われています。

そうした心が強いために、折角、優良な星に棲んでいたのに、宇宙の厄介者として地球という宇宙の牢獄に下ろされ、その我欲の心を矯正することを命じられたのが、地球人だと言われています。



それなのに、私たちは未だに自尊心を持てだの、自尊心を育てろなどと、あたかも、それが正しいことのように捉えられ、強要されているのが現状です。

この「自尊心」に関しては、昨日も紹介しました『魂の法則』の中でも実に分かり易く回答されていますので、下記に紹介いたします。


ーー引用はここからーー

質問:自尊心の問題に戻りますが、自尊とは何で、どういう顕れ方をするのでしょうか。

回答:自尊心の強い者の最大の問題は、他者に感謝されなかったり、利己的に振舞われたり、愛してもらえないことを、なかなか受け容れられないことだ。特に、愛情の絆を築いてしまった場合は、そうすることが難しい。

 気位の高い者は、自分を愛してくれる者は容易に愛せるのだが、自分を愛してくれない者を愛すことがまだ難しい。そのため、自分が好きな者を在るがままに認めようとはせず、その美徳にも抵抗があるが、特に欠点は認めがたい。

また、自分の考えが間違っているかもしれないと認めるのが、本当に難しい。

報われない愛、すなわち、どんなに愛しても利己的な態度を改めてもらえないことが、我慢できない。両親・兄弟・伴侶・子どもなど、非常に身近な家族の場合は、特にだ。彼らを変えようと自分が努力して変化を期待するのだが、何も変えられないと絶望し、気落ちして怒ったりする。

思いやりのあるちょっとした態度を示されると意のままになるのに、操られていたと気づくと激怒し、その人に恨みを抱く。

表面的には自分の行為の代償は求めていないが、感謝されなければ、例えば、相手を助けようと一生懸命やったのにその代わりに殴られたりすると、気持ちをどう整理していいのかまだ分からない。

そのため、気位の高い者が感謝をされなかったり、失恋したりという目にあうと、自尊が次々に形をとって顕れる。感情を害されたり傷ついたりすると、自分の殻に閉じこもり、人間関係から孤立する。そして、怒り・憤り・無気力・意固地・恐れ・罪悪感が目覚める。

自分の奥深い感情を傷つけられるのが怖いので、気持ちを表現するのを恐れ、感情や情緒を隠そうとする傾向がある。憐れみの対象になりたくないので、否定的な感情は抑圧し、弱みにつけ込まれ傷つけられるのが嫌なので、他人に弱さを見せようとしない。一方、見栄っ張りな人達の嫉妬を買って睨まれたくないので、肯定的な感情も抑制する。

肯定的な感情を抑制しがちなことで、彼らは不幸な気持ちになる。

否定的な感情を抑圧したり隠したりして黙って耐えると、突発的に、激怒・憤り・怒りなどが爆発してしまうが、その後で罪悪感を覚える。

人を信用せず、いかなる問題も自分だけで対処できると思い込む態度が、最も他の人達から孤立させることとなる。


質問:自尊心が最も有害な形で顕れるとどうなりますか。

回答:自分には、真に愛されたり愛を受ける価値がないと信じ込んで、愛すことも無意味だと思うようになる。これは、自分自身で孤立してしまう態度で、寡黙で無気力、臆病、陰気、憂鬱で怒りっぽく、生きる気力のない人へと変貌させてしまうこともある。

前に、虚栄心の強い者は愛されてもそれを評価できないと言ったが、自尊心の強い者は、愛されることを拒んでしまう。だから、どちらの理由であろうと、その人達は欠点のせいで、愛されていても愛されていると感じられないのだ。

虚栄心の強い者は、愛情を受け取るよりも、自分の我欲を満たしてもらうことに夢中だからだ。そして自尊心の強い者は、傷つけられるのを避けようと自分の殻に閉じこもってしまい、どんな愛情ですら受け取ろうとはしないからだ。

それは子どもの時から、僅かな注意を引くために、あらゆることをする必要があったためかもしれない。だから、もっといいことはないし、在るがままに愛されることもない、と自分を納得させてしまったのかもしれない。

そしてどうなると思うかね? 自分が何をするかに関係なく、無条件に在るがままに愛してくれるという人が現れると、驚いて自分の内に隠れてしまうのだ。ただ単に信じられないので、拒絶してしまうのだ。

「僕を利用しようとせずに、愛してくれるなど信じられない。これはきっと罠に違いない。受け入れようと心を開けば、きっとグサッと刺されて、もっと苦しむに違いない。だから心を開く甲斐はない」と思うのだ。

こうして幸せになるために必要とされるものがあり、それを評価できるにも関わらず、気位が高いとそれを拒んでしまう。そして、苦しみたくないと苦悩し、感情を優先しなかったことで苦しむ。

