外国人と指圧

ここでは、「外国人と指圧」 に関する記事を紹介しています。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

rosia.png


昨日、十数年前に指圧の勉強に来ていたイギリス人男性からメールを頂きました。何でも、東京に来ているので是非、会いたいから訪問したいとのことでした。

話の様子では、昨夜しか時間が取れない事情があったようですので、何とか時間をやりくりして来てもらうことにしました。

実は、このイギリス人男性は十数年間に指圧の勉強に来られた時は、まだ弁護士としての仕事をしておられたんです。でも、指圧などの東洋医学に深く関心を持っておられました。



私のところに長い間通って来られましたが、イギリスに帰国される時に、弁護士の仕事を辞めたとの報告を受けました。どうも、治療師になりたいとのことでした。

その後、暫くして彼からメールで相談があり、ロンドンで鍼灸の学校に通いたいと思っているのだけれども、どうだろうと言うことでした。

私としては彼の一生を左右されることに口を挟むことはできませんが、彼の決意のほどが伺われたので、それに賛同しました。



その後は彼からの連絡は全く途絶えました。しかし、何年かして、彼からメールが来たのですが、それを見て驚きました。

何と、東京の三軒茶屋にある外国人の鍼灸師の治療院で働いているということだったんです。彼は東京に住んでいた時、この鍼灸師の先生の所に患者として通っていた時があったので、その御縁を頼ったものと思います。

最初に彼が指圧の勉強に来たのも、実はこの外国人の鍼灸師の紹介だったのです。この鍼灸師の先生からはその後も度々、外国人の方を紹介頂きました。

私からすると大変にお世話になっているのですが、未だ何十年も経つのに一度もお会いしたことがありません。何度かメールでやり取りしただけです。

でも、彼の方も分かっておられるようで、一度も会わなくても、お互いに「ソウルメート」だから、心が通じているので会わなくても大丈夫ですよ、と言われているのです。



兎も角、昨夜訪ねて来られたイギリス人男性は既に40歳になっておられましたが、昔とかなり印象が違っていました。内面的に成長されたことが伺えました。

十数年振りに会ったのですが、再会してみると、つい先日会ったのではないかと思うほど、十数年の時間の経過を感じませんでした。

彼も久々に訪れて来て、部屋の中を懐かしそうに見ていました。彼は以前から私のところを再度訪問したいと考えておられてようですが、仲なkチャンスが無かったようです。

で、昨日、再会した折に、つくづくと、もっと早く訪ねてきたかった、と感慨深げに話しておられました。



尚、昨日は彼の訪問の前にロシア人の男性が奥さんの赤ちゃんを連れて、奥さんの指圧治療を受けに来ておられました。ご主人は1年半ほど前に、指圧の勉強を終えられた方です。

その頃、奥さんは妊娠中で、色々と症状が出ていたので指圧の治療を数回受けられました。その後、この家族はアメリカに両親が住んでいるので、そちらに移住するといって、アメリカに渡られました。

その後は何の連絡も無かったのですが、2日前にメールがあり、今、東京に一時的に戻って来たので奥さんの治療をして欲しいとのことでした。

それで昨日、生後11ヶ月のお子さんを連れて3人でお出でになっていたんです。で、ご主人に、後でイギリス人の生徒さんが訪ねて来るので、一緒に話をしませんかと勧めたところ、快く引き受けてくれました。



奥さんの治療が終わった頃、件のイギリス人男性が来られましたので、ロシア人男性家族を紹介して、お互いに指圧を中心にして暫く歓談をしました。

何事も偶然はありませんので、このようにイギリス人男性とロシア人家族を引き合わせることが出来て楽しい時間を過ごせたのも、決して偶然ではなく、お互いに縁があってのことだと思います。

このイギリス人男性は現在、ロンドンで鍼灸師として働いておられのですが、日本はいいと言って、今後は定期的に訪日したと言っておられました。

彼も私との話の中から、今後のご自分の在り方などにも参考になることがあったようで、それを患者の治療に役立てたいとも言っておられました。洵に、有難いことです。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople




近年、日本では不妊に悩む女性が増えています。唯、不妊の原因には夫婦のどちらかに肉体的、あるいは精神的な問題がある場合もあるでしょうし、どちらも正常で原因不明のケースもあります。

