指圧はゆっくりと持続圧を加えますから、痛くなく、心地がよく、どんな症状にも効果があります。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

umebo.jpg
化学農薬・化学肥料を使用せずに育てた梅を原料に天塩で三年漬けした後、土用干しを行い、再び、無農薬・無消毒の赤しそで漬けた、昔ながらの素朴な味わいの梅干です。古くからの「在来種」を育て、収穫、塩漬三年、天日干、色付けという方法で作った梅干です。 長い間樽の中で熟成させることで、酸味や梅干がまろやかになるのです。


古来から日本人の食卓には無くてはならなかった「梅干し」ですが、近年は食生活の西洋化やコメ離れのために、梅干しの消費量も激減しているようです。

梅の生産者にとっては死活問題でしょうから、少しでも消費の拡大を図るために、最近では昔ながらの梅と塩とシソだけで漬けたものではなく、蜂蜜などをタップリと使った甘い梅干しが多く流通しています。

最近の人はトマトとのような野菜にまでも甘い味を求めたり、何物にも甘い物をよしとする傾向にありますから、その流れで梅の生産者も、蜂蜜入りの甘い梅干しを売り出しているものと思います。

しかしながら、本来の昔風の塩だけで漬けた梅干しに馴染んできた者には、この蜂蜜入りの梅干しは、とても口にできません。まあ、デザートして摂取するつもりなら、いいのかも知れませんがね・・・。



ところで、梅干しを毎日食べていれば医者要らずと言われているほど、伝統的な健康食品で、食欲増進や殺菌効果に加え、「夏バテに効く」「二日酔いにいい」「風邪をひかない」と言った、万能薬のような効能が謳われてきまhした。

これは単なる言い伝えではなく、多くは科学的に効果が証明され、胃がん対策新型インフルエンザ感染予防といった新たな健康効果も明らかになってきています。

一体、どのような効果が証明されているのかと言いますと、主に下記のようなことが言われています。(「紀州梅効能研究会」より)



1.インフルエンザ予防:梅からインフルエンザウイルスの増殖を抑制する新規機能性化合物が発見され、今後、応用に向けた研究への発展が期待されています。

2.胃がん予防:梅の中には、胃に障害を及ぼすヘリコバクターピロリ菌の運動能力を阻害または抑制する効果のある物質が含まれていることが発見されています。

3.糖尿病予防:梅の中には、血糖値の上昇、肥満等に関連づけられる酵素(α-グルコシダーゼ)の働きを効果的に阻害する成分が含まれていることが発見されています。

4.食中毒予防:梅干しを食べると食あたりになりにくいという昔からの言い伝えがありますが、梅干しが食中毒菌である「黄色ブドウ球菌(MRSA)」や「病原性大腸菌(O-157)」といった食中毒菌の増殖を抑制する作用(制菌作用)があり、食中毒を予防する働きがあることが明らかになっています。

5.動脈硬化の抑制:梅干しはアンギオテンシンⅡという血管収縮性作用のあるホルモンの働きを調整し、血圧の上昇を抑え動脈硬化の発生を抑制する作用があります。

また、血液中のコレステロールなどの脂質が増えると高脂血症になり、血管内で血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を起こしますが、梅干しを食べることにより血液の流れがなめらかになり、発症を予防できるそうです。

6.血液浄化作用:ドロドロ血液の正体は血液中の脂質です。これが血液中に多くなると高脂血症になり、ドロドロ血液になると言われています。梅干しに含まれるクエン酸は、ドロドロ血液の原因である酸性を中和させ、血液をサラサラにするそうです。

7.抗酸化活性作用:活性酸素は癌や生活習慣病を引き起こす原因といわれていますが、梅干しに含まれる梅リグナンには酸化反応を抑制する作用があり、細胞や組織が酸化するのを防ぐとされています。

8.疲労回復効果:梅干に含まれる「クエン酸」には、疲れの原因となる乳酸を抑える働きがあります。「梅干を食べると身体の調子が良い」という声をよく聞きますが、これは「疲労を感じる物質を体内で作らない」ということだそうです。

9.食欲増進効果:梅干しを見たり、思い出したりするだけで、口の中に唾液が広がりますが、梅の酸味が体内の消化器官を刺激し唾液など消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させるとともに消化を助けます。

また、梅干しに誘発されて出る唾液の質はサラサラで、口の中に残った食べかすや細菌を洗い流しやすく、虫歯予防にもなるそうです。

10.虫歯予防:虫歯の原因となるのが、ミュータンスと呼ばれる球菌ですが、梅干に含まれるクエン酸は、このミュータンスの活動を抑え、虫歯を予防してくれるそうです。砕いた梅干を、お湯に入れて口に含むだけで、歯磨きと同じ効果をもたらすとも言われています。

11.カルシウムの吸収促進:骨の材料であるカルシウムは水に溶けにくく吸収率の低い栄養素ですが、クエン酸と一緒に摂取すると水溶性に変化し腸管からの吸収率がアップし、骨の老化を予防するそうです。

12.ダイエット効果:クエン酸が豊富な梅干は、エネルギーを無駄なく変換でき、余分な脂肪を作りません。また、食事をすることによる血糖値の上昇なども妨げますので、ゆっくりと梅干を食べながら摂る食事は、ダイエットにも効果があるそうです。

13.高血圧化の抑制:梅には塩分がありますが、梅に含まれる塩分と血圧の関係について調べたところ、梅干は高血圧化を抑える働きがあることが明らかになりました。

14・鎮痛作用:「こめかみに梅干しを貼ると頭痛が治る」という言い伝えがありますが、医学的に頭痛に梅干しは効くそうです。梅干しの香り成分ベンズアルデヒドには、痛みを鎮静・軽減する効果があるそうで、わざわざこめかみに貼らなくても、香りを嗅ぐだけで同じ効果は得られるとのことです。

15.驚異の梅パワー:梅は人間の体の中で直接、血や肉となるものではありませんが、体の基幹部分すべてにエネルギーを与え健康にしてくれる、健康管理に利用したい栄養食品です。



私は、梅干しはそのまま食しますが、他の料理に合わせて利用すると、また違った食感や食味を味わえると思います。下記に幾つかのレシピを紹介しておきますので、ご利用ください。


<梅干しだしの冷やしうどん>(「みんなのきょうの料理」より)

材料:2人分

・稲庭うどん (乾) 150g
・梅干し 4コ
・みょうが 1コ
・とろろ昆布 適量
・青柚子の皮 適量
・白ごま 適量
・酒 大さじ3
・しょうゆ 少々


つくり方

1.鍋に酒大さじ3を入れて沸騰させ、アルコール分をとばす。水カップ2+1/2、梅干しを加え、もう一度沸騰したら火を弱め、15分間煮て火を止める。粗熱が取れたら、酸に強い材質の容器に移して冷蔵庫に入れて、半日以上おく。(梅が堅い場合は、竹ぐしなどで刺して穴をあけると味が出やすい。)

2.みょうがはせん切りにして水にさらし、水けをきる。

3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、稲庭うどんを袋の表示時間どおりにゆでる。流水で洗って氷水にとって冷やし、水けをよくきって器に盛る。

4.1の梅を容器から取り出し、種を除いてよくほぐす。残っただしはしょうゆ少々を加え、味を調える。

5.(3)に(4)のだしを回しかけ、ほぐした梅と(2)、とろろ昆布を盛り、すりおろした青柚子の皮、白ごまをひねりながら散らす。



<オクラと梅の冷製パスタ>「レタスクラブネット」より)

umesupa.jpg

材料:2人分

オクラ…5本
梅干し…大1個
おろしにんにく…1片分
レモン汁…小さじ1
スパゲッティ(カペッリーニなど極細のもの、またはそうめん)…160g
塩、オリーブ油、酒、しょうゆ


つくり方

1.スパゲッティは塩を加えた熱湯でかためにゆでて湯をきる。オリーブ油大さじ1をまぶし、粗熱をとって冷蔵庫に入れて10~15分おく。

2.オクラを塩でこすって洗い、塩を加えた熱湯でさっとゆで、へたと種を除いてみじん切りに。

3.梅干しは種を除いて包丁でたたき、にんにく、酒小さじ1、しょうゆ大さじ1、レモン汁とよく混ぜ合わせる。

4.(1)と(2)を混ぜて皿に盛り、(3)をかける。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


(2015年01月26日の英国ミラーより)


昨年辺りからネット上で、アメリカの超富裕層(スーパーリッチ)達がアメリカから逃げ出している、という記事が散見されるようになりました。

私には実際、アメリカで何が起こっているのかは分かりませんが、世界を牛耳っている権力者側に属している彼ら、スーパーエリート達が起こしている行動を看過することはできません。

唯、それがどの程度の真実味があるのか、私のような凡人にはサッパリ分かりませんし、また、そうした情報をネット上で流している者たちが、どういう連中なのかも定かではありません。

わざと、そうした情報を流し、人々の不安感や心配心を煽って、何やら他の方向に導こうとしているのかも知れません。



ネット上の情報はそれほど真偽の程が分からないものが多いですからね。簡単には鵜呑みにできません。そうしたことも考慮に入れて、下記の記事をご覧ください。

これは、「In Deep」さんが翻訳して紹介されている記事で、「彼らは何を知っているのか? なぜ、こんなに多くの超富裕層が逃げ出しているのか?」と題されたものです。

尚、元記事は「What Do They Know? Why Are So Many Of The Super Wealthy Preparing Bug Out Locations?」と題されたもので、2015年の1月31日付けになっています。



ーー引用はここからーー

その時に備えて、多くのスーパーリッチたちが静かに逃避する準備を進めている。

彼らは遠い国に農場を購入したり深い地下壕を購入したりすることによって、生存するための財産を蓄えている。

実際、ダボス会議で、世界経済フォーラムの著名なインサイダーは、「非常に権力のある人々が、彼らが非常に脅えていると私に話した」と言い、また、「世界中のヘッジファンド・マネージャーが、ニュージーランドのような場所に自家用の滑走路と農場を購入している」と語り、聴衆たちに衝撃を与えた。

彼らはいったい何を知っているのか。

なぜ、多くの超富裕層が突然、逃避の準備をしているのか。

世界のエリートたちが終末の日の準備を始めたとなると、非常に厄介なサインといえる。そして、今のエリートたちは、これまでにないような災害のための準備をしているように見えるのだ。

さきほど書いた新経済思考研究所のロバート・ジョンソンがダボス会議で聴衆に語ったこと・・・。

格差と不平等の拡大と、市民の不安などから、世界中のスーパーリッチは、すでにそれらの「結果」に対しての準備を進めている。世界中のヘッジファンド・マネージャーたちが、すでに逃走を計画していたことがダボスで明らかにされている。

彼らはニュージーランドなどに滑走路や農場を購入している。

ロバート・ジョンソンはさらに、「エリートたちが、ファーガソンなど、社会不安の増加や、暴力の増加の証拠を示し、彼らは非常に怖れている」ことを述べた。

エリートたちの一部が、ニュージーランドなど地球の反対側に行こうとしているのに対して、「地下へ逃避」することを計画しているエリートたちもいる。

例えば、カンザス州の地下にある退役したミサイルのサイロは、不動産開発業者が「高級サバイバル・コンドミニアム」に建て替えた。

ウォールストリート・ジャーナルによれば、そのコンドミニアムは「サバイバル・コンドミニアム・コンプレックス」と呼ばれ、価格は、150万ドル(1億8000万円)から 300万ドル(3億6000万円)までで、75名まで収容可能だ。

購入者には、医者、科学者や起業家なども含まれていると開発者のラリー・ホール氏は述べる。ホール氏は、2008年にカンザス州で最初のミサイル・サイロを購入し、2012年に竣工した。

その1年後には物件はすべて完売した。

ホール氏は現在、次のコンドミニアムに取り組む計画を立てており、テキサス州や、他の場所の建設も検討していると言う。

元核ミサイル地区は、アメリカ陸軍工兵隊の監督の下で構築されており、構造はもともと核爆弾の直撃に耐えられるように設計されている。

内部と地上は、 16000ポンド( 7257キログラム)の重量がある装甲ドアで密閉することができる。また、水の処理施設、空気処理施設、最先端のコンピュータ・ネットワークと、代替の発電能力を備えているという。

他の富裕層たちは、自宅を、ハイテク・セキュリティ要塞へと変えている。

これらのサービスを提供するアメリカのビジネスは、著しく高騰を続けている。

全米の富裕層たちが、侵入者などから自分の愛する家族を守るために、何百万ドル(数億円)かけ、黙示録的な自然災害から守るためのホーム・セキュリティはますますSF的になってきている。

懸念する住宅所有者たちに未来的な小道具、そして、金額では見積もることのできない安心を提供している企業の数々は、現在、高価な地下壕やパニックルーム、そして、個人認識ソフトウェアの需要が高まっていることを明らかにした。

ポラック+パートナーズ社の代表は、経済誌フォーブスに、「セキュリティは、常に富裕層の顧客には重要だったが、過去5年で、ホーム・セキュリティへの支出がさらに著しく成長している」と述べた。

では、なぜ、これらの裕福な人々のすべてはそのように心配しているのか。

真実は、彼らは何が起こるのかを見ることができるということだ。

彼らは、アメリカの何百万人もの人々が、中流階級より下のクラスに落ちることを見ることができる。アメリカ社会が何千もの異なった方法で破壊されることを彼らは見ることができる。

彼らは、アメリカの人々の怒りや不満が、かつてないレベルにまで上昇していることを見ることができる。

そして、彼らは次の経済危機の直撃が、怒りの爆発をおこさせる可能性があることを見ることができる。

経済は今のところ、しばらくの間かなり安定しているにもかかわらず、経済的な苦しみを経験する人々が増加する兆しにあふれている。

例えば、ロサンゼルスタイムズは、ロサンゼルス地域にホームレスの野営地が急速に拡大していることを報告している。

この2年間で、道路の野営地は、彼らの歴史的な境界だったロサンゼルスのダウンタウンから飛び出し、高速道路を抜け、南ロサンゼルスのエコーパークの地下通路まで埋まっている。

ロサンゼルス・ホームレス・サービス局( Los Angeles Homeless Services Authority )によると、ホームレスの道路の野営地は、2013年の 479地点から、2014年には 767地点と、60%上昇した。

私たちは今、エリートたち以外の多くの人々が少しずつ貧しくなっている時間の中を生きている。この世界は、上位1%の人々が、全世界の富の 50%近くを持っている。そして、その裕福層の富は毎年増え続ける構造だ。

エリートたちは、最終的にこれが「弾ける」ことを知っている。
それが起きた時に右往左往したくないのだ。

本当の危機が訪れたとき、何が起きるだろうか?

エリートたちが逃避の準備を進めていても、彼らを責めることは難しい。

誰も噴火の際に火口の真ん中にいたくはない気持ちはわかる。

私たちの人生は劇的に変化しようとしている。
そして、その嵐の徴候に満ち溢れている。

もし、あなたが、アメリカを直撃するかもしれない事態に対して、まだ何も準備をしていないのなら、今すぐ準備を始めることを望む。

ーー引用はここまでーー



正直、スーパーエリート達の行動など私には全く関係のないことかも知れませんが、少なくとも彼らは、私達より先を読む能力に長けているといいますか、これらか起こるべき現象についての情報を持っているものと思います。

ですから、私達も自分の身は自分で護らなくてはなりませんので、上記のような情報も決して他人ごととして、安易に見過ごすわけにはいかない面があります。

とは言え、先程も言いましたが、ネット上の情報を鵜呑みにはできませんので、他の情報などとも突き合わせて、自分なりに判断して行動するしかありません。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


発酵食品


今更申し上げる必要もありませんが、日本には長い間、調味料としては勿論のこと、人々の健康に役立ってきた沢山の「発酵食品」があります。

中でも、味噌は、江戸時代のことわざに、「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」と言われたほど、人々に愛され、利用されてきた発酵食品の雄です。

『本朝食鑑』(元緑8年・1695)という書物によりますと、「味噌はわが国ではむかしから上下四民とも朝夕に用いた」もので、「1日もなくてはならないもの」であり、「大豆の甘、温は気をおだやかにし、腹中をくつろげて血を生かし、百薬の毒を消す。麹(こうじ)の甘、温は胃の中に入って、食及びとどこおりをなくし、消化をよくし閉塞を防ぐ。元気をつけて、血のめぐりをよくする効果がある」と記されているそうです。

実に的確に、味噌の効能・効果が指摘されています。ですが今の人は、このような重要な食材である、味噌が簡単に手に入るために、いい加減に考えている方が多いように見えます。



ところが最近の日本は、フクイチからの放射性物質によって、日本全土が汚染される事態に陥っています。従って、「放射能汚染時代を、どう生き抜くか?」が、切実な問題になっています。

その対処法の第一は、放射性物質を可能な限り遠ざけることであり、身体内外の被爆を避けることしかありません。

しかし、フクイチ事故以来、4年以上にも亘り日本全土が既に汚染されていますから、安全と呼べる地帯や食料はないと言えるのが現状です。要するに、放射性物質の脅威を完全に避けることはできないわけです。



この重大な時期に於いて、放射能汚染から身を守り、自己免疫力を高める働きのある「発酵食品」が見直されています。

取り分け、味噌については以前から方々で紹介されています、医師の秋月辰一郎氏の体験談(味噌の効能について)が有名です。同氏は、先の大戦で長崎に原爆投下された時、爆心地から1.8km離れた「聖フランシスコ病院」で働いておられ、そこで被爆されました。

その時、奇跡的に無傷で、病院の仲間と共に献身的に被災者や患者を看病されたそうです。普段から味噌汁と玄米を主体に食べていた秋月氏は被爆された後も、重い原爆症に罹ることなく2005年まで生き続けられたそうです。



秋月氏はその体験から、身体を作るのは食べ物であり、病気に罹りにくい身体、罹っても治りやすい身体を作っていくことが大切であると、語っておられます。

そして、当時同じ病院で被爆され、被害者の救助に当たったスタッフに、玄米と味噌を摂るように指示されたそうです。

その結果、スタッフたちも重症の原爆症になることなく、回復も早かったそうです。その後、秋月氏は、原爆のことや食べ物と体質のことなど、 方々で語ってこられたわけです。



この例からも分かりますが、私たちが今を生き抜くためには「発酵食品」が如何に重要で、大切な食品であるかということです。

しかしながら、悲しいことに、市販の発酵食品の中には、発酵とは名ばかりで、実際に十分発酵していない食品が多く出回っているようなんです。

このことに関して、「NAVER まとめ」(2012年08月24日)記事によりますと、下記のような内容が掲載されていました。



ーー引用はここからーー

発酵食品のはずが、発酵していない?

