音楽の効用

ここでは、「音楽の効用」 に関する記事を紹介しています。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

Bill Evans Trio - Waltz For Debby - 19 Mar 65



世界のジャズファンにとって、ウィリアム・ジョン・エヴァンス(William John Evans)、即ち、ビル・エバンスは忘れられない存在だと思います。

ですが、私はこれまで、ピアノ演奏にはそれほど関心を持ちませんでしたので、ビル・エバンスのことは熟知していません。ウィキペディアによりますと、下記のように紹介されています。


『ウィリアム・ジョン・エヴァンス(William John Evans、1929年8月16日 - 1980年9月15日)は、アメリカのジャズ・ピアニスト。

モダン・ジャズを代表するピアニストとして知られ、ドビュッシー、ラヴェルなどのクラシックに影響を受けた印象主義的な和音、スタンダード楽曲を題材とした創意に富んだアレンジと優美なピアノ・タッチ、いち早く取り入れたインター・プレイといった演奏は、ハービー・ハンコック、チック・コリア、キース・ジャレットなど多くのピアニストたちに多大な影響を与えたほか、ジョン・マクラフリンといった他楽器のプレイヤーにも影響を与えている。

エヴァンスの作品はジャズ・ミュージシャンの中で知名度が高く、中でもベースのスコット・ラファロと録音した諸作品(特にアルバム『ワルツ・フォー・デビー』)は、ジャズを代表する傑作としてジャンルを超えた幅広い人気を得ている。』



この『ワルツ・フォー・デビー』の演奏は冒頭の動画をご覧頂くとして、ジャズ評論家の島田奈央子さんは次のような紹介記事を書いておられます。


『「ジャズを初めて聴いたのは、このアルバムから」という方も多いくらい、時代も世代も超えて愛され続けているアルバム「ワルツ・フォー・デビイ」。タイトル曲は、日本のCMでもカバーソングが流れていたので、ご存じの方も多いかもしれません。

めいっ子のデビイにささげられた曲で、当時(56年)、彼女はまだ2歳。そのかわいらしい様子を、愛情たっぷりに映し出しています。デビイがライブに顔を出すと、必ずエヴァンスはこの曲を演奏していたとのこと。

このアルバムはニューヨークの老舗ライブハウス、ヴィレッジ・ヴァンガードでライブ録音されたもので、会場のお客さんの話し声やグラスの音が一緒に聞こえてきます。

信頼の置けるベースのスコット・ラファロ、ドラムのポール・モチアンとのピアノトリオでの演奏で、息の合う3人の寄り添った演奏がたっぷりと聴けます。この日にしかない、この日だけの演奏。

“一期一会”という言葉をジャズの生演奏を表現するのによく使いますが、まさにこの日のライブがそうであったように、ほどなくベースのスコットは交通事故で亡くなり、このトリオでのライブはこれがラストになってしまったのです。いろんな思いが詰まった本作。3人のこん身の演奏をぜひ聴いてみてください。』



さて最後に、先日も紹介しました、『別府新聞』という媒体を発行している12歳の別府倫太郎さんが、ビル・エヴァンスがお気に入りで、下記ような感想を述べておられます。(『別府新聞』の記事より)

何時も思うことですが、とても12歳の少年が言える言葉ではないような、深い味わいを持った文章です。あなたは、どのように感じられるでしょうか・・・。

 

