ヨモギ乳酸菌

ここでは、「ヨモギ乳酸菌」 に関する記事を紹介しています。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

hou2.jpeg
よもぎ乳酸菌液 蓬龍宝「紅龍」と「白龍」


これまで何度も、乳酸菌の必要性などについて色々と紹介してきましたので、これ以上あれこれ申し上げることはありませんが、今回は上記の植物性のよもぎ乳酸菌液:蓬龍宝(ほうろんぽう)について新たな情報をお伝えします。

そもそも乳酸菌ですが、糖を分解して乳酸を生産することによってエネルギーをつくる細菌の総称であり、多くの種類があります。

植物性(植物由来)の乳酸菌は酸に強く、生きたまま腸に届くため現在注目を浴びています。植物性乳酸菌は、腸まで届くプロバイオティクス食品であり、腸内生存率が動物性乳酸菌の10倍であると言われています。

植物性乳酸菌の効果として,腸内細菌のバランスを回復する整腸作用、免疫活性作用、発ガン物質の排出・分解、便秘や下痢の解消、病原菌感染の予防、コレステロール抑制作用などが挙げられています。

この乳酸菌について詳しく知りたい方は、下記の著書をオススメ致します。

=>『あなたの知らない乳酸菌力』



さて、今回の話題ですが、冒頭の植物性のよもぎ乳酸菌液:蓬龍宝(ほうろんぽう)に独特のニオイがあることに付いて、利用者から問い合わせなどがあるようで、このことに関して、乳酸菌普及協会が下記のような回答されていましたので、紹介いたします。


ーー引用はここからーー

蓬龍宝はよもぎ乳酸菌の発酵液です


最近になって、匂いとか味とかに関しての問い合わせがありましたので、この件に関しての説明をしたいと思います。

ホウロンポウは、皆様ご存知の通り、よもぎの乳酸菌を発酵培養したものです。その目的は、腐敗環境を醗酵環境に変えていく為の、善玉菌の集団です。

この乳酸菌の発酵液で、腸内や体表、また環境を醗酵環境にしていく事で、自然が本来持っている、免疫力を高め、自然治癒力を正常化していく事によって、不調が快調になってゆく事を目指しています。

本来飲料ではないので、味の調整等は一切行っておりません。よもぎから採取した、乳酸菌を始めとした微生物を拡大培養したものです。

従いまして、よもぎの採取時期や、培養の時期により、生き物ですので、全く同じ状態になる事は、ないと思っています。

醗酵状態になっている事を確認する意外、匂いや味等につきましては、出来上がってみないと分からないと言うのが、正直な所です。
 
特に今年正月以降、改めて発酵の見直しをさせて頂いたと言う事もあって、最近の製品は、発酵が良くなっており、状態としては良い状態で推移しています。

そんな訳なので、皆様にお願いしたい事は、醗酵状態は確認して出荷していますので、匂いや味と言う嗜好の部分につきましては、ご自分の嗜好に合うように、調整をお願いしたいのです。

この嗜好の部分は、千差万別で、皆様それぞれ感じ方は違うので、この嗜好に合わせる為に、市販の乳酸菌飲料は、砂糖や香料等の添加物が使われています。

ホウロンポウは、添加物は一切使用してはおりません。よもぎから採取した乳酸菌を始めとした一切の微生物を、糖蜜、粗塩、にがり、ミネラル、これだけで拡大培養しています。

匂いや味の調整等は、今の現状では、出来ませんし、する予定もありません。この部分は、お使いの皆様に、ご自分の嗜好にあわせて調整して貰わなければならない所です。

どうかこの辺の事情をご理解頂きまして、お使い頂きますようお願い致します。

ーー引用はここまでーー



ところで、この植物性のよもぎ乳酸菌液:蓬龍宝(ほうろんぽう)は薬はありませんので、その効能がどうのこうのと言うものではありません。

ですが、利用者の方から色々な効果があることが多く寄せられています。中には下記のようなものがあります。

1.便秘が改善された。(これは平均的に10日前後で起こっています)

2.汗の臭いが消えた。(特に夏の暑い時期に多く聞かれました。この事は、接種開始から1週間程度で感じるそうです。)

3.抜け毛が大幅に減少した。(これは原液を頭皮に塗って3日目くいで実感したそうです。)

4.体臭(加齢臭を含む)が気にならなくなった。(これは個人個人によりますが、1か月くらいで気にならなくなったそうです)

