指圧はゆっくりと持続圧を加えますから、痛くなく、心地がよく、どんな症状にも効果があります。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



相変わらず心臓疾患で亡くなる方が多いようですが、一般に心臓の症状と言いますと、動悸や息切れと言った軽いものから、不整脈、心臓神経症、狭心症、心筋梗塞に至るまで色々ありますね。

その中で、「狭心症」は指圧の適応症と言えます。狭心症は、普通は「労作性狭心症」といって労作時に起こるとされています。

急ぎ足で歩いたり、階段や坂道を登ったとき、またひどく興奮したときなどに胸の中央部が締め付けられる、または何かを押しつけられているような圧迫感がでます。ですが、少し休むと治まってしまうのが特徴です。



狭心症の痛みば左肩・腕や顎まで拡がることが多く、左上肢の小指側、これは経絡で言えば「心・小腸経」ですが、ここに放散痛があります。

更に、みぞおちに胃の痛みのように感じられることもあるそうです。また、息切れかな、と思うようなこともあるようです。

唯、痛みの場所はあまりハッキリしないようです。ですから、「この一点が痛い」と指で示せるような場合は心配ないとのことです。



狭心症の症状の持続時間は一般的に、数十秒から数分間続くようですが、その時間がもっと短い場合は心配ないとのことです。

この他に、狭心症には「安静時狭心症」といって、同じような症状が労作と関係なく出ることもあるそうです。

これは「冠攣縮(かんれんしゅく)」という、冠動脈が痙攣様に収縮してしまい、動脈硬化で細くなったのと同じような狭窄を一時的に作り出すために起きる現象なのだそうです。



ところで、心筋梗塞の場合は、殆どが病院に運ばれてしまいますすので、なかなか指圧で治療する機会は無いと思いますが、狭心症の場合は、指圧の治療が大変に効果的です。

普段から、体調維持や予防医学のために指圧治療を受けておられるといいのですが、こうした狭心症の症状が出た時でも、直ぐに指圧治療を行うと効果があります。

その指圧のやり方ですが、下記のような要領で行うといいと思います。

 
1.まず、仰向けの姿勢で腹部全体の指圧をします。心身の疲労や精神的緊張がありますので、特に上腹部辺りを両母指を重ねてゆっくりと深く押します。拍動を強く感じる所では、暫く持続圧を加えます。

2.次に、上肢、特に前腕の指圧をします。先に述べたように左腕の内側に放散痛を感じているので、母指を重ねて深い持続圧をします。精神緊張が強い人は前腕が固くなっているので、前腕の指圧は大事です。

3.その後、下肢の指圧をします。下肢全体を入念に指圧します。足の指も一本ずつ、何度も指圧するといいでしょう。

4.今度はうつ伏せにして、背部から下肢に向けて全体の指圧をしてください。上背部は特に固くなっていますから、背骨の両側を良くやってください。

5.最後にもう一度、仰向けにして、腹部全体をゆっくりと指圧します。



これで、気が落ち着いてくれば大丈夫です。この後、指圧の全身治療を継続的の行っていると、狭心症発作は起こりにくくなります。



私も以前に、70代の男性で、奥様の看病に疲れて狭心症で病院に運ばれた方の指圧をしたことがあります。この方は病院で手術が必要だと脅かされたのですが、翌日に退院して、病院からの薬も飲んでおられませんでした。

とにかく、指圧を始めて見ましたら、腹部はもとより、前胸部、前腕、背中と固い所だらけでした。でも、一度目の全身指圧だけでスッカリ良くなられ、次の日に病院に行ったら、狭心症ではないと言われたといって笑っておられました。

その後も何回かの指圧治療を受けられた後、再び病院で検診してもらったところ、狭心症の症状は無くなっていたと言われたそうです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



私は昔から、各地方の「方言」を聞くのが好きなんです。どの方言でも、その地方の人でないと良く分からないような表現があります。

それこそが、その地方独特の文化であり、生活様式の表れだと思います。唯、残念ながら最近では、何処でも都会の生活様式が取り入れられるようになり、それにつれて標準語が地方にまで普及してしまいました。

先日も、若い姉弟が指圧治療に来たことがありましたが、二人とも福岡県出身で、弟さんが千葉県で働いている所に、お姉さんが時々、福岡から様子を見に来るということでした。

二人の指圧治療が終わって、私が運動法について色々話していた時に、二人がいきなり博多弁で喋り出したんです。最初は二人とも標準語だったんですが、話が盛り上がってきた途端に、無意識のうちに二人が博多弁になったわけです。

その二人の様子を見ていて、やはり方言はいいなと感じました。博多弁になったら、二人の会話が実にスムーズに楽しそうに見えましたからね。



ところで、私は度々申し上げているように、広島県の尾道市の出身です。尾道の方言も広島弁には違いないのでしょうが、広島市辺りと比べると違いがあります。

唯、近年は他の地方都市と同様に、標準語が普及して、独特の「尾道弁」を話す人々は少なくなっているようです。

今日はその「尾道弁」について、少し紹介してみたいと思います。尚、これが純粋の「尾道弁」だと言い切れるものはありません。



実は、尾道弁は「備後弁」とか、「備前・備中弁」などにも共通するところがあります。唯、尾道は、広島安芸文化圏より岡山備中備前文化圏に近いのではないか、と言われています。

また、狭い尾道ですが、地域によって、随分と異なった言葉(表現)があるようです。中でも「尾道弁」は、「まち(商人)ことば」と「漁師ことば」に大別されるようで、その「漁師ことば」にも吉和(よしわ)、御所(ごしょ)、尾崎(おざき)の三地区の言葉があるようです。

では、今日は尾道弁で『あ行』に含まれる表現を紹介します。ですが、これらが今も現役の言葉として一般に使われているのかどうかは、定かではありません。(「路地ニャン公の尾道ホッと情報」を参照)



尾道弁の『あ行』

ああじゃこうじゃ⇒あれやこれや
あぎょう⇒物などをあげる(例:「ええ子じゃけい、これあぎょう」)
あずる⇒苦労する(例:「子供の宿題であずる」)
あ、ほうねぇ⇒なるほど
ありょう⇒あれを(例:「ありょう、しゃんしょう(しましょう)」)
あんなぁ⇒あの人は(例:「あんなぁ、ええ子よ」)
あんやん⇒兄さん

いお⇒魚(例:「いおは,うまあけぇのう」)
いさば⇒鱶の子=転じて相手を見下げることば(例:「このいさばが・・・」)
いたしい⇒難しい(例:「こりゃあ、わしにゃいたしいで」)
いっこも⇒何にも(例:「いっこも、見れん」)
いなす⇒呑み込む。帰す。(例:「早う、いなせぇ」)
いなげな⇒変な、おかしな(例:「いなげな所じゃ」「いなげな味じゃ」)
いぬる⇒帰る(例:「わしゃぁ、もういぬるでぇ」)
いんやぁ⇒嫌だ。言いなさい。(例:「あの人にいんやぁ」)

うち⇒私(女ことば)(例:「うちゃ、知らんよ」)
うまあ⇒美味しい(例:「こりゃあ、うまあのうや」)

ええ⇒優れている(例:「この絵のほうが、ええでぇ」)
えっと⇒沢山(例「こりゃぁ、えっとあるは!」)
えらい⇒疲れた(例:「仕事をし過ぎて、えらいわぁ」)

おおけえ⇒大きい(例:「これはおおけえなあ」)
おごうさん⇒奥さん(例:「おごうさん、さかなは要らんきゃあ」)
おじんじょう⇒正座(例:「おじんじょうしなさい」)
おせ⇒大人(例:「ガキのくせに、おせを言うなぁ」)
おどれ⇒「お前の」見下げたことば(例:「おどりゃぁ、なにするんじゃ」)
おはようした⇒お早うございます
おみゃあ⇒お前(例:「おみゃあらぁ、何しとんか」)
おらぶ⇒叫ぶ(例:「オランダ人がベランダでおらんだ」)
おらん⇒居ない(例:「だれもおらんでぇ」)



こうしてみますと、私の子供の頃によく使った表現もありますが、その反面、全く忘れてしまっていて、何だか始めて聞くような気分になったものもあります。

東京に出て来ておられる方の中には、ご自分の出身地の方言を使うことを嫌ったり、隠したりして、出来るだけ標準語で話そうとされる方もおられます。

でも、それは何だか勿体ないような気もします。勿論、純粋の青森弁や鹿児島弁で喋りまくられますと、全く理解不能になってしまいますがね・・・。



私のところに指圧の勉強や治療に来られる方の中には地方出身の方が大勢おられますので、その人達が例え標準語で喋っていても、発音やイントネーションの違いが出てきて、あぁ、この方は○○出身だな、と分かることが良くあります。

そのことを当人に話しますと、そうなんですよと言って、何となくリラックスされたり、それが元でその地方の話になったりして、和気藹々になることが多いものです。

私は、地方出身者の方が公的な発言以外、私的な付き合いの場では積極的にご自分の方言で話をされることが
いいのではないか、と思っています。

最後に尾道弁で喋ると次のようになります。(「尾道をピカピカにきれいにする会」より)


『よう来んさったのう尾道へ。

わしらぁ港町で育ったけえ、おのみち弁がいちばんええ。

なんじゃ言うてものう。こまい時から聞いとるけえ。

尾道弁のことを昔からの料理屋さんにお願いしゃんした。

まぁ、ちょっと見てつかぁしゃあ。

「でべら」ゆう干しざかなが、ありゃんすけぇ。

ゼニゃぁまけときゃんしょう。

直ぐ持ってきゃんすけぇのう、待ちょうてつかあしゃあ。

のう、これこれ。こういうんが、ええんじゃ。

よう買うてもらよーるけぇ、満てたら、しみゃあで。

うまーしこ頼みゃんすで。』






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

MATAWARI JAPAN


先日は、相撲力士の基本鍛錬法の「四股踏み」について紹介しましたが、今回も力士に馴染みの「股割り」についての紹介です。

この股割りは、相撲界では股関節を柔軟にし、怪我を防ぐことを目的に行う準備運動と位置付けられています。しかし、現在、「大相撲の稽古の中でも最も厳しい」と言われることも多く、ほとんどの新弟子はこれを怖がるそうです。

しかし、『MATAWARI JAPAN』という組織を作って活動されている、治療士の中村孝宏氏は、『股割り』は、運動のトレーニング方法として実にシンプルで優れたトレーニング方法だ、と教えておられます。



私は以前にも申し上げましたが、子供の頃、高い材木置き場から地面に落ちるという体験をした時に、どうやら骨盤を打ったようで、以後、特に左の股関節に違和感を感じてきました。また、腰椎にも何等かの歪みがあることも感じています。

つい最近まで、この股関節の違和感がありましたが、中村孝宏氏のサイトを拝見したりして自分流に「股割り」を練習してみましたら、次第に左股関節の異常が和らいできました。

まだ、1ヶ月も続けていませんが、毎日、自分の出来る範囲で股割りを行ってきましたら、何と子供の頃からの左股関節の異常が解消して、左右の股関節の状態が均等になってきました。



その結果、立った姿勢でも左右の脚に掛かる体重が均等になってきました。以前は、左の脚に力が無いなと感じていたのですが、最近は両足裏が地面にピタッと着いた感じで安定して立つことができます。

とはいえ、中村孝宏氏の指導されているような理想的な「股割り」が出来る訳ではありません。が、それに近付けるように毎日、欠かさずに続けています。

先日、紹介した「四股踏み」と合わせて行うことで、足腰を丈夫にして、股関節を上手く使えるようになるものと思っています。この年になってでも、股関節の異常を解消出来たことは、洵に有難いことだと感謝しております。



ところで、中村孝宏氏は「股割りとは何かその目的」について下記のように述べておられます。

「直立で脚を大きく開いて腰を落としていく四股立ち或いは腰割りという運動を股割りという。また、床に座って開脚をして力を抜いて筋肉や関節をジワジワ伸ばしながら行う開脚ストレッチ運動を股割りという。

股割りにチャレンジする理由や目的は、足腰の柔軟性を養うため、股関節をやわらかくするため、股関節をゆるめるためなどが一般的である。

だが、本書で紹介する股割りはそのどれでもなく床に座って開脚をして筋肉や関節を伸ばさないようにして円滑な重心移動を行うための運動訓練である。」


<股割りのやり方>

構造動作トレーニング "股割り"を極める



股割りの一連の流れ(型)

1・床に座って脚を大きく開いて股関節を外旋する。
2・基本ポーズでお腹辺りに重心を置いて体幹をまとめる。
3・趾(あしゆび)を握り込みながら足関節を背屈する。
4・趾を握り込んだまま底屈しさらに股関節を外旋する。
5・胸を斜め前上方向へ出して重心位置をなじませる。
6・趾を握り込んだまま背屈をして股関節の外旋と体幹を保ちながら身体をまとめる。
7・顔と胸を正面に向けたまま重心を前に移動する。
8・下腹と肘が床に着いたらさらに腹圧をかけて骨盤を前傾する。
9・顔と胸を正面に向けたまま腹圧を高めて股関節を切り返す。(ロールオーバー)

*詳細な説明はこちら=>股割りのやり方/股割りとは何かその目的



さて、股割りといいますと、何となく股を左右に開くストレッチ運動ではないかと考えますが、実は両者には大きな違いがあるようです。中村孝宏氏は下記のように述べておられます。


「ストレッチも股割りも同じような意味でとらえてしまいがちですが、両者は全く「質」の異なるものです。

ストレッチはスポーツや医療の分野でリハビリとして行われるものです。マッサージや指圧などの圧迫刺激も筋肉のストレッチといえるでしょう。骨折後の動きを失った筋肉への後療法や寝たきり患者の動きのない筋肉に対し他動的に動きを与え刺激するために用いられる筋肉伸張方法です。

股割りは運動能力の向上、けがの防止のために行う関節運動方法です。

スポーツの現場ではストレッチと混同され取り入れられており、選手の多くは股関節周りをやわらかくすれば怪我が少なく運動能力が上がると考えられています。

これは、大きな誤解です!

股割りと混同されている股裂きといわれるものは筋肉を引き伸ばして、見た目にやわらかくなったもので筋肉が伸びたに過ぎません。股関節が動くようになったわけではなく、怪我が減るどころか運動能力が下がるおそれもあるのです。

骨格筋は収縮で力を発揮する。

当然のことながら関節運動は主動作筋が収縮することでおこります。股関節なら腸腰筋 が収縮することで屈曲(曲がる)する。

つまり、股割りは筋肉を伸ばさないように行う。

ストレッチ(股裂き)が筋肉を伸ばす方法に対し、股割りは筋肉を伸ばさない方法なのです。

股割りは、「固さを残して余分をゆるめる」ような感覚で筋トレに近い運動感覚があります。

股割りの一連の動きは、股関節外転外旋から屈曲、内転内旋伸展 です。この、一連の動きをスムーズにできるよう訓練します。途中で筋肉を伸ばしてしまうと股関節の動きは止まってしまいます。

そして、股割りで重要なことは股割りで訓練する一連の動きを自分の競技に置き換える作業です。運動能力の向上、けがの防止のために地道な股割り をするのですから訓練の意味をしっかり把握するべきだと思います。」



最後に、股関節を動かす上に於いて、足の指(趾)が大変重要だと述べておられます。実はこの趾がカラダの「土台」であり、この趾を靴のなかで眠らせたままいくら体を鍛えても、本質的な改善や能力アップは難しい、と語っておられます。

そうした理論を下記の書籍では分かりやすい文章と豊富な図版で説明するとともに、趾を目覚めさせる具体的なエクササイズを沢山紹介されています。



また、ランナーやウォーキング愛好者はもちろん、スポーツ・武道をされる方に最適な“ゆっくり走り"と呼ばれる股関節のウォーミングアップ法を詳しく紹介されているとのことです。また、下記の動画も参考にして下さい。

「構造動作でカラダを変える!足指トレーニング」







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

koro.jpeg

過日、南米コロンビアの見ず知らずの方から、私がYouTubeに掲げている動画を見たと言う、下記のようなメールが届きました。

「We have just watch your video at youtube. Thank you very much for your deep words and teachings. We would like to know if someday you could be interested on coming to Colombia, South America, to our Dojo and realize a Seminar.」


彼等のサイトを見てみましたら、どうやら、コロンビアで指圧や整体や、色々なことをやっているようなんです。仏教的なことにも大変興味を持っているようで、或る仏僧のことなども紹介していました。

残念ながら、スペイン語のサイトでしたので私には理解不能でしたが、仏像の写真などを掲げており、日本的なことに関心があるのが伺えました。



さて、上記のメールをご覧になると分かりますが、私の動画を見て、何時の日かコロンビアで指圧セミナーのようなことをやってみる積りはないかと聞かれたわけです。

実は、このように海外から、指圧を教えに来る予定はないかなどと聞かれることは結構あるんです。ですが、私は全然その気がありませんので、何時もお断りしています。

ですから、今回もこの方に対して同様の返事をしました。何も私がコロンビアまで出掛けて指圧の講座を行う必要性を感じませんからねぇ。



私は基本的に、海外に出掛けるよりも、海外から日本に来る方に指圧を教えればいいと言う考えがあるんです。何故なら、指圧はそんなに特別なことではなく、誰でもが習得出来ることですから、私が偉そうに外国に出掛けて教えるほどのものではない、と言う思いがあるからです。

私の師であった、故・増永静人先生は当時の日本で、指圧が治療効果の高い療法として正当に理解されていないことに失望されて、先ずは外国に指圧を広めて、それを日本に逆輸入したいと考えておられたんです。

ですから、自らアメリカやカナダ、フランスなどに指圧の講習に出かけられた訳です。その結果、現在では西欧各国で増永先生の指圧の理論ややり方が、”Zen Shiatsu”として広く普及しています。



故・増永先生は当時(三十数年前)の指圧界の第一人者でしたので、そのように海外に指圧を普及させたいと考えられたことは当然のことだったと思います。

ですが、私は当時から指圧に対して別な考えがありましたので、海外に出掛ける必要性を感じなかったわけです。今後もその考えは変わりません。

私の知人で、NYで大きく指圧学校などを経営して指導に当たっている方などは、年中、海外に出掛けて精力的に指圧を普及させています。



彼の場合は正に、指圧ビジネスになっています。彼は西欧各国にいる生徒達の所に寝泊まりして、宿泊費を浮かしたりして飛び回っています。

或る時、私にも同様に、自分が教えた海外の生徒を頼って、そこに無料で宿泊して指圧を教えにいったらどうか、とススメられたのですが、とてもそのような気にはなりませんでした。

私は、指圧を単なるビジネスにする考えはありませんので、海外に出張ってまで教えたり、治療をしたりする気にはなりません。その上、体力にも自身がありませんからね。



ところで、今回は南米のコロンビアから誘いのメールがあったわけですが、実はコロンビアと言えば昔、大変縁があった国です。

その当時は、目黒駅の近くにある在日コロンビア大使館にも何回も伺い、大使や大使夫人の治療をさせてもらったものです。

また、大使館に勤務していた職員やその家族、また他のコロンビア人達の指圧講座も方々で行いました。何故こんなにコロンビア人と縁があるのだろう、と不思議に思ったこともあったぐらいです。



もう名前もスッカリ忘れてしまいましたが、当時の或る大使夫人のことは、よく覚えています。大変インテリな方で勉強熱心な女性で、魅力ある方でした。

その頃の日本の週刊誌などでも、美人の大使夫人として彼女のことを取り上げていたぐらいですから、ちょっと他の大使夫人達とは違った所がありました。

また、精神的なことにも関心を持っておられ、その点でも私の話した宇宙の法則や因果の理法なども否定されることなく受け入れて下さいました。



或る時、大使公邸に治療に伺った時、彼女自身の精神的な悩みなどについても相談されたことがありました。もう何のことだったか忘れましたが、涙を流しながら相談されたことを覚えています。

これまで多くの海外の大使館関係の方の治療や講座を行ってきましたが、この大使夫人のことは忘れられない一人です。

その他にも大勢のコロンビア人に会って来ましたが、中には日本語も英語も出来ない方がいたりしましたが、総じて親近感を覚える方々が多かったように思います。

尚、どういう訳か、南米の方とは縁が深いといいますか、これまでに全ての南米の国々の方に指圧を通してお会いして来ました。

ですから、私にとっては、西欧の方々よりも南米の人々の方が、より身近に感じらることの方が多いのです。でも最近は、外で教えることをしていませんので、余りご縁が無くなりました。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

ko.jpeg

四股(しこ)と言えば、力士の専売特許のように思われているかもしれませんが、実は、健康法の一つとして一般の方の間にも普及しています。

世間では足腰を鍛えるために、ウオーキングなどがススメられていますが、実はウオーキングだけでは鍛えられない重要な筋肉があります。

それが、腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれる腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉群です。下記の画像をご覧ください。


腸腰筋

この腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えると、足腰が強くなり、日々の行動が一層、活動的になります。腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えて足腰を強くするには、「四股を踏む」ことが一番だと言われています。



ところで、「頭医者のつぶやき」の管理人さんが、「ミトコンドリアを活性化する9つの習慣」という記事を掲げておらますが、その中で、「四股を踏む」ことがミトコンドリアの活性化に役立つと述べられていますので、下記に引用させて頂きます。

ミトコンドリアとは、細胞の中にある小器官(オルガネラ)のことです。人間の身体の中には60兆個の細胞があるといわれていますが、その細胞、一つの中にミトコンドリアは50~50万個、平均で2000個近いミトコンドリアがいるそうです。

=>「ミトコンドリア」を増やそう!


