指圧はゆっくりと持続圧を加えますから、痛くなく、心地がよく、どんな症状にも効果があります。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


スペインの指圧学校の代表者と生徒さんたち

今年の7月は、海外から次々に指圧の勉強に来られる方達で賑わっています。例年、夏季の休みを利用して海外からおいでになる方はありますが、今年はそれが連続しています。

まず最初に見えたのはフランス在住の日本女性でした。彼女は昨年、メール指圧講座をフランスで受講されたのですが、今回一時帰国され、指圧の3講座を全部、受講されています。

f

既に2講座を終了され、8月1日で全過程を完了される予定です。毎年、何人かは彼女のように海外に住んでいる日本女性が、短期に帰国されて指圧の勉強にこられますが、今夏は彼女だけでした。



次に見えたのは、イスラエル人の男性で現在、台湾に在住されている方です。この方は数ヶ月前に指圧の中級講座だけを受講されたのですが、今回、1ヶ月の予定で再度、来日されたわけです。

今回は主に合気道(黒帯)の修練が目的だったようですが、指圧ももっと勉強したいということで急にお見えになりました。

取りあえずは上級講座を受講してもらうことになり、短期のスケジュールを組んで始めました。幸い順調に進んで、今週の木曜日には講座が終了することになっています。



次に、これは数カ月前から予約を頂いていたものですが、スペインの指圧学校の経営者と生徒さん2人の計3人で指圧講座を受講に来られました。

s

こちらは、1週間で初級と中級講座をこなすことになっていましたので、連日3レッスンずつ行いました。しかし当初、3人ですので、どうしても私が中に入って誰かと組になって行う必要がありましたので、ちょっとやりにくいなと感じていました。

通常、個人指導ですから、私が最初に生徒さんにやり方を教えて、その後、生徒さんが私に指圧を施すという形で行っています。

また、2人とか4人の偶数の生徒さんでしたら、それぞれ組になって頂き、私は彼らにやり方を見せるだけで済みますが、今回は3人でしたので、私が先にやって見せて、その後、誰かと組になってやらなければなりませんので、大変キツイわけです。



ところが、彼らが来日する数日前に、先の台湾から来ておられたイスラエル人の男性が、指圧の練習をもっとしたいので私の生徒さんで相手になってくれる人はいないか、と言ってこられたんです。

そこで渡りに船とばかり、実は来週、スペインから3人の生徒さんが来るので、彼らと一緒にやって見たらどうかと誘ってみたんです。

すると彼も大変喜んで是非、そうさせて欲しいと言ってくれたわけです。それを聞いて、私も教えるだけで済みますから、体力温存にもなり、一安心しました。

で、このスペイン人の生徒さん達も、昨日無事に全過程を終了されました。彼らは何年も指圧を勉強されていますので皆、上手くこなされていました。



また、この指圧学校の経営者はスペインだけでなく、イタリアやチリなどでも学校を経営しているようで、なかなかのやり手のようでした。

実は彼は、日本に住んでいたこともあり、また奥さんが日本女性であることもあって、日本語の会話には問題が無かったんです。

当初、私は他の外国人と同様に英語で講座を行う予定でしたが、彼も他の生徒さんも共に英語が苦手ということで、結局、彼に日本語で説明して、それを彼がスペイン語で他の生徒さんに伝えるという形でススメたわけです。



これまでにも時々、英語が通じない生徒さんが来られたことがありました。例えば、南米のコロンビア人の女性で、日本に住んでおられたんですが、日本語は出来ない、英語は出来ないと言う状態でした。

私も多くの海外の方に接していますが、根が横着ですから、英語以外の言葉を習得して来ませんでしたので、スペイン語も喋れません。

この時は、お互いに十分な意思の疎通は出来ませんでしたが、何とかお互いにボディ・ランゲージを遣って講座を終了させました。果たして彼女が十分に指圧を習得できたかどうかは、定かではありませんでしたがね・・・。