5.肌がしっとりツルツルすべすべになってきた。

6.洗濯物の蒸れた匂いが消えた。

7.原液でうがいをしたら、口内炎が一発で治まり、続けていたら歯茎が締ってきて、歯茎からの出血が皆無になった。

8.目薬のかわりに蓬龍宝を点眼してみたら、目やにが出だし(デトックス効果と思われる)目やにが治まると同時に視界がすっきりとなってきた。

9.原液を塗り込んでみたら、水虫が治ってしまった。

10.犬猫の臭いにおいが、原液をスプレーしたら、くさい臭いが気にならなくなったと同時に、犬猫が元気になった。

11.20倍に希釈して植物に散布したら、とっても元気に勢いよくなった。

12.流しの生ごみにスプレーしておくと、生ごみが腐らなくなり腐敗臭も発生しなくなった。



この他にも、下記のような体験報告をされている方もあります。

1.飲用(生野菜ジュースと)したり、化粧水、目やのどにスプレーしています。お通じが良くなったり、夫のガスがあまり臭わなくなったり、のどの痛み、もらいものの治りが早かったりという効果を感じています。

また、生ゴミや湿ったタオルにスプレーしてますが、やはり消臭効果は抜群ですね!ありがとうございます。今度こそは、乳酸菌風呂にしたいと思います。


2.6月に実家の母(80歳を超えています)が、夏バテで弱り切っていると聞き早速2本送りました。真面目に飲用してくれたそうで、お蔭さまもあって、普通に動ける迄になりました。

先日帰省した際、「もう無いよ」と申しておりましたので、手配させて頂きます。「かゆい所に塗ったらすぐに治ったよ」と色々活用してくれているようでうれしかったです。

自分はと言えば、ちょっと恥ずかしいけど、今年の夏は水虫の発生がありませんでした。お風呂上がりに足に直接シュッシュッとしただけです、驚きの効果です。そんなにひどくは無いのですが、毎年悩まされていたので喜んでいます。


3.ここ半年くらい、蓬龍宝を化粧水代わりに朝晩顔に噴霧しています。高級な乳液・化粧水を使っていた時より、肌の調子がよく、色白になったと言われます。

入浴時には、蓬龍宝を霧状にして鼻から20回深く吸い込みます。呼吸器のすみずみまでいきわたるようにしています。気づいたら、18年苦しんだ花粉症と鼻炎の症状が消えていました。毎日の半断食と年2回の座禅断食との相乗効果かと思いますが、乳酸菌の効果も大きいですよね?


4.その後、花粉症がひどいので頂いた蓬龍宝を鼻うがいの塩水に入れて行いました。何日かするとかゆみが取れてきて、ツイッターに経過報告を書いたところ、飯山先生から腸洗浄をするとよいとの返信を頂き、早速試しました。

乳酸菌は普段、米とぎ汁を自分で発酵させているのですが、発砲が強いこともあり、自作の物を腸に直接入れるのには少し抵抗があり、やはり蓬龍宝を使用しました。

「劇的」と飯山先生はおっしゃっていましたが本当にすぐに良くなり驚きました。すぐ戻ってしまうのですが、朝腸洗浄をして夜までは症状が軽いまま過ごせる感じです。そのうち花粉も終わってしまいましたが続けていたらかなり良くなるのではないかと思いました。


5.1か月ほど前に蓬龍宝を注文し、お奨めの水と塩で割って飲用したり洗面器にミネラルウォーターを入れ、キャップ一杯ぐらいの蓬龍宝入れて目を洗ったりうがいをしたりと色々、試しています。お世辞にも美味しくはないです。

でも、1週間ぐらい我慢して飲用していたら逆に身体の方が欲しがるようになり毎晩、飲まないとすっきりしなくなりました。

乳酸菌というと腸、そして便通改善と想像する方も多いと思いますが私の場合は尿がものすごくよく出るようになり、一昨年、健康診断で腎臓が再検査で、経過観察だったのですが・・・気が付いたらなんとなく腫れていた左側の背中(腎臓のあたり)の腫れがなくなっていて驚きました。



更に、この植物性のよもぎ乳酸菌液:蓬龍宝(ほうろんぽう)を使って、免疫力を高める効果のある、「豆乳ヨーグルト」を簡単に作ることができます。詳しくは下記をご覧ください。

=>蓬龍宝を使った豆乳ヨーグルトの作り方



さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



日本政府はフクイチ(福島原発)からの放射能汚染物質が連日、水蒸気爆発のような状態で全土に飛散しているにも拘らず、その実態を一切報じないように報道規制を敷いているようです。