発酵食品とは、コウジや酵母、乳酸菌や納豆菌など、発酵に携わる菌の働きによって素材をおいしく、栄養豊富にしたもの。

しかしながら、菌に任せて食べ物を作るのは、多くの場合時間がかかります。大量生産にはむきません。それに、発酵食品の「発酵菌が繁殖できる環境」は「雑菌も繁殖しうる環境」であるため、家庭での手作りのようにこまめに品質チェックができる状況でないと腐敗が心配です。

納豆菌のようにちょっとやそっとの雑菌などなぎ倒すような菌ならともかく、割とデリケートな菌などはこまめに手入れをしないと雑菌に負けてしまいます。工場で大量に作って流通させ、店に何日も並べて売るには、そもそも不向きなのです。

その結果、発酵食品を大量生産・大量販売するためには、伝統的な作り方を諦めざるを得なくなってしまったようなのです。


▽菌を使って発酵させる代わりに調味料・添加物で「発酵したっぽい味付け」をした代用品を売ってる

いまお酢ならばわずか1日、味噌・醤油なら2週間~1ヶ月で作られるケースが多いのが実状です。でも発酵に必要な時間は本来決まっているのです。

おおよその基準とすればお酢ならば最低6ヶ月、味噌ならば10ヶ月、醤油ならば1年、これが最低ラインになるのです。"

http://whitebridger.air-nifty.com/blogfile/2010/08/post-842c.html


例えばタクアンは大根を塩と糠で漬け込んでから、最低三ヶ月をかけないとタクアンにはなれません。…(中略)…しかし、現在の市販されているタクアンは単なる塩漬け大根のようなものがほとんどで、へたしたら一週間もたたぬうちにきれいに着色されて店頭にならんでいるのが現実です。"

http://eco.goo.ne.jp/food/slowfood/dentosyoku/shoku18.html


また、漬け物の本道であるはずの乳酸発酵を抑えて、その代わりに化学調味料を添加し、「人工的にうまい味」を売り物にしている漬け物も少なくありません。ひどいのになると、にせ発酵感を作り出すために発酵調味料なるものや香料を添加しているものまであるのです。"

そして、菌の働きを活用しない疑似発酵食品は、本来の発酵食品に比べて長持ちしません。


もともと発酵食品は善玉菌まみれです。善玉菌には、「自分が生きてはびこるために、他の菌をある程度排除する」という性質があります。だからこそ保存食になるのですね。

しかし、市販の発酵食品は、ほとんど菌を活用していません。しかも、近年は塩分を摂りすぎないよう減塩タイプが好まれるため、発酵食品に添加される塩の量を減らしているものが少なくありません。

食品における塩分の役割は、味をつけるだけではありません。塩に耐えられる発酵菌以外の雑菌が増殖するのを抑える働きがあります。

つまり、雑菌と戦ってくれる有益菌がおらず、菌の増殖を抑える塩分も少ない。この保存性の悪さを何で補うかというと、そこはやっぱり添加物に頼ってしまうのです。


▽「菌なし」「減塩」で作るため、塩味と保存性を別の添加物で補うはめに

漬物に塩分が多いのには、訳があります。長期間漬けておく漬物は、塩分が10%以上ないと常温保存ができません。色落ちを防ぎ、食感を保つという働きもありますし、もちろん味にも貢献しています。塩分を減らすということは、これらの役割を補う添加物を入れるということにほかなりません。

そこで登場するのが、化学調味料やソルビン酸、酸化防止剤、PH調整剤、酸味料、着色料などです。甘草やステビアなどの甘味料を使って、塩分の味をごまかしてもいます。塩分を減らしても、これでは身体にいいはずがありません。"

http://www.nstimes.info/08-2010/tenkabustu.html


日本人の食生活に欠かせない漬け物ですが、2~30年ほど前から塩分の過剰摂取の原因として槍玉にあがるようになりました。

その頃から漬け物の加工現場に転換期が訪れ、それまでは塩とせいぜい着色のためのシソやウコンぐらいでつくられていた漬け物が減塩や美味しそうに見える鮮やかな色付けを目的とした「添加物たっぷりのプール」で作られるようになったのです。"

http://www.saha-chiryo-center.com/article/13855036.html


つい先日も、減塩タイプの浅漬けによって食中毒が発生してしまいました。塩分過剰が健康に悪いのは確かですが、手当たりしだい塩を減らせばいいというわけでもない模様。

昔から保存食品に塩を使ってきたのには、それなりのわけがあるのです。食品保存において塩が果たしている働きをちゃんと意識しておけばよかったのですが。


更にこわい話:漬物の原材料は、産地も加工経路も完全には表記されない

漬物といえば、原材料は当然野菜ですね。すべてとはいえませんが、鮮度が落ちてしなびていたり、真っ黒になっているような野菜が使われることも、実はあるんです。

ある港では、塩蔵された野菜が大量に輸入されているそうですが、中には、どのような色にでも着色しやすいように、真っ白に漂白されたものもあるそうです。これらは、漬物業者による加工ではないため、キャリーオーバーとなり、ラベルにはまったく表記されません。"

http://www.nstimes.info/08-2010/tenkabustu.html


全ての市販の漬物がそうだ、とは言いませんが、外食したときに見かける漬物やお弁当に入っているものすごく色鮮やかな漬物とかを想像すると、なかなかぞっとしますね。

発酵食品、健康にいいけど本物は高いし偽物はコワイ。簡単なものなら自分で作ってしまった方がいいかも!

ーー引用はここまでーー



ところで、身近な発酵食品と言えば、味噌、醤油、納豆ですが、そのほとんどに大豆が使われています。発酵食品以外にも、豆腐の大豆やおせちの黒豆、あんこの小豆など、豆は日本人にとって馴染み深い作物です。

しかし、その日本人の食に密接に関わっている豆類のほとんどが輸入に依存しています。その輸入される大豆の75%がアメリカ、次いでブラジル・カナダ・中国からとなっています。

この上位4ヶ国を合わせると、なんと99%の大豆を輸入しているわけです。その上、上位4ヶ国は、 いずれも「遺伝子組み換え大豆」を栽培する国々です。

特に、アメリカで生産される大豆の91%が遺伝子組み換えですから、日本へ大量にそれらが輸出されていることは、この数字の上からでも明らかです。

上記で言われているような、発酵が十分でなかったり、発酵していない発酵食品が出回っていることは、正に詐欺に等しいわけですが、その上、主な原料となる大豆が安全かどうか分からないというのでは、それこそ踏んだり蹴ったりです。



その大豆ですが、もう一つの問題は、醤油などに利用されているのは「脱脂大豆」です。その原価が安いからという理由で、多くの安での醤油に使われているそうです。

何故、これが問題かと言いますと、そもそも「脱脂大豆」とは、大豆の脂肪分を抽出して食用油がつくられるのですが、そのあと残った大豆カスのことなんです。

要するに、「醤油にはタンパク質があればいい」という理由で、この脱脂大豆が安易に使われているのです。日本で流通している醤油の約8割が原料として使っているそうですよ。



こうした発酵とは名ばかりの食品が沢山出回っている理由は、メーカー側が大量生産、大量消費を狙った利益追求に走っているからに他なりません。

それと同時に、人々が何でも安価な物を求める傾向が強いので、それに照準を合わせたメーカー側が、短期で安く仕上がる食品を大量に製造するようになった面もあります。

この世から偽物の発酵食品を無くすためには、消費者自身が、安全で安心して利用できるものには手間暇が掛かり、それなりの値段になることを確りと理解することが大事です。


手作り味噌の作り方




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


卍字いろいろ


「卍(まんじ)」といいますと、日本ではお寺の地図記号として知られていますし、嘗てのドイツのナチスの党章(右卍)にも利用されていたことは周知の通りです。

しかし、普段は余り意識しない字体ではないでしょうか。そのために、どのような由来があるのかも知らない方が多いと思います。私もその部類です。

で、先日「大紀元」の記事を見ていましたら、『卍の意味』と題して下記のような説明が掲載されていました。



ーー引用はここからーー

大紀元日本6月25日】卍は日本語では「まんじ」と読む。由来は漢語の「卍字」または「万字」の音読みで、日本では佛教を象徴する記号としてよく知られ、その歴史は新石器時代以前まで遡ることができる。卍は古来より、佛教の影響が強い国々だけでなく、世界各地の人々に親しまれていた。


古代西洋文化の中の卍

新石器時代のインドでは、すでに卍の模様が生まれ、佛教やヒンドゥー教で頻繁に使われていた。また、ウクライナ国家歴史博物館の陳列品の中に動物の歯に施された彫刻品があるが、歯に彫られた鳥の体に卍の模様が刻まれている。鑑定によれば、この彫刻は1万5千年前のもので、旧石器時代に作られたという。

さらに、トロイ遺跡でも卍の模様が発見されており、古代ギリシア人や、青銅器時代に中部ヨーロッパに広がっていたケルト人、アングロ・サクソン人も卍を使用していたとみられる。

考古学分野で発見された遺物の数々から、バルト海からバルカン半島の東ヨーロッパに及ぶ広い地域において、卍の模様が古くから人々に親しまれていたことが分かっている。古代ギリシアでは、卍の模様は建築物やタイル、織物など広範囲に使われていた。

また、アメリカ原住民文化、アフリカの古代文化、ローマ文化、北欧の海賊の遺跡の中にも、卍の模様が残っている。


近代西洋文化の中の卍

19世紀末から20世紀初頭にかけて、卍は幸運のシンボルとしてヨーロッパで再び流行していた。また、20世紀初頭の米国ではボーイスカウトや男女平等、女子クラブなどの標識として使われた。第一次世界大戦の際には、米国第45軍団の腕章にも卍が採用されている。

1920年、国家社会主義のドイツ労働者党(ナチス)の党章に、ハーケンクロイツ卍(右まんじ)が採用された。この卍はアーリア人とインド・ヨーロッパ語族との関連性を示すために使用されたため、第二次世界大戦後のヨーロッパでは、卍は忌まわしいナチスのシンボルマークとして認識されている。

右卍、左卍に関わらず、これらを使用することを法律で禁止している国もある。そのため、ハーケンクロイツとよく似ている卍の使用も忌避されている。


中国の歴史上の卍

中国に現れた卍は、インド佛教の起源よりも古く、9千年前の新石器時代にはすでに卍の模様が存在していた。ヨーロッパの場合と同じく、考古学分野で発見された数々の新石器時代の遺跡の中に、卍の模様が確認されている。

甘粛省と青海省の馬家窯文化遺跡、広東省の石峡文化遺跡、内モンゴルの小河沿文化遺跡、湖南省の彭頭山文化遺跡と高廟文化遺跡、浙江省の河姆渡文化遺跡、山東省の大?口文化遺跡など、広域にわたる多くの遺跡の中に、卍の模様が残されている。

佛教の経典が中国に伝わった時、卍は「吉祥喜旋」、「吉祥海雲」などと漢訳された。鳩摩羅什や玄奘はこれを「徳」と訳したが、北魏の菩提流支(6世紀)は『十地経論』のなかで「萬字」と訳している。

武則天の長寿2年(693年)に、「卍」は「萬」と読むことが定められた。「吉祥万徳が集まる所」という意味である。この定めにより、卍は漢字として使用されることになった。


卍の意味

簡単な卍の模様は長い歴史の中でさまざまな民族に親しまれてきたが、その意味に関してもまた、さまざまな解釈があった。多くの場合は吉祥、幸運、神聖という意味で使われていたが、はっきりとした意味は分かっていない。

ーー引用はここまでーー



これだけ長い間に亘り、世界中で親しく使用されてきたという字体ですが、その意味が未だにハッキリしていないというのは、面白いですね。

言葉に出して言い表せないような、何か宇宙的な意味合いがあるのかも知れません。人類にとって共通の意識が働く何かがあるものと思います。

ところで、日本では、奈良時代の薬師寺本尊である中尊の薬師如来の掌と足の裏に描かれたものが現存最古の例とされているようです。



卍を組み合わせた、紗綾形(さやがた)は安土桃山時代に明から輸入された織物に見られた文様で、染め物や陶磁器などに使用されています。

saya.jpeg
紗綾形の例


また、これは「卍崩し」「卍繋ぎ」「雷紋繋ぎ」とも呼ばれているそうで、英語では key fret と呼ぶそうです。また、法隆寺など飛鳥時代から奈良時代の建築に見られる「卍崩しの組子」の組高欄は、卍を崩したものだそうです。

kumi.jpg
組高欄



更に日本では、卍は家紋に用いられています。卍紋を家紋として用いた氏族としては、平安後期から鎌倉初期の武蔵七党筆頭(小野)横山氏が「丸に左万字」、戦国時代から江戸時代以降では、加賀八家横山家が「丸に左万字」、大名では大給松平家、高木氏は「左万字」、津軽氏は「五つ割左万字」、蜂須賀氏は「丸に左万字」、江戸幕府家臣では、60 氏ほどが『寛政重修諸家譜』に掲載されているそうです。

幕末に活躍した吉田松陰の家紋は「五瓜に左万字」だそうです。津軽氏の本拠であった青森県弘前市は卍紋を市章にしているそうです。

itutu.png
五つ割右万字



ちなみに、「卍」の筆順は下記のようになるそうです。

manhi.jpg


日本のお寺やナチスの党章などに使われる「卍」マークの意味




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたは会社からの強制で健康診断という「定期検診」を受けたり、自分から進んで「人間ドック」に入ったりして度々、検診を受けていませんか。

現在、日本で行われている定期検診には主に、下記の5つがあります。

①人間ドック
②脳ドック
③癌検診
④メタボ検診
⑤定期健康診断




さて、世界で定期検診を強制的に行っているのは日本だけだそうですよ。また、定期健診をまめに受けている人の寿命は全く延びていないどころか短くなっている、とも言われていることもご存知ですか。

そればかりか、定期健診で定期的に被曝(X線検査で)してしまっています。英国の調査によりますと、日本は世界の主要国15カ国の中で最もCT検診回数が多い国だそうですよ。

その英国の調査では、日本人のガンが原因で死亡した人の3.2%は医療被曝が原因とされているそうです。定期的にお金をかけて健診を受けて殺されてしまうとは、何と日本人はお人好しなのか、と言わざるを得ません。



日本医療の現状について多くの著書で警鐘をならしておられる、近藤誠医師は、『日本は健康診断とか人間ドックとか、職場検診を強制しているけど、これはひどいよな。基本的人権の侵害、憲法違反だよ。この国に生まれた不幸だな』と仰っています。

上記の五大検診は、表向きは国民の健康を守るという建前になっています。しかし、実情は巨大医療産業の利益を守るために存在していると言っても過言ではありません。

このような五大検診という定期検診は、実は完全なビジネスになっていて、健常人を病人に仕立てて、検査漬け、薬漬け、手術漬けで稼ぐための罠であり、仕掛けになっているということです。



ところで、この健康診断に用いられている基準値はオカシイのではないか、と疑問を呈しておられる薬剤師の方がおられます。

それは、宇多川久美子氏で、「HEALTH PRESS」の記事の中で下記のように述べておられます。


ーー引用はここからーー

会社員には年1回の受診が義務付けられ、自営業者にも同頻度の受診が推奨される健康診断――。

血圧や尿酸値、中性脂肪値、骨密度など、すべての項目に基準値が設定され、その範囲内に収まらないと、自覚症状がなくても多くの場合、「異常」や「病気」とみなされてしまう。また、そうした基準値や正常値を知ると、ほとんどの人が自分や家族の値が気になり出し、基準値に近づけようと懸命になる。

だが、人間の身体は、基本的にそれぞれ違うものだ。それなのに、腹囲、血圧、血糖値、尿酸値、コレステロール値が基準値より多少高めというだけで、「異常」のレッテルを貼られることに首をかしげたくなる。それまで支障なく生活していたのに、健康診断で異常という結果が出れば、誰もが不安になるだろう。

その後、心配になって病院に行くと、自覚症状がなくても患者として扱われるようになる。また、病院でいったん薬を処方されると、多くの場合、その後ずっと薬をずっと飲み続けなくてはならなくなる。私には、基準値というものが必要以上に多くの人を病人に仕立てあげている気がしてならない。

また、治ると信じて飲み続けていても、さらに悪くなる場合もある。これでは何のために通院し、薬を飲んでいるのかわからなくなってしまう。

ころころ変わる基準値に惑わされない

ところで、この基準値とはいったい何なのだろうか?

