指圧はゆっくりと持続圧を加えますから、痛くなく、心地がよく、どんな症状にも効果があります。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

abou.jpeg

人間は本来、神の子ですから、完全無欠であり、病気などに罹るはずはないのです。と言うよりも、病気そのものが存在していないはずです。

しかしながら、世の中には病気と言われる症状が蔓延しており、病人が溢れかえっています。病院に入院していなくても、一般社会生活を送っている者の中にも病的な人が五万といます。

こうした現状があるためでしょうか、多くの人々は、人間が病気になるのは仕方のないことだと考えて、一生の内で一度や二度、病気になるのは避けられないと思っています。ですから、病気で死ぬのが当たり前のように感じています。



では、本来無いはずの病気が存在しているように見えるのは何故でしょうか。 そもそも何故、病気に罹るのでしょうか。実は、病気という症状の原因は、決して外にあるのではありません。

でも、ウイルス菌などで外から感染するではないかと言われるかもしれませんが、これもウイルス菌が悪いのではなく、それを取り込んでしまう自分自身の中に原因があるのです。

それが証拠には、幾らウイルス菌が蔓延しても、それに罹る人と、そうでない人がいることを見ても、良く分かることです。

結局、病気の真の原因というのは、実は、自分自身の中にあるということです。最近注目を集めている、免疫学の安保徹先生も、『ガンの原因は、外から体内に入ってくる「発ガン物質」ではなく、実はその人の生き方そのものにあるのです』と、述べておられます。

よく言われるのは、ガンになる人はガンコな性格の人が多いということです。簡単に言いますと、ガンコという性格の欠陥が、やがては正常細胞をガン細胞に変えてしまったということになります。

勿論、病気の原因はそんなに単純ではありません。色々な目に見えない要因がからんで、その結果として、肉体の病気という形で現れているのです。要するに、その人の性格の欠陥や生き方の間違いを教える為に、病気という肉体の症状を現しているということなのです。



では、病気になるのは自分自身であるのであれば、その病気を治すのも自分自身である、と言うことになります。しかし、一般には病気になったら医者が治してくれるという錯覚に陥っている人々が大半です。これが医療信仰と言われるものです。

ところで、お医者さんの中にも、このあたりの道理を理解されている方がいるようで、下記の「漢方科 松本医院」の松本医師の見解は傾聴に値するものだと思います。


ーー引用はここからーー

私は他の優秀といわれる専門医が治せない様々な難病の全てを治すことができるのです。なぜだか不思議に思われるでしょう。(中略)答えを言いましょう。

全ての患者さんが生まれたときから持っている免疫の遺伝子が完璧な専門医なのです!病気を治すのは医者でも薬でもなく、患者の免疫の遺伝子であるからです。

皆さんは昔から病気を治すのは医者であり薬であると思っておられることでしょうが、というよりも医者たちや薬屋にそう思い込まされていますが、この思い込みは間違いなのです。

もう既にお分かりのように、難病と呼ばれる病気を治したのは、(中略)患者さんの免疫の遺伝子が治してくれたのです。この真実を世界中の医者は誰一人患者に伝えることをしません。

それでは私は一体患者に何をして患者の難病を治すことができたのでしょうか?

まず一つめは、私がやったことは、ただ患者の免疫の遺伝子の働きの意味を完全に理解し、患者の遺伝子の働きに対して一切邪魔をしなかっただけです。もちろん少しばかりは患者さんの免疫の遺伝子の働きを発揮させる手助けは抜かりなくやってあげました。

それではなぜ私が治せる病気を他の医者は治すことができないのでしょうか?

患者の免疫の遺伝子を他の医者たちは常に妨害しているからです。現在製薬メーカーが作っている薬で免疫を手助けしてくれるのは、ワクチンと抗生物質と抗ヘルペス剤しかないのです。

それ以外のおびただしい数の薬の銘柄は16000種類以上ありますが、これらの薬は全て免疫の遺伝子を抑え込むだけなのであります。従ってステロイドをはじめとするこのような免疫抑制剤を使う限りは、絶対に病気を治すことができないのです。(成人病の薬は除きます。)

二つめは、なぜ病気が起こるのかという原因を完全に正しく理解しているからです。この世の現象に原因がない現象は何一つとしてありません。同じように、この世に原因のない病気などはひとつもありません。

原因があって、その原因を除去しようとするのが免疫の遺伝子の働きなのです。この事実を世界中の医者は誰一人として理解していないのです。まさに病気は原因を除去するために起こるのです。

それでは現代の文明に見られる一番大きな病気の原因は何でしょうか?それはただふたつ、化学物質とヘルペスウイルスだけであります。

病名は20000種類以上あります。臓器別にも病名が腐るほどつけられていますが、これらの病名は病気の原因とはまるで関わりのない、医者が病名付け遊びをやって作り出した意味のない病名なのです。

少なくとも病名というのは、病気の原因を示唆すべきものです。全く原因と関わりのない病名がほとんど全てです。残念です。実は現代文明の病気の原因は今挙げた化学物質とヘルペスのたった二つしかないのです。

言い換えると、常に現代人に入り込み、いつまでも残り続ける原因は、まさに化学物質とヘルペスだけなのです。

ーー引用はここまでーー


松本医師は、病気の原因を化学物質とヘルペスだけと限定されているようですが、これは肉体医学だけの思考法です。人間は肉体のみの存在ではありません。

肉体はこの世での生活を送るために必要な、単なる「家」のようなものです。その家を上手く利用して、この肉体世界で魂の修行をしているのが私たちです。

当然ながら、この肉体は限界がありますので、軈て老い朽ち果てます。その時は、その肉体を脱ぎ捨てて、霊界に移行し、更に必要に応じて次に肉体を持って生まれ直すことを繰り返しているのが、私たちの在り様です。


従って、病気という症状が現れるのも、自分の魂の修行にとっては必要なことでもあります。病気に罹ることで、自分の足りないところや欠点を知ることができるからです。

その欠点を自覚して、それを修正していくことで、病気という症状も治っていくのが道理です。ですから、このプロセスを踏まずに、病気になったら、病院に行って治療を受ければいいという考え方は、せっかくの魂の修行の機会を逸するということにもなります。

とにかく、自分の病気は自分で治すものだということをお伝えしておきたいと思った次第です。ですが、病院に行ってはいけない、ということではありません。全ては自分の自由意志に任されているわけですからね。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



今更言うまでもないことですが、長時間、椅子などに座り続けることは健康を害する元です。昔の日本では畳敷きの生活が基本でしたから、正座で座るのが当たり前でした。

そのために姿勢が良くなり、足腰も自然に丈夫になっていました。しかし、戦後の近代化によって、椅子の生活に変わり、車の運転や会社でのパソコン業務などで、長時間、椅子に座りっぱなしの生活様式になってきました。

何でも、アメリカでは、座りすぎが死につながる症候群だという、「セデンタリー・デス・シンドローム」と称せられる言葉が、2002年にアメリカ大統領の諮問委員会によって作られているそうです。



ご存知のように、アメリカは徹底した車社会ですし、その歴史も長い上に、運動不足や不自然な食事による肥満者の数が世界一です。

当然ながら、座りすぎは、糖尿病、肥満、心血管系の疾患などを引き起こす元になっており、その害は喫煙並であると認識されているようです。

ところで、この座りすぎの弊害について、「カラパイア」では、下記のような別の角度からの研究を紹介していました。



ーー引用はここからーー

もともと二足歩行の生き物である人類。だが最近では座りながらのデスクワークを強いられることが多くなった。座り続けていることによる弊害は叫ばれていたが、またしても、座っている時間が長ければ長いほど寿命を縮めるという研究結果が発表された。

テロメアと呼ばれる血液中の短鎖重合体の長さは寿命に関連していると言われているが、座っている時間が長くなると、テロメアはどんどん短くなっていくという。

テロメアとは染色体の末端にある特殊な構造のことで、DNAの分解や修復を保護し、遺伝情報の異常な融合を防いでいる。これは靴ひもの先端に巻かれたほつれ防止のビニールテープのようなもので、我々の寿命はその長さに関係すると言われている。

スウェーデンのカロリンスカ医学大学のマイ・リス・ヘレニウス教授率いる研究チームは、60代後半の肥満気味で座っていることの多い49人の被験者を、6ヶ月間運動するグループとしないグループにわけ、血液細胞のテロメアの長さを測定した。なお、この6ヶ月間、日記と歩数計によって被験者の運動レベルと座っていた時間を記録している。



(テロメアとは染色体の末端にある特殊な構造で、DNAの分解や修復を保護し、遺伝情報の異常な融合を防いでいる。寿命はその長さと密接な関わりがあると考えられている)



その結果、運動レベルが健康と関係することはもちろん、テロメアの長さに影響する最も重要な要素は、座っている時間の長さであったことが判明した。座っている時間が短いほど、テロメアは長い傾向にあり、長生きできる可能性も高いということが判明したのだ。

ヘレニウス教授は、「テロメアを長く保つ秘訣は、できるだけ立て。」と忠告する。

現代社会においては、人々が定期的に運動することも多くなってはいるが、同時にデスクワークなどで座っている時間も長くなっている。

運動不足とともに、座って動かないライフスタイルの増加が、今後大きな社会問題となる可能性があると、ヘレニウス教授は警告している。

ーー引用はここまでーー



では、どうすれば「座りすぎ」を解消できるのかですが、何も特別なことはありません。上記で指摘されているように、座る時間を少なくして立ち上がることです。

これは常識的なことではありますが、特に会社で長時間に亘り働く人達にとっては、下記のようなことも有効です。

1.軽い打ち合わせなどは、お互いに歩きながら行う。こうしたことは、アメリカ映画などでもよく見かけるシーンです。

2.決まった席で仕事をするのではなく、別のデスクを移ったり、立って電話をする。

3.こまめに休憩をとる:これは最近のように厳しく社員監視を行っている会社では無理かもしれませんね。笑い話のようですが、トイレの時間まで管理されている所があるそうですからね。

