指圧はゆっくりと持続圧を加えますから、痛くなく、心地がよく、どんな症状にも効果があります。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

コントレオナルト? 風見鶏(名人劇場 昭和58年)



笑いについてはこれまでに何度も取り上げてきましたので、あれこれ申し上げませんが、私たちはもっと笑って暮らすことが大切ではないかと思います。

以前にも取り上げましたが、笑うことによって下記のような生理的な変化があることが知られています。


1.笑って脳を刺激すると、脳血流(酸素や栄養素)が活性化して、脳血管障害、痴呆症予防に効果的。

2.笑うとの血液の中に、リンパ球(ナチュラルキラー=NK細胞)が増加し免疫力がアップして、ガン細胞を撃退する働きを持っている。

3.笑って気分が高揚すると、鎮痛作用を持つ、脳内麻薬(ベーター・エンドルフィン)ともいわれる神経伝達物質が増加し痛みを和らげて、リウマチなどの病気の回復を早める。

4.大声を出して笑うことで、胸やお腹、背中などの筋肉を使い心拍数や呼吸数、血液量が増加し運動と同じ効果が得られ、内臓の働きを活性化する。

5.顔の神経を使って笑うことにより、交感神経と副交感神経がバランス良く働いてストレスを解消する。

その他、くつろいでリラックスして、心が和んだり、自分と周囲を陽気にします。



これまでにも紹介しましたが、日本指圧専門学校を設立された、故・浪越徳冶朗氏は、何時もワッハッハと豪快に笑っておられました。一言喋ると笑う、といった感じで、周りの人もそれにつられて笑顔になっていました。



私も、その学校で指圧の勉強をしましたので、同氏の生前中によくその姿を見ていましたから、直にその笑い声を聞いていました。

例えば宴席で酒を飲まれる時、どんな酒でもチャンポンに飲まれるんですが、一口飲む度にワッハッハと大声で笑われるんです。ですから、幾ら飲んでも悪酔いすることがなく、楽しく酒を飲まれていた姿を思い出します。



さて、今日は小難しいことはさておいて、皆さんに笑って頂きたいと思い、冒頭のコントの動画や、下記に落語や漫才などの動画を掲げましたので、是非、素晴らしい話芸をお楽しみ下さい。

圓歌 浪曲社長



中川家のものまねコント 「携帯電話屋」



落語 柳家喬太郎 「夜の慣用句」



やすしきよし - 出会い、そして別れ - 夜の指定席(S57年)



名作落語 14 文珍 デジタルお父さん



名作落語 28 志の輔  みどりの窓口 ①



名作落語 28 志の輔  みどりの窓口 ②



太平サブロー・シロー「港・女・かもめ」



落語 三遊亭歌奴(二代目)(=三代目圓歌) 授業中




さて最後に、お笑いではありませんが、有名な浪曲の名作の動画を掲げておきます。広沢虎造の当たり芸で、その滑舌の良い語りを聴くだけでも、スッキリします。

「石松三十石船道中」 広沢虎造




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


妻に先立たれた後期高齢者の耕造は、六十九歳の小夜子と同居しはじめるが、夏の暑い日に脳梗塞で倒れ、一命を取り留めるも重体に陥る。だか、裏で小夜子は結婚相談所を経営する前科持ちの男、柏木と結託していた。病院へ駆けつけた、耕造の娘である尚子、朋美は、小夜子の本性を次第に知ることとなる――。結婚相談所の男と、結婚したパートナーと、死別を繰り返す女につきまとう黒い疑惑。恐るべき“後妻業”の手口と実態。


日本は超高齢化社会と言われていおり、高齢者に関わる話題や問題が次々に現れています。これまで経験したこともないような高齢化社会ですから、どれもこれも対処が難しいものばかりです。

例えば、高齢者の認知症問題(最近は若年の認知症もあるようですが・・・)は社会的な大問題に発展しています。今や、この問題を抱えて介護にやっきとなっている家庭が沢山あります。

しかし、何故、急激に認知症が増えたのかには疑問があります。何時の頃からか、認知症という言葉が一般化されるようになり、マスコミ等が盛んに使用するようになりました。



本来、認知症という病気は無いはずです。ある種の症状があるだけです。それを無理やり脳の病気だと定義して、精神科の診療を行うようになったわけです。

認知症を精神科の病気として扱っているのは、どうやら日本だけのようです。その裏に何があるのでしょうか・・・。当然ながら、製薬会社や病院、はたまた政治家や厚労省などの官僚たち、即ち、医療マフィアの暗躍があってのことでしょう。

認知症的な症状は、昔でしたら「ボケ老人」として、高齢者にごく当たり前に見られる症状と認識され、各家庭でも、家族や周囲の人々が病気とは考えずに対応していました。



しかし現在は、医者が病気と認定してしまったために、家族も医者の言いなりになって、当人たちを認知症という病人にして医者に任せてしまう結果になっています。

ところが、認知症は病気ではないので、それを根本治癒させる方法はないはずです。それを無理に治療しようとして精神薬などの副作用が強い薬を投与することが行われています。

医者や病院に頼らずに家族が面倒を見ていれば、それほど急激に症状が悪化することはないでしょうが、精神薬の投与などの治療を施すために、症状は悪化の一途をたどるケースが多くあります。


「認知症」はいまや中学生でも知っている言葉だが、実はその歴史はきわめて浅い。認知症という言葉が使われるようになったのは2004年。それまでに使われていた「痴呆」という言葉が差別的であるという理由から、厚生労働省は痴呆を認知症と言い替える決定した。しかし新たに定義された「認知症」はさまざまな意味で問題をはらんでいる。
漠然と「脳の病気である」という知識は普及しつつあるものの、医学的な定義が曖昧で、診断基準もきわめて曖昧で、治療法も確立していない。ひとくちに認知症といっても、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症などがあり、その症状や治療法も大きく異なる。しかしながら、診断する医者側に認知症の知識が決定的に不足しており、誤った治療法により、症状を悪化させるケースが後を絶たない。とりわけ問題が多いのが精神科医で、病気扱いされる必要のないお年寄りまでが向精神薬などを使った過剰な薬物治療を受け、寝たきりや廃人同様になる悲劇がいたるところでおきている。



この認知症の問題はこれからも大きな社会問題として色々と論議されるでしょうが、そのことの他に最近、高齢者を巻き込んだ犯罪が多発しています。

オレオレ詐欺も依然として跡を絶ちませんが、その他にも、独身の資産家の高齢者を相手にする「後妻業(ごさいぎょう)」なるものが、クローズアップされてきています。

後妻業(ごさいぎょう)という言葉は既に弁護士達の間では普通に使われるほど認知されている言葉だそうですが、私はこの言葉そのものについては、始めて知りました。



唯、その言葉の意味するところは分かります。昔から、独身で資産家の高齢者を狙って、その後妻に入り込み、やがてその資産を相続するという事例は結構ありましたからね。

しかし、後妻業と表現されているということは、そうした後妻に入ることを生業(なりわい)にしていることですから、そんな連中がいることには、ちょっと驚きです。

その実態とは、配偶者を失った資産家の老人などに近づき、その死を待って財産を詐取する女性の職業で、その背後には数人の法律家を含めた男たちがいて、チームとなって、財産詐取を狙うのだそうです。



こうなると、個人で後妻に入ってその遺産を狙うというのとは違って、商売ですから、ビジネスライクに綿密に計画を立てているようです。

また、遺産を相続するためには、遺言書が必要ですが、それを法的に固めたり、誰かが不用意に接触して、そんなことは言ってなかったなどの証言がされないように、死の直前には親族をシャットアウトするなりの囲い込み作業などを行うそうです。

まるでサスペンス・ドラマのようですが、現実はフィクションよりも進んでいるようです。とにかく彼らはプロの仕事師ですから、あらゆる点で抜かりなくやるようです。

仲間の女性が誰か資産家老人を騙しこんだという情報が入ると、直ぐに、その周りに自然と後妻業のチームが出来上がる、というのですから、全く言葉も出ませんね。



ところで、この後妻業がにわかに注目をされるようになったのは、最近出版された、直木賞作家・黒川博行氏の著書『後妻業』
よるところが大です。

この著書の内容は正に、後妻業を生業としている連中の話そのものです。それもそのはずで、黒川氏は実際に後妻業に巻き込まれた知人の話から、ヒントを得られて執筆されたそうですからね。

黒川氏は、下のインタビューでも述べられているように、この本の内容の九割は実話だと語っておられます。もう、フィクションも現実も区別できない時代になったことを痛感させられます。


直木賞作家・黒川博行さんインタビュー(1)9割が実話!「後妻業」




最後に既に周知のことですが、今回の話題とそっくりの事件が京都で起こりましたね。京都に住む無職の75歳の男性が、入籍して間もなく死亡したわけですが、その裏に67歳の妻による毒物殺人が疑われている事件です。

この容疑者である女性は、これまでに計4回結婚し、全員と死別しています。その他に、内縁男性2人も死亡しているそうですが、内縁男性のうち1人は容疑者にマンションを遺贈したことが分かっているそうです。

また、この容疑者は先のご主人の死亡前後に交際していた複数の男性に対し、死後、容疑者に財産を遺贈するよう記した公正証書の作成を求めていたそうです。



正に、上記の後妻業の女達と同様なことをしていたわけです。唯、この容疑者の場合は背後で操っている連中は、今のところいないように思われます。

また、この容疑者の場合は毒物で殺害したのではないかとの疑いが掛けれれていますので、それが事実なら完全な犯罪になることは確実です。

後妻業を商売としている連中は、その点、注意深いようで、殺人を犯すようなことはしないようです。ですから犯罪として立証することができず、事件として報じられることもないということになります。



世間では、私たちの知らないところで同様の事件が多発しているのかも知れませんね。これが超高齢化社会を迎えた日本の現実なのかと思いますと、何とも虚しい気もしてきます。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



私は未だに携帯電話もスマホも利用していませんので、この頃「自撮り棒」なるものが流行っていることを知りませんでした。

その言葉を聞いた時は、一体どのように使うものか分かりづらかったのですが、冒頭の画像のような道具を使って、それにスマポなどの携帯を装着して下記の画像のように、自分撮りをするものです。

jito.jpg



これまでもスマホなどで自撮りはできたのですが、それはスマホを持った自分の腕を前に伸ばして、自分の方にカメラを向けて撮るというものですから、手ブレなどがあったり、やり難い面がありました。

その点、この自撮り棒を使えば、人だけでなく数人でも一緒に上手く写真がとれるというわけです。唯、自撮り棒という名称は何ともドロクサイですね。

でも、驚くことに、米国のニュース雑誌『TIME』が、「2014年の発明品ベスト25」を発表した際に、最新のテクノロジーと一緒に、この自撮り棒が選ばれていたそうなんです。



そこでは下記の写真と一緒に、The Selfie Stickとして次のような解説がなされていました。

sel.jpg

Sensing a new market, several companies have launched devices designed to streamline the selfie-taking experience. Many of them, like a hairbrush that holds your smartphone, are more goofy than game changing. But the selfie stick (produced by multiple brands), which enables users to position their smartphone beyond arms’ reach to get better photo angles, “adds genuine value,” says Van Baker, a mobile tech analyst at the research firm Gartner. “I’ve seen a lot of people using it.”



まあ、『TIME』ほどの雑誌がこれを選んだというのは、一種のお遊びかもしれませんね。実際、それほどアイデア商品とは言えませんからね。

でも、旅行先で写真を撮るのに便利だろうなと思います。先端にスマートフォンを取り付けて、自分撮りや手持ちでは不可能なアングルからの撮影が可能なわけですからね。

今のところ日本ではどの程度の普及率があるのか知りませんが、韓国ではかなりの人が利用しているようです。その韓国では自撮り棒を販売する業者の取り締まりを始めたと報じられています。



どうやら、それは政府に認定されていない自撮り棒を販売した場合のようで、最高3000万ウォン(約320万円)の罰金または最長3年の禁錮刑が科される、というのですから厳しいですね。

取り締まりの対象となっているのは主に、近距離無線通信規格のブルートゥース通信機能を備え、より簡単に写真が撮影できるタイプのものだそうです。

このタイプの棒は一般的にグリップにあるボタン操作で、棒の先につけられたスマホのカメラに指示を出す仕組みになっているそうです。



韓国の教育科学技術省によると、こうした機器は通信機器に分類されるため、市販前に機器が放出する電磁波の検査を受け、認定されなければならないものだそうです。

このブルートゥース通信機能を備えた未認定の自撮り棒が最近、韓国内で数多く販売されているために、「厳しい取り締まり」が必要だということらしいです。

ところで、自撮り棒を単なる自撮りだけに使うのではなく、もっと他の利用方法もあるということを紹介している動画ありましたので、下記に掲げておきます。


自撮り棒活用術







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



急に寒さが増してきたこの頃ですが、日々の温度差が激しいために風邪を引く方も増えているようです。「風邪は万病の元」ですから、風邪を引かないように用心する必要があります。

私は、寒くなると寝るときに首に絹のスカーフを巻いて、首を温めて寝るようにしています。何と言っても風邪は首筋を冷やしたりすると罹りやすいですからね。

また、ちょっとでも風邪気味だなと感じたら直ぐに、首の後ろ(第七頚椎の辺り)に「温感シップ」を貼り付けます。すると、首周りから肩にかけて温かく感じて、少々熱があったり、頭痛などがあっても、悪くなること無く改善します。
pa.jpeg


風邪は引いてから、あれこれ手当をしても遅いので、風邪を引かないように日頃から対処することが大切です。普段から、手洗いやうがいを励行することは勿論ですが、外出時にはマスクを掛けるのもいいですね。

それと何と言っても、首筋を冷やさないようにすることが肝要ですから、部屋の中では首に絹のスカーフを撒いたり、外出時にはマフラーで首を温めておくことが必要です。

風邪のことだけでなく、首筋を冷やしたり、痛めたりしますと色々な症状の元になってしまいます。例えば、首の異常からくる症状として、下記のようなことが言われています。


1.緊張型頭痛
2.めまい
3.自律神経失調症
4.うつ病
5.パニック障害
7.むち打ち症
8.更年期障害
9.慢性疲労症候群
10.ドライアイ
11.多汗症
12.不眠症
13.機能性胃腸症
14.過敏性腸症候群
15.機能性食道嚥下障害
16.血圧不安定性
17.VDT症候群(パソコン病)
18.ドライマウス