私が薬剤師になりたてのころ、収縮期血圧(最高血圧)の基準値は「年齢+90mmHg」だった。つまり40歳なら130mmHg、50歳なら140mmHgということである。老化により血管の状態も変わり、血流を上げる必要性が出てくるため、年齢が上がるにつれ血圧が上がることは、それほど問題視されてこなかった。

しかしその後、「高血圧治療ガイドライン2004」が発行され、65歳未満は129mmHg以下、65歳以上は139mmHg以下という基準値が採用される。「古い基準値だと高血圧が引き起こす病気や死亡の危険性を防ぐことが難しい」ことが理由だった。

こうした理由で基準値を変更したにも関わらず、その後、高血圧による死亡者は減少したわけではない。変わったのは、基準値が下がったため血圧が基準値を超えて薬を飲まなくてはならなくなった人、つまり「病人」が増えたことだけだった。血圧の基準値はしばしば変更されるが、そのような医療界が作る適当な基準値に振り回されるのは、何ともおかしなことである。

前述したように人間の身体は人によって異なり、自分の"適正な値"は自分の身体がいちばん知っているはずだ。胴囲ひとつをとっても、基準値よりも少し太め、または細めのほうが調子が良いと感じる人もいるだろう。メタボリックシンドロームに関しては、少し太り気味のほうが長生きするというという話も聞くほどだ。体重が少し基準値を超えても、特に不調はなく自分自身が快適に日常を送っているのなら、その人の値は正常だと考えてもよいのではないだろうか。

「動悸がする」「身体が重い」などの自覚症状がある場合は、少し体重を落とす必要があるかもしれない。しかし、基準値をオーバーしても、「冷えがなくなったり疲れにくくなったりした」など本人が快適に感じるようであれば、それは自分にとって健康な証拠である。数値にとらわれる必要はない。

自分の身体の調子の良し悪しは、自分にしかわからない。基準値で一喜一憂しないよう、自分の身体の"適正値"を理解しておくことが重要になる。

ーー引用はここまでーー



全く、仰せの通りでね。医療現場に携わる方から、このような指摘が出るほどですから、如何に現代医療が患者のためではなく、医療マフィアの金儲けの手段になっているのかが、よく分かります。

世間では中年以降の方で、病院で高血圧と診断されて降圧剤を飲むようになったと言う方は沢山おられます。しかし、上記で言われているように、年齢と共に血圧が上昇するのは普通のことですから、病院での数値だけで高血圧と診断されたことを鵜呑みにする必要は無いと言うことです。

私たちは、自分の身体のことは自分が一番良く分かっていることを自覚して、普段からもっと自分自身の身体の調子に注意を払う必要があります。

安易に検診を受けたり、病院に行かないことが、自らの身を守ることになります。但し、余程の変調がある時に一時的に医薬に頼ることを否定するものではありません。何事も自分の判断で行うことが大切です。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

世界の科学者が震撼!恐るべきカラスの頭脳



ご存知のように、カラスは鳥の仲間では賢いことで知られています。人間の幼稚園児よりも賢いのではないか、とも言われています。

例えば、カラスは巣を作るために人間の住んでいる家の物干し台やマンションのベランダからハンガーを盗んだりします。実際にカラスにハンガーを取られたという話は身近に聞くことが良くあります。

また、燃えるゴミの袋を食い破って残飯を漁ったり、自分より弱そうな人間は威嚇したりしますし、中にはクルミなどの固い果実を高いところから道路に落として殻を割ったりしますからね。



こうしたカラスの高い知能は古代ギリシャ時代から知られていたようで、イソップ童話には「カラスと水差し」という有名な話があるそうです。

この話の内容は、喉が渇いたカラスが、細長くてくちばしの届かない水差しに少しだけ残った水を飲むために、周囲の小石を拾っては水差しの中に落とすことで水位を上げるという方法を編み出した、という内容です。

正に、カラス恐るべしです。こうした話を聞きますと、カラスは人間の幼稚園児よりも賢いと言われることに納得がいきます。



さて、このカラスの賢さについて、「カラパイア」では、下記のような記事を掲載していました。 
 

ーー引用はここからーー

カラスやカササギ、ワタリガラスといったカラス科(Crovids)に属する鳥たちは、一般的な鳥よりも頭がいいと言われており、実際に道具をうまく使いこなしたり、いたずらをすることでも知られている。

ドイツ、チュービンゲン大学の神経生物学者レナ・ベイト博士とアンデレアス・ニーデル教授は、カラスの知能の謎に迫るべく、カラスが戦略的な意思決定をする際に、カラスの脳で知性に関わる挙動がどの程度現れるのか検証した。

カラスの脳は他の鳥類の脳とは全く異なっている。行動生物学者たちはカラスの事を「羽をもった霊長類」とさえ呼ぶことがある。


こう呼ばれるのは、カラス達は道具を作り、それを使い、また数多くの餌場の位置を記憶することができるからである。他にも、集団内の自分以外のカラスが何をしているのか見て、社会的な行動をすることができる。

こういったカラスの高度な知性というのは驚くべきものである。なぜなら、鳥類の脳は社会的な行動をしている霊長類を含む哺乳類のものとは根本的に全く異なった構造をしているからである。

チュービンゲン大学の研究者たちは、まず初めにカラスの知的な行動を脳生理学的な面から調査した。カラスを訓練し、コンピュータ上で記憶力テストをできるようにした。

まずカラスに画像を見せ、それを記憶させる。そして、少し時間を置いた後、タッチできるスクリーンに2つの画像を出し、くちばしでどちらかを選択できるようにした。これは、切り替え動作を測る際のルールに基づいて行った。用いる2つの画像の内1つは実験の最初にカラスに見せた画像を用い、もう1つは違うものを使った。

この実験のルールとして、カラスに最初に見せた画像と同じものを選ぶようにするものと、違った画像を選ばせることにした。

カラスたちは両方の場合でも問題をこなし、また正確に2つの画像を切り替えることができた。この結果から、カラスには他の動物のほとんどが持っていないあろ う高度な知性と柔軟な思考を持っていることが実証された。こういったことをするのには人でさえ努力を要するものである。

カラスは先の実験の内容を、新しい画像を使った場合でもすぐに間違いなく選ぶことができた。研究者たちはニドパリウム帯という、鳥類であるものを認識する際に高い活性を示す脳の領域を観察してみた。

 ニドパリウム帯にある神経細胞のまとまりでは、カラスが同じ画像を見せた時に高い反応を示した。一方この時、他の部位の神経細胞のまとまりでは違った画像を見せた時の反応と同じ反応をしていた。

この細胞の活性を観察した結果から、研究者たちはカラスが何かを選択する前に脳のどの部位が活性しているか見ることで次にどのような行動をするのか、予測することができた。(※ニドパリウム帯:哺乳類では脳の前頭前野(他の脳を制御しているとされる領域)にあたる。)

この研究はNature Communicationsに記載され、今回の研究から知的な行動の平行進化というのがどう起きていったのかを考えるのに重要なものとなった。


平行進化とは・・・

『生物の進化に関する現象のひとつで、異なった種において、似通った方向の進化が見られる現象を指す。平行進化の結果、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず身体的特徴が似通った姿に進化する場合もある。』

「鳥類では多くの機能が他の動物とは異なっていることが分かっている。これは、長い進化の歴史の中で鳥類の祖先である恐竜と我々人類は分岐していったからである」レナ・ベルト博士はこう述べている。「このことから、違った分析により知的な行動がどのように生まれてくるのか、これに対する答えが見えてくるかもしれない」

ーー引用はここまでーー



ところで、カラスは古代から人間の側にいる馴染みの鳥類ですから、日本のことわざや慣用句にもよく登場してきます。例えば、下記のようなものがあります。


1.烏の行水:すぐに風呂から上がってしまうこと。

2.烏の足跡:目じりのしわが足跡のように見えることから。

3.烏の髪(カラスの濡羽色):黒髪のこと。

4.烏の鳴かぬ日はあっても:語尾に毎日何かが行われる様子を書く。物事を強調するために用いる。

5.闇夜に烏:見分けがつかないことの例え。

6.三羽烏(さんばがらす):三人組の例え。

7.烏合の衆(うごうのしゅう):統制の取れていない集団をさす言葉。

8.「カラスが鳴くから、帰ーろうっ」:夕方になって子供たちが遊びを仕舞にし、「みんな家に帰ろうよ」という時の合図のように使われる。

9.「ねぐらへ帰る烏が二羽、三羽」:昭和のアナウンサーである松内則三が、1929年(昭和4年)秋の東京六大学野球早慶3回戦の実況の際、夕暮れの神宮球場の情景をラジオで伝え、これがレコード化されたため著名になった文句。



カラスは周囲の声を真似たがる.mp4




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

巨大古代魚 ピラルクーの食餌映像



あなたも、上の動画にあるような、南米アマゾンに生息する巨大淡水魚の「ピラルクー」についてはご存知のことと思います。日本でも大きな水族館で飼育されていますからね。

そのピラルクーですが、「ウィキペディア」では下記のように説明されています。


『ピラルクー(学名:Arapaima gigas)は、アロワナ目アロワナ科ヘテロティス亜科に属する魚。現存するアラパイマ属唯一の種である。体長3m以上になり、世界最大の淡水魚の一つに数えられる。

シーラカンスと同様に生きた化石としてよく知られているピラルク。シーラカンス同様に1億年以上の時をその姿を変えずに生きてきた、まさに生きた化石です。

南米のアマゾン川流域に分布し、沼地や川の流れのゆるい所に生息する。熱帯の淡水域では酸欠状態がおこりやすいが、ピラルクーはたまに水面に口を出して息継ぎをする。

うきぶくろから肺のように空気呼吸ができる。 他にタイとマレーシアの河川に、スポーツフィッシング用に移入され、生息している。 食性は肉食性で、おもに小魚を捕食する。

繁殖はオスとメスがつがいになって卵や稚魚の世話をする。稚魚はオタマジャクシのように全身が黒く、水面に群れをなして泳ぎ、親魚が下から見守る。稚魚の食欲は旺盛で、成長は早い。』



冒頭の動画で見ても分かりますが、このピラルクは身体が巨大だけでなく、全身が固い鎧のような「うろこ」で覆われています。

このうろこは、「特定の機能を実現するために生物由来物質が果たした進化の顕著な一例」だと指摘されており、「特にピラニアのかみつきに対して、多重レベルの防御で対抗するためにある」という研究結果が発表されています。

ところで今日の話題は、このピラルクではなく、志摩の水族館でピラルクルの餌として水槽に入れられていた金魚(以前は、金魚が餌として利用されていたそうです。現在は固形の餌に替わっています。)のことです。



実は、7年前に餌として水槽に入れられていた小さな金魚が、その難を逃れて別の場所に移って、その後、すくすくと育ち、発見された時には25センチにもなっていたそうです。

この件に関して、「Yahooニュース」では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

■志摩の水族館 暗闇耐え、すくすく成長25センチ

kin.jpg

三重県志摩市の水族館「志摩マリンランド」の浄化槽で、体長25センチ、体重360グラムの巨大金魚が見つかった。関係者が調べたところ、もともとは世界最大の肉食淡水魚「ピラルク」のエサだったが、水槽の排水口から“脱出”。

地下の浄化槽まで逃げのびて7年以上も潜伏していたとみられる。暗闇の中で潜伏していたためか、赤い色素が抜けて“黄金色”に輝いているようにも見える姿に飼育員らも「奇跡」と驚いた。(川西健士郎)

◆飼育員もびっくり

「大きな魚がいる」

4月5日、ピラルクを飼育している水槽の地下にある浄化槽(縦5メートル、横3メートル)を清掃していた飼育員が魚影を見つけた。網ですくい上げると、巨大な金魚が姿を見せた。

里中知之館長は「実は、7年ほど前までピラルクのエサは小さな金魚だった。現在では固形のエサを与えているんですけどね」と証言する。

アマゾン川流域に生息する「世界最大の淡水魚」ピラルクは「生きた化石」とも呼ばれ、大きいものは全長3メートルを超える。水槽を悠然と泳ぐ姿とは裏腹に小魚を主食とする肉食魚としても知られる。

◆1センチ排水口スルリ

飼育員らがピラルクの水槽を調べたところ、水面付近にある排水口に直径約1センチの穴が無数にあることがわかった。魚の侵入を防ぐためだが、問題の金魚はこの穴をすり抜けて地下の浄化槽まで流れ落ちたとみられる。

当時、ピラルクの水槽に放っていた金魚は体長3センチほどが多かったといい、「驚いて必死に逃げたのかもしれません」と里中館長は苦笑いを浮かべた。

ピラルクから命からがら逃げ出した金魚だが、浄化槽ではかなり快適な生活を送っていたようだ。深さ30センチの浄化槽の底には砂が敷きつめられ、ピラルクの水槽から固形エサの残りカスなどが絶えず流れ落ちているという。飼育員の出口大輔さん(20)は「残りカスといっても栄養バランスはばっちり。食生活は相当恵まれていたと思う」と解説する。

◆清掃作業流されず

その一方で、浄化槽にたまったゴミを除去する月1回程度の清掃作業「逆洗」で何度も身の危険にさらされてきた。

「体の小さい金魚が一緒に流されてもおかしくない。一度も流されなかったのは奇跡」と出口さんは目を丸くする。

地下にある浄化槽は普段は真っ暗闇で、飼育員らは投光器を片手に作業している。そんな飼育員らの目もかいくぐり、金魚はすくすくと成長した。「魚がいるとはまったく想像できなかった」と出口さん。

金魚の発見後、同水族館は春季特別展「春らんまん 金魚ワールド」で、浄化槽で発見した金魚を5月31日まで展示した。

体色は黄色がかっているが、専門家らによると、真っ暗闇の中で育ったために光が不足し、もともとの赤い色素が抜けた可能性があるという。

さらには、金魚は環境さえ良ければ20年以上も生きることができ、体長も30センチ程度まで成長する。金魚を観賞した人のなかには、光の当たらない場所で孤独に暮らしてきた境遇に共感したとの声もあがっている。

巨大金魚は大きな話題になっているが、里中館長は「エサ用の金魚を“看板魚”にするのは少し気が引けます。だから、こっそりと再開したい」と話し、21日から展示を再開するという。

ーー引用はここまでーー



私も昔、水槽で金魚を長らく飼っていましたが、残念ながら、それほど長生きをするものはいませんでした。ですが、金魚は結構、大きくなるようで、ネット上でも30センチ以上に育った金魚の写真なども掲載されていました。

それにしても今回の金魚が生き延びて、大きく成長したことは正に奇跡的です。飼育係としては、餌にしていた金魚が生き延びていたことを知って、複雑な気持ちだったと思われます。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

このところ急に、「オキシコドン 」という言葉がマスコミやネット上で頻繁に使用されていますが、ご存知のように、トヨタ自動車の重役のアメリカン人女性が、その錠剤を違法に輸入したとかで逮捕されたことがキッカケでした。

私も含めて、これまで一般の人は余り知らなかった薬品だと思いますが、どうやら人体に影響する藥物が含まれている錠剤のようです。

「ウィキペディア」によりますと、下記のような説明が見られます。


『オキシコドン (oxycodone) とは、アルカロイド系の鎮痛剤の一種。アヘンに含まれる成分のテバインから合成される。

塩酸塩(塩酸オキシコドン)の徐放製剤「オキシコンチン錠」・速放製剤「オキノーム散」(ともに塩野義製薬製造販売)、複方オキシコドン(ヒドロコタルニン酸塩酸塩との合剤)注射剤「パビナール」(武田薬品工業製造販売)が日本で販売されている。

分子式は C18H21NO4、分子量は 315.364、CAS登録番号は [76-42-6]。

中~高程度の疼痛を緩和するために用いられる。オピオイド受容体にはたらき鎮痛作用を示すものと考えられている。

中でも、モルヒネに比べてμ2受容体への親和性が弱いとも言われており、便秘や吐き気などの副作用が少ないとされる。経験上、吐き気もモルヒネにくらべて難治性となる割合が低い。

しかしながら、これは便秘や吐き気対策が必要ないということではなく、使用に当たっては十分な配慮が求められる。

一般にオキシコドン40mgがモルヒネ60mgと同等の効果であるとされている。 高用量で他のオピオイドにはない神経因性疼痛への効果が動物実験でも確かめられており、臨床応用が期待されている。

一方、呼吸困難や咳嗽への効果はモルヒネと同等であるとの論文も見られるが、臨床的にはモルヒネより明らかに弱いという意見も多く、議論となっている。』



今回、オキシコドンをアメリカから個人輸入しようとして逮捕された、トヨタ自動車のアメリカ人女性役員に関して、「朝日デジタル」では下記のような記事を載せています。


ーー引用はここからーー

組織犯罪対策5課によると、ハンプ容疑者は今月11日、米国から麻薬成分のジヒドロヒドロキシコデイノン(通称オキシコドン)を含む錠剤57錠を輸入した疑いがある。米国から成田空港に着いたハンプ容疑者宛ての国際郵便の小包を東京税関が調べたところ、荷物の底で袋に入れられた状態で見つかったという。

厚生労働省によると、オキシコドンなどの医療用麻薬を個人が日本に持ち込むには、医師の診断書などを示して厚労省の許可を得る必要がある。処方された本人が携帯する場合に限られ、郵送での持ち込みは認められていない。

オキシコドンはモルヒネと同様に鎮痛作用があり、がん治療など医療目的で処方されることもある。一方で、米国では乱用が社会問題になっている。

同課の説明では、オキシコドンの購入には米国でも処方箋(せん)が必要。警視庁は、押収した量などから、ハンプ容疑者が自分で使うために輸入したとみている。

ハンプ容疑者は、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)や、ペプシコーラで知られるペプシコで副社長を務め、2012年に北米トヨタに移籍。今年4月にトヨタ本体の常務役員に抜擢(ばってき)された後は、広報担当として主に東京で勤務していた。就任直後に「トヨタを尊敬される会社だけでなく、愛され、親しまれる会社にしたい」などと抱負を語っていた。

トヨタは18日夜、「お騒がせをして申し訳ございません。今後の捜査を通じて、ハンプ氏に法を犯す意図はなかったということが明らかにされると信じています」とコメントした。

ーー引用はここからーー



このオキシコドンは本来、医療目的で医療されているようですが、日本では麻薬扱いになっているので、トヨタ自動車の役員も逮捕ということになったようです。

ご本人は麻薬と認識していない、と語っているようですが、自分の医療用として利用する目的であれば、他に正規の輸入方法もあったはずですので、ひょっとしたら、彼女はこうした藥物の常習者かもしれません。

この薬は、アメリカでも医師の処方が必要とされていますが、処方される機会は多く、一般的な痛み止めとして広く使用されているそうです。そのために、多くの中毒者が出て社会問題となっているそうです。



そもそも、オキシコドンというのは「モルヒネやヘロインに近いアヘン系の麻薬」だそうで、強い鎮痛効果と多幸感があって、依存性が強いものだそうです。そのために、アメリカでは麻薬の代わりに使用するケースが増えているとのことです。

更に問題なのは、この藥物がインターネットなどで容易に入手が可能だということです。あやしげなインターネット薬局の中には、本来なら医師の処方せんが必要な薬品が、処方せんなしで簡単に買えるものもあり、未だにこうした販売サイトが生き延びているようです。

何でも、12歳以上のアメリカ人の内、1600万人が過去1年間に、オキシコドンなどの痛み止めを医療目的以外で1回以上使用している、と問題視されています。



問題なのは、オキシコドンを常用している者が、より少量で同じ作用を得られるヘロイン(麻薬)に乗り換える傾向のあることです。

2009年に急死した歌手のマイケル・ジャクソンが服用していたとも報じられていますし、エルビス・プレスリーや2008年に急逝したヒース・レジャー(2008年没 享年29)や、コートニー・ラブ、ウィノナ・ライダーらの名前も挙がっています。

日本では、医師が処方する場合などに限って使用が認められているそうで、その際、医師は都道府県知事に届け出て、鍵をかけた戸棚などで厳重に管理する必要があるそうで、また捨てるのにも許可がいるなど、厳しく管理されているそうです。



今回逮捕された、トヨタ自動車の役員の場合は、中身は「ネックレス」と記して輸入したようですが、ネックレスとは名ばかりの、おもちゃのネックレスで、オキシコドン錠剤は箱の底や一緒に入っていた紙袋、ペンダントケースの底の3カ所に隠されていたそうです。

警視庁は、錠剤が隠されるように入っていたことから、輸入が禁じられている麻薬と認識していた可能性があるとみて、いきさつや発送元について捜査を進めているようです。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




以前から「トランス脂肪酸」が人間の身体に有害だということは指摘されてきました。特に最近は、世界的にトランス脂肪酸の規制が広がっているようです。

先日、米食品医薬品局(FDA)は、マーガリンなどの加工食品に含まれ、心臓病の原因になると指摘されているトランス脂肪酸について、2018年6月以降に食品への添加を原則として禁止すると発表しました。

この他にも、デンマーク(2003年)、スイス(08年)、オーストリア(09年)では、100g当たり2g以上のトランス脂肪酸を含んだ油脂の国内流通を禁止しています。

また、カナダ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、韓国、香港、台湾、中国では、食品含有量表示を義務付けているそうです。