4.移動にはエレベーターではなく、階段を使う。

5.通勤の際に、最寄駅より一駅手前で降りて歩く。

6.席を立って、相手の席まで行って話し合うようにする。

7.立ち上がらなければ取れない場所や、少し歩く場所に、あえて必要なものを置く。


その他にも、電車の中では立っている(朝夕のラッシュの時間帯は、座りたくても座れませんが)。ランチは外で取る。まあ、こうしたことを心が得るだけでも、座り過ぎを防止できます。



で、もう一つ、家庭でも会社の休憩時間でもできる運動法として、「腕振り運動」があります。これは以前にも何回か紹介していますので、ご存知の方もあると思います。

この運動は立位で、数十分行いますので、足腰の鍛錬になるだけでなく、内臓の強化にもなります。また、精神統一にも効果があります。

これを行う際に特別なことはありませんが、腕振り運動の基本的なやり方は下記の通りです。




1.自然に立つ。両足は少し開く。足の外側の距離が肩幅位だが、適当で良い。
2.両足を踏みしめるような気持ちで立つ。
3.両腕を、前に水平に上げる。掌(てのひら)は内側に向け指は自然に伸ばす。
4.両腕を揃えたまま、後ろ45度まで振る。この45度は目安であり、適当で良い。
5.後ろに振った後は力を抜き、腕が自然に前に振られるようにする。

<注意事項>
1.後ろに振る時は、少し力を入れ、前に振る時は力を入れない。
2.腕は常に真っ直ぐ。ただし、無理に力んで伸ばすようなことをしない。
3.両掌(りょうてのひら)も、常に内側に向け、指も伸ばす。ただ、これも無理に力んで伸ばすのではなく、自然で良い。
4.肩の力は抜く。
5.胸を張らない。かといってうつむかず、自然に。
6.背筋は自然に真っ直ぐにする。背中が緊張するほど力んで真っ直ぐにする必要はない。
7.呼吸は自然にする。
8.あまり力強く振らない。静かに優雅に振る。腕が勝手に振られているような感じが理想的である。



腕振り運動を実践している方によりますと、下記のような効果が上げられています。

1.毎日午前2,000回、午後2,000回、夜2,000回連続5ケ月の腕振りで肺癌を消滅させ得た。

2.関節炎で大便のあと出血、同時に食道癌を病んだが腕振り後、両方とも快くなり食道癌も日を逐って消滅し状況は改善された。

3.頸部淋巴線癌……毎日1,000回の腕振りで胃が大きくなり、淋巴癌は逐次消滅した。

4.腕振り5、6ケ月で半身不随および肺癌を治すことが出来た。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


(お茶は、カテキン・アミノ酸・ビタミンCやB2やE、サポニンやミネラルなど、まさに滋養の宝庫です。しかもその65%は湯水に溶けずに茶葉に残っています。まるごと飲んじゃおう、まるごと食べちゃおう。あらびき茶は、あなたの心身をさらにさわやかに、さらにすこやかにします。)


あなたは日本茶を毎日飲んでいますか。私は子供の頃から日本茶を飲み続けています。ほうじ茶も好きですが、やはり緑茶が中心で、食事の時以外でも頻繁に飲んでいます。

しかし近年は、食の洋風化が進んでいるためか、日本茶よりも、コーヒーや紅茶、その他の輸入飲料を飲む人々が増えています。取り分け、若者にその傾向があります。

とは言え最近は、日本茶の効能などがマスコミで取り上げられたり、健康志向が進んできたためか、お茶を飲む習慣が身についてきた若者も増えています。



ですが、その日本茶というのが、殆んどがペットボトル入りのお茶というのですから、素直には喜べません。ペットボトル入りのお茶は、本来の日本茶とは風味も効能も違いますからね。

その上、色々な添加物着色剤までが含まれていますので、本来の日本茶というよりも、日本茶風の清涼飲料水と言った方が正しいと思います。

唯々、健康志向の若者たちがマスコミの喧伝に踊ろされて、そうした清涼飲料水にすぎないお茶もどきを、日本茶と思っているに過ぎません。



少なくとも、自分で茶葉を購入して、急須に茶葉を適量入れて、お湯を注いで、それを湯のみ茶碗に注いで飲むぐらいのことはして欲しいものです。

何も茶道のように、作法や道具に凝ったり、うるさいことを考える必要はないのですから、もっと気楽に、お茶を日常の健康飲料として利用することが大切だと思います。

唯、そうしてチャンとお茶を淹れるのが面倒だというのであれば、冒頭の「あらびき茶」のように茶葉を完全に粉にしたものがありますから、それにお湯なり、水を注ぐだけで直ぐに飲める物を利用されるといいと思います。



日本では昔から、お茶は唯、飲むだけでなく、その茶葉を食材としても利用してきました。例えば、「茶粥」などはその一例です。

茶粥:鍋に水を煮立てほうじ茶を入れた茶袋を入れ煮出し、洗い米を入れて炊く。あまりかき混ぜると粘り気が出るので、しゃくしで時々上下に返すぐらいにし、表面の泡はすくい取って除く。米粒がふっくらとして芯がなくなったとき火から下ろしてしばらく蒸らす。茶袋は茶の色が適当に出たときに取り出すが、最後まで入れておいてもよい。好みにより塩を加えて味を整える。

chagayu.jpeg



尚、上記の「あらびき茶」については、飯山一郎氏がご自分のサイトで下記のように紹介されています。


ーー引用はここからーー

日本人の生活文化の定番=毎日緑茶(日本茶)を飲む習慣。これが、じつは、昨今は消えていました。

その証拠が、このランク表です。
日本茶(緑茶)は、あらびき茶だけ。
あとは…、コーヒー、ルイボスティ(南アフリカ産)、なたまめ茶、麦茶、はとむぎ茶等々で、なんと日本茶(緑茶)がない!
日本茶は、ランク外! 20位以下なのです。

日本茶(緑茶)を飲まない日本人は、日本人ではあ~りません。
いや! 健康な日本人ではありません。

しかし今…、
「日本茶(緑茶)って、こんなに美味しかったの?!」 という緑茶=あらびき茶を発売したところ、ダントツの第一位!

健康な日本人が、もっともっと健康になりたくて…、
待っていた緑茶、ほんとうに美味しい日本茶、安全で安心な健康緑茶!
それが、あらびき茶だったんですね!

あらびき茶 しかり! 朝は、何をさておいても、先ずは日本茶。
これが日本人の習慣であり、定番だ。
だけど、湯を沸かし、急須に茶葉を入れて、蒸して、飲む…、これが忙しい現代人には面倒くさかった。

もっと簡便に飲めるインスタント・コーヒーみたいな飲料は、面倒くさくないし、けっこう美味い…。
こうして、やがて、日本茶(緑茶)は、飲まれなくなり、絶滅危惧種になっていった…。

そこに登場したのが、飯山一郎が発見し、絶賛する、鹿児島のあらびき茶だった!

これは、カテキンやビタミンたっぷりの新鮮な茶葉を丸ごと粉にした本物の緑茶で、お湯や冷水に粉を入れて掻き回せば、あらあら簡単、いとも便利の飲めちゃう!

しかも、放射能に対する防護効果もあるという!
ま、売れるのは、当然なんだが…、
それにしても、皆さんは目が高い! 本物を見分ける眼力がある!

不肖・飯山一郎、感心しました。 そして心から礼を言います。
ほんとうに、ほんとうに! ありがとう!>皆の衆 m(__)m

ーー引用はここまでーー



又、同氏は下記のようにも語っておられます。

『こんなにも鷲があらびき茶の拡販・普及に夢中になっているのは、重大な理由があるからだ。

ひとつは、日本人の生活文化の真髄ともいえる緑茶(深蒸し茶)が最近は飲まれなくなっている…。
そこで!挽回はあらびき茶で! という戦略。

ふたつ。緑茶には万能薬とも言える効能があり、お茶と 蜂蜜と 豆乳ヨーグルトがあれば、免疫力が大幅にアップし、あと運動をし続ければ病気知らずの人生が実現する!

それには…、朝は先ず緑茶を飲むことからスタートする。
その緑茶は、無農薬の茶葉が丸ごと飲めるあらびき茶。
これが一番!と、ま↑そういうことです。

とにかく! 全国に緑茶を飲む文化を広めていきましょう!
飯山一郎、心からのお願いを申し上げます。 m(__)m』



尚、お茶の有効成分である「カテキン」には次のような作用があるようですよ。

1.発ガン抑制作用
2.抗腫瘍作用
3.突然変異抑制作用
4.抗酸化作用
5.血中コレステロール低下作用
6.血圧上昇抑制作用
7.血糖上昇抑制作用
8.血小板凝集抑制作用
9.抗菌作用
10.抗インフルエンザ作用
11.虫歯予防作用
12.口臭予防作用




さて、日本茶はこれまでに世界各地に輸出されていますが、とくに最近は、インドネシアからの需要が高まっているそうです。何でも、インドネシア料理との相性がいいことと、イスラム教の教義などにも抵触しないことなどがあって、より一層、日本茶に対する人気が出ているそうです。

日本人が灯台下暗しの状態で、日本茶を疎かにしている間にも、海外で日本茶が好まれるようになって来たようです。勿論、こういう状況になって来たのも、日本茶の産地の人々の輸出に対する努力があってのことです。

先に、日本食がユネスコの無形文化遺産などに認定されるなど、日本文化の良さが次々に世界で認められる時代になっている今日、日本人自身が改めて日本文化や日本人としての存在意義を問い直す時期に来ているように感じる、今日この頃です。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたは、ミドリムシの存在をご存知ですか。中には既に、ミドリムシを原料とした色んな製品を利用されている方があるかも知れませんね。


ミドリムシ

そもそも、ミドリムシとは何かということですが、、「株式会社ユーグレナ」によりますと下記のように説明されています。


ーー引用はここからーー

ミドリムシは体長わずか約0.05mmという小さな微生物(藻の一種)です。髪の毛の太さがおよそ0.07mmなので、それよりも小さいことになります。その姿をはっきり見るためには顕微鏡で見るしかありません。しかしこの小さな体には、無限の可能性が秘められているのです。


動物でも植物でもある不思議な生き物

動物と植物の両方の特徴を持ったミドリムシは、淡水で育ちます。また、和名では「ミドリムシ」と言いますが「ムシ」ではなくワカメやコンブと同じ「藻」の仲間。緑色の体で植物のように光合成を行って栄養分を体内に蓄えるだけでなく、動物のように細胞を変形させて移動することもできます。このように生物学上で植物と動物、両方の性質を備えている生物は大変珍しい存在です。