また、イタリアから来た男性も英語も日本語も出来ない方でしたが、指圧師として指圧の経験を積んでおられましたので、私が喋ることは分からなくても、やっていることは十分に理解され、無地に講座を終了したことがありました。



さて、イタリアの話が出ましたが実は、昨日からイタリア人の男性が指圧中級講座を受講に見えています。彼もイタリアの指圧学校で長年勉強して来られた方です。

i.jpeg

話を聞きますと、彼の先生と言うのは昔、20数年前に私が医王会指圧センターで外国人に指圧を教えていた時の生徒さんだっということが分かりました。

その縁で、彼も今回、短期集中講座を受講に見えたわけです。彼も又、何回も日本を訪れたことがあるそうで、日本語の会話もできるようですし、書くことも上手いようでした。

かれもこの1週間で講座を終了する予定で、毎日おいでになっています。このように、この7月は海外の生徒さんが相次いでお見えになった月でした。来月はどうなるか・・・。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたも、肝硬変という病気をご存知だと思います。肝臓病の中でも重毒なもので、予後は不良で、亡くなる方も多いものです。

肝硬変が進行しますとと、腹水が溜まって、お腹が膨れ上がる、腹部膨満の状態になります。この状態になりますと、西洋医学では手の施しような無いようです。

私も昔、知り合いのご老人が肝硬変を患っているので指圧治療をお願いしますと、依頼されたことがあります。この男性は自宅で療養されていましたので、自宅に何回か出張治療に伺いました。



その時は既に、腹水が異常に溜り、お腹が膨れ上がり、表面がテカテカに光っているような状態でした。もう指圧でどうこうなる状態ではありませんでしたが、何回か治療を続けました。

ご本人は症状が苦しいとか、痛いとかは余り言われませんで、指圧の治療をした後は、「あ~、気持よかった」と喜んでおられました。

私としても、そうやって喜んで頂けるだけでいいかなと思っていました。それから数カ月後に、寿命が尽きて亡くなられましたが、或る時、霊界からの通信で、「あの時、指圧をして頂いて本当に気持ちが良かったです」とご本人からお言葉を頂きました。

まあ、こうした霊界通信などについては疑念を持ったり、信じない方が大半ですから、それはそれで結構です。唯、私自身はご本人様の治療をした体験上、そのように言って下さったことを素直に受け取らせて頂きました。



さて、肝硬変とは、慢性肝炎が進行することで起こります。慢性肝炎になると、肝臓の細胞は次々に壊されていきます。

肝臓はその細胞を再生させようとしますが、破壊が速すぎて追いつかずに元の状態に戻せない場合があります。そうなると壊された細胞は繊維状の組織となって、肝臓は小さな瘤を形成し、硬くなってきます。

これが肝硬変です。肝硬変になると、正常な肝細胞の数が減ってしまうため、肝臓の働きが低下してきます。
 


その肝臓の主な働きですが、次のようなものがあります。

まず、糖質、蛋白質、脂質の三大栄養素を体に必要な形に作り替えるという働きです。これらの栄養素は消化器でそれぞれブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸に分解された後、血液を介して肝臓に運ばれ、さらにさまざまな物質に作り替えられます。
 