このミトコンドリアが何をしているのかと言いますと、細胞や器官を動かすエネルギー、ATPと呼ばれるエネルギーを作っています。

要するに、私たちの身体の中でミトコンドリアが毎日毎秒、エネルギーを作るため働いてくれているわけです。ですから、ミトコンドリアが衰えてくると新陳代謝がうまくいかなくなり、古い傷ついた細胞が残るので病気の原因になるとも言われています。


ーー引用はここからーー

なぜ四股を踏むのが良いかというと、筋肉、特に下半身の筋肉を作るのに有用な運動が「四股をふむ」だからです。

筋肉は全体の40%をしめる人体最大の発熱器官です。筋肉量が多いと、それだけでからだを温める効果があります。そして、ミトコンドリアが一番多くすんでいるのも、筋肉です。

実にミトコンドリアの約7割は筋肉の中にあるのです。だから、筋肉を鍛え、筋肉の量を増やすことはミトコンドリアを増やすことであり、体を温めることでもあったのです。

嬉しいことに、筋肉は、年齢は関係なく、いくつになっても鍛える(増やす)ことができます。特に、鍛えて欲しいのは下半身です。

なぜなら、筋肉の7割が足腰を含む下半身にあり、「老化は下半身から」といわれるように加齢と共に一番衰えやすいのが下半身だからです。

筋肉は、何もしないと、30代から衰えだし、60代になると一気に衰えます。60歳過ぎたら足腰が立たなくなるなんてことにはなりたくないですね。そのために私が提唱しているのが「寝る前に四股をふむ」です。


ミトコンドリアを増やす習慣として、「四股を踏む」を紹介しました。ミトコンドリアは筋肉に一番多くすみ、筋肉はからだを温める効果があるからです。

回数は10回ぐらいで構いません。そして、やる時間は、寝る前がお薦めです。なぜかというと、この時間帯が筋肉を鍛えるのに一番効果的だからです。

筋肉を増やすためには、使うだけでなく、休むこととの繰り返しが必要です。だから、筋肉を鍛えた後、いかに休むか、そして鍛えることで傷ついた部分(細胞)をいかに早く直すかが重要です。

そのキーワードとなるのが「成長ホルモン」です。成長ホルモンとは、寝ている間に傷ついた細胞を修復してくれるホルモンで、就寝後30分ぐらいしてから分泌がはじまり、一番良く出る時間帯が午後10時~午前2時といわれています。

だから、寝る前(=10時~12時の間)にこの筋肉を鍛える運動するのがよいのです。しかも、四股を踏むと大腿四頭筋が鍛えられます。

ここを刺激することは、成長ホルモンの分泌を促す効果もあるのです。また、東洋医学では「腎虚」といって、腎(下半身)の衰えは病気の原因ともいわれているので、下半身を鍛える「四股踏み」は、病気を未然に防ぐ効果もあるのです

さぁ、あなたも今日からはじめてみませんか? 寝る前に10回、「四股踏み」


残念ながら、四股を踏むと言う動作は、誰でもできるに少し当てはまりません。なかには、膝や足が痛くて四股が踏めない人もいるでしょう。そういう人にうってつけの方法を今回ご紹介します。

それは、「つまさき上げ」です。
やり方は簡単です。

①椅子に座ったままでよいので、かかとをつけたまま、つま先をちょっと持ち上げてみましょう。
②この状態でできれば3秒数えてください。
③これを片足ずつ5回ほどやってみて下さい。

これでも、しこを踏むと同じ効果があります。なぜかというと、四股ふみの動作で鍛えているのは、太腿の筋肉(すなわち大腿四頭筋や大腿二頭筋)です。つま先あげでも、この太腿の筋肉(大腿四頭筋や大腿二頭筋)を鍛えることができるからです。

追伸です。

つま先あげと平行して、もうひとつ体操を紹介します。

足首ふりです。

やり方は簡単です。仰向けに横になって、リラックスしたまま、足首を左右にぶらぶらふるだけで構いません。これだけで、股関節をゆるませ、インナーマッスルを鍛える効果があります・キーワードは股関節をゆるます、そして太腿の筋肉を鍛える。覚えておくと何かと便利です。

ーー引用はここまでーー



さて、四股を踏む上で注意することは、ゆっくりと行うことです。まずは、息を吸いながら、足をゆっくり上げていきます。(数秒) 次に息を止めて、上げた足を止めます。(数秒) そして、ゆっくり息を吐きながら、足を下ろします。(数秒) こうすることでインナーマッスルも鍛えられ血流が良くなるわけです。

=>力士の四股の踏み方

横綱白鵬の四股


遠藤関の四股







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

ima.jpeg
「HOPPYの部屋」より

世間では、「人は幸せになるために生きている」などと言われることもあります。何気なく聞いていると、そうなんだぁ、と思ってしまいますが、「幸せになるため」などと言われますと、じゃあ、人生の始まりは不幸なのか、とツッコミを入れたくもなります。

それよりも「幸せ」とは何か、ということです。幸せとはこういうものだ、という確たるものがあるのでしょうか・・・。また、これは幸せで、これは幸せではない、と判断できるのものなのでしょうか・・・。

残念ながら、私たちは日頃、このように自分でもハッキリと分かっていない言葉を平気で使って、何となく幸せとは、こんなものだと錯覚して生きているのではないでしょうか。



この「幸せとは何か」ということについて、「乳酸菌普及協会」の管理人さんは、他の方の見解を紹介しながら、ご自分の考え方も披瀝されています。

賛同出来る所が多いので、下記に引用させて頂きます。皆さんの参考にして下さい。


ーー引用はここからーー

いつもは意識していないと思いますが、良く考えてみたら人は誰でも例外なく世界にたった一人しか存在しない、奇跡の存在だっていう事に気付くと思います。貴方の代わりになる存在など、この世界には一人として存在してはいません。

貴方は貴方であって、それ以上でもそれ以下でもないんです。全ての事は、今の貴方に丁度いいんだそうですよ。ですから、今の貴方に出来る事でみんなに喜んでもらえる事を日々積み重ねていく事で貴方が成長していったら、すべては今の貴方に丁度いいという事なので、周りも当然良くなっていく事になりませんか。

確かに今のこの国は、理想郷ではないと思いますが、それは今までの高度成長時代の国民1億総中流と言われた時代と比べてしまうからですよね。

しかし世界に目をやれば、日本人として生まれたことが、どれだけ恵まれているかを思い知る事となりますよ。

そんな事を気付かせてくれる内容の記事がありましたので、シェアしたいと思います。

以下、誰の言った言葉であるかは不明ですが、転載いたします。


もし、あなたが今朝、目が覚めた時、
病気でなく健康だなと感じることができ
たなら・・・

あなたは今生き残ることのできないであ
ろう100万人の人達より恵まれています。

もしあなたが戦いの危険や、投獄される
孤独や苦悩、あるいは飢えの悲痛を一度
も体験したことがないのなら・・・

あなたは世界の5億人の人達より恵まれ
ています。

もしあなたがしつこく苦しめられること
や、逮捕、拷問または死の恐怖を感じる
ことなしに教会のミサに行くことができ
るなら・・・

あなたは世界の30億人の人達より恵ま
れています。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、
頭の上に屋根があり、寝る場所があるの
なら・・・

あなたは世界の75%の人達より裕福で
恵まれています。

もし銀行に預金があり、お財布にお金が
あり、家のどこかに小銭が入った入れ物
があるなら・・・

あなたはこの世界の中でもっとも裕福な
上位8%のうちの一人です。

もしあなたの両親がともに健在で、
そして二人がまだ一緒なら・・・

それはとても稀なことです。

もしこのメッセージを読むことができる
なら、あなたはこの瞬間二倍の祝福をう
けるでしょう。

なぜならあなたの事を思ってこれを伝え
ている誰かがいて、その上あなたはまっ
たく文字の読めない世界中の20億の人
々よりずっと恵まれているからです。

昔の人がこう言いました。
わが身から出るものはいずれ我が身に戻
り来る、と。

お金に執着することなく、喜んで働きま
しょう。

かつて一度も傷ついたことがないかのご
とく、人を愛しましょう。

誰もみていないかのごとく自由に踊りま
しょう。

誰も聞いていないかのごとくのびやかに
歌いましょう。

あたかもここが地上の天国であるかのよ
うに生きていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以上、転載文でした。

人それぞれで、いろんな境遇の中で生活していると思いますが、貴方より恵まれている方もいれば、不遇な状況でいる方もいます。

比べると言う意識から不平不満や、優越感からくる上から目線は生まれてきます。比べる必要はありません。自分が苦しむだけです。

貴方はどこまで行っても貴方なんですから、今の自分を受け入れ、自分の心に素直に従うような想いと行動をしていったらいいんでは無いんでしょうか。

貴方が幸せでないと、周りも幸せでいる事は、難しいと思います。

幸せはより大きな幸せを招き、不幸はより大きな不幸を引き寄せると言う法則は、確かに事実だと思っています。

まずは貴方が、自分自身が幸せになる事です。幸せを実感する事です。

心から実感出来たら、その時点を境に幸せの循環が始まります。幸せがどんどん広がって大きくなっていく事でしょう。

当然逆もありますので、くれぐれもマイナス意識で不幸の循環に陥らないようにしたいですよね。

この世界にある、たった一つの法則とは、自分が発信したものは、必ず自分に戻ってくるという事だけです。この法則から逃れる事は出来ません。プラスに出せばプラスが戻り、マイナスを発信すればマイナスが戻る、ただそれだけの事です。

自分が望むことを、その事を望んでいる他者に対して発信していく事が、この法則により結果として、自分に戻ってくると言う事です。

この事が信じられないと仰る方も中にはいらっしゃると思いますが、ともかく心に引っかかる事があったら、まずは自分自身で実践検証する事をお勧めします。

貴方の人生は貴方が主人公です。全ては貴方自身が最終決定権を持っていると言う事ですから、何があっても他人は責任を取ってはくれません。

物事に対して決めていくには、正確な情報が必要になります。その情報を人任せにせず自便自身で納得いくまで調べたり、信頼する人生の先輩に聞くとかして、情報を集めてください。情報量の多さが正確な判断の基になります。

と言う事で、長々と自説を書き連ねてしまったわけですが、これはあくまでも私の考えなので皆様におかれましては、鵜呑みにだけはしないようにお願いします。(笑)

ーー引用はここまでーー



要するに、この世の中に幸福とか不幸という、確たる何かがあるということではありません。全ては自分勝手に、これは幸せ、あれは不幸と考えているに過ぎません。

簡単に言えば、自分が幸せと思えば幸せであり、不幸と思えば不幸である、ということです。例えば、人も羨むような大金持ちであっても、本人がもっと金が欲しい、欲しいと思って現状に満足していなければ、結局、欲求不満で不幸だと言えます。

また、貧乏のどん底にいても、自分は何にも縛られずに生きていけて幸せだなぁ、と思えれば、その人は幸せと言えるのではないでしょうか。



その人の想い次第、在り方次第で、幸福にも不幸にもなるというわけです。何のことはない、自分が勝手に幸・不幸と思っているだけで、何等、客観的な根拠は無いと言えます。

そのことが分かれば、上記のお二人が言われていることが真理だということも理解できます。本当に幸せを望むなら、今、今、この瞬間、瞬間が「幸せなこと」と認識できるかどうかに掛かっています。

自分が現状をどのように思おうとも、「全ては与えられ」「全てに恵まれている」ことは間違いありません。何故なら、今ここに命があるということが全ての全てですからね。

「今、ここに在る」ということが、幸せの極致であり、それ以外にはありません。つかみ所の無い、あてども無い幸せを追い求めるのではなく、今、ここに命のあることを感謝していければ、正にここは天国ということになるものと思います。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



唐突ですが、私達はこの世に何の為に生かされているのでしょうか。一言で言えば、「魂を磨くこと」とか、「魂の進化向上を図るため」と言われています。

では、魂を磨くこととは、どうすることでしょうか。それは、「己を知る」と言うことではないでしょうか。別の言い方をすれば、「悟る」と言うことにもなります。

でも、悟るなどと言いますと何か宗教的な特別なことをしないと分からないような雰囲気がありますので、「己を知る」と言うことで話を進めますが、その己を知ると言うことが、また解ったようで分からないことです。



何故それが分からないのか。それは、分かろうとしないからだと言えます。では、何故分かろうとしないのか。それは「我」が強いからです。

我が強いと言うことは、何事も自分の一方的な考え方や見方で判断しようとしますから、どうしても透明なガラスではなく不透明な磨りガラスのようなもので物事を見てしまうことになります。いわば偏見に陥っている姿です。

このように偏見に満ちた姿が真の己だと考えている限り、洵に「己を知る」と言うことは難しいと言えます。そればかりか、その偏見によって吐き出された悪波動がやがて、己に戻って来て、色々な障害に出遭わざるを得なくなります。



とは言え、私達がこの世に生かされている意味を考えますと、こうした障害や不都合な現象こそが真に己を知るための仕組み(法則)ではないかと考えます。

私達が我の赴くままに、偏見に満ちた生活を続けている限り、魂を磨くことも、己を知ることも出来ないので、色々な不都合な現象を通して自らの考え方のクセや偏り、間違いを気付かせて下さっているのではないでしょうか。

そう考えますと、己の周囲の環境、己の境遇、己の家族、己の友人知己、己の関係している仕事などを始め、己の周囲総てが、自分自身の反映であり、真の己の姿だと言えます。

ですから、己の置かれた環境の中から、己の考え方のクセや偏りを知ることこそが、正に「己を知る」ことになると言えます。



このことを念頭に入れて私自身のことを考えて見ますと、色んなことが分かって来ます。私は肉体的な問題や仕事に関する問題を長年に亘り抱えて、それの堂々巡りを繰り返して来ました。

例えば、身近なところでは中学生の頃から近視になり、今日まで可なり視力が落ちています。他にも乱視も混じっています。近視というのは、物の見方が偏っていることを現しています。即ち、深慮遠謀が足らず、何かに於いて近視眼的な見方しか出来ていないことを示しています。

これは自分自身によく当て嵌まっています。私は良く言えば現実的とは言えますが、何事も計画的に考えられず、先のことは何とかなるだろうと、いい加減に考えて来たところがあります。

また、乱視がありますが、これは物事を斜に構えて見ていることの現れではないでしょうか。こうしたことは現在の私の環境を見ますと、正にその結果が現れていると言えます。



それから、子供の頃から歯が悪く、特に奥歯は軒並みダメになって金属を被せていますし、何本かの奥歯(親知らず)を抜歯しています。

これは、言いたいことも言わずジッと奥歯を噛みしめて我慢してきた結果です。よく、悔しくて歯ぎしりすると言われますが、自分の想いを出さないで悶々としていると、奥歯を痛めたりする結果になるものと思います。

また歯の問題は、食べ物に感謝が足りないとか、良く噛んで食べないとか、物の言い方がヒドイと言うようなことも考えられます。

私の場合はどちらかと言いますと直情型ですから、思ったことをスッと喋ってしまい、相手に不快な思いをさせたことも多々あったのではと考えます。それから早食いでしたから、歯に影響が出ても当然かも知れません。



更には子供の頃から肺や気管支が弱いようで、直ぐ咳き込みますし、冷房などのある所ではノドをやられてしまいます。冷房などに弱いと言うことから考えますと、冷えに弱いわけですから腎臓の働きも十分ではないのかも知れません。

その所為でしょうか、長らく前立腺の肥大で排尿にも影響が出ています。腎臓の働きが弱いとすると、きっと前の世で、人に死の恐怖を与えるようなヒドイことをして来たのかも知れませんし、前立腺の問題と合わせて考えますと、色情因縁があるものと思います。

肺が弱いと言うことは先の世から今生に掛けて、物の考え方が暗かったと言うことが言えます。先の世のことは分かりませんが、今生の若い時のことを考えて見ますと、厭世観などがあり、自己呵責の念に囚われていた時期がありましたからね。また、気管が弱いと言うことは、人の言うことをよく「聞かん」ことの現れとも言われています。



こうした肉体的な症状もさることながら、私には仕事関連に於いても長年、堂々巡りを繰り返して来ています。このことを考えて見ますと、そこには考え方の偏り、偏見があったのではないかと思います。それを何時までも放置してきた結果だと言えます。

では、偏見とは何かと言いますと、自分の仕事はこうあるべきだとか、自分の置かれた環境はこうだから、こうする以外には無い、などと固定的な考え方に執われていたことが上げられます。

日々、周りの環境が変化しているにも拘わらず、自分の目的はこうなのだから、こうするしか無いなどと考え、結果として動きが取れない状態に陥っていたのだと考えます。

そこには自分の行き方を優先している姿が浮き彫りになります。頭では世の為、人の為と考えながらも、実際は己の想いを先行させてしまい、利他愛どころか自己愛に浸っていたことが分かります。これこそ、偏見と言わずして何と言うのか、と言うことです。



この世の中のことは何が善で、何が悪かも定かではないのに、自分勝手に、こうすべきであるとか、自分のやり方はこうなんだと決め付けることは、そこに考え方の偏りが生じてしまいます。そうした行き方を長年続けていれば、当然そこに歪みが大きくなり、やがては二進も三進も行かない結果になってしまいます。

考えて見ると面白いのですが、私は先程も言いましたように、これまで計画的と言うよりも、何とかなるだろうと言う、いい加減とも言える行き方をして来た反面、仕事のことでは固定的な考えを持って生きて来た訳です。

それは大変に矛盾したことですよね。本当に明日は明日の風が吹く、と言う行き方が身に付いていたのなら、仕事のことでももっと楽天的に、臨機応変にやって来れた筈ですが、そうはなっていなかったんです。それでは、やはり歪みが大きくなり、何時までも堂々巡りを繰り返さざるを得なかった、と言うことになった訳です。



それから、もう一つ。こうした偏見を持っていますと、他の人々の意見や言動に対して異論や批判を行い易くなります。私は人と論争したり、自分の意見を押し付けたりすることが嫌いと言うよりも出来ないのですが、その割には本を読んだり、テレビの番組を見たりしている時に、書かれたり言われたりする内容に対して、何時の間にか心の中で反論したり、違うと否定したりしている自分に気付くことがあります。何でこんなに否定しているのだろう、と吾ながら呆れることもあるほどです。