5億年以上前に誕生した人類の大先輩

ミドリムシは5億年以上前に原始の地球で誕生した生き物です。

発見したのは、オランダのアントニ・ファン・レーウェンフック氏。1660年代のことです。ミドリムシ(学名:ユーグレナ)はラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味を持っています。

その後、1950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らは、ミドリムシ等を用いた光合成の研究を行い、光合成による炭素固定反応であるカルビン・ベンソン回路を解明。この功績によって1961年にノーベル化学賞を受賞しています。

1970年代に入ると、ミドリムシはアメリカ航空宇宙局(NASA)にて宇宙開発の視点でも注目されました。宇宙での挙動を見る際の代表的な生物の1つとして選ばれたのが始まりですが、加えてミドリムシが太陽光と二酸化炭素で育つことができること、そして乗務員の呼吸によって出た二酸化炭素がミドリムシの成長を促し、結果として酸素が得られるという二重のメリットがあることも注目されました。

また、1990年代では、ミドリムシを使った医療、医療品の開発、二酸化炭素固定などについて研究が行われていました。

そして2005年に、株式会社ユーグレナが世界初となるミドリムシの食品としての屋外大量培養に成功しています。


植物だから「光合成」で栄養素を作ることができる

ミドリムシは植物の性質を持つことで、光合成によって成長していくので太陽光と水、二酸化炭素で育つことができます。

その栄養素の生産効率はなんと稲の約十数倍とも言われています。また、高濃度の二酸化炭素の中という過酷な環境下でも成長していける生存能力の高さも注目すべき部分です。

大気中の約1000倍という高い二酸化炭素濃度の気体を通気した中でも元気に生育していく適正能力を持っています。

そして光合成を行うということは、二酸化炭素を炭水化物等に固定化して酸素をつくるということです。この生産効率がミドリムシはとても優れています。

この二酸化炭素の固定能力の高さが、地球温暖化対策にとても有望であると期待されています。
59種類もの豊富な栄養素を持つ。

動物と植物の両方の性質を備えているミドリムシは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を備えています。人間が生きていくために必要な栄養素の大半を、ミドリムシは含んでいるといっても過言ではありません。

このような高い栄養価を誇るミドリムシは、先進国の人々にとっては日々の食生活で足りない栄養を補う栄養補助食品やサプリメントとして頼りになる存在です。

また、発展途上国などで微量栄養素の不足に苦しんでいる人々に向けた食料援助の素材として、ミドリムシは大きな手助けとなりうる可能性を持っています。
燃料をつくることもできる

次世代の燃料として関心を集めているのが植物、藻類などから作り出すバイオ燃料です。バイオ燃料は、石油などの化石燃料と違って資源が枯渇する心配がありません。

また、化石燃料は燃料として使用することで新たに二酸化炭素を排出していくだけですが、バイオ燃料は原料となる植物、藻類が成長する際に二酸化炭素を固定し、それを燃料として排出しています。そのため、全体で見れば二酸化炭素の排出量が増えないことになり、温暖化の防止に効果があるものと考えられています。

ミドリムシは、光合成によって二酸化炭素を固定して成長する時、油脂分を作り出しており、これはバイオ燃料の元として利用可能です。特にミドリムシは、微細藻類の中でも抽出・精製されたオイルが軽質であるため、他の微細藻類に比べてもジェット燃料に適していることが分かっています。

ーー引用はここまでーー



最近は、このミドリムシのが活用が盛んになり、それに連れて市場規模も急拡大しているようです。このあたりの事情について、「Yahooニュース」では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

ミドリムシ(学名=ユーグレナ)市場が急拡大している。長さ約0.05ミリの藻の仲間で、東大発ベンチャーのユーグレナが大量培養を実現。59種類もの栄養素を持つことから飲料や食料への活用が相次ぐほか、油脂分も多く含むため燃料としての実用化も期待される。流通や食品など業界大手各社によるミドリムシ争奪戦の様相を呈してきた。神戸製鋼所の子会社が新たな量産技術を確立するなど供給側の競争も始まり、市場はさらに“増殖”しそうだ。


「先駆者」ユーグレナ

「ミドリムシのことを知って感銘を受けた。将来的には弁当などにも生かしたい」

10日、ファミリーマートが開いたユーグレナ配合新商品の発表記者会見。同社商品本部FF・パン・デザート部長の赤荻達也氏は、ユーグレナの商品力に強い期待を示した。

ファミリーマートが発表した新商品は、同社オリジナル商品3種類を含む8種類で、ユーグレナを配合したパンのほか、スムージーやプリンなどのデザート。会見に同席したユーグレナの出雲充社長は「ミドリムシ原料の食品が欲しいが、手に入らないという消費者の不満を解消できる」と新たな販路による市場拡大へ自信を示した。

16日にはユニーグループの店舗でもユーグレナを使ったデザートなどが発売された。今年4月にはイトーヨーカ堂とユーグレナが「ミドリムシカラダに委員会」を発足させ、カゴメやロッテ、カルビーなど食品メーカー8社が参加。各メーカーによるユーグレナを使った食品をイトーヨーカドー店舗で販売する取り組みも始まっている。

ミドリムシは植物のように光合成を行いつつ泳ぐように動く植物と動物両方の性質を持つ生物だ。ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を体内に豊富に蓄えており、日々の食生活では足りない栄養素を補える。

商品化の先駆者となったユーグレナの出雲社長が起業したきっかけは、東大1年生の頃に訪れたバングラデシュで、住民が栄養失調で困っているのを目の当たりにした体験だ。その後、農学部でバイオを学ぶ過程でミドリムシに出合った。栄養素の生産効率の高さから「ミドリムシで栄養失調の問題が解決できる」との確信を抱き、2005年にミドリムシを使った健康食品の製造・販売会社を設立した。

強い日差しがある沖縄・石垣島での大量培養は、まずフラスコから始まり、タンク、巨大なプールに移していく。“収穫”まで2カ月以上かからない効率性も特徴だ。

08年に伊藤忠商事と提携し、クッキーなどの食品に原料を供給する事業を展開。最近は「飲むユーグレナ」「飲むミドリムシ」など自社ブランド飲料をコンビニやスーパーで販売し、流通・食品各社の注目を集めた。

化石燃料の代替燃料としても期待されており、いすゞ自動車とはミドリムシ由来のバイオディーゼル燃料を使ったシャトルバスの運行を7月からスタート。JX日鉱日石エネルギーなどと共同でジェット燃料開発も進め、18年までに技術を確立し20年の事業化を目指している。

ユーグレナは業績も急速に伸び、14年9月期の予想売上高は前期比約5割増の約31億円。18年9月期には、その約5倍となる150億円の売り上げを国内だけで確保する計画だ。


ライバル現れ新段階

ユーグレナの独走に待ったをかけようと競合も現れた。神戸製鋼所の子会社で環境装置大手の神鋼環境ソリューションが今月8日、ミドリムシの新たな量産技術を確立したと発表。「強い日光がなくてもどこでも量産可能にした」(神鋼環境ソリューション総務部)点が特徴で、来年度には10立方メートル槽で大量培養を始める。16~17年度にも食料品向けに供給し、「20年以降の早い時期にバイオ燃料としても売り込む」(同)計画だ。

迎え撃つユーグレナも「バイオ燃料への需要に応えるため、生産設備を増強していく」(出雲社長)方針。18年には東南アジアを中心に海外でも300億円規模の市場創出を目指す。出雲社長の当初の理念通り食糧問題への貢献だけでなく、エネルギー問題の解決にも役立つ技術として世界の注目を集める日が近いかもしれない。

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



最近の医学会は、病名を付けるのに、やたらと横文字を多用する傾向がありますが、素人には何のことやら分からない場合が多々あります。

この「ロコモティブシンドローム」というのも、その一つです。日本語で表記すると、「運動器症候群」と言われています。でも、これもどんな病状なのか分かりづらいところがあります。

要するに、ロコモティブシンドロームと難しい表現をしなくとも、運動器の衰えや障害(加齢や生活習慣が原因といわれる)によって、要介護になるリスクが高まる状態のことを指しているわけです。

こう言う症状を呈するようになるのは、下記のような原因による場合が殆んどです。


1)運動器自体の疾患(筋骨格運動器系)、加齢に伴う、様々な運動器疾患。たとえば変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、易骨折性、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症など。

あるいは関節リウマチなどでは、痛み、関節可動域制限、筋力低下、麻痺、骨折、痙性などにより、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたします。


2)加齢による運動器機能不全や筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、バランス能力低下などがあげられます。

「閉じこもり」などで、運動不足になると、これらの「筋力」や「バランス能力の低下」などが重なって、「運動機能の低下」が起こり、容易に転倒しやすくなります。



こうやって見ますと、このロコモティブシンドロームというのは、中高年にあらわれる症状だとも言えますが、どっこい最近は、メタボリックシンドロームに引き続き、子供たちにもこの症状が現れ出しているそうです。

例えば、最近の子供の中には、しゃがめない、両腕がまっすぐ上がらない、などという者がいるそうです。宮崎県の小中学生を対象に運動器の機能をテストした際に、「かかとをつけた状態でしゃがみ、静止することができるか、どうか」のチェックを行なったところ、上手くできなかった子供が全体の約1割もいたのです。

私の所に指圧の勉強に来る大人の方の中にも時々、これと同様の方がおられます。足首が固いのだと思いますが、昔のように正座をしなくなったからではないか、と思います。



私は、かかとをつけた状態でしゃがみ込む、などという姿勢は日本人としては当たり前のことだと思っていましたが、それが出来ない大人や子供が増えていることに驚いています。

先の宮崎県での調査でも、この姿勢が取れない子供は直ぐに、しゃがんでいる途中で後ろに転げてしまったそうですから、ちょっとビックリしますね。

NHKの調査によりますと、しゃがめない子供が14%、手首が十分にそらない子供がなんと25%、運動器が十分に機能していない子供が52.8%もいたというのですから、これは本当に深刻な問題です。