そのせいで、マスコミやメディアはフクイチの現状について虚偽と欺瞞に満ちた報道しかしていません。もう、こうなったら国民一人一人が自分の身は自分で守るとの強い信念をもって対処するしかありません。

その対処の方法の一つが、「米のとぎ汁乳酸菌」を家庭で作り、それを飲用することと、それを使って部屋の床をキレイに掃除したり、風呂に入れたりすることです。



この「米のとぎ汁乳酸菌」により期待できる効果としては、下記のようなことが上げられています。

1.免疫力が向上し、抗ウィルス・抗ガン体質になる
2.放射性物質の無害化(体内、室内、土壌、等)
3.強い酸化還元力による若返り効果



そこで改めて、「玄米を使った乳酸菌」の作り方を、飯山一郎氏のサイトから引用させて頂きますので、是非、ご自分で作って見てください。


ーー引用はここからーー

【材料】 2リットルのペットボトル、玄米1合、黒砂糖(3%、60g)、粗塩(1%、20g)、ミネラル水

・ 黒砂糖は、お湯で溶かしてからペットボトルに入れる。
・ 玄米は、洗わないで入れ、取り出さず入れたまま。
・ 黒砂糖、玄米、粗塩、水を入れたペットボトルは、毎日よく振って、
  温かい場所におく。(日光が当たっても大丈夫。)
・ すると、早ければ3日、遅くとも5日くらいで pH3.5 位になる。
  酸っぱくなったら成功! 「これを「酸っぱいは成功のモト」と言う。

・ 納豆菌が多く付着した玄米からつくった乳酸菌液は臭くなる。
  その場合は、柑橘類(レモンなど)の絞り汁を混ぜる。

・ 酸っぱくなった玄米乳酸菌は、毎日半分の量を飲んだり、
  豆乳ヨーグルトをつくったりする。

・ 半分に減ったペットボトルには、ミネラル水か米とぎ汁を入れ、
  入れた量の3%の黒砂糖と、1%の粗塩を継ぎ足す。

・ そうすれば、毎日1リットルの玄米乳酸菌が使用できる。

・ 玄米乳酸菌液は毎日よく振れば、2~3ヶ月はもつ。

・ そうして、10リットルほど溜まったら浴槽に入れ、乳酸菌風呂。

・ 100リットル位の乳酸菌液をつくったら、新玄米と交換する。

・ 古い玄米には塩をふり、カビが生えないようにタッパーに満杯に
  入れておけば、保存食になる。(4~5年はもつ。)

・ 古い玄米はナマのまま良く噛んで食べて、仙人になっても良い。

ーー引用はここまでーー



尚、飯山一郎氏は、日本のヒドイ現状について下記のように語っておられます。


『 とにかく、知恵を絞って工夫しながら、美味しく飲める玄米乳酸菌液を自宅でつくって下さい!>皆の衆

そうすれば自宅の内部のアチコチに乳酸菌が棲みついて、家全体が発酵環境になります。

発酵環境になった家のなかを徹底的に拭き掃除して、空気清浄機を24時間まわす。この部屋が最良の避難場所なのです!

ほんと、ヒドイ国になりました。

火山が爆発すると全員避難なのに、原発が爆発すると避難を妨害される国、ニッポン。

日本列島の全域を猛毒の放射性水蒸気が襲っているのに…、この事実や対応策を政府・マスコミ・知識人は一切言わない。

この国の国民は、牛~自力(じりき)で生き残っていく以外に手はありません。』




尚、上記の玄米乳酸菌を使った「豆乳ヨーグルトの作り方」に関しては、下記をご覧ください。非常に詳しく、分かりやすく説明されています。

=>豆乳ヨーグルトの作り方


もっと簡単に豆乳ヨーグルトを作りたいという方は、下記のの「よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】を使って作る方法が「乳酸菌普及協会」の記事で紹介されています。 



ーー引用はここからーー

最近、新しい方が増えてくると共に、「蓬龍宝」での豆乳ヨーグルトの作り方を教えて欲しいとの依頼が多くなりましたので、ここにまとめてみたいと思います。

まずは、配合から記載します。

豆乳:500g(無調整のもの。市販のもので結構ですが、調整豆乳では固まりません。)

糖蜜または黒糖:25g(ミネラルの多いものを使用します。)