ブドウ糖からhグリコーゲンが合成され、貯蔵されます。グリコーゲンは、必要に応じて再びブドウ糖になって血液に放出され、エネルギーになります。

アミノ酸は、グロブリンやアルブミンという蛋白に作り替えられ、血液によって体の各部に運ばれます。

脂肪酸はエネルギー源になるだけでなく、一部はコレステロールなどの合成に利用されます。
 
さらに肝臓は体内における科学工場のような働きをしているといえます。肝硬変になって、肝細胞の数が減ってくると、こうした肝臓の能力は低下してしまうのです。



で、肝硬変の症状ですが、軽症では 食欲不振、易疲労感(疲れやすくなる)、体重減少などが見られます。急性増悪(悪化)の場合には、黄疸を伴ないます。

重症化すると、下肢の浮腫、腹水による腹部の拡張(膨満)、意識障害(肝性脳症)などが生じます。重症例では食道静脈瘤の破裂による吐血も見られるようです。

他に、細菌感染を併発しての発熱、凝固因子欠乏による鼻血、歯茎からの出血などが見られます。しばしば肝細胞癌を合併することもあります。



ところで、この重篤な肝硬変で医者から余命が一ヶ月だと脅された東京の男性が、鹿児島県の志布志におられる、飯山一郎氏を頼って訪ねていかれたところ、驚くべき奇跡が起きたそうです。その内容に付いて、飯山氏ご自身が記事を書いておられますので、下記に紹介いたします。(「飯山一郎LittleHP」より)


ーー引用はここからーー

「重篤な肝硬変です。大きな食道静脈瘤もあり、余命は1ヶ月しかありません!」 と東京女子医大病院で強く宣告され…、このオドシによるショックでヨレヨレになった43歳の男性が、3日前の火曜日に東京から志布志まで来た…。

追い返すわけにも行かず…、鷲は、病歴などの事情を聞いた。

腹水がたまっているのか、腹は膨れているし、顔はドス黒かった。強い倦怠感でヘトヘトの感じだった。

これは、東京女子医大の女医さんの見立てのとおり、重度の肝硬変かも知れない…と、鷲は(一瞬だが)思った。

しかし、
食欲はあるし、黄疸は全くないし、胸部や腹部の発疹も軽症だ。
「肝硬変だとしても初期で、きわめて軽症だわ!」
と、鷲は明るい口調で笑いとばした。
これだけで、43歳の表情は明るくなった。
その夜、43歳は安心したのか、爆睡したという。

次の日、43歳は明るい表情で近所のホテルから鷲の宿舎に歩いてきた。
脈をとると力強い心拍だが、身体が冷えていたので、遠赤外線の温熱マットに寝せて身体を温めてあげた。
そうしたら大量の発汗現象があって、43歳は益々元気になったので、散歩に誘った。爽快なウオーキングだった。

ところが!である。
その夜、43歳は突然の悪寒と発熱。そして強い嘔吐感と嘔吐。体温を計ると39.2℃。水分をとっても発汗はゼロ。ポカリを飲ませたが全く発汗しない。呼吸が荒くなって、頻脈になって…、「死にそうです」と言う声は、本当に死んでしまいそうな感じだ。

「これは救急車を呼ぶような事態だが、どうする?」
と鷲が言うと、
「病院は恐いので、もう少し様子を見ます!」という返事。

この救急車を呼ぶような危篤状態が、じつは、20時間近くも続いたのだが、鷲は冷静に見守り続けた…。

43歳の青年が死を賭けて闘病する様は、鬼気迫るような凄まじさだった。

「救急車を呼ぶ事態だぞ」 と強く告げようとした瞬間! 爆発するような発汗の噴出現象が始まった。

ベッドのマットレスに浸透した汗水が、ベッドの下部から滴って床を流れるほどで、まさしく汗水の滝だった。

途中から「観戦」と「応援」に加わった熊本の親友(民間人)は、
「これは助かる! 体質も変わる!」
と、43歳を励ましていた。

そーこーするうちに朝が来た。

汗水の滝のなかで爆睡した43歳。この闘士の顔からはドス黒さが消え、腹部の膨満も消え…、目は別人のように輝きはじめていた!