しかしながら、日本の場合は無規制で民間任せという状態のようです。上記で言及しました、世界的に広がっている表示義務化も日本では行われていない、というのですから、ちょっと疑問に感じます。

消費者庁は、2011年2月21日に「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針について」、表示の義務化ではなく、「食品事業者においては、トランス脂肪酸を含む栄養成分の表示が、消費者の食生活の改善に重要な役割を有することを認識しつつ、販売に供する食品の容器包装、ホームページ、新聞広告等により情報開示が行われることを期待する」などといったものを策定したでけのようです。

要するに、情報開示するかどうかを食品事業者に任せているわけです。その上、消費者庁は、この指針に基づいて情報開示した事業者の状況をまったく掌握していないそうで、全く何の責任も摂らない役人のやりそうなことです。



ところで、この「トランス脂肪酸」は、ごく微量には自然にも生成するようですが、現代社会においてはほとんどが食品加工、特に食用油の製造に伴って発生するものだそうです。

水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物で、主に下記のような悪影響が指摘されています。(「NAVERまとめ」より)


1.悪玉LDLコレステロールを上昇させる

2.善玉HDLコレステロールを低下させる→冠状動脈や脳血管に悪影響を与える動脈硬化・痴呆・アルツハイマー病・パーキンソン病

3.血中の中性脂肪の大部分を占めるトリグリセロールが増加することでインシュリン抵抗性が増す→高血圧・糖尿病・心臓病の原因

4.アレルギー疾患(喘息/アレルギー性鼻炎/アトピー性皮膚炎)

5.発ガンの原因

6.妊娠率を低下させる

7.クローン病(ドイツでは因果関係が証明されています)




このトランス脂肪酸が多く含まれている食品としては、下記のようなものが上げられています。

1.ぬりもの・オイル系:マーガリン、ピーナツバター、マヨネーズ、コーヒーのクリームなど

2.お菓子系:ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、クラッカー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど

3.インスタント・レトルト系:カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのルウ、カレーのルウなど

4.ファーストフードやファミリーレストラン系:チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン、パイなど

5.冷凍食品系:から揚げ、ケーキ、ピザ、魚のから揚げ、コロッケ、天ぷらなど



ところで、トランス脂肪酸に関して『トランス脂肪酸、日本でも禁止すべきか?』と題して、帝京大医学部准教授の新見正則氏は下記のような見解を述べておられます。


ーー引用はここからーー

今日はトランス脂肪酸の使用がアメリカで2018年6月から禁止されるという記事についてです。

まず、あぶらには、常温で液体のあぶら(油)と固体のあぶら(脂)があります。これをまとめて油脂と呼んでおり、この油脂は脂肪酸とグリセリンからできています。この油脂やコレステロールをあわせて脂質と呼んでいるのです。

「脂質代謝異常」などという病名に出てくる脂質です。脂肪酸は炭素の原子が鎖状に繋つながったもので、炭素の二重結合がない飽和脂肪酸と、二重結合がある不飽和脂肪酸に分類できます。グリセリンに3個の脂肪酸がついたものがトリアシルグリセロールと呼ばれ、健康診断などで測定される血液中の「中性脂肪」がこれにあたります。

不飽和脂肪酸は二重結合のときの構造の違いでトランス型とシス型に分類されます。二重結合を挟んで酸素が同じ側についているものをシス型、反対側についているものをトランス型と呼びます。

自然界にはトランス脂肪酸はごく微量にしかありません。トランス脂肪酸のほとんどは人工的に作り出されています。常温で液体の植物油や魚油から、固形の油脂をつくるときに、二重結合に人為的に水素を添加して、二重結合を解消します。その時に大量のトランス脂肪酸が合成されてしまいます。

つまり、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングにトランス脂肪酸は含まれ、それを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子や揚げ物にトランス脂肪酸が含まれるのです。


健康への悪影響報告、欧米人が対象

そのトランス脂肪酸には以前から健康への悪影響が指摘されていました。具体的には、トランス脂肪酸の摂取量が多くなると、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、一方でHDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ると言われています。

そして心臓病のリスクを高めるという報告があるのです。ただこれらの報告は欧米人を対象にしたもので、日本人を対象にしたものではありません。

そのトランス脂肪酸の使用がアメリカでは2018年6月以降禁止されるということが今回の報道です。一方本邦では厚生労働省は、トランス脂肪酸については、「摂取すべき範囲として表すことが困難」として、目標量の基準を定めてはいません。

さて、アメリカでは近い将来全面禁止されるトランス脂肪酸を、日本人に対する研究がないという理由で、日本国内での使用を認めて良いかという問題です。僕はどちらでもいいのではと思っています。

大切なことは、アメリカという世界の大国が国を挙げて規制に乗り出しているものがトランス脂肪酸であるということを国民が知って、そして考えればいいのです。アメリカ人に比べて、トランス脂肪酸の摂取量は日本人では少ないそうですから、いままで通りにあまり気にせず、トランス脂肪酸が含まれている食品を食べようというのも現状では理にかなっています。

また一方で、アメリカで全面禁止されるものは、やはり極力やめておこうというのもひとつの対策です。

国として規制するにはいろいろと準備も必要でしょう。また、日本人のためのデータの集積が必要です。体に悪いとほぼ認識されているタバコはいまだに世界中で売られています。

そして体に悪いとわかっていても喫煙している人は多数います。体にいいと思って喫煙している人もいるかもしれませんが、それはちょっと医療的立場からは擁護できません。


美味しい物は体に悪いことが多い?

トランス脂肪酸も、健康には好影響だから積極的に摂取しようという人を、僕は医学的に容認できませんが、今回のアメリカの事情などを知って、そして日本人が食するトランス脂肪酸の量であれば安全であろうと考えている人を説得する根拠はありません。

僕は生きていくということは、危険の中で過ごすことと思っています。口にする物は基本的に体に悪い可能性があると思っています。とくに美味おいしい物は体に悪いことが多いと思っています。食は個人の自由です。正しい情報を手に入れながら、自分の健康は自分で考えて下さい。

人それぞれが、少しでも幸せになれますように。

ーー引用はここまでーー



まあ、上記で言われているように、余り神経質にならずに、何事も是々非々で、自分の裁量で摂取することが大切です。

但し、自分で良くないと感じたら、スパッと止めるぐらいの決断力は必要です。そして、世間の多様な情報に左右されないで、心静かに過ごすことが何より大事なことだと思います。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

hou2.jpeg
よもぎ乳酸菌液 蓬龍宝「紅龍」と「白龍」


これまで何度も、乳酸菌の必要性などについて色々と紹介してきましたので、これ以上あれこれ申し上げることはありませんが、今回は上記の植物性のよもぎ乳酸菌液:蓬龍宝(ほうろんぽう)について新たな情報をお伝えします。

そもそも乳酸菌ですが、糖を分解して乳酸を生産することによってエネルギーをつくる細菌の総称であり、多くの種類があります。

植物性(植物由来)の乳酸菌は酸に強く、生きたまま腸に届くため現在注目を浴びています。植物性乳酸菌は、腸まで届くプロバイオティクス食品であり、腸内生存率が動物性乳酸菌の10倍であると言われています。

植物性乳酸菌の効果として,腸内細菌のバランスを回復する整腸作用、免疫活性作用、発ガン物質の排出・分解、便秘や下痢の解消、病原菌感染の予防、コレステロール抑制作用などが挙げられています。

この乳酸菌について詳しく知りたい方は、下記の著書をオススメ致します。

=>『あなたの知らない乳酸菌力』



さて、今回の話題ですが、冒頭の植物性のよもぎ乳酸菌液:蓬龍宝(ほうろんぽう)に独特のニオイがあることに付いて、利用者から問い合わせなどがあるようで、このことに関して、乳酸菌普及協会が下記のような回答されていましたので、紹介いたします。


ーー引用はここからーー

蓬龍宝はよもぎ乳酸菌の発酵液です


最近になって、匂いとか味とかに関しての問い合わせがありましたので、この件に関しての説明をしたいと思います。

ホウロンポウは、皆様ご存知の通り、よもぎの乳酸菌を発酵培養したものです。その目的は、腐敗環境を醗酵環境に変えていく為の、善玉菌の集団です。

この乳酸菌の発酵液で、腸内や体表、また環境を醗酵環境にしていく事で、自然が本来持っている、免疫力を高め、自然治癒力を正常化していく事によって、不調が快調になってゆく事を目指しています。

本来飲料ではないので、味の調整等は一切行っておりません。よもぎから採取した、乳酸菌を始めとした微生物を拡大培養したものです。

従いまして、よもぎの採取時期や、培養の時期により、生き物ですので、全く同じ状態になる事は、ないと思っています。

醗酵状態になっている事を確認する意外、匂いや味等につきましては、出来上がってみないと分からないと言うのが、正直な所です。
 
特に今年正月以降、改めて発酵の見直しをさせて頂いたと言う事もあって、最近の製品は、発酵が良くなっており、状態としては良い状態で推移しています。

そんな訳なので、皆様にお願いしたい事は、醗酵状態は確認して出荷していますので、匂いや味と言う嗜好の部分につきましては、ご自分の嗜好に合うように、調整をお願いしたいのです。

この嗜好の部分は、千差万別で、皆様それぞれ感じ方は違うので、この嗜好に合わせる為に、市販の乳酸菌飲料は、砂糖や香料等の添加物が使われています。

ホウロンポウは、添加物は一切使用してはおりません。よもぎから採取した乳酸菌を始めとした一切の微生物を、糖蜜、粗塩、にがり、ミネラル、これだけで拡大培養しています。

匂いや味の調整等は、今の現状では、出来ませんし、する予定もありません。この部分は、お使いの皆様に、ご自分の嗜好にあわせて調整して貰わなければならない所です。

どうかこの辺の事情をご理解頂きまして、お使い頂きますようお願い致します。

ーー引用はここまでーー



ところで、この植物性のよもぎ乳酸菌液:蓬龍宝(ほうろんぽう)は薬はありませんので、その効能がどうのこうのと言うものではありません。

ですが、利用者の方から色々な効果があることが多く寄せられています。中には下記のようなものがあります。

1.便秘が改善された。(これは平均的に10日前後で起こっています)

2.汗の臭いが消えた。(特に夏の暑い時期に多く聞かれました。この事は、接種開始から1週間程度で感じるそうです。)

3.抜け毛が大幅に減少した。(これは原液を頭皮に塗って3日目くいで実感したそうです。)

4.体臭(加齢臭を含む)が気にならなくなった。(これは個人個人によりますが、1か月くらいで気にならなくなったそうです)

5.肌がしっとりツルツルすべすべになってきた。

6.洗濯物の蒸れた匂いが消えた。

7.原液でうがいをしたら、口内炎が一発で治まり、続けていたら歯茎が締ってきて、歯茎からの出血が皆無になった。

8.目薬のかわりに蓬龍宝を点眼してみたら、目やにが出だし(デトックス効果と思われる)目やにが治まると同時に視界がすっきりとなってきた。

9.原液を塗り込んでみたら、水虫が治ってしまった。

10.犬猫の臭いにおいが、原液をスプレーしたら、くさい臭いが気にならなくなったと同時に、犬猫が元気になった。

11.20倍に希釈して植物に散布したら、とっても元気に勢いよくなった。

12.流しの生ごみにスプレーしておくと、生ごみが腐らなくなり腐敗臭も発生しなくなった。



この他にも、下記のような体験報告をされている方もあります。

1.飲用(生野菜ジュースと)したり、化粧水、目やのどにスプレーしています。お通じが良くなったり、夫のガスがあまり臭わなくなったり、のどの痛み、もらいものの治りが早かったりという効果を感じています。

また、生ゴミや湿ったタオルにスプレーしてますが、やはり消臭効果は抜群ですね!ありがとうございます。今度こそは、乳酸菌風呂にしたいと思います。


2.6月に実家の母(80歳を超えています)が、夏バテで弱り切っていると聞き早速2本送りました。真面目に飲用してくれたそうで、お蔭さまもあって、普通に動ける迄になりました。

先日帰省した際、「もう無いよ」と申しておりましたので、手配させて頂きます。「かゆい所に塗ったらすぐに治ったよ」と色々活用してくれているようでうれしかったです。

自分はと言えば、ちょっと恥ずかしいけど、今年の夏は水虫の発生がありませんでした。お風呂上がりに足に直接シュッシュッとしただけです、驚きの効果です。そんなにひどくは無いのですが、毎年悩まされていたので喜んでいます。


3.ここ半年くらい、蓬龍宝を化粧水代わりに朝晩顔に噴霧しています。高級な乳液・化粧水を使っていた時より、肌の調子がよく、色白になったと言われます。

入浴時には、蓬龍宝を霧状にして鼻から20回深く吸い込みます。呼吸器のすみずみまでいきわたるようにしています。気づいたら、18年苦しんだ花粉症と鼻炎の症状が消えていました。毎日の半断食と年2回の座禅断食との相乗効果かと思いますが、乳酸菌の効果も大きいですよね?


4.その後、花粉症がひどいので頂いた蓬龍宝を鼻うがいの塩水に入れて行いました。何日かするとかゆみが取れてきて、ツイッターに経過報告を書いたところ、飯山先生から腸洗浄をするとよいとの返信を頂き、早速試しました。

乳酸菌は普段、米とぎ汁を自分で発酵させているのですが、発砲が強いこともあり、自作の物を腸に直接入れるのには少し抵抗があり、やはり蓬龍宝を使用しました。

「劇的」と飯山先生はおっしゃっていましたが本当にすぐに良くなり驚きました。すぐ戻ってしまうのですが、朝腸洗浄をして夜までは症状が軽いまま過ごせる感じです。そのうち花粉も終わってしまいましたが続けていたらかなり良くなるのではないかと思いました。


5.1か月ほど前に蓬龍宝を注文し、お奨めの水と塩で割って飲用したり洗面器にミネラルウォーターを入れ、キャップ一杯ぐらいの蓬龍宝入れて目を洗ったりうがいをしたりと色々、試しています。お世辞にも美味しくはないです。

でも、1週間ぐらい我慢して飲用していたら逆に身体の方が欲しがるようになり毎晩、飲まないとすっきりしなくなりました。

乳酸菌というと腸、そして便通改善と想像する方も多いと思いますが私の場合は尿がものすごくよく出るようになり、一昨年、健康診断で腎臓が再検査で、経過観察だったのですが・・・気が付いたらなんとなく腫れていた左側の背中(腎臓のあたり)の腫れがなくなっていて驚きました。



更に、この植物性のよもぎ乳酸菌液:蓬龍宝(ほうろんぽう)を使って、免疫力を高める効果のある、「豆乳ヨーグルト」を簡単に作ることができます。詳しくは下記をご覧ください。

=>蓬龍宝を使った豆乳ヨーグルトの作り方



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


(9キロ体重は減ったが、すがすがしい表情を見せる榎木孝明氏)


世の中、依然として肉食や飽食に明け暮れる人々が多いのですが、一方で肉食を止める人や、小食を実践したり、断食や不食に挑戦する人々も増えています。

著名人の中にも、こうした人々が増えているようで、一日一食を貫いている芸能人の方や各界で活躍されている方なども結構おられるようです。

私は以前に、このブログで「不食の人々」という記事を書きましたが、その中で下記ようなことを紹介しました。


『この話は随分前からネット上などでも話題になっていたようですから、ご存知の方も多いかも知れませんが、インドのヒラ・ラタン・マネク氏(70代か?)は何十年にも亘り、太陽を直視して、そこから得られるエネルギーを中心にして、僅かな飲み物だけで暮らしているそうです。

世間ではこうした話は眉唾と思うようで、これを確かめるべく、インドでも、アメリカでも外部の人間による監視の基に不食生活をさせたところ、百十数日も、こうした不食の生活をしたことも報告されています。

太陽を直視することは昔から世界各地で行われており、精神的にも肉体的にも効果があることは知られています。このマネク氏は毎日1時間も太陽を直視してエネルギーを吸収しているそうですが、これは誰でもが出来ることではないでしょうね。


私はここで、自分がこうした不食をしたいとか、みんなにそれを勧めたいと言うのではありません。唯、このマネク氏が次のように言っていることに賛同しているわけです。

「この方法(太陽直視をすることによる不食)は人間が本来持っている力を目覚めさせ、脳を快活にさせます。実際、歴史上には多くの不食の人々がいます。また実際に英国の王立医学院は日光が人間に理想的なエネルギーを提供するということを発表したこともあります。

また実際の断食に当たっては、ジャイナ教、そしてヒンドゥー教の古い聖典を参考にしています。今日、我々は日光の悪影響ばかりに注目し、それをあたかも敵であるかのように避けようとしています。

しかし、実際のところ人間の様々な困難は日光エネルギーの不足によるものが多いんです。太陽からエネルギーを得るのは簡単です。太陽をしっかりと凝視して、そのエネルギーを脳に直接送り込むんです。目はいわばエネルギーを得る口となるわけです。」



また、太陽直視だけでなく、足からも大地のエネルギーを得ていると、下記のように語っています。

「裸足で外を歩くことが、目から日光を得ることの助けになります。これはまた体内の諸所の内分泌活動と、特に松果体、言われるところの「第三の目」の活動を助ける役目を果たします。

それから日光を見ることは早朝、そして夕方がよろしいでしょう。夜明け、そして夕暮れのそれぞれ一時間前くらいが丁度いいと思いますね。それに日光をただ見るだけでも人間はビタミンAとDを得ることが出来ます。」



この彼の他にも、ドイツでもロシアでも、また他の国々でも、同様に不食を何十年も行っている人々がいることが知られています。
ただ、そうした人々は特別に不食をしていることを言い触らしたりしませんので、余り一般には知られていないのが現状のようです。』



さて、こうした少食や不食に関心が持たれるようになりましたが、遂に、俳優の榎木孝明氏が30日間の不食に挑戦して、見事成し遂げられたというニュースが報じられました。

そのことについて、「Yahooニュース」では下記のような記事を載せていました。


ーー引用はここからーー

俳優の榎木孝明(59)が、5月20日から続けてきた30日間の「不食」を18日に終える。15日夜、インタビューに応じた榎木に、今回の思い切った行動を起こすきっかけや、体に及ぼしたさまざまな変化を聞いた。

修行僧のような姿ではなかった。榎木は痩せているものの元気で顔色も肌つやもいい。「絶食、断食ではない。食べなくても生きられることを自分の体で科学的に調べてみたかった。不思議ですが一度も空腹感はない。心地良い満腹感に満たされているような。苦痛を探してもないんです」

この間、万が一に備え、専門家の指導を仰ぎ、都内の研究室に泊まり込み、ここから仕事へ。摂取は水のみ。血糖値や塩分対策で1度あめ玉を補給しただけだ。採血、検尿、心電図を毎日検査しているが異常はなく、9キロ減った体重はいま71キロをキープしている。