実はこれこそが自分の偏見の現れではないかと考えます。いや、これこそが私の本体ではないかと思う程です。自分の想念が総ての現象の元になっていることを考えますと、このような心の在り方こそが、今の自分の環境を作って来たのではないかと考えます。

誰がどんな言動をしようが、それに対して自分の狭い固い考えを元にして、異論や批判の想いを起こすことは、実に驕り高ぶった姿です。もっと是々非々に、融通無碍に受け取れば済むことです。



まぁ、今回は私事にまつわることで話を進めて来ましたが、このようにして自分の境遇や環境の中から己の姿を浮き彫りにすることが出来ましたら、それで終わりでは無いですよね。

そこからどう進めて行くかです。それには、自分に関わる総ての現象を「全てよし」と、有難く感謝で受け取り、明るく、楽しく、皆仲良く暮らす努力をすることですね。

これが出来て、始めて「己を知った」と言うことになると思います。何だかエラそうなことを申し上げましたが、「己を知る」ためにこの世に生かされていることは間違いないことだと考えています。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



日頃、「備えあれば憂いなし」という言葉はよく見聞きします。特に最近のように災害が頻発するようになってきてからは、一層、頻繁に使われるようになった表現でもあります。

その意味は誰でも分かっていることですが、「普段から、いざという時のために準備をしておくと、何が起こっても安心だ」ということですね。

恥ずかしい話ですが、私の人生を振り返って見ますと、常にこのことを疎かにしてきましたので、何時も何か知らのピンチに立たされることの連続です。

ピンチになってから、あれこれアクセクするのですから、上手く行くはずがありませんね。どうも生来のズボラな性格が災いしているのかもしれません。



ところで、先日の大雪の災害を目の当たりにして、改めて「備えあれば憂い無し」との警鐘を発しておられる方があります。

その方は、Facebook上で記事を配信されている、石垣稔氏です。私はこの方のことをよく存じ上げませんが、仰っていることは洵に正鵠を得たもので、今の私たちが肝に銘じておくべきことだと思いますので、下記に引用させて頂きます。


ーー引用はここからーー

▼再掲ですが、備えあれば憂い無しです

さて、皆さま、「地震」や「災害」の備えは万全ですか?天災は本当に忘れかけたときにやってくるものです。

必要な備え(心の準備も含めて)を出来うる限り万全にし、大切な方々との連絡手段の確立(合流ポイントの決定等々)をしておくことをオススメします。

またその震度や災害の程度によって「連鎖されること」も想定しておく必要があります。「連鎖されること」とは、どの地域に、どのような災害が発生すると「何が起こるのか」ということです。

メディアが報道する前に判断しなければ手遅れになることもあります。メディアが真実を伝えず、作為的に報道を遅らせることは、311から学んだことのひとつです。福島第一原子力発電所では、危機的な情況が継続しています。

移動時は、雪に囲まれ、身動きが取れなくなってしまう状況も予測されます。人間の身体は、低温下では想像以上の体力を消耗します。体力を消耗すると免疫力や抵抗力も低下します。

普段から、身体を冷やす飲み物や食べ物を控え、身体を温める飲み物、食べ物を摂るよう留意しておく必要があります。中でも、砂糖や乳製品は、身体を冷やすだけでなく、身体からビタミンやミネラルを奪うので注意が必要です。

そして、イザという時は「常に正しい情報を選択」して行動しなければ、誤った選択は重大な結果へとつながります。「選択をしなければならない非常時」は、「すべての連絡手段が途絶している状態」となっているケースが多く、最終判断は自分で行わなければなりません。

非常時の「口コミや噂」は、作為的かつ悪意に満ちたものも少なくありません。デマやウソ、誘導情報、根拠のない情報に惑わされず、「起きている事実と、現実の社会の有り様」から、正しい判断ができる力を身に付けておく必要があります。

繰り返しになりますが「備えは常に万全に」、そして「正しい情報を常に得る」ことが大切です。


▼正しい情報は自らが求めて得られるもの

この国の総理は衆院予算委員会にて「政府の最高責任者は私だ。」と発言(2/12)するなど、独善的さに一層拍車がかかってきていますが、この大雪に関係したリーダーシップは一切みられません。

また、先の選挙で都知事に当選した新知事は、今回の大雪のコメントを求められた際「こういうのは大したことはない。1日で終わる話ですから。」と回答(2/16)しています。国も自治体も、私たちを守ってくれることはなく、「別な目的」のために行動していると言うことは明確な事実です。

放送番組内で原発問題を発言しようとした大学教授に対し、都知事選を理由に発言を抑えたNHK(1/30)。民放各社と同様に、この国にもはや「真実の報道」は存在しません。

ひとりひとりが意識を持って正しい情報を求め、対策していかなければ、この時代に生き残っていくことが困難となります。悲しきかな、これが今のこの国の現実です。

今回の大雪で物流網に影響が出ている関係で、コンビニやスーパーの棚が品薄になっている報道もあるようですが、こうした映像を流布するのは、イザというときにコンビニなどの食材を摂取させようとする消費意識の植付です。

このような非常時では、なおのことコンビニ食は避けるようにしてください。大切な免疫力や抵抗力を失うことになります。

何より大切なのは日頃からの食生活に留意し、排毒体質を維持し、身体の血液が汚れるのを防ぐことです。今後さらに起こりうる「イザという局面」で生き延びるためには、自らの体調を万全に整えておくことが、最も大切な「備え」のひとつです。

正しい情報は待っていても得られません。与えられて得られるのは、私たちにとって不利益をもたらす情報のみです。本当に必要な情報は容易には得られません。自らが探し求め、考え、判断していく他はないのです。


▼その他の備え

現在、世界の経済は、米国と中国の行く末に掛かっているとさえ言われます。米国がかねてから抱えるデフォルト問題は、「今回も間際で回避された」とされていますが、根本的な解決はなされないままです。中国では、シャドーバンキング(影の銀行)が7つも破綻するニュースが伝えられています。

中国では国有企業は銀行からの借り入れが容易ですが、民間企業はシャドーバンキングに頼らざるを得ない実情があります。実質的な中国経済は、シャドーバンキングが握っていると言っても過言ではないのです。

金融崩壊については、気にも留めていない方が増えましたが、現在、正に一触即発の事態となっています。現代社会の金融経済は「兵器」と同等です。最終的なスイッチは国際金融資本家が握っていますが、ひとたびそのスイッチが押されると、容易に多くのいのちが失われる事態へと突入します。この「世界金融茶番劇場」には引き続き注視をしていく必要があります。

政府喧伝に感化されるなどし、日本人への放射能による影響はない、などという出鱈目の吹聴と、事実を伝えようとする方々への攻撃を行う人間が目立ってきているのも悲しい現実ですが、小児甲状腺がんひとつをとっても、現在、ベラルーシを越える世界最悪の事態が進行しています。

しかも、数値として顕在化しているのは、福島県の方々のみです。実際はこれだけではありません。こうして巧妙に事実から遠ざける政策を行っているのが、この日本です。

この「雪」も、単純な天災であると考えるのは時期尚早です。現代科学では、人工的な降雪など容易なことです。また、その「雪」の成分を変えることも。そんなことはあり得ないと言う前に、世界では既に常識とされている「ケムトレイル」や「HAARP」の存在を知ってください。

「気象改変技術」は明確に存在する技術なのです。日本人は、もはや、世界で一番事実を知らない民族と成り果てているのが現実です。

真実から目を背けることなく、事実を直視し、今、本当にすべきことをひとりひとりが考えなければならない時にきています。


▼日本人は日本なくしては生きられない

現在のこうした日本の現況に危機感を抱き、国内でも居住地を変える方々が多い昨今ですが、日本脱出を検討される方も増えてきているようです。現在、海外では、日系人が言われもない嫌がらせを受けるなど、徐々にこうした動きも顕在化しつつあります。

特定の既得権者など、現地の国家から守られる立場(これも束の間ですが…)でない以上、日本人は日本以外で生きていくことは困難な時代を迎えようとしています。今後、こうした動きは活発化し、本当にイザと言う局面では大変な場面に遭遇することも否めません。

ひとつの歴史的な事例としては「通州事件」「通化事件」が挙げられます。この事実でさえ知らない日本人が多いのが現実ですが、これは大陸で起きたことで他の地域で起こらない、と考えてしまっては大きな誤りとなります。これらは一神教文化圏では容易に起こりうる事態なのです。

ぜひ、ご自身の手で、何が行われたのかについて、調べ、知ってください。

日本人の心は、日本とともにあります。日本なくして、私たちは生きては行けないのです。


▼決して諦めずに人の繋がりを大切に

現在の社会は、人々を孤立化させることに力を入れています。社会的な問題が噴出すると、この機に乗じて、互いの信頼関係の崩壊、疑心暗鬼を誘う出来事が起こってきます。

他人への猜疑心(疑う心)を醸成する意識操作も平然と行われます。こうして、コミュニティ解体、家族破壊、人間の個人化に拍車をかけていくのです。

「ネットがあるから」と考えている方もいるかも知れませんが、「ネットで人に訊くことができない社会」や「ネットがいきなり遮断される事態」はいつ到来してもおかしくありません。早急に「顔の見えるリアルな繋がり」を構築しておく必要があります。ネットなどの通信手段だけに頼らない、大切な人間関係を築いておくことが重要です。

歴史ある誇り高き日本の歴史、伝統・文化。これを私たちの世代で根絶やしにしてしまうことは、絶対にあってはならないことです。将来を担う子どもたちへ、これから生まれ来る子どもたちへ、時代を超え、伝え続けられる社会。そんな当たり前の社会を守れるのは、この時代に生きている私たちだけなのです。

ーー引用はここまでーー



上記の記述の中でも特に大切だと思えることは、「日本人は日本なくしては生きられない」だと仰せになっていることです。

残念ながら、現在の日本人の中には日本に住んでいながら平気で、日本を貶めるような言動をする方がおられます。要するに日本人としての誇りも感謝もない人が増えているように見えます。

こうした現状を迎えたのは主に、戦後の日教組を中心とした唯物主義的な教育が幅を効かせてきた結果だと思います。特に学校の歴史の時間で、自虐的な歴史史観が教えられてきたことが原因になっています。



さて、上記の記述の中で注目すべき表現がありましたので、下記に簡単に説明しておきます。

1.中国の「シャドウバンキング」:一般的には「銀行を通さない金融取引」を指す言葉として受け止められていますが、その実体は、高金利商品を販売して集めた資金を、銀行とは異なる投資会社を通して不動産投資する資金運用のことで、要するに、リーマンショックを引き起こした あの「サブプライムローン」の中国版でだと言われています。(詳しくはこちらをご覧ください。


2.通州事件(つうしゅうじけん):1937年(昭和12年)7月29日に中国の通州において冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が日本軍部隊・特務機関及び日本人居留民を襲撃し、大量虐殺した事件。日本軍は壊滅し、日本人居留民の385名のうち223名が虐殺され、女性はほとんど強姦されて殺害され、殺害方法も猟奇的なものが多かったとされています。また朝鮮人慰安婦も殺害されているようです。(詳細は、こちら!


3.通化事件(つうかじけん):1946年2月3日に中国共産党に占領されたかつての満州国通化省通化市で中華民国政府の要請に呼応した日本人の蜂起とその鎮圧後に行われた中国共産党軍と朝鮮人民義勇軍南満支隊(李紅光支隊)による日本人及び中国人に対する虐殺事件。日本人3000人が虐殺されたと言われています。中国では二・三事件とも呼ばれています。(詳細は、こちら!



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



以前、3日間の短期で指圧講座を受講するために、オランダから一時帰国した日本女性がおられました。仲々ユニークと言いますか、大変に感受性の強い方でした。

話を聞きますと、何と20歳の時に単身、スーツケース一つを持ってヨーロッパに渡ったそうです。それ以前からダンスの勉強に彼の地に行こうと予定はしていたようですが、20歳になったと同時に躊躇無く出かけたそうです。

特にコネなどは無かったようですが、ダンスの勉強と言う強い目的があったわけで、何となく留学して、それっきりと言う者が多い中、確りと自立していたことが伺えます。



で、この方の父親はかなり高齢だったのですが、その当時でも、未だに画家として活躍されていました。そうした血を受け継いでいたのかどうかは分かりませんが、彼女も芸術的なことに強い関心を持ってダンスに取り組んでいることが感じられました。

ですから、目に見えない力にも感じるところが強いものを持っておられました。自分のこの世でのやるべきことは何だろうと真剣に考えたり、親・先祖との関係なども常に気になっているようでした


とにかく、端から見ていても心が清いといいますか、アッケラカンとした所がありました。本人はそれほど感じてはいないようでしたが、物事を余り苦にしないタイプに見えました。



その彼女が指圧講座の途中で、急に笑い出したんです。何か可笑しくて仕方ないと言った様子で、暫く笑いが止まらないほどでした。

何が起こったのかと思いましたら、目の前にあるガジュマルの木(植木鉢の中の1.8メートルほどの木)が自分の方を見て笑っている、と言われたんです。




そして、「この木は元気ですねぇ」とも言っていました。それを聞いて、私も嬉しくなったんです。このガジュマルの木はかなり前に購入しているんですが、窓の側でよく日が当たる所に置いているんです。

購入時よりは随分と葉も茂り、部屋の中に置くには勿体ないぐらいに立派に育っているんです。治療室を見守っていると言った感じでデンと居座っています。



これまでにも何人もの人が、「この木は素晴らしいですね」とか、「この木を見ていると安らぎますね」などと言って下さっているんです。ですが、木が笑っていると言った方は、この彼女が初めてでした。

この彼女の言葉を聞いた時に、あ~、やっぱり感受性が豊かだから、こうして木とも対話が出来るんだろうなと思いました。ガジュマルの木もそうした人間の感性(意識)はテレパシイーのように感じ取って、彼女に微笑み掛けたのかも知れません。

残念ながら、私にはそのような現象は一度もありません。彼女のような方がそうやって話してくれるので、やはり普段から大事にしているガジュマルの木も治療室の中でいい「氣」を出して、働いてくれているんだな、と納得がいきました。



このようなことは、私が12年前に描いた「太陽の絵」を見た方の感想にも言えることです。治療室の中に6枚の太陽の絵を掲げているんですが、時々、指圧の治療や勉強に見える方の中で、この太陽の絵から素晴らしい光が降り注がれて来ます、と言われる方があるんです。

私は唯々、常に太陽を意識して、それに感謝すると言う意味合いから、ある時期、何枚もの太陽の絵を一気に描き上げて、それらを掲げているだけなんです。決して上手い絵ではありません。

私は彼等のように、そこから光が注がれているなどとは感じたことは無いんです。でも、見る人によっては、そのように絵からでも太陽の光を感じて下さる方があることは、それを描いた本人にとっても望外の喜びです。



要するに、例え植木や観葉植物や野にある草花にしても、人間の方から常に、キレイだねとか、立派だねなどと意識を送っていると、木や草花でもそれに感応してくれると言うことですよね。

また描いた絵などでも、描いた人の意識が乗っているわけですから、それを見た方が感応して、色々な現象が現れることも理解できます。

そうすると、人間の意識と言うものは、人間同士はもとより、そうした一見、意識などは無いと思えるものにまで影響を与えていることになりますね。

このことを確りと自覚することが大切だと思います。であればこそ、人間同士の意識の交流と言うことに対しても、もっともっと認識する必要があります。



何時も申し上げているように、それが「霊波・念波」の存在を知ることであり、その働きを知ると言うことにもなります。

このことを一人一人が確りと理解するようになると、人を妬んだり、憎んだり、呪ったり、怒ったりすることが、如何に間違っているかが分かって来ます。

一日も早く、そうした時代になるように切に願わずにはおれません。オランダからの生徒さんの「木が笑っていると」いう言葉を聞いて、一層そうした思いが強くなった次第です。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



今日は野菜の「ほうれん草」の話ですが、年配の方はアメリカ漫画の『ポパイ(POPEYE)』(下記の動画)の中で、ポパイがほうれん草の缶詰を開けて食べると、途端に筋肉が盛り上がって強くなって相手をやっつける場面を記憶されているかもしれませんね。

Popeye The Sailor Man - Strikes Spares an' Spinach



まあ、このように「ほうれん草」を食べると元気になるという印象が強いのですが、実際はどうなのでしょう・・・。一般には下記のような特徴が挙げられています。


1.ビタミンA が豊富:ビタミンAはフリーラジカルを減らしてくれて、体内コレストロールが酸化するのを防ぐ

2.ビタミンKが豊富:ビタミンKは骨の健康に欠かせないオステオカルシンの働きを促す

3.ルテイン、リポ酸、ミネラルが豊富

4.細胞の健康に欠かせない葉酸と血圧、心臓の健康に欠かせないマグネシウムを含む

5.鉄分が豊富

6.抗酸化作用をしてくれるフラボノイドが豊富

7.筋肉の健康と活力を与えてくれる硝酸塩を含む

8.血糖値を正常にしてくれる植物性フィトエストロゲン様活性成分を含む


※但し、上記の効果が期待できるのは、無農薬のほうれん草に限ります。スーパーなどで一般に販売されているものは、その限りにはありません。注意が必要です。



ところで、ほうれん草はアジアやペルシア地方で最初に栽培されたのではないかと言われています。ヨーロッパには中世の時代にアラブから持ち込まれ、東アジアにはシルクロードを通って伝わったようです。

中国から日本に伝わってきたのは17世紀の頃で、当時は西洋種のほうれん草が伝わってきましたが、現在では西洋種・東洋種・交雑種・サラダほうれん草などが栽培されているそうです。


東洋種:葉肉が薄く、葉が細く深い切れ込みがある。葉先はとがり、根元が紅色。あくが少なく、歯切れよく、淡白な味。おひたしに向く。
tou.gif

西洋種:葉が丸みを帯び、葉肉に厚みがある。土臭さがあり、あくが強い。種にはとげのないものが多い。


サラダほうれん草:生食用に改良した、サラダ専用種。葉が柔らかく、色はやや薄く、切れ込みがない。茎はほっそりしている。
sara.gif

交雑種(サボイほうれん草):西洋種と東洋種の雑種から育成。ウイルスに抵抗性がある。葉がいちじるしく縮れており、アメリカなどで栽培。
sapoi.gif



尚、ほうれん草と言いますと、結石の原因になる「シュウ酸」が多いので注意が必要だという方もあります。

このシュウ酸は、ほうれん草の持ち味である”あく”の成分です。ゆでて水にさらすと溶け出してしまいます。ですから、よほど大量に食べなければ問題ありません。

また最近は、品種改良によってシュウ酸を少なくした、上記にも説明しました生食用の「サラダほうれん草」の人気が高まっています。



さて、ほうれん草の保存方法ですが、下記の2つがあります。

1.常温の場合:ほうれん草を買ってきたら、濡らした新聞紙にくるみポリ袋に入れて、立てて野菜室で保存します。立てておくとほうれん草の自然な状態になるので、栄養が逃げません。

ほうれん草をすぐに食べない場合は、茹でてから保存します。茹でたほうれん草の保存は冷蔵庫で2~3日持ちます。冷凍保存の場合は1ヶ月が目安です。

2.冷凍の場合:冷凍したほうれん草を茹でるときは、冷凍した状態で茹でます。解凍するときは自然解凍します。電子レンジも便利ですが、栄養が逃げてしまうので、なるべく使わない方がいいようです。下ごしらえをしたほうれん草は、すぐに使えるので忙しいときに便利です。



最後に、ほうれん草のレシピの動画を掲げておきますので、参考にして下さい。

ほうれん草の胡麻和え



ほうれん草のスパニッシュオムレツ



じゃがいもとほうれん草のグラタン



ほうれん草のカレー



視力低下を防ぐ☆ほうれん草のポタージュ



もう一つ、オマケでポパイの漫画映画をお楽しみ下さい。ゆっくりした喋りが多いので英語の勉強にもなりますよ。

Popeye Volume 1




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



近年、盛んに「白砂糖の害」について方々で言及されていますが、依然として白砂糖は多方面で大量に消費されています。私も以前に、「白砂糖は必要ない」と題した記事を書いています。