それから結婚年齢が高くなって、女性が30代後半や40代になってから出産に挑戦するケースも増えていますので、肉体的に無理があることも考えられます。

また、夫婦間の業・因縁などがあって、今生では子宝に恵まれないというケースもあるかもしれません。



通常は結婚後、2年以上経っても子宝に恵まれない場合を不妊症と称しているようですが、中には例外も沢山あります。

例えば、8年間も子供に恵まれなかった夫婦が指圧治療を継続的に受けた結果、その後、続けて2人の子供に恵まれた方たちもありました。

私の身近でも、結婚後4年以上も子供に縁の無かった夫婦が子度からに恵まれたケースもあります。その間、特別な治療を受けたりしたわけではありません。



それはともかく、子宝に恵まれない夫婦は「不妊治療」を受けることが多くなっているようですね。一般には下記の二つの方法があるようです。

1.人工授精:人工授精は男性から精子を事前に採取し、人工的に女性の子宮内に入れる治療法。人工授精を行う場合には事前に採取した精子を子宮内に注入する前に洗浄・濃縮を行うため 通常よりもより妊娠しやすいそうです。

2.体外授精:体外受精では男性から採取した精子と女性から採取した卵子とを培養液の中で受精させる方法。無事に受精が成功したら、受精卵の状態を観察しながら卵を8分割まで培養する。その後受精卵を女性の子宮内にうつして着床させ、受精卵が無事に着床すれば妊娠となる。



ところで、不妊に関して多くの方が悩んだり、深刻になったりしている理由は何でしょうか・・・。色々考えられますが、一つには、結婚すると子供ができるのが当たり前と考えているからではないでしょうか。

そのために、子宝に恵まれないと、「どうしてだろう」と焦ったり、悩んだりして、何とか自分達で方法を考えなくては、と思われるのではないでしょうか。

でも、よく考えますと、子供ができるということは、当たり前のことではなさそうです。実はそうではありません。先程も子宝と言いましたが、昔は「子供を授かる」という表現をされたように、子供は授かるものです。


この物質世界が全てと思っている方が多い今日、このようなことを考えるのはオカシイと思う方もあるでしょうが、そうではありません。この世のことは全て、与えられているのです。

子宝だけでなく、自分のこの世に生きていることも、全て大きな力によって生かされているわけです。自分勝手に生きているわけではありません。

ですから、子供ができるとか、できないというのも、人間の勝手な考えでは思うように行かないのが当然です。あくまでも、子供の授かりものです。


だからこそ、昔から「子宝」として、子供を授かると大事に育ててきたわけです。しかし、そうしたことが、すっかり失念され、近年では授かった子供を粗末に扱ったり、逆に子宝に恵まれないとが悪いことのように考える人々が増えているようです。

子宝にめぐまれるのも、恵まれないのも全ては神のお仕組みに他なりません。ですから、例え、今生で自分の子供に恵まれなくても、それはそれで、そうなるような理由があるわけです。

それを無視して、自分勝手に責任を感じたり、悩んだり、無理な不妊治療などをすることは、言えば宇宙の法則に反することにもなり兼ねません。もう少し大きな目で自分の一生を考えて見る必要があるように思います。


さて今回、こうした話題を持ち出したのは、昨日、お子さん(7歳の女児)の指圧治療に付き添って来られた母親の話を聞いたからです。

実は、彼女はカナダ人女性で、ご主人も外国人です。既に日本に10年在住されているそうで、教師として働いているとのことでした。

そして治療に連れて来られた、7歳のお子さんは日本人女児で4年前に養子にされたそうです。多分、ご夫婦の間で子宝に恵まれなかったのだな、と感じました。


それだけでも素晴らしいなと思いましたら、何ともう一人の日本人女児(4歳)を養子にされているとのことでした。

残念ながら日本では、国内で親戚や縁のある者を養子にすることは多いのですが、外国人を養子にする夫婦は少ないように思います。

勿論、例外もあります。外国に住んでおられる日本人夫婦が外国人の子供達を沢山養子にされていることを伺ったことがありますし、同様のことをされている夫婦もおられます。


一方、アメリカでは昔から生活に余裕のある家庭では、何らかの事情で家庭を持てない子供を養子に迎えて育てる風習があります。

アメリカでは国境をまたがっての国際養子縁組も広く行われております。私が昔、指圧治療に伺っていたご夫妻は実子が4人もありながら、他にベトナムやアフリカなどの子供を4人も養子として育てておられました。

勿論、国によって諸制度の違いもあるかもしれませんが、日本人は未だに島国根性が抜け切らないところがあるのではないでしょうか。


どうしても自分の子供が欲しいという思いばかりが強く、外国人の子供を養子にしてまで育てようという考えにはならないようです。

また、日本社会の閉鎖性が、そうした外国人を養子にすることを妨げている面があります。日本人夫妻が肌の色の違う外国人を子どもとして育てていると、何かと色眼鏡で見るという悪癖が残っています。