43歳は…、昨日までの43歳ではなくて、まごうかたなく全くの別人(別のヒト)になっていた。

「こんな“向こう見ずな闘病法”もある!」 と言うと、医者は非難するだろうが、43歳はケロリとして、
「私のイノチは病院には預けません!私の病気は自力で治します!」
と言い返すだろう。

きょうは43歳が志布志に来て4日目だが、別人のように元気になった彼を鷲は夕食に誘った。

志布志で最も美味く、最高に豪華な『ハモとシラスとウニの三昧丼』を43歳はペロリと平らげた。
「ご馳走さまでした!」
と言う43歳の元気な発声には、生命力があふれていた。

ーー引用はここまでーー



実に驚くべき結果になったものです。と言うより、当然の帰結とも言えます。なぜなら、人間の持つ自然治癒能力と言うものは計り知れないものがあるからです。

唯、それを医薬に頼ってしまう人は、その力を十分に発揮できない環境に置かれてしまうことが多いものです。

今回の男性は、命がけで飯山氏を信じきって、任せきったから、本来の治癒能力を発揮出来たのではないかと考えます。

勿論、飯山氏の所に行こうと決心された時から、お二人のご縁があって、こうした奇跡気的なことが起こったものだと思います。

その裏には、お二人の因縁のようなものが有るかもしれませんし、この男性の守護をされている方々のお導きがあったかも知れません。どちらにしても、素晴らしい結果をお聞かせ頂いたことを感謝せずにはおれません。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



先日、「カラパイア」というサイトで面白い記事が掲載されていました。

それは上図の、人間の感情が表す身体の痛みをチャート図にしたものです。これは、「ELITE DAILY」というサイトの記事を翻訳したもののようでした。

あなたもご存知かもしれませんが、私たちの肉体は「仮の宿」と言われています。この三次元の肉体世界で魂の修行をする間だけ必要であって、寿命が尽きればその肉体から離れることになります。



しかしながら、多くの人は未だに三次元の物質世界だけが全てだと思っていますので、肉体に対する執着が強い面があります。その為に肉体の死に対する恐怖感を抱いたりしています。

肉体は仮の宿ですが、魂はその肉体を使って、この世で種々の体験・経験をして魂の修行を図っているわけです。されが三次元世界の特徴です。

肉体の無い世界、例えば霊界などでは、その人の想念(想い)のみが通用する世界です。想えば即、そのことが目の前に現れると言うことです。



しかし、肉体という鎧をまとっている三次元世界では、自分の想いが即、眼前に現れることはなく、ある程度の時間の経過の後に、それが現象界に現れるようんなっています。

宇宙の法則に「想念の具象化」ということがあります。要するにその人の想いが、現実としてこの世に現れてくるということです。

三次元の肉体世界では、それがより厳しく働くようになっています。よく「善因善果・悪因悪果」と言われるのも、そのことを表しています。



この想念の具象化が具体的に分かるのが、自分の身体の不調であったり、病気ということになるわけです。自分の想いの間違いや偏りが、肉体の症状として現れることになります。

このことを分り易く表示したのが冒頭に掲げた、「人間の感情が表す身体の痛み」をチャート図にしたものです。例えば、下記のような例が挙げられています。


:物事を様々な角度から捉えられない人に多い。頑固・強情

:自らの能力を好意的に社会に活かしているが、自らの態度が重荷となっている。

脊椎:主に日常生活でのサポートに関連するものが多い

脊椎(上部):感情面でのサポートが足りていない証拠。愛情を十分に受けておらず、心の中に秘めた感情を吐き出せていない

脊椎(中部):罪の意識・過去の束縛

脊椎(下部):金銭面での悩み・恐怖・トラブル

:人生の転機と新しい事への挑戦を受けた時に見られる

手首:物事の移り変わりとそれに伴う安堵感

:大きな転機で前進する事に対する恐怖感

:プライドとエゴ・意見を曲げる事の出来ない強情さ・恐怖等

足首:強情さと罪の意識。また足首は快感を受けた時に反応しやすい部位でもある

バニオン(足の親指内側に出来る腫物・腱膜瘤):新しい経験に対する満たされない気持ち・不満感の現れ


関節炎:愛情の足りていない状態、非難・憤り

骨折:権力に対する反感

骨液包炎:抑制した怒り

炎症:恐怖、他の炎症を見た事によっても引き起

関節痛:人生の転機とこの転機による安堵感

身体のバランスが取れない時:未整理な一貫性の無い感情・考

坐骨神経痛:偽善者になりがち、金と未来の心配を持っている

椎間板ヘルニア:優柔不断、人生でのサポートが足りていない

捻挫:人生の方向性が気に食わない、怒りと抵抗の現れ

凝り:硬直した状態

全体的な脱力感:精神的休養の必要性あり



どうですか。あなたはどのように感じられましたか。ご自分に当てはまるところがあったでしょうか。唯、上記で言われて言われていることが正しいことがどうかは、別問題です。何の根拠も示されていませんからね。