ーー引用はここからーー

「苦しみの中から」

タンタン、タンタンタン、という音が聞こえてくる、リズムが聞こえてくる。

僕が今、聞いているのは、ビル・エヴァンス「ワルツ・フォーデビー」だ。

この曲は、いくらでも、聞けて、いつでも、心にしみてくる。僕の心に、いつでも「応え」てくれるのだ。

そして、僕のJAZZ友達も、「精神的に病んだりしたひとに絶対いい」と言っている。

それは、いつでも、どんなことでも、「応え」てくれるからだ。

「あなたは大事だよ」、「あなたに意味はある」という、「愛」が伝ってくる、もしくは「応え」てくれる。

まぁ、ちょっとおおげさかもしれないが、僕は、そういうふうに感じた。

いや、そういうふうにしか、感じられなかった。

本当にそうだと思うのだ。

でも、このビル・エヴァンス、ウィキペディアに、「1970年代後半のエヴァンスは長年の麻薬常用の影響で、既に健康を大きく損なっていた」と書いてあった。

きっと、どこかに苦しみがあったのかもしれない。でも、僕は、大好きだ。

苦しみのなかでしか、救えない、苦しみがあるからだ。それが、苦しみ、なのだ。ぼくは、そういうふうに感じてきた。


しかし、「苦しみ」のことで注意してもらいたい点がある。

それは、例えば病気のことだとすると、「当事者しかわからない」とよく言っているが、それは、違うと思う。「苦しみ」といのは、当事者とか、そういうのは、関係ない。

もう、本当の「苦しみ」をわかるひとというのは、それとは、次元が違うからだ。

もちろん、病気になったこともない、トラブルもない、(一見だけど)という人もそういう人になれる。

それは、だれでも、人は、「苦しみ」をもっているからだ。「空しさ」をもっているからだ。「孤独」をもっているからだ。

それに、「気づく」か「気づかない」か。僕は、それのことを言っているのだ。でも、僕はこういいながらも、「苦しみ」のことで「気づいて」いないと思う。

だけど、1人だけ、それに気づいた人がいる。それは、「ブッタ」だと思う。

だって、ほんとうの仏教は、「苦しみがある」というとこから始まっているのだから。

別に仏教に熱心でもないのだけれど、ここはすごいな、と思う。


まぁ、ちょっと話がずれたけれど、

人は、「苦しみ」にたいして、「答え」は見つけられない。だけど、「応え」ることはできる。

それをした人というのが、「ビル・エヴァンス」、もしくは、「ワルツ・フォー・デビー」なのだ。

「ビル・エヴァンス」が、苦しみに「応え」てくれることで、苦しみから、本当の「愛」を見出すことができるのだ。

僕にとって、「ワルツ・フォー・デビー」、「ビル・エヴァンス」はそういう人だったのだ。(別府倫太郎)

ーー引用はここまでーー


Tony Bennet, Bill Evans - Waltz for Debby







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

Marconi Union - Weightless


あなたもご自分がリラックスできる好きな曲などがあると思いますが、海外の研究で、科学的に「最もリラックスできる曲」として認定されたのは、上記の動画の曲で、マルコニ・ユニオンが作曲した『無重力(weightless)』だそうです。

この『無重力』はギター、ピアノ、エレクトロなどを合わせた曲で、心拍数・血圧・コルチゾール(ストレスホルモン)を下げる効果があることが科学的に証明されているそうです。

この曲を聴いて、本当に体の力が抜け穏やかな気持ちになれたとか、リラックスしてこの日はぐっすり眠ってしまった、などという感想も述べられています。あなたは、どうでしょうか・・・。



この曲に関しては、「カラパイア」で下記のように紹介されています。


ーー引用はここからーー

8分ほどのこの曲はマルコニ・ユニオンがイギリス音楽療法学会と合同で制作した曲で、2011年にマインドラボ研究機関によってその効果が証明された。

この動画内でリッチー・ジョンソンは無数の無人機を使い、幻想的な映像を作り上げた。空中を滑らかに動き、細かな移動を可能にする小型無人機は彼が求める映像には最適だったのだ。

撮影された映像は無人機を微速度撮影したもので、ロケ地はイングランド北西部の湖水地方「ブランカスラ」で行われた。

2011年の実験において使用された「無重力」は40人の女性を対象に行われており、被験者にはまず、時間制限のあるパズルを解いてもらい、ストレスレベルを上げさせた。

その後、ストレスを下げる為に「無重力」を含む「リラックスできる」とされているモーツァルト・エンヤ・コールドプレイ等が作曲した楽曲を聴いてもらった。

その結果、「無重力」はそれらの曲よりもリラックス効果が期待でき、数人の被験者に至っては「強い睡魔を誘われた」と語っている。

効果のほどは他の曲に比べて「11%以上のリラックス効果」、「65%の緊張度低下」、「35%以上の心拍数低下」が見られたという。

ーー引用はここまでーー



ところで現在、科学的にリラックスできるとされる曲は以下の物があるそうです。あなたも試聴してみてください。それぞれに好みがありますからね・・・。


1.Airstream - Electra



2.DJ Shah - Mellomaniac (Chillout MIx)