とにかく、人間の身体の中で、どこよりも首が重要と言われていますが、それは、生きていく上で大切な器官が集まっているからです。

脳に血液を送る頸動脈、呼吸を保つ気管、食物を胃に送る食道、様々なホルモンを分泌する甲状腺、身体を動かす全神経が集結した脊髄などがあります。

身体の中で、これだけ重要な器官が集まっている所は他にはありませんので、首の具合が悪くなると、重要な役割を果たせなくなってしまい、上記のような症状を起こすことにもなります。



先述の通り、首は、脳と身体を繋いでいる大変に重要な部位です。そこには無数の重要な神経が縦横無尽に張り巡らされています。

また首の骨には脊髄という重要な神経の束が通っていますので、特に首の上半分は「脳の一部」と言ってもいいくらいであり、脳と全身の橋渡しをする重要な繋ぎ目になっているわけです。

この首に密集している神経の中でも、とりわけ重要なものが自律神経です。首の筋肉に異常が発生すると、副交感神経が圧迫され、その働きが鈍る事により、自律神経失調症が生じることになります。



ですから、このように大切な首の筋肉にとって、冷えは厳禁です。日頃から、入浴をする時は、温かい風呂に浸かって全身浴をするのが理想的です。その際には、首まできちんと浸かることです。

最近、風呂に入らずにシャワーだけで済ます人たちが増えているようですが、それでは首を温めたり、身体を温めることが不十分になりますから、健康維持のためには良くありません。

また、風呂から上がった後は、すぐに髪の毛をドライヤーで乾かす必要があります(特に女性)。濡れた髪の毛はすぐに冷たくなってしまいます。その髪の毛が首に触れ続けると、首の筋肉が急に冷えてしまいます。



外国人の女性などは冬でも、シャワーで洗髪をした後、髪をドライヤーで乾かさず、そのまま自然に乾かすのが常識になっているようですが、やはり、これは健康には良くないと思います。

最近では、それを真似ているのか、日本人女性でも同様なことをする方が増えていますが、ちょっと感心できませんね。

唯、ドライヤーで髪を乾かすことは髪を痛める元になるのかもしれませんので、その点は気をつける必要もありますが、とにかく、首に温風を当てると、首の筋肉が温まり、首凝りを和らげるという効果があります。



極論かもしれませんが、あらゆる病気の原因は、頸椎の歪みによる脳幹の機能低下だとも言えますので、脳幹を活性化することが病気の治癒に繋がるわけです。

その意味から、首の後ろを温めることは、頸椎を囲む筋肉が緩むことになり、頸椎が正しい位置に戻り、脳幹が本来の機能を回復することになるわけです。

要するに、首の後ろを温めると、筋肉内の血管が拡張して血液の流れが良くなり、筋肉の緊張が緩みます。



その結果、それまで筋肉に引っ張られて歪んでいた頸椎が正常な位置に戻り、締め付けられていた脳幹が解放され、本来の機能が回復することになります。

それと同時に、体内では自律神経の調整が行われます。自律神経のバランスが整うと、免疫系、内分泌系、脊髄や筋肉系の働きも連動して良くなり、自己治癒力を発揮できるようになってくるわけです。

こうやって見ますと、首が如何に大事な場所かということが良く分かります。日頃から、首の筋肉を固くしたり、冷やしたりしないようにすることが健康維持の要ではないでしょうか。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

fu.jpeg


普段、酒を飲まない私が酒の話題を提供するのもオカシナことかも知れませんが、今日はお愛嬌だと思いってお付き合いください。

私は酒を殆ど飲みませんが、酒類が嫌いというわけではありません。どんなアルコールでも、一口飲むと身体が暖まったり、気分がゆるんだりするので、酒の雰囲気は好きなんです。

ですが、如何せん、酒は飲みますと言えるほどの量ではありません。ビールならコップ一杯で十分です。缶ビール一本を空けると飲み過ぎになります。



その他、ワインでも日本酒でも、焼酎(泡盛)やウイスキーなども口にしましたが、いずれも一口、ふた口でいいなという気分になります。

それ以上飲むと、顔が赤くなったり、少々、悪酔い気分になってしまいますので、もういらないという感じになります。

唯、泡盛やシングルモルトウイスキーはお湯割りや水割りにして飲むと、後口も良く、何となくほろ酔い気分になるだけですので、時々、泡盛のお湯割りやお茶割りを飲んでいます。



ところで、お酒好きな人でも時々、二日酔いになる方があるようですが、アルコールの種類によって二日酔いになりやすいものもあるようです。

勿論、酒の種類だけでなく、酒の度数、体質による個人差や体調のよし悪し、酒の飲酒量など、色々と関係していると思いますので、一概にいえない面があります。

これは信用に値するかどうかは分かりませんが、以前に何処かの国で行われた実験の結果によりますと、二日酔いになりやすいアルコール類の順番は下記の通りだったそうです。

赤ワインー>白ワインー>ブランデーー>ウィスキーー>ウォッカー>ジンー>ラムー>エタノール



この実験では、各酒類で一つの銘柄ずつしか試されていなかったようですので何とも言えませんが、一般的に色が着いたお酒より無色のお酒の方が二日酔いしにくいようです。

ここには日本酒もビールも含まれていませんが、私の場合は飲む量にもよるのでしょうが、ワインや日本酒がより悪酔いを誘う傾向にあります。

シングルモルトウイスキーや泡盛のような蒸留酒の方が、飲みやすくもあり、悪酔いをしないように感じています。勿論、飲酒量によっては結果は違うでしょうがね・・・。

また、私の場合は基本的にアルコール類に弱い体質のようで、続けて飲酒すると、軽い痔の症状が出たりしますので、それが嫌で普段は殆どアルコール類を口にしないことにしています。



さて私には関係ないことではありますが、二日酔いには色々な原因があるようですね。「二日酔いの原因と治し方」では下記のように分類した記事を載せておられました。


1.アデノシンが原因:アルコールには血管を拡張する働きがあります。この働きによりストレスなどで収縮した血管を拡張し、気分を高揚させてくれるのもお酒を飲む楽しみです。

しかし、アルコール以外にアデノシン(日本酒に多く含まれる)やアセトアルデヒド、酢酸にも血管拡張作用があり、 これが長く続くと血管が炎症を起こし二日酔いの症状であるズキズキとした頭痛の原因となります。

2.脱水が原因:二日酔いで最も多いのがこの脱水を原因とする各種症状です。脱水症状は頭痛、身体疲労(だるさ)、吐き気、食欲不振などの様々な症状を引き起こします。

アルコールには利尿作用があるため、飲酒により摂取した水分以上の水分が失われます。ビールよりもアルコール度数の高いお酒なら飲めば飲むだけ水分が失われ脱水による二日酔いの原因となります。


3.低血糖症が原因:飲酒によるアルコールは全て肝臓で処理されます。アルコールを分解している間、肝臓はアルコールの分解を優先させ、他の働きを休ませてしまいます。その中でも二日酔いの原因となるのが、グルタミンによる糖(グリコーゲン)の生産不足です。

通常、肝臓は糖分を貯蔵し、必要に応じて供給しているのですが、この貯蔵量は多くても8時間程度しかストックがありません。そのため、アルコール分解に肝臓が使われることにより糖分が不足してしまいます。


4.アセトアルデヒドが原因:脱水症状と並んで多い二日酔いの原因の一つにアセトアルデヒドがあります。特に日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性、分泌が弱いため、 アルコールの分解は終わっているにも関わらずアセトアルデヒドが体内に残り二日酔いの原因になることがあります。


5.胃の塩酸分泌が原因:アルコールは胃酸の分泌を促し、胃酸過多の状態を引き起こします。この胃酸過多による塩酸は吐き気や食欲不振、下痢といった二日酔いの症状の原因となります。


6.酸素不足が原因:二日酔いの治し方として体を休ませたり、二日酔いに良い食べ物を食べること、飲むこと、薬などに集中しがちですが、 酸素欠乏も二日酔いの頭痛と体のだるさの主要な原因となっています。


7.メタノールが原因:ウィスキー、テキーラ、ブランデーなどを飲むといつもとは異なる二日酔いになることがあります。その二日酔いはもしかしたらメタノールが原因かもしれません。



二日酔いを何度も体験している方たちは、それぞれに自分に合った解決法を持っておられるようですが、一般的に「二日酔いの対処法」としては下記のようなものが挙げられています。

1.とりあえず寝る:体を休めることで残ったアセトアルデヒドを素早く分解することになる。

2.水分補給:特にスポーツドリンクなどの、成分バランスの良い飲み物が有効。逆にコーヒーなどの刺激物は避けたほうが無難。

3.サウナやお風呂:汗を流して代謝を活発にするのも有効だと言われています。但し、水分補給は忘れないように。


ともかくも、年末年始はアルコール類を飲む機会が一番多いと思いますので、酒を楽しく飲んで、酒に飲まれて二日酔いにならないように、お気をつけ下さい。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



何時頃からでしょうか、或る特定な状況にある若者たちの生態を「ニート」と称せられるようになりました。私はこの表現には強い違和感を抱いています。

この言葉は最初、1999年にイギリスの政府機関・社会的排除防止局が作成した調査報告書『BRIDGING THE GAP』の中にある一文「Bridging the Gap:New Opportunities for 16-18 years olds not in education, employment or training」(日本語訳「ギャップを埋める:教育、雇用、職業訓練に参加していない 16~18歳の若者に対する新しい機会」)の「not in education, employment or training」という部分の頭文字を取り、「NEET」と略したものが始まりだそうです。

でも今では、発症の地であるイギリスでは、もはや使われなくなっている言葉のようです。しかし、日本では依然として盛んに使われていますが・・・。



ところで最近、日本ののニート研究の第一人者と言われている、東京大学社会科学研究所の玄田有史教授が新たな言葉を提唱されています。

それが、ニートに変わる「SNEP(スネップ)」という表現です。SNEP(スネップ)とは「Solitary Non-Employed Persons」の略称で「孤立無業者」と言うことだそうです。

特に、「20歳以上59歳以下の在学中を除く未婚無業のうち、ふだんずっと一人か、一緒にいる人が家族以外にいない人々」を指す言葉と言うことのようです。

60歳以上の高齢無業者のように、年金による生活収入のある可能性がある人々は含まれないそうで、また、専業主婦(夫)のように、配偶者によって収入のみこめる既婚者はこれに含まれていません。



上記の玄田有史教授によりますと、SNEPは約162万人(2011年)に上るそうです。中でも多いのは20代が60.2万人で、30代では44.8万人や、40代では35.2万人になっており、どの世代も急増しているそうです。

そして、未婚無業者のうち6割以上が、一人ぼっちか家族としか会わないSNEPになっていて、特に40代は孤立する率が高い(68%)と言われています。

このような状況について、“大人のひきこもり”問題を取材してきたジャーナリストの池上正樹氏は、次のように指摘されています。(「J・SPA!」の記事より)


『最大の原因はセーフティネットの不備。転職市場から見放された人はハローワークを頼るのですが、実は“まともな求人”がほとんどない。募集数はたくさんあるんですが、「ハローワークにも求人を出す良い企業」という社会的なイメージアップのためだけで、実際に採用されない話はよく聞きます。』

また、池上氏はハローワーク経由で紹介された会社に面接に行った、ある中年男性の例を上げておられます。

『「資格がないからダメ」と落とされたので、その資格を取得してまた面接を受けました。でも、やっぱり何かと理由をつけられて落とされたんです。そんなことが何社も続くうちに働く意欲を失い、ひきこもりのようになってしまうケースが最近目立ちますね。』



現在の日本社会は極端に経済格差が広がり、一部の者が潤うだけで、多くの弱い立場の者が苦しむ状況に陥っています。

特に中年の方が無業者になった場合、サポートしてくれる公的支援はほとんどありません。そのために社会復帰が難しく、必然的に失業期間が長期化してしまっているのが実情です。

これは先の「J・SPA!」で紹介されていたのですが、名のある証券アナリストが、40代「無職・ひきこもり」になったという記事がありましたので、それを転載させて頂きますが、人ごとではないことが分かります。



ーー引用はここからーー

名のある証券アナリストが、40代「無職・ひきこもり」になるまで

・職歴大手銀行に入行後、金融機関などを経て大手証券会社に就職。証券アナリストとして活躍
・現在の貯蓄額 10万円

どんな華やかな仕事についていても、ちょっとしたはずみで歯車が狂ってしまう。それを思い知らされるのが、現在42歳の田中さんのケースだ。

大手証券会社で証券アナリストとして活躍していた田中さん。有名出版社から共著や翻訳書を出したほか、経済誌に署名入りで記事を寄稿することも多かったが、最初に就職した大手銀行ではあまりの忙しさに体を壊してしまい退職。

その後、人材紹介会社から紹介された転職先では、「最初は契約社員で入って、すぐに正社員にしてくれるという約束だったのに、会社の人事部に確認すると『正社員への登用制度はない』と言われたこともありました」という。

そんなことに気を揉んでいる最中、「リーマン・ショック」と「父親の介護」という2つの大問題が重なってしまう。


「両親は昔から仲が悪く、ずっと別居していました。私は母のためにマンションも買い、同居もしていました。病気で父が倒れたときも母は無視。私が東京から地方の実家まで通って面倒を見ることになったんです」

しかし、証券アナリストはただでさえ激務な職業。父親の介護との両立は無理な話だった。円形脱毛症になるほどのストレスを抱え込んだ田中さんは、父親を介護施設に入居させたあと、証券会社を退職してしまう。

「金融は好きな仕事だし、自分に向いているとも思っていますが、いろいろありすぎて疲れてしまったというのが正直なところです」

そこから2年間、田中さんは自宅にひきこもった。精神的にも不安定な日々が続き、今も定期的に心療内科に通院している。

「自分は落ちぶれてしまったという思いが強すぎて……。現状をうまく受け入れるためには、まだ時間がかかりそうです」

貯金を取り崩して生活していたものの、ローン返済もあり、現在はマンションを売却。母親と2人で団地住まいを始めたが、田中さんの苦難はまだまだ続いている。

「震災のせいで地価が下がり、マンションを売ってもまだローンが残っているんです。おかげで貯金もほとんどなくなりました。家族に人生を翻弄されたうえに、これでは結婚なんて夢のまた夢です」