飽食時代。04年ごろから「不食」本が注目され始めたが、榎木は20代からインド中心に一人旅を続け、飲まず食わずで帰国後、いつも体調が良くなっていることに着目。短期間の「不食」を何度も経験してきた。「食べないと死ぬ、という恐怖感が良くない」。スケジュールを調整し、1か月間の実験を敢行。さまざまな変化が起きた。

「集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた。理由はまだ分からない。でも、眠っていた自浄作用が一斉に目覚めた感覚。運動時も胸式呼吸が腹式に。スタミナが増しました」

榎木は、この経験はあくまで個人の体験に基づくもので研究の第一歩だと強調。「これを強制するものではないし、私自身、食文化を否定しません」。無事に「不食」を成功させると、2日後にはテレビの“食レポ”の仕事が待っているそうだ。

ーー引用はここまでーー



これは実に画期的な報道です。これまでの西洋医学が盛んに強調してきた、「人間は食べなくては死ぬ」とか「栄養を摂らないと病気になる」とか、「朝食を摂らないと身体に悪い」などの主張が、根底からくつがえることになりますからね。

特に現在、日本はフクイチからの放射能汚染物質のために、全土に亘り土壌が汚染されているはずですから、ほとんどの食物が安心して食べられないような状況に陥っています。

ですから、日々、これまでのような食べたいだけ、タラフク食べるなどの飽食は出来ないのではないかと思います。食べれば食べるほど、放射能による内部被曝の影響を強く受けるわけですからね。



こうした時期に、榎木氏の勇気ある行動が報じられたことは、決して偶然ではないと思います。大きく言えば、これからの私たちの生き方を示して下さった、とも言えるわけです。

勿論、今直ぐ、誰もが不食を実践することは不可能ですが、これまで少食や一日一食を続けて来られた方であれば、数日間ないしは1週間ぐらいの不食の実践は問題ないと思います。

しかし、何事も心の準備もないのに、いきなり挑戦することは危険ですので、徐々に実践して、自分の体調を見ながら、行く行くは不食を日常に取り入れる、というようにされるといいと思います。



ところで、この榎木氏の快挙について、早速マスコミが騒ぎ出し、急遽、記者会見が開かれたようですが、質問する記者たちは皆、旧来の西洋医学や西洋栄養学に侵されている頭の者たちだったようで、「お腹がすかないって、本当にあるんですか?」「食べ物の夢を見ませんか?」などと、半信半疑の質問が相次いだそうです。

その他、ネット上では、榎木氏の冒頭の写真を見て、病気ではないか、癌ではないかなどと書き込んでいる者もいましたし、カルト宗教の宣伝行為のように受け取っている者もいました。

でも、どのような反応であっても、こうして大きな反響を広く世間に与えたことは大変に有意義であったと思います。榎木氏の行動だけでなく、最近は皆が常識だと思ってきたことが徐々に覆されるような現象が多発していますから、これまで無知、蒙昧だった人々も次第に目覚めてくる可能性があります。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


長生きの秘訣は、「腸内細菌」を増やすことだった。老化、がん、うつ、アレルギー、動脈硬化、高血圧症、…さえも恐くない。病気知らずの体をつくる、知られざる「腸内細菌」効果―著者長年の研究成果の公開。


これまで消化器の病気と言いますと、胃や肝臓の病気が多かったそうですが、近年は「腸」の病気がどんどん増えているそうです。

腸の病気には、大きく分けて、「がん・ポリープ(腫瘍性腸疾患)」、「キズ(潰瘍)・ただれ(炎症)を起こす病気(炎症性腸疾患)」、「動きの異常・痛みの過敏を起こす病気(機能性腸疾患)」の三つに分類できるようですが、その全てが増加していると言われています。

その腸ですが、今や、科学者たちによって腸は「第ニの脳」とまでみなされているそうです。腸は気分や感情、免疫系、さらには長期的な健康に関する化学的作用に影響を与えると言われています。



腸は、ヒトの身体を守っているリンパ球の60%が集まる「ヒトの身体で最大のリンパ組織、免疫組織」であり、首から下の神経の50%以上が集まる「ヒトの身体で最大の末梢神経組織」であり、身体の中の毛細血管などの小さな血管の55%が集まる「ヒトの身体で最大の微小血管系」を含有しており、また生体内「ヒトの身体で最大のホルモン産生」をしていることが分かってきたそうです。

こうしたことから、腸は「第ニの脳(second brain)」と呼ばれるほど複雑な組織であることが明らかとなったそうですが、実は脳も腸を守るために発達してきており、「腸は脳より複雑な組織であるはず」と極論する研究者もいるそうです。

その腸がどれほど重要な働きをしている臓器かについて、「カラパイア」では下記のような記事を掲載しています。



ーー引用はここからーー

1.脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器

腸は権威に抗するレジスタンスのように、脳からの信号を待つことなく消化という重要な機能を果たすことができる。こうした芸当は、他の臓器はもちろん、あの力強い心臓でさえできないことだ。

2.1億個もの脳細胞が存在する

腸が自分で判断できるのも驚くにはあたらない。食道から肛門まで続く9mの腸には、無数の脳細胞が存在するのだから。このニューロンの数は脊髄や末梢神経系よりも多いのだ。

3.腸は独自の神経系を持つ

腸の神経系は、消化や排泄を司る絶対者として君臨しており、それ自体であらゆる機能を遂行する。科学者の中には、ここを中枢神経系の一部とみなす者や、その本体であるとみなす者もいる。”実行”刺激がくると、脳からの司令なく腸にキューを出すよう進化したようにも見える。これは無力な新生児の脳を考えると特に妥当に思えてくる。

4.腸が脳に感情のサインを送る

腸には迷走神経という、大きくて、厄介な神経が埋め込まれている。研究では、その繊維の最大90パーセントまでが腸から脳へと情報を運んでいることが明らかとなっている。言い換えると、脳は腸からの信号を感情として解釈しているのだ。だから、あなたは心から腸を信頼するべきだ。

5.胃腸障害は腸の”精神疾患”とも言えるかもしれない

抗鬱剤として身体の調子を整える素晴らしい気分物質セロトニンだが、およそ95パーセントが腸の中で見ることができる。ということは、食事や薬、抗生物質が人の気分をめちゃくちゃにしてもちっとも不思議ではないということだ。

6.健康な腸は骨を守る

セロトニンと腸の関係を調べた研究から、腸と骨との意外な関係までが浮き彫りにされた。マウスを使った実験で、腸からのセロトニン放出を抑制すると、骨粗しょう症の骨密度低下が抑えられたのだ。この発見は、骨粗しょう症の新薬研究につながった。

7.自閉症と腸内細菌株の関係

十中八九と言ってもいいほど、自閉症の患者には、腸管壁浸漏症候群、過敏性腸症候群、有益な細菌株の不足といった、腸のバランス不全が見られる。マウスを使った実験の結果からは、腸内の細菌叢のバランスを取り戻すことは、自閉症の一部の行動障害に対する治療につながるようだ。ただし、これによって自閉症が”寛解”するわけではないことに注意しよう。

8.何を食べたかで腸が気分に影響を与える

様々な食事をチューブを通して腸に与えた実験からは、被験者が何を”食べている”のか分かっていなくても、気分に影響を与えることが確認された。例えば、脂肪は、脳の天然の麻薬であるドーパミン放出の引き金となるようで、幸福感や喜びを増加させる。一方で、炭水化物は、幸せ神経伝達物質セロトニンの放出を刺激する。

9.腸に宿る免疫細胞が病気から守ってくれる

腸には脳細胞があるだけでなく、70パーセントという大量の免疫細胞も宿している。これは腸関連リンパ組織といい、外部からの侵入者を撃退するうえで大きな役割を果たす。

腸関連リンパ組織と腸内細菌叢(腸内には数兆もの細菌が生きており、まるで微生物の宇宙かのようだ)は、病気に打ち勝つために懸命になって働いてくれる。だからこそ、悪い細菌と一緒に有益な細菌まで殺してしまう抗生物質の使用には細心の注意が必要なのだ。

10.脳と同じく麻薬中毒になる

腸内には、脳のものと同じ麻薬受容体がある。したがって、脳と同じく簡単に麻薬依存症になってしまううえ、その悪癖を絶つときにも大きな困難が伴う。

原文:mentalfloss

ーー引用はここまd--



この大切な腸の働きを正常に保つためには、どうしたらいいのでしょうか。

1.植物性の乳酸菌を摂取する
2.断食や腸内洗浄を行う
3.善玉菌を増やすには豆乳ヨーグルト、漬物、納豆、チーズなど発酵食品を食べる。
4.軽い腹筋運動や、ウォーキングなどの有酸素運動を行う
5.腸の健康を保つためには、副交感神経が優位となる「リラックスして過ごす時間」をバランスよく確保すること
6.睡眠を十分に取る
7.身体を冷やさない。毎日、風呂にゆっくりと入る
8.指圧治療を受ける:指圧は副交感神経を優位にして、免疫力を高める






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

気象病(お天気痛)の防ぎ方 メニエール病・頭痛・ひざ痛・ぜんそく・めまい・うつ病



春先や梅雨時は温暖の差が激しかったり、雨の日が続いたり、低気圧に覆われたりすることが多いので、私たちの身体にも異変を感じることが多いものです。

昔からよく言われていますが、台風などの襲来してくると、持病(例えば、リューマチなど)が痛み出す、という方の話を聞かされます。これなども、気候と身体に密接な関係があることを教えてくれています。

ご存知のように、人間の身体も「小宇宙」と称せられていますので、常時、地球はもとより広大な宇宙からの何らかの影響を受けています。単に、気候だけの問題ではありません。



こうした気候の変化によって身体に影響を受けることは、人間や動物を始め地球上に生息する全ての生き物について言えることです。

それなのに現代医学では、この季節的な身体の変調をわざわざ、「気象病」とか「お天気病」などと命名して、あたかも病気のような意識を人々に植え付けています。

ウィキペディアなどでは、この気象病のことを下記のように説明しています。



『気象病とは、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する,あるいは悪化する疾患の総称。代表的なものとして,「天気が悪いと古傷がうずく」天気痛,メニエール病,喘息,めまい症,うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、じんましん、吐き気、心臓発作、脳出血などが知られている。

メカニズムの詳細は不明であるが,気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経系のバランスが交感神経優位となり,それがストレス刺激となってさまざまな疾患のメカニズムを惹起するという考えがある。

また、気圧の低下により人体の押される力が減り血管が拡張しやすくなるのが原因。主な治療法は、「規則正しい生活」、「十分な睡眠」や「正しい食生活」などであるが、他の原因による症状についてはこの限りではない。体力のない人が気象病になりやすい。』



何時ものことですが、現代医学では、その原因も明らかにされていなのに、単に表面上の症状だけを見て、それに病名をつけるのですから、洵に恐れ入ってしまいます。

原因が分からないということは、その治療法も分からないわけですから、そこに病名をつけても余り意味のないことだと思いますが、現代医学は何らかの病名を付けないと治療が出来ない仕組みになっているようです。

ところで、この気象病について「ヨミドクター」では下記のような記事を掲載していました。



『天気の大きな変化のため、体の機能が追いつかずに起きる病気や、持病の悪化を「気象病」という。増す痛みを「天気痛」ともいう。梅雨、猛暑、雷、台風、秋の気配へと気象が激しく動くシーズン。天気と健康の関係に注意が必要だ。



「梅雨になると持病の頭痛が悪化するからと、毎年この時期だけ頭痛の予防や治療薬をもらいに来る患者さんもいます」。こう語る秋葉原駅クリニック(東京都千代田区)院長で、総合内科専門医の大和田潔さんに気象と健康の関係を聞く。

温度、湿度、気圧など気象の変化に影響を受ける病気や症状は、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、ぜんそく、じんましん、めまい、吐き気、心臓発作、脳出血、うつ病など、極めて幅広い。

特に気圧の変化が、健康に大きな影響を与えている。エレベーターで急上昇すると、気圧の変化で耳がおかしくなるように、人体は目に見えないが、いつも気圧に対応し続けている。

「天気が崩れる前、低気圧が近付いて来る頃に、頭痛が起きやすくなります。気圧の低下で人体の押される力が減り、血管が拡張しやすくなるからです」と大和田さん。

耳の奥に、体のバランスをとっている内耳がある。ここの「センサー細胞」が、「気圧の変化で不調になると、めまいが起きます。関節の膜や神経が刺激されると、関節痛や神経痛が起きます」

大半の人は、多少の混乱が起きてもコントロールする体力を持っている。しかし、体力が十分でない人や、痛みに敏感な患部を持つ人が気象病になりやすい。

(2015年6月14日 読売新聞)』



上記でも言われていますが、こうした気象の影響を受けやすいのは体力が衰えたり、病気を抱えたりしているときが多いわけです。

ですから、普段から自分の免疫力を高めるような習慣を付けておくことが大切です。身体を動かしたり、少食にして腸の働きをよくするとか、植物性の乳酸菌を摂取するとか、自分なりに考えていく必要があります。

例えば、気圧変化によるむくみ症状の予防としては、水分・塩分の取り過ぎに注意し、エクササイズやストレッチなどを行い、日頃から血液循環を改善させる習慣をつけておくことです。

また、何事においても身体を冷やすことが厳禁ですから、冷房などは長時間利用しないことです。そして、入浴で血行を促進し、自律神経のバランスを調えてリラックスすることも大切です。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

2012.05.01 03:00-04:00 / ふくいちライブカメラ



日本政府や東電、それに連なる原子力マフィアたちは、福島原発事故による放射能汚染物質が日本全土、いや世界各地にまで拡散しているにも拘らす、全ては収束しているというプロパガンダを発信し続けています。

また、権力に魂を売り飛ばしているマスコミやメディアも国民に真実を知らせることは一切ありません。そのために国民の多くも、心の中では放射能汚染を気にしながらも、何となく大丈夫だというような気分になっているように見受けられます。

しかし現実は、日々、その状況は厳しくなっていることが察せられます。唯、フクイチからの放射能汚染は問題ないと受け取っている方は、それもご本人の自由意志ですから、それはそれで、何とも言えません。



また逆に、放射能汚染を極度に恐れ、日々、不安と心配心で過ごしている方もあるかも知れません。こうした態度は問題解決に役立ちません。そればかりか、そのマイナスな想念が事態を悪化させる結果を招きます。

私たちは、放射能汚染を極度に恐れ、おののいたり、逆に大丈夫だと無関心になったりするのではなく、確りと現実の状況はどうなのかを認識して、この厳しい環境の中で日々、どのように生きるかを真剣に考えて行かねばなりません。

それこそ、何時いっか、命を落とすようなことがあっても、また日本に住めなくなるような状況になっても、それを確りと受け止め、泰然と生きる覚悟を持てるようにすることです。

更には、自分が、こうした未曾有の世界に生きていることの意味も確りと自覚していくことも必要です。何故、今、この日本に生きているのか、このことを考えていく上で、放射能汚染の問題はいい教科書になるかもしれません。



さて、現在の日本の厳しい現実を知るためにも、下記の替え歌動画はなかなか勉強になるのではないでしょうか。これを見て、どう考えるかは一人一人の意識の問題です。参考にしてください。


もうすぐアウトですねぇ(キャンディーズの「春一番」の替え歌)



原発ショー歌 (小林旭の「自動車ショー歌」の替え歌)




さて、フクイチの現状はもう手に負えない状態になっていることが伺えます。その証拠の一つとして昨日、日本政府が、今年度に開始する予定だったプールの燃料取り出しを最大で3年遅らせることにしたことを上げることができます。

これは実に大変なことだと思いますが、これに関して飯山一郎氏は、下記のような厳しいコメントを発しておられます。

『日本政府が「フクイチの燃料プールから核燃料棒を取り出す作業を延期!」と決定した理由はミエミエだ。

フクイチの地下から中性子線を発する水蒸気の爆発的な噴出現象が4月以降から特に激しくなって、フクイチの現場には人間が近寄れない!という最悪の状態になってしまっているからだ。

「3年延期」というのは、永遠に延期!と言ったも同じだ。

本日もフクイチでは中性子線を発する水蒸気がモクモクだった。太平洋沿岸の各地では、湿度100%の状態が続いている。

この放射性水蒸気内の中性子線を発する核種は、朝鮮半島を飛び越えて中国の天津市でも観測された。

天津市・共産党のトップだった張高麗(中国政府・第一副首相)は、今月5日に訪中した麻生太郎に中性子線水蒸気のことを伝えている。

中国による日本の直接統治は反発が大きいので、中国は麻生太郎を代理人にして日本を統治し、「フクシマ・ウェンティ(問題)」を解決する!という流れが、これで見えてきた。

しかし、中国だけでは「フクシマ問題」は解決できない。

チェルノブイリを経験し、原発の激甚災害に対処する技術とノウハウを積み重ねてきたロシアが、最終的には全面に出てくるだろう。

“天皇の密使”がクレムリン宮殿に入った!という情報もある。

この国のあり方が劇的に変化する!
そのためのインパクトは、西の方角から来る。
ウエスタン・インパクト。これが日本を救助するだろう。
そして日本民族は…、西方浄土(さいほうじょうど)を目指す!
その時の幟(のぼり)には、「厭離穢土・欣求浄土(おんりえど・ごんぐじょうど)」と、墨痕あざやかに書こう! 』




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




先日、医師の内海聡氏がご自身のフェイスブックの中で、「点滴殺人」というショッキングな記事を掲載されていました。

内容は下記の通りですが、その中で注目を引くようなことを紹介されていました。それは葬儀社の方から聞かれたということですが、「昔のご遺体は軽かったが、最近のご遺体は重い」という指摘です。

何故そのようなことになっているのかについて、内海医師は点滴の所為だと言っておられます。昨日、私が書いた記事とも共通することですが、ここには日本の終末医療の問題があるわけです。



ーー引用はここからーー

点滴殺人

最近の葬儀社の人は、こうつぶやく。「昔のご遺体は軽かったが、最近のご遺体は重いですね……」。これは医師としてみると当然のことである。つまり点滴で必要以上の水分を身体に入れられてしまっているからである。余計で過剰な点滴措置で遺体がぶくぶくに水ぶくれしている。

ほかの分野でいうとインチキぷるんぷるん化粧品なども当たるかと思う。昔の人の遺体が軽かったのは、最期に『医療』が介入しない『自然死』だったからというのは別に嘘でも何でもない。

一般的な医学でも老人はかなり点滴量を減らすのが基本で、これは医学書にもよく記載されている。しかし昨今は無視されているケースも多い。それどころか入院病棟では治療と称して大量点滴されているケースも多い。


