「薬」について

ここでは、「「薬」について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

薬

世の中には「薬依存」と言えるほど、薬漬けになっている人々が大勢います。彼等は病気は薬で治ると信じ切っている人々です。

ちょっと風邪を引いたぐらいで直ぐに病院に駆け込み、医者に薬を請求するような人が多いのが現実です。前にも言いましたが、風邪ぐらいで盛んに薬を飲むのは日本人だけだと言っても過言ではありません。

兎に角、医療信仰が蔓延しているのが日本の姿です。病気になれば、病院で医者に薬を貰ったりして治して貰うという考えの方が大半です。



ですが、果たして薬で病気は治るのでしょうか・・・? ハッキリ言って、大概の病気には効かないと言うのが医療関係者の間では常識です。

或る方が言っておられましたが、彼が薬学部に在籍中、各科目の教授、助教授が自分の講義の最初に、「薬は毒です。皆さん(一生)薬を飲んではいけません。」と教えてていたそうです。

それなのに何故、医者は溢れるばかりの薬を患者に与えるのでしょうか。それは薬が儲かるからです。薬を使えば使うほど高額な健康保険請求ができますし、また製薬会社からの多額の接待や研究費名目のカネが入って来るからです。



恐ろしいことに、医者は次々に製造されている薬について十分な知識を持っていないと言われています。唯、製薬会社から言われた効能を鵜呑みにして、それを患者に大量に投与しているだけです。

よく「薬九層倍(くすりくそうばい)」と言われますが、薬は売値が非常に高く、原価の九倍もするという意味に解釈されています。それだけ製薬会社はボロ儲けをしているというのが現実です。

それに荷担しているのが政府や厚労省などの官僚であり、病院や医者です。いずれもがカネに群がる輩と言った感じです。医者が本当の薬の効能も知らないで患者に投与しているということは、患者がその薬のモルモットにされていると言っても過言ではありません。



私は、薬全体が必要ないと言う積もりはありませんが、少なくとも医者自身が薬を飲みたくないと言っているのですから、どんな薬でも避けることが賢明だと思います。

ところで、この薬に関して現役の医師が下記のように述べておられます。ご覧になって、ご自分で判断してみて下さい。(「『薬物』とは何か?:」崎谷博征 【崎谷研究所】のメルマガより)



ーー引用はここからーー

ここ数日、

『○○という薬を飲んでいますが副作用が心配です』
『○○という薬は最新の物だから大丈夫だと聞きました』
『○○という薬を飲まないと体調が悪化しそうで不安です。。』

といった内容のご質問を たくさんいただいております。ですので今回は私の薬に対する考え方をお伝えしようと思います。

はっきりと一言で、私が薬とは何かを表現するならば、

『毒』

に他なりません。

勿論、極めて危険な状況の時、一時的に命を繋ぐ為に薬が必要というケースは多々あります。薬は絶対に飲むな!というような極端な考えを私は持っておりません。

でもそれは、かなり過激な表現になりますが『足が腐っていて切り落とさなければ命が危ない』、そんなケースと同じ、本当に本当の最終手段です。

そもそも『薬物』とは何なのでしょうか? 病気を治さないのなら薬は何の為にあるのでしょうか?

これを理解するには、1つだけ知っていただかないといけない事がございます。それは、『そもそも病気とはなんなのか?』という事です。

例えば風邪をひいたりしたら熱が出ます。鼻水やくしゃみが出ます。おなかを壊したら下痢をします。とにかくそれがどんな病気でも、そこには必ず何らかの『症状』が発生します。

そして、多くの人はその症状をどうにかしないといけない、と勘違いします。『症状』そのものが『病気』だと思い込んでいます。実はこれが全くの勘違いです。

実は症状そのものが病気を治す為のプロセスなのです。

そんなの当たり前じゃん、と思われる人もいるかもしれませんが、意外と知られていない事実です。

熱が出たから冷まさないといけない!解熱剤。せきが出るから咳止めを飲まないといけない!鼻水が出るから止めないといけない! 下痢を止めないといけない! 脱水症状起こすかも!・・・。


ここでちょっと話が変わりますが、私達人間は一体何万年前からこの地球上に存在していると思いますか?

私は医師であり、科学者なので300万年くらい前にアフリカのお猿さんが今の私たちに進化した、と考えています。

でももしかしたら聖書が正しくてアダムとイブからスタートしたのかもしれません。私は進化論が正しくて単細胞の生物から進化した可能性が非常に高い、とは思っています。

かといってアメリカの某宗教が言うように宇宙人の末裔というのも絶対ありえないと断言する事が出来ないのもまた事実です。ですが、私たち人類がかなり長い年月の間この地球上で生き延びてきた事は確かです。

そこで考えてみて下さい。

私達の肉体は、ミスをたくさん起こすようにできていると思われますか?間違って下痢を起こしたり、ミスで発熱したり意味がなく気絶したり、くしゃみしたり咳をしたりすると思われますか?