塩:2g(塩もミネラルの多い粗塩を使います。推奨は八百万の塩)

蓬乳酸菌液(ホウロンポウ):25cc


◇作り方

1.鍋を火にかけ、豆乳500gを温めます。温度は人肌程度(40℃前後です)

2.豆乳が温まったら、その中に糖蜜(または黒糖)25gと塩2gを入れて溶かします。

3.糖と塩が完全に溶けたら、火を止め、ホウロンポウを混ぜます。

4.そうしたら、蓋つきの容器に移して、温度環境を26℃~30℃にしてください。8時間から12時間で、固まり豆乳ヨーグルトが出来上がります。


ポイントとしては、まず材料が、特に糖と塩がちゃんと溶けているか? そしてあと大事なのが、保管しておく温度です。

40℃まで温度が上がると、皆さんからの報告によると固まりにくいようです。最適な温度帯が、植物性乳酸菌ということなんだと思っていますが、26℃~30℃の温度帯で維持すれば、ちゃんと固まるようです。

以上参考にして作ってみてください。

ーー引用はここまでーー



また、簡単に植物性の乳酸菌を摂取するためには、何時も紹介しています、下記の「」を飲用されるといいと思います。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


よもぎ(蓬)


「よもぎ」はキク科の多年草で、日本全国いたるところに自生し、地下茎はやや横に這い、集団を作ります。茎は立ち上がり、やや木質化しますが、葉は大きく裂け、裏面には白い毛を密生します。夏から秋にかけ、茎を高く伸ばし、目立たない花を咲かせます。

yomohana.jpg
よもぎの花


よもぎの生命力は大変強く、踏み潰されたり、千切られたりしても、日当たりさえ良ければどんな荒地でも繁殖するほどです。

昔の人々は、そのよもぎの優れた生命力に注目し、食べ始めたのではないかと考えられます。そして、食べるだけでなく、煎じて飲んだりして、色々な効能を確か、今日まで伝えられてきたわけです。

こうした不思議な力は、魔よけとしても利用されたようです。その一つに「緑の餅」があります。唯、当初は、ハハコグサ(母子草)を使われていたようです。ですが当時、厄を払う意味がある薬草として利用されていた、よもぎが利用されるようになったようです。

yomochi.jpeg
よもぎ餅



この、よもぎを使った餅は中国から伝わったそうです。また、よもぎの葉を軒先に飾るのは魔よけとしての意味が込められているそうです。

また、よもぎは腰痛や神経痛などに効果のある『お灸』の、「もぐさ」として使われています。このお灸は、古代中国の北方地方で利用されていたものが、日本に伝わってきました。

mogu.jpg
もぐさ



さて、よもぎは「ハーブの女王」などと呼ばれています。何故なら、飲んでいいし、付けて良し、浸かっていいですし、嗅いで良し、燃やしてもいいといった薬草だからです。

更に、よもぎは「病を艾(止)める」と言われており、漢方では艾葉(ガイヨウ)と呼ばれ、その効能や栄養価の高さから、万能薬とも言われています。

また、食物繊維はほうれん草の10倍近くあるそうで、よもぎに含まれるクロロフィルと言う成分は、小腸絨毛の奥に蓄積したダイオキシン、残留農薬、有害金属(水銀、鉛)を取り除く働きがあるそうです。



また、発ガン抑制因子を増加させ、がん細胞やウイルスを阻止したり、食物繊維との相乗効果で血中コレステロールを低下させる働きがあります。

何でも、よもぎから抽出される、アルテミシニン(artemesinin)と呼ばれる成分が、健康的な細胞1つに対して、1万2,000個もの癌細胞を死滅させたと、ワシントン大学の研究チームのリーダーであるヘンリー・ライ博士は報告しています。

アルテミシニンは、それだけでも、健康的な細胞の約100倍もの癌細胞を選択的に死滅させることができるだけでなく、抗がん剤よりも34,000倍も正確に癌細胞だけを死滅させることができる、とも報告されています。



よもぎは浄血作用で血液をサラサラにするので、アレルギーや高血圧にも有効で、さらに、肌に付けることによって、切り傷やアトピーなどの改善に昔から使用されてきました。

最近では、「よもぎ蒸し」と言われる方法も人気のようです。これは、穴のあいた椅子に座り、穴の中でよもぎや漢方薬を入れた石釜や鍋をグラグラと煮立たせて、その蒸気を膣と肛門の粘膜から吸収させていくものです。