たとえば特別養護老人ホーム(特養ホーム)から提携病院に送られ、半日で悶絶死したHさん(84歳・女性)。その死の謎を追い詰めていくと、老人医療の〝闇〟が浮かび上がってきた。
 
2008年7月24日、「脱水症状」という名目でK病院に緊急入院させられた。しかし私がカルテを見る限り脱水ではない。しかし彼女はすぐに17種類もの点滴投薬剤リストが示された。84歳の老人に、いちどに17種類もの薬剤を投与しようとしたこと自体、仰天ものだ。

Hさんは投薬予定の1週間どころか入院して半日足らずで苦しみながら息を引き取った。実はHさんは歩いて入院しており会話もできたが、急速に悪くなっていったことがわかっている。 
 
「併用禁忌」「併用注意」薬剤なども使われており、6時間で2410?を点滴されていた。これだけ大量点滴を短期間に入れれば『確実に死ぬ』ことは医学研修生でもわかる。

Hさんは病院により、意図的に〝殺された〟と言っても過言ではないくらいである。本来、老人の場合は1200~1500?程度を、1日量として、様子を見ながら投与するのが常識的で、もっと減らす場合もある。6時間ならその4分の1の300~400?弱が普通だ。

また老人は潜在的に心機能、腎機能が落ちていることが疑われるので、さらに注意して点滴をする必要がある。その後に肺水腫になっている。輸液は肺にまで溢れているわけだ。高ナトリウム液(リンゲル液)中心に急速投与されているので、老人の体では対処しきれない。

その結果、医原性『うっ血性心不全』になり、循環血しょう量が一気に増えるので、体が対処できず、脈が上がり『肺水腫』になり、呼吸状態は悪化する。

家族はぽつりとつぶやく。「この特養ホームは、下の世話がかかるようになった年寄りは、提携病院に送り込むんでしょうね。介護コストが上がるので〝処分〟するんでしょう……」「たった半日の投薬代で22万円も病院から請求が来たんですよ」と憤る。昔から老人医療はこうやって繰り返されている。こういうのを香典医療と呼んだりする。

ーー引用はここまでーー



上記の「香典医療」と言う表現もショッキングですが、日本の終末医療の実態を如実に表しているのかも知れません。

その実態とは、助かる見込みのない末期の患者に遺族のために、あるいは病院の営業費向上のために施される見せ掛けの治療のこと、だと言われています。

何と、全医療費の70%を占めるそうです。治療が異常に高額になると、死が近いとも言われているそうで、医療関係者では常識になっているようなんです。



そう言えば、患者や一部の医療関係者から漏れてくる話に、老人ホームなどでも、完全介護の必要な高齢の入院患者の預貯金の額が減ってくると、早々に、患者を死に導くような治療を行う、などということを聞いたことがあります。

上記の記事の内容などを拝見しますと、それもあながちウソではないと納得が行きます。実は私の高齢の縁者が、既に何ヶ月も病院に入院していますが、点滴だけで命を永らえる寝たきり老人になっています。

水や食物を口にすると、直ぐにむせてしまうことなどの理由で、一切の食事が摂れません。昔のように家庭で死を迎えるのが普通であった時代には、病人が物が食べられなくなると死期が近いと、家族も理解して、そのまま静かに日々を看取っていました。



ですが現在は、殆んどが病院に入院させ、終末医療を受けることが多いので、何時までも死にきれずに寝たきりの老人が急増しています。

医療が進歩したと言われていますが、こんな、死ぬに死ねないような老人を沢山生み出すような医療が本当の医療と言えるのでしょうか・・・。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村




指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



近年の日本は長寿世界一などと言われて、平均寿命が伸びたことを誇っている面がありますが、果たしてそうでしょうか。

実は、この平均寿命という考え方には大いに問題があるようです。人々が皆、平均寿命まで生きられるような錯覚を与えているのではないでしょうか。

若い人々の中にも、何となく、自分も平均年齢まで生きられると思っている方がおられると思いますが、実はそうはいきません。



それはともかく、せっかく日本人の寿命が伸びているにも拘らず、その終末は健康で、自然死を迎える方は少ないようです。

多くの高齢者が病院で延命治療を施され、寝たきりの状態で、自分の意思で何もできないのに、命だけはあるという状況に置かれています。

私の親戚も、80代を過ぎて病院に入院したままですが、意識はしっかりした所もあり、時々ハッキリと自分の意思を周りに伝えることもあります。



しかし、飲食物を口にすると直ぐにむせて、ノドに使えてしまうので、いわいる食事は取れない状態です。唯々、毎日、点滴を打たれて命を永らえている状態です。

これが本人にとっても家族(身体の不自由な奥さん)にも幸せなことなのか・・・周りで見ていても、いささか疑問の思うことばかりです。

所で、こうした寝たきり老人が多いのは日本だけの特徴のようです。その原因は現代医療の発達による、延命治療が進んでいるからのようです。



こうした日本の医療現場の在り方について疑問を持たれた宮本顕二医師が、奥様(宮本礼子医師)と共著で、冒頭の画像にあるような『欧米に寝たきり老人はいない―自分で決める人生最後の医療』、という本を出版されています。

この本の出版について、両医師は「ヨミドクター」の記事の中で下記のようなことを述べておられます。


ーー引用はここからーー

――なぜこのテーマで書かれたのですか?

夫妻「日本では高齢者が終末期に食べられなくなると、点滴や経管栄養(鼻チューブ、胃ろう)で水分と栄養が補給されます。本人は何もわからないだけでなく、とても苦しいたんの吸引をされ、床ずれもできます。栄養の管を抜かないように手が縛られることもあります。

人生の終わりがこれでよいのだろうかとブログで発信すると、多くの読者から体験に基づいた切実な意見が寄せられました。これを本にして多くの人に紹介し、高齢者の延命問題を一緒に考えたいと思いました」


――ヨミドクターのブログ連載は、非常に反響が多かったです。なぜこれほど関心を集めたと思いますか。

宮本礼子「多くの人にとって切実な問題となっているからだと思います。たとえば、私の認知症外来は、家族の方も一緒に診察室に入っていただきます。そして、お話しできる患者さんには、『将来、食べられなくなった時に、胃ろうや鼻チューブで栄養を補ってほしいですか』と聞きます。

一部の患者さんは『わからない』と言いますが、多くの患者さんは『そんなことはされたくない。そうなったらもうおしまいだわ』と言います。その時、家族も必ず自分の希望を言います。『私も望まない』と言う人ばかりです。

『尊厳死協会に入っています』と言う人もいて、皆さん関心が高いです。『自分の親は何年も胃ろうで生きていて切なかった』という人もいます。そういう人は、意思がより強固です」

「そして、マスコミの影響もあるのでしょう。何年も前から胃ろうの問題はあちこちで取りあげられるようになってきました。また、胃ろうや鼻チューブや点滴の高齢者があまりにも増え、必ず誰か知り合いに使っている人がいます。関心を持たずにはいられませんよね」

宮本顕二「多くの人が80歳、90歳まで長生きするようになり、寝たきり老人も増えました。同時に、そういう姿を見ている人も増えているのでしょうね。そして、考えるのではないでしょうか、自分の親にはどうするか、自分の場合はどうするかと」


――終末期の高齢者に延命治療が普通に行われる背景に、どんな状態でも延命すべきと思い込んでいる医師が多数いると書かれています。先生方は問題意識を持つ前は、どのような対応をしていましたか。

礼子「医学生時代は終末期医療の教育を受けませんでした。医療現場では終末期医療について、先輩や同僚と話をすることはありません。そのため、延命に対して問題意識を持つまでは、点滴や経管栄養を減らすとか、行わないとかは考えもしませんでした。むしろ、脱水状態や低栄養にしてはいけないと思っていました。終末期の高齢者だからといって、医療の内容を変えることはしませんでした」

顕二「僕が研修医の時は患者が亡くなる時まで濃厚な医療をやっていました。たとえば、がん末期の患者が亡くなる時は心臓マッサージをして、同時に人工呼吸器を付けるのは当たり前でした。当然そうするものだと思ってやっていました」

礼子「ただ、高齢者は体力が違いますから、大腸の内視鏡とか、胃カメラとか、検査に耐えうるかどうかは、考えて決めていました」


――患者の家族の方でも、延命医療を望む人はいるのではないですか?

礼子「最近はいないですが、以前は、家族の中には、『他の家族が着くまでは生かしておいてほしい』と言う人がいて、心臓マッサージを家族が来るまで続けたことがありました。また、最近でも『生きているだけでいいから』とアルツハイマー病の終末期の患者に、経管栄養を希望する家族もいます」

顕二「家族からの要望は、病気によっても違います。がんだと、結局亡くなるのだから延命処置は意味がないと、家族は思っています。問題はがん以外の病気です。がん以外の病気で亡くなることに納得できない家族が多く、延命処置を望む人は多いですね」


――2007年にスウェーデンに終末期医療の視察に行かれて、先生方の意識も変わられたのですね。何が一番印象的でしたか。

礼子「スウェーデンが初めての海外視察だったのですが、食べなくなった高齢者に点滴も経管栄養もしないで、食べるだけ、飲めるだけで看取みとるということが衝撃的でしたね。脱水、低栄養になっても患者は苦しまない。かえって楽に死ねるとわかり、夫と私の常識はひっくり返ったのです。

そして施設入所者は、住んでいるところで看取られるということも、日本の常識とは違うので驚きました。視察先の医師も、自分の父親が肺がんで亡くなった時に、亡くなる数日前まで普通に話をしていて、食べるだけ、飲めるだけで穏やかに逝ったと言っていました」

顕二「日本では、高齢で飲み込む力が衰えた人は、口内の細菌や食べ物が肺に入って起きる『誤嚥ごえん性肺炎』を繰り返して亡くなることが多いです。誤嚥性肺炎の論文もほとんど日本人の研究者が書いているのです。当時も今も誤嚥性肺炎対策が高齢者医療の重要なテーマです。

この誤嚥性肺炎について、スウェーデンで尋ねたら、『何それ?』ときょとんとされたのが衝撃でした。スウェーデンでは、誤嚥性肺炎を繰り返すような悪い状態になる前に亡くなっているので、あまり問題にならないのです。延命処置で病気を作って、かえって患者を苦しめている日本の現状を強く認識しました」


――日本の終末期医療とは全く違うと感じたのですね。

礼子「180度違いました。日本は終末期の高齢者であっても、医療の内容を変えることはありません。一方スウェーデンでは、緩和医療に徹しています」

 顕二「肺炎でも点滴も注射もしない。それは日本とは全く違うので驚きでした。スウェーデンは、当初、認知症治療がどうなっているのかを見るのが目的だったのです。しかし、終末期医療の違いにびっくりして、次のオーストラリア視察は、終末期医療の視察に目的が変わりました」

礼子「オーストラリアに行った理由は、緩和医療に熱心に取り組んでいる国と聞いたからです。しかし正直なところ、スウェーデンがあまりにも日本と違うことをしているので、スウェーデンだけが特殊な国ではないかと思い、他の国の実態を確かめに行ったのです。

そうしたら、日本のほうが特殊な国だった。ただ、よく考えてみると、日本も昔はスウェーデンと同じで、食べられなくなった高齢者はリンゴの搾り汁を口に含む程度で、家で穏やかに亡くなっていました。昔の日本の終末期医療は、今のスウェーデンやオーストラリアと同じであったことに気がつきました」

顕二「スウェーデンに行った時、研修医の時にお世話になった、ベテランの副院長のことを思い出しました。僕ら研修医はがんがん延命処置をするわけですが、副院長は当時の僕から見たらのらりくらりで何もしない。しかし、僕ら研修医が手を尽くした患者さんが亡くなった時、その患者さんの状況はというと悲惨なのです。

血が飛び散って、点滴によるむくみもひどい。だから、看護師が家族をいったん外に出し、患者さんの体をきれいにしてから対面させたものです。一方、副院長が看取った患者さんは皆きれいで穏やかでした。当時の副院長の思いが、今になってわかりました」

礼子「帰国後に、以前勤めていた病院で報告会をしたんです。その病院は、99歳でも胃ろうを作るし、終末期であっても人工呼吸器をつけたり血液透析をしたりする、スウェーデンとは正反対の病院でした。点滴や気管に入っている管を抜かないように、体がベッドに縛り付けられる患者さんの姿に、『年を取るのが恐ろしい』、『このようなことが許されるのか。医療が高齢者を食い物にしている』と怒っていた看護師もいました。

そのためか、私の報告に対して、現場の看護師から称賛の声が上がりました。『私も年を取った時に、こういう亡くなり方をしたい』と。海外視察で、日本の高齢者の終末期の悲惨さは許されないことであることに気づき、この現状を変えるために何かしようと思い始めたのです」


――スウェーデン、オーストラリア、オーストリア、オランダ、スペイン、アメリカと6か国の終末期医療を視察し、その様子が本の中で詳しく紹介されています。無意味な延命治療をしないというプラス面も書かれていますが、必要な治療が受けられないなどの、マイナス面も書かれています。

礼子「医療は過少でも過剰でもないことが理想ですが、その国の医療制度が反映されるので、その実現はなかなか難しいです。良いことばかりではないです。日本ならば助かる肺炎の患者さんも、この国では亡くなるだろうと思いました。そのため、諸外国のまねをするのではなく、日本の終末期医療のあり方を模索することが大事だと思います。

顕二「海外の医療状況を紹介している本を読んでみても、いいことしか書かれていない。リハビリが素晴らしい、とか。でも日本のリハビリだって素晴らしいし、決して欧米にひけを取らない。そもそも根本から、終末期医療の考え方が違うということをこの本で伝えたかったんです」

「延命処置をしないというと勘違いされるのですが、何もしないわけじゃない。延命処置はしなくても、緩和医療には手を尽くす。延命処置をする時間があったら、緩和医療に時間や人を割こうというのが、海外視察を通じて学んだことです」


――海外に比べ、日本は終末期の緩和医療はおろそかにされていますか?

顕二「海外では、がん以外の患者にもモルヒネを使い、痛みや苦しさを緩和することを重視していますが、日本ではあまり使いません。また、日本では延命処置をしないことが緩和医療につながると理解している医療者は少ないです。点滴の針を刺したり、尿道にカテーテルを入れて、つらい思いをさせます。

水分も過剰に投与するので、痰たんが多く、痰を吸引する苦しみを与えています。ストレスから消化管出血もよく起こします。誤嚥性肺炎を繰り返し、発熱や呼吸困難が起きます。問題は濃厚な延命処置を行って、患者を苦しめていることに気がついていない、あるいは気がついても目をつぶっていることと思います。その視点に立つと、日本では緩和医療がおろそかにされていると思います」

ーー引用はここまでーー



こうした終末医療の問題は高齢者だけのことではなく、若い方にも大いに関係することですので、若いうちから、自分の終末はどのように過ごすかの意識を持っておくことが必要です。

何時も申し上げていることですが、本来、人間には病気もありませんし、肉体を脱ぐときは「自然死」が当然なのですが、現代社会はその真逆のような状態です。

特に日本は、多くの人々が現代医療を盲信しており、一生の内で病気になるのは仕方がないことのように考えたり、病気になれば医薬に頼ればいいという、一種のマインド・コントロールの元に置かれています。

もうそろそろ、人々も、こうした間違った認識を改める時期に来ているのではないでしょうか。日頃から、自分の身体は自分で守るという強い信念を持って、自分の終末も医療の言いなりにならないように養生していくことが大切です。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




いわゆる「インターネット依存症」と言われる症状は、ネットゲームなどが急激に普及したころから盛んに言及されるようになりました。

それが現在では更にエスカレートして、日本のみならず世界的な規模で拡大しています。中国や韓国などでも、その被害の深刻さは度々、報じられているところです。

そもそも、インターネット依存症は、「自分の意思で利用をコントロールできない」「常にそのことを考えてしまう」「人にやめるように言われても、やめられない」 「現実から逃避したい心理状況などから、過度利用してしまう」、などのように、アルコール依存症などと同じような状態がみられることを言います。



このインターネット依存症について、先日「スプートニク」では下記のような内容を報じていました。


ーー引用はここからーー

日本でインターネット依存症人口は400万人を越えている。この数値から、わずか5年の間にインターネット依存症人口は5割も増えたことが明らかになった。

日本の文部科学省の調べでは、日本では150万人を越える児童がインターネット依存症である事が明らかになった。文部科学省の委託事業に取り組む久里浜医療センターの樋口進院長は、この理由についてスマートフォン、ソーシャルネットが激しい勢いで拡大したためとの見方を示している。

インターネット依存症にかかった子どもを救おうと日本では高学年向けの夏の特別キャンプが組織されだした。キャンプにはもちろんのこと、病の元凶となるインターネット、ビデオゲーム、テレビは一切ない。

そのかわり子どもたちには新鮮な空気の戸外でのクラブ活動、スポーツ競技など、自己開発のための無限の可能性が与えられる。こうした一方で「決まりに反して」スマートフォンなど電子ガジェットを使用したこどもには罰金制度も作られる。

極度にガジェットの使用はあまりにも切迫した問題となってしまったため、世界保健機構(WHO)はインターネット依存症をアルコール依存症、麻薬中毒と同等に、「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)」に含める意向を固めている。

モスクワの主任精神科医を努めるボリス・ツィガンコフ教授は、インターネットにのめりこむ生活は精神に異常をきたすとして、次のようにコメントしている。


「最初は熱中から始まる。そしてゲーム依存症、インターネット依存症となっていく。だが人間というのは社会現象だ。他の人と交流せなばならないし、それは血の通い、感情のこもった交流でなければならない。ところがバーチャルな人格との交流にのめりこんでしまい、外界との接触がコンピューター画面を通して行なわれると、これはすでに異常である。

病気の形になるケースに発展すると、これは精神に異常をきたす。インターネット依存症は精神的依存、化学的依存の原因そのものを抱えていることから、すでにWHOの新たな病気分類に入れられようとしているのだ。インターネット依存症はゲーム依存症に近い。

現在、ICDは一連の国で認可手続きが行なわれている。インターネット依存症が精神異常として認められた場合、その患者は向精神薬や心身症の治療薬などの援助を受けることができるようになる。」


インターネット依存症問題はロシアにも米国にも中国にも起きないわけには行かなかった。これらの国ではインターネット依存症はアルコール中毒と同等に扱われている。その理由は患者の脳を調べたとき、そこにアルコール中毒患者に似た変化が認められたからだ。