一種の村八分のような対応をしたり、イジメの対象にしたりする人々が結構いますからね。国際化が進んでいる現在でも、こうした面は旧態依然たるものがあります。


さて、話を指圧治療にきた上記の7歳の女児ですが、便秘を始めとして色々と身体の不調があり、病院で検査もされたそうですが、仲々これといった原因などが見つからなかったそうです。

それで、そのカナダ人の母親は精神的な面に原因があるのではないかと考えられ、他の代替医療を受けさせて見ようと思われ、私の指圧のサイトをご覧になったそうです。

そこで、私のYouTubeの動画などもご覧になって、私の考えなども理解された上で、お子さんを連れて治療を受けに見えたわけです。


実際、その女児の指圧治療を行って見て、確かに下腹部が膨満していて便秘にもなっているだろうことが察せられました。

一般に、下腹部の膨満感は、自分の想いを発散出来ずに貯めこんでいる時に起こりやすいと言われています。昔の人は「物言わざれば腹ふくるる業なり」と言っていますが、正に腹部膨満を現した表現です。

精神的な悩みや強い鬱積感情を抱えていて、それを発散出来ずにいますと、下腹部の膨満を起こすことになります。例えば、オナラを我慢していると、そうした症状になるのと同じです。



この7歳の日本人女児も、3歳の時に現親のカナダ人女性の元に引き取られ、今日まで大切に育てられ、英語もペラペラになっているのですが、彼女自身の心の奥底に溜まっている感情は仲々癒えるものではない、と考えられます。

それが現在の身体の不調という形で現れているのかも知れないことを、母親に話してみました。すると、彼女もそれはよく理解出来ているようでした。

こうした点を考慮に入れて考えると、指圧の全身治療は心身ともにリラックスできるので、効果があるから継続的に治療にきてはどうかと話してみました。


また、母親が直に子供に手を当てることが一番有効だから、お母さんが指圧講座を受けて、指圧を身につけて子供の治療をされるのがいいですよ、とも話しておきました。

すると、指圧講座にも興味を持って頂きました。取りあえずは、そのお子さんの継続的な治療をしましょうということになり、数日中に再度お出でになることになりました。

尚、二人の帰り際に、母親に対して、その日本人女児とは前の世からの縁があってのことだから、決してこの世だけの縁ではないことを話しました。すると、それを聞いて、今日は来てよかったと言って、喜んで帰っていかれました。


最後に、外国人が日本人を養子にする場合には下記のような手続きがいるそうです。

1.成立要件は外国人の本国法により、方式はその本国法又は日本法によります。夫婦共同縁組及び日本人養子の保護要件は、日本人と外国人の夫婦の場合と同様です。

2.日本法の方式で成立させる場合には、戸籍に成立の届出をします。

3.養親の本国法の方式又は外国でその国の方式により成立させる場合には、戸籍に報告の届出をしなければなりません。この際に、外国政府発行の証明書を提出します。







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


スペインの指圧学校の代表者と生徒さんたち

今年の7月は、海外から次々に指圧の勉強に来られる方達で賑わっています。例年、夏季の休みを利用して海外からおいでになる方はありますが、今年はそれが連続しています。

まず最初に見えたのはフランス在住の日本女性でした。彼女は昨年、メール指圧講座をフランスで受講されたのですが、今回一時帰国され、指圧の3講座を全部、受講されています。

f

既に2講座を終了され、8月1日で全過程を完了される予定です。毎年、何人かは彼女のように海外に住んでいる日本女性が、短期に帰国されて指圧の勉強にこられますが、今夏は彼女だけでした。



次に見えたのは、イスラエル人の男性で現在、台湾に在住されている方です。この方は数ヶ月前に指圧の中級講座だけを受講されたのですが、今回、1ヶ月の予定で再度、来日されたわけです。

今回は主に合気道(黒帯)の修練が目的だったようですが、指圧ももっと勉強したいということで急にお見えになりました。

取りあえずは上級講座を受講してもらうことになり、短期のスケジュールを組んで始めました。幸い順調に進んで、今週の木曜日には講座が終了することになっています。



次に、これは数カ月前から予約を頂いていたものですが、スペインの指圧学校の経営者と生徒さん2人の計3人で指圧講座を受講に来られました。

s

こちらは、1週間で初級と中級講座をこなすことになっていましたので、連日3レッスンずつ行いました。しかし当初、3人ですので、どうしても私が中に入って誰かと組になって行う必要がありましたので、ちょっとやりにくいなと感じていました。