ーー引用はここまでーー



さて、上記で紹介しました、玄田教授は論文「孤立無業者(SNEP)の現状と課題」の中で、「本稿で発見された事実は、スネップがニート以上の広がりをもって拡大しつつあり、尚かつ支援の手が届いていない無業者が多数にのぼることを意味している」と語っておられます。

また、「就業による自立支援が必要とされているのは、若者だけでない。今や、中高年層に対しても支援が不可欠である」と指摘されています。

私は最初に申し上げましたが、ニート(NEET)とか、このスネップ(SNEP)のような特別な言葉を使って、ある一定の人々を区別することには違和感があります。



ですが、玄田氏が指摘されているような深刻な状況が現実に起こっているのは間違いないことだと思います。

唯、これを政治の貧困や経済格差のなせる業のように考えるわけにはいきません。こうなったのも、その背後にはそれなりの真の原因があるはずでは。

その一つとして考えられることは、これまで私たちが常識としてきたことや価値観などが間違っていたことが挙げられます。地位や名誉や金銭があることが幸せだとする価値観は、既に崩壊しているのではないでしょうか・・・。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



これはアメリカの話ですが、特にセレブと言われる人々や一部の金持ち連中は健康志向も高く、食生活も自然食品を始め、身体にいいと言われるものを積極的に摂っています。

しかし、次々に新たな健康食健康食品と言われるものが現れて、それに追従する人々も多く、何となくセレブのファッションのようになっている点が見て取れます。

最近の日本でも、アメリカの流行に敏感な人々の間にも同様の傾向が見られます。アメリカのセレブの間では果物だけの食事が流行っているというと、直ぐにそれに飛びつく人々がいるのが実情です。



勿論、ジャックフートや偏った食事をするよりは、こうした健康食を摂るほうが身体にいい面が多いのは事実です。しかし、一つのことに偏ると、逆に不健康になり兼ねません。

アメリカの一部の医師や登録栄養士たちの調査によりますと、純粋な、あるいは「クリーンな」食品を食べたいという願望が強迫観念になってしまい、不健康な状態になってしまう人々が増えている、とのことです。

未加工の食品だけを食べる完全菜食主義者や、主要食料源からグルテン、乳製品、糖質といった複数の要素を除外してしまう人々のことで、極端な場合、栄養失調になってしまう人もいるということです。



このことに関して、「THE WALL STREET JOURNAL」では、下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

強迫性障害の症状も

そうした病気のことをオルトレキシアと呼ぶ専門家もいる。精神障害のバイブルとされている「精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM)」にも正式な診断名がなく、あまり研究が進んでいない病気だ。

この病気にかかっている人は、強迫性障害(OCD)のような認知されている病気の症状を示したり、拒食症の人のように不健康なぐらい体重が減ってしまうということが多い。

コロラド州の研究者たちは最近、臨床医たちがオルトレキシアという診断を下すのに役立ち得る一連の基準を提案した。今年に入ってサイコソマティクス誌のオンライン版に掲載されたそのガイドラインは、この病気に関する将来の研究の標準にもなり得ると彼らは言う。

コロラド大学デンバー校医学部の精神医学特別研究員で、その研究の上席著者であるライアン・モロゼ氏によると、オルトレキシアの有効なスクリーニング手法を開発し、その有病率を見極め、他のもっとよく知られた摂食障害と差別化するには、さらなる研究が必要だという。

共著者の一人である北コロラド大学のトーマス・ダン教授(心理学)は「食べる量を制限しているからではなく、食べるものを制限しているせいで栄養失調になってしまう人がいる」と言う。「彼らがそうするのは痩せるためではなく健康になるためだ。そうした考え方が行き過ぎると、他の精神疾患に見られるような状態に陥ってしまう」


食品の下調べに3時間

提案されている診断基準には、食べ物の質や成分にこだわるあまり、特定の食品の下調べや調理に1日3時間以上といった過度の時間を費やしてしまう、不健康な食品を食べた後に罪悪感を覚えてしまうなどがある。栄養の不均衡、または日常生活への支障につながるそうした食べ物への固執はオルトレキシアと考えられる。

強迫性障害の患者と同じような治療を受けているオルトレキシアの患者もいる。外来患者向け診療所のOCDセンター・オブ・ロサンゼルスのキンバリー・キンラン臨床部長は「摂食障害という診断の下では治療が不十分な人々もおり、そうした人の病気は強迫性障害という診断の下で治療された方が良い」と指摘する。

キンラン氏によると、その症状は健康な生活を送ることへの関心から始まる。そして、汚染されている、あるいは本人たちが不健康だと見なしている食品を食べることへの不安が徐々に高まっていく。

治療には、行動変容を目指した精神療法の一種、認知行動療法が含まれることが多い。「われわれは基本的に強迫性障害の治療に使ったモデルを採用し、強迫性障害に非常によく似たこの病気にも利用している」と同氏は語る。

健康的な食生活を送るための努力と極端な行動に出ることのあいだにはグレーゾーンがあり、それがオルトレキシアへの疑念をあおる一因となっていると専門家は指摘する。「人々は健康的な食生活を送ることがどうして病気につながるのか信じられないのだ」とキンラン氏は言う。

他の病気がオルトレキシアを引き起こすこともある。ウィスコンシン大学医学・公衆衛生大学院のデビッド・レイケル統合医学部長は、食物アレルギーやそれに関連する病気になった患者の10~15%が特定の食品に対して不健全な恐怖心を抱くようになると見積もっている。

たとえば炎症状態の一因となっていないかを確かめるために特定の食品の摂取を控えるというように、栄養療法には除外食が含まれる場合が多いとレイケル氏は説明する。そうしたプログラムでは、一定期間後にその食品の除外が徐々に解かれていくものだが、引き続きその食品を避け続ける人もいる。「人々は健康のための選択に厳しくなり過ぎて、必要な栄養を摂取していない」


拒食症に苦しむ患者も

オルトレキシア患者を治療する摂食障害セラピストらによると、多くの患者は拒食症にも苦しんでいたという。その一方で、オルトレキシア患者の多くは低体重ではなく、そのことが病気と診断するのを難しくしていると指摘する専門家もいる。

ニューヨーク市在住で、米国栄養・食事療法学会の広報担当者でもあるマジョリー・ノーラン・コーン氏は「データ上は完全に健康で、血液検査の結果も良く、体重にも問題ない人でも食品に執拗(しつよう)なこだわりを示すかもしれない」と話す。

食習慣のせいで社会とのかかわりを避けるようになったら注意信号だとコーン氏は指摘する。「そうした人々は食品に何が入っているかわからない、特定の方法で調理されていない、使用されているのが有機オリーブオイルではなかったら大変だ、といった理由で友人とレストランに行けないかもしれない」

ロサンゼルス在住のジョーダン・ヤンガーさん(24)は昨年、自分の野菜中心の食事に関するレシピや写真を投稿するために写真・動画共有サービス、インスタグラムのアカウントやブログを開設した。すると、日々の食事が彼女の生活のすべてになってしまった。


朝目覚めるとパニック

「朝目覚めると、今日は何を食べようかと考えてパニックになった」とヤンガーさんは振り返る。「ジュースバーやホールフーズ・マーケットといった自然食品店に行くと、かなり長い時間をかけてすべてを見て歩き、その日1日分のメニューを考えようとした。自分でもこれは不健康だと気付くほど健康な食生活を送ることに夢中になり始めていた」

すでに細身だったヤンガーさんは食事制限をして約11キロも痩せたという。彼女の肌はオレンジ色になり、月経が来なくなった。今年5月、彼女は摂食障害の専門医や栄養士のアドバイスを受け始め、回復することができた。

今は加工食品を除いてどんな食べ物も制限しないことにしているという。彼女の肌は普通の色に戻り、髪の毛は濃くなって13センチも伸び、体重も元に戻った。

「いろいろな食の哲学があり過ぎるので、オルトレキシアが広まる余地はまだたくさんあるだろう」とヤンガーさんは言う。「さまざまな理論を聞くと、食べるのが本当に難しくなり、本来は楽しむべき食生活がとてつもなく不安なことに思えてしまう」

ーー引用はここまでーー



上記のようなことはアメリカだけでなく、既に日本でも見られることだと思います。人々の健康志向につけ込んで新たな健康食やら自然食などが次々に紹介されています。

それらを鵜呑みにして、それにのめり込んでしまいますと、通常の食生活を疎かにしてしまいがちです。その健康食のみが自分を健康にしてくれると盲信してしまう方が、結構おられます。

マスコミの報道やネット上の情報など、あまりも多くの健康情報が溢れかえっており、自分自身でよく判断できない方が、それらの情報に頼ってしまっているようです。



こうなっているのも、日本の家庭の食生活が崩壊しているからかも知れません。昔のように家庭料理が疎かにされ、小さい頃からハンバーガーなどのジャンクフードに慣れ親しんでしまい、食事の大切さを忘れてしまった人々が多いようです。

俗に言う「おふくろの味」も忘れ去られたり、自分で料理をしない若者が急増したりしていますので、自分の身体を養う上で何が大切なのかが分かっていないように見えます。

そうした人々が、マスコミの情報の餌食となって、一つのことに偏った食生活を取り入れたりしているのではないでしょうか。



例えば、玄米菜食にしても、本来、健康食として有効なものですが、それに付随して陰陽理論などの理屈を勉強している内に、食材を全て陰陽に分けて考えて、これは身体にいい、これは身体に悪いと、頭でっかちになっている方がおられます。

また、添加物に神経質になる余り、外食は一切しないとか、ちょっでも添加物があると極端に避けるなど、次第に周りの方との付き合いも疎遠になる方もあります。

これは良く目にすることですが、玄米菜食を励行している人たちの中に、ヤセて顔色の悪い方が結構おられます。余りにも一つのことに執着しているからだと思われます。



何事も、こだわりが過ぎると、どんなに良いと思われることであっても、結果として逆のことになってしまうことは、誰でもが経験することではあります。

折角、身体の健康のために自然食や玄米菜食、その他の健康食を取り入れても、それしか無いと頑なに実行していると、その頑固さによって心身を傷つけることにもなり兼ねないことを理解する必要があります。

一番大事なことは、自分の身の回りで取れる、季節の野菜や魚介類などを中心として、日本の伝統食である発酵食品などを常食して、少食や粗食にすることではないでしょうか。

いわゆる、地産地消とか身土不二と言われているように、できるだけ身近で取れたものを摂取するようにして、輸入食品などに頼らないことです。

また、日本人は外国人と違って、腸の長さが違うようですから、外国で流行っている健康食をそのまま取り入れるのは問題があるのではないかと思います。

また、肉食は万物の霊長である人間として、摂るべきものではないことも承知しておくことが大切です。特に波動の高まっている現代では、尚更のことです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

kodoku.jpeg

私たち人間は社会的な存在です。ですから、私たちは社会や人との繋がりが無くなりますと、健全な肉体や精神を保てなくなる可能性があります。

孤独(と言っても、独身ということではありません)に陥りますと、どうしてもネガティブなことばかり考えたり、ウツになり兼ねません。そんな孤独状態は、喫煙や肥満と同じくらい人体に悪影響を及ぼしていることが研究によって分かってきています。

これは外国の研究によるものですが、例えば、下記のようなことが挙げられています。(「カラパイア」の記事より)


1.うつになる

孤独を感じて、人と没交渉になると、うつになる危険性が増す可能性がある。2009年に米コロラド州立大学で行われた研究によると、積極的に人と関わることによって、鬱病の被験者の症状が改善したという。

米ピッツバーグ大のブルース・ラビン医学博士によると、孤独なとき、コルチゾールのようなストレスと関係している脳内ホルモンが活発に放出されてうつを引き起こすことがあるという。実際、軽いうつ状態のときは、社会的なつながりをつくるほうが、抗うつ剤を処方するよりも症状改善に効果があるという。


2.不健康な習慣につながる

孤独だと、自分のことをちゃんとケアできなくなる傾向がある。独り暮らしの高齢者は、配偶者やパートナーと同居している人よりも、野菜不足、運動不足になりやすいという。


3.心臓疾患の危険性が増す

食生活の乱れや体を動かさない生活といったさまざまな要因が組み合わさって、心臓疾患の危険が増す。ハーバード大学の研究によると、独り暮らしの中高年は、家族と同居している人より心臓疾患で死亡するリスクが24%も高いという。


4.免疫システムが弱くなる

オハイオ州立大学の研究者は、孤独だと免疫機能が落ちて、炎症と関わるタンパク質の数値が高くなることを発見した。慢性的な炎症は心臓疾患、2型糖尿病、アルツハイマー病、関節炎のリスクが高まる可能性がある。


ナルホド、頷けるところですね。ところで最近、イギリスのロンドン大学の疫学者アンドリュー・ステップトゥー氏らが、50歳以上の男女6500人から、家族や友人との付き合いや、市民団体など地元グループへの参加の有無などについて質問するという、社会的孤立度調査を行ったそうです。

同時に、孤独感についても聞き取りを行って、その後7年間の健康状態を追跡した結果について、「カラパイア」の記事では下記のように報じています。


『その結果、社会的なつながりがない人は、死亡原因にかかわらず、死亡率が高い傾向にあるということがわかった。社会的に孤立している人は、そうでない人の26%も死ぬ危険が高いのだ。

もともとの健康状態、経済状態、性別、年令などほかの要素を合わせてみても、社会的孤立と死の相互関係は同じだった。

しかし、これは孤独感そのものが死に結びついているわけではないそうだ。孤独と感じようが感じまいが、社会的に孤立していれば、死亡率は上昇する傾向にあるという。

例えどんなに孤独を愛する人でも、自ら社会との接点を無くしてしまえば、自らの死亡時期を早めるということになる。

人間は社会性を持つ為の進化を遂げてきた。人間の体は、家族や親しい人との交わりを盛んに持つことで、健康状態が良くなるようなメカニズムとなっているようだ。

実際に、継続して他人と交わっていると、健康に有害なストレスの影響を減らし、免疫機能を向上させるという調査結果もある。他人からの影響(刺激)は健康を促進させる効果があるのだ。

医師、保健の専門家、教育者、公共メディアは、社会的な孤立についてもっと真剣にとりあげなくてはならない。こういった知識を万全にして、個人がなるべく孤立しないよう勧めるべきだ。

尚、この調査は50歳以上の人々を対象にしたものだが、他の研究からも、年令に関係なく、社会的孤立がすべての人にとって危険因子であることが示されている。』



どんなに孤独を愛する人でも、また一生を一人で過ごす人でも、生まれてから亡くなるまで、周りの人との関わり無く過ごすことはできません。

私たちはどんな環境や境遇にあっても、この3次元の肉体世界に生を受けて、家族は勿論のこと、周りの全ての人々との相互関連の中に暮し、色々な体験・経験を繰り返しながら自らの魂を磨く訓練をしています。