この健康法は、婦人科疾患や、美肌やダイエットにも効果的だそうで、更に肩こりや冷え性などにも効き目があるとのことです。



ところで、よもぎは日本全国どこでも自生していますので、原っぱや土手などに行くと簡単に手に入りますが、残念ながら、今の日本は放射能汚染が広がっていますから、昔のような安全なよもぎを手にすることは難しいと思います。

その意味から、より安全によもぎのエキスを100%利用できる下記の、「蓬乳酸菌液 蓬龍宝」をオススメします。





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople


本書では乳酸菌がもたらすさまざまな健康効果を詳しく解説し、正しいヨーグルトの食べ方コラムなど役に立つ豆知識も紹介。乳酸菌の知られざるパワーがぎゅっと詰まった一冊です。


最近、「乳酸菌」が身体の免疫力を高める上で効果があることが認識され、健康に気をつける方々の間で評判になっています。

でも、日本では昔から免疫力を高める食べ物が根付いていました。例えば、漬物(ぬか漬け)、味噌、醤油、納豆などの発酵食品です。その発酵食品づくりに不可欠なのが植物由来の「乳酸菌」です。

最近、色んな乳酸菌を利用したヨーグルトや飲料が沢山、市販されていますが、それらの殆どが牛乳などの動物性乳酸菌を利用した物です。



そもそも乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を生産することによってエネルギーを作る細菌の総称で、多くの種類があります。

ご存知のように、乳酸菌は色々の分野で利用されています。乳酸菌飲料やチーズ、バターなどの生産のほか、多方面に利用されています。

昔から乳酸菌は利用されてきましたが、科学的に究明されたのは、約100年ほど前だそうです。1899年乳酸菌の一つである、ビフィズス菌が発見され、そして20世紀初め、乳酸菌が健康や老化と大きく関係があると考えられるようになってきました。



ロシアの細菌学者が、ブルガリア地方の長寿の理由は乳酸菌食品と関係が深いことに着目し、長い研究を重ねた結果、乳酸菌が腸内バランスを改善し、整腸作用をもたらすことを突き止め、「乳酸菌による不老長寿説」を提唱したとされています。

彼は、腸内の悪玉菌(有害菌・腐敗細菌)が作る毒素によって老化が進むと考え、不老長寿を図るには、腸内腐敗を防止する乳酸菌などの善玉菌の摂取が大切だ、と説いています。

その後、腸内の細菌の研究が進むにつれ、現在では「乳酸菌には腸内細菌のバランスを回復する整腸作用や下痢や便秘の症状改善に加えて、免疫増強作用や発ガン抑制作用、更にはコレステロール抑制作用等がある」 、と言うことが解明されています。



この乳酸菌は、動物性乳酸菌植物性乳酸菌に別けられます。

動物性乳酸菌は、動物の「乳」にいるものです。ヨーグルトや乳酸菌飲料の他、家畜の乳のチーズには沢山存在していますし、発酵した肉や、発酵水産物(魚を発酵させた「ひもの」など)でも動物性の乳酸菌が活躍しています。

動物性乳酸菌は「乳糖」だけを分解して生存する菌だそうで、糖が一定の濃度を保っていないと生存できず、栄養たっぷりの場所にしか存在できないそうです。また、強い塩分の中でも生きていけないとのことです。

例えば、日本に昔からある「くさや」、郷土料理の「鮒寿司」、カナディアンイヌイットの「キビヤック」(アザラシの腹に海鳥を詰め込み地中に埋めて発酵した食品)、スウェーデンの「シュールストレミング」(ニシンの塩漬けを缶の中で発酵させたもの)などを造りだしています。

ご存知の方もあると思いますが、スウェーデンのシュールストレミングは「世界一臭い食べ物」として知られていますね。その臭いこそが、乳酸菌が作り出す食品の特徴というわけです。



一方、植物性(植物由来)乳酸菌は酸に強く、生きたまま腸に届くため現在注目を浴びています。植物性乳酸菌は、腸まで届くプロバイオティクス(腸内細菌のバランスを改善し、体の防御機能を高める)食品であり、腸内生存率が動物性乳酸菌の10倍であると言われています。

植物性乳酸菌の効果として,腸内細菌のバランスを回復する整腸作用、免疫活性作用、発ガン物質の排出・分解、便秘や下痢の解消、病原菌感染の予防、コレステロール抑制作用などが挙げられています。