専門家によりますと、後ろに倒れるような子供は足首が悪いわけですから、ひざも悪くなったり、反対側の足首に負担がかかって、変形性関節症というような病気になりやすいと言われています。

また、小さい頃からそういうことが起こっているということは、その子供たちが30~40際になったら、もっと色々な運動障害が起こるだろうと危惧されています。

さて、子供たちがロコモティブシンドロームになる危険性があるか否かについては、日々の暮らしの中で下記のようなことをチックするといいようですよ。


1.家の中でつまずいたり、すべったりする
2.片足立ちで靴下が履けない
3.階段を上るときに手すりが必要
4.掃除機など少し重い道具を使う家事がつらくなった
5.買い物などで2kg程度の荷物を持つのがつらい
6.15分程度の徒歩での移動が困難
7.一般的な横断歩道を青信号で渡り切れない
 

上記のいずれかの項目に当てはまる人は、ロコモティブシンドローム予備軍だそうですから、直ぐに対策を講じる必要がありそうです。



ところで、ロコモティブシンドロームの予防対策としては、バランスの取れた食事をすること。睡眠を十分にとること。太陽の光をよく浴びること、などの他に、よく歩いたり、適度の運動をすることが一番大切です。

例えば下記のようなことを心がけるだけでも違ってきます。


1.職場で:
 ・自転車や徒歩で通勤する。
 ・エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う。
 ・仕事の休憩時間に散歩をする。

2.自宅で:
 ・掃除や洗濯はキビキビと。家事の合間にストレッチ。
 ・テレビを見ながら、ロコトレやストレッチ。
 ・いつもより遠くのスーパーまで歩いて買い物に行く。

3.地域で:
 ・近所の公園や運動施設を利用する。
 ・地域のスポーツイベントに参加する。
 ・休日には家族や友人と外出を楽しむ。
 ・歩幅を広くして、速く歩く。

この他にもラジオ体操など色々な運動がロコモティブシンドローム対策になりますから、自分の出来ることから始めることが大事です。(参考:厚生労働省アクティブガイド2013より)






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたは、「マインドフルネス」という言葉をお聞きになったことはありますか。最近、アメリカ辺りでは盛んに使われていて、その実践も進んでいるようです。

私は基本的に、こうしたアメリカ発の横文字情報については眉唾的にみてしまう傾向がありますので、このマインドフルネスについても、全く関心がありませんでした。

唯、マインドフルネスは今や、米国社会の主流になった、などと言われていますので、今回ここに取り上げてみる気になりました。

  

そもそも、このマインドフルネスとは何かということですが、どうやら禅の考え方や瞑想をベースにした心の訓練法だそうで、宗教色は一切排除し、科学的な根拠を示しているのが特徴だと言われています。

アメリカでは、このマインドフルネスなどをベースにした社員訓練プログラムを提供する大企業、中規模企業が米国全体の35%に達しているそうです。

また2014年のダボス会議でも、同様のテーマのセッションが27も設けられ、多国籍企業のトップが熱心に耳を傾けたというのですから、何だかなぁ、という気もしてきました。



What is Mindfulness?


上記の動画でも言われているように、マインドフルネスを高めれば、集中力が増し、創造性や幸福感、健康、リラックス感が高まり、もっと自分をコントロールできるようになる可能性があるというわけです。

で、マインドフルネスに関する最新の研究の成果をいくつか挙げられていますので、それを下記に紹介します。(「lifehacker」の記事より)


記憶力と学業成績を向上させる(心理学関連ブログ「PsyBlog」)。この研究では、学生に注意力を鍛える訓練を行ったところ、集中力の向上(もしくは「上の空の状態」の減少)、短期記憶の向上といった効果が見られました。GRE(大学院進学適性試験)のような、対策が難しいとされる試験の成績すら良くなったそうです。


減量や健康的な食生活に役立つ。マインドフルネスの考え方を食事に当てはめれば、五感をフルに使いながら、一噛み一噛みを意識してゆっくり食べることになります(米ハーバードメディカルスクール、米誌『Womens Health』)。この食べ方を実施した被験者たちのカロリー摂取量は、空腹時でさえ、対照グループに比べて低く抑えられました。


意思決定能力を高める。いくつかの実験によって、マインドフルネス瞑想を実施した人や、もともと性格的にマインドフルネスの状態に近い人は、「サンクコストの誤り」を免れているという相関関係が確認されました。サンクコストの誤りとは、それまでに費やした時間やエネルギーを惜しんで、先の見込みのない交際や仕事にしがみついてしまう傾向を言います(英国心理学会のブログ「BPS Research Digest」)。


ストレスを減らし、慢性的な健康問題の改善を助ける。20の実証研究を対象にしたメタ分析によって、マインドフルネスは、慢性疼痛、ガン、心臓病などの患者の心身の健康をいずれも改善させることが明らかになりました(専門誌『Journal of Psychosomatic Research』)。


免疫力を高め、脳に好ましい変化をもたらす。実験協力者に8週間にわたってマインドフルネス瞑想を指導し、その前後に脳の活動を測定した研究があります(専門誌『Psychosomatic Medicine』)。


これまでにわかっているマインドフルネス瞑想の脳への効能が、すべてもたらされる。集中力や創造性の向上、不安やうつ病の軽減、人を思いやる心の向上など...。ここに挙げたのはほんの一例です。



さて、アメリカに於ける、このマインドフルネスの現況について、「BLOGS」では下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

<脳スキャンで瞑想のメカニズムの解明進む>

米有力誌タイムは、今年1月に「Mindful Revolution(マインドフル革命)」という特集を組んでいる。「革命」とは、ずいぶんと思い切ったタイトルだ。「革命」と呼べるほどの大きな社会変化が、本当に米国で起こっているのだろうか。

この特集記事によると、マインドフルネスに対する社会的認知が急速に進んだ背景には、瞑想のメカニズムの科学的な解明がある。

これまでも座禅、ヨガ、瞑想などが、精神面や健康面にいい影響を与えるという研究結果は幾つもあった。しかしそれは体験者の感想がベースになったものが中心。ところが最近は脳スキャンなどで、瞑想が実際にどのように身体に変化を与えているのかというメカニズムが解明され始めている。

科学的根拠が明らかになり始めたことで、さらにこの分野の研究が活発になっており、タイム誌によると、学術誌に発表されたマインドフルネスをテーマにした論文の総数は2003年には52件だったが、2012年には477件にも増えているという。

特に注目を集めているのが「ニューロプラスティシティー(脳の柔軟性)」という領域の研究だ。特定の行動を繰り返すことで、脳の回路が組み変わる、という現象のことだ。

ハーバード大医学部の研究者Sara Lazar氏によると、同氏を中心とする研究チームが、瞑想の前と後とで参加者の脳をMRI(磁気共鳴画像)検査機でスキャンしたところ、脳の一部領域に明らかな違いを確認できたという。

瞑想プログラムは、マサチューセッツ大学が開発した「マインドフルネスをベースにしたストレス減少プログラム(MBSR)」と呼ばれるもの利用した。これは瞑想やヨガを1日に1時間程度、8週間に渡って行うというもの。

このプログラムを体験した16人の瞑想未体験者の脳をスキャンしたところ、学習や記憶、感情コントロールに関係するとみられている左海馬と呼ばれる領域が大きくなっていた。うつ病患者などはこの領域の灰白質が少ないことが確認されている。

また思いやりや同情に関連するといわれている側頭頭頂接合部という領域も大きくなっていた。反対に不安やストレスを抱えると灰白質が大きくなる扁桃体では、灰白質が少なくなっていた。

一方、ウィスコンシン大学のRichard Davidson教授の研究チームがこのほど発表した論文によると、短時間の瞑想で、遺伝子の発現に影響を与えることが分かった。遺伝子を家電製品に例えれば、瞑想することで遺伝子のオン、オフを切り替えたり、遺伝子のスイッチのボリュームを絞ったりできる可能性があるというわけだ。

論文によると、研究チームは19人の瞑想熟練者に8時間に渡って瞑想を続けてもらったあと、血液細胞の分子分析を行った。その結果、炎症関連の遺伝子「RIPK2」、「COX2」と、数個のHDAC遺伝子に影響があることが分かった。

特に、コルチゾールと呼ばれるホルモンの生成に関係する遺伝子のスイッチのボリュームが下げられていることが分かった。コルチゾールはストレスなどによって生成され、分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらすという。

瞑想が健康を促進する身体メカニズムの1つが解明されたわけだ。


<企業、軍、学校でも、「国を挙げて」瞑想>

このように瞑想のメカニズムが科学的に解明されてきたおかげで、瞑想が持つ「怪しい」イメージが払拭されつつある。またそれに伴い、瞑想実践者であることを公表する財界人が増えている。

ハフィントン氏によると、2013年になって、Salesforce社のCEOのマーク・ベニオフ氏が瞑想実践者であることを公表したほか、世界最大のヘッジファンドBridgewater社のCEO、Ray Dalio氏も40年以上瞑想を続けていることを明らかにした。また米国第3位の生命保険会社AetaのCEO、Mark T. Bertolini氏は、自分がヨガや瞑想をしていることを明らかにしただけでなく、約4万9000人の従業員に瞑想プログラムを提供し始めたという。

世界最大級の食品メーカーGeneral MillsのVice PresidentだったJanice Marturano氏は、2006年にマインドフルネスの瞑想プログラムを同社でスタートさせ、これまでに500人以上がこのプログラムに参加している。今では同社のミネアポリス本社には、敷地内のすべてのビルに瞑想ルームがあるという。

同氏は2011年に独立しマインドフル・リーダーシップ研究所を設立し、今年「A Practical Guide to Mindful Leadership」という本を出版した。また2013年のダボス会議ではマインドフルネスの訓練セッションを開催し、非常に盛況だったという。

オハイオ州選出のTim Ryan連邦下院議員は、熱心なマインドフルネス推進者の一人で、2012年に「A Mindful Nation」という本を出版。企業だけでなく、教育機関や軍など、国を挙げてマインドフルネスを取り組むべきだと主張している。また同下院議員は2013年に、オハイオ州の学校教育にマインドフルネスを取り入れるための100万ドルの連邦助成金を確保している。


