中国の大気汚染

ここでは、「中国の大気汚染」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


中国大気汚染

近年、中国の大気汚染の酷さについては、しょっちゅう報じられて来ました。しかし、中国政府はこれまで、それは濃霧の所為だと偽っていました。

ですが、最近の大気汚染の余りの酷さに、北京のアメリカ大使館などが独自の計器を使って汚染度を調べるようになり、その結果、中国側もしぶしぶ大気汚染の害について認めたようです。

それにしても、テレビなどで報じられている北京などの様子を見ていますと、これが大気汚染なのか、と驚かされるほどヒドイ状態であることが分かります。



今年に入ってからもその状態は悪くなるばかりで、ここ数日に亘り人々が外出できないほどの危険状態にあるというのですから、想像を絶するものがあります。

東京の冬は、先日の大雪などは別にして、晴天の日が多く太陽の光も強烈ですから、この北京の状態は人の住める状況ではないように見えてしまいます。

とは言え、この日本も中国のことを言っておれません。依然として福島原発事故による放射能の飛散は続いており、東京なども大量の放射能に被われていると言っても過言ではない状況にありますからね。

中国の大家汚染も人々の命を危うくするほどのものですが、日本の放射能汚染はそれ以上の危険があるのではないでしょうか。中国のことをとやかく言ってはおれません。



それはさておき、中国の大気汚染の状況ですが、「NHKニュース」では下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

中国では、先週後半から各地で大気汚染が悪化した状態が続き、このうち北京市は、住民に外出を控えるよう呼びかけるなど市民生活に影響が広がっています。

中国では、都市部で大気汚染が深刻さを増しており、北京市では、特に先週後半から大気汚染の原因物質の濃度が高まり、視界も悪くなっています。

中国国営の新華社通信によりますと、大気汚染の基準となる指数が12日、6段階のうち最悪を示す状況が続き、北京市は市民に外出を控えるよう呼びかけました。

こうした状況は今後、数日間は続くとみられていて、北京市は、一部の地域の学校に体育の授業で屋外での運動をやめるよう通達を出しています。

中国の大気汚染の大きな原因は、車の排気ガスなどから出るPM2.5と呼ばれる極めて小さな粒子で、北京のアメリカ大使館は、この粒子の観測値が12日、子どもや高齢者に外出を控えるよう呼びかける基準値の3倍近くまで上昇したとしています。

大気汚染によって中国の東部や内陸部など広い地域で視界が悪い状態が続いており、各地で高速道路の通行止めや航空便の欠航が相次ぐなど市民生活に影響が広がっています。

ーー引用はここまでーー



中国がこのような大気汚染大国になったのは、共産主義体制はそのままにして、経済分野だけ市場経済を取り入れ、闇雲に開発に邁進し、拝金主義がまかり通るようになった結果、環境破壊が極度に進んだということだと思います。

そして、方々で被害が続出して来たにも拘わらず、政府はそれらを放置して来た、そのツケが、今のような命に関わる大気汚染として現れているものと思います。

でも、この状態は何処かの国と似たところがあります。そうです、それは日本の過去の姿にうり二つです。1962年代の東京のスモッグの状態について、「毎日jp」では下記のように報じていました。



ーー引用はここからーー

大気汚染

12月に入って、東京など大都市に連日、スモッグ(煙霧)が発生した。大気中に浮遊するばい煙、排気ガスが原因で、許容量を超える有毒ガス(亜硫酸ガスなど)がたびたび検出された。

呼吸器などの異常を訴える市民が続出したため、東京都は1962年1月から都内3カ所に大気汚染自動記録装置を設置して観測を始めた。

翌63年にはスモッグ警報が出されるようになり、68年には大気汚染防止法が成立した。

ーー引用はここまでーー



私が上京した頃の東京では、隅田川の水は黒くよどんで、水底にヘドロが溜まって大変臭いニオイがしていました。正に死の川になっていました。

それが次第に、環境汚染に対する意識が高まり、環境対策が講じられるようなり、段々と隅田川の水もきれいになり、今日を迎えているわけです。

自民党内閣になった途端、日中の関係が極端に悪くなり、戦争の気配を伺わせるような事態になっています。そんな暇があったら、両国で協力し合い、中国の大気汚染を解消するような技術や人材を日本側が提供する、という方向に向かうべきだと思いますが、それではアメリカの戦争屋が喜ばないのでしょうかねぇ・・・?



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenchi725.blog.fc2.com/tb.php/100-779bb71e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。