それというのも、製糖会社や大手菓子メーカー、また食品業界の力が強く、政府に圧力を掛けたり、テレビを始めマスコミに大量の広告費を支払うことで、彼等に無言の圧力を掛けまくっているからです。

国民の健康という面から白砂糖の消費を抑制しようとしても、せいぜい甘いものの過剰接種を止めましょうという警告を出すぐらいが関の山です。

先日も、バレンタインデーだからといって、大手マスコミを使ったチョコレートメーカーや菓子メーカーなどの過剰宣伝に乗せられて、大量の白砂糖を使ったチョコレートに群がる人々の姿を目にしましたが、何だかなぁ、と思ってしまいました。



ところで、その砂糖ですが、日本にはどのような経由で入ってきて広がっていったのでしょうか。『砂糖は体も心も狂わせる』(高尾 利数著)では、下記のように述べられていると、「砂糖病、砂糖は現代の麻薬!?.com」では紹介されていました。


ーー引用はここからーー

日本に初めて砂糖が伝えられたのは、奈良時代の754年に唐層の鑑真によると言われています。その量は僅かであり、上流階級の精々菓子類に用いられた程度だったでしょう。

その後、16世紀に、ポルトガルやスペインの宣教師が砂糖を日本にもたらしました。日本で砂糖が注目され始めるのは、16世紀末から17世紀初めにかけての頃からです。

当時、世界有数の金銀の産出国であった日本は、東アジア海域で最大の輸出大国であり、その豊富な銀を輸出し、中国から生糸・絹織物が輸入され、17世紀初めからは砂糖も輸入されました。


日本は初め砂糖を高価なとして買っており、その輸入に携わっていたのは大阪の薬種問屋でした。ポルトガル商人がマカオで買い入れた白砂糖が、日本ではその10倍ないし20倍の値段で売れたと言われています。

江戸時代には、奄美大島や沖縄などでサトウキビが栽培され、砂糖が製造され始めました。

明治維新の原動力となった薩摩藩。

足立己幸編『砂糖』の第6編によると、幕末に薩摩藩が徳川幕府に対抗する力をもつことができたのも、奄美大島や沖縄の黒糖を独占して、巨大な利益を上げていたことに一因があると言われています。

薩摩藩は、奄美大島の農民たちに、サトウキビ以外の作物を作ることを許さず、そこで出来上がった製品を一手に強制的に安値で買い上げ、大阪などで5倍もの高値で売り、巨万の富を作り上げました。

江戸時代の末期には、サトウキビの栽培も次第に各地で成功しましたが、明治時代になってからは、外国からの輸入によって、国内の製糖業は衰退しました。

日清戦争後台湾を領有してからは、台湾を日本の製糖工場ということで、砂糖の自給ができるようなりました。


日本が大量の砂糖を必要としたのは、それが本当に国民生活のためというよりも、大日本帝国の陸海軍の兵士のエネルギー源として、軍事的必要性が優先的に考えられていたからです。

しかし、皮肉なことに、日本の場合にも、砂糖は白米や肉食の普及とともに、色々な問題を引き起こしました。日本の庶民は、そもそも昔から白砂糖は勿論のこと、白米だって滅多に口にすることはありませんでした。

明治政府は、富国強兵策を遂行するに際して、早くから徴兵令によって兵士を強引に集めようとしましたが、評判が悪いので、白米や砂糖で貧しい農民の子弟などを軍隊に誘ったのです。

白米と砂糖というのは、当時は金持ちの象徴のように思われていたからです。そして多くの人々がこの風潮に従ったものですから、明治・大正そして昭和の時代にかけて、実の多くの日本人が脚気と結核に犯されていきました。

西欧流の生活を真似、白米と砂糖に溺れ、ろくに運動もせずにいた良家の箱入り娘などの多くが、こういう病気で沢山亡くなりました。

日本は、明治以降次第に欧米の生活様式を真似ていき、医学も食生活も価値観も欧米のそれらに従い始めました。戦後その動きは加速化されます。

そして病気の種類も次第に欧米式となっていったのです。

戦後、カルシウム不足を補うという名目の下でよく飲むようにさせられた牛乳。これは子牛を育てるためのものであって、人が飲むものではありません。飲むとアレルギーなどの原因とり入れることなります。

戦後、肉もよく頂くようになりました。肉に含まれる動物性脂肪は不飽和脂肪であり、とり過ぎは動脈硬化などの原因となります。また、性格も動物的で荒々しくなっていきます。


砂糖など甘いものとり過ぎによる害は、低血糖症を引き起こし、

・青少年の非行の低年齢化と凶悪化
・校内暴力増加
・犯罪や交通事故の増加

などの大きな原因となっています。正に、砂糖は現代の『麻薬』といえるでしょう。

ーー引用はここまでーー



上記で指摘されているような白砂糖による害については、長い間、方々で論じられていますが、多くの人々は余り認識していないようです。

ハッキリと直接的な原因とは言えませんが、一般に砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患には下記のような症状が挙げられています。


「糖尿病、低血糖症、ひどい便秘(高カリウム血症は腸の蠕動をなくし、ひどい便秘をまねく)、膠原病(リウマチ、SLEその他)、肥満、高脂血症、脂肪肝、心臓病(心臓病のほとんどは白砂糖の害による相対的高カリウム血症が問題となると考えられている)、浮腫、子宮筋腫、月経困難、不妊、婦人科疾患、冷え性(微小循環不良)、流産、めまい、メニエール氏病、子宮内膜症、湿しん(アトピー)、奇形児出現、全ての皮膚病、アルツハイマー、老年痴呆、腎臓病、腎障害、肝障害、肝炎、アレルギー性鼻炎、胃炎、腸炎、膵炎、肺炎、胆肝炎、癌、脳卒中、痔、脱疽、高血圧症、関節炎、その他すべての痛み、脱毛、白髪、膀胱炎、腎盂炎、胆石、腎石、骨粗鬆症、白内障、緑内障、気管支炎、菌血症、易感染症、水虫(白せん菌)、歯槽膿漏、虫歯、蓄膿症、中耳炎、外耳炎、耳鳴り、難聴、あらゆる神経疾患、パーキンソン病など」



こうして見ますと、現代病の殆んどが含まれているのではないかと思えるほど、白砂糖の害は多くの疾患に及んでいることが分かります。

勿論、白砂糖だけが単独の原因ではないことは言うまでもありません。ですが、白砂糖は身体を冷やすということを考えますと、上記の疾患との関連性もうなずけるところがあります。

ところで、砂糖を更に普及させたい側の見解は全く別です。「Scinece@Sugar」というサイトでは「白いお砂糖は体に悪いと言われ、黒砂糖か三温糖、はちみつを使うようにしていますが、本当のところどうなんでしょう?」という質問に対して下記のような回答をしています。


『「白いお砂糖は体に悪い」....よく言われることですが、全くの俗説で、誤解です。この説の説明として、以下のことが良く言われます。

(1)白い砂糖はミネラル分が全くなく、単にカロリーがあるだけの食品である。
(2)白い砂糖は化学薬品で漂白している。あるいは、染料で白く色をつけている。


(1)については、いわゆる白砂糖は砂糖の甘味成分であるショ糖の純度が高いですから、数値上、三温糖や黒砂糖の方が、灰分(ミネラル分)が多いことは事実です。しかし、その含有量はごく微量ですし、砂糖はご飯のように大量に食べるものではありませんから、「ミネラルを補給する」というレベルではありません。

はちみつについても同じことです。はちみつの主成分は還元糖(ショ糖の加水分解によって生じるブドウ糖の果糖の混合物)、ブドウ糖、果糖、ショ糖ですが、いずれも糖であることに変わりはなく、体内での消化・吸収については砂糖と同じです。

その他、ごく微量のアミノ酸や灰分なども含まれていますが、これも三温糖や黒砂糖同様、「ミネラルを補給する」というレベルではありません。ミネラルが大切な栄養素であることは言うまでもありません。

しかし、ミネラルがないからといってその食品が体に悪いという言い方は短絡的すぎます。食品にはそれぞれの役割があり、それらをバランス良く摂ることで様々な栄養素を摂ることができるのです。

1つのものに多くの栄養素を求めるのではなく、バランスの良い食事を心掛けることが大切ではないでしょうか。ミネラルを摂るのなら、野菜や果物、海藻類などを食べる方がずっと効率的です。


(2)については、全くの誤りです。試しに、ご家庭のお砂糖を良く見てください。結晶は白でなく、透明なはずです。これは、雪や氷が白く見えるのと同じこと。光の乱反射によるものです。

これは、結晶が細かいほど白く見えます。ですから、上白糖やグラニュー糖のような結晶の細かいものはより白く見えますし、氷砂糖のような結晶の大きいものは、より透明に近くなります。ですから、染料で白くしたり、漂白しているわけではありません。

その他、本編にもあるように、カルシウム欠乏説やビタミン欠乏説も、全くの誤解です。「白い」ゆえに健康に影響を及ぼすことはありませんので、安心してお使い下さい。』



上記の回答は何だか詭弁に聞こえますが、あなたはどのように感じられますか。とにかく、私たちの日常生活で手にするあらゆる食品には白砂糖という添加物が大量に含まれていることを認識する必要があります。

そのことを念頭に置いて、白砂糖の害に侵されないように、できるだけ白砂糖を避けて健康維持に努めたいものです。自分の身は自分で守るしかないことを肝に命じておきましょう。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



最近、国を上げてインフルエンザワクチン子宮頸がんワクチンを接種することを国民に強要する傾向にあります。

そのために、インフルエンザや子宮頸がんの危険性を大手マスコミやテレビのニュースなどを使って、必要以上に喧伝して人々の恐怖感を煽りに煽っています。

しかし、そのワクチンの中身や効果については明らかになっていません。というよりも、ワクチンは身体に毒であるという認識が広まりつつあります。



勿論、政府も医療関係者も、ワクチン製造者の大手製薬会社も絶対にワクチンの詳しい成分は明かしませんし、ましてや、それらの効果に疑問があることなどは口が裂けても言いません。

何故なら、ワクチンほど大儲けが出来る商品は無いからです。大手製薬会社は勿論、医療関係者や政治家に取っても金の成る木です。

残念ながら、ワクチンの危険性を訴える方があっても、それは一切、無視され、大手マスコミや政府は取り上げません。金づるが無くなりますからね。

=>知られざる”ワクチン”の罪


そんな中、常々、医療関係の問題点を指摘され、世に警鐘を鳴らしておられる、船瀬俊介氏がご自分のメルマガ(「ホットジャーナル(無料)」)で、「ワクチンの罠」と題して下記のように述べておられます。



ーー引用はここからーー

●環境問題対策に名を借りた人類奴隷化計画

ワクチンの正体は、闇の権力と巨大製薬利権が推進する『病人大量生産システム』だった!


そのキーワードは「人口削減」です。「アジェンダ21」の計画が、その典型でしょう。

これは、頭に叩き込んでください。1992年、ブラジル地球環境サミットで採択された行動計画です。


サミットの正式名称は「環境と開発に関する国際連合会議」。

その計画は、まさに国連による人工削減計画そのものです。

名目上は「持続可能な開発を実現するため」とあります。しかし、そこでは「人口問題こそが、
最大の環境問題」とされています。


同計画は全40章で、構成されます。

そこには、次のような驚愕内容が列記されているのです。

▼大幅な人口削減。

▼国家主権の崩壊。

▼資産の平等化(没収)

▼私有財産の廃止。

▼政府による子どもの教育。

▼政府による職業供与。

▼行動の規制。

▼居住の限定。

▼教育の低下。


あなたは目を疑うだろう。ポイントは冒頭の▼大幅な人口削減――。

「アジェンダ21」は……地球人口を85%削減する……という。つまり、70億人の人口のうち
60億人を削減(抹殺!)する。

そして、近未来に制定される“制度”は生き残った10億人に対して、行われる。


それは、まさに奴隷化である。つまり“神”の位置に存する超少数の支配者層に対して、
大多数は奴隷として、生き長らえさせる。


これが「アジェンダ21」の本音なのだ。つまり、地球環境問題への対策に名を借りた、
人類奴隷化計画でしかない。英国の良心的ジャーナリスト、デーヴッド・アイク氏は、
この計画を“地球ハイジャック計画”と呼んでいる。


●ワクチンはWHO推進の人類抹殺“生物兵器”

この「アジェンダ21」の存在で、全ての謎は氷解する。

なぜ人類は絶えることのない戦争を繰り返しているのか?

実は、地球を支配する闇の勢力による「計画」の一つだった。人口抹殺と巨大利益だ。


一方で人口を減らし、他方で莫大利益をあげる。医療も、農業も、遺伝子組み替えも、
環境ホルモンも、すべて同じ「計画」で遂行されている。


ワクチンも、その一環にすぎない。

人口を削減し、膨大な利益を上げる。


ジャーナリスト、P・ジョーダンが1972年。WHO(世界保健機構)の極秘文書の存在を暴いている。
そこには「WHOはワクチンの形態をした生物兵器を開発する」と明記されていた。

それは、まさに人体に埋め込む時限爆弾そのもの。

(1)ゼロ歳児に予防接種して多数ウィルスを仕込む。

(2)思春期に予防接種し、起爆装置をスタンバイさせる。

(3)大流行(パンデミック)を煽り、全人類に強制的に予防接種する。


ワクチンに配合されたアジュバント(増強剤)がトリガーとなって、免疫暴走(サイトカインストーム)を
起こさせる。こうして、接種された人々は自ら“免疫の嵐””により「謎の死」を遂げる。

ーー引用はここまでーー



上記の内容が正しいことかどうかに付いては、それを判断する材料が提示されていませんので、私には即断は出来ません。ですが、同じようなことはネット上、特に海外のサイトなどで度々、指摘されています。あなたも、ご自分でお考えになって見て下さい。

唯、一つ言えることは、今の医療業界はオカシイということです。個々の医者の良心や、西洋医学の良さを全て否定する必要はありませんが、残念ながら、今の医療は『病人大量生産システム』に成り下がっていると言えます。

こうした現実の中で私たちは、決して病気にならないように日頃から自分の身体は自分で守るという意識を確りと持っている必要があります。

最悪、医療の世話になる機会があったとしても、決して医者や医療機関の言いなりにならないことが大切です。自分の意思で必要と思う医療機関を選ぶようにすることです。決して医療のモルモットにされてはいけません。

とにかく、自分の「自己免疫力」を高める努力をすることです。これに関しては、ネット上でも色々な情報がありますので、ご自分でご覧になって、必要なことを実践されることです。



ところで、冒頭の『ワクチンの罠』著者、船瀬俊介氏の経歴は下記のように紹介されています。

「1950年、福岡県田川郡添田町生まれ。九州大学理学部中退。早稲田大学第一文学部社会学科卒業。学生時代から消費者・環境問題に関心を抱く。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。『あぶない化粧品』シリーズなどを執筆する。

1986年、独立。以来、「医」「食」「住」問題を中心に、執筆、評論、講演活動を続けている。化石燃料の「火の文明」から、自然な「緑の文明」へ――が持論。

著書に、『「モンスター食品」が世界を食いつくす! 』、『買ってはいけない』(共著、金曜日)、『抗ガン剤で殺される』『笑いの免疫学』『病院に行かずに「治す」ガン療法』『アメリカ食は早死にする』『原発マフィア』、『クスリは飲んではいけない!?』『「長生き」したければ、食べてはいけない!?』、『風景再生論』『漆喰復活』『THE GREEN TECHNOLOGY』『日本の家はなぜ25年しかもたないのか?』、『病院で殺される』『悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」』、『巨大地震が原発を襲う』、『わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい 日本の真相! 』など多数がある。」






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



今日も昨日に続き、食べ物についての話ですが、日本人に馴染みの「蓮根(れんこん)」の話題です。私は昔から、蓮根が好きで、どんな料理でも好んで食べます。中でも蓮根の天ぷらが好きですね。

れんこんは「蓮根」と書きますが、実際は蓮(はす)の根ではなく、地下茎という茎がふくらんだものです。蓮の地下茎は水底の泥の中で肥大化し、それが幾つかの節でつながっています。

尚、「蓮(はす)」と「睡蓮(すいれん)」は花や葉の形がよく似ていますが、睡蓮にはレンコンはできないそうです。

sui.jpeg
睡蓮



さて、蓮の原産地は中国、エジプト、インドと諸説あるようですが、かなり古くから存在しています。日本でも弥生時代にはすでに存在していたと考えられています。

それを裏付けるものとして「大賀ハス」や「行田ハス(古代ハス)」があります。大賀ハスは2000年以上前の種子から発芽・開花していますし、行田ハスは1400年~2000年前とされる種子から花を咲かせています。

蓮は元々、観賞用だったようですが、平安時代には食用とされていたそうです。唯、現在広く食用として出回っている蓮根は、明治時代に中国から導入した品種を改良したものだそうです。



ところで、蓮根と言えば、あのですが、何故あんなに穴があるのでしょうか。実は、一種の通気孔の役目をしているのだそうです。

水深い泥の中に沈んでいる蓮根は、いつも空気に触れることができないために、あの穴が地上の茎や葉にある穴とつながっていて、空気の通り道として使われているようです。

で、あの穴は一体幾つあるのでしょうか・・・。私は好きで蓮根をよく食べる割には、穴が幾つあるのか数えたことはありません。

中には奇特な方がいて、ご自分で何十個も蓮根を方々で購入して穴の数を調べた方があります。その方の出した結論は、「蓮根の穴は9-10個のものが多いが、例外もあるし、成長とともに変わる場合もある」というものでした。

世間では、この蓮根の穴を覗くと向こう側が見えることから「見通しがきく」とされ、お正月のおせちの料理や、祝い事の料理に欠かせない縁起物とされているのは、ご存知の通りです。



昔から蓮根は薬用があるとされてきましたが、色々な栄養分が含まれています。主に下記のようなことが言われています。(「れんこん問屋(株)榎清(えのせい)」より)

1.主な栄養分はデンプンで、体内でエネルギーとなって体を温める。

2.ビタミンCが多く含まれている。ビタミンCは熱に弱いのですが、デンプンが多いため加熱しても相当量のビタミンCが残こる。疲労回復・美肌効果・風邪の予防・発ガン物質の抑制などの効果が期待できる。

3.カリウムや鉄、銅、亜鉛などのミネラルが豊富。

4.野菜に含まれることが少ないビタミンB12を含んでいて、鉄分の吸収を助ける。また、造血ビタミンと呼ばれているビタミンB6も含まれているので貧血の予防や肝臓の働きを助ける。

5.不溶性の食物繊維が豊富で、便通を良くする他に腸内の発ガン物質を排出して大腸ガンの予防、動脈硬化や高血圧予防効果が期待できる。

6.蓮根を切った時に糸がひきますが、これはムチンと呼ばれ、納豆やオクラ、里芋などに含まれる糖タンパク質ムチンと同じで、胃壁を保護し、タンパク質や脂肪の消化を促進したり、他滋養強壮の効果がある。

7.蓮根の切り口の変色が早いのはポリフェノールの一種タンニンが含まれているからで、タンニンは消炎や止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果が期待できる。また、おろし汁を使って鼻血や咳、ぜんそくの発作止めなどの民間療法に利用されている。

8.タンパク質の1種であるレクチンを含んでいるので、マクロファージという免疫細胞が細菌を見つけやすくなるように働いている。




いやいや、素晴らしい栄養分が含まれているんですね。これからは、もっともっと蓮根に感謝しながら頂かないと申し訳ない気がしてきました。

ところで、蓮根料理と言えば、全国的に有名になっている熊本名産の「からし蓮根」がありますね。からし蓮根の由来は、約380年前の肥後細川藩初代藩主・細川忠利(ただとし)公の時代に関係しています。



病弱な忠利公の身を案じた藩の賄方だった平五郎は、加藤清正公が熊本城の外堀に非常食として栽培していた蓮根を使い、麦みそに和がらし粉を混ぜて穴に詰め衣をつけて揚げたものを忠利公に献上したところ、藩主が喜んでそれを食して健康を回復したことが、からし蓮根の始まりとされています。

尚、輪切りにした切り口が細川家の家紋「九曜紋」に似ていることから、からし蓮根は長らく門外不出とされていたそうですが、明治に入り、森平五郎の子孫が店を開き、一般に食されるようになったそうです。



さて上記の栄養素の話で、「おろし汁を使って鼻血や咳、ぜんそくの発作止めなどの民間療法に利用されている」ということでしたが、私も昔から養生に利用しています。

特に、風邪気味でノドがいがらっぽいとか、セキが出る時などには、蓮根をすり下ろして、その絞り汁を盃一杯分ぐらいの量をそのまま飲み込みます。セキが収まるまで一日数回飲みます。効果抜群です。

=>レンコン湯

オペラ歌手・中島啓江さんは子供の頃から喘息で苦しんでいたそうですが、ある時、クシーの運転手さんから「だまされたと思って蓮根を食べ続けてみい」と言われたそうです。

それから、中島さんは蓮根を食べ続け、蓮根の粉末もお湯で溶いて毎日飲み続けたそうです。その後は喘息発作はまったく出ないそうです。

そして、「あの時にれんこんに出合っていなかったら、私はいまのように歌手を続けていられなかった」と話しておられます。



私は好きで蓮根を食しているわけですが、上記に見てきたように非常に優れた野菜です。世間では蓮根の料理法は数多く知られていますが、下記の動画も参考にして下さい。


おせち料理 酢蓮根の作り方 



食卓の秘密「レンコン」 キャッチ!



