6年間も飼い主の墓に寄り添う犬

ここでは、「6年間も飼い主の墓に寄り添う犬」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


犬

先日、「らばQ」の記事を見ていましたら、とても感動的な話が載っていましたので、ここに紹介致します。

それは、アルゼンチンでの話ですが、何と飼い主が亡くなってから6年間もの間、その飼い主の墓の側により沿っているシェパード犬がいるそうなんです。

古今東西、犬やペットと飼い主との強い絆を感じさせるような話は沢山ありますが、この犬のように「飼い主が亡くなってから6年もの長きに亘り、ズッと墓から離れずに見守っている」などと言う話は少ないのではないでしょうか。

現今の人間社会は物質優先の社会で、先進国ほど人間関係が希薄になってギスギスしたものを感じる日々ですが、それに比べて動物(特にペット達)の飼い主を思う心の深さはどうでしょう・・・。



ーー引用はここからーー

アルゼンチンで飼われていた、キャピタンと言う名のジャーマン・シェパード。

主人が亡くなった直後から行方不明になったのですが、家族が捜してみると場所も知らないはずのお墓の前にいたのです。

そしてそれから6年経った今も、お墓の前から動こうとはしないそうです。

ミゲル・ガズマンさんは2005年に、まだ子犬だったキャピタンを息子のダミアン君のために飼いました。しかしながら不幸にもミゲルさんは翌年の2006年に亡くなってしまいます。

葬式を終えた後、家族はキャピタンの姿がない事に気付き、必死で探しましたが見つけられなかったそうです。

その後、妻のヴェロニカさんがお墓参りに行くと、そこにキャピタンの姿があったのです。

キャピタンを一度も連れて来たことがない場所だったことから、なぜここが分かったのか不思議に思ったそうです。

その後、ダミアン君とヴェロニカさんが何度も連れて帰りましたが、キャピタンはミゲルさんの墓のそばに戻ってくるそうで、6年経った今も墓地で暮らしています。

「きっと死ぬまでミゲルのそばにいるのでしょう」と語る彼ら。

今は墓地の管理人がエサを与えたり予防接種をしてい、昼間は一緒に散歩しているけれど、夜になるとミゲルさんの墓のそばに寄り添って寝ているそうです。

飼い主と犬との、計り知れないきずなの大きさを感じます。

ーー引用はここまでーー



尚、下記にその動画がありますので、ご覧下さい。

Capita'n y su historia de gran fidelidad




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



寒さ対策ストア


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/11(月) 12:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/122-b7d4d9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。