それなのに、周りとの関わりが面倒だとか、自分一人で生きて行けると思って、他との関わりを持たないで孤独に陥ったりすることは、折角の修行のチャンスを棒に振ることにもなり兼ねません。


そればかりか、上記の二つの記事にありますように、心身にも悪影響があるのですから、極端なことを言いますと、何のためにこの世に生まれてきたのか分からないことにもなります。

まあ、現在のような混沌とした世の中では、ありとあらゆるストレスに襲われ、他との関係を絶ちたいと思うこともあるかもしれません。

ですが、そうした孤独に陥った時こそ、積極的にボランティア活動に精を出したり、趣味の世界で普段とは違う人との付き合いをすることによって、新たな元気を得ることもできます。

先の東日本大震災などの大災害に遭って、落ち込んで孤独になっていた人々も、多くのボランティア活動に参加した人々との繋がりによって救われた人も沢山おられます。

人間は本来、互いに助け、助けあって生きていくよう存在です。人間は万物の霊長と言われている所以も、その辺りにあるのではないでしょうか。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



相変わらず日本では、ガンで亡くなる方が非常に多いのが現実です。最近では、ガンは早期発見・早期治療で治癒できると、医療関係者が盛んに「がん検診」を勧めています。

それで、ちょっとでもがんの疑いがあると診断されると、直ぐに、がんの三大治療(「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」)を勧めるのが現代医療の在り方です。

医者の中には、検診の結果だけを見て、患者に対して「あなたの余命は半年です」などと、患者を脅かすようなことを言い、強引に三大治療を施そうとする者もいるようです。



しかしながら、ご存の方もあると思いますが、医者自身ががんに罹ると、彼らは決してがんの三大治療を受けることはありません。それらが如何に酷い療法であるかを熟知しているからです。

残念ながら、未だにがんは恐ろしい病気で、死と直結しているように考えている方が多いものです。そうした死の恐怖から逃れたいと思う方が、医者の言いなりになって三大治療を受けているものと思います。

しかし、三大療法の酷い苦しみによって、却って症状を悪化させて、それがために命を落とすケースも多々あるようです。



ですが、例え末期がんに罹っている方でも、医者が手を離した後、がんが自然治癒したという方も多くおられます。これは日本だけでなく世界各国で報じられていることです。

唯、医療関係者はそうしたケースは科学的でないという理由で、決してがんが自然治癒したことを認めません。ですから、こうしたケースの調査が医療関係者によってなされることは殆どありません。

厳しい言い方ですが、医者から見れば、三大治療も受けないでがんが治ったりすると、儲け口が無くなるので、絶対にそうしたことを認めたくないのかも知れません。



しかし、地球の波動が高まり、人々の意識が変わったきたせいでしょうか、最近になって、がんが自然治癒した人々のことを真剣に調べた医療関係者が現れてきました。

それは、アメリカの腫瘍内科学領域の研究者である、ケリー・ターナー博士です。彼女はカリフォルニア大学バークレー校にて博士号取得されており、博士論文研究では奇跡的な回復を遂げた1000件以上の症例報告論文を分析し、1年間かけて世界10カ国へ出かけ、奇跡的な生還を遂げたガン患者と代替治療者を対象に、治癒に至る過程についてのインタビューを行われたそうです。

その結果を、冒頭の画像でも紹介しています『がんが自然に治る生き方』と題する著書として出版されました。この本は発売と同時に米アマゾン1位“がん部門”にランクイン、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーとなったそうです。



この『がんが自然に治る生き方』の内容の一部が、「るいネット」で紹介されていましたので、下記に引用させて頂きます。


ーー引用はここからーー

■「治った」人の1000件以上の医学論文

寛解症例の研究に着手してまず驚いたのは、1000件超の医学論文において、2種類の人々がほぼ黙殺されていたことでした。

一つは、劇的に寛解した患者本人の一群です。大多数の論文では、患者自身が劇的な寛解の原因をどう考えているかについて一切言及していませんでした。劇的な寛解を遂げた患者の身体の生化学的変化については、何本もの医学論文が詳細に記していました。

しかし、患者に「あなたは自分がなぜ治癒したと思うか」と聞き、その答えを記したものは皆無だったのです。患者たちは、意識的だったかどうかはともかく、がんを治すため何かに取り組んでいたはずです。医師はなぜそれに興味を持たなかったのでしょうか。

そこでわたしは劇的な寛解を遂げた20人にインタビューし、「あなたはなぜ自分が治癒したと思うか」を聞くことにしました。

医学論文で黙殺されていたもう一群は、代替療法の治療者たちです。がんからの劇的な寛解は、当然のことながらほとんどの場合、現代医療では打つ手がなくなった患者に起きています。

それなのに、西洋医学外の治療者や代替療法の治療者たちががん治療にどう取り組んできたのかを誰も調べてきませんでした。この事実にわたしは驚きました。

わたしが会った劇的寛解の経験者は、世界の隅々まで、それこそ血眼になって治療者を探し出していました。そこでわたしも世界中を旅して回り、非西洋医学の治療者、代替療法の治療者50人にインタビューをしました。

10カ月かけて10カ国(アメリカ“ハワイ”、中国、日本、ニュージーランド、タイ、インド、英国、ザンビア、ジンバブエ、ブラジル)を回りました。ジャングルや山の中、そして都市を旅し、治療者と話をしました。各地のすばらしい治療者がわたしに話してくれた経験を、読者のみなさんにご紹介します。


■がん治癒を目指して実行していた9項目

劇的な寛解について記した医学論文は1000本以上分析しました。博士論文の研究を終えてからもさらにインタビューを続け、その対象者は100人を超えました。

わたしは、質的分析の手法で、これらの症例を何度も詳細に分析しました。その結果、劇的な寛解において重要な役割を果たしたと推測される要素(身体、感情、内面的な事柄)が75項目、浮かび上がりました。

しかし、全項目を表にして出現頻度を調べると、75のうちの上位9項目は、ほぼすべてのインタビューに登場していることに気づきました。

たとえば登場回数が73番目に多かった「サメ軟骨のサプリを摂取する」。これは調査対象中の、ごくわずかな人が話してくれただけでした。

かたや語られる頻度のもっとも高かった9つの要素については、ほぼ全員が、「がん治癒を目指して実行した」と言及していたのです。


その9項目とは次のとおりです。

・抜本的に食事を変える
・治療法は自分で決める
・直感に従う
・ハーブとサプリメントの力を借りる
・抑圧された感情を解き放つ
・より前向きに生きる
・周囲の人の支えを受け入れる
・自分の魂と深くつながる
・「どうしても生きたい理由」を持つ



この9項目に順位はありません。

人によって重点の置き方が異なるものの、インタビューで言及される頻度は、どれも同じ程度でした。わたしが話を聞いた劇的寛解の経験者はほぼ全員が、程度の差はあれ9項目ほぼすべてを実践していたのです。

そこで本書は9章に章立てし、1章で1項目ずつ説明していきます。各章では、まずその章のテーマについての解説と、それを裏付ける最新の研究報告を紹介します。次に、劇的な寛解を遂げた人の実話を記します。

章末には「実践のステップ」と題して、その章のテーマを実践しやすいかたちにして、いくつかの方法をご紹介します。(後略)

ーー引用はここまでーー



尚、日本でも、がんが自然治癒したという方も多くおられるようです。「ガンの患者学研究所」では、そうした方々の体験談なども紹介されています。

ここでは、膀胱ガンⅤ期で大腸ガン転移した男性の体験談の中から一部を紹介したいと思います。この方は、手術、抗ガン剤、放射線を断って、玄米菜食、ウォーキング、朝日に向かって感謝、ストレスを受けない考え方をする、などを実践してがんを克服されたそうです。
 

『10万人に一人が治るということは、ゼロではない。可能性があるということ。自分はその10万人の一人になるのだ、絶対治るのだと決断し、手術をしない方法を選んだ私は、まず、玄米菜食を始めました。

そして、毎朝5:30~6:00には、朝日に感謝し40分の階段ウオーキングと腕立て30回をやり続けて13年になります。身体は、すっきりとやせ、弱った筋肉が再びよみがえり、自信ができました。心は、チャレンジ→完成→反省を心がけ、つねに目標を創り、楽しく目標に近づけるように我慢と喜びを継続するようにしました。

また、会社での人間関係や家庭生活での金銭・仕事のバランス、思いやりと感謝の表現・伝え方の不足を改める努力をしました。』、と語っておられます。



『2003年3月、会社の健康診断で、まったく異状なし。1年2カ月で、ガンが自然退縮していたのが判明しました。

あれから10数年たった今は、体重はガンになる前の73kg⇒58kg、すこぶる快調。会社を定年退職後、若いころからの夢だった、ツアーの添乗員をしています。仕事はハードですけれど、お客様の感謝の言葉で疲れを リセツト、たまにはリセツトに時間がかかる時があります・・「ま~いいか」妻と日帰り温泉へGo~

仕事が楽しいと思える時、家族が希望の道へと進んでいるのを見た時、幸せを感じます。ガンの不安と迷いを戒めてくれたのが『 意思継続 』という言葉。この自分の言葉から、夢のひとつひとつが実現してきました』、とも話しておられます。



私たちは本来、自分の症状は自分で治せる自然治癒能力が与えられています。がんに罹るということは、この自然治癒能力が衰えているわけで、がんを治すためには、この自然治癒力を活発にすればいいわけです。

そのためには、上記の方のような生き方に改めたり、免疫力を高めるように乳酸菌などを取り入れたり、積極的に運動をしたり、歩いたり、少食・粗食にしたり、日光浴を行って太陽の光を十分に取り入れたり、十分な睡眠をとるとか、ゆっくりとお風呂を身体を温めることなど、色々と方法があります。

自分の身体は自分で守るという強い信念も必要です。何故なら、自分の身体のことは自分が一番良く分かっているわけですからね。決して、医者任せにしないことです。とは言え、医療を受ける受けないは、ご自身の自由意志ですから、何事も杓子定規には行きません。



末期肺腺ガン、肺ガンの自然治癒  解説編 自然治癒 大沼四廊







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



この頃では、「認知症」という言葉を聞かない日がないほど、認知症は人々の間で頻繁に使われる言葉になっていますし、実際に多くの家庭で認知症患者を抱えているケースが増えています。

特に、マスコミ、それもテレビの番組では健康関連のものだけでなく、くだらないバラエティ番組などでも認知症を扱った番組を頻繁に放映しています。

特に酷いのが、NHKです。これでもか、これでもかと言わんばかりに認知症に関する番組を次々に放映しています。いずれもが認知症を過度に印象付けしようとしているように見えます。

こうした報道の裏には、何か特別な意図があるのでしょうか・・・最近のNHKの偏向報道から判断しますと、そのように疑いたくなってしまいます。



そもそも、認知症とは・・・何なんでしょうか。何故、近年これほどまでに大きく騒がれるようになってきたのでしょうか。

急に現れてきたものでしょうか。そうではないはずです。昔だったら、同様な症状があっても、特に病気などに指定しないで、「ボケ症状」として、症状の進行に任せていたのではないでしょうか。

それを何時頃から、認知症などと名前を付けて、病気の一種に仕立ててしまったのでしょうか。認知症と言うぐらいですから、本当の病気ではない、と医者たちも分かっているのではないかと思います。



でも、それでは医療を施すことができないので、無理やり病気に認定して、精神科の病気として精神医療を行うようにして、精神薬を投与することで金儲けを企んだのではないか、と勘ぐりたくもなります。

一般には、認知症とは「脳や身体の疾患を原因として記憶・判断力などの障害が起こり、普通の社会生活が営めなくなった状態」と定義されています。

要は、認知症は、脳の神経細胞が通常の老化による減少より早く神経細胞が消失してしまうことで、脳の働きの1つである認知機能が急激に低下するために起こる病気だと言うわけです。



言えば、日常生活に支障をきたす脳の病気であって、加齢にともなって起こる「単なるもの忘れ」や「ボケ症状」とは違うと言っているわけです。

しかし、認知症そのものが病気だとは言っていないのです。他の何らかの脳の病気などが原因で、認知機能が失われているだけです。なのに、認知症そのものが大変な病気だという印象を人々に与えているのは不可解なことです。

医者も、認知症の中には原因となる病気を適切に治療することで、その症状が軽減されたり、無くなったりするものもあることを承知しているようです。

でも、治るものはあまり多くなく、別の病気を治すことで軽減する認知症は、全体の約1割と言っているのですが、その辺りは不明です。



高齢者のかかる認知症では、大半が「アルツハイマー病」と疑われることもあるそうで、認知症の初期症状で最も多いものが、「もの忘れ」だそうです。

しかし初期症状は人によって異なり、それ以外の症状が最初に起こる場合もあるようです。例えば、やる気や意欲が短期的に急激に低下したり、うつ病のように何もやりたくない、あるいは言葉の障害などが起きる場合もあるようです。

日本では、総人口に占める65歳以上の高齢者の人口が増加につれて、認知症患者数も増加していると言われています。



厚生労働省は2012年8月24日、2010年の日常生活自立度Ⅱ以降の認知症高齢者数が280万人という集計結果を発表しています。

これは、2003年に発表された将来推計で、2010年の認知症高齢者数は208万人だったそうで、その予測を大きく上回ていたわけです。ちなみに、2012年時点の認知症高齢者推定値は305万人とのことです。

また今後は、認知症高齢者数は5年間で約60万人のペースで増加を続け、2025年には470万に達する見込みだそうで、高齢者全体に占める割合も約13%にまで増加すると予測されています。



こうやって、人々に将来に亘り、認知症患者が急増して大変なことになるとの印象を与え、人々の不安を煽っているわけです。

そして、人々に認知症に対する意識を強く持たせて、早期発見・早期治療を促し、大量の服薬を迫るという、医療マフィアの奸計が図られて行くわけです。

こうした図式は、これまでのエボラ出血熱騒動や、鶏や豚インフルエンザ騒動、またエイズウイルス騒動、更には毎年のように繰り広げられているインフルエンザ騒動など、みな同じパターンの仕組みです。



何時まで、こんな悪どい手口が続けられるのか疑問ですが、少なくとも最近の地球の波動の高まりを見る限り、こうした悪魔の所業のようなことはできなくなるものと思います。

さて、この認知症の問題に関しまして、「市民の人権擁護の会 日本支部(CCHR JAPAN)」のフェイスブックに下記のような記事が掲載されていました。

的を得た指摘だと思いますので、引用させて頂きました。参考にして下さい。



ーー引用はここからーー

最近テレビでは「認知症」の売り込みが凄いですね!

