褌(ふんどし)について

ここでは、「褌(ふんどし)について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

褌

近頃は、日本の「褌(ふんどし)」が若者達にも見直されているようですね。男性だけでなく、女性の間でも話題になっているようです。

私はこれまで、日本伝統のを締めたことはありませんが、父親は生涯の大半を褌で過ごしていました。夏場などは上半身裸で、下は褌一丁で夕涼みをするのが常でした。

これは父親に限ったことではなく、戦後も日本人男性の多くがこうしたスタイルで過ごしていたものです。それが何時の頃からか、西洋のパンツやトランクス、ブリーフなどが普及して、褌を締める方が少なくなりました。



そもそも、褌(ふんどし)は、日本の伝統的な下着であり、大体は帯状の布を身体に巻き付けて身体後部で完結するものと、紐を用いて輪状として用いて完結するものに大別されています。同じようなのものは世界各地域でも見られます。

「褌」の漢字は「衣」偏に「軍」と書くように、戦闘服に由来するとのことです。昔は布が高価であったことから、戦国時代では戦死者の身分は褌の有無で見分けを行っていたそうです。

当時は麻が主流だったようですが、江戸時代に入り木綿に代り、武士の他に一般庶民にも普及するようになったといわれています。一部の上流階層は縮緬(ちりめん)などを用いていたようです。



ところで、褌の種類には下記のように色々ありますが、私の馴染みのある名前は、越中褌(えっちゅうふんどし)と、六尺褌(ろくしゃくふんどし)です。父親が締めていたのは越中褌でしたが、六尺褌は海水浴や祭りの時などに良く見られました。

1.六尺褌:長さ約180cm~300cm程度、幅約34cm~16cmのさらしの布を用いた日本人男性用の下着。臀部が露出していることに特徴がある。現在では、下着に用いられるよりも、主に祭事や水着などで使用されることが多い。




2.越中褌:長さ100cm程度、幅34cm程度の布の端に紐をつけた下着。一部では和製英語のクラシックパンツ、サムライパンツとも呼ばれている。医療用の下着であるT字帯も越中褌の一種。禊の時に使われる場合が多い他、一部の裸祭りでは六尺褌に代って、こちらが使われる場合がある。




3.畚(もっこ)褌:長さ70cm程度、幅34cm程度の布の両端に紐を通したもの。土木工事等で土を運ぶ畚に形状が似ているためこの名がついたといわれる。歌舞伎の女形は、普段から、これを着用しているそうです。


4.廻し:日本の国技・相撲や一部の裸祭り、奉納相撲に使われる特殊な褌。色・材質・締め方が他の褌とは異なる。

廻し


5.締め込み:福岡市博多区で毎年7月に行われる博多祇園山笠や、その他の裸祭りの装束として使われる褌。締め方や材質は、博多では廻しに近い(但し、生地の厚さは晒と廻しの中間くらい、薄めの帆布や重ねた木綿の洋服地)が、前垂れを出す場合が多い。博多以外では5mの、さらしを廻しと同様に締め込む場合が多い。何れの場合も横褌の幅を広くし(7~12cm)、後の結び目を廻しと同様にする。廻し、六尺褌、九尺褌、晒一反を指す場合もある。

締め込み



この他にも色々ありますが、女性用の褌もあります。古くは『日本書紀』にも女性が褌を着用した記述があるそうですし、一部では腰巻も含めた下穿(したばき)きの総称として「褌」という言葉が使われていたようです。

女性用の褌は前垂れの有無に特徴があります。世界的に前垂れがある褌が男性用であり、前垂れがない畚(もっこ)褌などが女性用として、性差を示す形が前垂れの有無であると言われています。

上記でも紹介しましたが、歌舞伎役者の女形が畚(もっこ)褌を着用しているのも、こうした理由によるものとされています。



最近では女性を対象にした越中褌やもっこ褌が市場に現れているので、ご存知の方もあると思います。パンツとは異なりゴムでそけい部のリンパ節を圧迫することがなく、通気性が良く蒸れないため美容や健康に良いと考えられ、その売り上げも好調だそうです。

また、「ふんどし」という呼び方に抵抗を感じる女性に配慮して「パンドルショーツ」「ななふん」といった名称で呼ばれているそうです。ちなみに、「パンドル」とはフランス語で、「垂れる」と言う意味だそうです。

さて、この褌ですが、昔から愛用されているわけですが、どんな効用があるのかといいますと、下記のようなことが言われています。


1.「男らしさ」の象徴の意味がある。「褌一丁で・・・」とか「褌を締めて・・・」と言うと、男らしく感じますが、「パンツ一丁で・・・」「パンツをはいて・・・」なんて言うと、ちょっと女々しい感じもしますからね。

2.褌は通気性が良く、股間の温度を常に低く保ってくれるので、結果的に精子数増加に繋がります。実際に子宝に恵まれたというケースも少なくないそうです。

3.褌は立位で着用可能なので腰への負担が少ない。腰痛持ちやヘルニアを患っている人などにとっては有難いことです。

4.パンツのようにゴムを使わないため、痒み/またずれを防ぐ。通気性が良いためインキン防止にも効果的です。アトピー性皮膚炎の方にも最適です。

5.通気性が良く、ムレないので高温多湿の日本には最適。

6.介護の際、下着の交換が容易で、患者や介護者の肉体的負担を減らすことができます。


越中褌の締め方




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/228-5202224a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。