薬膳料理 レンコンおから団子の変わり揚げ|彩食百膳



レンコンの収穫風景(白石町)2011.11.16撮影







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



今更、「大豆」についてあれこれ話題にすることもないのですが、日本では米、麦、粟(あわ)、稗(ひえ)、豆(大豆)五穀と呼ばれ、特別な食物として扱われてきました。

大豆の種子には苦み成分であるサポニン(ダイズサポニン)が多く含まれており、人間の主食にまではなっていませんが、植物の中では唯一、肉に匹敵するだけの「タンパク質」を含有しています。

近年の世界的な健康志向の中で「ミラクルフード」として脚光を浴びているぐらいです。日本やドイツでは「畑の肉」、アメリカ合衆国では「大地の黄金」とも呼ばれています。

また日本では、古来から大豆には霊力が宿るとされていて、邪気が入りやすい節分には災の象徴の鬼にぶつけて、「摩(ま)を滅する」ことで邪を払うことが行われてきたわけです。



このように素晴らしい食物である大豆ですが、その原産地には幾つかの説があるようで、一般的には紀元前2000年以前から中国のかなり広い範囲で栽培されていたと言われています。その後、朝鮮半島や東南アジアにも伝わって行ったようです。

日本には、弥生時代(約2000年前)に原産地である中国から朝鮮半島を経由して入ってきたと考えられています。

更に奈良時代になると、中国との交流が盛んになり、仏教とともに味噌や醤油など大豆の加工品や加工方法も伝わってきたようです。

奈良時代に書かれた日本最古の歴史書「古事記」にも「豆」という字が記されているとのことです。唯、その当時、大豆は特別な食物だったようで、一般には普及していなかったようです。



その大豆が日本で広く栽培されるようになったのは鎌倉時代以降らしいです。その頃には仏教が広く普及していたために、その影響で肉食が禁止されていたそうで、人々は身体に必要なタンパク源を味噌や納豆から得るようになっていたようです。

また、戦(いくさ)が絶えませんでしたので、侍の栄養食や保存食として、また同様に農民たちの栄養食や保存食としても大豆製品が欠かせないものになっていたようです。

こうして時代とともに大豆の栽培は普及していき、それとともに大豆の加工技術も発達していったわけです。そして今日見るように、味噌、納豆、醤油、豆腐、きな粉、おから、ゆばなど様々な加工品が作られてきました。



ところで、大豆の栄養成分ですが、大豆(乾燥)の30%はタンパク質だそうです。この大豆タンパク質は、必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なものだそうです。

大豆たんぱく質には、血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果などの生理機能があると言われています。

また大豆には、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など様々な栄養素が含まれているそうです。

その一方、大豆はコレステロールを全く含んでいないそうで、このようなことから大豆は自然のバランス栄養食と言われる所以です。



更に大豆の成分としては、

1.総コレステロールを低下させる大豆レシチン
2.ビフィズス菌を増殖させる作用のあるオリゴ糖
3.抗酸化作用、またコレステロールなど血中脂質の低下が期待できる大豆サポニン
4.骨粗しょう症の予防や更年期の不調を改善するといわれるイソフラボン

などの多くの「機能性物質」が含まれているそうですよ。



これも今更言うまでもないことですが、大豆の加工品は沢山あります。例えば、下記のようなものは日本の食生活に欠かせないものです。

枝豆:大豆が若い(青い)うちに収穫した緑色のもの。
煮豆:大豆を煮込んだ料理。煮ることによって、タンパク質の吸収率が9割以上に向上するそうです。
煎り豆:煎った大豆。節分に使われたり、おやつや おつまみでも食べられている。
きな粉:煎った大豆を粉にしたもの。
納豆:蒸して煮た大豆を納豆菌で発酵させたもの。
味噌:蒸して煮た大豆と米や大麦を麹菌(こうじきん)で発酵させたもの。
醤油:脱脂大豆などを麹菌(こうじきん)で発酵させたもの。
豆乳:大豆を水につけ、加熱・粉砕して搾った乳状の液体。にがりで固めれば豆腐になる。
ゆば:豆乳を熱したときに表面にできる皮膜をすくったもの。
おから:豆乳をとった絞りかすです。卯の花として食べられています。
豆腐:豆乳をにがりで固めたもの。固め方の違いにより、木綿豆腐、絹ごし豆腐などになる。
凍り豆腐:豆腐を凍らせて解凍・脱水したもの。高野豆腐とも言う。
油揚げ:木綿豆腐を薄く切って水分を取り、油で揚げたもの。
厚揚げ:木綿豆腐を水切りしてから高温で揚げたもの。
テンペ:納豆に似たインドネシアの食品。

(上記の内容の一部は、「大豆のおはなし」の記事を参考にさせて頂きました。)



さて最後に、大豆を使ったレシピを紹介紹介しておきますので、参考にして下さい。(「クックパッド」より)

かぼちゃと大豆のカレーサラダ
kabo.jpg

材料 (2人分~)

かぼちゃ:300g
大豆の水煮:1/2cup
カレー粉:小匙2/3
マヨネーズ大匙2
ヨーグルト:大匙2
塩コショウ:少々
砂糖:ひとつまみ~
黒コショウ:お好みで

1.かぼちゃは一口大に切って、水大匙1~2を振りレンジで5~6分柔らかくなるまで加熱する。水気を切り冷ましておく。

2.大豆はさっと洗い、水気を切っておく。

3.ボウルに◆をよく混ぜ合わせる。かぼちゃ・大豆を和えたら完成。



カリカリジャコと大豆のハチミツ醤油炒め
kari.jpg

材料 (4人分)

大豆(水煮パックでも缶でも):110g
ジャコ:大さじ4
aハチミツ:大さじ1弱
a醤油:大さじ1
白いりごま:お好みで
ごま油:適宜

1.大豆の水煮は洗ってぬめりをとって、水気を良くきる。ドライ缶はそのままでok。フライパンにごま油を入れて熱する。

2.ごま油の香りがしてきたら、ジャコを入れてカリカリになるまで中火で炒める。そこに大豆を入れて、aを入れる。

3.醤油とハチミツがよく、大豆になじんたら、器に入れて、白ごまをかける。

4.たくさん食べるときは、醤油・ハチミツともに、少しへらして作ってます。



大豆のから揚げ
kara.jpg

材料 (2人分)

大豆(水煮):100g
かつお節:適量
にんにく:1/3片
醤油:小さじ1/2
片栗粉:適量
サラダ油:適量
貝割れ大根:適量

1.大豆の水煮はフォークの背などで潰しておく。

2.(1)の大豆とかつお節、にんにくのすりおろし、醤油を混ぜ合わせ適当な大きさにまとめて丸めておく。
3.(2)の材料に片栗粉をまぶし、熱した油でカラッと揚げる。器に盛り付け貝割れ大根を添える。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



私は以前は長い間、玄米菜食の生活をしていました。その時は、特別に玄米が健康にいいからという理由だけではなく、自分で食べて美味しいと思っていたからです。

唯、年齢を重ねるにつれて、身体を動かす機会が減ってきたこともあって、何となく玄米食は少々強いなと感じるようになりました。

で、ある時期から玄米食を止めて白米に雑穀を混ぜて食するようになりました。これには歯の噛む力が弱ってきたことも関連があります。

やはり、玄米食は白米よりも何倍もよく噛んで食する必要がありますからね。そうすることで、玄米の少量でも満腹感があり、食べ過ぎになりませんから、それで健康にいいということにもなります。



ところで、世間では未だに玄米食は身体にいいとか、いや悪いとか、色々と意見の対立があるようですが、あまり目くじら立てて言うほどのことは無いのではないでしょうか。

食べて美味しいい、身体の調子もいいと感じるのなら玄米食を続ければいいでしょうし、何となく消化に悪いと感じる人は、わざわざ玄米食にする必要はないと思います。

唯、現在のように放射能汚染列島である日本に住んでいるのであれば、白米を多食する食事よりも、少量の玄米をよく噛んで食べた方が、身体にいいと思います。



尚、玄米は身体に良くないとする人の見解は、『玄米の栄養成分である「フィチン酸」は、カルシウム・リンなどのミネラル吸収を妨げ、体外に排泄するので、身体のミネラル不足を引き起し、短命の原因になる』というようなものです。

こうした見解を広めているのが、「間違いだらけの健康常識 グローバルグリーン」で語られている『玄米食はなぜミネラル不足になるか』という文章です。

しかし、この見解はオカシイと論じておられるのが、「健康食、長寿食を求める、鯨の冒険」のサイト管理人さんです。

こちらを読みますと、上記の「玄米食はミネラル不足になる」という見解に疑問を感じずにはおれません。あなたも、ご自分で判断してみてください。



で、上記の玄米食はよくないとする元凶と考えられている「フィチン酸」ですが、玄米には「フィチン酸」は全く含まれていないそうです。実は、玄米にはフィチン酸ではなく、「フィチン」が含まれているそうです。

両者がどう違うのか。玄米食についての見解を述べておられる「健康宣言with玄米」さんのサイトから一部を引用させて頂きますので、参考にして下さい。


ーー引用はここからーー

№1:玄米が危険って本当!?
実は、
1・玄米には「フィチン酸」は全く含まれていません。
◆…↓↓ここを、勘違いしています。
実際には穀物に含まれる成分は「フィチン」なのに、分析表の表示によって
誤解釈されているようです。

「フィチン酸」の分析では、
1・試料(穀物など)から「フィチン」をトリクロロ酢酸で抽出。
2・塩化第二鉄を加え、「フィチン酸鉄塩」を沈殿。
3・沈殿中のリン含有量を吸光光度法で定量。
などの方法によって、行われます。

その結果、分析表には元々含まれる
「フィチン」ではなく「フィチン酸」の量が表示されます。
そのために穀物中に
「フィチン酸」が存在すると勘違いすることは分からなくもないのですが、
素人でなければ間違えることはありません。

2・玄米に含まれる栄養成分は「フィチン」なのです。
(玄米だけでなくトウモロコシ、麦、ごま、豆などの穀物や種子類のほとんどには
この「フィチン」が含まれています)

3・「フィチン酸」と「フィチン」の性質は全く異なります。
名前は似ていますが「フィチン酸」は「フィチン」から「ミネラル」を除去して
製造される物質で、性質が全く異なる物質です。

№2:フィチン酸は、自然界に存在しない。
・フィチン=フィチン酸+ミネラル

『フィチンの性質』:「不溶性(水)の無臭、白色粉末である」
参考サイト→ goo.gl/UFacB

『フィチン酸の性質』:「淡黄褐色の澄明なシロップ状の液体で、臭いが無く、
強い酸味がある」
参考サイト→ goo.gl/t5aI6

「フィチン酸」は
・米糠などに存在するフィチンから金属を除去して製造。
・古くから食経験が豊富で体内でも合成される安全な天然成分。
・フィチン酸は高いキレート作用及び抗酸化作用を持つ。
・抗癌作用、メタボリックシンドロームの改善の作用、免疫賦活作用、
デトックス作用などでも注目されています。

「フィチン酸」は、食品の変色防止、消臭作用を目的とした食品添加物で、
淡黄褐色の澄明なシロップ状の無臭の液体です。
・モモ、バナナ、メロン、コーヒー、チョコレート等のpH調整剤。
・漬け物、珍味等の伝統食品の品質保持。
・歯のくすみや黄ばみの原因となる汚れを落とす光沢剤として歯磨き剤に使用。

◇…『IP6・フィチン酸とフィチンの違い』…◇
玄米を始め、穀物や豆類に含まれるのは『フィチン酸』にミネラルが結合した状態の
『フィチン』です。

『フィチン』が胃に入ると胃酸の影響で『フィチン酸』と『ミネラル』に解離されます。
フィチン酸が元々のミネラル物質ではない金属と結合して、排出されるかもしれませんが、
そのときには、フィチンがもともと持っていたミネラルは体内にそのまま残るわけです。

つまり、体内のミネラルは増えることはあっても減少することはないのです。
しかも、穀物中には単体の「フィチン酸」がそのまま含まれることはありえないので、
玄米や穀物を摂取することで、体内のミネラルがマイナスになることは論理上
ありえないことになります。

『フィチン』の分子の形を見ると、『フィチン』がミネラルを体内から奪い取ることは
ないことがさらに理解することができます。

ーー引用はここまでーー



今後、放射能汚染だけでなく環境汚染がヒドくなったりして、もし様々な事情で食べるものが無くなった場合でも、この玄米があれば生命を維持するだけの必要な栄養素は、摂取できるものと思います。

それに玄米は、保存食としても最適です。真空パックにして保管すれば2年間は保存できます。特に今後も大きな災害が予想される現在、その意味でも玄米を備蓄しておくといいのではないでしょうか。

それはともかく、玄米食であれ、白米食であれ、それ事態に意味があるのではなく、それを頂く際の心構えが大切ではないかと思います。

先ずは、何を頂くかではなく、頂く全ての物に感謝することが先決です。「有難うございます」という、心からの感謝の気持ちで頂けば、極端なことを言って、放射能汚染物質でさえも毒とはならないものと思います。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



私は楽器の中で、尺八バンジョーの音色が好きなんです。自分では一度も、こうした楽器を手にしたことはありませんし、どちらかといいますと演奏するよりも聴く方が好きなんです。

尺八は日本の楽器として広く海外でも、”Bamboo Flute”として愛好家が結構いるようですが、日本では未だにマイナーな楽器ではないかと思います。

私は昔から、尺八演奏家の山本邦山さんのことは存じ上げていましたが、人間国宝になっておられたことは知りませんでした。その山本邦山さんが亡くなられたと報じられました。



「ヨミドクター」では下記のように報じられていました。

『尺八の人間国宝で、ジャズやクラシック音楽との共演など幅広い音楽活動で邦楽界に大きな影響を与えた二世山本邦山(やまもと・ほうざん=本名・泰正=やすまさ)さんが10日朝、亡くなった。76歳だった。告別式は未定。

滋賀県出身で、父は初世山本邦山さん。幼少期から尺八の稽古に励み、1946年に中西蝶山(ちょうざん)さんに師事、58年に二世邦山を襲名した。尺八の独奏や合奏、箏や三絃との演奏で邦楽器の魅力を広めたほか、他の音楽分野とも積極的に交流。

ジャズでは原信夫さん、山下洋輔さんらと共演し、クラシックでもNHK交響楽団などのステージにたびたび出演した。新曲の創作にも力を注ぎ、尺八演奏の可能性を広げた活動が、海外でも高く評価された。

尺八都山流邦山会を主宰して指導・普及活動を行い、藤原道山さんら多くの弟子を育てた。東京芸大教授も務め、2005年に同大名誉教授。02年に人間国宝の認定を受け、04年に紫綬褒章、09年に旭日小綬章を受章。著書に「尺八演奏論」などがある。(2014年2月10日 読売新聞)』



今回は、山本邦山さんの死を悼み、生前の演奏動画を掲げて、同氏のご冥福をお祈りしたいと思います。

Houzan Yamamoto 邦山 竹田の子守唄



大吟醸 - Summertime



Take Five - Yamamoto Hozan with Blue Coats Orchestra




ところで上記の「Take Five」という曲ですが、本家は下記の、Dave Brubeckの演奏です。私の好きな曲の一つです。

Dave Brubeck - Take Five ( Original Video)



この曲は余りにも有名ですので、多くのミュージシャンが演奏したり歌ったりしています。下記にその一部の動画を掲げておきますので、お楽しみ下さい。


george benson - Take Five 1976 Montreux



Take Five (Paul Desmond, Dave Brubeck) - Vanessa Varela



Manhattan Jazz Orchestra's SuperSax - Take 5



North East Ska*Jazz Orchestra - "Take Five"



Jakez Francois plays jazz harp - Take Five (Paul Desmond)




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



昨日は一日中、降り続く雪のために東京地方も近年稀なくらいの積雪を記録しました。特に、細かい雪が間断なく降り続いていたために、何時の間にか大変な積雪になっていました。

この積雪は戦後3番目に多いものだったようです。しかし、何時も言われることですが、都市部での降雪は直ぐに都市機能を麻痺させてしまいますね。特に交通機関は雪に弱いものです。

更に、積雪が多くなると、その後がまた大変ですね。都会の人に取っては除雪は勿論大変ですし、雪が凍ってしまうと歩行も大変危険なものになりますからね。



こんな大雪になってしまった東京ですから、本日の都知事選挙の投票は盛り上がらないのではないでしょうか。そうすると、権力者側の候補者の当選が、より確実になることが予想されます。

またソチ・オリンピックの開催と重なっているので、大手マスコミは都知事選の報道を少なくして、権力者側の候補者の当選を図ることに必死になっていましたので、その意味からもこの候補者の当選のニュースが流れるのではないかと思われます。

まあ、選挙結果は夜にならないと判明しませんので、どうなっているか楽しみでもあります。それにしても、この大雪は何を意味しているのでしょうかねぇ・・・? 大学入試との関連もあるかも知れませんよ・・・。



ところで話題は変わりますが、一昨日、ベルギー在住の日本人男性から指圧治療を受けたいとの電話がありました。丁度、時間が空いていましたので直ぐに来て頂きました。

話を伺うと、20年近くベルギーと日本を行き来しながら、ベルギーの色んな技術を日本の各社に紹介する仕事を独立してなさっているとのことでした。

何でも、奥様がリューマチの治療のためにベルギーで指圧を受けた際に、その先生が昔、来日された時に私のところで指圧を習ったことがあった、と話されたそうです。



それで、ご主人が今回、帰国されるに際して、是非、私のところに寄って指圧の治療を受けたらどうかと、その先生が勧めてくれたのだそうです。

で、そのベルギー人の男性の名前を伺ったのですが、残念ながら直ぐには思い出せませんでした。過去にベルギーからは何人もの方が指圧の勉強に来ておられましたので、夫々の名前までは記憶していないんです。

それはともかく、この日本人男性は左の股関節の異常があり、これまでにも鍼灸なども含めて色々と治療を受けて来られたそうですが、未だに脚を外旋した時に痛みがあるとのことでした。