<宗教性を排除し、「思いやりの世界」を築けるか>

科学的根拠が確立し、米国の政財界のリーダーたちが推進し始めたマインドフルネス。医療や社員トレーニングなどの面での効果が期待されているが、Davidson教授は、学校教育に取り入れた場合の効果に最も大きな期待を寄せている。

同教授によると、ニューロプラスティシティ(脳の柔軟性)は成人してからも確認されているが、最も脳が柔軟なのは幼児で、この時期のマインドフルネス訓練の効果が最も期待できると言う。園児に簡単なマインドフルネスの訓練をほどこした幼稚園では、幼児同士の喧嘩や自分勝手な行動が大きく減少したという実験結果もある。

「幼児のときに心理学テストを受けた約1000人を30年間に渡って追跡調査をした実験では、幼児のときに注意力が欠如したり感情がコントロールできなかった人の所得レベルがほかの人より低かったり、犯罪率が高かった。幼児のときの心のあり方が、その人の人生に大きな影響を与える可能性がある」と同教授は語る。

そうであるならば「最近の研究の成果をベースに、寛容で温かい思考になるための訓練を教育に取り入れるべき。そうすることで、社会が大きく変わる可能性がある」と同教授は主張する。

さらに世界規模で訓練が行われれば、世界が大きく変わる可能性がある。しかしそのためには宗教性を排除することが大事。あくまでも科学的な脳や身体の訓練方法として、マインドフルネスを推進する必要がある。

キリスト教徒やイスラム教徒にも実践しやすい形にしなければならないからだ。宗教間で共通する教えを強調するなど、それぞれの宗教向けにマインドフルネスをアレンジするという試みも今後登場してくるかもしれない。

自分の利潤を追求することが全体最適化につながると信じて推進されてきた米国流資本主義は、もうそろそろ限界に達してきている。そう考える人が多い。自己中心の世界から、思いやりの世界へ。マインドフルネスは、本当に「革命」を起こせるのだろうか。

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

今日はまず、下記のブラジル日系人の天才少女の歌声をお楽しみ下さい。歌が上手いだけでなく、その日本語の美しさに心打たれます。

現在の日本人歌手の歌い方とは格段に違うものを感じます。良き日本人、日本語の素晴らしさを見せられた気がします。


感動 泣ける 動画 天使の歌声 少女 ブラジルの番組で歌いました 愛は花 君はその種



さて、相変わらず、日本人の多くが「薬信仰」から抜け切れないようです。「薬を飲めば病気が治る」、と信じている方が多いのも特徴です。



日常生活の中で、特に年長者などが何人か集まると、直ぐに病気の話や薬の話に花が咲いている状況を目にすることが多々あります。

また、震災や大災害などで避難している人々の間でも、交通が遮断されたりすると、病院に行けないとか、高血圧の薬が切れてしまうなどと、災害の被害よりも薬の心配をする人がおられるのを見ると、何だかオカシイなと感じてしまいます。



こうした状況になっているのは、これまでに医者たちが自分達の利益のために、やたらに薬を患者に飲ませてきたことが原因の一つだと思います。

その上に、患者たちが基本的に、「薬は毒」だということを理解していないことも、その原因に挙げられます。漢方薬のような生薬も含めて、全ての薬は身体に取って毒物であり、必ずその副作用があることを理解していません。

ご存知の方もあるかも知れませんが、先進国の中で日本ほど薬を消費している国はありません。詳しい数字は不明ですが、他の国々の何倍もの薬が消費されています。



裏を返せば、それだけ国際的な大製薬会社や日本の大手製薬会社が日本人をターゲットにして薬を売りまくっている証拠です。

更には、政治家や厚生労働省などが医者や病院に薬を消費するように圧力を掛けている面もあります。要するに医療マフィアが寄ってたかって、日本人を薬漬けにしていると言っても過言ではありません。

さて、こうした薬漬けの日本の状況の中、『薬剤師は薬を飲まない』(宇田川久美子著)という本を出版されている、薬剤師さんが『週間東洋経済』誌(9月13日号)に「『薬が病気を作る』は本当だった」、という一文を掲載され、日本人の薬好きに警鐘を鳴らしておられるそうです。

その内容の一部が、「るいネット」に転載されていましたので、ここに紹介させて頂きます。言われている内容はごく当然のものだと思います。



ーー引用はここからーー

☆「風邪は寝て治すのが一番いい」

・風邪を引いた、薬を飲んだ、つらい症状がたちまち消えた、やがてすっかり風邪が治った。こうなると薬を飲んだから風邪が治ったと感じるのも無理はない。

咳、鼻水、熱といった症状を速やかに抑えるのには薬は効果的だ。しかし薬はあくまで対症的に鼻水を止め、咳を止め、熱を下がるだけだ。

・しかし風邪薬は症状を生んでいる原因を撃退してはくれない。風邪に伴う症状は、ウイルスと闘い排除しようとしている自らの免疫反応だ。

・本当に立ち向かわねばならないのは、ウイルスであり風邪の症状一つひとつではない。

・となると、風邪を引いたときにすべきことは、安易に薬を飲んで症状を抑えることではない。
ウイルスという敵と闘っている体をフルサポートすることだ。

・風邪の諸症状、つまり「闘っているサイン」が見え始めたら、体がエネルギーを消耗しないようにすることが第一だ。体を冷やさないようにして早めに寝て、十分な睡眠をとろう。


☆「タミフル好きな日本人」

・09年日本政府が大量にタミフルを備蓄した。日本における売上比率は3割近くに達し、米国と同程度になった。なぜ海外の国々は簡単にタミフルを譲ってくれたのか?

・それは「インフルエンザは自然治癒する感染症である」というのは世界の常識だからだ。

09年、アメリカ疾病予防管理センターは「インフルエンザ治療薬使用のガイドライン」の中で、「健康な成人、子供に抗インフルエンザ薬は不要」との方針を出している。

・インフルエンザにかかったとき高熱が出るのは、それだけ体温を上げることで免疫力を活性化しているからだ。安静にして自分の体とじっくり向き合うことが先決だ


☆頭痛「飲み続けると免疫力は低下」

・頭痛の薬はさまざまだが、ズキズキ、ガンガンという痛みの場合、頭部の血流がいつもより多く、ドックン、ドックンと流れることによって痛みが生じている。

・薬は、血流を抑えることで痛みを消している。実はこの「効果」が免疫力を下げることにつながっている。

・痛み止め薬は頭部にピンポイントで作用するわけではない。薬は血液に乗って体全体に行き渡り、痛み止めの作用は、特に痛みのないほかの部位にも及んでいる。

・血流が悪くなるほど体温は低下する。安易に痛み止めを飲むと全身の血流が悪くなって体温が下がり、結果的に免疫力も低下する。

・薬を飲むことで抑えられた血流は、薬が切れると前にも増して多く流れるようになり、結果的にはさらにひどい頭痛を招いてしまう。

・どうしても痛みが我慢できず薬を服用する場合でも、なぜ痛みが生じたのか、自分にその原因を問いかけて欲しい。どのタイミングで痛くなるのか、目は疲れていないか、肩は凝っていないか~、原因が無くならなれば症状は繰り返し現れることになる。


☆糖尿病「薬による管理が難しい血糖値」

・糖尿病の主な原因の一つが過食だ。野生動物は嗜好のための食事は取らないので、糖尿病をはじめとする生活習慣病にはならない。

糖尿病になってしまったならば、まずは食生活を見直し、適度な運動を心がけることだ。毎日歩くことを意識するだけでも、血糖値は大きく変化する。


☆骨粗鬆症「作られた現代病 薬の刺激も強い」

・かつて骨粗鬆症という病名は無かった。1990年代骨密度計の普及と伴に突如として登場した新しい病気である。

年を取るにつれて骨密度が下がり身長が縮むのはごく普通のこと。骨粗鬆症が登場した90年代から、骨密度の低い人が激増したというわけではない。

・基準値を定めたために、「治療が必要な病気」をされるようになっただけなのだ。

・骨密度が下がっているから骨折するのではなく、転ぶから骨折するということだ。大事なのは骨密度を上げることではなく骨折を防ぐこと。リスクの高い薬を安易に飲んで骨密度を高めるよりも、まず転ばないような体を作ることが先決だ。

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



世間では田や畑での農作業や、庭や芝生の手入れの際に「雑草」の駆除が大変だと言われています。

では、その雑草とは一体、どういう存在なんのでしょうか。この地球上にあって、人間や動物、植物などを始め、何一つとして必要の無いものは存在していない筈なんですがね・・・。

私は雑草という言葉を見聞きすると、直ぐに昭和天皇陛下のお言葉を想起します。これは昭和天皇陛下がご在位中に、侍従長だった入江相政氏が昭和天皇陛下のお言葉として紹介されたものです。



或る時、昭和天皇陛下の留守中に庭の雑草を刈っていた入江氏に対して、昭和天皇陛下が、「なぜ草を刈ったのか」と尋ねられたとき、入江氏は「雑草が生い茂って参りましたので、一部刈りました。」と答えられたところ、昭和天皇陛下は下記のように仰せになられたそうです。

『雑草という草はない。どんな植物でも、みな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる』

この昭和天皇陛下のお言葉は、その後も巷間によく伝えられているものですので、ご存知の方も多いことと思います。



私たちは勝手に、農作業や庭の手入れの邪魔になると、自分の都合ばかりを優先させて、いわゆる雑草を悪者扱いにしていますが、果たしてそれでいいのでしょうか。

先程も言いましたように、この世に存在する全てのものは、それぞれに意味や役前があって存在しています。決して人間の都合だけで判断できるものではありません。

では、雑草と言われる植物にはどんな役割があるのでしょうか。これに関して、「NAVERまとめ」で、「実はこんなにすごかった。雑草の知られざる役割とは」と題して下記のようなことが挙げられています。



1.作物を保護し、成長を促進する:雑草でも、植物によっては、虫から保護し、成長を促進するコンパニオンプランツになるものもある。

2.雑草のマルチ効果:マルチとは、保温性・保湿性・保水性を高めるために地表を覆うものです。自然に生えているシロツメクサはそのままにしておくと、他の雑草が生えにくい。また、刈り取った雑草でマルチをする方法もあるそうです。