また、本来の霊的な意味から考えますと、どうもオカシイなと思えるところも多々あります。やはり西洋医学的や精神科医的な見解が目立ちます。

唯、言えることは、自分の想いや言動が、軈ては何等かの現象として自分に返ってくるということです。ですから、病気になるにはなるだけの原因を自分で作っていることは間違いありません。

それなのに、調子が悪いからとか、病気ではないかと思って、直ぐに病院に駆け込むのは考えものです。その前に先ず、自分の心の間違いや歪みに気付くことが大切です



その上で、医療が必要と思えばその助けを借りることも必要だと思います。但し、何事も医者任せにすることは感心できません。最終的に自分の病気は自分で治すしかありませんからね。

人間には自然治癒能力が備わっていますから、自分の欠点や足らないことに気付いて、それを直すようにすることで、自然治癒能力が高まり、症状が収まることにもなります。

勿論、人間には自由意志が与えられていますので、医薬に頼って、それで良しとすることも許されています。全ては自分が学んだことだけが自分のものになるわけですからね。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



先日、人生の途中で目が見えなくなった男性の指圧中級講座が無事に修了しました。毎回、奥様が同伴されてこられたので、問題なく終えることができました。

実は、この方は10年前に指圧初級講座を修了された方でした。その当時はまだ会社に務めておられたのですが、目が見えなくなることを見越して指圧学校に通って、指圧師の資格を取得されていました。

私の所に見えた時は既に、見えない状態で女性が介添えとして一緒に来られました。その時、私はその女性が奥様だとばかり思っていました。



ところが今回、10年ぶりにお会いした時、一緒に来られた女性がどう見ても以前の女性と違っていたので、戸惑っていたところ、10年前に一緒に見えた女性は国様のお姉さんだっということが分かりました。

この男性のように10年後に再び指圧の勉強に来られるような方は少ないのですが、彼は既に定年退職をされ、今後、少しでも高齢者の役に立ちたいと思われ、正式に治療を始めることにされたそうです。

それで、改めて私のところで中級講座も修了しておきたいと思われ、再度おいでになったと言うわけです。目が見えないことは大変なハンディキャップがあるわけですが、この男性はそれほど苦にされていませんでした。

今後も、彼が指圧師として、奥様の手を借りながら多くの人のお役に立って頂きたいと切に願っているところです。



ところで話は違いますが、あなたも「燃え尽き症候群」という言葉をお聞きになったことがあると思います。頑張りすぎるサラリーマンなどに、よく見られる症状ではありますが、家庭の主婦なども含めて誰でも罹りやすい症状でもあります。

一般に、燃え尽き症候群とは、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した報酬が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満など、と言われています。

慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまうわけです。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明されることもあります。



その主な症状としては下記のようなことが挙げられています。

1.朝起きられない
2.会社または職場に行きたくない
3.アルコールの量が増える
4.イライラが募る
5.突然の辞職
6.無関心
7.過度の消費などにはけ口を見出す
8.最後は仕事からの逃避
9.家庭生活の崩壊
10.対人関係の忌避
11.自殺や犯罪や過労死や突然死など



特に30代前半の独身女性に多いなどとも言われているようですが、本来は40代~50代男性のエグゼクティブなどに多い症候であり、海外では幅広い年齢層で確認されています。

職種別には、ソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)教師、医師、看護師、公務員など社会的にモラル水準への期待度が高く、仕事への献身を美徳とされる職業に多いようです。