3.Enya - Watermark (FULL ALBUM)



4.Coldplay - Strawberry Swing



5.Barcelona - "Please Don't Go"



6.All Saints - Pure Shores



7.Adele - Someone Like You



8.Mozart - Canzonetta Sull'aria



9.Cafe Del Mar We Can Fly







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



先日、ある方のブログ記事から、神の声を持つ歌手とか、奇跡のソプラノ歌手と称えられている、柏田ほづみさんのことを知り、早速その歌声を動画で聞かせて頂き、驚きました。

彼女の声量のスゴサに思わず唸ってしまいました。下記の動画をご覧になれば、それも納得されると思います。

もののけ姫(Mononoke-Hime) かしわだ ほづみ


柏田ほづみ(Hozumi Kashiwada)-かごめ(20131108)


柏田ほづみ(Hozumi Kashiwada)-きみがよ(20131108)


Y's BAR ゲスト オペラ歌手 柏田ほずみさん




一体、どういう経歴の方かと思いましたら、「柏田 ほづみ Official Fan club | Facebook」の中で下記のように紹介されていました。


ーー引用はここからーー

1975年岩手県久慈市、くしくも東日本の被災の地で5人兄弟の末ッ子としてこの世に生を受ける。「ヤギを出産したかと思ったよ」と母親が驚嘆した通り、彼女には“声に障害”があった。

この声の障害で彼女は悲惨な少女期を過ごすこととなる。小学生の時には「宇宙人の声みたい」と言われイジメ。それでも彼女は前向きに生き、中学生になると吹奏楽部でフルートに出会い、以後フルートが彼女の唯一の友達となる。

高校を卒業し、尚美短期大学器楽科に入学。フルートを専攻する。だが彼女が抱えていた障害は声だけではなかった。原因不明の身体の締め付け症状が10歳から26歳まで続く。声と身体障害…それでも彼女は自分の不運に嘆くことなく、20歳の時にドイツの留学を決める。その矢先、彼女は自動車に跳ねられ指を骨折。ついに彼女から“音楽”が完全に奪われてしまった。

カイロプラクティックの資格を取得後「サウナ東京ドーム」でマッサージ師として勤務する。だが、どうしても彼女は音楽を諦めることはできなかった。26歳の時「音楽をやって生涯を終えたい」と奮い立ち、オーボエを始める。当時、東京ドームに勤務していた彼女は就業後にカラオケボックスに通い、朝4時まで練習の日々を送る。そんな彼女に、ある日、神は優しく微笑む。

3ヶ月後にハンブルグ州立歌劇場の第一オーボエ奏者Thomas Rohdeに才能を見いだされ、留学を薦められる。オーボエ製造メーカー「美ら音工房ヨーゼフ」に勤務しながら、合間にハンブルグにレッスンを受けに渡独。そこで本場のOperaに触れる。「歌手の貰う拍手喝采は管楽器奏者とは違う!何もしないで後悔するより何かやって反省した方がいい!!」

彼女は〝決断〟する。

28歳の時、長年患っていた声帯の手術を受ける。術後医師から「奇跡だよ、奇跡!声帯の手術には血が出るのが付き物だが、きみは血が一滴も出なかったんだよ。こんな手術は初めてだよ。まさに神のなせる業だよ」。

術後オーボエを始めるが、翌年辺りから左手の尺骨神経麻痺が始まり、オーボエのキーを抑える事が出来なくなる。涙ながらにオーボエを断念した。またもや試練が彼女を襲う。

31歳の時に近所のカフェでマダムからジャズを歌ってみたらどうかと薦められたが、「Operaに惹かれる」と話しているのを聞いていた二期会会員M.A女史が話し掛けて来た。偶然にも同マンションの住人だった事もあり、即日レッスンを受け初回のレッスンで「ヨーロッパで通用する凄い声を持っている」と評価を受ける。