3..土の固定:雑草が地面を覆い、根を張ることで、表土を固定し、土が浸食されるのを防ぐ。昔は、田んぼの畦は草を生やすことで崩れないようにしていた。

4.土壌微生物や土壌菌を育む:雑草は、地表付近にある微生物や土壌菌を紫外線から守り、土壌の湿度を保ちます。

5.気温を調整する:雑草も植物なので、蒸散によって気温を下げてくれている。アスファルト近くにくらべ、雑草が生えている土の上では暑さが和らぐ、など。

6.養分になる:「雑草が土の養分を取る」と言われますが、それは人間が中途半端なところで引き抜いてしまうからで、その場で雑草が枯れれば、光合成によって養分を蓄えた葉や根はすべて、有機物としてそこの土に還っていき、土を豊かにしてくれる。

7.土を浄化する:土が酸性に傾いていれば、酸性が好きな雑草が生え、アルカリ性に傾いていれば、アルカリ性が好きな雑草が生える。そうして、多様な土壌微生物が増えて、時間をかけて土が中性になるようにしてくれている。

8.小動物たちをはぐくむ:雑草は小動物の棲み処や隠れ家や食物になり、生物の多様性を保ってくれている。



ところで、江戸時代までは日本には雑草という概念は無かったようです。これに関して、「るいネット」で下記のように記事が引用されていましたので、ここに紹介いたします。


ーー引用はここからーー

(前略)実際に江戸時代まで日本には雑草という概念は無かったとされています。

明治時代になって近代的と言われる西洋風の農業が日本に入ってきた時に、英語にあった「Weed」という単語を翻訳するときに考案された言葉だとされています。

あくまでも雑草というのは農業などに於ける、目的の作物以外を指す言葉で、同じ時期に「害草」という言葉でも呼ばれていました。

それまで、江戸時代までの日本人は自然に生えている植物に対して「雑」な扱いはせず、すべてに名前を付けて、これは食に適している、これは薬になると分類していました。

食にも薬にもならない植物も、これを植えておくとモグラが近寄らなくなる、あるいは毒として使えるなど、なにかしらの用途を考え出しています。


食用に出来る野に生えている植物を「山菜」と呼んでいますが、 英語では「Edible wild plants:エディブル・ワイルド・ プランツ」毒がない野生の植物と訳され、そのものズバリという単語は存在していません。つまりそういうジャンル分けされた植物が存在しない事になります。


食にはあまり適していないけど、煎じたり塗ったりすると効果が出る植物は「漢方薬」として重宝されています。

よく「本場・中国漢方」などという広告もあるかと思いますが、実際の事を言うと「漢方薬」という言葉は日本生まれのもので、元々中国の野草などを使った医術を日本独自の研究で進化させたものが「漢方薬」です。

この言葉自体「漢(昔の中国)の方で使われている薬」という意味で、中国人より性格が細かい日本人が野草を事細かに調べて考え出したものです。


英語の雑草「ウィード」で有名なのは西部劇なんかに出てくる、風に吹かれて転がっている枯れ草「タンプルウィード」、転がる雑草です。

これの正体はオカヒジキが枯れて風に煽られて丸まったもので、イギリス辺りからの帰化植物でアメリカでは1877年に始めて報告されています。西部劇で有名な「OK牧場の決闘」が1881年の出来事なので、ちょうど発見された頃の物語です。

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



お気づきの方も多いと思いますが、最近、厚生労働省などを中止として、いわゆる「医療マフィア」によって、ガン撲滅を旗印にした、ガン治療促進運動のようなことが盛んに行われています。

そのために、ガンの早期発見、早期治療が声高に叫ばれています。彼らは早くガン患者を見つけ、ガンの三大療法を施し、高額医療費の請求でボロ儲けをしようと画策しているように見えます。

ご存知のように、ガン三大療法とは、手術療法、薬物(抗癌剤)療法、放射線療法のことです。しかし、これらの療法がガンに効果があるかどうかは、医療関係者自身が疑問を持っているとも言われています。

その証拠に、ガン専門医が自分がガンに罹ったときには、決して、この三大療法は受けないと明言しているわけですから、その実態が分かります。



ところで、先述しましたように医療マフィアは、何としてでも、ガン患者を増やして、ガン治療を施すことを目指しており、そのために全国に「がん診療連携拠点病院」などというものを儲けています。

しかし、彼らの思惑とは違って、「がん診療連携拠点病院」の中には三大療法を積極的に施そうとしない、国の指定要件に沿わない病院が結構あるようです。

どうして、そうなっているのかは定かではありませんが、病院や医者の中にはガンの三大療法に疑問を持っていて、それを避けようとしている傾向にあるのかもしれません。

それは、ガン患者にとっても朗報ではないでしょうか。何故なら、ガンそのもので亡くなるよりも、三大療法の所為で亡くなる患者が多いという現実を考えれば、当然のことだと思います。

但し、こうした場合でも、医者はガンの治療は成功したが、残念ながら命は無くなられましたと、さもガン治療は有効であったことを印象づけることを忘れません。



さて、「ヨミドクター」では、「がん診療連携拠点病院」の現状について下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

国が指定するがん診療連携拠点病院(全国407病院)の4割が、治療件数などの点で厳格化された新要件を満たしていないことが、国立がん研究センターが今月公開した拠点病院の最新情報を読売新聞が分析し、判明した。

「拠点」に求められる医療の質を確保できず、来春の指定更新時に看板を返上する病院が多く出る可能性がある。

拠点病院は、2001年から指定が始まったが、治療実績が少なく、十分機能していない病院があると指摘されていた。このため、厚生労働省の有識者検討会で昨年議論し、〈1〉がん手術年間400件以上〈2〉化学療法のべ患者年間1000人以上〈3〉放射線治療のべ患者年間200人以上〈4〉常勤病理医の必須化――など、要件の厳格化が決まった。

一方、各拠点病院の治療実績(手術、化学療法は4か月分)などは国立がん研究センターのホームページで公表されている。

その最新情報を分析すると、放射線治療の昨年実績では、109病院(27%)が要件に満たなかった。化学療法(4か月のべ333人以下)では108病院(27%)。手術(4か月133件以下)では60病院(14%)。常勤病理医不在は38病院(9%)。この4要件のいずれかに達しない項目があるのは155病院(38%)に上った。

新要件は、既存拠点には来年度の指定更新時から適用される。10月に今年度実績を提出し、更新の審査を受ける。過疎など地域事情も考慮されるが、著しくかけ離れた病院は指定されない。

このため、一時的には、がん患者の不安を招く可能性もある。厚労省は、拠点病院の要件に満たなくても基本的ながん診療を行う病院を新たに「地域がん診療病院」に指定し、近隣の拠点病院と連携させる方針。個々の病院単位ではなく、ネットワークで地域のがん医療の質確保を図る。

がん診療連携拠点病院 肺、胃、大腸、乳房など主ながんに対し、手術、放射線治療、化学療法などを総合的に提供できる病院。どこでも質の高いがん医療を受けられることを目標に、交通事情や人口などを目安に設定される「2次医療圏」(現在344)に原則1か所整備することを目指していたが、今も105の医療圏で指定されていない。
【解説】拠点新要件 がん治療地域で連携重要

がん診療連携拠点病院の4割が厳格化された新要件を満たしていなかった。

今回の新要件適用で、多くの病院が拠点から外れる可能性があり、既に治療を受けている患者や住民は不安になるかもしれない。

ただし、実の伴わない病院に、名ばかりの看板を与えても、地域のがん医療の底上げにはならないし、住民に誤解を与えるだけだ。

国立がん研究センターの若尾文彦・がん対策情報センター長は「難しい手術などに取り組む『拠点』は集約化し、地域の病院は一般的な手術や化学療法などを担うといった役割分担を明確化し、連携することが重要になる」と話す。地域のがん医療体制は、再構築の時期だ。

各病院には、患者に対し、自院でできる治療内容、連携する病院の情報など、新たながん医療体制について丁寧な説明が求められる。(医療部 高橋圭史)

(2014年9月6日 読売新聞)

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



普段、スーパーなどで購入した一般栽培の野菜や果物を常温で保存しておくと数日で腐敗してしまうことがよくあります。

こうした現象は、有機栽培の野菜や果物でも、一般栽培のものよりも日持ちはするようですが、やはり腐敗してしまうようです。

ところが、人の手が全くかからない野山で自然に育った野菜や果物などは、長期間(1年以上)常温で保存しても腐ることはないそうです。



では何故、 一般栽培の野菜や果物が腐敗するのでしょうか。一般に、野菜や果物には発酵菌腐敗菌とが共存しているそうで、発酵菌が優勢になると野菜などは発酵して味覚を増しますが、腐敗菌が優勢になると腐敗することになるようです。

では、発酵菌が優勢になるということは、どういうことかと言いますと、野菜や果物の中に多量に含まれている酵素が活性化することだそうです。

そして、酵素が活性化するためには、酵素の中心に微量ミネラルが必要なのだそうです。ですから、一般栽培の野菜や果物がすぐに腐敗してしまうのは、これらの中に微量ミネラルが存在しないことを現しています。

一方、自然栽培の野菜や果物の中には多種多量の微量ミネラルが含まれているために、酵素が活性化されて発酵菌が優勢になり腐敗を防ぐ、というわけです。



さて、上記のことに関連して、『ハームニックトラスト』さんのサイトで、野菜は腐るもの?それとも枯れるもの?」と題した記事が載せられていましたので、下記に引用させて頂きます。


ーー引用はここからーー

枯れる野菜と腐る野菜の分かれ目とは!? 野菜が腐る大きな原因のひとつは、肥料にあり。野山の草木が腐っていくことはありません。植物は本来枯れるものなのです。

kusaru.jpg
【左】庭先の柿 肥料・農薬は与えられていない。
【右】一般の市販の柿


冷蔵庫の中で野菜が「腐る」という経験は誰もがお持ちだと思います。「あ~腐っちゃった……」なんて、仕様がないことのように思ってはいませんか?