実際、治療をしてみましたが、確かに左脚の開きが悪く、大腿内側の筋がかなり硬くなって、柔軟性が無いことが分かりました。

私も同じように左の股関節の異常が子供の頃からありましたが、彼の症状も似た所があり、股関節の稼働性が非常に低くなっているものと判断出来ました。

でも、そんな中でテニスやダンスをしているとのことでしたので、股関節の可動性を取り戻すまでは、それらをやめた方がいいと申し上げました。



指圧治療の途中で、指圧講座の話になり、誰でも習うことが出来て、人に喜んでもらえ、予防医学としても最適であることをお話したら、大変に興味を持たれ、是非受けたいと仰ったんです。

指圧講座は個人指導ですので、彼のように症状を抱えている方でも、半分は治療を受けているようなものですから、ご自分の体調を改善しながら同時に技術も身につくわけで、一挙両得です。

指圧治療を実際に受けられて、私のところで行っている指圧の良さも理解されたようで、早速、来週から講座を始めることになりました。



さて、本日話したかったことは彼のことよりも奥様の病気のことです。先程も言及しましたが、奥様はある時期からリューマチを患うようになられたそうです。

最初は、それほどのヒドイ症状があったわけではないのですが、ベルギーでも有名なリューマチ専門の医者の治療を受けられたそうです。

しかし、余り痛みがヒドイ状態ではなかったのに、奥様もよく分からない内に、チャンとした説明もなく、「ステロイド注射」をされたらしいんです。


<ステロイド剤>

ステロイドには強力な抗炎症作用と免疫抑制作用があり、少量の使用でも痛みを急速に緩和し、関節リウマチの症状を改善させると言われています。

ただし離脱(中止)が簡単ではなく、特に長期にわたって使い続けると副作用が強く現れることがあるのが知られています。

これまでおよそ60年にわたり、世界中で何百人万もの関節リウマチ患者に対してステロイド剤が使われているにも関わらず、ステロイド剤を積極的に使用すべきか、それともできるだけ使用を避けるべきかについては未だに明確なコンセンサスは得られていないのですから、問題です。

主な副作用には、長期投与での副腎機能低下、骨粗鬆症、高血圧症、高脂血症、白内障、緑内障、大量投与では易感染性(感染しやすくなる)、糖尿病、ムーンフェイス、中心性肥満、消化管潰瘍などがあります。




その時に、その医者が「これで症状が良くなりますが、必ず半年したら私のところに帰って来ることになるでしょう」、と奥様に話したそうです。

しかし、奥様もご主人も、彼が言ったことがよく理解できなかったそうです。その治療を受けた後、急激に奥様の痛みがなくなり、身体が軽く感じられて、昔のように若返ったと奥様は大喜びをされたそうです。

ですが、半年後になると今度は、身体の調子が悪くなり、立ってもいられないほどの状態になり、ご主人が介護をしないと動けないようになってしまったそうです。



それで止む無く、最初に治療を受けた医者の所に行ったところ、急性リューマチで直ぐに治療を再開しないと死にます、と脅かされたそうです。

それでご夫婦ともに心配になり、医者がよく効くという新薬などを何錠も飲む羽目になったそうです。その結果、益々、症状は悪くなり、奥様の苦しみは増したそうです。

そんな中、奥様が日本に帰国された際に、ある鍼灸師の方に出会い、鍼治療を受けたところ大変に症状が軽くなったそうです。

それで、ベルギーの医者の治療を断ったところ、大変にヒドイ脅かしのような捨て台詞を吐かれたそうです。そのベルギーで一番有名なリューマチの専門医者ですよ・・・呆れた医者ですね。



奥様は、その後も何回か、その鍼治療を受けられたら殆んど痛みが引いて、今では日常生活に何等障りもなく過ごされるようになったそうです。

で、振り返って見られると、そのリューマチの専門家というベルギーの医者に上手く嵌められたのではないか、と疑っておられるんです。

当初の奥様の症状は軽いものだったにも拘わらず、最初のステロイド注射によって本格的なリューマチの症状が出るようになってたわけですから、そのように考えられるのも理解できます。



要するに、現代医学は患者の症状を緩和して治癒に導くのではなく、ステロイド注射や強い副作用のある新薬などを次々に投与して、患者を人体実験にしているのが実情です。

患者のことよりも、人体実験による治験情報を集めて学会に発表して名を売ったり、長い間、あれこれと新薬を投与して金儲けを図ったりするのが目的だと言っても過言ではありません。

あなたもご存知だと思いますが、医者の必要以上の金儲けのために行われている各種治療や投薬によって益々症状が悪化したり、また医者の見立て違いによって引き起こされる病状悪化などは、「医原病」と呼ばれています。



アメリカの死亡の原因の中で、こうした医原病によって死に至る人の数は非常に多いそうです。これは同様な西洋医学に頼っている日本でも言えることではないかと思います。

唯、未だに多くの人々は病気になれば医者が助けてくれる、というような幻想を抱いています。また、これほど薬害が指摘されているにも拘わらず、薬を飲みたがる人々が多いのが現状です。

何時も申し上げているように、「人間、本来病気なし」です。ですから、体調を悪くしたら十分に休息をして、無理をしないようにすればいいわけです。

ご存知のように、犬やネコも含めて動物たちは具合が悪い時には腹ばいになってジッとしています。食べ物も摂りません。人間も自然の中の一員ですから、動物たちを見習う必要があります。



最後に、ご自身が医者でありながら何時も、現代医療に警鐘を投げかけておられる、内海医師の言葉を掲げて終わりとします。(「キチガイ医の素人的処方箋」より)

『医学とは、かかればかかるほど悪くなるのです。悪くしないと儲からないし死人がでないと医学は成り立ちません。殺人するために医学は存在します。だから逆説的に言って本気で死にそうになっている人だけが、医学によって救われる可能性があります。』






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

suro.gif

昨年の12月の始めに、中央ヨーロッパのスロベニアから指圧講座を受講にこれれた女性があったのですが、その彼女の第一声が、「東京は”Super Warm”(異常に暖かい)」だったんです。

それで始めて、スロベニアは大変に寒い国だということを知りました。で、そのスロベニアが最近になって、更に寒さが増して、殆んど凍りついたような状態になっているとの情報を得ました。

上記の地図でも分かる通り、スロベニアは西はイタリア、北はオーストリア、南や南東はクロアチア、北東でハンガリーとそれぞれ国境を接していて、それほど寒い国のようには見えません。



ですが、最近のスロベニアは下の写真のように、とんでもない吹雪と寒波に見舞われていて、「何もかも凍りついた状態」となっているようです。(以下の写真は、「In Deep」さんから拝借したものです。)


(2014年2月3日のロイターより)


現在、日本列島も立春寒波に襲われて方々で大雪や豪雪に覆われ、今日は東京でも可なりの大雪になるとの予報が出ていますが、このスロベニアのように、何もかもがその表面に氷となって厚く付着してしまう、というような光景は珍しいのではないでしょうか。

イギリスのBBCの報道によりますと、今回の吹雪は欧州全域レベルで見ても、過去数十年で最悪のもので、現在、スロベニアでは国土の4の分の1が停電中で、学校も半数近くが閉鎖されているそうです。

この吹雪では、クロアチアとセルビア、そして、ドイツの一部も激しい影響を受けたようですが、イギリスやアイルランド辺りでも、依然として長い間の大雨と大洪水に見舞われているそうです。


(014年2月7日のデイリー・テレグラフより)



立春寒波で寒い、寒いと言って騒いでいる日本の現状ですが、このヨーロッパ一体の大寒波などの異常気象を見ていますと、まだまだ大したことはないということが分かります。

ともかく、下記の写真のように「氷の王国」と化したスロベニアの様子は想像を絶するばかりです。

suro2.gif
(2014年2月4日の Buzz Feed より)


suru3.jpg
(スロベニアのボストイナという街)


suru4jpg.jpg



さて、こうした大雪や大寒波による異常気象は最早、ある地域だけのものでは無くなっています。アメリカなども殆んど全土に亘り、例年にないような異常低温覆われています。

ame.jpg
南部のアトランタ(ジョージア州)


北半球全体が低温化に襲われていると言っても過言でありません。特に普段はそれほど大雪に見舞われることもなかった中東地帯でも方々が雪害み襲われています。

中でも、下記の写真に見られるように、イランでの大雪は国全土に亘っていると報じられています。

irn.gif


iran.gif



「In Deep」さんの記事から引用させて頂きますと、イランのメディアは下記のように報じています。


『イラン政府の危機管理組織の代表によると、現在、イランでは20の都市と、972の村が雪に包囲されている。このうち、312の村では雪による水や物資の不足などの問題の解決の目処が立っていない。

しかし、都市部においては、90パーセントで水や物資の不足は起きていない。

イラン北部の州での救援活動については、大雪の範囲が非常に広いことと、過去 60年で前例のない量であることから、厳しい状況にもなっている。

救援活動及び、物資の供給は、イラン軍の参謀総長と革命防衛隊と、その最高司令官と内務大臣が直接当たっているために、状況は改善している。

現在、北部のほとんどの都市での水、電気、ガスの不足は解消した。』



残念ながら、日本の大手マスコミは、こうした世界の異常気象の状況を殆んど報道しないか無視しています。何しろ、日本の尤も危険な状況である福島原発事故による放射能汚染が今でも続いていることを、全く無視して報道しないのですから、日本のマスコミはマスゴミと称せられても仕方がありません。

ともかく、南半球も北半球も、地球全土があらゆる異常気象に見舞われていることを確りと認識した上で、今後何が起こっても慌てないように普段から心の準備をしておくことが必要です。

こうした厳しい現象も偶然に起こっている訳ではありません。従って、先行きを心配したり不安になったりしても、何の意味もありません。

そうではなく、一人一人が日々、どのように生きて行けばいいのか、自らの心に問うて、閃いた直感にそって生きて行くことが大切になってきます。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



昨日の午後、始めての外国人から電話があり、指圧の治療を受けたいということでした。何時頃がいいのかと聞いてみましたら、直ぐに行けるというのです。

で、何処にいるのかと聞いてみましたら何と、このビルの一階のショッピングセンターの入り口にいるというので、慌てて迎えに行きました。

事前に予約の電話を頂いていれば良かったのですが、何の連絡もなく、いきなり下から電話をしてきて直ぐに治療を受けたいというのですから、人騒がせです。



実は、外国人の中には彼のように事前の連絡なしで、いきなり訪ねて来たり、近くに来ていて電話をしてくる者が結構いるんです。

で、彼はカナダ人でしたが、現在は中国の上海に住んでいるようで、奥さんの仕事の都合で一緒に東京に立ち寄ったとのことでした。

上海と言えば、例のスモッグと言いますか、PM2.5の汚染物質の被害状況を聞いてみましたら、上海でも北京と同様にヒドイ状態で、前が見えないような状況になると言っていました。



彼は腰椎4~5番にかけて異常があると言って、スマホに収めてあったレントゲン写真を見せてくれました。医者からは手術を勧められているけれども、自分としては拒否しているとのことでした。

この腰椎の異常の所為で、大腿や臀部や膝に違和感があるというので全身治療を行いましたが、それほどの異常があるような感じはしませんでした。

治療の後、彼が私が描いていた太陽の写真を見ながら、その感想を言ってくれたのがキッカケとなって色々な話をしましたが、非常にスピリチュアルな感じのする方でした。



ですから、腰椎の異常のことに関しても、心配しておられる様子はなく、自分の何等かの学びであるとの認識を持っておられました。

別れ際に、私が突然の訪問で驚いたと言いましたら、いや突然ということはない。何かの理由があります、との返答でしたので、私も嬉しくなり、そうですね。偶然はありませんね、と言って笑って別れました。

今考えても、一時間という短い出会いでしたが、会うべくして遭わなければならない何かのご縁があったものと理解しています。



ところで話は違いますが、世間には健康に関する言い伝えや、教訓のようなものが沢山流布されています。江戸時代に活躍した貝原益軒の『養生訓』などは今日でもよく知られています。

貝原益軒は「人生の楽しみ方」についても色々話していますが、健康に関することでは次のようなことを強調しています。


1.腹八分目:「病に食い勝つ」という諺があるように、食べなければ健康を維持するのも難しいし、病気の回復も遅くなります。しかし、どんなにおいしい食べ物でも食べ過ぎれば、胃腸をそこない、病気になります。美味、珍味の食べ物でも腹八、九分でやめることを勧めています。

2.心の養生:養生は身体のことばかりでなく、「養生の術は先心気を養うべし」とあるように心の養生も必要であると益軒は説いています。それは心身相関の確固とした信念、身体は心によって養われ、心は身体によって養われると考えていたからです。

3.むやみに薬は飲むな:たいした理由もなく薬を服用すれば、五臓に代表される身体の機能、全体のバランスを崩し、かえって病気の生じることがあると説いています。

4.薬より養生:益軒は薬については次のように述べています。薬はみな偏った性質があるものなので、その病に応じなければ必ず毒となる。従ってどんな病気であれ、みだりに薬を服してはならない。病の災いより薬の災いの方が多い。薬を用いなくても慎んでよく養生すれば、薬の害もなく、治りやすい。



実に尤もなことを言っています。現代人にもピッタリと当てはまる言葉です。特に「薬よりも養生」が大事だとしていることは現代人に対する警鐘でもあります。

このような貝原益軒が残した養生訓に似た「健康訓」は方々で見受けられます。例えば、同じく江戸時代の俳人でもあった、横井也有が残したと言われている「健康十訓」には下記のようなものがあります。


1.少肉多菜(肉を控えて野菜を多く摂りましょう。)
2.少塩多酢(塩分を控えて酢を多く摂りましょう。)
3.少糖多果(砂糖を控えて果物を多く摂りましょう。)
4.少食多噛(満腹になるまで食べずよく噛んで食べましょう。)
5.少衣多浴(厚着を控えて日光浴し風呂に入りましょう。)
6.少車多走(車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう。)
7.少憂多眠(くよくよせずたくさん眠りましょう。)
8.少憤多笑(いらいら怒らず朗らかに笑いましょう。)
9.少言多行(文句ばかり言わずにまずは実行しましょう。)
10.少欲多施(自身の欲望を控え周りの人々に尽くしましょう。)


この横井也有という人は、「ウィキペディア」では下記のような略歴が示されています。

『元禄15年(1702年)、尾張藩で御用人や大番頭を務めた横井時衡の長男として生まれ、幼名は辰之丞、通称は孫右衛門と言った。本名は時般(ときつら)、別号に永言斎・知雨亭など。横井氏は北条時行の流れを組む家柄と称する。

26歳にして家督を継いだ後は用人、大番頭、寺社奉行など藩の要職を歴任。武芸に優れ、儒学を深く修めるとともに、俳諧は各務支考の一門である武藤巴雀、太田巴静らに師事、若い頃から俳人としても知られ、俳諧では、句よりもむしろ俳文のほうが優れ、俳文の大成者といわれる。多芸多才の人物であったという。

宝暦4年(1754年)、53歳にして病を理由に隠居した後は、前津(現在の中区前津1丁目)の草庵・知雨亭に移り住み、天明3年(1783年)に82歳で没するまで、俳文、漢詩、和歌、狂歌、茶道などに親しむ風流人として暮らした。』



ただ問題なのは、上記の「健康十訓」が本当に横井也有が残したものなのかどうか、ということです。ネット上などでは皆、彼の言葉として紹介されていますが、その実、何等その根拠が示されていません。

そんな中、「俳句の森」では、也有のことを調べられた結果、上記の「健康十訓」は横井也有が残したものでない、と述べておられます。

言われてみれば、これが江戸時代に語られたものであれば、車などのない時代ですから、「少車多走(車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう。)」と表現されることは大変にオカシイことだと分かります。



さて、次の「健康十訓」はコーカサス地方に古くから伝わるものだそうですが、ここでも車に乗らずに歩こうと言っています。また内容も、先の横井也有のものとされている十訓と同じですね・・・。

1.少肉多菜:肉だけ食べずに野菜もたくさん
2.少塩多酢:塩味薄く酢の物で
3.少糖多果:甘い菓子より果物を
4.少食多咀:腹に八分の量をよくかんで
5.少車多歩:車に乗らずにまず歩く
6.少衣多浴:薄着になってお日様浴びる
7.少煩多眠:くよくよせずによく眠る
8.少念多笑:笑いは憤りをふきとばす
9.少欲多施:人に施し心豊かに
10.少言多行:口で言うよりまず動く



最後に、日本臨床内科医会が制定した「健康・長寿の10か条」というのがありますので、下記に列挙しておきます。

1.ゆっくり食べようよく噛んで、腹八分目で箸をおく
2.お魚と大豆製品欠かさずに、野菜果物バランスOK
3.毎日歩こう30分、足腰きたえて長寿への道
4.早寝・早起き、タバコは吸わない、お酒もほどほど健康の秘訣
5.頭を使ってボケ防止、毎日明るく夢を持て
6.眠れない、食欲がない、元気がない、心の風邪か、まず相談
7.ストレスためずによく眠り、過労をさけて休養を
8.うがい・手洗い習慣付けて、防ごう風邪やインフルエンザ
9.あなたの健康家族の宝、すすんで健診、自己管理
10.いつでも何でも相談できる、かかりつけ医を持ちましょう



さすがに医者が考えただけあって、健康診断や健康相談を勧めているのには笑ってしまいます。いずれにしても、どの健康十訓にしても、言っていることは常識的な範囲のものばかりです。

現在の日本のように放射能汚染に侵されている状況では、更に厳しい健康十訓のようなものが必要かも知れません。例えば、下記のようなものでは、どうでしょうか・・・。


1.肉食をしない
2.朝食は摂らない。一日二食か一食(小食に徹する)
3.植物乳酸菌を摂る。豆乳ヨーグルトなど
4.日光浴や太陽凝視
5.身体を温める。風呂で温める。生姜などを摂取
6.発酵食品をたくさん摂る
7.全てに感謝する。常に「有難うございます」と唱える
8.よく歩く。運動をする
9.室内を整理整頓する(物を置かない)。良く掃除をする。空気清浄機を利用
10・絶対に病気は無いと信じ切る(人間、本来病気無し)



まあ、こうした健康十訓のようなものは自分自身で、自分に合ったものを作って、それを実践していくことが大切ではないかと思います。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】

先日も、理研の小保方さんたちが「STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)」の再生に成功したことが大きく報じられたりして、医学研究の分野では、「iPS細胞」の「STAP細胞」のと“最先端の技術”が喧伝されています。

しかし、こうした研究の成果は一般の人々のためと言うよりも、一部の医療マフィア(大製薬会社など)の金儲けの手段として利用される結果になるのは明らかです。

ところで、この多能性細胞の研究に関しては既に、熊本大大学院生命科学研究部の太田訓正准教授(48)の研究グループが、ヒトの体細胞に乳酸菌を取り込ませ、さまざまな種類の細胞に分化できる能力を持つ多能性細胞を作りだすことに成功していたことが過去に報じられています。

「熊本日日新聞 2012年12月29日朝刊」では下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

熊本大大学院生命科学研究部の太田訓正[くにまさ]准教授(48)=神経発生学=の研究グループが、ヒトの体細胞に乳酸菌を取り込ませ、さまざまな種類の細胞に分化できる能力を持つ多能性細胞を作りだすことに成功したことが28日、分かった。



多能性細胞には、京都大の山中伸弥教授が開発した四つの遺伝子を細胞に加えて作る人工多能性幹細胞(iPS細胞)があるが、乳酸菌などバクテリアを使った多能性細胞の開発は初めてという。

関係者はiPS細胞の開発で医療への応用に期待が集まる多能性細胞の可能性を広げる研究成果としている。

乳酸菌は代謝により乳酸を生成するバクテリアで、一部はヒトの体内にいる。熊本大グループは、ヒトの皮膚細胞周辺のタンパク質を除去し、細胞に乳酸菌を取り込ませて培養したところ、細胞が増殖。この細胞が多能性を持つことを試薬で確認した。これまでに5種類の細胞(神経、筋肉、脂肪、骨、軟骨)への分化にも成功したという。

iPS細胞が一定条件下で増え続けるのに対し、この細胞は直径0・3ミリ程度まで成長すると増殖が止まるのが特徴。マウス実験ではがん化も確認されていない。

iPS細胞が多能性を持つようになるメカニズムは未解明で、がん化する可能性も否定されていない。太田准教授は「開発した細胞に、iPS細胞を増殖させる遺伝子を取り込むなどの試みを続けることで、がん化せずに増殖する多能性細胞ができるかもしれない」と話す。

研究論文は26日、米科学誌プロスワン電子版に掲載された。山中教授が委員長を務める文部科学省iPS細胞等研究ネットワーク運営委員会委員の須田年生[としお]慶応大医学部教授(幹細胞生物学)は「論文を驚きを持って受け止めた。多能性細胞ができるメカニズム解明に乳酸菌という全く別の視点が加わり、iPS細胞研究の進展や医療への応用につながる可能性がある」と話している。(東寛明)

ーー引用はここまでーー



この研究結果は、専門家にとっても全く新しい、意外なところからの発見だと考えられています。iPS細胞の研究では、遺伝子の操作やタンパク質の導入といった手法ばかりが研究されていて、微生物との共培養などという一見アナログな方法でiPS細胞に近い細胞が作れるとは夢にも思われていなかったようです。

ですから、こんな単純な方法で再生医療にもつながりうる現象が起こせるというのはスゴイことだと考えられているわけです。唯、まだ実用化までにま研究の予知があるようです。

で、こうした研究について、飯山一郎氏は『文殊菩薩』な中で下記のように述べておられます。



『いま、マスコミでハヤされているSTAP細胞ってのは、酸性溶液に漬けると細胞の分化機能がリセットされて多機能細胞に戻る!という理屈の細胞ですがー、ノーベル賞を受賞した京都大の山中伸弥教授の人工多能性幹細胞(iPS細胞)よりもシンプルな医療が期待できます。(iPS細胞療法は、複雑なカネ喰い医療に堕する可能性が大!)