通常、個人指導ですから、私が最初に生徒さんにやり方を教えて、その後、生徒さんが私に指圧を施すという形で行っています。

また、2人とか4人の偶数の生徒さんでしたら、それぞれ組になって頂き、私は彼らにやり方を見せるだけで済みますが、今回は3人でしたので、私が先にやって見せて、その後、誰かと組になってやらなければなりませんので、大変キツイわけです。



ところが、彼らが来日する数日前に、先の台湾から来ておられたイスラエル人の男性が、指圧の練習をもっとしたいので私の生徒さんで相手になってくれる人はいないか、と言ってこられたんです。

そこで渡りに船とばかり、実は来週、スペインから3人の生徒さんが来るので、彼らと一緒にやって見たらどうかと誘ってみたんです。

すると彼も大変喜んで是非、そうさせて欲しいと言ってくれたわけです。それを聞いて、私も教えるだけで済みますから、体力温存にもなり、一安心しました。

で、このスペイン人の生徒さん達も、昨日無事に全過程を終了されました。彼らは何年も指圧を勉強されていますので皆、上手くこなされていました。



また、この指圧学校の経営者はスペインだけでなく、イタリアやチリなどでも学校を経営しているようで、なかなかのやり手のようでした。

実は彼は、日本に住んでいたこともあり、また奥さんが日本女性であることもあって、日本語の会話には問題が無かったんです。

当初、私は他の外国人と同様に英語で講座を行う予定でしたが、彼も他の生徒さんも共に英語が苦手ということで、結局、彼に日本語で説明して、それを彼がスペイン語で他の生徒さんに伝えるという形でススメたわけです。



これまでにも時々、英語が通じない生徒さんが来られたことがありました。例えば、南米のコロンビア人の女性で、日本に住んでおられたんですが、日本語は出来ない、英語は出来ないと言う状態でした。

私も多くの海外の方に接していますが、根が横着ですから、英語以外の言葉を習得して来ませんでしたので、スペイン語も喋れません。

この時は、お互いに十分な意思の疎通は出来ませんでしたが、何とかお互いにボディ・ランゲージを遣って講座を終了させました。果たして彼女が十分に指圧を習得できたかどうかは、定かではありませんでしたがね・・・。

また、イタリアから来た男性も英語も日本語も出来ない方でしたが、指圧師として指圧の経験を積んでおられましたので、私が喋ることは分からなくても、やっていることは十分に理解され、無地に講座を終了したことがありました。



さて、イタリアの話が出ましたが実は、昨日からイタリア人の男性が指圧中級講座を受講に見えています。彼もイタリアの指圧学校で長年勉強して来られた方です。

i.jpeg

話を聞きますと、彼の先生と言うのは昔、20数年前に私が医王会指圧センターで外国人に指圧を教えていた時の生徒さんだっということが分かりました。

その縁で、彼も今回、短期集中講座を受講に見えたわけです。彼も又、何回も日本を訪れたことがあるそうで、日本語の会話もできるようですし、書くことも上手いようでした。

かれもこの1週間で講座を終了する予定で、毎日おいでになっています。このように、この7月は海外の生徒さんが相次いでお見えになった月でした。来月はどうなるか・・・。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

koro.jpeg

過日、南米コロンビアの見ず知らずの方から、私がYouTubeに掲げている動画を見たと言う、下記のようなメールが届きました。

「We have just watch your video at youtube. Thank you very much for your deep words and teachings. We would like to know if someday you could be interested on coming to Colombia, South America, to our Dojo and realize a Seminar.」


彼等のサイトを見てみましたら、どうやら、コロンビアで指圧や整体や、色々なことをやっているようなんです。仏教的なことにも大変興味を持っているようで、或る仏僧のことなども紹介していました。

残念ながら、スペイン語のサイトでしたので私には理解不能でしたが、仏像の写真などを掲げており、日本的なことに関心があるのが伺えました。



さて、上記のメールをご覧になると分かりますが、私の動画を見て、何時の日かコロンビアで指圧セミナーのようなことをやってみる積りはないかと聞かれたわけです。

実は、このように海外から、指圧を教えに来る予定はないかなどと聞かれることは結構あるんです。ですが、私は全然その気がありませんので、何時もお断りしています。

ですから、今回もこの方に対して同様の返事をしました。何も私がコロンビアまで出掛けて指圧の講座を行う必要性を感じませんからねぇ。



私は基本的に、海外に出掛けるよりも、海外から日本に来る方に指圧を教えればいいと言う考えがあるんです。何故なら、指圧はそんなに特別なことではなく、誰でもが習得出来ることですから、私が偉そうに外国に出掛けて教えるほどのものではない、と言う思いがあるからです。