でもこれって、よくよく考えればおかしなことですよね? あなたは、山や野原がドロドロと溶けている姿を見たことがあるでしょうか? 植物が「腐る」ということは自然界ではありえない現象なのです。

植物である以上は「枯れていく」、これが本来の姿です。



あなたの中に判断の軸を持つに当たり、自然を手本に考えて見ましょう。

あなたの周りの自然を見てみると……。野を見ても山を見ても、腐っている場所はありません。すべては色づき、やがて枯れていきます。これはあらゆる植物に共通した現象です。

自然の植物は「枯れる」のに、買ってきた野菜はなぜ「腐る」のか?自然の摂理に背いた結果ではないだろうか?
そんな違和感を覚えます。

その原因を辿ってみると……、



「肥料を入れる」こと、つまり有機・化学を問わず、肥料に問題がある場合が多いのです。作物を育てるのに肥料を入れる、誰もが当たり前にしている常識ですよね。学校でもそのように教えているのですから。

しかしこの常識にとらわれず、身の周りの野や山に目を移してみると、自然界と相反していることに気付きます。

野や山のどこにも、肥料は使われていないのです。

一方の有機はといえば、確かに動物や虫たちの糞尿や死骸が入ることはあります。しかし動物の死骸は鳥や他の動物のエサになるし、虫の死骸はアリなどのエサになっていきます。



野山でも糞尿は確かに土に入りますが、特定の一ヶ所だけに集中して、大量に入ることはないのです。単位面積あたりの量が野山の自然界と有機肥料・化学肥料を使う田畑とは比較にならないのです。

さらに、アスファルトの裂け目で生きる植物は、どこからも養分供給をされていません。

「落ち葉が肥料ではないか!」、そんな声も聞こえてきそうです。でも肥料というよりは、「自然の循環」といった方が無理のないように思います。落ち葉そのものには肥料になるような成分はほとんど含まれていません。



これは肥料ではなく、土の保湿・保温、もしくは新たな土を作るためのものと言えそうです。庭の柿などの植物や街路樹ならば、落ち葉さえもキレイに掃き清められてしまいます。それでも「柿」は毎年、たわわに果実を実らせます。

化学肥料に至っては言うまでもありません。人間が行わない限り、自然界にまかれることはありえないわけですから。

現代農業の常識は、わずか1メートルにも満たない、土の層での、植物の育つ栄養分であるチッソ・リン酸・カリの足し算、引き算の計算の上に行われています。

しかし、どうやら自然界の植物たちは、肥料を施されなくても、栄養失調にもならずに、逞しい姿を見せていることに改めて気付かされます。

岩場の松の木も、山の樹も、野の草花も、チッソ・リン酸・カリを補わなくても、育っている。

つまりチッソ・リン・カリ以外の何かによって、自然界のなんらかの仕組みによって育っているということが考えられるのです。



「腐る」と「枯れる」の違いは、

肥料で育てた野菜か? 土や自然界の仕組みが育てた野菜か? この違いになるのです。つまり、栄養過多で、本来の力を出せずに、健康を崩した野菜か? たくましく、土や作物の本能が引き出されて育った野菜か?
、ということになります。



次の写真をみてください。

ku1.jpg
ku2.jpg
ku3.jpg


腐る野菜・枯れる野菜について行った実験があります。「肥料を入れた野菜」と「肥料を入れない野菜」をそれぞれビンに詰めフタをします。

あくまで確率の問題ですが、時間の経過とともに、肥料を入れた方の野菜は腐る確率が高くなります。



また、栽培の期間に肥料を入れない自然栽培でも、野菜が腐る場合もあります。それは、土の中に過去に使った肥料や農薬が多く残っている場合。または、何かしら、自然のリズムに反した栽培をした場合に起こることがあります。それほどに過去の清算には時間と労力がかかります。そして、作物の生理に反した収穫、保存、流通をした場合にも腐る場合があります。詳しくは無料レポート「食は芸術なり」をご覧ください。

ビンを私たちの体に置き換えてみてください。あなたは「腐る野菜」と、「枯れる野菜」または「発酵する野菜」、そのどちらを食べたいと思われますか?

枯れていく野菜と腐る野菜があれば、枯れていく方が、直感的にいいと多くの人が思うことと思います。

枯れていくことが自然。これは、納得いただけたことと思います。そして、自然のリズムに反することが作物のバランスを崩してしまっていること。肥料が大きな原因であると、私たちは仮説をたてています。



そして、同じ肥料でも、その肥料の質によって、作物の状態も変わってくる場合があります。

動物性の家畜糞尿を豊富に含んだ肥料を使えば腐りやすく、植物性のものだけなら枯れやすくなる。こうした場合もあります。

どうしてそうなるのか? それは「土」への理解を深めることで分かってくるのです。


土は岩石の風化のよる鉱物、そして植物を中心とした有機物。そこに微生物などの活動が加わって作られます。植物が枯れて大地に落ちる。そこに雨などの「水分」が加わる。さらに地熱や太陽光線といった「熱」が注がれる。ここにバクテリアなどの微生物が働くことで植物の腐植は進んでいきます。

これを繰り返し、膨大な年月をかけてようやく土になっていく。自然界は表土1センチの土を作るのに100年~150年もの時間をかけるといわれます。膨大な時間をかけて土は作られていくのです。

人や動物など、あらゆる生き物は土に還っていきますが、主成分はあくまで「植物」。だから「植物性肥料」を使った方が、自然に添っていてクオリティーが高くなる。そのように考えることができるのです。



次に田畑に使われる「肥料の量」ですが、一般にはたくさん与えることでたくさん収穫できると考えられています。栄養が多いことは良いことだ。この思いのもと、一反(300坪)の畑に何トン、何十トンもの肥料が投入されるケースも少なくないのです。

これでは土なのか、糞なのか、よく分からない。そうしたことも実際にあるのです。生き物の本質は「不足には強いが過剰には弱い」といわれますが、肥料の過剰投入は作物のクオリティーを下げる要因にも繋がるのです。

また「肥料の熟成期間」が短いと虫や病気を呼び込み、腐りやすい作物になりやすくなります。使われた肥料はどのくらいの期間を寝かせたものなのか? これも良いお米や野菜を選ぶための重要なポイントになるのです。



肥料の熟成については「完熟堆肥」という言葉が使われますが、明確な定義はありません。諸説あって何ともいえませんが、目安は「5年程度」。とにかく時間をかけて寝かせたものでない限り、使用をしてはならない、もしくは極力使用を控える。このことが基本となるです。

でも実際は3ヶ月から半年程度の未熟な状態で、田畑に投入されるケースも少なくありません。また場合によっては、そのままの糞尿を田畑に投入することも実際にはあるのです。

中には臭いさえ消えればそれでよい、臭いがあってもそれで良いと言わんばかりに使われるケースも見られるのです。その結果、作られた野菜は虫や病気などに見舞われやすくなります。

肥料を使うなら使うで、慎重に取り扱わなければならないというわけです。



このように、野菜を見極めるポイントはさまざまです。

買う側が積極的に栽培に使われた肥料の情報を求める姿勢が不可欠になります。残念なことではありますが、使われた肥料の中身を明示しているところは自然食業界でも、ほとんどないのが現状です。

肥料を誤って使うことは、農薬同様に、危険な側面もあるのです。理由は土中の微生物。家畜の糞尿などの排泄物が大量に入れば、土中の微生物のバランスが崩れてしまいます。

現在の家畜の糞尿はホルモン剤や抗生物質などの薬剤漬けである場合がほとんどです。特定の菌や、クスリや薬剤で死なない菌が突出してしまうケースも、あるからです。そうしたリスクから警告が発せられているのです。

また田畑に使われる飼料となる海外の穀物は遺伝子操作の可能性もあります。それらを土に入れ、そこから採れたお米や野菜を私たちが食べる。



「有機だから安全」と無条件に決めつけるのは、無理があるようです。たとえどんなものであっても肥料の「質と量」、そして肥料の熟成に要した「時間」。これらを誤れば、それ相応の結果が導かれてしまうのです。

本当により自然で安心な野菜とは、本来の自然のリズム・仕組みを活かして育ったものではないでしょうか?

「自然食」、私たちは何気なくそのように呼んだりもしますが、その本質はというと、自然界をお手本にして作られた食べものといえます。

食べものを選ぶ際は、「自然に添っているか否か」このことを基準に判断する必要があります。それには、自然を知っていく必要があるのです。

自然界の草や木に肥料や農薬が使われません。いつだって無農薬・無肥料。自然な野菜とは何か?その答えを自然界が教えてくれているのです。

食卓に少しでも、自然と調和した、枯れていく食材が帰ってくることを願っています。

ーー引用はここまでーー



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



日本では最近、富士山や群馬県の富岡製糸場跡が世界遺産に登録されたということで、一部の人間が大騒ぎをしています。

しかし、世界遺産とは一体、何を目的としているのでしょうかねぇ・・・。何故、日本の自然や名所などを、わざわざユネスコに認めてもらう必要があるのでしょうか? 実に不思議なことです。

その世界遺産とは、『地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物です。現在を生きる世界中の人びとが過去から引継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産です。世界遺産は、1972年の第17回UNESCO総会で採択された世界遺産条約(正式には『世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約』:)の中で定義されています。2013年11月現在、世界遺産は981件(文化遺産759件、自然遺産193件、複合遺産29件)、条約締約国は190カ国です。』などと説明されています。


でも、この説明をそのまま鵜呑みには出来ません。国連やユネスコの活動を見ていると、何かにつけて「欺瞞」という言葉が浮かんできます。

これは国連が設立された経緯を見れば、よく分かります。完全に一部の勢力によってコントロールされている機関だということです。

国際連合というと、如何にも世界各国が寄り集まって、世界の平和を目指す機関のように映りますが、どっこい、そんなことはありません。



さて、表題の世界遺産の件ですが、『るいネット: 「世界遺産」とは何か?(1)』でその欺瞞性を見事に暴いておられますので、それを紹介いたします。


ーー引用はここからーー

「世界遺産」を握る国連

富士山、和食、それに続き、富岡製糸場まで世界遺産登録された。日本が世界に誇る自然や文化が世界で次々と評価されていくことに鼻を高くする日本人も多いだろう。また、これらの自然環境の保護や文化の継承が積極的に奨励されていく動きに日本の未来に安心を覚える方もいるかもしれない。

しかし、これらの世界遺産を握っているのは「誰か」という視点で考えてみると、まったく別の様相が浮かび上がってくる。それは想像もつかないようなことかもしれない。日本という国が世界で認められることを日本人として、素直に喜ぶ気持ちも大切であり、また素晴らしい自然や文化遺産を次世代に残していくのも大切なことだ。