伝統的な日本食である漬け物(ぬか漬け)や味噌、醤油などの調味料は全て、発酵食品ですが、これこそが「植物性乳酸菌」です。言えば日本は、植物性乳酸菌の宝庫です。



日本は、昔から様々な種類の漬け物を食べてきましたが、中でも日本特有の「ぬか漬け(ぬか味噌漬け)」の"ぬか"には、植物性乳酸菌が沢山含まれています。

乳酸菌や酵母のバランスがよいぬか床からは野菜に栄養がたっぷりしみわたり、酸味や風味もほどよく仕上がります。おふくろの味の代表のようなものですね。

また、日本の調味料の代表ともいえる味噌にも、植物性乳酸菌が豊富に含まれています。ほんのりと香るアルコールのにおいも、乳酸菌によって生み出されているそうです。



ところで、植物性乳酸菌が豊富な発酵食品を好むのは、日本人だけではないようです。

例えば、韓国の伝統食としてもおなじみの「キムチ」です。乳酸菌の発酵によって得られる酸味と唐辛子の辛味が食欲を増進させてくれますし、酸味は疲れを癒すなど、唐辛子の発熱効果と合わせて風邪の予防にも役立つと言われています。

また、ドイツの家庭料理には「サワークラウト」というキャベツの塩漬けがあります。通常、煮込んだり湯がいたりと火を通して使うことが多いようですが、乳酸菌の整腸効果を利用して、便秘解消には生のまま食べることもあるそうです。

中国でも、ザーサイが代表的な植物性乳酸菌食品として有名です。冬の貴重なビタミン源となっており、生のまま食べたり、炒め料理やスープなどさまざまな料理の材料としても頻繁に利用されています。



さて、主な乳酸菌の働きとしては下記のようなことが挙げられています。

1.病原菌から体を守る
2.腸内の腐敗を抑える
3.ビタミンを作り出す
4.腸の運動を促し便秘を防ぐ
5.下痢の予防と治療
6.免疫力を高める
7.発ガン物質を分解
8.アレルギーの改善




最後に、何度も紹介していますが、植物性乳酸菌の代表とも言える、ヨモギ乳酸菌、「よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】」の効果の一部についてお伝えします。(「乳酸菌普及協会」より)


1.便秘が改善された。(これは平均的に10日前後で起こっています)
2.汗の臭いが消えた。(特に夏の暑い時期に多く聞かれました。この事は、接種開始から1週間程度で感じるそうです。)
3.抜け毛が大幅に減少した。(これは原液を頭皮に塗って3日目くいで実感したそうです。)
4.体臭(加齢臭を含む)が気にならなくなった。(これは個人個人によりますが、1か月くらいで気にならなくなったそうです)
5.肌がしっとりツルツルすべすべになってきた。
6.洗濯物の蒸れた匂いが消えた。
7.原液でうがいをしたら、口内炎が一発で治まり、続けていたら歯茎が締ってきて、歯茎からの出血が皆無になった。
8.目薬のかわりに蓬龍宝を点眼してみたら、目やにが出だし(デトックス効果と思われる)目やにが治まると同時に視界がすっきりとなってきた。
9.原液を塗り込んでみたら、水虫が治ってしまった。
10.犬猫の臭いにおいが、原液をスプレーしたら、くさい臭いが気にならなくなったと同時に、犬猫が元気になった。
11.20倍に希釈して植物に散布したら、とっても元気に勢いよくなった。
12.流しの生ごみにスプレーしておくと、生ごみが腐らなくなり腐敗臭も発生しなくなった。





あの【飯山一郎】先生が甲府で吼えた! 乳酸菌との共生セミナー







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】

先日も、理研の小保方さんたちが「STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)」の再生に成功したことが大きく報じられたりして、医学研究の分野では、「iPS細胞」の「STAP細胞」のと“最先端の技術”が喧伝されています。

しかし、こうした研究の成果は一般の人々のためと言うよりも、一部の医療マフィア(大製薬会社など)の金儲けの手段として利用される結果になるのは明らかです。

ところで、この多能性細胞の研究に関しては既に、熊本大大学院生命科学研究部の太田訓正准教授(48)の研究グループが、ヒトの体細胞に乳酸菌を取り込ませ、さまざまな種類の細胞に分化できる能力を持つ多能性細胞を作りだすことに成功していたことが過去に報じられています。