特に社会福祉士、精神保健福祉士については国家資格の割に合わない低水準な給料体系の為に、この症状に罹るリスクが高いようです。



先日も、脳卒中専門医の4割以上が燃え尽き症候群に罹っているという、下記のような記事がありました。(「日刊ゲンダイ」より)


ーー引用はここからーー

脳卒中の専門医の4割が“燃え尽き症候群”――。こんなショッキングな結果が注目されている。九州大学と国立循環器病研究センターが、脳卒中の治療に携わる脳外科医と脳神経内科医2564人を調査。

「MBIスコア」という方法を用いて、「過度に疲れている」「虚無感を感じる」「やりがいを感じない」の3項目を調べた結果、医師の41・1%が燃え尽き症候群に該当したという。

研究チームによると、一般人の燃え尽き症候群は2割前後。医師の割合はその2倍だ。さらに、重篤な医師は22%に上るというから深刻な問題だ。

「脳外科医などは週に1日ほどしか休日を取れず、65~69時間働いていることが分かりました。この数字は米国に比べて20時間ほど長い。日本の医師は長時間労働と睡眠・休日の不足を強いられているのです。

米国では燃え尽き症候群が命に関わる重大なミスにつながることが分かっています」(国立循環器病研究センター予防医学・疫学情報部の西村邦宏室長)


今回は脳外科医を中心に調べたが、今後は他の分野の医師も調査する方針という。

それにしても、医師が燃え尽きるとは驚くべき話。医学博士の米山公啓氏が言う。

「脳外科や脳神経内科の医師はストレスがたまりやすいのです。ほかの外科医は手術をして患者さんの病状が改善すれば、やりがいを感じることができる。ところが脳外科は患者さんが寝たきりになったり、後遺症が残ったりすることが多いのでいつもむなしさを抱えている。

循環器内科などは常に最新の検査技術が導入されるため医師はやる気満々ですが、脳外科の技術はあまり進化していない。そのためマンネリ化に陥り、燃え尽き症候群になってしまう面もあります。国が予算を投じて医師の数を増やし、1人当たりの負担を軽減しないと、医療ミスが増える危険があります」

ーー引用はここまでーー



下記に「燃え尽き症候群」のチェックシート」を掲げておきますので、自己診断をしてみてください。勿論、これは目安に過ぎませんので、余り神経質にならないことが大切です。

1.以前より疲れやすい、疲労が溜まっている、一日の終わりにはくたくたになる。

2.今の仕事に興味がなくなっている。

3.仕事全体に対してやる気がない。

4.物事に飽きっぽく、特に何もしないで何時間も過ごす。

5.自分や他人に対してより悲観的、批判的、けちをつけるようになった。

6.約束や締切日などを忘れることがあり、それについて気にしない。

7.より多くの時間を、友達や家族、職場の同僚と離れて一人で過ごしますか?

8.普段と比べて短気を起こしたり、敵意を持ったり、攻撃的になったりすることが増えましたか?

9.ユーモアのセンスが際立って減少したと思いますか?

10.以前より病気になりやすくなりましたか。(風邪や体の痛みを含む)

11.通常より頭が痛くなりやすいですか?

12.胃腸の調子が悪いですか?胃痛、慢性の下痢、大腸炎、など。

13.朝、とても疲れを感じたり、消耗した感じで起きることが多いですか?

14.以前は周りにいても気にならなかった人々を故意にさけていますか?

15.性欲の減少がみられますか?

16.他の人をまるで人格がない物質のように扱ったり、無神経に扱ったりしがちですか?

17.仕事上で、有意義な結果を何も出していないと感じたり、何かを変える力がないと感じていますか?

18.プライベートな時間において、有意義なことを何もしていないと感じたり、自発的に活動することがなくなったりしていると感じますか?

19.日々、仕事や人付き合い、将来のことや過去にあったことを考えたり心配して過ごす時間が長いですか?

20.限界を感じていたり、参っていたり、気力が衰えていますか?






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。