情報番組、バラエティー番組、ドラマ … こぞって認知症、認知症と訴えます。

認知症に限りませんが、〇〇型認知症、??症候群などなど「亜種・派生」がどんどん出てきます。

アルツハイマーじゃなかったけどピック病だった…とか、
レビー小体型認知症だった…とか、
脳血管性認知症だった…とか、

まあ、とにかくいろんな型を作って、少しでもその症状に当てはまる人を「患者」に仕立て上げるというマーケティングです。


皆さん、以下のことをよく考えてみてください。

・認知症という名はいつから出てきましたか?

・認知症の前はなんと呼んでいましたか?

・それが「病気」とされたのはいつからでしたか?

・それが病気であるとする客観的な根拠はありますか?

・本当に脳の機能低下が原因なのですか?

・脳の機能低下が原因だとしたらそれは単なる老化であり病気ではないのではないでしょうか? また、何故機能が低下したのか?というところに対するアプローチを何故しないのでしょうか?

・老化を医学で防ぐことがこれまで出来ているでしょうか?

・実際に「認知症」と呼ばれる状態を医療は改善してきたでしょうか?

・新たな病名の開発によって患者数は減りましたか?



要はこういうことです。

・薬を飲ませて巨利を貪りたい。

・自己負担の少ない高齢者からカネをせしめることで表向き悪人に見えないようカモフラージュできるが、国のカネを手にできる。

・どうせ最初から治らないのだから何をやっても文句は言われない。



精神医学的実践をしなければ、おじいちゃん、おばあちゃんたちもあそこまで酷い状態にはならなかったのに…。家族ももっと楽に介護が出来たのに…。 と思うばかりです。

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




日本人は英語を喋るのが下手だということは、随分、昔から言われてきました。それだけでなく海外では、日本人は自分の意見をハッキリと言わないで笑ってゴマカスようなことも、良く指摘されてきました。

でも最近は国際社会の中にあっても、英語で外国人と対等に付き合ったり、論争できる方も増えています。唯、全体的に考えると、日本人の英語力は諸外国に比べると低いことは否めないところです。

これは日本では英語を喋る必要がありませんから、当然と言えば当然のことです。また最近は、日本の若者は以前のようにアメリカに留学しなくなったとか、留学に興味を失っているようなことも言われています。



こうしたことに対して日本政府は危機感を持っているのでしょうか、このところ盛んに英語教育の必要性を強調するようになりました。

それも、小学生のころからの英語教育が必要だということで、文科省では英語教育改革案を発表したりしています。

グローバリズムの波に乗り遅れないためには、英語の出来る人材を多く排出する必要があり、そのためには早期英語教育が必要だというわけです。



しかし、何とも浅はかな発想ではないでしょうか。英語が上手く喋れるようになることが、グローバリストとして一人前と考えているとしたら、実にクダラナイ考えです。

英語が喋れたら、何か特別なことのように思っているのでしょうか・・・。英語も日本語と同じく、単なるコミュニケーションの手段に過ぎません。

英語が喋れたからと言って、それがどうした、ということ以外にはありません。問題は英語を駆使して何を語り、何を訴えたいのか、ということです。



国際社会の場で、一対一で、或いはグループの中で、外国人と英語でやり取りできれば、よりスムーズにことが運ぶように見えるかもしれませんが、実はそうではありません。

英語でも日本語でも、その他の言語でも、語っている内容が問題です。英語というツールを使って、自分が言いたいこと、理解してもらいたいことをキチッと喋る、そのことが大事なのです。

ですから、国際社会の場ではお互いの理解を深め、誤解を少なくするために正式な場では、通訳を使うのが慣例になっています。



やはり、その国で育ち、その国の言語で教育を受けた人々との間では、いくら英語が上手く喋れても、それだけでは十分に意志の疎通はできません。

お互いの国の文化や生活習慣の違いからくる誤解が起こりやすいからです。それを回避するためには、自国の文化や歴史、習慣などを熟知し、その上で相手のそうしたことも理解できるほどの知識が最も重要な要素になります。

ですから、日本人であれば、英語が喋れるようになる前に、日本の文化・歴史・社会通念や常識などを日本語で確りと学んでおく必要があります。



そのような確りとしたバックブラウンドがあって、その上で英語を身につけるようにすることが大切です。この観点から考えますと、小学生の頃から英語を教えるのではなく、日本語をもっと確りと教えることの方が、はるかに大切なことだと分かります。

日本政府や文科省は、何故、日本語教育を疎かにしてまで英語教育を小学生から施そうとしているのでしょうか・・・。実に不思議なことです。

このことに関連して、「るいネット」の記事の中で、「英語教育改革案は愚民化政策か!?」と疑問を呈しておられる方がありました。

下記にその内容を引用させて頂きますが、実に正鵠を得た訴えではないかと思います。参考にして頂ければ幸いです。
 


ーー引用はここからーー

2013年、文部科学省はグローバル人材育成に向け、英語教育改革案を発表した。その目玉は、小学校における英語教育の本格的な開始である。2014年から逐次推進という急ぎ様だ。

この改革案によると、現在、小学5、6年生に行われている週1時間のアクティビティ型の英語授業が小学3、4年生に引き下げられ、小学5、6年生は、教科型の英語授業を週3時間受ける予定になっている。

これは、「2020年の東京五輪の開催を見据えたもの」という大義が掲げられているが、これは本当に子供たちの将来を考えてのことだろうか? 

小さな子を持つ親として、自らの体験から思う所を述べてみたい。

将来的にグローバル社会の到来で、日本人にも英語が必要になってくることに異論はない。しかし、学問としての優先順位や外国語の習得時期、また学習様式の観点から、今回の英語教育改革には疑問がある。

私自身、高校時代に留学経験をもち、現在でも日常的に英語で情報収集し、生活に活かしている。特に世界で起きている本当のことを知りたいときは、ネット上で英語で発信される情報や英語文献の閲覧も必要になってくるため、若き日に苦労して英語を身につけた利点を実感する毎日だ。

しかし、自分の子供に早いうちから英語を習わせたいかといえば、答えはNO!である。それは、日本人にとって、英語は一つのツールにすぎないことをよく知っているからだ。

親がネイティブでバイリンガルの環境にない子供の場合、まず必要なのは母国語の習得。日本語の語彙を増やすために、日本語の文章をたくさん読み、日本語の基礎をしっかり作ってから外国語を学ぶのが順序だと考える。子供自身が特別、英語に興味を持つのでなければ、これまで通り、中学から始めても充分だろう。

今回の英語教育改革をありがたく受け入れる親や、子供たちに早い時期から英語を教え込もうとする親達には、英語を話せない人が多く、英語を話すことがカッコよく見え、キャリアアップや収入の安定につながると思い込んでいることが多いのではないか。

大抵の場合、日本人が英語に抱く幻想は、白人に対するビジュアル面のコンプレックスやハリウッド映画の刷込みによる白人崇拝の洗脳に根ざすもので、事実とは大きく異なるものだ。
 
英語は実に効率が良く、ビジネス向きであり、明確に意思を表すにはパワフルな言語であることは確かだ。しかし、感情表現においては実にそっけない一面もある。また、英語が話せるだけでは英語教師や通訳や翻訳の仕事ができるかもしれないが、必ずしも高収入につながるものではない。

もちろん、相当の苦労をして英語が話せるようになり、いろいろな国の人とコミュニケーションをとることは楽しい経験ではある。

しかし、実際に彼らと話してみると、特にアメリカ人の場合、じつに聡明な人もいる一方で、一般市民レベルでは平均的な日本人より知性の劣る人が大半を占めることがわかり、愕然とする。これはハリウッド映画に出てくる白人しか知らない人にはつかみづらい感覚かもしれない。

私が英語教育の早期化で懸念するのは、まさにこの点である。母国語の習得や自国の文化、科学、算数、歴史の勉強より優先して、英語授業の時間を増やすことは、一般のアメリカ人並に日本の子供の学力と知性が下がることを意味するのではないか。

子供たちがその後の人生で、英語を使い、情報収集や思考体系をさらに深めていくなら話は別だが、これはごく少数に限られる。英語学習そのものは、子供の知性や学力の向上とは関係ないものだ。興味のない子には足かせになるだろう。

過去のゆとり教育による学力低下の失敗から抜け出せないまま、外圧からESDのような中途半端な環境教育を押し付けられ、総合学習の時間だけでなく、さらに英語授業の追加で子供の貴重な学びの時間が奪われていくことに親や教育者がもっと関心を持った方が良いだろう。

また今回の英語教育改革については、他にも様々な問題を抱えている。たとえば、全国的に増員されていく外国人の補助教員(ALT)の質の問題だ。

私が日本で知り合った外国人にもバイト感覚で来日して、小中校でALTとして英語を教える人達がいた。彼らは飲み友達としてたまに付き合う程度には楽しくて良いが、とても教員の資質を備えたような人達ではなかった。

彼らの多くは遊び人で、母国でクレジットの債務を抱えていたり、アルコールや麻薬中毒の問題を抱えたまま日本にやってくる人がかなりの割合で多いのだ。人種が白人であるせいか、資質的な問題がみえないようだが、ALTは英語教師としての経験を全く持たない出稼ぎ労働者が大半なのである。

この辺りの詳細は、以下に挙げるサイトで指摘している人がいるが、これは私の経験からも事実だと確証することができる。日本人教師の負担が増え、うつ病になる先生も多い中、このような形で外国人だけ優遇して税金をばらまくのは、全く無意味だとは言わないが、国、学校、親、子供たちのどれにもメリットはほぼない。

このような教師が英語を教えたところで、異文化交流のお遊びにはなるかもしれないが、学習効果は期待しない方が良いだろう。
 
これは外国語をマスターした人にしか想像できないかもしれないが、言語の習得は、大人でさえ相当の覚悟と意思を要する。労苦と時間の双方がかかる作業だ。

「子供は遊びながら学べるんです!」いう人がいるかもしれないが、質の低い英語教育を小学生に週3時間ほど与えたところで、何の学習効果も生まないことは目に見えている。遊びならそれで良いが、あくまで学校教育というのが前提である以上、日本語で他の科目を教えた方がよほど有益だと言える。

今後のグローバル社会では、高給取りの少数のエリートと低賃金で働く大多数の単純労働者にますます二分化していく流れだ。この時代にあっては、大多数の子供たちは日本語も英語も中途半端にしか話せない人間に落とし込まれる。

たとえバイリンガルになろうとも、どちらも中途半端な言語力では、当然ながら、思考力もお粗末なものにならざるを得ない。今回の英語教育改革案は、税金を食いつぶしながら、子供たちを愚民化していく側面が大きいのではないか。

ーー引用はここまでーー



私も外国人に指圧を教えたり、治療を行っていますので、毎日、英語で話しています。しかし、ネティブのようにペラペラ、流暢に喋るわけではありません。

指圧に関することや健康に関すること、またスピリチュアルな情報などを、必要に応じて喋っているだけです。それ以外のことに関しては、余り英語で喋ることはありません。

もっと極論を言えば、ここは日本なのだから、日本に来る外国人は日本語を喋れ、という思いの方が強いのです。何も日本にいて、英語を喋る必要はないのでは、と考えたりもしています。

ですから、「英語が喋れるからと言って、それが何だ!」、と言うのが私の本音です。


=>東洋経済オンライン「論争勃発! 小学校の英語教育は意味がない!?」






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



今更、味噌がどうのこうのと申し上げる必要がないほど、味噌は日本人の食生活に無くてはならないものです。

しかし最近は、味噌汁を飲まないという方も増えているようです。勿論、味噌はありとあらゆる食材として利用されていますから、味噌汁を飲まないからといって味噌と縁がないとは言えません。

ラーメンなどでも味噌ラーメンの人気は高いですし、田楽などには味噌が付き物です。また、西京焼きなどのように食材に味噌をまぶした商品もたくさんあります。



ですが、日常生活の中では味噌汁にして食するのが一番手っ取り早いと思います。その味噌汁さえ作らなかったり、飲まない日本人が増えていることは勿体無い限りです。

何と言っても、味噌は発酵食品の王様みたいなものですからね。唯、味噌汁を飲まない世代が増えていることは米の消費が減っていることと関連があるかもしれません。

米も味噌汁も、日本人に取って必要不可欠とも言える食品ですが、それが疎かにされるようになっていることは憂慮すべきことです。



最近、和食が世界的に認められるようになってきて、日本の伝統的な食習慣であった「一汁三菜」的な料理も海外では人気になりつつあります。

外国人の中には、最近の日本人が忘れてしまっているような、昆布とかつを節から出しを取って味噌汁を作り、ご飯と一緒に朝食や夕食として摂る方が増えています。

現代の日本人は多忙だという理由で何事も手抜きをしてしまう傾向にあるようですが、身体を養う上で一番大事な食事、特に和食を疎かにする生活は、大きく言えば日本の食文化の破壊であり、日本人としての在り方を放棄していることにもなり兼ねません。



それはともかく、素晴らしい発酵食品である味噌について、もう少し見てみたいと思います。そもそも、味噌は何処で作られるようになり、何時頃日本に定着したのでしょうか・・・。

一般に、味噌は中国もしくは、朝鮮半島を経てもたらされたと言われています。古代中国の(醤とは、獣肉、魚肉等をたたき潰して、雑穀の麹と塩と酒をまぜて壺につけこみ、封印をして百日以上おいて、熟成させて初めてできるもの)を根源とし、日本で工夫を重ねて編み出した独自の製法によって造られるようになり、今日のみそが完成しました。

現在でも、中国には辣醤(ラージャン)=豆板醤(トウバンジャン)、甜麺醤(テンメンジャン)、暇醤(シヤージャン)、豆(トウシ )などがあり、料理によく使われています。

韓国料理にも、コチュジャン(醤)は欠かせないものになっています。これに日本の味噌、醤油を加えると“発酵調味料(食品)”の代表と言えます。

さらに、 同様な調味料としては、東南アジアのニョクマム、ナンプラなどの魚醤があります。それぞれがその土地、土地に根づいて、民族の味覚と食生活のベースとなっているわけです。