「熊本日日新聞 2012年12月29日朝刊」では下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

熊本大大学院生命科学研究部の太田訓正[くにまさ]准教授(48)=神経発生学=の研究グループが、ヒトの体細胞に乳酸菌を取り込ませ、さまざまな種類の細胞に分化できる能力を持つ多能性細胞を作りだすことに成功したことが28日、分かった。



多能性細胞には、京都大の山中伸弥教授が開発した四つの遺伝子を細胞に加えて作る人工多能性幹細胞(iPS細胞)があるが、乳酸菌などバクテリアを使った多能性細胞の開発は初めてという。

関係者はiPS細胞の開発で医療への応用に期待が集まる多能性細胞の可能性を広げる研究成果としている。

乳酸菌は代謝により乳酸を生成するバクテリアで、一部はヒトの体内にいる。熊本大グループは、ヒトの皮膚細胞周辺のタンパク質を除去し、細胞に乳酸菌を取り込ませて培養したところ、細胞が増殖。この細胞が多能性を持つことを試薬で確認した。これまでに5種類の細胞(神経、筋肉、脂肪、骨、軟骨)への分化にも成功したという。

iPS細胞が一定条件下で増え続けるのに対し、この細胞は直径0・3ミリ程度まで成長すると増殖が止まるのが特徴。マウス実験ではがん化も確認されていない。

iPS細胞が多能性を持つようになるメカニズムは未解明で、がん化する可能性も否定されていない。太田准教授は「開発した細胞に、iPS細胞を増殖させる遺伝子を取り込むなどの試みを続けることで、がん化せずに増殖する多能性細胞ができるかもしれない」と話す。

研究論文は26日、米科学誌プロスワン電子版に掲載された。山中教授が委員長を務める文部科学省iPS細胞等研究ネットワーク運営委員会委員の須田年生[としお]慶応大医学部教授(幹細胞生物学)は「論文を驚きを持って受け止めた。多能性細胞ができるメカニズム解明に乳酸菌という全く別の視点が加わり、iPS細胞研究の進展や医療への応用につながる可能性がある」と話している。(東寛明)

ーー引用はここまでーー



この研究結果は、専門家にとっても全く新しい、意外なところからの発見だと考えられています。iPS細胞の研究では、遺伝子の操作やタンパク質の導入といった手法ばかりが研究されていて、微生物との共培養などという一見アナログな方法でiPS細胞に近い細胞が作れるとは夢にも思われていなかったようです。

ですから、こんな単純な方法で再生医療にもつながりうる現象が起こせるというのはスゴイことだと考えられているわけです。唯、まだ実用化までにま研究の予知があるようです。

で、こうした研究について、飯山一郎氏は『文殊菩薩』な中で下記のように述べておられます。



『いま、マスコミでハヤされているSTAP細胞ってのは、酸性溶液に漬けると細胞の分化機能がリセットされて多機能細胞に戻る!という理屈の細胞ですがー、ノーベル賞を受賞した京都大の山中伸弥教授の人工多能性幹細胞(iPS細胞)よりもシンプルな医療が期待できます。(iPS細胞療法は、複雑なカネ喰い医療に堕する可能性が大!)

しかし、ま、どんなに医療技術が進歩しても、その最新技術は医療マフィアのカネ儲けに利用されるだけで…、臨床の現場では、患者は実験用のモルモットにされるだけという実態はなくならないでしょう。

それより、腸内の乳酸菌密度を高めれば、体内のあらゆる部所で細胞の再生活性化が促進しますから、高額高度医療の世話にならなくても済むワケです。

現在、臨床の現場では、乳酸菌(「ヨモギ乳酸菌」)が褥瘡部位の細胞形成に使われるているので、いまさら「多機能細胞」なんてことを囃すのは、医療ビジネスの宣伝でしかないのです。

人間だけでなく、生物とは、細胞または細胞の連結体なのであり、その細胞には「多機能性」が本来的に備わっているので…、iPSだろうがSTAPだろうが、外部から医療がチョッカイをだすと、ほんと、ロクなことがないのですな、これはwww

本稿は、皮膚細胞と乳酸菌を混ぜるだけ!という超シンプルな研究。これは好感がもてます。(飯山一郎)』



ところで、ヨモギ乳酸菌といえば、よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】です。その利用方法については何度も記してきましたが、乳酸菌普及協会では、下記のような好結果が報告されています。