ーー引用はここまでーー



尚、インターネット依存症の症状の度合いについて、「インターネットAddiction」では下記のようにランク付けしています。依存度の低い順序になっています。

1.携帯のメールを何度もcheckする(メールが来ていないと寂しい)
2.毎日目的もないのにインターネットをしてしまう
3.携帯禁止と書いてあるところでも、携帯メールができないとがまんできない
4.チャットにはまる・オンライン上に特定の友達がいる
5.掲示板に書き込む・書き込みの反応などが気になる
6.一日1時間以上ネットにつなぐ(仕事などの目的と自己責任があればOK)
7.なりすましになって人を騙す
8.早く家に帰ってオンラインゲームをしたい
9.ゲームやチャットに夢中になって夜更かししてしまう
10.気がつくとフレーミング(相手を挑発して楽しむ)をしている
11.ネットをしているときは楽しいが後の生活は退屈
12.残酷なこと言い合ったりののしりあったりする
13.家族や友達といるよりネットをしているほうが楽しい
14.ネットをしていないときもネットのことを考えてしまう
15.ネット上で知り合った人と会う(事件に巻き込まれる可能性がある)
16.意味もなく攻撃的になる
17.自分が考えていることがよくわからない
18.インターネットをしていないときでも始終イライラする
19.インターネットをしていて邪魔されるとイライラする
20.インターネットをしていることを家族や友達に隠す
21.なにをおいてもインターネットを優先してしまう
22.一日の大半をインターネットで過ごす
23.ネットのない生活が考えられない
24.もっと刺激を求める
25.幻聴を聞いたり、幻覚を見たりする
26.殺人・自殺への衝動がみられる



また、海外でのネット依存症には下記のようなものもあるそうです。

1.エゴサーフィン:自分の名前をネットで検索し、世間でどんな評価を受けているか常にチェックする
2.サイバーコンドリア:体の調子が少しでも悪くなるとすぐネットで該当する症状を検索し、病名を診断する
3.ウィキペディアホリズム:ウィキペディアの編集に過剰な情熱を注ぐ依存症
4.フォトラーキング:会ったこともない人の写真アルバムを見続ける
5.ブラックベリー(カナダのRIM(Research In Motion)社が開発・販売している携帯情報端末。日本では現時点では企業用のみ):米で人気の携帯端末ブラックベリーを確認せずにはいられない


どちらにしましても、こうしたネット依存症を始め、アルコール依存症も含めて、夫々の心的状態に関係有るように思います。即ち、その人の潜在意識に溜まっている「鬱積感情」が原因になっているのではと思います。

例えば、長年に亘って蓄積されている「不平不満」「不安感」「怒り」「恨みやねたみの心」「人を羨む心」「イライラセカセカする心」、などなどのマイナスな想念を持ち続けてきた結果、ネットに依存するような状態になるものと思います。

アルコール依存症や薬物依存症なども同様な心的状態が原因になっているのではと推測できます。従って、この根本原因を解決しなければ、あらゆる依存症の真の治癒はありえないものと思います。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




先日、「スプートニク」の記事に下記のようなショッキングな内容のものがありました。

とは言え、以前から、アメリカには色々な諜報機関などがあり、夫々に極秘勤務を遂行していることは知られていましたので、やはり、そうなのかという感じもしました。

こうした特殊部隊の中には、他国の指導者を暗殺したり、その国を混乱に陥れるために、その国の反体制派の者たちを扇動して暴動を起こさせたりしています。



下記の記事にある、「SEAL team 6」は対テロ特殊部隊として独立しているそうですが、その一部の活動は映画などでも紹介はされてきました。唯、その真の実態はどのようなものなのかは外部には漏れてきていません。

それを今回、「ニューヨークタイムズ」紙が報じたことは、そこに何らかの意図があったのでしょうか・・・。それは兎も角として、こうした特殊部隊が暴走しないことを願うばかりです。


『米国には「オットセイ」第6班(SEAL team 6)という極秘特殊機動部隊がある。最重要任務を担うこの部隊、ここ数年で「グローバル殺人マシーン」と化し、軍や政治の制御を超えて活動しているという。米国自身のメディアがそう認めている。

特殊な任務を専門とし、とりわけオサマ・ビン・ラディン暗殺で有名な、少数精鋭の部隊である。常設後のここ数年でグローバル殺人マシーンとなった。ニューヨークタイムズ紙が報じた。

元隊員は語る。隊員らは数週間にあわたり、夜が来るたびに新しい任務に出かけた。ニューヨークタイムズ紙の取材によれば、テロリスト殲滅作戦の最中に市民が死亡することもあったという。専門家によれば、このチームの特徴は、無規律な作戦遂行形態と、極めつけの攻撃性にあるという。

この「エリート」部隊の活動にはほぼ統制がかけられていないという。軍高官(匿名)によれば、特殊作戦統合司令部(Joint Special Operations Command。当該部隊の活動を所管)は自らの活動を自立的に統制しており、政治家らはその活動に大して関心を持っていないのだという。』




尚、上記の記事と類似のものは、下記の[disinformation]の英文記事に見ることができます。 


ーー引用はここからーー

The Secret History of SEAL Team 6: Quiet Killings and Blurred Lines

The New York Times says that SEAL Team 6, “the unit best known for killing Osama bin Laden, has been converted into a global manhunting machine with limited outside oversight”:

They have plotted deadly missions from secret bases in the badlands of Somalia. In Afghanistan, they have engaged in combat so intimate that they have emerged soaked in blood that was not their own. On clandestine raids in the dead of the night, their weapons of choice have ranged from customized carbines to primeval tomahawks.

Around the world, they have run spying stations disguised as commercial boats, posed as civilian employees of front companies and operated undercover at embassies as male-female pairs, tracking those the United States wants to kill or capture.

Those operations are part of the hidden history of the Navy’s SEAL Team 6, one of the nation’s most mythologized, most secretive and least scrutinized military organizations. Once a small group reserved for specialized but rare missions, the unit best known for killing Osama bin Laden has been transformed by more than a decade of combat into a global manhunting machine.

That role reflects America’s new way of war, in which conflict is distinguished not by battlefield wins and losses, but by the relentless killing of suspected militants.

Almost everything about SEAL Team 6, a classified Special Operations unit, is shrouded in secrecy ? the Pentagon does not even publicly acknowledge that name ? though some of its exploits have emerged in largely admiring accounts in recent years. But an examination of Team 6’s evolution, drawn from dozens of interviews with current and former team members, other military officials and reviews of government documents, reveals a far more complex, provocative tale.

While fighting grinding wars of attrition in Afghanistan and Iraq, Team 6 performed missions elsewhere that blurred the traditional lines between soldier and spy. The team’s sniper unit was remade to carry out clandestine intelligence operations, and the SEALs joined Central Intelligence Agency operatives in an initiative called the Omega Program, which offered greater latitude in hunting adversaries.

Team 6 has successfully carried out thousands of dangerous raids that military leaders credit with weakening militant networks, but its activities have also spurred recurring concerns about excessive killing and civilian death

ーー引用はここまでーー



ところで、この「SEAL Team 6」の発足の過程について、ウィキペディアでは下記のように説明されています。


『1978年よりNavy SEALsのチーム1(西海岸)のエコー小隊、チーム2(東海岸)のMOB-6小隊が試験的に対テロユニットとして存在していた。イランアメリカ大使館人質事件での救出失敗に伴い、陸軍のデルタフォースが技能的にカバーしきれない船舶や海上油田のテロに対応するためのユニットが必要となった。

そこで元チーム2の指揮官、リチャード・マルシンコに白羽の矢が立ち、チーム2MOB-6小隊主体に編成が始まった。

選定基準は実戦経験、体力や実射技能、言語能力などに及んだ。優秀な隊員たちを引き抜かれたチーム1とチーム2は当然快く思わず、しかも予算の限られた両海岸のチームに比べてチーム6は湯水のように予算を使っていたことからその後暫く確執を生むこととなる。

1年目の訓練は年間365日、休暇が半日2回のみといわれ、東海岸の拠点に留まらず国内数箇所を転々としていた。海上における船舶強襲、海上油田の制圧、高高度パラシュート降下、そして実射訓練等実戦さながらの訓練が続けられた。

射撃訓練にかけては1人が1週間3000発の弾を費やし、発足時90名が年間に消費した弾薬数がアメリカ海兵隊全体の消費量を上回ったといわれる。初期の頃CQB訓練中銃の誤射で1人が死亡、パラシュート降下訓練で1人が死亡している。

移動に防弾と武装を施したベンツ、車1台分するチタン合金のフック、ドレーゲル社製の閉鎖式循環呼吸器など当時の最新鋭装備と最高の戦闘技術を持った集団になった。』








さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




人間の身体は何処をとっても大切なところばかりですが、とりわけ「首」は生きていく上で大切な器官が集まっていると言われています。

首には上神経節・中神経節、星状神経節という自律神経(交感神経)のツボのような要所が沢山ありますので、首が冷えると、首の筋肉が硬直し、血流が悪くなります。

そうすると、脳に血液が十分にいかないので、脳細胞に十分な栄養、酸素がいきわたりません。その結果、自律神経の働きが狂ってきます。



要するに、首が冷えると首がこり、そして自律神経失調症の原因になる、と言うわけです。この首こりによって、圧迫刺激され、バランスが崩れ、偏頭痛や吐き気、めまい、睡眠障害といった自律神経失調症状が引き起こされることにもなります。

こうして自律神経の異常が出ると、血圧の変動など、循環器領域や各内臓機能も不安定となり、イライラや情緒不安定などの精神症状にもつながります。

こうしたことを防ぐためには、首の後ろを温めることが有効です。先ほども言いましたように、首には大きな血管が通り、頭を支える筋肉がありますから、ここを温めると全身が温まって、自律神経のバランスも整ってきます。



この首を温めることの大切さについて、「食べない生き方」では、下記のような記事を掲載しています。


ーー引用はここからーー

最近、VDT症候群、別名パソコン病が急増しているそうです。パソコン病とは、パソコンのディスプレイを長時間見続ける事で首に負担が掛かり、肩や背中の凝り、痛み、頭痛、手の痺れ、脱力感などの症状が現れる疾患です。

そもそも頭の重さは、成人で約5kgもあります。因みに、成人男子の脳の重さの平均は1350g。それに頭蓋骨や血管などを合わせると、ボウリングの球くらいの重さになる訳です。この重さを首はいつも支えている事になります。

人間の体において、どこよりも首が重要と言われるのは、生きていく上で大切な器官が集まっているからです。脳に血液を送る頸動脈、呼吸を保つ気管、食物を胃に送る食道、様々なホルモンを分泌する甲状腺、体を動かす全神経が集結した脊髄などがあります。

体の中で、これだけ重要な器官が集まっている所は他にはありません。だから、首の具合が悪くなると、重要な役割を果たせなくなってしまうのです。

首は、脳と体を繋ぐとても重要な部位であり、無数の重要な神経が縦横無尽に張り巡らされています。首の骨には脊髄という重要な神経の束が通っています。

そのため、特に首の上半分は「脳の一部」と言ってもいいくらいであり、脳と全身の橋渡しをする重要な繋ぎ目になっています。

首に密集している神経の中でも、とりわけ重要なものに自律神経があります。首の筋肉に異常が発生すると、副交感神経が圧迫され、その働きが鈍る事により、自律神経失調症が生じるのです。自律神経失調症が、慢性疲労や不定愁訴のような様々な体調不良が起きる原因です。


では、首を守るにはどうしたらいいのでしょうか。一言でいえば、脊椎のS字カーブを維持する姿勢を保つ事です。顎を20度くらい上げた姿勢だと背骨がS字型になります。

首の筋肉の異常を治して、副交感神経が正常に働くようになれば、慢性疲労も不定愁訴と呼ばれる症状もすべて解消します。

首の筋肉にとって冷えは禁物です。入浴をする時は、温かいお風呂に浸かって全身浴をするのが理想的です。その際には、首まできちんと浸かる事が重要です。

お風呂から上がった後は、すぐに髪の毛をドライヤーで乾かす必要があります。濡れた髪の毛はすぐに冷たくなってしまいます。その髪の毛が首に触れ続けると、首の筋肉が急に冷えてしまいます。ドライヤーの温風を首に当てると、首の筋肉が温まり、首凝りを和らげるという効果もあります。

あらゆる病気の原因は、頸椎の歪みによる脳幹の機能低下であり、脳幹を活性化する事が病気の治癒に繋がります。

首の後ろを温める⇒頸椎を囲む筋肉が緩む⇒頸椎が正しい位置に戻る⇒脳幹が本来の機能を回復する

首の後ろを温めると、筋肉内の血管が拡張して血液の流れが良くなり、筋肉の緊張が緩みます。その結果、それまで筋肉に引っ張られて歪んでいた頸椎が正常な位置に戻り、締め付けられていた脳幹が解放され、本来の機能が回復します。

それと同時に、体内では自律神経の調整が行われます。自律神経のバランスが整うと、免疫系、内分泌系、脊髄・筋肉系の働きも連動して良くなり、自己治癒力を発揮できるようになります。

ーー引用はここまでーー



ところで、首の筋肉の異常が原因で発症する17の疾患、として下記のようなことが上げられています。

1.緊張型頭痛
2.眩暈(めまい)
3.自律神経失調症
4.鬱病(うつびょう)
5.パニック障害
6.ムチウチ
7.更年期障害
8.慢性疲労症候群
9.ドライアイ
10.多汗症
11.不眠症
12.機能性胃腸症
13.過敏性腸症候群
14.機能性食道嚥下障害
15.血圧不安定症
16.VDT症候群
17.ドライマウス



ご存知のように、「冷えは万病の元」と言われていますが、何も冬季だけ冷えの用心をすればいいというわけではありません。

近年は、夏場の冷房(エアコン)が普及していますので、冬よりも夏の方が身体を冷やす機会が多いとも言えます。夏場は汗をかいて身体の老廃物を排泄するために大切な季節です。

それなのに、人工的にエアコンで身体を冷やしてしまうわけですから、身体のバランスが崩れてしまいます。そのために夏場に風邪を引いたり、秋口になって体調を崩す方が急増するわけです。



私は冬場もそうですが、特に夏季に冷房のある所に行くときは、首の後ろを温めるために、下記のような「温感シップ」を首の後ろの第七頚椎の所に貼って出かけます。



すると、首筋から背中、肩辺りまでジワーっと温かくなり、冷房の中に居ても耐えることが出来ます。また、最近はマスクも併用するようにしています。


また、冬場には就寝の際に首に絹のスカーフなどを巻いて寝ることにしています。最近は下記のような「ネックウォーマー」などを利用される方も増えているようですね。








さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




日本では健康志向の強まりによって、「無農薬野菜」を求める人々が増えています。しかし、完全に無農薬の野菜は市場に出回るのでしょうか。

一般に、無農薬野菜のメリットは、安全・安心だということですが、実は、無農薬野菜は「原則的に農薬を使わずに栽培された野菜」というだけで、農薬を使っていないというわけではなさそうです。

また、無農薬野菜は栽培が難しく、手間ひまが掛かる上に、害虫や病気にやられてしまう野菜も増えるので、仕分けの段階で厳選され、出荷できる数も限られるので、値段も高くなっています。



更に、無農薬野菜とか有機野菜といっても、一般的な農産物に使われている化学肥料や農薬は使わずに栽培しているだけで、一部「政府が認定している安全な農薬」に限っては使用を認められているわけです。

それから、農産物自体には農薬が散布されていなくても、昨年農薬を使って野菜を育てていた場合、農薬の混じった土でできた畑で、無農薬野菜が育てられているといった場合、残留農薬の問題もあります。

ところで、一般に「虫食いにあるよう野菜は農薬が少ないので、安心・安全」だと考える方が多いと思いますが、どうやら、それは誤解のようです。

その点について、実際に野菜を栽培している農家の方が下記のように体験談を語っておられます。



ーー引用はここからーー

虫も食べない野菜は農薬たっぷりで怖い、虫食いのある野菜は農薬が少ない“安全の印”……。そう思っている消費者の方々は多いことでしょう。農家である私も以前はそう思っていました。ところが、それは大きな誤解だったのです。

農家になって最初に無農薬で育てたのが白菜。これは後で知ったのですが、白菜は無農薬で育てるのが一番難しい野菜なのです。そのとおり、虫食いでレースのカーテン状となった白菜が畑一面に……。

「土がやせているからこうなるに違いない」と、堆肥や有機肥料をどんどん施肥したのですが、やればやるほど虫食いがひどくなってしまいます。そんな時、肥料っ気のない場所にこぼれた種から育った白菜には、虫食いがないことに気がつきました。

「もしかすると肥料(チッソ分)が少ないほうが、虫が寄ってこないのではないか……?」

それからは肥料をできるだけ抑えて育てることにしました。すると、虫食いの害が激減したのです。何度も試行錯誤しながら、現在は無農薬・無肥料で栽培していますが、ほとんど虫食いのない白菜を作れるようになりました。


肥料過多が病害虫を呼び込み、農薬を多量に使う悪循環

野菜を育てるのにもっとも必要とされているのがチッソ・リン酸・カリ(理科で習いましたよね)です。中でもチッソは野菜を大きくするのに不可欠とされていますが、なぜ肥料をあげればあげるほど虫が寄ってくるのか……?