この素晴らしい味噌ですが、様々な効用があるようです。

1.がんのリスクを下げる
2.生活習慣病のリスクを下げる
3.老化を防止
4.血圧低下作用をもつ物質がある
5.美白効果がある
6.コレステロールを抑制する働き
7.味噌の塩分は30%の減塩効果がある
8.骨粗鬆症(こつそしょうしょう)対策になる
9.糖尿病の予防に効果がある



昔から、「みそ汁は朝の毒消し」などと言われて、朝食のときの一杯のみそ汁は体にいいと考えられてきました。

また、「みそで呑む一杯、酒に毒はなし」などという言葉もあり、みそをつまみにして酒を飲めば、害がないと言われてきました。

今でも、日本酒の好きな方は味噌を小皿に盛って、それを肴にしてチビチビ飲む方が沢山おられます。味噌の味も酒に合うのでしょうが、味噌の発酵食品としての働きがあって悪酔いなどを防いでいるのかもしれません。



さて、この味噌ですが、近年の放射能汚染まみれの日本列島にあって、よりその効能が見直されています。それは、「味噌による放射性物質の排泄効果」のことです。

元広島大学原爆放射能医学研究所教授の伊藤明弘氏は、マウス実験において、味噌を摂取することにより体内からの放射性同位元素の排出が促進されたことを、下記のように報告されています。


『実験では、

①乾燥赤味噌を10%混合したエサ
②醤油を10%混合したエサ
③食塩を入れたエサ(味噌と同じ塩分量)
④ふつうのエサ

の4群に分け、マウスに放射線の中のX線を照射しました。

この時、マウスの「小腸粘膜幹細胞」の生存率を調べました。なぜなら、放射線障害として、小腸の内側の粘膜がはがれおち下痢や貧血を起こすことがわかっているからです。

結果、①の味噌を混合したエサを与えたグループの生存率が最も高かったのです。次に生存率の高かったのが②の醤油でした。

また、ヨウ素131とセシウム134を投与した実験も行いました。

結果、味噌を混合したエサを与えられていたマウスが最も多くのヨウ素の排泄がみられ、セシウムについても味噌投与のマウスが最も筋肉内の放射性物質が減少していことがわかりました。

味噌が肝臓がんの発生を抑制することも同様のマウス実験でわかりました。

味噌の塩分についても、食塩のみを単独で与えると血圧上昇が起きますが、味噌を与えても血圧は上昇しないこと、また食塩単独では胃癌の発生率は増加しますが、味噌を与えても胃癌は増加しないことなどもわかっています。

このことから、味噌中の食塩は食塩単独摂取とは異なる働きをするものと考えられます。

では、味噌のどういった成分が放射性物質の排泄の効果があるのでしょうか。

味噌のような発酵食品には有益な微生物や菌がいます。菌は有害物質を原子転換する働きがあり無害化していることが考えられます。

放射性物質はたんぱく質と結合しやすいという特徴があります。この働きをしている成分が多糖類(食物繊維)やピラジン(香り成分)などといわれており、結果、汗や尿として排泄されると考えられています。

また、ジコピリン酸に放射性物質を除去する働きがあります。さらに味噌にある酵素は強い解毒作用を持っています。これも放射性物質除去作用の要因となっていると考えられます。

このように味噌の常食は体内からの放射線を防御したり除去をするようです。』






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


国産の大変キメの細かい粒子になっていまして,大変使いやすいです。弊社は、食品添加物製造工場の認可を取っている工場ですので、食用(食品添加物)として販売させていただいております。ご安心してご使用下さい。


この頃、「重曹」が一般家庭でも色々な用途に利用されているようですが、私にとっては、重曹と言えば「カルメ焼き」、と即、頭に響いてきます。

というのも、私の子供の頃は食糧難で、甘いお菓子なども手に入り難い時代でした。ですが、唯一、家庭で作れた甘い菓子が「カルメ焼き」だったんです。

そのカルメ焼きには、重曹が付き物だったわけで、カルメ焼きを膨らませる材料として欠かせないものでした。特に、そのニオイが独特で、それを今でも覚えています。

カルメ焼きの作り方




当時も今も変わらないかも知れませんが、重曹のことを「ふくらし粉」と呼んでいました。その後、ベーキングパウダーが出回るようになり、重曹そのものを使わなくなりました。

唯、ベーキングパウダーは重曹よりも害があるような噂があったために、何となく敬遠した方がいいのでは、という感じを、当時抱いていました。別段、そうした懸念はなかったのですがね・・・。

ちなみに、重曹はベーキングソーダとも呼ばれて、ベーキングパウダーと同じような名前で性質も似ているのですが、その違いは、ベーキングパウダーの主成分になっているのがベーキングソーダ(重曹)だということです。

実は、重曹(ベーキングソーダ)にクエン酸やリン酸カルシウムなどを加えて、より炭酸ガスの発生率を上げたものが、ベーキングパウダーだというわけdす。



先程もちょっと触れましたが、重曹は苦味もあり、独特の臭いもある物質ですし、色が黄色いので、重曹をお菓子の生地などに混ぜると、色が黄色く出来あがったり、独特の臭いが残ったりします。

そのため、あまり色を濃くしたくない、味も薄くという場合にはベーキングパウダーを使用し、濃い色合いや味を出すお菓子の場合には、重曹を使うといいようです。



さて、そもそも重曹とは何かということですが、別名、重炭酸ナトリウム/炭酸水素ナトリウムと呼ばれているもので、pHは弱アルカリ性で、もともと自然界に存在するものなので、環境に優しく人体に無害なのが特徴とされています。

一般に日本では、重曹は主に「ふくらし粉」としてお菓子を作るときに利用されたり、コンニャクの凝固剤、胃腸薬としても昔から重宝されてきました。

ですが、アメリカの家庭では古くから掃除や消臭に利用されていました。そうした影響もあったのでしょうか、日本でも近年は、ナチュラルクリーニングの主役として、掃除・洗濯・洗浄・入浴剤として重要な物質として広く知られるようになりました。



重曹がこれほど多様に利用されているのは、次のような特徴があるからだと言われています。

1.加熱すると二酸化炭素を出す:炭酸水素ナトリウムを加熱すると、水と二酸化炭素に分解され、主に「ふくらし粉」として料理に利用される。

2.弱アルカリ性:肌にそれほど刺激を与えず、酸を中和します。掃除や脱臭に利用されるす。

3.粒子の程よい固さ:粒子が硬すぎないため物を傷つけません。研磨剤として利用される。

4.油を分解する:油と混ざることで、親水性と親油性を併せもつ石けんの性質を発揮する。



こうした特徴を利用して多くの用途に利用されています。例えば、下記のような場合に利用されているようです。(「知らないと損をする「重曹」の活用法・裏ワザ14選 / 保存版」の記事より)

1.頑固な油汚れの掃除:
重曹と水を2:1で混ぜペースト上の重曹を作る。油汚れの箇所に、重曹のペーストを塗布し放置。しばらく油を浮かせて、スポンジや歯ブラシでこする。

2.こびりついた茶渋・湯垢を掃除:重曹を粉状のまま、茶渋や湯垢のこびりついた箇所にふりかける
。そのままスポンジや歯ブラシでこすり洗いする。

3.重曹うがいで虫歯・口臭予防:コップ一杯の水に対して小さじ半分程度の重曹を混ぜ、重曹水をつくる。大体30秒ほどうがいをすれば大丈夫。口の中をすすぐようにうがいをし、ぺっと吐き出せばそれだけで虫歯予防になるのです。

4.重曹で脱臭する:重曹水を作り霧吹きに入れておけば、臭いが気になる下駄箱や生ごみなど、軽く一吹きして臭いを抑えることができる。

5.銀・シルバーの手入れ

1,金属以外の容器を用意します。適当な大きさのお皿やコーヒーカップなどでも可。
2,容器に、少しくしゃくしゃにしたアルミホイルを敷きます。アルミホイルの大きさは、容器の底が隠れるくらいを目安にする。
3,アルミホイルを敷いたら少量の重曹を入れ、さらにお湯を注ぐ。お湯の温度は60度から80度。
4,割り箸などでお湯と重曹を軽く掻き混ぜた後、その割り箸を使いシルバーアクセサリーを器の中に沈める。
5,重曹水に浸したシルバーアクセサリーは、暫く放置。時々掻き回したり裏返したりする。
6,重曹水の中のシルバーアクセサリーが綺麗になったら、割り箸などで器から引き上げ、布でよく拭く。

6.ホットケーキを膨らませる:入れ過ぎると苦味が出るので要注意。

7.肉を柔らかくする:厚めのお肉であればフォークなどでほぐす。ビニール袋にお肉を入れ、重曹水と混ぜ合わす。冷蔵庫に入れて一晩寝かせる。翌日調理する。

8.野菜の発色をよくする

9.排水口のヌメリ・臭い取り:重曹をたっぷりと排水口にまく。その上から、酢をかける。シュワシュワという反応とともに排水口のヌメリが解消される。この時、完全に中和させないよう酢は重曹に対して少なめにする。30分ほど放置して、最後はお湯か水で流す。

10.農薬・ワックス除去:ボールに水を入れ、小さじ1~2杯の重曹を入れる。作った重曹水を20~30秒漬けて洗い流す。(但し、漬けすぎないこと)

11.ペットのニオイ取り:ガーゼに重曹を包み、ペットの身体にポンポンと叩きながら満遍なく振りかける。ブラッシング。洗面器に小さじ1~2杯の酢を溶かし、浸したタオルで全身を拭く(中和)。

12.美肌入浴剤:お風呂を溜める。重曹をひとつかみお風呂に入れかき混ぜる。通常通り入浴する。
13.電気シェーバーの汚れ・臭いを掃除:紙コップに入れた水に、小さじ一杯の重曹を混ぜる。電気シェーバーを、重曹水の中に一分程漬け置く。(但し、耐水性の電気シェーバーが対象)



この他、もっと違った利用法もあるようです。こちらのサイトなどを参考にしてください。

尚、重曹を利用する場合には、手荒れや肌荒れを起こす場合もあるようですから、敏感肌の方や、赤ちゃんの肌に接するような場合は、あまり濃い重曹水を使わないようにすることです。

また、食用の重曹は食しても問題はないのですが、塩分の摂取と同様に、その摂取量には気をつける必要があります。摂り過ぎないようにしましょう。



毎日カップ半分程度を浴槽(160L)に入れています。使いだして1か月以上たち、今まで肌が「カイカイ」になったのが、これを使いだしてから、ほとんど出ません。またお湯自体が柔らかになった(やさしくなった)感じで、さらに体が良く温まります。
市販の入浴剤は、長い期間使うと、白い浴槽に色がついてきましたが、これは全くそのようなことがありません。また値段も安く、今後もこのようにして使っていくつもりです。肌が弱い方、是非試してみては?




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



日本人にとって、カレーライスは子供の頃からの家庭料理の定番かもしれませんね。インドなどの暑い気候の国々の料理が、どうして日本でこれほど普及しているのか不思議な気もします。

唯、日本の家庭でのカレーは本場インドなどのものに比べると、かなり違うものになっていますから、言えば、「日本のカレー」ということではないでしょうか。

私もカレーライスは好物の一つですが、肉食をしませんから、ベジタブルカレー一本槍です。それも家庭で作るものが大半です。



外食は殆んどしませんので、もし外でカレーを食べるときはインド料理店などに行って、本場のベジタブルカレーを注文することになります。

私は香辛料も好きですので、インド料理店でのベジタブルカレーは種類も多く、いろいろ試してみたくなり、楽しみでもあります。

唯、カレーと言ってもインドだけでなく、タイを始め多くの東南アジアの国々でそれぞれ特徴のあるカレーが作られていますので、その味も千差万別です。



私は余り辛い香辛料は、ノドが弱いせいか苦手です。ですから、辛いモノが多いタイカレーなどは殆んど口にしたことはありません。

ですが、タイカレーの中でも余り辛くなく、日本人の好みにも合うものがあるそうで、それが最近、人気になりつつあるそうです。

このタイカレーは『マッサマンカレー』と言うそうで、そもそもの人気の元になったのはアメリカの情報番組だったようです。



『マッサマンカレー』は、もともとはタイ南部で食べられていた「ご当地カレー」だったそうですが、2011年にアメリカの人気情報サイト『CNNGo』が「世界で最もおいしい50種類の食べ物(World’s 50 most delicious foods)」という企画の中で、第1位に選んだことから世界中で注目を集めるようになった、と言われています。

まあ、アメリカ人の味覚がどの程度なのか分かりませんので、この料理が世界一と言うのは眉唾に感じますが、人気のヒミツは、ほのかな辛さの中に、深いコクと上質な甘みがあることのようです。

その点、日本人が好む家庭のカレー料理と共通するところもあるように思います。だから最近、このマッサマンカレーが日本でも、徐々に人気になってきたものと思います。



唯、世界的に知名度が上がりつつあるマッサマンカレーですが、現地のタイ人には余り馴染みがないそうです。

と言うのも、マッサマンカレーはタイ南部のイスラム教を信仰している人々が食べていた「ご当地カレー」だったからだそうです。

宮廷料理として親しまれてきた経緯はあるようですが、他のタイ北部や中部ではこれまで余り知られてない状態だったようです。

それと、使われているスパイス類がこれまでのタイの人々には、余り馴染みがないものも多いことも、今までマッサマンカレーがタイ全体に広まってこなかったようです。



私は未だに、マッサマンカレーを食してはいませんが、基本的には、じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込んだ、タイカレーの一種ということです。

一般のタイカレーは辛いものが多いのですが、マッサマンカレーは、カルダモンやシナモン、クローブといったスパイスをふんだんに使っているので、むしろ上質な甘みがあるようです。

先程も言いましたが、これらのスパイスは、タイカレーで余り使われることがありませんので、マッサマンカレーは今まで体験したことのない味わいにしているとも言えます。

尚、「マッサマン」とは「イスラム教の」という意味だそうです。宗教上の理由から豚肉を食べられない彼らは、代わりに鶏肉を用いるようになったそうです。



最近になって、日本でも独自の食材や工夫をこらして、特徴のあるマッサマンカレーを食べさせてくれるお店が増えつつあるそうです。

タイ本国ではイスラム教を信仰する人に配慮して鶏肉が使用されていましたが、日本では豚肉で楽しめるところも登場していているようです。

日本人は海外の物を日本独特な物に作り変えて提供するのが上手いですからね。これからは、タイの人も驚くようなマッサマンカレーが登場してくるのではないでしょうか。

また、食品メーカーなどから何種類ものレトルトタイプや缶詰のマッサマンカレーが発売されています。コンビニやスーパーだけでなく、ネットでも簡単に購入できます。



最後に、シェフによるマッサマンカレーの作り方が「クックパッド」に掲載されていましたので、その内容を引用させていただきます。お試し下さい。

シェフ直伝!超簡単!マッサマンカレー 


材料 (4人分)