私の師であった、故・増永静人先生は当時の日本で、指圧が治療効果の高い療法として正当に理解されていないことに失望されて、先ずは外国に指圧を広めて、それを日本に逆輸入したいと考えておられたんです。

ですから、自らアメリカやカナダ、フランスなどに指圧の講習に出かけられた訳です。その結果、現在では西欧各国で増永先生の指圧の理論ややり方が、”Zen Shiatsu”として広く普及しています。



故・増永先生は当時(三十数年前)の指圧界の第一人者でしたので、そのように海外に指圧を普及させたいと考えられたことは当然のことだったと思います。

ですが、私は当時から指圧に対して別な考えがありましたので、海外に出掛ける必要性を感じなかったわけです。今後もその考えは変わりません。

私の知人で、NYで大きく指圧学校などを経営して指導に当たっている方などは、年中、海外に出掛けて精力的に指圧を普及させています。



彼の場合は正に、指圧ビジネスになっています。彼は西欧各国にいる生徒達の所に寝泊まりして、宿泊費を浮かしたりして飛び回っています。

或る時、私にも同様に、自分が教えた海外の生徒を頼って、そこに無料で宿泊して指圧を教えにいったらどうか、とススメられたのですが、とてもそのような気にはなりませんでした。

私は、指圧を単なるビジネスにする考えはありませんので、海外に出張ってまで教えたり、治療をしたりする気にはなりません。その上、体力にも自身がありませんからね。



ところで、今回は南米のコロンビアから誘いのメールがあったわけですが、実はコロンビアと言えば昔、大変縁があった国です。

その当時は、目黒駅の近くにある在日コロンビア大使館にも何回も伺い、大使や大使夫人の治療をさせてもらったものです。

また、大使館に勤務していた職員やその家族、また他のコロンビア人達の指圧講座も方々で行いました。何故こんなにコロンビア人と縁があるのだろう、と不思議に思ったこともあったぐらいです。



もう名前もスッカリ忘れてしまいましたが、当時の或る大使夫人のことは、よく覚えています。大変インテリな方で勉強熱心な女性で、魅力ある方でした。

その頃の日本の週刊誌などでも、美人の大使夫人として彼女のことを取り上げていたぐらいですから、ちょっと他の大使夫人達とは違った所がありました。

また、精神的なことにも関心を持っておられ、その点でも私の話した宇宙の法則や因果の理法なども否定されることなく受け入れて下さいました。



或る時、大使公邸に治療に伺った時、彼女自身の精神的な悩みなどについても相談されたことがありました。もう何のことだったか忘れましたが、涙を流しながら相談されたことを覚えています。

これまで多くの海外の大使館関係の方の治療や講座を行ってきましたが、この大使夫人のことは忘れられない一人です。

その他にも大勢のコロンビア人に会って来ましたが、中には日本語も英語も出来ない方がいたりしましたが、総じて親近感を覚える方々が多かったように思います。

尚、どういう訳か、南米の方とは縁が深いといいますか、これまでに全ての南米の国々の方に指圧を通してお会いして来ました。

ですから、私にとっては、西欧の方々よりも南米の人々の方が、より身近に感じらることの方が多いのです。でも最近は、外で教えることをしていませんので、余りご縁が無くなりました。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


スロベニア共和国

昨日から、中央ヨーロッパのスロベニアから指圧講座を受講に見えた女性がおられます。彼女からは数ヶ月前にメールで指圧講座を受けたいとの申し込みがありました。

何回かのメールのやり取りの後、昨日から始めることになっていました。大変に几帳面な方で、何回もメールを頂き、一昨日も東京に着かれてから再度、確認のメールを頂いたほどです。

海外から指圧の勉強に来られる方の中には、ちょっとルーズな方もおられ、メールのやり取りが不十分だったために行き違いがあったりすることもあります。



その点、このスロベニアの女性は実に慎重でした。それもそのはずです、話を伺うとメディア関係の仕事をされており、海外にも何度も出掛けたりしておられるので、スケジュールやアポイントなどは確りとされるクセがついているようです。

