精神科医の告白・・・?

ここでは、「精神科医の告白・・・?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


精神科医

ここでは何回となく、精神医療に関する問題点などを掲げて来ましたが、現実の精神医療の現場はとても、とてもヒドイものがあるようです。

最近は現場で働く精神科医からの告発もよくあるようで、先日も「市民の人権擁護の会 日本支部」のサイトを見ていましたら、ある精神科医の告白と思われるような文章がありましたので、下記に紹介いたします。



ーー引用はここからーー

『皆さん
われわれ精神科医は,ナチの時代に人間を侮蔑し,自分たちに信頼を寄せてきた患者の信頼を裏切り,だまし,家族を誘導し,患者を強制断種し,死に至らせ,自らも殺しました.患者を用いて不当な研究を行いました.患者を傷つけ,それどころか死亡させるような研究でした.

この事実に直面するのに,そしてわれわれの歴史のこの部分と率直に向き合うまでに,どうしてこんなに長い時間がかかったのでしょうか?われわれはこのDGPPN(ドイツ精神医学精神療法神経学会)が世界のなかでももっとも古い科学的医学的な専門学会であることを誇りにしています.しかしその一方では,この学会の歴史の重要な部分がこんなにも長く闇に葬られ,抑圧されてきたのです.このことをわれわれは恥ずかしいと思います.

われわれが恥じ入ることは他にもあります.われわれドイツの精神医学の学会は,1945年の大戦後も一度として犠牲者の側にたったことがなかったのです.さらに悪いことには,彼らが受けた新たな差別や不正にも関与しました.今日のような催しがこれまでどうしてできなかったのか,われわれはまだ明言できていません.

約70年たってようやく,この無言に終止符を打ち,科学による解明の伝統に立ち戻ることを,この学会は決意しました.その学会の会長として私は皆さんの前に立っています.独立した依存性のない科学的な委員会が立ち上げられ,現在1つの研究プロジェクトを支援しています.さしあたり1933年から1945年までの期間の学会ならびにその前身である組織の歴史を徹底的に見直そうとするプロジェクトです.』


これは、ドイツ精神医学精神療法神経学会会長による謝罪表明の冒頭の言葉です。全文はこちらをご覧下さい。
https://www.jspn.or.jp/journal/journal/pdf/2011/08/journal113_08_p0782-0796.pdf



皆さん、これを読まれていかがでしょうか?ドイツ精神医学とは、言うまでもなく日本の精神医学の源流です。もちろん、ナチ時代の精神医学も日本の精神医学に強い影響を与えています。

端的に言えば、これらは虐殺、虐待、拷問、差別、断種、人体実験の技術です。そして、その技術は日本で独自の進化を遂げ、世界に類を見ない精神病院大国(収容列島日本)になったのです。

なぜ日本で多剤大量処方がなくならないのでしょうか?隔離収容主義は何ら改善されないのでしょうか?精神障害者に対する偏見はなくならないのでしょうか?

その答えはシンプルです。それは最初から医療ではなかったからです。人を殺し、閉じ込め、差別する技術だったのです。この事実を理解できない人は、いつまでも「より良い精神医療」があるのだという幻想にとらわれてしまうのです。



現在もメンタルヘルス改革が声高に叫ばれています。しかし、その内容はどれも薄っぺらいものでしかなく、精神保健福祉の予算を手厚くすることが解決策とされています。打ち出される政策は、どれもこれも「早期に専門家につなげる」というものばかりです。

日本精神神経学会や日本精神科病院協会などの日本の精神医学関連団体、並びに「専門家」をうのみにして差別的な精神保健福祉政策を展開してきた国が公式に謝罪しない限り、メンタルヘルス改革はあり得ません。なぜならば、その本質と意図がナチ時代から何ら変わっていないからです。

日本の精神医学会がやるべきことは、莫大な人々を不当に拘禁し、薬漬けにし、命や社会的能力を奪ったことに対する「謝罪」「被害実態の解明」です。そして、ドイツという前例がある以上、それは十分に可能な話です。



ちなみに、来週は都内でこんな学会があります。
http://www.congre.co.jp/anti-stigma2013/ja/index.html

これ以上偽善的な学会など存在しないでしょう。スティグマ(=個人に非常な不名誉や屈辱を引き起こすもの)を生み出したのは、精神医学そのものです。精神医学こそが、精神障害者を差別し、虐待し、抹殺してきたのです。

この事実に目をつぶり、世間に理解が足りないと啓発活動をするのはあまりに尊大で偽善的ではないでしょうか。啓発をしたいのであれば、まずは自分たちが差別を作ってきたことを認め、謝罪することから始めましょう。

ーー引用はここまでーー



尚、上記の精神科医が何処のどなたかは明記されていませんので、言われていることの内容がどの程度、現実の精神医療と合致しているのかは分かりません。

唯、こうした告白的な文章を多くの方が見ることで、少しでも精神医療の現状を知り、そうした治療を必要としない社会を目指していく必要があると思います。

悪い表現を使いますと、精神科医は患者をオモチャにして好き放題をしている、と言われても仕方が無いほどのムチャクチャなことをしていることは方々で指摘されていることです。

そうした精神科医の治療を受けて向精神薬などを多量に服用した者が犯罪や事件を起こすケースが増えていることは、アメリカでの銃乱射事件の多発を見るまでもなく日本でも現実となっています。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



寒さ対策ストア


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/123-f5ef97ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。