日暮里の声楽家協会養成コースに入学後、イタリア・ドイツに留学し研鑽を積む。

2012年3月、親友が多発性クモ膜下出血で右脳96%壊死した状態で倒れる。植物状態もやむなしと言われていたが、友人に歌を聴かせたところ手足を動かし始め看護師や医師らを驚愕させる。

同年5月 ガーデンで歌っていると偶然にも「小鳥達との奇跡のセッション」を録音。
同年6月 イタリアDiano Castelloで行われた国際Operaコンクールで優勝。
同年8月 イタリアNoliという町にて開催された音楽祭に招待をされ、出演者のミラノ・スカラ座等で活躍する歌手達からも大絶賛を受ける。

同年11月 世界的に著名な指揮者Valery Gergiev とチェスキーナ・洋子夫人にアポなしで声を聴いて貰い「貴方は非常に大きな器の声を持っている。貴方はこれからどうしたいの?」という問いに対して「私は声で沢山の奇跡を起こして行きたいのです。治療の役にたつような歌を歌って行きたいのです。マエストロ、2年後にガラコンサートで共演しましょう」そう彼女は返答した。

その後、日本でボイスヒーリングを行い始める

2013年4月、 小笠原にて“声”のみでザトウクジラとセッションをするという、奇跡のロケを行いロケに立ち合った船長が「25年間小笠原に住んで、鯨やカツオドリがあのように反応したのは見たことがない。貴方は本当に奇跡の歌手だ」と驚愕する。

プロデューサー達は鳥達との奇跡の音源を聴き、目を輝かせ、次の準本選ではスタジオに鳥達を用意する事を計画する。

同年5月 バイエルン放送局チケット部門社長 Keiser Gu"nter Albrecht 夫妻が鯨の映像に感動の涙をし、一緒に仕事がしたいと申し出る。

ーー引用はここまでーー



何だか、歌を唄うことを運命づけられたような方ですね。人間を癒すだけでなく、鯨や小鳥たちとも共鳴できるその歌声は、正に神の賜物と言えます。

彼女自身も「私は声で沢山の奇跡を起こして行きたいのです。治療の役にたつような歌を歌って行きたいのです。」と仰っているように、きっと多くの方が彼女の歌声に癒されていくものと思います。

さて、歌に癒されると言いますと、ちょっと表現法は違うのですが、近頃、山形弁で色んな歌を歌って大評判になっている女性がいます。



それは、朝倉さやかさんという方ですが、既にその「なまり歌」によって全国的にも知られるようになっています。

何と言っても彼女の場合は、歌のうまさだけでなく、その山形弁という方言による歌声が聞く者を笑顔にしてくれます。何とも言えず、心から楽しくなっていきます。

柏田さんと朝倉さんとでは全く違う感じを受けますが、共に、聞く者の心に響き渡るものを持っておられます。この二人を見ていますと、今後の我々の在り方も斯くあるべきだと感じさせられました。

ご存知の方もあるでしょうが、下記の動画で、朝倉さんの楽しい歌声をお楽しみください。


民謡日本一シンガー(朝倉さや)特集~なまりうた


山形県代表 朝倉さや- 松田聖子 「青い珊瑚礁」 (全日本なまりうたトー




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)

フロントラインが、カルドメック海外正規品がいつでも安い!
フロントラインが、カルドメック海外正規品がいつでも安い!ペットのお薬通販


海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉 -
『祈り~未来への歌声』紹介映像



私は普段、余りクラッシック音楽とは縁のない生活を送っています。どちらかと言いますと軽音楽やジャズを聴くことが多いです。

唯、クラッシック音楽でも時々は演奏を聴くことがあります。主にバッハやモーツワルトのスピルチャルな感じのものに耳を傾けています。

さて話は違いますが、最近、海上自衛隊東京音楽隊の歌姫とも称せられている、 三宅由佳莉さんのデビューアルバム『祈り~未来への歌声』(CD)が、およそ6000枚を売り上げ、ランキング初登場でクラシック部門第1位となったという報道がありました。

