がん検診を受ける人が少ない

ここでは、「がん検診を受ける人が少ない」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

がん検診

先日、南米のボリビア人コロンビア人の2人の女性が指圧の講座を受けたいと言って訪ねて来たことを話しました。

二人とも、日系人や日本人の男性と結婚して、日本に15年以上住んでいる方たちです。ですが、日本語の読み書きが出来ないんです。

日本語で話すことは大丈夫なようですが、それでも、こちらの言うことが100%通じているかどうかは定かではありません。



最初の日は取り敢えずは一人が指圧の治療を受けてみて、どんな具合なのかを判断してから講座を始めたいと言うことでした。

その結果、二人とも納得して翌週から指圧の勉強を始めますと言って予約をされて帰られたんです。しかし、その翌週の予定日になると、今日は行けなくなったので来週からお願いしますという電話があったんです。

こちらとしては時間を空けて待っていたので、そんなに簡単に予定をキャンセルされたら困ると、少々強く諭したんです。



でも来られないのなら仕方がないので、1週延ばして昨日、2人揃って来て貰ったんです。すると、コロンビア人の女性がヒドイ花粉症に罹っていて、それが苦しくて先週は医者に行ったために来れなかったのだ、ということが分かりました。

何でも今年から花粉症が始まったようで、鼻水は出るわ、目の周りは痒いやら、くしゃみが出たりと、仲々大変そうでした。

苦しいので薬局で花粉症の薬を買いたいと言うので、彼女を下のスーパーの薬局コーナーに連れて行き、薬剤師さんと相談の上、お勧めの薬を買い求めて、やっと指圧講座を始めることができました。



二人とも指圧の勉強をするのは始めてですが、少々遠方から通ってくるので1回、1レッスンでは時間や交通費が余分に掛かるということで、毎回2レッスンずつ行うことにしました。

でも、2人一緒に教えるのは時間が掛かりますので、来週からは別々に来て貰うことにしました。その方が私としてもやり易いのと、生徒さんも私から直に受けることができますので、より勉強になるわけです。

実際に2人に指圧をやらせてみますと、仲々、要領が良かったので、ひと安心しました。中には要領の悪い方もあり、その場合は時間も掛かりますし、説明するのにも気を遣ってしまい、疲れるんです。



ところで話は違いますが、先頃の内閣府(日本の行政機関の一つ。内閣の重要政策に関する内閣の事務を助けることを任務とする)の発表では、がん検診を受ける率が低いことが言われていました。

これに関して、「Yahooニュース」では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

内閣府は16日、「がん対策に関する世論調査」結果を発表した。がん検診を受けない理由(複数回答)は、「時間がない」(47.4%)が最も多く、「がんと分かるのが怖い」(36.2%)が続いた。

厚生労働省の統計では、受診率は依然として2~3割にとどまっており、同省は「調査結果を踏まえ、実態に即した対策を検討していく」としている。

調査は1月17日から同27日まで全国の成人男女3000人を対象に個別面接方式で実施した。有効回収率は62.8%だった。

がん検診を受けない理由は、ほかに「経済的に負担」(35.4%)、「健康に自信がある」(34.5%)など。がん検診を「受ける時間がない」と答えた人を世代別に見ると、20代では68.0%に上った。 

ーー引用はここまでーー



これを見て、私は密かにほくそ笑みました。日本の医療関係者(厚労省や製薬会社、医者や病院)が必死になってがん患者を見つけて、高額医療を施して金儲けを企んでいたのに、国民がそれを知ってか知らずか、がん検診に熱心でない訳ですからね。

医療関係者は常に、「早期発見・早期治療」を謳っていますが、それは誰のためでしょうか? 国民のため、患者のためですか?

そんな筈はありません。本当のところは、医療関係者の利益のためです。何時も申し上げていることですが、近年、日本の医者の数は3倍も増えているのに病人の数はもっと増えていると言われていますからね。



普通の頭で考えれば、医者が増えれば、その分、病気も少なくなるのではと思いますが、どっこい、そうはなっていないんですから、どういうことでしょうね・・・?

要するに、医原病と言いますか、病院や医者に掛かったことで病気が見つかり、本当の病人になってしまった方の数が増えているということではないでしょうか。

特に、がん検診などで、ちょっとした症状があるだけでガンだと診断されるケースもあるようですし、ガンでもないのに手術をされて大切な臓器を失った方もあるようです。



がん検診だけでなく、通常の健康診断などでレントゲン写真などを撮られたり、色々な検査を受けることも身体に負担を掛けることになり、それによって本格的な症状を呈する人もいるようですからね・・・。

上記の内閣府の発表にあるように、がん検診を受けない方の理由は色々あるようですが、多くの方がそれを受けようとしないということは、その背後に医療不信があるものと思います。

それと同時に、地球の波動が高まって、人々の意識か変化して来て、医療に頼らないようにしようとする傾向が強くなっているのかも知れません。

どちらにしても、がん検診を受ける、受けないはご本人の自由ですから、ここではどうこう言えませんが、がん検診率が低いということは、がん検診を受けて身体を壊す方が少なくなるわけですから、それは結構なことだと思います。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。

=>シャープ、ウイルスが生存しやすい環境で運転を強化する加湿空気清浄機
=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/166-666f6f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。