意味が無い事をミスして起こしまくるようなアホな生物が何万年も生き伸びる事ができた、と考えられますか? そんな生物はとっくの昔に絶滅してます。

生き伸びる能力を持っていない生物は絶滅するのです。環境にうまく適応し、問題に反応する能力がない生物は絶滅するのです。

私達は何百万年もかけて生き伸びてきた生物です。そういう能力を受け継いできた先祖の末裔なのです。私達人間の肉体は本来、想像を遥かに超えた生存能力を兼ね備えているのです。

あなたは実はかなり凄いんです。あなたの肉体は実はものすごい力を持ってるんです。


ここで考え直してみて下さい。

あなたの体は意味なく発熱しません。白血球は体温があがればあがるほどその移動速度、そして効率性が倍増するようにできているのです。

体内に何らかの異物、ウイルスやバクテリアなどが侵入した場合、発熱する事で白血球を効率よく働かし、それらの異物をすみやかに処理する事が可能となるのです。

要するに熱は出た方が治りが早い、その為に発熱という『症状』が出ます。

ですがそれは、『細菌が増え過ぎて死んでしまう』という本来の意味での『病気』を抑えるプロセスなのです。

私達の肉体は私達が想像、理解する以上に優れた能力を持っており、生き伸びる能力を備えており、病気に対応し、環境に適応する能力を持っているのです。

あなたは想像を絶する能力を持っているのです。つまりあなたの肉体が発する『症状』は全て意味があるプロセスなのです。

意味があって熱が出るのです。意味があって咳が出るのです。意味があって下痢をするのです。分かりますか?

『全てに意味があるのです』

あなたの体は意味が無い事はしないのです。全て生き伸びる為に必要な事を必要なタイミングで必要なだけ起こしているのです。


そして『薬』です。

薬は『症状』を抑えますが、『病気』を決して治しません。

『身体を治そうとする身体自身のプロセス』を抑えて、『体中で増える細菌』は野放しにします。

例えば、解熱剤です。

もしあなたが熱が出るのが気にいらない、と解熱剤を飲んだら白血球は効率的に仕事ができなくなります。そうすれば体内に侵入したウイルス、バクテリアなどはどんどんと繁殖してしまう事になります。

それらが繁殖し過ぎると最終的にあなたは死にます。感染死します。なのであなたの体は何としてでも発熱を
しないといけない、と反応します。

しかしあなたは解熱剤を飲んで、それを邪魔しようとします。しかし体は何としてでも熱を出して侵入者を殺す必要があります。

脳に危険が出るくらいマックスの力を出してでも熱を出そうと試みます。そうしないと死ぬからです。脳がダメージを受けてでも感染死を防いで生き伸びようとするのです。

なぜなら『生存』が最も高い優先順位だからです。結果、解熱剤を飲んだ事が原因で脳に障害が残るというのは充分にありえる話です。

放っておけば、体はうまく調整してくれます。

喉も乾いてきますので、水をゴクゴク飲みたくなります。水を飲んだら、汗を出して体温を調節します。そうやってうまく体は全てを調節しているのです。生きる為に必要な事を全て自動的に行ってくれているのです。


これはあくまで解熱剤を例とした、1つの例にしかすぎません。しかし、殆ど全ての薬はこれと同じです。

身体の機能を強制的にオフにする事で、一時的に楽になったように感じさせるだけなのです。

『3階で火事が起きたせいで火災報知機が鳴り響いてうるさい。だから電池を外して静かになった。めでたしめでたし。』

薬を飲むというのはこれと同じです。『電池を外す』のが薬を飲むという行為です。例え電池を抜いて火災報知機が止まっても3階の火事は続いていてやがてあなたの部屋に火が及びます。逃げなければ焼け死んでしまうだけです。

薬を飲んで症状を抑えても、『病気』は進行しています。

むしろ『症状』という名の治るプロセスを抑えてしまっているので、本来よりもずっと酷くなる可能性が高くなります。

『薬を飲む』というのはそれだけ危険な事、この事実をはっきりと教えてくれる人が世の中にどれくらいいるのでしょうか?

そんな危険な事が当たり前のように行われているのが『医療の現実』なのです。


長くなってしまいましたが、私が薬を『毒』といった理由が理解して頂けましたでしょうか?風邪薬も、精神薬も、抗がん剤も、『薬』と名の付く物は99.999%同じです。

病気の根本的な理由は無視し、『とりあえず良くなったように見せかける』以外の効果は一切ありません。

私たちが一生を通じて健康に生きる為には、1万年前の私たち人間全てが持っていた『本物の自然治癒力』を復活させるしかないのです。

ーー引用はここまでーー



少々長い引用になりましたが、崎谷医師が言われていることはお分かりになったと思います。とにかく、「薬は毒」であることを確りと認識しておくことが大切です。

少なくとも、医師から処方される薬については、どんな成分が入って、どのような効果があって、どのような副作用があるのかを詳しく聞いておくことが必要です。

そして、決して薬を継続的に服用しないことです。必要な時に短気に利用するぐらいにして、決して医師や薬に依存しないようにすることが大切です。

何があっても、自分の身体は自分で守ると言う強い信念を持って掛かる必要があります。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!






◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!

=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。




ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/204-e7fbc6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。