何でも、オリコンによりますと、デビューアルバムがランキング初登場で部門別の1位になるのは珍しいということです。



このCDは、東日本大震災により大切な家族を失ってしまった子供たちや被災者の方々への応援歌として、海上自衛隊東京音楽隊 河邊隊長により制作されたオリジナル曲〈祈り~a prayer〉をはじめ、〈花は咲く〉〈アメイジング・グレイス〉〈ふるさと〉〈夢やぶれて〉といった感動の名曲ばかりが収録されているそうです。

23万人の自衛官の中で、唯一のヴォーカリスト三宅由佳莉さんが、所属する海上自衛隊東京音楽隊の演奏にのせて、ピュアな美声で「希望の歌」を歌っておられます。

尚、このCDに関しては、今年の春、レコード会社スタッフが、ニュース番組に出演?していた三宅さんに魅了され、熱烈なオファーに応える形でCDデビューが決まったとのことです。



三宅由佳莉さんは海上自衛隊の3等海曹ですが、ある大学の芸術学部音楽学科声楽コース卒業され、2009年4月に海上自衛隊に入隊され、同年9月、東京音楽隊に初のヴォーカリストとして配属されたとのことです。

ジャンルにとらわれないその歌声は、これまで多くの支持を集めておられるようです。なかでも河邊一彦の作品を中心とした「歌と吹奏楽」という新たな スタイルへの取組みは、多方面から高評を得ている、とのことです。

私も以前に、YouTubeの動画を通して彼女の歌声に接していましたので、こうした高い評価を得ておられることは納得できるところです。



ところで最近は、陸・海共に自衛隊に入隊する若い女性達の姿が目立っているようですが、特に東日本大震災以来、そうした傾向が現れたのではないかと思います。

自衛隊と言いますと、どうしても男の職場というイメージが強いものですが、これまでにも結構、女性隊員が方々で活躍されています。

今回、三宅由佳莉さんのように「歌と吹奏楽」で活躍されている方が評判になったことで、自衛官に対する国民の意識も違ったものになるかも知れません。



三宅由佳莉さんは自衛官ですから、一日中、音楽に明け暮れているわけではありません。実地訓練などにも参加しています。

今回のアルバムに収録されている「翼を下さい」という曲については、同期の自衛官と苦しい訓練を経験した際にこの曲を歌い、同期の隊員が涙を流したいうエピソードがあったそうです。

また、ご自身の活動について、次のように述べておられます。

『自衛官として歌うことは人のために歌うことだと気づかされた』



冒頭にも紹介しましたが、東日本大震災の後に同音楽隊長の河邉一彦2等海佐によって作詞作曲され、今回のアルバムのリードトラック「祈り ~ a prayer」については、下記のように話しておられます。

『今までに出会った方の思いや勇気が詰まった曲だと思います。自衛官として歌を歌ってみなさんと歩いていけることが嬉しく、光栄に思います』


女性自衛官が歌う Time To Say Goodbye




さて、歌声の素晴らしさという点では、下記の野々村彩乃さんが独唱されている『君が代』も絶賛されています。現在、彼女は成人されて声楽家として活躍中です。

第82回選抜高校野球大会 国歌独唱 野々村彩乃




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!



pet.jpg






ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!=>TEL:03-3485-4515
=>「このサイトを登録」 by BlogPeople


楽器

音楽と言えば、クラシックを始め多くのジャンルがありますが、殆どの方が何等かの音楽を好んでおられるのではないでしょうか。

私は、主にジャズやカントリー、イジーリスニングの音楽などが好きで、よく演奏や歌を聴きます。楽器では、サックス、ドラム、バンジョー、ベースなどが主に好きです。

クラッシックは余り聴きませんが、キライではありません。また、昔はよく聴く機会がありましたが、ビッグバンドによるジャズ演奏なども好きです。



それから、楽器の演奏を見たり聴いたりしていると、自分も何か楽器の演奏を習っておけば良かったなと後悔することがあります。

何か一つでも楽器が弾けると、日常生活にも潤いがあるだろうなと思うからです。でも、生来の飽きっぽさが災いして、結局、何も手を付けずに今日まで馬齢を重ねてしまいました。