しかし、ま、どんなに医療技術が進歩しても、その最新技術は医療マフィアのカネ儲けに利用されるだけで…、臨床の現場では、患者は実験用のモルモットにされるだけという実態はなくならないでしょう。

それより、腸内の乳酸菌密度を高めれば、体内のあらゆる部所で細胞の再生活性化が促進しますから、高額高度医療の世話にならなくても済むワケです。

現在、臨床の現場では、乳酸菌(「ヨモギ乳酸菌」)が褥瘡部位の細胞形成に使われるているので、いまさら「多機能細胞」なんてことを囃すのは、医療ビジネスの宣伝でしかないのです。

人間だけでなく、生物とは、細胞または細胞の連結体なのであり、その細胞には「多機能性」が本来的に備わっているので…、iPSだろうがSTAPだろうが、外部から医療がチョッカイをだすと、ほんと、ロクなことがないのですな、これはwww

本稿は、皮膚細胞と乳酸菌を混ぜるだけ!という超シンプルな研究。これは好感がもてます。(飯山一郎)』



ところで、ヨモギ乳酸菌といえば、よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】です。その利用方法については何度も記してきましたが、乳酸菌普及協会では、下記のような好結果が報告されています。

1.便秘が改善された。(これは平均的に10日前後で起こっています)
2.汗の臭いが消えた。(特に夏の暑い時期に多く聞かれました。この事は、接種開始から1週間程度で感じるそうです。)
3.抜け毛が大幅に減少した。(これは原液を頭皮に塗って3日目くいで実感したそうです。)
4.体臭(加齢臭を含む)が気にならなくなった。(これは個人個人によりますが、1か月くらいで気にならなくなったそうです)
5.肌がしっとりツルツルすべすべになってきた。
6.洗濯物の蒸れた匂いが消えた。
7.原液でうがいをしたら、口内炎が一発で治まり、続けていたら歯茎が締ってきて、歯茎からの出血が皆無になった。
8.目薬のかわりに蓬龍宝を点眼してみたら、目やにが出だし(デトックス効果と思われる)目やにが治まると同時に視界がすっきりとなってきた。
9.原液を塗り込んでみたら、水虫が治ってしまった。
10.犬猫の臭いにおいが、原液をスプレーしたら、くさい臭いが気にならなくなったと同時に、犬猫が元気になった。
11.20倍に希釈して植物に散布したら、とっても元気に勢いよくなった。
12.流しの生ごみにスプレーしておくと、生ごみが腐らなくなり腐敗臭も発生しなくなった。



この他にも、以前によもぎ乳酸菌液を使用している方たちの利用方法について、下記のような内容も紹介してきました。

(1)飲用(生野菜ジュースと)したり、化粧水、目やのどにスプレーしています。お通じが良くなったり、夫のガスがあまり臭わなくなったり、のどの痛み、もらいものの治りが早かったりという効果を感じています。また、生ゴミや湿ったタオルにスプレーしてますが、やはり消臭効果は抜群ですね!ありがとうございます。今度こそは、乳酸菌風呂にしたいと思います。

(2)6月に実家の母(80歳を超えています)が、夏バテで弱り切っていると聞き早速2本送りました。真面目に飲用してくれたそうで、お蔭さまもあって、普通に動ける迄になりました。先日帰省した際、「もう無いよ」と申しておりましたので、手配させて頂きます。「かゆい所に塗ったらすぐに治ったよ」と色々活用してくれているようでうれしかったです。自分はと言えば、ちょっと恥ずかしいけど、今年の夏は水虫の発生がありませんでした。お風呂上がりに足に直接シュッシュッとしただけです、驚きの効果です。そんなにひどくは無いのですが、毎年悩まされていたので喜んでいます。

(3)ここ半年くらい、蓬龍宝を化粧水代わりに朝晩顔に噴霧しています。高級な乳液・化粧水を使っていた時より、肌の調子がよく、色白になったと言われます。入浴時には、蓬龍宝を霧状にして鼻から20回深く吸い込みます。呼吸器のすみずみまでいきわたるようにしています。気づいたら、18年苦しんだ花粉症と鼻炎の症状が消えていました。毎日の半断食と年2回の座禅断食との相乗効果かと思いますが、乳酸菌の効果も大きいですよね?

(4)その後、花粉症がひどいので頂いた蓬龍宝を鼻うがいの塩水に入れて行いました。何日かするとかゆみが取れてきて、ツイッターに経過報告を書いたところ、飯山先生から腸洗浄をするとよいとの返信を頂き、早速試しました。乳酸菌は普段、米とぎ汁を自分で発酵させているのですが、発砲が強いこともあり、自作の物を腸に直接入れるのには少し抵抗があり、やはり蓬龍宝を使用しました。「劇的」と飯山先生はおっしゃっていましたが本当にすぐに良くなり驚きました。すぐ戻ってしまうのですが、朝腸洗浄をして夜までは症状が軽いまま過ごせる感じです。そのうち花粉も終わってしまいましたが続けていたらかなり良くなるのではないかと思いました。

(5)1か月ほど前に蓬龍宝を注文し、お奨めの水と塩で割って飲用したり洗面器にミネラルウォーターを入れ、キャップ一杯ぐらいの蓬龍宝入れて目を洗ったりうがいをしたりと色々、試しています。お世辞にも美味しくはないです。でも、1週間ぐらい我慢して飲用していたら逆に身体の方が欲しがるようになり毎晩、飲まないとすっきりしなくなりました。乳酸菌というと腸、そして便通改善と想像する方も多いと思いますが私の場合は尿がものすごくよく出るようになり、一昨年、健康診断で腎臓が再検査で、経過観察だったのですが・・・気が付いたらなんとなく腫れていた左側の背中(腎臓のあたり)の腫れがなくなっていて驚きました。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたは「日本耳」という言葉をお聞きになったことはありますか? 私は余り聞いたことがありませんでした。憶測すると、日本人の耳の形のことかと思ったのですが、どうやら違っていました。

実は過日、ソニーマーケティング株式会社とマーケティングリサーチをおこなう株式会社ネオマーケティングが、20代から50代までの男女計500名を対象に聴感覚の共同調査を実施したそうです。

その結果、日本人には敏感かつ繊細に音を感じ取り、音からさまざまなイメージを描く能力を持っている人がいることが分かったそうです。それを「日本耳」と称しているようなんです。



「日本耳」を持っている人は、想像力豊かで、音から視覚的な想像力や相手の感情、温度感や情感まで読みとれるのだそうです。

調査の結果、音からの状況把握能力、想像力が豊かな「日本耳」を持っている人は、現在約10人に1人いることが分かったそうです。

また、「日本耳」の持ち主は出世や昇給が比較的早いことも分かったというのですが、果たしてそうしたことが確定的に言えるのかどうか・・・。



上記の調査では、「日本耳」を定義するために、下記の7つの項目について質問したそうです。そして、被験者が質問項目を0~2点の3段階で自己評価し、合計点を高:10~14点、中:5~9点、低:0~4点に分け、最も点数が高い群を「(客観的)日本耳」と定義したのだそうです。

「日本耳」の客観的評価の7項目

1.音をきちんと聞く力がある
2.音からその場の環境や状況を把握する力に長けている
3.耳を澄ませてきちんと音を聞く
4.「雑多な音」から必要な情報を聞き分けられる
5.人と話していても、その話以外の音が聞き分けられる
6・英語を聞いた時、意味が分かるかを別として単語自体を聞き取れる
7.漫画を読む時、擬音と言葉を「一緒に感じる」(音を全脳的に捉えることができる)



ところで、この「日本耳」について、精神科医の名越康文氏は下記のように語っておられます。(「Yahooニュース」より)

『日本人と欧米人は情報処理の仕方に違いがあり、日本人は音を全脳的に捉え、音からビジュアルを想像したり、感情を掴んだり、その場の状況を判断する力に長けていると考えられます。

例えば、日本庭園で見られる「ししおどし」ですが、このように人工的に音のなる装置は、日本が発祥です。これは音から様々なイメージを非常に大きく膨らませてしまう日本人固有の感覚から、竹が石を打つ音が持つ風情を利用し、景色と空間のイメージをさらに深く味わえるよう、設置されたのだそうです。

この古来から持つ優れた聴感覚によって、言語にも日本固有の音の表現が多く生まれました。それが「さんさんと降り注ぐ」「しんしんと積もる」などの擬音語や擬態語です。

これらは和歌や、小説、歌謡曲にいたるまで幅広い分野で特定状況の些細な違いを細かに表現し、豊かに伝えるために紡がれた日本人ならではの言葉たちです。

「日本語は発音が世界一美しい言語」と言われることがありますが、そもそもこうした音に対して敏感で、些細な違いを慈しむ日本人が創った言語ですから、それも当然のことなのかもしれません。音に対して繊細な感覚を持つことで、人の想像力、創造性は豊かになります。』



同じく「Yahooニュース」の中で、音楽心理カウンセラーの齋藤寛氏は「日本耳」の存在と、繊細な音を楽しむことの有意性について下記のように述べておられます。

『今回の調査結果から、現代において、日本人特有の“日本耳”が減少していることも見てとれます。些細な音に耳を澄まし、聴感覚を研ぎ澄ます機会、あるいは繊細な音を楽しむ環境が失われつつあるのかもしれません。

日本文化を様々な点で発展させ、築いてきた“日本耳” が失われていくのは大変忍びないことだと思います。日常生活を豊かに暮らしていく上で、感性に働きかける五感が優れているに越したことはありません。

しかし、「日本耳」を育てる、取り戻す方法はあります。日々の生活で出来る限り本来の音を忠実に再現する「高音質」に触れ、繊細な音に耳を澄ませ、想像力を広げる楽しみを持つことが重要です。

「日本耳」を育て、守ることは、日本人ならではの感性や意識を守り育てるという視点からも大切なことであると考えています。』



さて上記のことから、「日本耳」の特徴として下記のようなことが挙げられます。

1.「日本耳」を持つ日本人は、現在10人に1人

2.「日本耳」を持っている人は、音から想像力を喚起する能力が高い

3.日本耳を持っている人は、人生を豊かに過ごしている

4.「日本耳」を持つ日本人は出世が早い:出世の早さの要因は、「日本耳」を持つ人のコミュニケーション能力の高さにあると推察される。

5.「日本耳」はクリエイティビティが身につく



ところで、あなたは「日本耳」を持っていると思いますか? 私は全くダメなように思います。何しろ、出世とは程遠い人生ですからね。

また、想像力(創造力)も欠如しています。妄想念、雑想念だけは常に頭いっぱいに広がっているのですが・・・。

でも、「日本耳」もある程度は獲得性のもののようですから、今日から、意識して「日本耳」を向上させる努力をすると変わってくるのかも知れません。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



何だか近年、節分になると「恵方巻き(丸かぶり寿司)」などと言うものが、食品業界の宣伝に乗せられて一般家庭にも浸透してきているようですね。

昨日も、そのことが報じられていましたが、こんな習慣は私の子供の頃にはありませんでした。大阪から広まったようですが、それも近年までは行われていなかったと専門家が言っています。

恵方巻きとは、節分にその年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされる太巻きとのことで、それを鵜呑みにして信じた人々が行っているのが現状です。

ちなみに、「恵方」とは、歳徳神(としとくじん)という神様がいる方角のことを指しているそうです。歳徳神とは年の初めに祀る神様で、その年の福徳を司っている神様だそうです。


「語源由来辞典」では、恵方巻きの由来について下記のように説明しています。

『恵方巻きの「恵方」は、陰陽道でその年の干支によって定められた最も良いとされる方角のことで、その方向に歳徳神(としとくじん)がいるといわれる。

その恵方に向かって巻き寿司を食べることから、「恵方巻き」や「恵方寿司」と呼ばれるようになった。恵方巻きは、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、恵方に向かって無言で一本丸ごとの海苔巻きを丸かぶりすることから、「丸かぶり寿司」や「丸かじり寿司」とも呼ぶ。

巻き寿司を切らず一本丸ごと食べるのは「縁を切らない」という意味が込められており、七福神にちなんで「かんぴょう」「きゅうり」「伊達巻」「うなぎ」など七種類の具材が入れられ、「福を巻き込む」という願いも込められている。

恵方巻きの起源は、江戸時代末期、大坂の船場で商売繁盛の祈願をする風習として始まったものといわれるが、正確な起源は未詳。

この風習は一時廃れたが、1970年代後半に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行ったイベントによって復活し、関西地方では一般的な風習となった。

1990年代前半には一部のスーパー、1990年代後半には一部のコンビニで全国販売されるようになり、2003年~2004年には全国のスーパー・コンビニで販売され大きく宣伝されたことから、節分に恵方巻きを食べる風習は急速に全国へ広まっていった。』



ところで、上記の説明を鵜呑みにすることはできません。説明の中でも言及されているように、恵方巻のルーツは不明になっていて、諸説があるからです。

一般的には、大阪海苔問屋協同組合などが勝手に理屈を付けてノリの販促のために考え出したものではないかと思われます。その尻馬に乗ったスーパーやコンビニなどの食品業界が、これを節分の風習として広めているのではないでしょぅか。

で、本当のルーツは何かと言いますと、大変にいかがわしいものだったようです。というのは、恵方巻は花街の遊女に対して旦那衆が行ったセクハラをもとに作られたキャンペーン、だったと言われているからです。



これが本当だったら、女性にフェラチオ(男性器(陰茎)を口に含む性行為)をしている時のような顔をさせるために作られた方便が恵方巻の始まりだということになりますから、全く呆れる他ありません。

花街通いの旦那衆が、恵方や願掛けなどといった、もっともらしい言い訳を作り遊女を納得させエッチな顔をさせていたと言うわけです。

こんなルーツのある風習を、大ぴらに普通の一般家庭の日常に持ち込んでいいものでしょうか。商売になることなら、何でもやるという根性がミエミエの食品業界のやり口です。



しかし最近は、何の意味も分からず、業者の口車に乗せられて鵜呑みにして、それらの習慣を取り入れている人々が多數を占めているわけですからねぇ・・・、

クリスマスやハロウィーン、バレンタインデーなど、もともと日本人には関係無いようなことにも熱中する人々がいるわけですから、恵方巻のこともとやかく言っても仕方がありません。

まあ、流行りモノには何かの思惑があることぐらいは認識して置かれた方がいいかとも思います。節分を迎えて、気になったことを述べさせて頂きました。



私は本来、恵方巻きのような「太巻き寿司」は好きなんです。唯、それを丸かじりするような風習には疑問を感じます。恵方巻きに反対する方が下記のような過激な文章を掲げていますが、どうでしょうか・・・。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



このところ、気温の寒暖の差が極端になっていますね。まだ2月に入ったばかりだというのに、今日の東京は最高気温が18度にもなると言われています。

でも、明日からは寒さが戻ると言うのですから、まるでジェットコースターに乗っているように急激にアップダウンしているようで、体調維持が難しいこの頃です。

その所為でしょうか、ノロウイルス中毒が流行しています。学校給食などによる集団感染も度々起こっています。唯、その原因が本当に学校給食かどうか、疑問に思うところがあります。



ところで、ノロウイルスは乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスのことです。この感染症は11月から3月の主に冬季に多発しますが、年間を通して患者は見られるようです。

その特徴としては下記のようなことが挙げられています。

1.下痢だけではなく、嘔吐が多い:嘔吐の場合、適切に処理や消毒をしないとウイルスが床に残って、乾燥しホコリと共に空気中に舞い上がり感染が広がることもあるようです。

2.消毒薬に対する抵抗性が強い:ノロウイルスはアルコールや高温に対する抵抗性が強い上に、乾燥や酸にも強く、水中でも長時間生きていることができる厄介なウイルスです。

3.一度かかっても何度も感染することがある:ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在するので、同じ人が複数の違った型のウイルスに感染することがあるそうです。



尚、ノロウイルスの感染は経口感染ですが、下記のような感染経路があるようです。

1.感染者のウイルスが大量に含まれる便や吐物などから直接もしくは二次的に感染する場合

2.調理などを行う食品取扱者が感染して、その者を介して汚染した食品を食べた場合

3.ウイルスに汚染された貝類(特に二枚貝)を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合

4.ウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合



ノロウイルスに感染してから発症までの時間は24~48時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱は軽度ですが、37~38℃くらいだそうです。

私は一度も感染したことはありませんが、症状は1~2日ほど続いた後、治るようです。後遺症などが残ることはなさそうです。

ただし、免疫力の低下した老人や乳幼児では長引くことがあり、激しい嘔吐や下痢による脱水症状に気をつける必要がありそうです。



ノロウイルスに対する一般的な予防法としては下記のようなことが言われています。

1.食事の前やトイレの後などには、せっけんを使いしっかりと手を洗う

2.タオルなど共用で使用するものを避ける

3.下痢や嘔吐などの症状がある者は、食品を取り扱う作業をしない

4.食品の中心温度が 85℃で1分以上になるように熱を通して食べる

5.便や吐物の処理をする時は必ずビニール手袋を使用し、汚物の消毒は市販の塩素系消毒剤(漂白剤)を希釈したものを使う



さて、ノロウイルスに感染した場合に、もっとも注意が必要なことは、症状が治った後でもウイルスを排出していることを知っておくことです。

症状が治った後でも10日間ぐらい、また長い時には1ヵ月間程度ウイルスの排出が続くそうです。ですから、下痢や嘔吐が続いている場合には食品を直接取り扱わないだけでなく、その後も2週間は同様の注意がいるようです。



以上見てきたように、ノロウイルス感染の原因はウイルスということになっていますが、では何故、ウイルスに感染するのかが明確にされていません。

毎年、この寒い時期にノロウイルス感染が流行すると、上記のような予防法が叫ばれるだけで、肝腎なことが言われないのが不思議なことです。

実は、ウイルスは単なる引き金で,真の原因は身体の「免疫力」が低下していることです。特に最近の免疫力低下の原因は、福島原発事故による放射能汚染物質によるものと判断されます。



勿論、政府も東電も医療関係者も、そうしたことは一切、口にしていません。しかし、日本全国、放射能汚染物質によって覆われていることを考えますと、あらゆる食物による内部被曝のことを無視できません。

即ち、内部被曝によって異常細胞が激増しているために,この異常細胞の処理に免疫細胞(マクロファージやNK細胞)が過剰消費されてしまっていて,ウイルス処理のための免疫細胞が足りない状態になっていることが考えられます。

そのためにノロウイルスやインフルエンザに感染する人々が跡を絶たない状況になっているものと思います。ですから、自分の免疫力を高めることこそが、ノロウイルスやインフルエンザ感染に対する唯一の予防法だと言えます。



何時も申し上げているように、室内を放射能汚染から守るために、「空気清浄機」を設置したり、植物性の「乳酸菌」を取り入れて腸の働きを活発にしたり、運動や日光浴を欠かさないことが免疫力を高めることになります。

乳酸菌(植物性)は腸の働きを正常にして免疫力を高めます



シャープ空気清浄機(プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機)

<カスタムレビュー>
最近、病院や薬局、オフィスなどどこに行ってもプラズマクラスター搭載空気清浄機が使われてるので私も買ってみました。
加湿も出来るのでこのタイプにしましたが、実際使ってみて............本当に部屋の空気が変わりました。
言葉で表すのは難しいですが、森や山の中にいるような感じになります。
加湿も、空気中に水分が多すぎない適度に50%くらいを保ってくれるので有難いです。
思っていたより良かったので、我が家はもう一台購入することにしました。



尚、「シャープ空気清浄機」をお求めになる前に下記の情報なども参考にしてください。

=>シャープ、ウイルスが生存しやすい環境で運転を強化する加湿空気清浄機
=>シャープ空気清浄機の性能や特長、使い方がわかります!