ーー引用はここまでーー



近年、「うつ病」などの精神疾患を患う方が非常に増えているようですが、その根本原因として、この自尊心の問題があるように思います。

自分を大切にし、同時に他も大切にするという意味での自尊心であれば問題がないのでしょうが、間違った自尊心や自惚れ心の発露が自らを苦しめて、うつ病などに罹るのではないかと考えます。、

では、この私たちの一番の欠点である「自尊心」を克服するには、どうしたらいいのでしょうか。上記の回答者は下記のように述べています。



『虚栄心の場合と同じで、最初の一歩は欠点を自覚することで、その次は態度を是正することだ。

欠点を認識してそれがどのように具現するかの知識を得ただけでは、その出現を防ぐことはできないが、認識できさえすれば、人生で決断を下す際に、自尊心に従った行動を回避する助けにはなる。我々が心が命じるままに決断するとしたら、自尊心は徐々に弱くなり、最終的には制覇されるだろう。

自覚すると、自尊心とは何か、自分にどのように顕れるか、何がそれを増長させるのかを深く知ることに繋がる。

自尊心は、恐れ・不信・自己充足から発展し、孤立や感情の抑制という形態で出現する。自尊心は、魂の感受性にとっては鎧のようで、難攻不落の城壁のごとく魂を取り囲み、感情の出入りを妨げる。それゆえ、この鎧を剥ぎ取る努力をせねばならない。

気位の高い者が自尊心を克服するために最初にするべきことは、自分には愛される資格はないし本当に愛してくれる人に出会うこともない、という思い込みから自由になることだ。

真の相思相愛を求める者は、遅かれ早かれそれを見つける。似通った魂はお互いを探し求めるし、出会った時にお互いが分かるからだ。

だが、悪いことから身を守ろうとして扉をピッタリ閉じてしまうと、固く閉じ過ぎたがために、善いことも経験できなくなるので、辛抱強い揺ぎない努力が必要だ。危害が及ばないように慎重になるのは良いが、感情を放棄しては駄目なのだ。

忘恩を忘恩で返したり、憎しみを憎しみで、恨みを恨みで返すのも良くない。我々を苦しませることは、他者をも苦しませるからだ。感受性が発達して苦悩をより良く理解できた者は、自覚がないままに苦痛を与える者よりも、苦しみを生み出す責任が重い。

すでに言ったが、繰り返しておこう。君たちは独りではないのだ。我々は一人残らず全員が、神や守護霊やその他無数の霊的存在や友人、そして肉体の有無を問わず霊的な家族に、深く愛されているのだ。

しかもそれだけではない。つまり 君たちの一人ひとりには、魂の伴侶である双子の魂が存在し、それを介して、純粋な無条件の愛の目覚めを体験するのだ。ただ、そのことを自覚すればいいだけなのだ。

また、自分を傷つけた恩知らずでも、赦すことを学ばねばならない。気位の高い者は、まだ気づけていない者を理解する力があるので、かつては自分も同じ状態であったと認識すべきなのだ。

同時に、本当の自分自身になる恐れを手放さなくてはならない。

口では愛していると言いながら、従わせたいだけの人が仕掛けた罠からは自由にならねばならないが、反対の道を選んでもいけない。つまり、苦しみを恐れて、人間関係で孤立するのも良くない。

愛して欲しいと望むのは悪くはないが、皆の愛の能力が同じではない、と知っておかねばならない。報われたいがために、親族だからとか一緒に暮らしているからという理由だけで、相手に自分と同じ強さで、愛したり尊重してくれるように要求してはならない。

愛情がない場合に、もっと責任が重いのはどちらだろう? 愛すことを知らずに愛さない者(虚栄心が強い者)か、それとも愛せるのに欠点のためにそうしない者(自尊心の強い者)だろうか。

自己の自由意志を放棄してしまうことになるのであれば、他者を喜ばせるために過大な努力をしないことも大切だ。相手のまだ目覚めていない感情を覚醒できると信じて、報われないのに過剰な努力をすると、いずれ失望や悲しみ、幻滅や苦々しさ、怒りや無力といった形のつけを払わされる。

すでに言ったが、真の愛は、何の見返りも期待もせずに無条件に与えるもので、お返しする気のない人や全く与えることのできない人に、愛を強要できないのだ。』



この回答も実に含蓄に富んだものです。何度も読み返し、自らの心の有り様を見直してみる必要があります。唯一つ、ちょっと頭をひねるような表現があります。

それは、「君たちの一人ひとりには、魂の伴侶である双子の魂が存在し・・・」と表現されているところです。この双子の魂というのは、肉体が全てと思っている者には理解できにくいところがあります。

見方によっては、自分の魂の他に同じ魂が存在するかのようにも考えられるからです。ですから、この辺りの表現は余り細かく考えないで、軽く流しておいた方がいいように感じます。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/257-016dc965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。