皮付き鶏もも肉 ブツ切 400g
玉ねぎ 厚めのスライス 150g
ジャガイモ 400g
赤ピーマン 2個
緑ピーマン 2個
ナスビ 2個
ガーリックみじん切り 10g
しょうが みじん切り 10g
ココナッツミルク1缶 400g
水 400cc
醤油 3スプーン
めんつゆ 3スプーン
ローリエ 4枚
市販のカレールゥ 40g
ガラムマサラかカレー粉(無ければOK) 少々
サラダオイル 20cc
鷹の爪か一味とうがらし 少々


作り方

1.フライパンにサラダオイルを入れて、にんにくとしょうがを少し炒めます。そこにオニオンを入れて1分ほど強火でソテーします。
k1.jpg

2.そこにチキンを入れて強火で色をつけて行きます。
k2.jpg

3.チキンの表面に少し色が付けばココナッツミルクと水とポテト、ローリエを入れます。沸いた後10分ほど煮ます。
k3.jpg

4.カレールーは溶けやすい様に包丁で刻んでおきます。
k4.jpg

5.ナスを入れて5分ほど煮てピ-マンを入れて3分ほど煮ます。鷹の爪を少し入れます。
k5.jpg

6.醤油、だし醤油、カレールーとガラムマサラを加えて少し煮ます。一番火が入りにくいジャガイモが柔らかければOKです。
k6.jpg

7.お皿に盛りつけます。真ん中に具材がしっかり出てる状態にします。
k7.jpg

コツ・ポイント:濃度が薄い方が好きな方はカレールーの割合を減らしてカレー粉を使ってください。ポークやビーフまたは野菜のみでも美味しいです。ココナッツミルクは業務スーパーで150円ほどで売っております。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



世の男性の多くは年齢と共に、前立腺肥大になっていくことは仕方がないことです。そのために尿の出が悪くなったり、頻尿になったりするわけです。

でも、そのこと自体は病気ではありませんので、取り立てて治療をする必要はありません。ですが、医者は直ぐに患者を脅かすようなことを言います。

即ち、前立腺肥大を放置しておくと前立腺ガンになるからと・・・。だから、前立腺肥大の手術をした方がいいと勧めるわけです。



実は私も30代のころから前立腺肥大の症状がありました。それが今日まで続いているわけです。確かに夜間に何度か尿意を催し、トイレに立つことが多いのですが、それが習慣になっていますので、気にはしていません。

もし前立腺ガンになるのだったら、それも良しというぐらいに脳天気に考えています。病院で手術をするぐらいなら、自然の経過に任せた方が気が楽ですからね。

ですから、前立腺肥大については特別に治療のようなことも何もしていません。所が最近になって、面白い商品をある方の話から知ることになりました。



それが冒頭に掲げた画像の『前立腺の友』という、玄米と麹菌と麦芽だけで出来たドリンクです。これは特別に前立腺に効くというものではありません。

酵素の作用によって免疫力を高めたり、腸内細菌を増やしたり、腎臓や肝臓などの内臓の働きを良くする、という感じのドリンクです。

私はその名前に惹かれて、直ぐに注文してみました。商品が到着して直ぐに飲用してみましたが、麹菌の香がして大変飲みやすいものでした。



私は、この商品は何々に効くなどと謳ったものは信用しませんが、この『前立腺の友』はそうした効能を強調していません。また、添加物が一切入っていませんので、暫く継続して利用してみるつもりです。

さて、この『前立腺の友』について、製造会社、㈱源麹研究所会長で農学博士の山元 正博氏は、開発に至る経過などについて下記のように語っておられます。


ーー引用はここからーー

●前立腺癌が治った!

このドリンクの事を思い出したのは5年ほど前の事たった。我が社も従業員が100名を超えた。接客業なので皆、流行病にかかりやすい。そこで従業員用にあのドリンクを復活させたのだった。各部署にこのドリンクを置いて、疲れたら飲むようにした。美昧しいので結構皆飲んでいた。

3年前の事だった。従業員の父親が前立腺癌になったという。そこでその従業員はこのドリンクを父親に送り始めた。手術の直後から父親は飲み始めたらしい。するとなんと3ヵ月で癌が完治したのだ。

主治医の方から「何かやってますか?」とまで聞かれたのだ。ただし弊害もあった。なんとこの父親、元気が出すぎて外に彼女まで作ってしまった。息子は怒って「もう送らん!」と言っている。あちらの方も元気が出るのである。

丁度その頃、取引先の社長が我が杜に遊びに来た。彼も前立腺癌になったと嘆いていた。PSA値が80もある(PSA値とは前立線癌の目安となる数字で、大体4を超えると前立腺癌の可能性が高いと言われる)。

でも彼は手術しない主義で制癌剤だけで頑張っていた。可哀想に大好きなビールもコップ半分で顔をしかめて下腹部を押さえていた。見かねた私は彼にもこのドリンクを渡した。東京に帰った彼は1週間でとんぼ返りに鹿児島にやって来た。

「おい!小便から白い皮が出てな、コップにとって医者に持って行ったら癌の皮だと言われた」。そう言って彼は狂喜していた。それから半年、彼は手術なしにPSA値は0.8まで下がった。今も健在である。

彼の強力な勧めで私がこのドリンクを商品化したのは1年前だ。紙数が少ないので詳細は省くが驚くべき結果が次々に出ている。末期の子宮癌の完治例や咽頭ポリープの消失例、血糖値の低下例などきりがない。

もちろん医学的な研究も同時に進めている。臨床検査の結果ではこのドリンクを毎日1本ずつ飲み続けるとNK細胞の活性が2倍に増えるのだ。

何度繰り返しても同じ結果か出た。NK細胞とは癌を殺す役割の血液中の細胞の事だ。またマウスの試験では皮膚癌を移植したマウスの癌の発生が99%抑制されている。これはいずれ学会発表の予定だ。まさに河内菌は万能である。

私はおそらくこのドリンクは人体を本来の免疫抵抗力のある体に戻す効果があるのだと見ている。薬ではないし万人に効くとも思わないが、涙を流して人に感謝されるほど嬉しい事はない。この研究も更に進めて行こうと考えている

ーー引用はここまでーー



このような経緯の後、これを商品化される時、山元 正博氏は、「生々しすぎる」という社員の反対を押し切って、半分、遊び心で『前立腺の友』というネーミングにされたそうです。

ところが、販売するやいなや、その反響は凄まじかったそうです。例えば、咽頭ポリープを患い声が出なくなったある社長さんが、『前立腺の友』を一日3本飲んだら、3日目には声が出るようになり、月末に予約していた手術を前に、ポリープは約20日あまりで完全に消えていたそうです。

また、末期直腸癌で骨と肺と肝臓に転移していた余命3ヶ月の患者さんが、『前立腺の友』を飲んでから1年生き続けた、ということもあったそうです。

更に、92歳の子宮癌末期の女性、子宮からの出血が止まらず医師も手の施しようがない状態だったのが、『前立腺の友』を飲みはじめてから3日目には出血が止まり、その後6ヶ月元気に生きたことも報告されています。



このように、発売以来、『前立腺の友』というドリンクが凄い評価だったわけです。

これは、検査を依頼した医者も認めているそうです。その医者は、「自分の名前ではこのデータを公表できない。しかし、名前と病院名を伏せてくれるなら、データはいくらでも使っていい」と言ってきたそうです。

医師として、抗がん剤のメーカーから利益を得ている立場上、抗がん剤が要らないことを証明してしまうこのドリンクの効果を、自分の名前で公表することができないということだったようです。



尚、山元正博氏は、1950年鹿児島市に100年続く麹屋の3代目として生まれる。鹿児島ラサール学園から東京大学農学部入学。 77年同大学院修士課程(農学部応用微生物研究所)修了。卒業と同時に郷里に帰り、㈱河内源一郎商店入社。87年代表取締役。88年錦灘酒造㈱代表取締役。同年「日経先端技術賞」受賞。99年「源麹研究所」設立。

09年「麹菌の畜産に及ぼす効果についての研究」で博士号取得。同年環境大臣賞受賞。11年機械工業会会長賞受賞。麹の秘められた力を求めて研究・実践に明け暮れておられます。下記の著者をご覧ください。


知的好奇心を満たす、驚きの内容がもりだくさんで麹の可能性が楽しみになりました。麹の力を世にひろめたい、麹のよさを伝えたい気持ちが、あふれている本で、麹のことがよくわかって嬉しいです。




私は、昨年の11月に胃がんのため、胃全摘出の手術をおこないました。 その後、二ヶ月に1回検診を受けています。昨年の9月ごろから前立腺の友を毎日1本飲んでいます。今年の1月9日の検診でお医者さんに肝機能の数値が下がっている。なにかのんでいますか?と聞かれました。前立腺の友を飲んでいます。と答えました。前立腺の友を毎日、夜寝る前の飲んでいます。これを飲みだしてから、夜ぐっすり眠れるようになりました。また体が軽くなって、精神的にもおちついて心から笑えるようになりました。わたしにも本当に不思議な思いです。(大阪市 kさん)






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



本日は日曜日ですので、通常の記事ではなく、冒頭の動画を紹介するだけにいたします。

この9歳児が語っていることは真理です。が、この録画が何処の誰が、どういう形で動画にしたのか、その前後のことがハッキリしていませんので、この幼児が全てを自分の意思で語っているのかどうかが判然としません。

しかし、少なくとも幼児の表情を見ていますと、自らの言葉で語っているようにも見えます。または、誰か背後の守護霊か何かが彼の口をついて語っているのかも知れません。

その辺りはハッキリとしませんが、彼が語っている内容は納得のいくところです。今後、地球人の全てが、彼の語っているような内容は当然のこととして受け取れるようにならないと、今の地球の大転換期を乗り切ることは難しいものと思います。

今後も益々、地球の波動が高まり、一大転換がもたらされる時代に、これまでのような旧い意識、例えば地球にしか人類はいない、などといったことに執着していますと、もう地球には住めなくなります。

もっと波動の低い他の星に移され原始生活からやり直さなければならない、という事態にもなり兼ねません。日曜日で、ゆっくりと考える時間のある時に、彼の言葉をよく斟酌して、自らの生き方を反省してみることが必要ではないかと思います。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



近年の日本は急速な人口減と高齢化が進んでいます。特に地方の農村部では、農業に従事する人々の高齢化によって、農作業が継続できないような状況になっています。

若者は都市部に出ていき、残った人々も高齢化によって亡くなる方たちも多く、そのために農地が休耕田になったり、廃屋が増えているのが現状です。

そんな中、都市部の生活に疑問を持ったりして、田舎の生活や農作業に憧れる若者や中高年の人々が農村部に移住を希望するケースが増えているようです。

地方の自治体でも、そうした人々の移住を積極的に受け入れようと廃屋を改修したり、特別な利便を与えるような手立てを色々と考えています。



こうした動きが今後も進んでいくことは予想されます。勿論、それを根付かせるためには諸々の問題を解決しなければなりませんが、人々の意識が大きく変われば、上手く行くようになるものと思います。

土に親しみ、自然に親しみ、自然と共存して行こうとする姿は人間として当然の行為です。何と言っても、人間も自然の中に生かされている生き物に過ぎないのですからね。

それなのに、今日まで私たちは真逆のことをやってきたわけです。自然を破壊して人造的な社会を作り上げ、それを近代化などと偽って、自然から遊離する生活を長年続けてきたわけです。



こうした自然破壊の生活は西欧社会では当たり前のように行われてきましたが、近年その反動で自然回帰の生活を求める人々が急増しています。

そうした人々の動きの中に、「パーマカルチャー」と呼ばれる活動があります。私は何時も申し上げているように、こうしたカタカナで表記された海外の活動には関心がありません。

ですが、今回は日本の自然回帰の動きと連動するところもあると思いますので、ここに簡単に取り上げた次第です。



さて、「パーマカルチャー」とは、Permanent/パーマネント(持続的・永久の)、Agriculture/アグリカルチャー(農業)、Culture/カルチャー(文化)の3つの言葉を併せた造語だそうです。

これは、オーストラリアのビル・モリソン氏とディビッ・ホルムグレン氏が1970年代後半に唱え始めたものだそうで、持続可能な農業を基本としながら循環型社会を目指すという、地球に負担をかけない生き方のことだそうです。

難しく言えば、自然のエコシステムを参考にして、持続可能なアーキテクチャや自己維持型の園芸システムを取り入れようとする概念とされています。

こうした、パーマカルチャーが生まれた背景には、生態系を無視した西欧近代的モノカルチャー農業による土壌破壊や、自然破壊による自然と人間社会の非持続性への気づきがあったようです。



このパーマカルチャーの目的としては、生態系を成す一員として<持続可能な>環境を自ら創り出して行くことが重視されています。

その狙いは、生態学的に健全で、経済的にも成り立つ一つのシステムを作り出すことで、搾取したり汚染したりすることのない仕組みであり、長期にわたって持続しうるシステム作りにあります。

ビル・モリソンはパーマカルチャーの最終的な目標を「地球上を森で埋め尽くすこと」だと言っています。



また、それを実践する上で基本となる倫理や価値観として次のようなことを上げています。

1.地球への配慮:土壌・各種の生物・大気・森林・微生物・動物・水などを含む全ての生物・無生物に対する心くばりをする。

2.人間に対する配慮:環境問題は対立や競争で解決すものではなく、人々がお互いを認め合い、協力し、思いやりを持って接する。

3.余剰物の分配:余った時間とお金とエネルギーを、自分ひとり、あるいは、自分のグループのみで使用するのではなく、同じ目的を持った人が貢献できるように援助の手を差し伸べる。