しかし、その一方で「世界遺産」を保護し、管理しているのは一体、どのような人達なのか? またそれは本当に世界のためなのか? このような視点から一考しておくことも、未来の子供達へ素晴らしい貢献となるかもしれない。その意図を持って、考えを進めてみたい。

この投稿を閲覧する人の多くがご存じの通り、世界遺産を管理するユネスコは、国連内の教育科学文化機関である。そして、その大元である国連は、ロスチャイルド・ロックフェラーに代表される金融権力が、大戦後に世界の紛争を管理するために設立した組織である。

国連やその下部組織はいずれも国際組織の形態をしているが、実のところ、国連の上層部は金融権力と軍需産業につながる人脈で占められており、その動きはことごとく、金融権力と軍需産業の意向に沿ったものになっている。

そのおおまかな動きはこうである。

国連は、下部組織を通じて様々な形態の活動をしている。WHO(世界保健機関)によるワクチンの普及、安全保障理事会による国家紛争への軍事介入、またIMF(国際通貨基金)による破綻国の救済などである。ユネスコによる世界遺産保護もその一環だ。

金融権力の最終的な目標は、国連を世界政府へと移行させ、世界中の国家を一元管理することだ。その真の目的を隠すために、活動のスローガンには「慈善」「平和活動」「経済支援」「環境保護」といった耳当たりの良い言葉が掲げられる。しかし、すべての下部組織の活動がそれぞれ別の目的をもっている。

たとえば、WHOによるワクチンの普及活動の裏には、エイズの拡散や不妊処置により後進国の人口爆発を抑える目的があり、安保理による軍事介入には、紛争当事国が戦乱で乱れる中、国連軍を使って鉱物資源やエネルギー資源が埋蔵される土地を守らせ、手をつけておく狙いがある。

その後で金融権力の多国籍企業が真っ先に乗り込んで、資源を収奪したり、暫定政府や新政府と資源を安値で優先的に契約取引するためだ。そして、紛争が解決された後には国連の指示の下、金融権力の傀儡政権が紛争国で樹立され、永続的な支配と搾取が行われる。

またIMFによる経済支援もその狙いは、破綻国のインフラ設備や資源や国家公務員の給料を担保に高い利子で資金を貸し付け、永続的に支配下に置くことである。IMFの原資は先進国が出資しているが、世界2位の出資国である日本に対しても、IMFは消費税を15%まで上げろと要求している。

日本のような裕福な国には、経済アドバイスと称して内政干渉し、経済を悪化させた後で高利貸しの本性を見せる。悪徳コンサルによる会社の乗っ取りと同じ手口である。

同様に「世界遺産」のユネスコにも、表向きとはまったく別の目的があるのだ。


自然遺産登録は地下資源の収奪

ユネスコの世界遺産保護は、他の国連の下部組織がそうであるように、金融権力による世界支配の一環として見ることができる。

歴史が示す通り、地下資源の収奪は過去、欧米諸国が武力を使い、あからさまに行ってきた。しかし、国連が設立されてからは「地域紛争の解決」や「治安維持」といった紳士的な形をとり、世界を欺きながら続けられるようになった。

それを行うのが、国連軍や多国籍企業である。世界屈指の膨大な地下資源を有するハイチでは、長い間、欧米諸国による覇権争いが繰り返された後、現在では金融権力が国連軍と米軍と多国籍企業を使い、地下資源の独占をするべく活動を続けている。

現代では、世界中の未採掘の地下資源について、ベクテル社の衛星を使ったトモグラフィー(反射電波による地球断層写真撮影)により、その種類と埋蔵量までほぼすべて把握することが可能とされている。

この情報を握る金融権力は、以前にも増して世界各地で真っ先に地下資源に手をつけることができるようになった。彼らは紛争や内戦を理由に侵略できる地域以外では、ユニセフを使い、自然保護を理由に世界中の人々の賛同を得ながら、地下資源に手をつけておくことができるのだ。

世界遺産には、自然遺産・文化遺産・複合遺産があるが、このうち自然遺産には莫大な地下資源を有するものがある。たとえば、アフリカ最大の鉱物資源国コンゴの場合、5つの地域が自然資源に登録されており、近年、鉱物資源の開発が始まったインドネシアのロレンツ国立公園も「自然を守る」という理由で、世界遺産登録(99年)され、開発に歯止めがかけられている。

ここで注意しなければならないのは、そもそも世界遺産保護の根底にある「自然を守る」というスローガンや「環境問題」は、金融権力が作り上げた架空の概念であることだ。その大元にある「成長の限界」を訴えたローマクラブ(1970年)の結成は、欧米の金融権力が劣等人種の人口爆発に脅威を感じたことが発端になっている。

人口増加に対処する手法には避妊法の普及や不妊化政策に加え、国家経済を悪化させ、女性を労働力化するなど様々なバージョンがあるが、最も強力なのは産業(おもに工業発展)と経済発展に歯止めをかけることである。それを正当化するために、「産業と経済の発展」が悪者とされ、「サステイナブル(持続可能)=スローなライフスタイル」が美化された。

そして、産業発展を悪者にする口実として用いられたのが、「産業の発展が環境を汚し、天然資源を枯渇させてしまう」という人々の恐怖を煽る「環境問題」というプロパガンダだ。そこで、産業発展とその副産物である二酸化炭素が悪者にされ、経済の停滞と悪化に人々が不満を抱かず、地味な生活でも喜々として受け入れるようにリサイクルやエコなライフスタイルが「良きもの」として世界規模で奨励されるようになった。(構想は70年代に始まり、実施は90年代から)

もちろん、ロハスなライフスタイルは環境にも人間の精神にも良い面が多いし、産業の発展が環境を悪化させ、天然資源を減少させていることはあるレベルにおいて事実である。しかし、環境をもっとも悪化させているのは一般の産業や産業の発展ではなく、金融権力による軍需産業や化学産業、原子力産業である。世界中で彼らが推進する戦争や紛争や内戦や各種兵器の使用、および原子力発電による廃棄物が、世界における最大の脅威になっているのが現実だ。

自然環境を最も破壊している人達が訴える「環境保護」に類する美辞麗句はすべて、世界覇権を得るための隠れ蓑にすぎず、「自然を守る」ためと称した世界遺産登録も同じように、本音は戦争と同じで、最終的な目標は「国土と資源の収奪」にあると考えるのが妥当である。


次は、富士山が世界遺産登録された意味について考えてみたい。

噴火活動が高まる富士山が世界遺産となった背景には様々な事情が憶測されるが、コンゴやインドネシアの国立公園のように地下資源の収奪が意図されている可能性など果たしてあるのだろうか。

日本がコンゴやハイチのように金融権力につけ狙われるほど、豊富な地下資源に恵まれているとは想像しにくい。石油資源を輸出に頼りにきっている日本に、資源国のイメージがうすいからだ。しかし、かつて江戸時代には銅の輸出で世界一だったこともあり、その可能性は皆無といえない。

現に富士山だけでなく、日本という島国はその近海において、地殻プレートが4枚重なる世界でも希有な地域であり、プレートが重なる地域には、様々な鉱物資源が存在することがわかっている。日本と同様に4枚のプレートが重なる島国のハイチは、先述のように世界屈指の鉱物資源国である。

幸いにも治安が安定している日本では、ハイチのように米軍や国連軍によるあからさまな侵略行為は行われていないが、その代わりに条約の批准と世界遺産登録といった、より洗練された方法で国土と資源の詐取が画策されているのではないか。

たとえば、一般的な火山でも数百万ドルの鉱物資源が埋蔵されているが、世界有数の火山である富士ともなればいかほどのものだろう。金融権力は富士の地下資源について、衛星からの断層撮影を使い、日本政府に先んじて未知の鉱物資源の存在をつかんでいるかもしれない。

しかし、近代においては富士近辺で鉱物が採掘された記録はなく、希少鉱物の存在も確認されていない。またその昔、富士近辺には金山が多くあったという古文書が存在するが、富士の地下に眠る大金鉱脈の存在は推測の域を出ない。

しかし、富士の地下には金以上の地下資源を蓄えていることがすでに判明している。それは、湧出量200万トン(1日当たり)という豊富な水資源だ。

「不老不死の妙薬」を求め、今から2千年以上前にはるばる中国から遣わされた除福が求めていたのもこの水源だったと言われる。彼の建国した長寿の国「蓬莱国」は、西暦800年の富士山の噴火で滅亡したとされるが、豊富な水資源は今も健在だ。

金は希少鉱物としての価値があるが、水は人が生きていく上で不可欠なものという点では、水の方がはるかに価値が高い。特に富士の地下水は水質が優れており、健康促進、病気の治癒など多くの可能性を秘めている。この水資源を国家レベルで開発し、国民に積極的に飲用させれば、健康レベルを飛躍的に改善させ、財政を圧迫している国民医療費を大幅に低減させることも夢ではない。

現在、世界遺産条約では「(保有)国の主権と財産権は害されるものではない」(第6条)「締約国はこの条約を廃棄できる・廃棄通告書受領後12カ月で効力を生ずる」(第35条)となっているが、もし、条約の内容が変更されたり、国連が世界政府に移行すれば、世界遺産はそのまま丸ごと、金融権力の私有財産になることもあり得る。

世界政府への移行が実現するかは不明だが、もしそれが実現すれば、世界遺産は世界政府の所有物になることは確実であり、現在、世界中で進行している世界遺産のリスト作りは、その未来を想定しての動きだ。富士山の世界遺産登録。それは、日本一の水資源と未知の鉱物資源を有する「日本のシンボル」が世界政府への献上という形で奪われる未来へとつながっている。

日本は従来、国定公園や文化財指定の制度で、自然の美観や文化遺産を保存してきた。しかし、90年代に入り、ユネスコから多額の拠出金と条約の批准を要求され、金銭面の折り合いでもめたあげく、1992年、先進国の中では最後に世界遺産条約を批准することになった。

その後、国内で数々の世界遺産登録が続いている。それは実のところ、世界のために子孫への遺産を次々と失っているのかもしれない。

ーー引用はここまでーー






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。