1.便秘が改善された。(これは平均的に10日前後で起こっています)
2.汗の臭いが消えた。(特に夏の暑い時期に多く聞かれました。この事は、接種開始から1週間程度で感じるそうです。)
3.抜け毛が大幅に減少した。(これは原液を頭皮に塗って3日目くいで実感したそうです。)
4.体臭(加齢臭を含む)が気にならなくなった。(これは個人個人によりますが、1か月くらいで気にならなくなったそうです)
5.肌がしっとりツルツルすべすべになってきた。
6.洗濯物の蒸れた匂いが消えた。
7.原液でうがいをしたら、口内炎が一発で治まり、続けていたら歯茎が締ってきて、歯茎からの出血が皆無になった。
8.目薬のかわりに蓬龍宝を点眼してみたら、目やにが出だし(デトックス効果と思われる)目やにが治まると同時に視界がすっきりとなってきた。
9.原液を塗り込んでみたら、水虫が治ってしまった。
10.犬猫の臭いにおいが、原液をスプレーしたら、くさい臭いが気にならなくなったと同時に、犬猫が元気になった。
11.20倍に希釈して植物に散布したら、とっても元気に勢いよくなった。
12.流しの生ごみにスプレーしておくと、生ごみが腐らなくなり腐敗臭も発生しなくなった。



この他にも、以前によもぎ乳酸菌液を使用している方たちの利用方法について、下記のような内容も紹介してきました。

(1)飲用(生野菜ジュースと)したり、化粧水、目やのどにスプレーしています。お通じが良くなったり、夫のガスがあまり臭わなくなったり、のどの痛み、もらいものの治りが早かったりという効果を感じています。また、生ゴミや湿ったタオルにスプレーしてますが、やはり消臭効果は抜群ですね!ありがとうございます。今度こそは、乳酸菌風呂にしたいと思います。

(2)6月に実家の母(80歳を超えています)が、夏バテで弱り切っていると聞き早速2本送りました。真面目に飲用してくれたそうで、お蔭さまもあって、普通に動ける迄になりました。先日帰省した際、「もう無いよ」と申しておりましたので、手配させて頂きます。「かゆい所に塗ったらすぐに治ったよ」と色々活用してくれているようでうれしかったです。自分はと言えば、ちょっと恥ずかしいけど、今年の夏は水虫の発生がありませんでした。お風呂上がりに足に直接シュッシュッとしただけです、驚きの効果です。そんなにひどくは無いのですが、毎年悩まされていたので喜んでいます。

(3)ここ半年くらい、蓬龍宝を化粧水代わりに朝晩顔に噴霧しています。高級な乳液・化粧水を使っていた時より、肌の調子がよく、色白になったと言われます。入浴時には、蓬龍宝を霧状にして鼻から20回深く吸い込みます。呼吸器のすみずみまでいきわたるようにしています。気づいたら、18年苦しんだ花粉症と鼻炎の症状が消えていました。毎日の半断食と年2回の座禅断食との相乗効果かと思いますが、乳酸菌の効果も大きいですよね?

(4)その後、花粉症がひどいので頂いた蓬龍宝を鼻うがいの塩水に入れて行いました。何日かするとかゆみが取れてきて、ツイッターに経過報告を書いたところ、飯山先生から腸洗浄をするとよいとの返信を頂き、早速試しました。乳酸菌は普段、米とぎ汁を自分で発酵させているのですが、発砲が強いこともあり、自作の物を腸に直接入れるのには少し抵抗があり、やはり蓬龍宝を使用しました。「劇的」と飯山先生はおっしゃっていましたが本当にすぐに良くなり驚きました。すぐ戻ってしまうのですが、朝腸洗浄をして夜までは症状が軽いまま過ごせる感じです。そのうち花粉も終わってしまいましたが続けていたらかなり良くなるのではないかと思いました。

(5)1か月ほど前に蓬龍宝を注文し、お奨めの水と塩で割って飲用したり洗面器にミネラルウォーターを入れ、キャップ一杯ぐらいの蓬龍宝入れて目を洗ったりうがいをしたりと色々、試しています。お世辞にも美味しくはないです。でも、1週間ぐらい我慢して飲用していたら逆に身体の方が欲しがるようになり毎晩、飲まないとすっきりしなくなりました。乳酸菌というと腸、そして便通改善と想像する方も多いと思いますが私の場合は尿がものすごくよく出るようになり、一昨年、健康診断で腎臓が再検査で、経過観察だったのですが・・・気が付いたらなんとなく腫れていた左側の背中(腎臓のあたり)の腫れがなくなっていて驚きました。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。