盆栽(ぼんさい)

ここでは、「盆栽(ぼんさい)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople

盆栽

あなたは日本の伝統文化でもある「盆栽」に関心がありますか? 私は興味はありますが、それに直に触れたことはなく、間近に置いて鑑賞もしたことはありません。

そもそも盆栽(ぼんさい)とは、草木を鉢(盆栽鉢、盆器)に植えて、枝ぶり、葉姿、幹の肌、根及び鉢の総称、もしくはその姿全体を鑑賞するものです。自然の風景を模して造形するのが特徴です。

盆栽の歴史としては、中国の唐の時代に行われていた「盆景」が平安時代に日本へ入ってきて始まったと言われています。江戸時代になると武士の副業としても盆栽の栽培が盛んになり、盆栽や園芸がブームのようになったわけです。



明治時代以降も盆栽は粋な趣味でしたが、培養管理したり、育成には水やりなどの手間や数年がかりの長い時間が必要なために、生活環境の推移によって次第に愛好者は時間的余裕のある熟年層が多くなりました。

そのため、戦後から1980年代ぐらいまでの間は、年寄り臭い趣味とされたわけです。確かに私の子供の頃も、盆栽を愛でているのは近所のお年寄りが多かったですからね。

ですが、1990年代以降から、盆栽が海外でも注目を集めるようになってから、国内でも盆栽を見直す動きが高まり、若者の間でも粋な趣味として再認識されるようになっています。



日本の盆栽はヨーロッパでは1970年頃から「Bonsai」として根強い人気があります。盆栽は日本から盛んに輸出されるほか、ヨーロッパ産の木を盆栽に仕立てることも一般化しているようです。

1970年代にはすでに米国やヨーロッパにおいて盆栽協会があり、イタリアには日本にもない盆栽のための専門学校まであるそうですから、もう日本独特のものとは言えないような状況です。

実は私の指圧の生徒さんだったフランス人の男性が日航の客室乗務員の日本人女性と結婚して、現在は子どもさんも出来てイギリスに住んでいるのですが、その奥さんが日本に居た間に、埼玉の大宮まで通って盆栽を勉強したんです。

将来、海外に住んだ時に現地で盆栽を教えたりしたいという考えを持っておられたからです。当時、まだ20代後半の女性でしたが、盆栽に興味を持たれていたとは、仲々先見の明があったと言えます。



その、さいたま市大宮ですが、ここに来て一層、盆栽で注目を集めているんですよ。その辺りのことに関して「YOMIURI ONLINE」では下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

東武野田線の北大宮駅から静かな住宅街を抜け、裏参道通りを歩いて氷川神社へ行く。クス、ケヤキなどの大樹に覆われた境内は、武蔵国一宮にふさわしい。散策をかねた参拝者も多く、小さな社の前で必ず一礼をしていく。

朱塗りの華麗な楼門をくぐると舞殿、拝殿があり、背後に本殿が直線上に並ぶ。2000年以上の歴史といわれ、関東地方に約250社もある氷川神社の本社である。音高く打った拍手が、周囲の森にこだました。

晴天のもと、赤ん坊を抱いた若夫婦が記念撮影をしていた。「お宮参りです。生まれて1か月以上たち、ちょっと大きくなっちゃったんですが」と、はにかむように笑った。


東門から出て、桜園がある大宮公園へ。1885年(明治18年)に造られ、現在は野球場なども備え大規模な公園となった。約1000本もの桜が植わり、開花は3月下旬から4月上旬。赤松の林も広い。

ボート池の縁を回りこんで、公園内にある歴史と民俗の博物館へ向かう。収蔵品は約12万点もあり、常設展は旧石器時代から現代までを九つの時代に分けて整然と展示。日本の中で埼玉(おもに武蔵国)がどのように変化してきたかを紹介している。

東武野田線の踏切を渡ると大宮盆栽村だ。8軒の盆栽園が点在し、この一帯をそう呼ぶ。東京が関東大震災で被害を受け、文京区千駄木付近の盆栽園が移転してきたのが始まりだ。

静かな住宅街を抜けると、大宮盆栽美術館がある。オープンは2010年と新しいが、今や盆栽村の中心施設になりつつある。

盆栽の初心者からベテランまで「タメになる」施設だからだ。見学順路を進むと盆栽の歴史に関する紹介があり、続いて盆栽の見方を解説。

(1)「根張り」を見る。根の張り方のことで、「大地をガッシリとつかむような形がいい」と、盆栽技師の中村慎太さんが教えてくれた。(2)「葉性」を見る。つまり葉の性質。葉が小さくて生き生きしているのがいい。そのほか根の上の幹の「立ち上がり」、「枝順」などが観賞のポイントだ。(後略)

ーー引用はここまでーー



尚、盆栽に興味のある方は下記の動画などを参考に勉強してみてください。

How to Make Your Own Bonsai #1 / 盆栽講座 山田香織 第1回


How to Make Your Own Bonsai #2 / 盆栽講座 山田香織 第2回

How to Make Your Own Bonsai #3 / 盆栽講座 山田香織 第3回



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



◇放射能汚染物質・大気汚染物質(PM25)・花粉対策として最適!
空気清浄機.1
中国でも一番売れているタイプです。吹き出し口の気流の乱れを抑え吹き出し風速をアップした「新・ロングノズル」により、部屋全体の空気の循環スピードを速めることで、室内のハウスダストや花粉を底面と両側面の「気流誘引ガイド」に効率よく集め、背面全体から一気に吸込。人が動くたびに舞い上がるハウスダストや花粉を素早く除去します。

=>シャープ、ウイルスが生存しやすい環境で運転を強化する加湿空気清浄機
=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/162-ccd01894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。