最後に、漢方医の方がノロウイルス対策について下記のようなことを言われています。(「ヨミドクター」より)


『漢方医学でノロウイルス対策を考えてみましょう。

漢方医学では、「未病(みびょう)」という考え方があります。これは、現代風に言うと予防医学のことです。

漢方医学による対策としては、胃腸の状態を整えることになります。口から感染するノロウイルスを胃腸から体内へ簡単に侵入させないように、胃腸の状態を、漢方薬を使って調整しておくことです。

このとき使う漢方薬は、人参湯(にんじんとう)類です。人参湯は、日頃から体力がなく、風邪を引きやすい人で、胃腸の状態が悪くなったときや体調管理のために使います。



六君子湯(りっくんしとう)は、食欲に関係したグレリンという消化管ホルモンを増やす作用があり、がん患者さんの治療中にも使われています。



補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、免疫を高める作用があるという報告が数多くされている漢方薬のひとつです。



まだまだ、寒い日が続きます。みなさん、風邪やノロウイルスに備えるには、うがいや手洗いばかりでなく、漢方医学で体の中から予防することも考えてみてはいかがでしょうか。』



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

エイミー・カディ 「ボディランゲージが人を作る」

=>「ボディランゲージが人を作る」の英文日本語訳。英文和訳の勉強にもなります。)

私たちのコミュニケーション手段としては多くが言語によるものですが、それと同様に非言語の身体の動作によって相手の意向を察知する方法も行っています。

それが即ち、「ボディランゲージ」と言われているものですが、これは特別に訓練された方は別ですが、大概の人は余り意識しないけれども、生まれながらに身に付けているものがあります。

このボディランゲージを知ることはお互いのコミュニケーションを優位に勧めることにもなります。例えば男女の間でのボディランゲージの在り方について、「マイナビウーマン」では下記のような記述を載せていました。



ーー引用はここからーー

<前向きなサイン>

1.凝視―興味と媚び:男性の方が女性よりも表現は直接的です。通常よりも長い時間見つめ、視線は顔だけでなく全身に及ぶことも。女性の場合はわざと無口になり、相手の少し横や肩の向こう側に視線をやってから徐々に近づけ、首を傾げます。断続的に視線をやることで目が合うチャンスを作っており、いざその時には決定的な興味が彼女の瞳に宿っているはずです。

2.髪を直す―いいとこ見せたい!:男性の場合は髪を直したり、ネクタイをいじったり、ズボンをちょっと引っ張ってみたり、靴下を上げたり、ジャケットのボタンをとめる、または外すなど。女性の場合も同様に服を直したり、髪をねじる、払う、またメイクのチェック(特に口紅)をすることもあります。

3.何かに触れる―相手の身体への興味:興味を持てば触れてみたいと思うのが自然の流れ。まずは自分の身体に触れる傾向があります。唇を舐(な)める、首、鎖骨や腕、もも、足首に触れるのが特徴的です。

自分の身体意外に、手元にあるもの―例えばグラスの脚やタバコをもてあそぶのもこの心理の表れ。関係がより親密になれば、相手に触れるようになります。その際は手→手首→二の腕→抱きしめる、という流れになります、よね。

4.どこを向いてる?:身体のパーツは、無意識に興味のある方向を向くもの。頭からつま先まで、彼が完全にあなたの方を向いているなら、あなたに興味津々のはず。


<警告のサイン>

1.目を合わせない:あなたに興味がない場合、相手は目を合わせたがらないはず。あなたの視線から逃れるような目の動きを見せます。

2.障害物を作る:また、腕や脚をクロスさせたり、身体の前に出して、これ以上近づくことを避けようとします。バッグや本などの手回り品、時には第三者をあなたとの間にもってきたら、距離を置きたいサイン。

3.態度の変化:きつい態度、直立姿勢、うなだれた姿勢、あくび、極端に早いまたは遅い話し方、体の向きを変える、手で顔を仰ぐ、脚を動かす、手を放すまたは隠す・・・これらは「ここを離れたい」のサイン。あなたと話しているときにきょろきょろしたり、スマホをいじるのも、「もうあなたと話していたくない」のサインです。


いかがですか?たとえ相手の態度を読めたとしても、自分がどんなアクションを見せているのかというと案外意識していないもの。言葉以外が伝える気持ち、上手に活用したいものです。

※ 当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:Read what their body is telling you
http://www.nzherald.co.nz/lifestyle/news/article.cfm?c_id=6&objectid=10858554

ーー引用はここまでーー



また、このボディランゲージに関してよく話題に登るのは、面接などの場でどうするかです。「IRORIO(イロリオ)」では、『採用面接でやってはいけない10のNGボディランゲージ』と題する下記のような記事を載せていました。


ーー引用はここからーー

1.か弱い握手:日本の採用面接では、面接官と握手する機会はあまりないかもしれない。しかしもし握手をすることがあれば、しっかりと目を合わせ、笑顔で(相手が痛がらない程度に)力強く手を握ろう。好ましい握手の強さはその国の文化などにより異なるが、目安の握力は“面接官と同じ程度”と覚えておくといい。

2.パーソナルスペースに入り込む:面接官のパーソナルスペースを尊重し、あまり近くに立ちすぎないことを心がけよう。当たり前だがハグなどはしないように。

3.腕を組む:腕組みは、受け身な人という印象を与えてしまう。また、不機嫌だと勘違いされてしまう可能性もある。面接中は、手を使ってジェスチャーなどで気持ちを伝えるようにすれば、やる気があるように見えるだろう。

4.髪を触る:髪を触るのは、緊張していたりストレスを感じているサインで、子どもっぽく見られてしまう。面接官がそっちに気をとられてしまい、あなたの話を聞いていなかったなんてことがないように、こういう行為はやめるべし。

5.姿勢が悪い:姿勢正しく座ること。左右非対称的な態勢は、困惑や不誠実な印象を与えてしまう。

6.目を合わせない:相手の目から絶対に視線をそらしてはいけないというわけではない。が、面接官が話しているときは、なるべく相手の目を見るよう心がけよう。アイコンタクトは面接官と繋がる道具だと考えるといい。

7.興味がなさそうな態度をとる:感情を表に出すのはいいことだ。しかし、頻繁に時計をチェックしたり、携帯電話を見たりという行為は控えるように。

8.無表情:面接では誰もが緊張して表情もこわばってしまうもの。だからこそあえて自然な笑顔をつくれるよう心がけるといい。

9.落ち着きがない:顔を触ったり、スーツのポケットをいじったり、爪を噛んだりなど、不安を感じていることを知らせてしまうようなそわそわせかせかもじもじした動作は避けるように。

10.手を隠す:手は、お尻の下に敷いたり膝の上にのせておくのではなく、デスクの上に置いてジェスチャーに使うべし。ジェスチャーを使って表現することで、より感情が伝わりやすくなる。また、面接官はその手の動きであなたの社交性や誠実さを見極めているということも忘れないように。

ーー引用はここまでーー



さて今回、ボディランゲージの話題を取り上げたのは、ロシアプーチン大統領がボディランゲージを上手に使いこなす方だという記事を読んだからです。

2014年1月20日付けの『ロシアNOW』では、それに関して下記のように報じています。


ーー引用はここからーー

ウラジーミル・プーチン大統領が権力の座に就くことに貢献した外国人がいるとしたら、それはボディランゲージに関する権威で、プーチン大統領のことを「きわめて賢く有能な弟子」とよぶオーストラリア人のアラン・ピーズ氏ということになろう。

1991年にクレムリンのセミナーで

ピーズ氏は、 国際的に「ミスター・ボディランゲージ」として知られるベストセラーの著者である。両者が初めて顔を合わせたのは、当時39歳の元KGB職員で、サンクトペテルブルクの市役所で国際関係や外資促進を担当していたプーチン氏が大統領になる前の1991年のことだったが、これは、プーチン氏を含む将来有望な政治家のためのセミナーがクレムリンで開催され、それにピーズ氏が招聘されたためだった。

このセミナーにはプーチン氏の上司に当たるサンクトペテルブルク市長のアナトリー・サプチャーク氏も参加した。

「当時、私たちのグループには7人がおり、全員が銃を携行し、無愛想で近寄りがたい顔つきをしていました。それは怖いながらもエキサイティングな体験でした」。61歳でプーチン氏と同い年のピーズ氏は、インタビューに対してこう語った。

「私は彼に、テレビで自分をより親しみやすく見せ、攻撃的な身振りを避ける方法を伝授しました。ちなみに、当時サンクトペテルブルク第一副市長に登用されていたプーチン氏はとても賢く、有能な弟子でしたよ」と彼は回想する。


信頼を勝ち得るしぐさと表情

プーチン氏の思考の内部を探るための分析は、クレムリンを専門とする研究家、外国政府や一般市民にとって、彼が権力の座についていた過去13年間にわたり主要な課題だった。自分のプライバシーを頑なに守ろうとすることで知られているプーチン氏は、その無反応な表情、手振りの少なさと揺らぐことのない固定的な目線で、尊敬とともに反発を買ってきた。

しかし、今月ヴォロネジでセミナーを実施中に、ピーズ氏はプーチン氏との面会を回想しつつ、このクレムリンのリーダーの身ぶりや表情を褒め讃えた。その中で同氏は、対面形式のミーティングにおけるメッセージの6割から8割は、ボディランゲージによって伝達されるということを強調した。

「サプチャーク氏との初対面の際に、私は彼に注目していました」とピーズ氏は語る。「彼が入室すると、誰もかもが静まり返りました。彼がKGBに勤務していたことを全員が知っていたからです。私にもそれが判りました。スパイには特別な準備と能力が備わっているのです」

ピーズ氏が最初にプーチン氏に教えたのは、ソビエト時代の政治家にありがちな攻撃的な身ぶりを捨てることだった。腕を揺り動かしたり、拳で机を叩きつけるような動作を含む仕草は、1960年の国連総会において靴で演説台の机を叩き、怒り心頭の抗議演説をしたソビエトのリーダー、ニキータ・フルシチョ フ氏を彷彿とさせるものだった。

そのような興奮した身ぶりに頼るのではなく、「手のひらは、平らに開いた状態に保つか、“高くそびえ立つ尖塔”とよばれるジェスチャーで、両手を合わせる必要がある」とピーズ氏は言う。「その両方とも、信頼を勝ち取ることができます」


訓練の成果

最近、プーチン大統領は公のスピーチやクレムリンでの会議において両方のジェスチャーを頻繁に用いるようになっている。ピーズ氏は、2000年代にプーチ ン氏が米国のジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)と会見した際に、「高くそびえ立つ尖塔」をきわめて効果的に用いているのを目にしたことがあるという。

「プーチン氏とは対照的に、ブッシュ大統領は、いわばどうしようもない身ぶりでしたが、プーチン大統領は落ち着きながら自信を持ってふるまい、両手を「高くそびえ立つ尖塔」にしていました」と彼は言う。「もしかするとその瞬間、釣りのことを考えていたのかもしれませんね」

ピーズ氏は、プーチン氏には、他国の首脳と1対1で会談する際に抜群の効果を発揮するもう一つの「鉄則」があると主張する。大統領は頭を一方に少しだけ傾け、話し相手に応じて頷くというものだ。

「対話中に連続的に3回頷くと、話し相手に話を続けるよう必然的に促す効果があることが研究により実証されています。」とピーズ氏が解説する。「したがって、その人は、あなたがその会話に興味を持っていると理解することができるのです」

ーー引用はここまでーー



上記の、アラン・ピーズ氏は、ボディランゲージの分野の第一人者だそうです。彼の自伝によると、保険販売員の息子である彼は、後に自分もその業界に就職したが、子供の頃から、父が売り込みのピッチをする様子をつぶさに目にしてきたそうでう。

そして営業員になって1年目の21歳で100万ドルを超える生命保険の売上を達成するという記録に輝いたり、1960 年代には、ピーズ氏は人間の行動を理解する方法についてのトレーニングマニュアルを執筆したとのことです。

それがもとになり、1981年には『ボディランゲージ』とい うベストセラーが生まれたそうです。彼はこの本に続き、ナンバーワンのベストセラーを9冊も出しているとのことで、ピーズ氏の取引相手にはIBM、マクドナル、 BBC、マツダやスズキなどがあるそうです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

butu.jpg

先日、指圧講座の申し込みをされる方と色々と話しておりましたら、ご家族のことや身内のことで不都合なことがある様子でした。

そこで、何はともあれ「先祖供養」が大切であることをお話しました。但し、これは宗教のお寺や神社などに依頼するものではなく、子孫が自宅で毎日行うものだということをお話しました。

すると、理解の早い方で直ぐに実践をされたそうです。ご自宅に仏壇はあるのですが、一番大事な「〇〇家先祖代々の霊位」の位牌が無かったので、取り敢えずは紙に書いてお祀りされたそうです。



すると、その日から、仏壇を閉めた時に明るく光輝いているように感じられたそうです。これまでとは全く違ってきたと嬉しそうに話してくださいました。

また、先祖供養を始めた夜、床に着いてから急に、20年前に中絶をした子供のことが思い出されてきたそうです。この方が先祖供養を始めた途端の出来事ですから、きっと、この水子霊も喜んで母親に波動を送ってきたことで、彼女が思い出したのではないかと思います。

水子霊の場合は、心からお詫びをして、今後また生まれ直して素晴らしい一生を送って下さいとお願いすることが一番ですから、そのことも彼女にお話しておきました。

彼女自身も先祖供養を本格的に始めたことで、何かが大きく変わってきていることを感じていると話しておられました。私としても、彼女がそのように素直に実行して下さったことは本当に嬉しいことです。



さて、これは当たり前のことですが、私達は誰一人として自分勝手に自力で生まれ出た者はいません。親の肉体を借りて生まれ出て来たわけです。

世間では、親が勝手に産んだのであって、「オレが頼んで産んでもらったんじゃない」と、トンデモナイことをうそぶく者がいますが、これは大変に間違った考え方です。

誰でも、自でが親を選んで生まれてくるものです。生まれ出る前(霊界にいる頃)にどの親を選んで、どんな環境でこの世を送るのかの選択は、守護霊様方を始め色々の方々のお導きによって、自分自身が選定するわけです。



どんなに厳しい環境に生まれ出ようとも、それは自分自身で納得して選んだ環境だと言うことです。そうした環境で真理を学ぶ(魂を磨く)ために肉体を持って生まれ出る機会を与えて下さったのが、両親です。

ですから、親ほどの恩人はいないと言うことになります。その親もまた、自分達を産んでくれた親がいるわけです。それがご先祖様方です。

ですから、私達が恩人である親・先祖を敬うのは、人間として当たり前の行為です。その為には先ず、日々の先祖供養が必要になります。



こうした話しをしますと、何だか宗教のように受け取る方もあるかも知れませんが、先祖供養と宗教は一切関係ありません。

自宅の仏前で個人的にできることです。また、墓参もその一つの在り方です。この先祖供養の方法の一つに、「先祖霊想観法」というものがあります。

これは、仏前で、一人一人のご先祖様を呼び出して、共々に光り輝く所にいることをイメージして、日々のご守護に対して感謝申し上げる方法です。



これを毎日、実践された方の手記がありますので、下記に紹介いたします。

ーー引用はここからーー

(前略)ます平常通り、先祖の方々に、夫の両親に、私の両親に、亡き主人に感謝し、常にお守り下さっていることを感謝いたしまして、先ず仏前に供えている父の写真(注:基本的に写真を飾ることは、亡くなった方の修行の妨げになるので、よくありません。)を見詰め、目を閉じ、父の名を幾度も幾度も心の中で唱え続け、在りし日の面影が思い浮かぶまで呼び掛けました。

そして、心配を掛けてしまったことを先ず詫びまして、色々思い出したことを感謝し続けて、

「お陰様で、私は今最高の喜びに浸っております。現在の世は人間の心の持ち方が悪いため、地球や地球人は滅亡の危機が迫り、宇宙の創造主は大変憂いておられ、私達に「洗心せよ」と仰せになり、『宇宙の理』という御教えを賜り、私はその最も得難い、尊い御教えに触れているのです。

どうか喜んでください。お父さんお母さんが、この今の世に産んで下さり、未だに生き長らえて、その尊い御教えを勉強できるということは、最高の幸せであり、生き甲斐であります。

お互いに「洗心」に励みましょう。お父さん、有難うございます。有難うございます。有難うございます。」

と唱え続けていたのでございます。すると驚いていたような表情をされていた父母も(母は何時の間にか現れていました)、その顔が笑顔になり、暫くその笑顔が続きまして涙にむせんでおりました。

そして、その翌日、以前から目に霞が掛かったように見えていた目の霞が、スッカリ消えておりました。実に有難く、ここにあらためまして深く感謝させて頂きます。

その後、2ヶ月あまり経った現在でも霞はございません。本当に有難うございます。有難うございます。有難うございます。

ーー引用はここまでーー



この体験をされた後、また、次にように語っておられました。

『あまり感謝の念の湧かない時には先祖の霊も現れず、感謝に満たされ、御教えをお伝えする時にこそ、笑顔が浮かんで喜んで頂き、効果があるように思われます。』



このように、先祖供養は宗教のように御利益を求めるものではありません。心から親・先祖に感謝申し上げるだけです。

ですが、親・先祖と子孫とは同じ波長ですから、ご先祖様方が眼前におられることをイメージして、困ったことなどに対して、上手く行くようにお守り頂くことをお願いするのは問題ありません。

ご先祖様方は常に子孫が上手く行くように見守っておられるからです。ですから、一番の先祖供養は家族が仲良くすることだと言えます。



唯、ご先祖様と申し上げても、それこそ星の数ほどおられるかも知れません。中には、とっくにこの世に生まれ直しておられる方もあることでしょう。

そうした場合でも、子孫が感謝の念を送れば、今生の何処かでそれを受け取って下さり、それ相応の愛念を送り返して下さいます。

また、霊界で苦しんでおられるご先祖様の場合は、子孫からの供養によって光(愛念)が伝わり、次第に明るい霊界に移行できることになります。


更に、先祖供養という「愛の行為」は、やがて自分にも戻って来て、物事が上手く運ぶことにもなるわけです。尚、詳しい先祖供養に関しましては、下記を参考にして下さい。

=>誰も教えてくれない先祖供養の大切さ!



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。