そうそう、楽器と言えば、「楽器演奏の練習により、加齢に伴う認知機能低下の影響が弱まる可能性がある」ことが、アメリカの大学の研究者によって明らかにされたそうですよ。



それに関する情報として、「Gigazine」では、下記のように報じていました。


ーー引用はここからーー

楽器の演奏は老化を食い止める効果があるということが、ある最新の研究結果によって明らかになりました。

特に9歳以前から楽器のレッスンを続けていた人と、生涯にわたって長く同じ楽器を演奏し続けていた人にその傾向が強かったようです。

研究者によると、45~65歳で楽器を演奏している人たちは、同年代のそうでない人たちよりも記憶力と、雑音の中でスピーチを聞き分ける能力が高かったということです。

これ以前に行われた学生を対象にした実験では、音楽の指導を受けた生徒は勉強がよくできる傾向があったという結果がでていたとのことで、音楽がよい影響を与えるのは若者だけではなかったということが証明されたようです。

特に雑音下でスピーチを聞き分ける能力は、同じくらいの年格好の人でも著しく個人差が出るとのこと。その理由として、高齢になると社会的に孤立してしまいがちであることや、気分の落ち込みが関連しているのではないかとも言われています。

その理由をさらに詳しく突き止めるため、アメリカ・イリノイ州にあるノースウエスタン大学の聴覚神経科学研究所は、音楽を趣味とする18人のグループと、そうでないグループ19人を対象に比較実験を行いました。被験者の年代は45~65歳でした。

すると、楽器を9歳より以前に始めた人や、1つの楽器を生涯を通じて演奏し続けている人は、楽器に触れていない人よりもずっと優れた聴覚・視覚能力を発揮したそうです。

この研究の共同執筆者であるNina Krausさんは「幅広い音域から意味のある音を選び取って奏でる経験は、聴覚を増強します」とコメントしており、楽器の演奏によって聴力が鍛えられることを明かしています。

しかし聴力が鍛えられるといっても、音楽を趣味にすることで音がよく聞こえるようになるというわけではなく、楽器で正しくメロディーを演奏しようとすることで、聴覚の神経系が微調整されるという方が適切なようです。

「音色というのは楽器を演奏する人にとってみれば、いわば画家が扱う絵の具のようなもの。曲を演奏するために正しい音を扱うことで、聴覚や記憶が鋭くなるのだと仮定できます。

音楽をたしなむことで、加齢によって起こる、コミュニケーションに必要な能力の低下を食い止めることができるのです」とKrausさんは解説しています。

ーー引用はここまでーー



そう言われると、世の演奏家の方々は長寿の方が多いようにも見えますが、それは音楽や楽器演奏のお陰なのでしょうかねぇ・・・。

ジャズの演奏家にしても、かなりの年配でも演奏中はとても若く見えたり、イキイキとして楽しそうですから、音楽による好結果が出ているのかも知れません。

だったら私も、今から何か楽器の演奏を習ってもいいなと思うのですが、何しろ、レイジィーな性格(怠け者)ですから、多分無理でしょう。何か他のことで、惚け防止をするしかありません。



ところで、同様な研究をしている他の専門家は、「脳が発達途中である子どものうちに楽器を学び、10年以上演奏し続けることが、後の人生におけるベネフィットの土台となるのかもしれない。ただし、中年期に楽器演奏を再開することも重要である。音楽活動は、何年もの練習を必要とする、難しい認知エクササイズである」と述べています。

まあ、私は先ほども言いましたように何の楽器も演奏できませんので、せめて下記の動画などを見て、自分がプレーヤーになったつもりで聴き入るしかありません。


A列車で行こう 原信夫とシャープス&フラッツ



ジョージ川口 親子ドラムバトル ドラム・ブギー



有馬徹ノーチェ.クバーナ エルマンボ ラテン音楽の魅力




さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。


◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中!更に、期間限定で、40,000円に割引中です。 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!





ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。