経絡の肝経・胆経について

ここでは、「経絡の肝経・胆経について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

経絡

ご存知のように、肝臓は最大の臓器であるために、少々異常があってもなかなか症状が表れません。「沈黙の臓器」とまで言われています。ですが、その肝臓や胆のうが何処にあるのか分からないと言う方も結構おられます。
 
肝臓は右の季肋下(右の肋骨の下縁部分)にあり、胆のうは肝臓の下にある、親指大の臓器です。「肝胆相照らす」という言葉がある通り、胆のうが悪いと必然的に肝臓も悪くなります。

 
一般的には、肝臓は体内に入ってきた毒物を解毒したり、皮膚と共働きして体温を調節したり、身体のどこかに栄養の足りない所ができると、そこに栄養を補給したりします。また胆のうは、肝臓の付属器官ですが、胆汁という消化酵素を腸内に分泌して、腸内の食物を殺菌消化する役目があります。



東洋医学の基本である経絡(エネルギーの流れ)で考えますと、肝系・胆経という呼び方をします。「肝系」は栄養を貯蔵し、身体活動のエネルギーを確保し、抵抗力を養成します。また血液の補給、分解、解毒などを行って活力の維持につとめています。

この肝系が「虚(きょ)」の場合(エネルギーが不足した状態)は、全体的に疲労を感じたり、精力が減退したり、肝機能の低下をみます。また、食欲不振にも関係しています。

更に、精神的な面から見ますと、氣力がない、気分がイライラして焦燥感がある。腹が立ちやすく短気で、無理が続かない。神経がぴりぴりして雑音が気になる。肥れない、癇癪を起こして取り越し苦労をする。

身体的には、関節に力が無く、ガクガクする。体力の現界で疲れ切っている。めまいがして、躓きやすい。眼が疲れて、物が黄色に見える。解毒作用が衰えて、毒に当たりやすい。筋肉がこわばって、動作がぎこちない。精力減退、性生活不能などがあります。



反対に肝系が「実(じつ)」の場合(エネルギーが過剰になっている状態)は、無理を続けた結果であり、腹が立ちやすかったり、暴飲暴食をする。腹筋が硬直、仙骨・尾骨の痛み、ゼイゼイする咳などがあります。

精神的な面から見ますと、まめで、やたらに働く、ガンコで負けん気が強い、気ぜわしく働きすぎる、感情が高ぶって大声をあげる、抑えていた感情が爆発する、とにかくよく食べよく働く、などがあります。

身体的には、無理をして疲れが溜まっている。暴飲暴食、頭痛、消化不良、運動不足、貧血による立ちくらみ、原因不明の高熱、悪寒、セキ。肝機能障害、門脈の鬱血による痔、脱肛、前立腺肥大、睾丸がつれたり腫れる。婦人科生殖器の腫脹。アルコールの飲み過ぎ、などです。



次に「肝系」と対をなす「胆系」ですが、こちらは栄養の配分を司り、消化腺に関係する内分泌(胆汁、唾液腺パロチン、胃腺ガストリン・セクレチン、膵臓インシュリン、腸腺ホルモンなど)の働きにより、全体のエネルギーのバランスを調整しています。

この胆系が「虚」の場合は、ガッカリした。眼が疲れる。眠りが浅い。気疲れ。脂肪の消化が悪い。化膿しやすい、などがあります。

これを精神的な面から見ますと、感情興奮により気を使いすぎた。緊張が続いたあと、ガッカリした。気が小さくてビックリする性質(胆力がない)。眠りが浅い。疲れて、やる気がなくなる。

身体的には、眼精疲労。疲れでガッカリする。栄養は分の不良で疲れが溜まる。視力が弱ってくる。胆汁が少なく、脂肪消化が悪く、下痢または便秘になる。目がかすむ、目やにが溜まる。血色が悪く貧血。余り食べないのに太る。太っているのに疲れ易い。胃酸過多症、など。



一方、胆系が「実」の場合は、無理をした疲れ。気迷い。眼の使いすぎ。関節が固い。胃酸過多。タンがからむ。肩背のコリ、などがあります。

これを精神的な面から見ますと、気を使いすぎて疲れた。無理をして来た。小さなことにもクヨクヨしやすい。イライラして腹が立つ。気ばかり焦り、せわしく食事をして落ち着かない。眼の使いすぎで眼がつかれている。

身体的な面では、寝不足で目が疲れる。胃が抑えられ、張ってお腹がすかない。目がかすむ、目が痛み涙がでる、眼圧が高い、眼瞼が震える。手足がこわばる。全身的に筋肉が固い。肋間神経痛。口がにがい、胸焼けがする。胆石、胆道けいれん。季肋部が張る。肩こり、頭痛、便秘。タンが溜まりやすい、ノドが痒く、咳がでる。甘い物が好き、など。



上記の症状などの自覚のある方は、指圧の全身治療を受けられると体質改善に役立ちます。また、運動不足にならないように、よく歩いたり、筋力運動などを行うことが大切です。

その上で、暴飲暴食は避け、早寝早起きを実行して、和食中心で小食にすることも必要です。また、免疫力を高める植物由来の乳酸菌や発酵食品を常食することは、言うまでもないことです。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/235-49396976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。