仕事は大変に多忙なようで、毎日16時間近くも働いているそうです。でも、その分、年間3ヶ月の休暇が取れるそうで、それを利用して各国に出掛けているとのことでした。今回も1ヶ月の予定で日本に滞在され、その間に指圧の勉強をされる、ということでした。

一応、初級と中級講座を受けられることになっており、クリスマス前までに修了したいと言うことで、早速そのスケジュールを組んで、昨日から1回目を始めたわけです。

尚、彼女を最初に駅に迎えに行ったおり、天気の話になり、東京は”Super Warm”(異常に暖かい)と言っておられました。スロベニアは寒い地方ですから、余計に東京の気温に驚いたようでした。



ところで、スロベニアからお出でになった方は過去に一人、二人あるぐらいで、余り記憶にある方はありません。ですから私も、スロベニアについては殆ど知識がありません。

ネットで調べてみますと、スロベニアは西はイタリア、北はオーストリア、南や南東はクロアチア、北東でハンガリーとそれぞれ国境を接していて、国土面積は20,273km2 (7,827 sq mi)で、人口は205万人だと言われています。

スロベニアは地中海地方、アルプス地方、パンノニア地方という、 ヨーロッパの中でも三つの違った世界が隣り合わせに存在しているそうです。



面積で言えば、地中海で最も大きい島シチリアよりも小さいスロベニアは、 上に挙げた三地方それぞれの地理、文化、習慣の典型全てを合わせ持っているわけです。

スロヴェニアの海岸は、地形の変化に富み、海岸の町々に彩られて、海水浴、その他のスポーツやレクリエーションに最適だそうです。また海岸線には 1000隻が停留可能な4つの港と、観光客用の国際空港があるそうです。

また、スロヴェニアには50ヶ所以上のスキー場があり、クロスカントリーの走路も多数整備されていたり、春はユリアン・アルプスでスキー縦走も楽しめるとのことです。

suro2.jpeg



このスロペニアからの生徒さんもそうですが、11月の終わりから今月末に掛けて、次々に海外から指圧の勉強にくる方がおられます。

例年は、年末は比較的、こうした方は少ないのですが、今年はどういう訳か年末に掛けて海外からの生徒さんが増えています。

一昨日、オーストラリラから戻って来られた日本人女性が5日間の講座を終えられ、彼の地に帰られたばかりです。彼女は既に、オーストラリラで指圧やマッサージの仕事をされ、更に勉強したいということでお出でになっていたわけです。

しかし、正直なところ毎日4時間ずつ講座をこなすことは、しんどかったです。それだけならいいのですが、その後にもスケジュール続いていましたから、少々、心労気味になりました。



で、彼女の講座の期間に重なりましたが、12月に入って早々、今度はカナダからの男性が受講に見えました。彼の場合は、ちょっとお互いの行き違いがあり、最終的な日時の確認ができないままに彼の方が訊ねてこられたわけです。

メールで日時を決めた折りに、私からの最終メールに対して彼から、それに同意する返事が来ていませんでしたので、私としては、ちゃんと来られるかどうか不確かだったわけです。

で、直接お出でになった日は既に他の予約が入っていましたので、取り敢えずはお会いして、他の生徒さんのモデルになって頂きました。

で、その翌日から初級講座を始めることができました。彼は3ヶ月間、日本に滞在するそうで、クリスマスまでに初級を終わりたいとのことでしたので、そのようにスケジュールを調整したわけです。



この後、20日過ぎに今度はハワイからお出でになる方があります。彼女は日本女性ですが、年末を利用して千葉におられるお父さんを訪ねて帰国されるので、その間に指圧の勉強をしたいということでした。

尚、彼女は以前、「メール指圧講座を」受講済みで、ハワイでも周りの方に指圧をしてあげておられるのですが、実際に私から直接、指圧を習いたいと考えられて、年末にお出でになることになっているわけです。

こうして新たにお出でになる生徒さんたちはそれぞれ国が違います。オーストラリア、カナダ、スロベニア、ハワイなどです。



でも、今現在も各国の方が勉強されています。ロシア、オランダ、アメリカ、デンマーク、アイルランドなどの国々で、皆、日本に在住している方です。

こうしてみますと、相変わらず、私と外国人の方との縁が深いようです。どうして何時までも外国人の方との縁があるのかは、私にもよく分かりません。

自分勝手に考えていることは、それらの方たちとは前世からの縁があってのことではないかと考えています。多分、前世でも指圧の様なことを通してお互いに学び合った同士ではないか、と妄想しています。



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。