成長に必要な分以上にチッソ過多になると、害虫の好む「アミノ酸」や「アミノ酸アミド」が野菜の体内で発生して害虫が寄ってくる。つまり、虫食いは「安全の印」ではなく「肥料過多の印」だったのです。

また、アミノ酸が作られる過程で細胞壁を作るのに必要な糖類が使われ、細胞壁が薄くなりそこから病気も呼び込んでしまいます。

日本では、農薬に関しては「農薬取締法」に基づき、使用制限などが規制されています。ところが肥料の使用に関しては何の規制もありません。そのため、野菜を大きくしよう、収穫量を上げようと、ついつい肥料過多になってしまうのです。

その結果として病害虫を呼び込み、対症療法として多量の農薬を使うという悪循環が起こっています。さらに、余ったチッソ分は土壌の汚染にもつながります。


肥料を抑えた野菜は虫食いが少なく、農薬の必要性も少ない

EUでは飲料水を地下水に依存している国が多く、河川も複数の国が共有しています。そこで1991年に地表水および地下水が汚染・富栄養化されるのを削減・防止することを目的とした「農業起源の硝酸による汚染からの水系の保護に関する閣僚理事会指令」が制定されました。

日本でも、法律で取り締るとまではいかなくても、まずは「多肥料の害」への認識が広まればと思います。

化学肥料であっても有機肥料であっても、チッソ過多になることは人間でいうと「メタボ」状態。また残留チッソ(硝酸態チッソ)の比率が高い野菜はブルーベイビー症候群(硝酸態チッソが赤血球の働きを阻害し、酸素が欠乏)を引き起こすなど、人体にもよくないとされています。

ちなみに肥料を抑えて虫を寄せつけない野菜はずっしりしていて、細胞ひとつひとつがギュっと締まった感じでエグミがないのが特徴。農薬の必要性も少なくなります。こういった野菜がどんどん広がってくれればと思います。


【文/西田栄喜】無農薬野菜・風来店主、通称「源さん」。“日本一小さい専業農家”として石川県能美市で少量多品種(年間50種類ほど)の野菜を育て、インターネットを中心に野菜セットを販売。2013年より無肥料栽培に挑戦中

ーー引用はここまでーー



なるほど、肥料を沢山使用したために、虫がつくようになり、それを防止するために農薬が多量に使用されているわけですね。本末転倒なことが行われているとも言えます。

確かに、日本は世界で一番農薬を使っている国だと言われています。世間では海外からの輸入食材に対する農薬使用を喧しく言う方がいますが、何のことはない、自国の農業が一番問題だったというわけです。

それと現在は、フクイチからの放射能汚染物質の飛散の所為で、日本の道場は放射能に汚染されており、それは農薬以上に危険な状況です。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




物質文明が極に達したような現代においては、この世(物質世界)が全てだと思っている人々が大半です。彼らは死んだら終わりで、後は無に帰する、と強く信じているようです。

その所為でしょうか、人生は一度切りだから、自分の好きに生きないと損だという考えを持つ方も多く見られます。そして、彼らは地位や名誉、金を得ることがこの世の幸せだと思い、毎日アクセクしているわけです。

この世が全てだと信じれている人々は、霊界だとか生まれ替りのことなど、頭から信じようとしませんし、また自ら考えようとしない傾向があります。



私は、霊界のことも生まれ替りについても、当然のことと考えています。何故なら、私たちは魂の進化向上を図るために、肉体世界(三次元世界)と霊界(四次元政界)を生まれ替りして、色々な体験を積みながら、自らの魂を磨いているからです。

また、三次元世界しか信じない人々は、地球以外には人類が居ないと考えているようです。この広大無辺な宇宙の中にあって、地球にしか人類は生存しないと考える方がオカシイと思いますが、彼らはそれすら考えが及ばないようです。

レベルの低い地球科学が最高だと錯覚して、その地球科学をもって他の宇宙のことを理解しようとしているわけですが、それこそ「井の中の蛙、大海を知らず」の典型です。



さて、今回は「前世」のことについての話題です。「大紀元」では『前世と今生のつながり』と題して下記のような記事を載せていました。

ここに述べられている内容は、ちょっと偏ったところもありますが、とにかく、「前世」を肯定的に捉えた研究者の説を紹介していますので、参考にして下さい。


ーー引用はここからーー

【大紀元日本6月3日】現在の科学では前世の存在が証明できないため、多くの人は生命の輪廻(りんね)を信じていない。しかし、前世の存在は多くの生命現象から示されており、それらの現象は前世と今生にさまざまなつながりがあるという説もある。

米国の心理学者ディック・サットフェン(Dick Sutphen)氏の研究によると、前世の行いは今生のいたるところに影響するという。その研究結果は、『前世療法(Past-life Therapy in Action)』や『定められた愛(Predestined Love)』などの本にまとめられている。

サットフェン氏の研究によれば、前世と今生のつながりは業(カルマ)によって生じるという。前世に良くないことを行って生じた業は、今生のさまざまなところに影響を与える。彼は生命に対する業の影響を、以下の五種類に分けている。


一、償うべき業

これは業による単純な因果関係である。例えば、前世で他人に対して非常に冷酷であった人は、今生は孤独で、友情を得られないまま一生を終えることになる。前世で他人の昇進のチャンスを潰していた人は、今生では自分が昇進のチャンスを掴むことができない。前世で嫉妬のあまり恋人の頭部を凶器で殴って死なせた人は、今生ではひどい偏頭痛を患う。前世でローマ兵士としてキリスト教徒の囚人の目を潰した人は、今生では生まれつき盲目となる。


二、身体の業

これは前世で身体に受けた障害が、今生でも現れる現象である。身体の業はほとんどの場合、前世と同じ部位に現れる。輪廻にかかる時間が短く、生まれ変わっても傷痕が身体に残っているためだ。生まれつき肺を患っている子どもには、前世でタバコを吸いすぎて肺がんで亡くなった歴史があった。また、顔に傷跡のようなあざがある人は、前世はひどい火傷で亡くなっている。


三、恐怖を感じさせる業

恐怖を感じさせる業は、前世の人生経験から由来したものである。今生、仕事中毒症の男性は、前世で世界経済大恐慌の時に家族を養うことができず、餓死した息子を自分の手で埋葬した記憶が残っていた。そのため、今生は同じ状態に陥らないように、すべての精力を仕事に注ぎ、家族の生活が困らないように、無意識に努力している。業によって起こったこのような問題は、前世療法で簡単に解決できる。原因が判明すれば、自然に恐怖感が消失するからである。


四、罪を感じさせる業

罪を感じさせる業は、前世で起こした傷害事故などから由来したものである。例えその事故の責任が自分になくても、やはり罪を感じるという。例えば、前世で車を運転している時に子どもにぶつかり、その子の足に後遺障害を残してしまった人がいる。自分に過失はなかったものの、自責の念にとらわれ、今生では小児麻痺で下肢付随となった。


五、事業に執着する業

能力や知識は何回もの生まれ変わりを通して蓄積され、初めて高いレベルに達することができる。音楽に対して深い興味を持つある人物は、音楽の領域で事業を成就したいと願い、6回の輪廻を通して、ずっと音楽の修行を行ってきた。一世ずつ能力を蓄積し、最後にやっと有名な音楽家になれたという。また、今生で30年間の幸せな結婚生活を過ごしたある女性は、この幸せな結婚生活のため、何回もの生まれ変わりの中で常に教養が向上するよう努力を重ねていた。

以上の事から考えると、人生における運の良し悪しは偶然ではなく、そのすべてに因果関係がある。一生一代のみにしか目を向けられず、人生を不公平に感じる人は少なくない。しかし、長い生命の輪廻過程を総体的に見れば、運の良し悪しはすべて必然であり、自分がしてきたことの結果であり、決して偶然なことでもなければ不公平なことでもないのだ。

ーー引用はここまでーー



人の業や生まれ替りについては、一人一人の付帯事情がありますので、上記で言われているように簡単に分けて語ることはできません。

例えば、今生に生まれ替るときには、自分自身で何をやるか、何を学ぶかなどを自分で決めるとともに、背後で護って下さる方々の意向も含んで、今生での環境を選んで出てくるわけです。

従って、単に業の償還のためだけに生まれ替わってくるわけではありません。先程も言いましたが、全ては自分の魂の進化向上に寄与するような体験・経験をするために、再び生まれ替わってくるわけです。


尚、上記の最後に述べられている下の内容は真実であり、非常に大事なことです。

『一生一代のみにしか目を向けられず、人生を不公平に感じる人は少なくない。しかし、長い生命の輪廻過程を総体的に見れば、運の良し悪しはすべて必然であり、自分がしてきたことの結果であり、決して偶然なことでもなければ不公平なことでもないのだ。』

生まれ替りや輪廻転生のことが理解できれば、今生に於いて一切、「不平等」は無いことも分かります。何故なら、自分のやったことしか自分に降りかかってこないからです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

速水健朗「誰もが陥りうる、下流老人という老後」



近頃は、世間で見られる色々な現象について、何かとキャッチコピーのような表現で、それをアピールする傾向が強まっているようです。

そうした、ある種、衝撃的な表現を使うことによってマスコミに取り上げられ、世間一般に認知されることになるわけですが、どうにも作為的で、胡散臭いものも見受けられます。

さて近年は、日本の経済格差が益々拡大され、富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる傾向が強まっています。



そのような傾向を見て、以前は「勝ち組」や「負け組」といった表現が使われていましたが、同時に、「上流」とか「下流」などの言葉もよく使われます。

最近、「下流老人」という表現を目にすることが多くなりました。何とも差別的で、嫌な響きを感じますが、この言葉は、藤田孝典氏が、ご自分の著書『下流老人ー一億総老後崩壊の衝撃ー』で使われた造語だそうです。

その意味するところは、「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」と言うことのようです。要するに、普通に暮らすことができない下流の生活を強いられている老人のことだそうです。



こうした表現を使うようななった経緯などについて、藤田氏は「Yahooニュース」の中で下記のように述べておられます。


ーー引用はここからーー

下流老人とは文字通り、普通に暮らすことができない下流の生活を強いられている老人を意味する。

しかし、そのような老人をバカにしたり、見下すつもりはない。

むしろ、そのような老人の生活から多くの示唆をいただき、日本社会の実情を伝える言葉として、創造したものだとご理解いただきたい。

その下流老人は、いまや至るところに存在している。

スーパーマーケットでは、見切り品の惣菜や食品を中心にしか買えずに、その商品を数点だけ持って、レジに並ぶ老人。

そのスーパーマーケットで、生活の苦しさから万引きをしてしまい、店員や警察官に叱責されている老人。

あるいは、医療費が払えないため、病気があるにも関わらず、治療できずに自宅で市販薬を飲みながら痛みをごまかして暮らす老人。

夏場に暑い中、電気代を気にして、室内でエアコンもつけずに熱中症を起こしてしまう人。

家族や友人がいないため、日中は何もすることがなく、年中室内でひとりテレビを見ている状態にある人。

収入が少ないため、食事がインスタントラーメンや卵かけご飯などを繰り返すような著しく粗末であり、3食まともに取れない状態にある人。

ボロボロの築年数40年の持ち家に住んでおり、住宅の補修が出来ないため、すきま風や害虫、健康被害に苦しんでいる人。

わたしたちのもとに相談に来られる高齢者はこのように後を絶たない。

内閣府「平成22年版男女共同参画白書」によれば、65歳以上の相対的貧困率は22,0%である。

さらに、単身高齢男性のみの世帯では38,3%、単身高齢女性のみの世帯では、52,3%である。

単身高齢者の相対的貧困は極めて高く、高齢者の単身女性に至っては半分以上が貧困下で暮らしている。

現在すでに約600万人が一人暮らしをしており、うち半数近くはこのように生活保護レベルの暮らしをしている。

公的な相対的貧困率の指標を用いて、少なく見ても、一般世帯よりも高齢者世帯の方が貧困状態にある人々が多い。

年金の受給金額が低いことや、働いて得られる賃金が少ないこと、家族からの仕送りも期待できないなど、収入が低い理由は多岐にわたる。

そして、深刻なのは、下流老人の問題は現役で働く世代も将来陥る問題であるということだ。

現在65歳の人で20歳から60歳まで厚生年金に加入していて、40年間(480か月)保険料を払ったとする。

年収が400万円を超えていた場合を想定し、平均月給与が38万円とする。

その場合、厚生年金部分は、年間約120万円支給される。国民年金部分は、年間約78万円支給される。

だから、合計金額は約198万円で、月に直すと約16万5千円が支給される年金ということになる。

あるいは、そこまでの収入がない場合もある。そもそも実質賃金も下がっているわけだから、平均月収が38万円もないという場合も多い。

40年間の平均給与が月25万円で計算してみる。そうすると、現在65歳の人は、厚生年金部分は約79万となり、国民年金部分は78万となる。

合計しても157万であり、月額 約13万円しか支給されない(日本年金機構の水準により計算)。

国民年金のみの場合では、年間の支給額は約78万円だけであり、月額は約6万5千円だ。

そして、これから年金支給額は下がることが予想されている。この支給水準を保つことも難しい。

要するに、実際に年収400万円程度だと、「老後にもらえる年金額は月20万円を下回る」ということが分かる。

そして、非正規雇用や不安定雇用が拡大し続けているなかで、それ以下の年収であれば、生活保護基準を割り込んだ年金支給額しか受け取ることができない場合も多く想定される。

さらに、忘れてはいけないのは、年金受給者には課税や保険料徴収がある。実質の手取り金額は、ここからさらに数万円減少する。

高齢期は病気や介護など予期せぬ出費が増える時期でもある。

それまでに、個人的にも政策的にも、相当な準備をしておかなければ、下流になってしまう。

「あなたの老後は下流ですか?」と聞けば、残念ながら多くの人が「YES」と答えざるを得ない時代が間もなくやってくるだろう。

高齢者の貧困は、とても自己責任などといって本人を責めていられるような悠長な状況にない。

過去に『「NHKスペシャル 老後破産」を防ぐためには』というYahoo!記事を配信した。こちらも参照いただきたい。

大きな反響があり、引き続き、多くの人に高齢者の貧困や下流老人の存在を知ってほしいと思っている。

間もなく、この「下流老人」に関するまとまった拙著を刊行する予定である。

それに先立って、今回は「下流老人の実態の一部」、「高齢者の貧困率の高さ」と「年金支給水準の低さ」について、簡単な短い記事として配信しておきたい。

ーー引用はここまでーー



確かに、最近の日本では、「長幼の序」ということが完全に忘れ去られ、年配者が尊敬されなくなりましたし、年配者を邪魔者扱いにするような傾向が強まっています。

長生きする価値がない、早く死んだ方がマシだ、というようなことが聞こえてくるほど、何とも寒々しいい世の中に変貌してしまっています。

何故、このようなことになってしまったのか・・・。上記で言われているような原因もあるのは確かですが、そうした物質的な面だけで理解できる範囲を超えているように思います。

それは兎も角、今の日本は、このような厳しい社会になっていることを確りと認識して、一人一人が日々の生活の在り方を転換していく必要があります。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



日本政府はフクイチ(福島原発)からの放射能汚染物質が連日、水蒸気爆発のような状態で全土に飛散しているにも拘らず、その実態を一切報じないように報道規制を敷いているようです。

そのせいで、マスコミやメディアはフクイチの現状について虚偽と欺瞞に満ちた報道しかしていません。もう、こうなったら国民一人一人が自分の身は自分で守るとの強い信念をもって対処するしかありません。

その対処の方法の一つが、「米のとぎ汁乳酸菌」を家庭で作り、それを飲用することと、それを使って部屋の床をキレイに掃除したり、風呂に入れたりすることです。



この「米のとぎ汁乳酸菌」により期待できる効果としては、下記のようなことが上げられています。

1.免疫力が向上し、抗ウィルス・抗ガン体質になる
2.放射性物質の無害化(体内、室内、土壌、等)
3.強い酸化還元力による若返り効果



そこで改めて、「玄米を使った乳酸菌」の作り方を、飯山一郎氏のサイトから引用させて頂きますので、是非、ご自分で作って見てください。


ーー引用はここからーー

【材料】 2リットルのペットボトル、玄米1合、黒砂糖(3%、60g)、粗塩(1%、20g)、ミネラル水

・ 黒砂糖は、お湯で溶かしてからペットボトルに入れる。
・ 玄米は、洗わないで入れ、取り出さず入れたまま。
・ 黒砂糖、玄米、粗塩、水を入れたペットボトルは、毎日よく振って、
  温かい場所におく。(日光が当たっても大丈夫。)
・ すると、早ければ3日、遅くとも5日くらいで pH3.5 位になる。
  酸っぱくなったら成功! 「これを「酸っぱいは成功のモト」と言う。

・ 納豆菌が多く付着した玄米からつくった乳酸菌液は臭くなる。
  その場合は、柑橘類(レモンなど)の絞り汁を混ぜる。

・ 酸っぱくなった玄米乳酸菌は、毎日半分の量を飲んだり、
  豆乳ヨーグルトをつくったりする。

・ 半分に減ったペットボトルには、ミネラル水か米とぎ汁を入れ、
  入れた量の3%の黒砂糖と、1%の粗塩を継ぎ足す。

・ そうすれば、毎日1リットルの玄米乳酸菌が使用できる。

・ 玄米乳酸菌液は毎日よく振れば、2~3ヶ月はもつ。

・ そうして、10リットルほど溜まったら浴槽に入れ、乳酸菌風呂。

・ 100リットル位の乳酸菌液をつくったら、新玄米と交換する。

・ 古い玄米には塩をふり、カビが生えないようにタッパーに満杯に
  入れておけば、保存食になる。(4~5年はもつ。)

・ 古い玄米はナマのまま良く噛んで食べて、仙人になっても良い。

ーー引用はここまでーー



尚、飯山一郎氏は、日本のヒドイ現状について下記のように語っておられます。


『 とにかく、知恵を絞って工夫しながら、美味しく飲める玄米乳酸菌液を自宅でつくって下さい!>皆の衆

そうすれば自宅の内部のアチコチに乳酸菌が棲みついて、家全体が発酵環境になります。

発酵環境になった家のなかを徹底的に拭き掃除して、空気清浄機を24時間まわす。この部屋が最良の避難場所なのです!

ほんと、ヒドイ国になりました。

火山が爆発すると全員避難なのに、原発が爆発すると避難を妨害される国、ニッポン。

日本列島の全域を猛毒の放射性水蒸気が襲っているのに…、この事実や対応策を政府・マスコミ・知識人は一切言わない。

この国の国民は、牛~自力(じりき)で生き残っていく以外に手はありません。』




尚、上記の玄米乳酸菌を使った「豆乳ヨーグルトの作り方」に関しては、下記をご覧ください。非常に詳しく、分かりやすく説明されています。

=>豆乳ヨーグルトの作り方


もっと簡単に豆乳ヨーグルトを作りたいという方は、下記のの「よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】を使って作る方法が「乳酸菌普及協会」の記事で紹介されています。 



ーー引用はここからーー

最近、新しい方が増えてくると共に、「蓬龍宝」での豆乳ヨーグルトの作り方を教えて欲しいとの依頼が多くなりましたので、ここにまとめてみたいと思います。

まずは、配合から記載します。

豆乳:500g(無調整のもの。市販のもので結構ですが、調整豆乳では固まりません。)

糖蜜または黒糖:25g(ミネラルの多いものを使用します。)

塩:2g(塩もミネラルの多い粗塩を使います。推奨は八百万の塩)

蓬乳酸菌液(ホウロンポウ):25cc


◇作り方

1.鍋を火にかけ、豆乳500gを温めます。温度は人肌程度(40℃前後です)

2.豆乳が温まったら、その中に糖蜜(または黒糖)25gと塩2gを入れて溶かします。

3.糖と塩が完全に溶けたら、火を止め、ホウロンポウを混ぜます。

4.そうしたら、蓋つきの容器に移して、温度環境を26℃~30℃にしてください。8時間から12時間で、固まり豆乳ヨーグルトが出来上がります。


ポイントとしては、まず材料が、特に糖と塩がちゃんと溶けているか? そしてあと大事なのが、保管しておく温度です。

40℃まで温度が上がると、皆さんからの報告によると固まりにくいようです。最適な温度帯が、植物性乳酸菌ということなんだと思っていますが、26℃~30℃の温度帯で維持すれば、ちゃんと固まるようです。

以上参考にして作ってみてください。

ーー引用はここまでーー



また、簡単に植物性の乳酸菌を摂取するためには、何時も紹介しています、下記の「」を飲用されるといいと思います。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。