洵に素晴らしい考え方ですね。近未来の地球はこうした人々のみが生きて行ける世界であることは間違いありません。

一刻も早く、多くの人々が、こうした明るい想念を持って日々の生活を物質優先の生き方から、精神性優先の生き方に変えて行く必要があります。

唯、このパーマカルチャーの活動には、ちょっと気になることもあります。現在、オーストラリアを筆頭に、西欧諸国では、パーマカルチャーの活動がポピュラーな農法になり、それを教える動きが活発になっているようです。


気になるというのは、オーストラリアでパーマカルチャーを勉強するコースだと、1ヶ月間のテント生活ながら40万円もするそうですが、受講者は世界各国から集まって来るほど人気コースになっていることです。

どうも、パーマカルチャー講座が金儲けの手段になっているのではないか、と疑問に思える節があります。この当たりが、こうした活動の問題点であり、限界かもしれません。

今後、こうした活動が、どのように発展していくのかは定かではありませんが、一部の人間の金儲けの手段にだけはなってほしくないものです。



さて、海外のこうした活動も結構なことですが、パーマカルチャーのような活動は昔の日本ではごく普通のことであったはずです。

それは最近、見直されるようになってきた「里山文化」のことです。昔の日本の農村生活と言ってもいいかも知れません。

里地里山とは、原生的な自然と都市との中間に位置し、集落とそれを取り巻く二次林、それらと混在する農地、ため池、草原などで構成される地域のことで、農林業などに伴うさまざま人間の働きかけを通じて環境が形成・維持されてきたものです。





里地里山は、特有の生物の生息・生育環境として、また、食料や木材など自然資源の供給、良好な景観、文化の伝承の観点からも重要な地域でした。

しかし、里地里山の多くは人口の減少や高齢化の進行、産業構造の変化により、里山林や野草地などの利用を通じた自然資源の循環が少なくなってきて、大きな環境変化を受けることになり、里地里山における生物多様性は、質と量の両面から劣化が懸念されているのが現状です。

唯、最初に申し上げたように、若者たちが田舎暮らしや農業に本格的に興味を持ち、参加するようになりますと、里山の復活も可能になるかも知れません。



この里山と直接関連が無いかも知れませんが、ここで思い出すのが、農薬だらけの近代農業に疑問を持って、自然農法を確立された、故・福岡正信氏のことです。

同氏のことは多くの著作が出版されたり、マスコミでも取り上げられたりしていますので、ご存知の方もおられると思います。ここでは下記の動画を紹介しておきますので、参考にして下さい。


福岡正信 自然農法家 (故人)


福岡正信 2006 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」




設楽清和「地球を豊かにする生活のデザイン」-パーマカルチャーの視点からー We are God~子供帝国の逆襲~DAY6〔2014 03 22〕

設楽さんは、パーマカルチャーセンタージャパンを設立し、その普及につとめてきた、日本の第一人者です。
オーストラリアで生まれたこの考えと、日本の古くから行われてきた暮らしを融合させ、自ら実践し、トライ&エラーをたくさん繰り返してきた設楽さんのお話は、(少し難しいときもありますが)とても説得力があります。


Bill Mollison - In Grave Danger of Falling Food - Full video

パーマカルチャーの父、ビルモリソンのインタビュー。都会のマンションや各国訪問、基本的理論の説明などを通して、パーマカルチャーの概要が理解できます。オーストラリア人らしく、ユーモア交えてわかりやすく解説しています。


Dr. Will Hooker lecture 1 of 38 on Permaculture Organic Farming - Overview and introduction
North Carolina State University, Dr. HookerによるPermaculture Organic Farmingの概要と序論。彼は1997年からこの授業を担当しています。







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたは、 みらいクリニック院長の今井一彰医師が考案された「あいうべ体操」をご存知でしょうか。方々で紹介されていますので、ご存知の方も多いかも知れません。

これは、下記の動画にあるように、口を「あ・い・う・べ」の順番に大きく開ける動作をするだけです。

いひ?き対策☆舌の筋トレ あいうへ?体操 (実践編)


「あー」と口を大きく開く。
「いー」と口を大きく横に広げる。
「うー」と口を強く前に突き出す。
「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす。

1度に行うのは10回程度として、1日30回以上をを目標に毎日続けるといいようです。唯、顎関節症の人やあごを開けると痛む場合は、回数をへらすか、「いー」「うー」のみをくり返すだけでいいそうです。 この「いー」「うー」体操は、関節に負担がかからないため、何回行っても問題ないようです。



この体操を行うと、下記のような効果が見られたと、考案者の今井医師は言っておられます。

kouka.jpg


今井医師によりますと、体操の直接の効果は、舌が上あご(口の中の天井)にぴったりとつく適正な位置に戻ることだそうです。

舌先が前歯の裏側に当たっていたり、舌の両側に歯形がつくのは舌が下がっている証拠だそうで、そのような人は無意識のうちに、口を開けて口呼吸をしているそうです。

今井医師の報告によりますと、関節リウマチの患者(50代女性)が、約3カ月で免疫抑制剤の量が4分の1に減ったり、花粉症の患者(30代女性)が2週間で症状が消えた例があるそうです。

また、アトピー性皮膚炎の患者が数カ月から半年間、この体操を続けたら、症状が消えたたという例が複数あるそうです。



尚、口呼吸の常習者は、この「あいうべ体操」を行うと同時に睡眠時に、口にテープを貼って寝ると効果があるそうです。

私たちは、日常生活では意識的に鼻呼吸を心がけていても、睡眠時には無意識になって口呼吸になりやすい面があります。

そこで、眠っている間にしっかりと口呼吸を防ぐのが「口テープ睡眠」だというわけです。やり方は、下図のように口にテープを貼って寝るだけですので、簡単です。。

teapu.gif


女性でありながら、イビキが酷く お友達との旅行もままならず、何とかしたいと思っていた時 このテープの事をラジオで知り早速 購入しました。
愛用して かれこれ3年になりますが もう手放せません。イビキも すっかりかかなくなり、口をあけて寝ることも無いので
風邪も引かなくなりました。 イビキをかく人には絶対お勧めです




最後に、この「あいうべ体操」「口テープ睡眠」を実践されている、フリーアナウンサーの生島ヒロシ氏は下記のように述べておられます。

『以前は度々、飲み込みがつかえて苦しくなることがありましたが、「あいうべ」で舌が鍛えられ、飲み込む力がついたのも実感しています。また、睡眠時無呼吸症候群の治療になるのもうれしいですね。睡眠の質が良くなると、体力の回復も早くなります。その上、口テープを貼ってしっかりと鼻呼吸をするようになってから、本当に風邪をひかなくなった。おかげさまで、病気で休んだことはゼロ。仕事に穴をあけたことはありません。』






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



医が「仁術」から「算術」と言い換えられるようになってから、どれほどの年月が経っているのでしょうか。

近年は、それに更に拍車が掛かり、「医療マフィア」(大手製薬会社、病院、医師、厚労省などの集合体)が暗躍して、益々、医療の金儲け主義が鮮明になっています。

しかし、未だに多くの人々は医療信仰というマインドコントロールに掛かったままで、病気になれば病院に行けばいい。医者が助けてくれる、という幻想に囚われています。



果たしてそうでしょうか・・・。冒頭に掲げた本の著者であったアメリカの医師、故・ロバート・S. メンデルソン氏は、現代の医療や医者がどういう存在なのかということを明らかにしています。

アマゾンでは、この著書の商品説明として、下記のように紹介されています。


『病院はいつも混んでいて、医者は常に忙しそう。2、3質問して、処方箋を書いたら「お大事に」だ。不安を解消したいのに、ものを尋ねられるような雰囲気ではない。それでもあなたは、医者を絶対だと思っていないだろうか。

アメリカで「民衆のための医師」と親しまれ、辛口の現代医学批判を続けた著者(すでに故人)は、「ほとんどの人は医者を信頼し、崇拝に近い態度をとる。現代医学は人びとのそういった心情からその権力の大部分を得ている」と断言する。

「自覚症状がなくても治療を受けてください」「とりあえず検査しましょう」「きちんと薬を飲んでもらわないと困ります」「手術をしないと大変なことになります」などはよく聞く言葉だが、これらが本当に患者のためを思ってのことでない場合も多いらしい。

定期健康診断は患者の“青田買い”。検査のずさんさ、不正確さは最近では知られるようになったが、不要な検査そのものが患者の身体に害を及ぼすことも多く、また検査漬けは医者を思考停止状態にする。

過剰な投薬。医者は製薬会社の言いなり、といったら言いすぎか。そして外科医の信条は、「疑わしきは摘出せよ」なのだ。特に女性は気をつけて。妊婦本位でない出産、安易な子宮摘出、乳房の切除。

圧倒的多数である男性医師は、これらの処置が女性にどんな影響を与えるかがわかっていない。医者は彼らの都合を押しつけている。知識を仕入れ、納得できる医療を受けるための戦略を立てよう。(家永光恵) 』




この短い紹介文を見ただけでも、アメリカに於ける現代医療の在り方が分かります。それはそのまま、日本の医療現場の在り方を映し出しています。

アメリカで起こっていることは、必ず日本でも起こっています。いや、それ以上に日本の医療現場はタチが悪いのではないかと想像できます。

上記の故・ロバート・S. メンデルソン氏は冒頭の著書の前に『医者が患者をだますとき』を出版されていますが、その中で下記のように告白されていました。



ーー引用はここからーー

現在の医療の9割がそもそも不要だ。
健康診断を受けると具合が悪くなる。
病気の基準は医者が発明している。
医者が仕事をしないと病人が減る・・・

はじめに 私は告白する

私は現代医学を信じない。私は現代医学に異をとなえる異端者である。私がこの本を書いたのは、世の中の人々に現代医学の呪縛から解き放たれてほしいと思うからである。

とはいえ、私も初めから現代医学を信じていなかったわけではない。それどころか、かつては熱烈な信者だった。

医学生だったころ、DES(ジエチルスチルベストロール)という合成女性ホルモン剤の研究がさかんに行われていた。現代医学を信じていた私は、この薬になんの疑いも抱かなかった。

ところが20年後、妊娠中にこの薬を投与された女性が生んだ子供たちに、膣がんや生殖器の異常が多発したのである。これは当時の私は、夢にも思わなかったことだった。

研究医だったころ、未熟児に対する酸素療法が最新の医療設備を誇る大病院で行われていた。しかし、この治療を受けた未熟児の約9割に弱視や失明などの重度の視力障害(未熟児網膜症)が起こっていた。そのことは知っていたが、治療法に原因があることを見抜く努力を怠っていた。

一方、医療水準が劣ると言われていた近くの病院では、この病気の発病率は1割を下回っていた。発症率になぜこれほどの差があるのか教授たちに聞いたところ、こんな答えが返ってきた。

「あの程度の水準の病院では正しい診断法がわかっていないから、症例を見落としてしまうのだ。」

私はその言葉を信じた。


未熟児網膜症が高濃度酸素の投与で引きおこされることがわかったのは、それから1、2年後のことだった。経済的に豊かな病院は、最新式の高価なプラスチック製保育器を置いていたから、酸素は漏れずに器内に充満して未熟児を失明させてしまった。

だが、「あの程度の水準の病院」で使われていたのは旧式の保育器だった。すきまだらけのフタがついた浴槽のようなしろもので、酸素はかなり漏れていたが、これが結果的に未熟児を失明から救っていたのである。

こんなことがあっても、私は現代医学を信じ続けた。

その後、私はある研究グループに加わって科学論文を作成した。

テーマは未熟児の呼吸器病にテラマイシンという抗生物質を使うことについてだった。論文の中で私たちは「この薬には副作用がない」と主張した。当然だろう。副作用が現れる前に論文を書いてしまえば、どんな薬でも「副作用がない」と言い切ることができる。

実をいうと、その後の研究で、テラマイシンをはじめすべての抗生物質は、未熟児の呼吸器感染症にはあまり効果がないこと、そればかりかテラマイシンを含むテトラサイクリン系抗生物質によって数千人の子供たちの歯が黄緑色に変色し、骨にテトラサイクリンの沈着物ができてしまうことが確認されている。

それでも、私は現代医療を信じ続けた。

私は扁桃腺、胸線、リンパ節の治療に放射線療法が効果があると信じていた。この治療法について、教授たちは「放射線の照射が危険なのは言うまでもないが、治療に使う程度の線量ならまったく無害だ」と断言するので、私はその言葉を信じたのである。ところが「まったく無害」な線量でも10年から20年後には甲状腺線種を引き起こしうることがその後の研究で判明した。

現代医学がまいてきた無数の不幸の種を刈り取る時期が到来した。

私がようやくそれに気づいたとき、かつて自分が放射線で治療した患者たちの顔が思い浮かんだ。

あの人たちの何人かが首にしこりを患って、いつか再び私の元に戻ってくるのではないか。その思いが私をさいなんだ。

なぜ戻ってくるのか。あなたたちの苦しみの原因をつくったのは、この私なのだ・・・・・・。

私はもう現代医学を信じない。

ーー引用はここまでーー



こうした、故・ロバート・S. メンデルソン氏のような賢明な医師たちの見解や告白は直ぐに、医療マフィアという強大な権力を持つ者達によって抹殺されてしまいます。

幸いにも、メンデルソン氏の場合には何冊かの著書が残されていますので、心ある人々の目に触れる機会が残されていることは有難いことです。

また最近、日本でも現代医療に疑問を抱いている医師たちによる、現代医療の在り方を問題視する著書が沢山、出版されるようになってきました。時代が変わりつつあることを感じます。



それだけ、地球全体の波動が高まってきて、これまで闇の中に隠されてきたようなことが次々に明るみに出されれてくるようになった証です。

この地球の波動の高まりと連動するように、現代医療の矛盾や欺瞞性が医療現場からもドンドンと指摘されるようになってきたのではないかと思います。

ともかく、私たちは今こそ、自分の身体のことは自分自身で対処できるようにして、医療に頼ることから脱却する必要があります。



先ずは、自己免疫力を高め、自然治癒能力を十分に発揮できるように日常生活を見直し、改めて行かねばなりません。

その第一歩として、小食にすることが何より大事なことです。これまでのように、食べなければ力が出ないとか、脳の働きが悪くなる、などと言った考え方から脱却しなければなりません。

人間は常に空腹を感じるぐらいの方が、脳の働きも良くなり、身体が軽くなって身軽に動くことができます。また、内臓の働きが良くなりますので、当然、自己免疫力も高まります。

何はともあれ、ご自分で実践されることが何よりです。何時までも旧来の常識や考え方などに固執していると、地球の波動の高まりに取り残されることは間違いありません。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。